読了時間:約 3

日本ではiPhoneの人気が比較的高いようですが、アプリや機種の充実によってAndroidに乗り換える方も増えています。

そこで今回は、2019年Androidスマホ最新機種のおすすめランキングを発表していこうとおもいます。

性能・スペック・価格だけでなくドコモ・au・ソフトバンクの三大キャリアも含めて徹底比較。ベストなAndroidを見つけるお手伝いをいたします。

Androidスマホをおすすめする理由

Android(アンドロイド)はGoogle社が開発したモバイル機器専用のOSですが、オープンソースとして無償で公開されています。

そのため全世界でAndroidスマホが作られ、現在スマホOSで世界シェア1位となっているのです。

Android OSのオープンソースを使って誰でも自由にアプリを作ることができ、Google Playで登録できます。

一方、iPhoneに搭載されているApple社の「iOS」は、iPhoneやiPadなどApple社の製品だけのもの。したがってiPhoneはAppleでしか作れません。

iPhoneのアプリは「App Store」から入手できますが、厳しい事前審査があって誰もが登録できるわけではないのです。

つまりAndroidは選択の幅が広く自由度が高いことに加え、ライバル企業がたくさんいるため端末の価格は抑え目になっているというわけ。

Androidスマホなら、気軽にカスタマイズしたりスマホを買い替えたりするといった楽しみ方ができるのです。

Androidスマホ選びにはコツがある

iPhoneと違って、Androidスマホはさまざまなメーカーから数多くの機種が発売されています。

初めてスマホを手にするような高齢の方でも使いやすいシンプルなモデルもあれば、高価格帯のiPhoneに匹敵するようなハイエンドモデルもあるのです。

このように多種多様な端末のなかからご自身にピッタリ合ったモデルを見つけるためには、Androidスマホのスペックや機能を理解しておくと役立ちます。

携帯の機種変更で得する10の秘策|おすすめショップを比較

Androidスマホでチェックしたいポイント

Androidスマホを選ぶコツ、ポイントをそれぞれ分けて紹介していきます。スマホ選びを失敗しないためにも自分に合ったポイントをしっかり把握しておきましょう。

メモリ

メモリはRAM (Random Access Memory)とも呼ばれるもので、データを一時的に記憶しておくところです。

単位はGBで、よく作業机の広さにたとえられます。メモリ容量が適切でないと、Androidスマホの動作が遅くなってイライラさせられることになるでしょう。

通常は4GBもあれば充分ですが、ゲームをがっつり楽しみたい方はもう少し大きめのRAMを選ぶことをおすすめします。

ストレージ

ストレージはパソコンのHDDやSSDのようなパーツで、ROM (Read Only Memory)とも呼ばれています。

Android OSやアプリのほか、写真・音楽・メールなど全てのデータがここに保存されるのです。

ストレージ容量が大きいと、アプリをたくさんインストールしたり写真や動画などの大容量データを大量に保存したりすることができます。

最近はカメラの高性能化にともなって解像度が高くなっていることから、ストレージも大型化する傾向です。

とはいえ多くのAndroidスマホは、iPhoneと違ってSDカードを外部ストレージとして使うことができるので64GBもあれば充分

クラウドを利用している方なら32GBでも問題なく利用できるでしょう。ストレージの空き容量を確認するには、「設定」画面から「ストレージ」へ進めばOKです。

画面サイズ

スマホの画面サイズは大きいほど見やすくなりますが、手が小さい方が片手で扱ったり電話したりするには、ほどほどの大きさにしておいた方が使いやすいようです。

今なお根強いファンが多く、後継機の登場が期待されているiPhone SEは4インチでしたが、現在では大型画面を搭載した機種が主流となっています。

ゲームや動画、電子書籍をよく見るという方は、6インチ以上の大型画面を選ぶとよいでしょう。

カメラ

最近のスマホカメラは、デジカメ以上に高画質な写真を撮影することができるようになりました。

ピント合わせや細かい設定が不要で手ブレも自動修正してくれるため、誰でも美しい写真を撮ることができるのです。

「デュアルカメラ」や「AI機能」が搭載された機種を選べば幅広いシーンに対応できます。

自撮り(セルフィー)をよくなさる場合は、前面カメラの画素数や美肌モードの有無なども要チェックでしょう。

おサイフケータイ

キャッシュレス化が推進されている昨今、おサイフケータイは欠かすことができない機能です。

Androidスマホの多くは非接触ICカード技術による「Felica」に対応しています。

この機能により、電子決済のほかSuicaなどの乗車カードや各種ポイントカード、クレジットカードの働きをスマホだけで行うことができるのです。

つまりたくさんのカード類を財布に入れて持ち歩く必要がなくなり、おサイフケータイ対応のAndroidスマホが一台あれば支払いや交通機関の利用ができるようになるわけです。

