ミドルスペックスマホおすすめ15選|Android・iPhone全比較

iPhoneとAndroidを全て比較して、ミドルスペックスマホのおすすめランキングを作成しました。価格・スペック・機能別におすすめのスマホをご紹介していきます。自分に合った丁度いいスペックで丁度いい価格のミドルスペックスマホを、ぜひ見つけてみてください。

  • 2021年7月16日
ミドルスペックスマホおすすめ15選|Android・iPhone全比較

スマホには低価格で購入できるエントリーモデルから、10万円を超えるハイスペックモデルまで様々な機種が販売されています。

エントリーモデルとハイスペックモデルのちょうど中間に位置するミドルスペックスマホは、価格のわりにスペックが高めで使い勝手が良いので多くの人におすすめです。

本記事では、価格もスペックもちょうどよく使えるミドルスペックスマホのおすすめ機種を、価格・スペック・カメラの3つのポイントに分けてご紹介します。

ちょうどいいスマホがほしいと考えている人はぜひチェックしてください。

ミドルスペックスマホを選ぶポイント3つ

ポイント
ミドルスペックスマホを選ぶポイントは「価格・スペック・カメラ」

ミドルスペックスマホを選ぶポイントは以下の通りです。

ミドルスペックスマホを選ぶポイント3つ
  • 価格
    3万円〜5万円の価格帯が性能とのバランスがいい
  • スペック
    Snapdragon600以上、メモリ4GB以上、ストレージ32GB以上がおすすめ
  • カメラ
    1200万画素以上+デュアルカメラ以上がおすすめ

自分の好みに合ったミドルスペックスマホを選ぶには、価格・スペック・カメラ性能が大切なポイントとなっています。

比較的購入しやすい価格帯で普段使いには十分な性能を持ったミドルスペックスマホですが、最近では技術の発展もあり、高スペック・高性能を有する機種も増えています。

特徴あるミドルレンジスマホの中から「価格・スペック・カメラ」のポイントごとの選び方をご紹介します。

価格は3~5万円程度がコスパがいい

ドコモのミドルスペックスマホの価格
ミドルスペックスマホを選ぶポイント

ミドルスペックスマホを選ぶ際には、価格とスペックのバランスが良いものがおすすめです。

特に3~5万円の価格帯ならスペックが低すぎて使いにくいということもないでしょうし、価格が高すぎて手が出ないということもないでしょう。

3万円程の価格であれば一括での購入も難しくありませんし、5万円を分割で支払う場合も月額1,000~2,000円程度に収まります。

ただし、購入割引プログラム等を利用して購入を考えている場合は、低価格帯の機種だと適用されない場合もあるので注意しましょう。

スペックはCPU・メモリ・ストレージが重要

Snapdragon600、メモリ4GB、ストレージ32GB以上がおすすめ
Snapdragon600、メモリ4GB、ストレージ32GB以上がおすすめ

ミドルスペックスマホといえども、あまりスペックが低いものだと動きが遅いなどストレスになってしまいます。

SNSの利用や動画の視聴など一般的な利用でもストレスを感じにくいおすすめのスペックは、Snapdragon600以上でしょう。

メモリは4GB以上ストレージは32GB以上がおすすめですが、写真や動画を撮影する機会が多いなら最低64GBくらいでなければすぐいっぱいになってしまうかもしれません。

利用方法によって必要なスペックは違ってきますので、ご自分の利用したい内容を確認して必要なスペックのものを選びましょう。

カメラは1200万画素以上+デュアルカメラ以上が人気

1200万画素以上+デュアルカメラ以上がおすすめ
1200万画素以上+デュアルカメラ以上がおすすめ

最近はSNS人気からハイスペックモデル並みの高性能カメラがついたミドルスペックスマホも珍しくありません。

望遠・広角など複数レンズがついたものなら綺麗な写真が簡単に撮影できますし、機種によっては4K動画の撮影ができるものも発売されています。

写真や動画をよく撮影するなら、1200万画素以上デュアルカメラ以上のスマホを選ぶのがおすすめです。

▲目次に戻る

【スペック重視】5万円以上のミドルスペックスマホおすすめ5選

それではスペック重視の方や購入割引プログラム等を利用して購入を考えている方向けに、5万円以上のミドルスペックスマホのおすすめ5選をご紹介します。

【スペック重視】5万円以上のミドルスペックスマホおすすめ5選
  1. Galaxy A52 5G
  2. iPhone 12 64GB
  3. Xperia 10 III
  4. iPhone SE(第2世代)
  5. Google Pixel 5

