楽天モバイルの在庫確認の方法|予約状況と入荷状況の確認方法を解説

  • 2021年6月8日
楽天モバイルの在庫確認の方法|予約状況と入荷状況の確認方法を解説
楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!

楽天モバイルと契約するなら、在庫確認をしておくと便利です。

本記事では楽天モバイルの在庫確認の方法を、ショップ(店舗)とオンラインショップに分けて紹介します。

手順付きの画像を用いて解説するので、ぜひ最後までお読みください。

楽天モバイルのことが全てわかる!楽天モバイルへ乗り換えで6万円得する方法!購入から開通までの手順楽天モバイルがiPhone12・SEを
キャリア最安で発売!
>楽天モバイル公式を見る

楽天モバイルの在庫確認する方法2種類

楽天モバイル ロゴ
楽天モバイルの在庫確認方法

楽天モバイルの在庫確認はオンラインからできますが、ショップ(店舗)の在庫確認はオンラインだけではできません

下記それぞれの場合を解説します。

ポイント
  • ショップ(店舗)の在庫を確認する方法
  • オンラインショップの在庫を確認する方法

それでは楽天モバイルの店舗とオンラインショップの在庫確認方法を順番にみていきましょう。

楽天モバイルのプラン料金3ヶ月無料キャンペーンの条件と注意点

ショップ(店舗)の在庫を確認する方法

ショップ(店舗)の在庫を確認する場合は、残念ながらオンラインだけでは確認不可能です。

公式サイトから電話番号を取得して、各ショップ(店舗)に電話で確認しなければいけません。

本記事では、電話番号を取得する方法を紹介します。

  1. 楽天モバイル公式サイトにアクセスします。
  2. 右上のメニューをタップします。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    メニューをタップ
  3. 現れたメニュー内の「店舗」をタップします。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    「店舗」をタップ
  4. 「住所・建物名」または「都道府県」、「マップ」からショップ(店舗)を探します。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    ショップ(店舗)を検索
  5. 目的の店舗をタップします。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    ショップ(店舗)をタップ
  6. 「施設の詳細情報はこちら」をタップします。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    「施設の詳細情報はこちら」をタップ
  7. それぞれの施設の電話番号が記載されています。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    電話番号を確認
  8. 店舗に電話して機種の在庫を確認する。

ただし、楽天モバイルの店舗リストには、電話番号が記載されていない店舗が多くあります。

ショップ(店舗)は家電量販店にあることがほとんどなので、家電量販店の電話番号を調べましょう。

もし、「店舗にある在庫で選びたい」という場合は、そのまま来店予約をすると便利です。

2021年9月 楽天モバイルの通信エリア|パートナー回線のエリアも解説

オンラインショップの在庫を確認する方法

オンラインショップの在庫は、購入手続きを進めていくと確認できます。

  1. 楽天モバイル公式サイトにアクセスします。
  2. 右上のメニューをタップします。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    メニューをタップ
  3. 現れたメニュー内の「製品」をタップします。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    「製品」をタップ
  4. 希望のスマートフォンをタップします。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    希望のスマートフォンをタップ
  5. 画面をスクロールして希望の機種をタップします。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    希望の機種をタップ
  6. 画面上部のステータスで在庫がわかります。
    楽天モバイルの在庫確認方法
    在庫を確認

