【2022年最新】新型AQUOSまとめ|新機種の発売日・スペック・機能

人気Android「AQUOS」の最新機種について紹介します。今年発売されたAQUOSは、リーズナブルな機種からハイエンドモデルまで幅広いです。最新のAQUOSを購入したい方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください!

  • 2022年1月4日
AQUOS

コスパ抜群のリーズナブルな機種から圧倒的なスペックを持つハイエンド機種まで、幅広いラインナップが魅力的なシャープのスマホシリーズ「AQUOS」。

2021年もさまざまな新機種が発売されており、国内のAndroidスマホ市場では唯一無二の地位を築いています。

そこで今回は、2021年に発売された新型AQUOSの発売日・スペック・機能について解説していきます。

2021年発売の最新AQUOS一覧

2021年に発売されたAQUOSシリーズは下記の4機種です。

2021年発売の最新AQUOS一覧

5G対応のリーズナブル機種もラインナップされていますし、ライカ監修のカメラを搭載したハイエンド機種まで、2021年は幅広いモデルが発売されました。

では、それぞれの機種について詳しく見ていきましょう。

【2021年11月発売】AQUOS sense6

AQUOS sense6 SH-54B
AQUOS sense 6

AQUOS sense6は、2021年11月頃に発売された最新機種で、ドコモ・au・楽天モバイルの3社で販売されています。

AQUOSシリーズの中ではエントリーモデルとして位置付けられており、お求めやすい価格と整った機能性、長く使える耐久性の高さに特徴があります。

AQUOS sense6のスペック

AQUOS sense 6
ディスプレイ約6.1インチ
サイズ約152mm×約70mm×約7.9mm
重量約156g
アウトカメラ標準:約4,800万画素
広角:約800万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
CPUSnapdragon™ 690 5G
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IPX5・IPX8/IP6X
カラーライトカッパー
シルバー
ブラック
ブルーメタリック
詳細AQUOS sense 6のレビュー

基本スペックは前作のAQUOS sense 5Gと大きく変わりませんが、AQUOSのエントリーモデルとしては初となる有機ELディスプレイ「IGZO OLED」が搭載されています。

ディスプレイは6.1インチに大型化されており、厚みと横幅を削ることでより持ちやすいデザインに仕上がっています。

バッテリー容量4,570mAhや防水・防塵性能など長く使うための機能も豊富に備えており、リーズナブルな価格とともに抜群のコスパを実現しました。

5Gスマホとして必要最低限のスペックが全体的に揃っているので、ゲームや動画視聴も十分に楽しめるでしょう。

価格はAQUOS sense 5Gよりも少し高めに設定されていますが、スペック面を考慮すれば十分なコスパと言えるのではないでしょうか。

AQUOS sense6の価格

キャリア端末価格割引適用時
ドコモ57,024円39,864円
au40,470円32,430円
楽天モバイル39,800円19,800円
AQUOS sense6の特徴
  • AQUOSシリーズ最新機種のエントリーモデル
  • バッテリー容量4,570mAh
  • 6.1インチディスプレイ+IGZO OLEDを搭載
  • ブルーメタリックはドコモオンラインショップ限定カラー
  • アウトカメラは最高約4,800万画素+ナイトモードにも対応
  • 顔認証/指紋認証の両方に対応
  • ワイヤレス充電には非対応

【2021年10月発売】AQUOS zero6

AQUOS zero6
AQUOS zero6

AQUOS zero6は、2021年10月に発売されたミドルレンジ機種で、ソフトバンク・au・楽天モバイルの3社で販売されています。

ハイエンド機種にも引けを取らないスペックの高さに加えて、背伸びしすぎない価格が魅力的なモデルです。

AQUOS zero6のスペック

AQUOS zero 6
ディスプレイ約6.4インチ
サイズ約158mm×約73mm×約7.9mm
重量約146g
アウトカメラ標準:約4,800万画素
広角:約800万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約1,260万画素
バッテリー4,010mAh
メモリ(RAM)8GB
ストレージ(ROM)128GB
CPUSnapdragon™ 750G 5G
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IPX5/IPX8/IP6X
カラーブラック
ホワイト
詳細AQUOS zero 6のレビュー

高度なグラフィックを用いるアプリゲームや4Kなどの動画を視聴する方にとって、エントリーモデルのスマホでは物足りなさやストレスを感じるかもしれません。

AQUOS zero6はミドルレンジ機種に位置付けられるものの、ハイエンド機種にも手が届きそうなスペックの高さを示しています。

CPUには「Snapdragon™ 750G 5G」を採用し、メモリは8GBといった処理性能の高さに加えて、最大240Hzのリフレッシュレートによって滑らかな操作性を実現。

6.4インチの大画面ディスプレイを搭載しながらも、わずか146gという軽量性を実現しているので、長時間使っても手が疲れることはありません。

最高4,800万画素のトリプルカメラをはじめ、美しい写真撮影を実現するカメラ機能も申し分ありません。

「10万円を超えるハイエンドスマホには手が出ない…」という方にとっては、70,000円代で購入できてスペック的にも十分なAQUOS zero6は最適な選択肢になるはずです。

AQUOS zero6の価格

キャリア端末価格割引適用時
au71,585円39,905円
ソフトバンク74,880円37,440円
楽天モバイル69,800円49,800円
AQUOS zero6の特徴
  • AQUOSシリーズのミドルレンジ機種
  • 世界最軽量(画面6インチ以上かつバッテリー4,000mAh以上で)の重量146g
  • リフレッシュレート最大240Hz
  • 6.4インチの大画面ディスプレイを搭載
  • 最高4,800万画素のトリプルカメラを搭載
  • CPUは「Snapdragon™ 750G 5G」、メモリ8GB