1位:Galaxy A52 5G

Galaxy A52 5G
Galaxy A52 5G
Galaxy A52 5Gの評価レビュー
Galaxy A52 5Gの価格
キャリア現金販売価格割引適用後価格
ドコモ
ドコモ公式オンラインショップ
59,400円39,600円
スマホおかえしプログラム適用時
Galaxy A52 5G のおすすめポイント
  • Snapdragon750Gでコスパがいい
  • 最大6,400万画素のクアッドカメラ
  • ハイリフレッシュレート120Hzにも対応
Galaxy A52 5G のおすすめしないポイント
  • ワイヤレス充電に非対応
  • Wi-Fi6 にも非対応
  • 望遠レンズは非搭載で最大倍率10倍までしかできない

Galaxy A52 5G は、Snapdragon750G搭載、メモリ6GB、ストレージ128GBとミドルスペックスマホの中でも上位クラスの機種です。

ディスプレイも120Hzリフレッシュレートに対応しているため、動きも滑らかでゲームや動画視聴にもおすすめです。

価格はドコモで59,400円ですが、スマホおかえしプログラムを利用すれば39,600円(1,650円×24回)で購入可能なため、かなりコストパフォーマンスに優れています。

ただし、ワイヤレス充電やWi-Fi6 には対応していません。

Galaxy A52 5G スペック表
OSAndroidTM 11
CPUSnapdragon 750G
2.2 GHz + 1.8 GHz
オクタコア
RAM/ROM6GB/128GB
ディスプレイ約6.5インチ Full HD+
Super AMOLED 有機EL
サイズ約160(H)×約75(W)×約8.4(D)mm
重量約188g
カメラアウトカメラ: 約6400万画素/約1200万画素/約500万画素/約500万画素
インカメラ:約3200万画素
バッテリー4500mAh
その他・光学手ブレ補正対応
・Dolby Atmos対応

2位:iPhone 12 64GB

iPhone12
iPhone 12 64GB
iPhone 12の評価レビュー
iPhone 12の価格(税込)
キャリア現金販売価格割引適用後価格
ドコモ
ドコモ公式オンラインショップ
101,376円67,584円
スマホおかえしプログラム適用時
au
au公式オンラインショップ
103,430円49,930円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク
ソフトバンク公式オンラインショップ
110,880円55,440円
トクするサポート+適用時
楽天モバイル
楽天モバイル公式オンラインショップ
101,176円50,539円
アップグレードプログラム適用時
iPhone 12 のおすすめポイント
  • ハイエンドと同じA14 Bionicが搭載されている
  • 重量162gと軽くて使いやすい
  • デュアルカメラでナイトモードにも対応
iPhone 12 のおすすめしないポイント
  • iPhoneなので他のミドルスペックスマホと比べると価格が高い
  • 指紋認証が非搭載
  • iPhone 12 mini のほうが安い

iPhone 12 は、iPhone 12 Pro Maxと同じ最新のA14 Bionicが搭載されているため、CPUはハイエンドというのが1番のおすすめポイントです。

デュアルカメラでナイトモードにも対応していますし、iPhone で初の5G対応機種となっています。

ただし、iPhone なので他のミドルスペックスマホと比べると価格が高いのが残念なポイントです。

ですが購入割引プログラムを利用すれば手が届かない訳ではありませんし、ちょうど5万円前後の実質負担額なので割引額から考えるとお得に購入できると言えるでしょう。

iPhone 12の主なスペック
サイズ約146.7(H)×約71.5(W)×約7.4(D)
重量162 g
ディスプレイ6.1インチ
有機EL(OLED)
Super Retina XDR
HDR
True Tone
広色域
CPUApple A14 Bionic
内蔵メモリRAM:(公式記載なし)
ROM:64GB/128GB/256GB
バッテリー容量(公式記載なし)
カメラアウトカメラ:約1200万画素
インカメラ:約1200万画素
防水IP68
生体認証
FeliCa対応

3位:

Xperia 10 III SO-52B
Xperia 10 III
Xperia 10 IIIの評価レビュー
Xperia 10 IIIの価格(税込)
キャリア現金販売価格割引適用後価格
ドコモ
ドコモ公式オンラインショップ
51,480円-
au
au公式オンラインショップ
53,985円36,225円
かえトクプログラム適用時
ワイモバイル54,000円36,000円
割引キャンペーン適用時
Xperia 10 III のおすすめポイント
  • Snapdragon 690 5Gでストレージも128GB
  • 21:9の超縦長ディスプレイで持ちやすい
  • カラーバリエーションが豊富
Xperia 10 III のおすすめしないポイント
  • カメラ性能は暗い場所での撮影に難あり
  • ドコモではスマホおかえしプログラムの対象外
  • モノラルスピーカーなので音を楽しみたいならおすすめしない

Xperia 10 III は、2021年6月に発売されたばかりのSnapdragon 690 5Gを搭載したミドルスペックスマホです。

メモリ6GB、ストレージも128GBですし、画素数は低めですがトリプルレンズカメラも搭載されています。

ただし、ドコモでは51,480円とお手頃な価格設定ですが、残念ながらスマホおかえしプログラムの対象外となっているため注意しましょう。

Xperia 10 III(公式スペック
CPUSnapdragon 690 5G
メモリ6GB
ストレージ128GB
カラー・ブルー
・ホワイト
・ブラック
・ピンク
・イエロー※ドコモオンラインショップ限定
ディスプレイ約6.0インチ
サイズ約154(H)×約68(W)×約8.3(D)mm
重量約169g
バッテリー4,500mAh
通信方式4G/5G

4位:iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)
iPhone SE(第2世代)
iPhone SEの評価レビュー
iPhone SE(第2世代)64GB の価格(税込)
キャリア現金販売価格割引適用後価格
ドコモ
ドコモ公式オンラインショップ
57,024円38,016円
スマホおかえしプログラム適用時
au
au公式オンラインショップ
55,270円28,750円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク
ソフトバンク公式オンラインショップ
57,600円28,800円
トクするサポート+(特典A)適用時
楽天モバイル
楽天モバイル公式オンラインショップ
55,170円27,547円
アップグレードプログラム適用時
iPhone SE(第2世代)のおすすめポイント
  • iPhoneなのに価格が安くコスパ最高
  • A13 Bionicは最新ではないものの普段使いには十分
  • Touch IDとワイヤレス充電に対応
iPhone SE(第2世代)のおすすめしないポイント
  • 5Gに対応していない
  • カメラ性能が弱い
  • バッテリーの持ちが良くない

iPhone SE(第2世代)は発売から1年以上経過した機種ですが、現在でもランキングに入るほどの人気を誇っています。

理由はiPhone なのに5万円台というコストパフォーマンスの高さと、最新ではないもののA13 Bionicで長期利用に十分な性能にあります。

5Gには対応していませんが、逆に5Gは必要ない方にはOSアップデートも保証されていて長く快適に利用できるのでおすすめです。

iPhone SE(公式スペック
本体サイズ約138.4x 約67.3 x 約7.3(mm)
ディスプレイ4.7インチ/Retina HDディスプレイ
重量約148g
ボディカラー・(PRODUCT)RED
・ホワイト
・ブラック
ストレージ64GB/128GB/256GB
OSiOS 14
CPUA13 Bionicチップ
バッテリー容量ビデオ再生:最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
オーディオ再生:最大40時間

5位:Google Pixel 5

GooglePixel 5
Google Pixel 5
Google Pixel 5の評価レビュー
Google Pixel 5の価格
キャリア本体価格割引適用後価格
au
au公式オンラインショップ
65,575円37,375円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク
ソフトバンク公式オンラインショップ
87,840円43,920円
トクするサポート+(特典A)適用
Google Pixel 5 のおすすめポイント
  • Snapdragon 765G 5Gでストレージも128GB
  • AIを駆使した高性能デュアルカメラ
  • 重量151gと軽くて持ちやすいサイズ
Google Pixel 5 のおすすめしないポイント
  • Google Pixel 4a(5G)のほうが安い
  • Wi-Fi 6 には非対応
  • SDカードが入れられない

Google Pixel 5 は、Snapdragon 765G 5G、メモリ8GB、ストレージも128GBで普段使いには十分のスペックです。

厳密に言えばハイスペックモデルに位置しますが、価格はauで65,575円で販売されており、かえトクプログラムを利用すれば37,375円(1,625円×23回)で購入可能です。

同スペックで同じ高性能デュアルカメラを搭載したGoogle Pixel 4a(5G)よりも高めの価格ですが、Pixel 5 は防水防塵でバッテリーの持ちがいいのでおすすめです。