生体認証

指紋認証・顔認証などの生体認証に対応しているかどうかも大切なポイントで、ロック解除のたびにパスコードを入力するわずらわしさから解放されます。

また、オンラインストアでの購入・決済やスマホ払いでの認証の際にもとても便利。さらに万一スマホを紛失した際のセキュリティ面においても安心です。

指紋認証と顔認証のどちらがよいかについては使う人の好みによるので、Androidスマホを購入するときにはしっかり確認する必要があります。

バッテリー

スマホ決済や高画質・大画面のディスプレイなどの高機能化により、電池の消耗は激しくなっています。

バッテリーが切れたらスマホはただの「板」になってしまうため、バッテリー容量にはゆとりがほしいところです。

とはいえ、バッテリー容量を大きくすれば本体も重く大きくなってしまうのでその兼ね合いが大切ですが、通常の使用であれば3,000 mAhもあれば充分でしょう。

まとめ

Androidスマホでチェックしたいポイントまとめ
  • メモリ:通常は4GBもあれば充分、ゲームをがっつり楽しみたいならそれ以上
  • ストレージ:SDカードでで保存も出来るので64GBあればOK
  • 画面サイズ:手が小さい人はほどほどサイズ、ゲームや動画を楽しみたい人は6インチ以上
  • カメラ:前面カメラの画素数や美肌モードの有無も要チェック
  • おサイフケータイ:スマホが一台あれば支払いや交通機関が楽々になる
  • 生体認証:パスコードを入力のストレスなし
  • バッテリー:3,000 mAhもあれば充分
携帯乗り換えの時期はココがおすすめ|ドコモ/au/ソフトバンクを紹介

【2019年】Androidスマホ最新機種のおすすめランキング

ここからは2019年Androidスマホ最新機種のおすすめランキングを、具体的な機種名を上げながら紹介しましょう。

ハイエンド機種ランキング

第1位:Xperia 1 SO-03L(ドコモ)


画像引用元:Xperia 1 SO-03L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Xperia 1 SO-03Lはソニーモバイルコミュニケーションズから2019年6月にフラッグシップモデルとして発売されました。

最大の特徴は、約6.5インチの世界初4K(3,840×1,644)HDR対応の有機ELディスプレイ

画面比率21:9のシネマワイドTMディスプレイで、これまでにない臨場感で映画やゲームを楽しむことができます。

アウトカメラはトリプルレンズ仕様で、標準・望遠・広角と3つのモードを切り替えて撮影が可能です。

大画面&ハイスペックな機種ながら、スマートな本体形状と180gを切る重さのため、操作性にも優れています。

さらにメモリ・ストレージ・バッテリーともに余裕の容量で、おサイフケータイ・指紋認証・防水防塵機能も万全と、フラッグシップモデルにふさわしい素晴らしいモデルです。

▶ドコモ公式オンラインショップを見る

Xperia 1 SO-03Lのスペック
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 64GB
画面サイズ 約6.5インチ
本体サイズ 約167×72×8.2mm
重さ 約178g
カメラ 約1,220万画素(アウトカメラ・望遠・超広角)
約800万画素(インカメラ)
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋
バッテリー容量 3,200mAh
防水/防塵 IPX5・8 /IP6X
機種代金 103,752円(税込)
ドコモの機種変更|最新機種でも3万円お得に購入できる方法と時期

第2位:Galaxy S10 SCV41(au)


画像引用元:Galaxy S10(ギャラクシー エステン)SCV41 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Galaxy S10 SCV41はサムスン製のAndroidスマホです。

カメラホール以外のすべてがディスプレイという、没入感のあるフルスクリーンとなっているため、大画面の割に本体サイズはコンパクト。

メモリ・ストレージ・バッテリーのいずれも大容量でありながらも重さは150g台と軽量で、持ちやすく長時間使用しても疲れにくい仕様です。

カメラも高性能で、プロのような美しい写真を簡単に撮影できます。

特に超広角カメラは約123°と、ほぼ人間の視界の広さでの超広角撮影が可能で、まるで見たままのような景色です。

生体認証は指紋・顔の両方に対応、おサイフケータイや防水・防塵機能も備えており、あらゆるシーンに対応できるモデルです。

▶au公式オンラインショップを見る

Galaxy S10 SCV41のスペック
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(ROM) 128GB
画面サイズ 約6.1インチ
本体サイズ 約150×70×D7.8mm
重さ 約158g
カメラ 約1,200万画素(アウトカメラ・望遠)・約1,600万画素(超広角)
約1,000万画素(インカメラ)
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋・顔
バッテリー容量 3,300mAh
防水/防塵 IPX5・8 /IP6X
機種代金 102,000円(税込)
auの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法と時期

第3位:AQUOS R3(ソフトバンク)


画像引用元:AQUOS R3 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

AQUOS R3は2019年5月にシャープから発売された、AQUOSのフラグシップモデルです。前モデル「AQUOS R2」で話題を集めた動画+静止画カメラがさらに進化しました。