【2021年6月発売】AQUOS R6

AQUOS R6 SH-51B
AQUOS R6

AQUOS R6は、2021年6月に発売されたAQUOSシリーズのハイエンドモデルで、ドコモ・ソフトバンクの2社で販売されています。

CPUにSnapdragon™ 888を採用するなど、圧倒的なスペックを搭載した最上位モデルに位置付けられています。

AQUOS R6のスペック

AQUOS R6
ディスプレイ約6.6インチ
サイズ162mm×74mm×9.5mm
重量207g
アウトカメラ標準:約2,020万画素
ToFカメラ
インカメラ約1,260万画素
バッテリー5,000mAh
メモリ(RAM)12GB
ストレージ(ROM)128GB
CPUSnapdragon™ 888 5G
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IPX5/8/ IP6X
カラーブラック
ホワイト
詳細AQUOS R6のレビュー

AQUOS R6は、圧倒的なスペックを持つハイエンド機種というだけでなく、ライカが監修したカメラを搭載しているという独自の特徴を持つモデルでもあります。

カメラには圧倒的な集光量を可能にする1インチセンサーを搭載することで、暗い場所でもクリアでノイズの少ない写真を撮ることができる上に、細部の色の表現までくっきりと行うことができます。

ライカの本格的な画質を実現する「ズミクロンレンズ」を採用しており、センサー・レンズ・画質調整といったカメラ機能がライカ仕込みで徹底されています。

加えてシャープ独自のAI超解像技術によって、離れた被写体をズームして撮影するときでも、解像度を維持してくれます。

4Kで撮影した動画を8K HDRにアップコンバートする独自技術も搭載しているので、スマホで撮影した動画をテレビなどの大画面で楽しむのもおすすめです。

ディスプレイには高解像度と省エネを高い次元で両立した「Pro IGZO OLED」を採用、5,000mAhの大容量バッテリーや最新のCPU「Snapdragon™ 888」など、あらゆる部分のスペックも突出しています。

カメラ性能にこだわるスマホユーザーの方やゲームも動画も快適に楽しめるハイエンドスマホをお探しの方におすすめのモデルです。

AQUOS R6の価格

キャリア端末価格割引適用時
ドコモ115,632円
ソフトバンク133,920円66,960円
AQUOS R6の特徴
  • AQUOSシリーズ最新のハイエンドモデル
  • CPUにSnapdragon™ 888を採用
  • ライカ監修のカメラ機能を搭載
  • 5,000mAhの大容量バッテリーを搭載
  • メモリ12GBと圧倒的な処理性能
  • 6.6インチの大画面ディスプレイ+Pro IGZO OLEDを搭載

【2021年2月発売】AQUOS sense5G

AQUOS sense5G SH-53A
AQUOS sense5G

AQUOS sense5Gは、2021年2月に発売されたエントリーモデルで、ドコモ・au・ソフトバンクの3社で販売されています。

5G対応でエントリーモデルとして注目されたモデルでもあり、整ったスペック性とリーズナブルな価格が人気を博しました。

AQUOS sense5Gのスペック

AQUOS sense 5G
ディスプレイ約5.8インチ
サイズ148mm×71mm×8.9mm
重量178g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,570mAh
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
CPUSnapdragon™ 690 5G
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IPX5・IPX8
カラーライトカッパー
オリーブシルバー
ブラック
詳細AQUOS sense 5Gのレビュー

発売当初は5G=高価格帯モデルばかりだった状況の中で、約40,000円という低価格で購入できる5G対応機種として登場したAQUOS sense5Gは大きな注目を集めました。

ただ安いだけでなく、5G対応スマホとして必要最低限のスペックを搭載し、4,570mAhの大容量バッテリーを加えることで長く快適に使える仕様となっていました。

5G通信は利用してみたいけど、スマホは最低限で十分で安さ重視というユーザーの方にとって、この上ない選択肢になった機種でもあり、ゲームや動画用としてではなく、シンプルに使えるスマホとしてコスパの良い存在となっています。

最新のAQUOS sense6よりも安い価格で購入できるので、スマホに安さを求める方は1つ前のモデルではありますが、AQUOS sense5Gを選ぶのも非常におすすめです。

AQUOS sense5Gの価格

キャリア端末価格割引適用時
ドコモ39,600円
au39,890円26,450円
ソフトバンク43,200円21,600円
AQUOS sense5Gの特徴
  • AQUOSシリーズのエントリーモデル
  • 約40,000円で購入できる安さが魅力
  • 4,570mAhの大容量バッテリーを搭載
  • 顔認証/指紋認証に対応、防水・防塵性能も備える
  • 2021年発売のAQUOSシリーズとしては最安モデル

最新AQUOSは求めるスペックに応じてコスパの高い機種が選べる!

2021年発売の最新AQUOS
  • AQUOS sense6:2021年11月に発売されたばかりのエントリーモデル
  • AQUOS zero6:わずか146gの軽量性を実現したミドルレンジモデル
  • AQUOS R6:ライカ監修のカメラ機能を搭載したハイエンドモデル
  • AQUOS sense5G:最新のAQUOSシリーズの中では最安のエントリーモデル

2021年に発売されたAQUOSシリーズは、エントリー・ミドルレンジ・ハイエンドと幅広いラインナップが揃っています。

スマホに求めるスペックや価格に応じて、自分に合った機種が選べるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

中でも、エントリーモデルのAQUOS senseシリーズは特に人気の高い機種としておすすめです。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
mur1mot0tty
専業ライターとして活動している28歳。サッカー観戦とサイクリングが趣味。 スマホはAndroid派で、スペックよりもコスパを重視しています。 普段はキャリア・格安SIM、クレカ、キャッシュレス、ネット回線系の記事を執筆。