Google Pixel 5(公式スペック
OSAndroid 11
画面サイズ6.0インチ(1800×2340)/有機EL
本体サイズ縦14.5cm×横7.0cm×厚さ0.8cm
本体重量151g
メモリ8GB
ストレージ128GB ※microSD非対応
CPUSnapdragon 765G
アウトカメラ標準:1220万画素
超広角:1600万画素
インカメラ800万画素
防水・防塵
指紋センサー
バッテリー4080mAh

5万円以上のミドルスペックスマホおすすめ5選一覧

機種名Galaxy A52 5GiPhone 12 64GBXperia 10 IIIiPhone SE(第2世代)Google Pixel 5
本体Galaxy A52 5GiPhone12Xperia 10 III SO-52BiPhone SE(第2世代)GooglePixel 5
メモリ6GB公式記載なし6GB公式記載なし8GB
ストレージ128GB64GB128GB64GB128GB
CPUSnapdragon 750GA14 BionicSnapdragon 690 5GA13 BionicSnapdragon 765G
ショップドコモドコモ
au
ソフトバンク
楽天モバイル
ドコモ
au
ワイモバイル
ドコモ
au
ソフトバンク
楽天モバイル
au
ソフトバンク

▲目次に戻る

【価格重視】5万円未満のミドルスペックスマホおすすめ5選

次に、価格重視で少しでも安くスマホを選びたい方のために、5万円以下で購入できるミドルスペックスマホのおすすめ5選をご紹介しましょう。

【価格重視】5万円未満のミドルスペックスマホおすすめ5選
  1. OPPO Reno5 A
  2. AQUOS sense5G
  3. Mi 10 Lite 5G
  4. AQUOS sense4 lite
  5. OPPO Reno3 A

1位:OPPO Reno5 A

oppo-reno5-a
OPPO Reno5 A
OPPO Reno5 A の価格
キャリア本体価格実質負担額
楽天モバイル
楽天モバイル公式オンラインショップ
42,980円22,980円
ポイント還元適用時
ワイモバイル39,680円18,000円
割引適用時
OPPO Reno5 A のおすすめポイント
  • 価格が5万円以下で安いうえにセール対象になることも多い
  • Snapdragon 765Gでストレージも128GBでコスパがいい
  • おサイフケータイや防水防塵機能もついている
OPPO Reno5 A のおすすめしないポイント
  • 液晶ディスプレイで有機ELではない
  • モノラルスピーカーで片側からしか音が出ない
  • キャリア購入の場合はシングルSIM(SIMフリー版ならデュアルSIM)

OPPO Reno5 A は、価格が5万以下と安いのにセール対象になることが多く、価格重視でミドルスペックスマホを選びたい方にはおすすめの機種です。

通常5万以上のスマホで利用されているSnapdragon 765Gを搭載していますし、おサイフケータイや防水防塵機能もついているなど、欲しい機能は一通りついているのが特徴です。

OPPO Reno 5A(公式スペック
本体サイズ約162 x 約74.6 x 約8.2 (mm)
ディスプレイ約6.5インチ / TFT
FHD+ / 2,400 × 1,080
重量約182g
カラー・アイスブルー
・シルバーブラック
RAM/ROM6GB / 128GB
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 765G
バッテリー約4,000mAh

2位:AQUOS sense5G

AQUOS sense5G
AQUOS sense5G
AQUOS sense5Gの評価レビュー
AQUOS sense5G の価格(税込)
キャリア現金販売価格割引適用後価格
ドコモ
ドコモ公式オンラインショップ
39,600円-
au
au公式オンラインショップ
39,890円26,450円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク
ソフトバンク公式オンラインショップ
43,200円21,600円
トクするサポート+(特典A)適用時
AQUOS sense5G のおすすめポイント
  • 価格が4万円を切る高コスパスマホ
  • Snapdragon 690 5Gでおサイフケータイや防水防塵機能など機能も十分
  • カラーバリエーションが豊富(キャリア限定色を含むと8色)
AQUOS sense5G のおすすめしないポイント
  • 多少発熱しやすい傾向がある
  • モノラルスピーカーで下部からしか音が出ない
  • トリプルカメラだが暗いところでは手ぶれしやすい