画面上部のステータスは3つあり、在庫状況は下記の通りです。

3つのステータスと在庫状況
  • 購入する:在庫がある
  • 現在入荷待ち:在庫がない
  • 在庫切れ:在庫がないうえ、今後入荷する可能性は低い

在庫があり、購入手続きに進む場合は「購入する」をタップしましょう。

下記の項目を選び、「この内容で購入する」をタップします。

在庫確認から購入するまでに必要な情報
  • SIMタイプ・プラン
  • スマホ交換保証プラス

内容を確認して、購入手続きを進めましょう。

2021年9月 楽天モバイルのキャンペーン|端末・月額の割引を解説

楽天モバイルオンラインでの予約方法

楽天モバイルオンラインでは、残念ながら予約しての購入はできません。できることは「購入する」か、在庫状況を確認するだけです。

また、楽天モバイルオンラインでは入荷状況を公表していません。わかるのは下記の3つのみです。

オンラインショップで確認出来る事
  • 購入する:在庫がある
  • 現在入荷待ち:在庫がない
  • 在庫切れ:在庫がないうえ、今後入荷する可能性は低い

「在庫切れ」の場合は入荷する可能性が低いので、期待しないほうが賢明です。

「現在入荷待ち」であればいずれは入荷されるので、入荷されたタイミングで「購入する」に変わります。

少々不便ですが、毎日公式サイトをチェックするほうがよさそうです。

なお、購入手続きを進めたあとの配送状況は、楽天モバイルから別個に案内が配信されるので確認しておきましょう。

2021年 楽天モバイルのおすすめスマホ15選|端末選びのコツを解説

楽天モバイルオンラインで購入するとお得な理由

楽天モバイルオンラインで購入するとお得

楽天モバイルオンラインで購入すると、下記のようなメリットがあります。

楽天モバイルを利用する理由
  • オンライン限定キャンペーンがある
  • 24時間365日申し込みできる
  • 待ち時間がない

順番に解説します。

オンライン限定キャンペーンがある

楽天モバイルオンラインでは、不定期でオンライン限定キャンペーンが実施されます。

不定期なのが難点ですが、楽天モバイルとの契約を考えている人は必ず確認しておきましょう。

楽天ポイントの進呈のようなお得な内容が多く、普段のショッピングにも利用できます。

過去には、Rakuten UN-LIMIT Ⅴを申し込むと、楽天ポイントを3,000ポイントプレゼントしていました。

Rakuten Linkという独自アプリの利用が必須ですが、条件がゆるく誰でも参加できました。

Rakuten Linkとは、楽天モバイルが提供するスーパーコミュニケーションサービスで、特徴の一部を紹介します。

Rakuten Linkの特徴の例
  • 国内通話かけ放題
  • 国内SMSも無料
  • 海外でも利用可能

楽天モバイルが気になる人は、必ずキャンペーンの有無を確認しておきましょう。

24時間365日申し込みできる

楽天モバイルオンラインは、24時間365日いつでも申し込み可能です。

時間を気にしなくてもいいので、なかなか時間が合わない場合は助かります。

忙しくて日中にショップ(店舗)へ行けなくても、オンラインなら夜に自宅から契約できます。

ショップ(店舗)が開店している時間に行けない場合やオンラインで済ませたい場合は、楽天モバイルオンラインがおすすめです。

待ち時間がない

楽天モバイルオンラインでは、基本的に自分1人で手続きを進めるため、待ち時間がありません。

ショップ(店舗)では、予約したとしても先客が終わらなければ待ち時間が発生します。

また、スタッフもいろいろな案内をするため、手続きそのものに時間がかかるかもしれません。

待ち時間や契約時間を長引かせたくない場合は、自分のペースでできるオンラインがおすすめです。

楽天モバイルにするメリット8個・デメリット5個を解説!どんな人におすすめ?

在庫確認は楽天モバイルオンラインが簡単

楽天モバイルの在庫確認は、オンラインショップの在庫ならWebで確認できますが、ショップ(店舗)の在庫はWebだけでは確認できません。

楽天モバイルオンラインでは在庫確認と購入が同時に可能で、自宅でゆっくりできるメリットがあります。

予約購入できないのは残念ですが、難しい操作はないので、ぜひ楽天モバイルオンラインを利用してみてください。


楽天モバイルのオンラインショップなら自宅で完結・在庫も豊富でおすすめ!
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
津田まさき
家電量販店で勤務する複業WEBライター。家電製品や携帯端末を日々勉強し、わかりやすくロジカルな記事を心がけています。アニメやゲーム、文房具が好きで、毎日デジタルvsアナログが脳内で繰り広げられています。