新搭載のディスプレイ「Pro IGZO」は10億色もの表現力を持ち、写真やHDRムービーをより鮮やかで滑らかに表示できます。

動画撮影では、撮影した動画をAIが解析して約15秒のショートムービーを自動作成してくれる新機能の「AIライブストーリー」が好評です。

メモリ・ストレージ・バッテリー容量も申し分なく、生体認証・おサイフケータイ、防水・防塵機能もばっちりですが、本体重量は185gとやや重めになっています。

▶ソフトバンク公式オンラインショップを見る

AQUOS R3のスペック
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 128GB
画面サイズ 約6.2インチ
本体サイズ 約156×74×8.9mm
重さ 約185g
カメラ 約1,220万画素(標準カメラ)・ 約2,010万画素(動画専用カメラ)
約1,630万画素(インカメラ)
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋・顔
バッテリー容量 3,200mAh
防水/防塵 IPX5・8 /IP6X
機種代金 107,520円(税込)
ソフトバンクの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法

お手頃機種ランキング

第1位:Google Pixel 3a(ソフトバンク)


画像引用元:Google Pixel 3a 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Google Pixel 3aは2019年5月発売のGoogleのAndroidスマホです。Android OSの本家が提供した端末であることからOSやアプリの機能との相性は最高。

Google Pixel 3の廉価版として発売されましたが、Pixel 3と性能にあまり違いはないためお買い得の端末となっています。

カメラ機能は夜景モードを使えばフラッシュなしで撮影できるため、奥行きのある写真を撮ることができます。

メモリ・ストレージ・バッテリーともに充分な容量がありながら重量は150gを切っていて、長時間利用しても疲れにくい点もメリットです。

生体認証は指紋・顔のいずれにも対応、おサイフケータイも搭載していますが、防水機能にやや難点があります。

▶ソフトバンク公式オンラインショップを見る

Google Pixel 3aのスペック
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
画面サイズ 約5.6インチ
本体サイズ 約151.3×70.1×8.2mm
重さ 約147g
カメラ 約1,220万画素(アウトカメラ)
約800万画素(インカメラ)
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋・顔
バッテリー容量 3,000mAh
防水/防塵 △/〇
機種代金 50,400円(税込)

第2位:AQUOS sense2 SH-01L(ドコモ)


画像引用元:AQUOS sense2 SH-01L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

AQUOS sense2 SH-01Lはシャープ製のAndroidスマホです。2018年12月に発売されて以来、今なお高い人気を保っています。

メモリは3Gですが、使いやすいサイズと重さに加え、電池持ちの良さと自撮り写真の画質の高さには定評があります。

また、料理の写真がキレイに撮れるので、インスタをよく利用される方にもおすすめです。

指紋認証・顔認証の両方に対応している点も優秀で、おサイフケータイと防水・防塵機能も搭載。コスパの良さと使いやすさから、Androidスマホ初心者の方にも向いています

▶ドコモ公式オンラインショップを見る

AQUOS sense2 SH-01Lのスペック
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
画面サイズ 5.5インチ
本体サイズ 約148×71×8.4(mm)
重さ 約155g
カメラ 1200万画素(アウトカメラ)
800万画素(インカメラ)
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋・顔
バッテリー容量 2,700mAh
防水/防塵 IPX5・8(お風呂対応)/IP6X
機種代金 30,096円(税込)

第3位:AQUOS sense2 かんたん(au)


画像引用元:AQUOS sense2 かんたん auの特長|AQUOS:シャープ

2019年6月に発売されたAQUOS sense2 かんたんは、AQUOS sense2シリーズのなかでも特にAndroidスマホが初めてという方や高齢の方にも使いやすい端末です。

アイコンや文字が大きくて見やすい「AQUOSかんたんホーム」が設定されていたり、文字の大きさや文字の入力方法も自由に変更できるようになっています。

低価格帯の端末ながら、生体認証は指紋・顔のいずれにも対応し、AIカメラも搭載。

もちろんおサイフケータイや防水・防塵仕様で、いつでもどこでも便利に使いこなせるAndroidスマホです。

▶au公式オンラインショップを見る

AQUOS sense2 かんたんのスペック
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
画面サイズ 約5.5インチ
本体サイズ 約148×71×8.4mm
重さ 約155g
カメラ 約1,200万画素(アウトカメラ)
約800万画素(インカメラ)
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋・顔
バッテリー容量 2,700mAh
防水/防塵 IPX5・8 /IP6X
機種代金 33,000円(税込)

Androidスマホは選りどり見どり


「Androidスマホおすすめランキング【2019年最新】全キャリア徹底比較」と題して、Androidスマホを選ぶポイントと、全キャリアからおすすめの機種を紹介しました。

Androidスマホは機種の豊富さが魅力ですが、機能・価格の幅が広くてどれを選べばよいか迷ってしまうこともあります。

この記事で紹介したように、必要なスペックとほしい機能を順にチェックしたうえで、デザインや価格を絞り込んでいけばベストな機種を見つけやすくなりますよ。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!