AQUOS sense5G は、4万円を切る価格設定と普段使いには十分な機能が搭載されて初心者にも使いやすい機種です。

ドコモでは購入割引プログラムを利用できませんが、一括で購入するのも難しくない価格ですし、auとソフトバンクでは割引を受けることが可能です。

5Gにも対応していますし、トリプルカメラで写真を撮る機会が多い方にもおすすめですが、暗い場所での撮影は弱めで手ぶれしやすいので注意しましょう。

AQUOS sense5G 主要スペック
ディスプレイ約5.8インチ Full HD+IGZO TFT
サイズH:約148mm W:約71mm D:約8.9mm
重量約178g
アウトカメラ約1200万画素/約1200万画素/約800万画素
バッテリー4570mA
RAM/ROM4GB/64GB
CPUSnapdragon 690 5G

3位:Mi 10 Lite 5G

Mi 10 Lite 5G
Mi 10 Lite 5G
Mi 10 Lite 5Gの評価レビュー
Mi 10 Lite 5Gの価格
キャリア現金販売価格割引適用後価格
au
au公式オンラインショップ
28,990円23,230円
かえトクプログラム適用時
Mi 10 Lite 5G のおすすめポイント
  • 5G対応なのに価格が安い
  • Snapdragon 765で普段使いならストレスフリー
  • クアッドカメラ
Mi 10 Lite 5G のおすすめしないポイント
  • 防水防塵、おサイフケータイには非対応
  • 約193gとスマホ本体が重い
  • モノラルスピーカーで下部からしか音が出ない

Mi 10 Lite 5GはSnapdragon 765Gを搭載したXiaomiのスマホで、キャリアではauでのみ42,740円で販売されていました。

現在は大幅に値引きされて28,890円となっていて、かえトクプログラムを利用すれば23,230円(1,010円×23回)となっています。

ただし、防水防塵機能やおサイフケータイなどがついていないので、利用しない方ならおすすめです。

Mi 10 Lite 5G(公式スペック
本体サイズ約W75×H164×D8.7mm
ディスプレイ約6.6インチ 有機EL(AMOLED)TrueColor ディスプレイ
重量約193g
カラー・コズミックグレー
・ドリームホワイト
RAM/ROM6GB / 128GB
OSMIUI 11(based on Android 10)
CPUSnapdragon 765G 5G
バッテリー4160mAh

4位:AQUOS sense4 lite

AQUOS sense4 lite
AQUOS sense4 lite
AQUOS sense4 liteの評価レビュー
AQUOS sense4 liteの価格
キャリア現金販売価格実質負担額
楽天モバイル
楽天モバイル公式オンラインショップ
25,001円1円
ポイント還元適用時
AQUOS sense4 lite のおすすめポイント
  • 3万円台だが、楽天モバイルでは実質0円の投げ売り状態
  • Snapdragon 720Gでスペック的にも問題なし
  • デュアルSIMに対応している
AQUOS sense4 lite のおすすめしないポイント
  • デュアルカメラなのでカメラ性能が弱い
  • 5Gに対応していない
  • 初心者向けのスマホ

AQUOS sense4 lite は楽天モバイル専売モデルで3万円台で販売されていたミドルスペックスマホです。

もともと人気のあったAQUOS sense4 と比べるとデュアルカメラとなっていますが、CPUはSnapdragon 720G、メモリ4GB、ストレージは64GBで同じです。

更に現在は割引で25,001円となっていて、Rakuten UN-LIMIT VI契約で1円になるという実質0円での投げ売り状態なのでかなりおすすめです。

AQUOS sense4 lite(公式スペック
本体サイズ約148 x 約71 x 約8.9 (mm)
ディスプレイ約5.8インチ / IGZO
FHD+ / 2,280 × 1,080
重量約176g
カラー・ライトカッパー
・シルバー
・ブラック
RAM/ROM4GB / 64GB
OSAndroid 10
CPUSnapdragon 720G
バッテリー約4,570mAh

5位:OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 A
OPPO Reno3 A
OPPO Reno3 Aの評価レビュー
OPPO Reno3 A の価格(2021年7月現在)
キャリア本体価格実質負担額
楽天モバイル
楽天モバイル公式オンラインショップ
26,980円1,980円
ポイント還元適用時
ワイモバイル26,640円8,640円
割引適用時
OPPO Reno3 A のおすすめポイント
  • 低価格なのにクアッドカメラを搭載している
  • 有機ELディスプレイ採用で綺麗
  • 防水防塵、おサイフケータイにも対応している
OPPO Reno3 A のおすすめしないポイント
  • Snapdragon 665 でスペックは弱め
  • 望遠レンズは搭載しておらず、ズームは5倍までしかできない
  • 5Gに対応していない

OPPO Reno3 A は、3万円以下の価格でクアッドカメラを搭載しているミドルスペックスマホです。

有機ELディスプレイや防水防塵機能、おサイフケータイなどにも対応しているので使い勝手はいいですが、CPUはSnapdragon 665 で弱めと考えたほうがいいでしょう。

一般的な使い方ではそこまで気にならないとは思いますが、使い方によってはもったりとした感じがするかもしれません。

OPPO Reno3 A(公式スペック
本体サイズ約160.9 x 約74.1 x 約8.2 (mm)
ディスプレイ6.4インチ/AMOLED FHD+
重量約175g
カラー・ホワイト
・ブラック
RAM/ROM6GB/128GB
OSAndroid 10
CPUSnapdragon 665
バッテリー約4,025mAh

5万円未満のミドルスペックスマホおすすめ5選一覧

機種名OPPO Reno 5AAQUOS sense5GMi 10 Lite 5GAQUOS sense4 liteOPPO Reno3 A
本体OPPO Reno 5AAQUOS sense5GMi 10 Lite 5GAQUOS sense4 liteOPPO Reno3 A
販売価格39,680円43,200円28,990円25,001円26,980円
実質負担額18,000円21,600円23,230円1円1,980円
キャリア楽天モバイル
ワイモバイル
ドコモ
au
ソフトバンク
au楽天モバイル楽天モバイル
ワイモバイル

▲目次に戻る

【カメラ重視】カメラ性能で選ぶミドルスペックスマホ3選

カメラ性能に拘るのであればハイエンドがおすすめですが、最近ではミドルスペックスマホでもハイエンド並みのカメラを備えた機種も出てきています。

最後にカメラ性能で選ぶミドルスペックスマホの3選をご紹介します。

【カメラ重視】カメラ性能で選ぶミドルスペックスマホ3選
  1. OPPO Reno5 A
  2. Google Pixel 4a(5G)
  3. iPhone 12 mini

1位:OPPO Reno5 A

oppo-reno5-a
OPPO Reno5 A
OPPO Reno5 A の価格
キャリア本体価格実質負担額
楽天モバイル
楽天モバイル公式オンラインショップ
42,980円22,980円
ポイント還元適用時
ワイモバイル39,680円18,000円
割引適用時
OPPO Reno5 A のおすすめポイント
  • 最大6,400万画素のクアッドカメラを搭載
  • AIが自動判別で簡単に綺麗な写真が撮れる
  • 動画にも手ぶれ補正機能付き
OPPO Reno5 A のおすすめしないポイント
  • 液晶ディスプレイのため、炎天下では見づらい
  • 重量が195gと重め

OPPO Reno5 A は価格重視のランキングでもご紹介しましたが、最大6,400万画素のクアッドカメラを搭載していてカメラ重視でもおすすめです。

AIでの自動判別やネオンポートレートなど、シーンに合わせて綺麗な写真が簡単に撮れますし、マクロ撮影では4㎝まで接写可能です。

ただし液晶ディスプレイなので炎天下での撮影時に多少見辛いと思うことがあるかもしれません。

OPPO Reno 5Aのカメラスペック
メインカメラ・約6,400万画素 (メイン)
・約800万画素 (超広角)
・約200万画素 (マクロ)
・約200万画素 (モノクロ)
インカメラ・約1,600万画素
その他・ネオンポートレート
・アウト/イン同時動画撮影
・AIハイライトビデオ
・IP68等級の 防水防塵対応

2位:Google Pixel 4a(5G)

Google Pixel 4a (5G)
Google Pixel 4a(5G)
Google Pixel 4a(5G) の価格
キャリア本体価格割引適用後価格
ソフトバンク
ソフトバンク公式オンラインショップ
57,600円28,800円
トクするサポート+(特典A)適用
Google Pixel 4a(5G)のおすすめポイント
  • AIを駆使した高性能デュアルカメラ(Google Pixel 5と同じで価格は安い)
  • Snapdragon765でスペックも普段使いには十分
  • 6.24インチ OLED(有機EL) で画面が綺麗
Google Pixel 4a(5G)のおすすめしないポイント
  • 3885mAhとバッテリーの持ちが良くない
  • 防塵防水性能が無い
  • バッテリーシェア非搭載

Google Pixel 4a(5G)は約1,220万画素の広角レンズと約1,600万画素の超広角レンズ、インカメラに約800万画素を搭載したデュアルカメラが特徴のミドルスペックスマホです。

デュアルカメラでもAI機能を駆使してハイエンドモデル並みの撮影が可能なのがGoogle Pixelのおすすめポイントでしょう。

同じカメラ性能やCPUでGoogle Pixel 5も発売されていますが、Google Pixel 4a(5G)のほうが価格が安いのでコスパでいえばおすすめです。

ただし、安い分バッテリー容量や防塵防水性能がついていませんので、価格が気にならない場合はGoogle Pixel 5のほうが安心です。

Google Pixel 4a(5G)のカメラスペック
メインカメラ・約1220万画素、F1.7(デュアルピクセル)
・約1600万画素、F2.2(超広角)
インカメラ・約800万画素、F2.0
その他・夜景モード
・トップショット
・ポートレート モード
・超解像ズーム
・モーション オートフォーカス
・Live HDR+
・よく撮影する人
・デュアル露出補正
・シネマティック撮影
・ウルトラワイド レンズ
・ポートレート ライト

3位:iPhone 12 mini

iPhone12 mini
iPhone 12 mini
iPhone 12 miniの評価レビュー
iPhone 12 mini 64GBの価格(税込)
キャリア現金販売価格割引適用後価格
ドコモ
ドコモ公式オンラインショップ
87,912円58,608円
スマホおかえしプログラム適用時
au
au公式オンラインショップ
90,065円48,185円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク
ソフトバンク公式オンラインショップ
96,480円48,240円
トクするサポート+適用時
楽天モバイル
楽天モバイル公式オンラインショップ
87,712円43,819円
アップグレードプログラム適用時
iPhone 12 mini のおすすめポイント
  • iPhone 12 と同じカメラやCPUを搭載
  • iPhone 12よりも1万円以上安く購入できる
  • 5.4インチのコンパクトサイズで重量約133gと軽い
iPhone 12 mini のおすすめしないポイント
  • 小さいのでバッテリー持ちがよくない
  • 望遠レンズはついていない
  • 指紋認証非搭載

iPhone 12 mini はiPhone 12 と同じカメラを搭載しつつ、価格はiPhone 12 よりも安いコスパに優れたミドルスペックスマホです。

iPhone のカメラ性能の良さは以前から定評がありますし、iPhone 12 mini のコンパクトさも手軽に写真を撮りたい方にはおすすめでしょう。

CPUもA14 Bionicでハイエンドと変わりませんので、スペックでも満足できるスマホです。

iPhone 12 Pro のような望遠レンズのついたハイスペックモデルに比べると見劣りするかもしれませんが、価格を考えれば納得できるでしょう。

iPhone 12 miniのカメラスペック
メインカメラ1,200万画素
超広角+広角
インカメラ1,200万画素
その他・IP68相当

カメラ性能で選ぶミドルスペックスマホ3選一覧

機種名OPPO Reno 5AGoogle Pixel 4a(5G)iPhone 12 mini
本体OPPO Reno 5AGoogle Pixel 4a 5GiPhone12mini
メインカメラ約6,400万画素 (メイン)
約800万画素 (超広角)
約200万画素 (マクロ)
約200万画素 (モノクロ)
約1220万画素(メイン)
約1600万画素(超広角)
1,200万画素(メイン)
1,200万画素(超広角)
インカメラ約1,600万画素約800万画素1,200万画素
キャリア楽天モバイル
ワイモバイル
ソフトバンクドコモ
au
ソフトバンク
楽天モバイル

▲目次に戻る

ミドルスペックスマホは価格もスペックも手頃でおすすめ!

ミドルスペックスマホを選ぶ際は、価格・スペック・カメラの3つのポイントを考慮して選ぶと自分に合ったちょうどいいスマホを選ぶことができます。

重視するポイントは日頃のスマホの使い方によって変わりますので、ご自分の利用内容を確認して必要な機能を備えたミドルスペックスマホを見つけましょう。

手頃な価格で自分にぴったりのスマホがほしい人は、本記事を参考に最適なミドルスペックスマホを選んでください。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
Homi
家電量販店にて3年間携帯販売をして培った知識を活かし、スマホに関する様々な情報をわかりやすくお伝えします。現在iPhone13 Proにてソフトバンクと楽天モバイルの2回線を使用中です。