高性能なスマホ人気おすすめランキング5選|ハイスペック機種をご紹介

高性能スマホを比較しておすすめランキングを作成しました。ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれの価格と総合評価レビューも書いています。4Gスマホ・5Gスマホそれぞれのプランやお得に購入できるキャンペーンも是非チェックしてみてください。

  • 2021年8月10日
高性能なスマホの人気おすすめランキング

ここでは2021年最新の高性能スマホおすすめランキングをご紹介しています。

5Gが登場した2020年以降は「4G=ミドルスペック」「5G=ハイスペック」という区分がより鮮明になってきました。

高性能スマホはプロクオリティの撮影機能はもちろん、ゲーム・動画視聴などをストレス無く利用できるのが魅力です。

これから高性能スマホを購入しようと考えている方は是非最後までチェックしてください。

高性能なスマホを選ぶポイント

ポイント
高性能なスマホを選ぶポイント
高性能なスマホを選ぶ3つのポイント
  • CPU
    ゲーム・動画視聴などは性能が高いほど有利
  • ディスプレイ
    ゲーム・動画を楽しむなら6インチ以上がベスト
  • カメラ
    画素数だけでなくレンズの数・動画撮影・AI機能もチェック

スマホはメーカーや型番ごとにそれぞれ独自の機能・特長があります。

例えばカメラ性能にこだわった機種やディスプレイの視認性が高く動画視聴がしやすい機種、ゲームに特化した機種などがよくある特長です。

各メーカーは自社スマホの「強み」を出す事でユーザーの購買欲にアピールしていると言えます。

高性能なスマホを選ぶ上で特に重要となるのは、「CPU」「ディスプレイ」「カメラ」の3つです。

高性能スマホのCPU

CPU Snapdragon 888
高性能なスマホを選ぶポイント

高性能Androidスマホのほとんどは、Snapdragon800番台のCPU(SoC)を搭載しています。

2020年発売のハイスペックスマホに搭載される「Snapdragon 865」や2021年の「Snapdragon 888」などが最新の高性能CPU(SoC)です。

「Snapdragon 865」、「Snapdragon 888」などを搭載したスマホは基本的にメモリも8GB以上となっており、日常使いからゲームまで快適に動かせます。

一方のiPhoneは新しいモデルすべてに最新のCPUが搭載されているため、性能の違いをさほど気にする必要はないでしょう。

高性能スマホのディスプレイ

Xperia 1 IIIのディスプレイ
高性能なスマホを選ぶポイント

高性能スマホに搭載されるディスプレイは6.0インチ以上の大画面で有機ELが主流となっています。

動画視聴やゲームなどをする場合は画面サイズが大きい方が視聴やプレイの幅が広がります。

4k画質で表示できるスマホも増えて来ていますが、表示できるコンテンツが限られる事を考えるとフルHD(1080p)以上を目安にすると良いでしょう。

ただしゲームなどでタッチ感度を重視する場合は画像の更新頻度を表すリフレッシュレートなどもチェックしてください。

高性能スマホのカメラ

Xperia 10 II(エクスペリア テン マークツー) | カメラ
高性能なスマホを選ぶポイント

高性能スマホのカメラは年々進化を続けており、2021年以降のモデルはどれもコンエジ並みの性能・機能を言っても差し支えありません。

どのモデルでも手軽に良い写真が撮れる事が魅力ですが、作品制作などよりクオリティにこだわるならメーカー独自の機能もチェックしましょう。

例えば撮影した写真を拡大などしてプリントアウトするなら細部まで描写できる高画質のカメラが搭載されたモデルがおすすめです。

SNSなどに写真を上げる場合はAI補正機能が充実したモデルなども良いでしょう。

参考までに「突き詰めた作品作り=拡張機能豊富なAndroid」「手軽にSNSなどへのアップ=AI機能が充実したiPhone」という口コミ・意見も多くあります。

高性能スマホのおすすめ機種一覧

おすすめ
高性能スマホのおすすめ機種一覧
機種名CPUROM/RAMカメラディスプレイ
Xperia 1 III
Xperia 1 III SO-51B
Snapdragon 88812GB/256GB・標準:約1220万画素
・超広角:約1220万画素
・望遠:約1220万画素
・インカメラ:約800万画素
約6.5インチ
4K/有機EL シネマワイド ディスプレイ
Galaxy S21 Ultra 5G
Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B
Snapdragon 88812GB/256GB・広角:約1億8000万画素
・超広角:約1200万画素
・望遠:約1000万画素
・望遠:約1000万画素
・インカメラ:約4000万画素
約6.8インチ
Full HD+ Dynamic AMOLED(有機EL)
OPPO Find X3 Pro
OPPO Find X3 Pro
Snapdragon 88812GB/256GB・広角:約5000万画素
・超広角:約5000万画素
・望遠:約1300万画素
・顕微鏡:約300万画素
・インカメラ:約3200万画素
約6.7インチ
有機EL(QHD+)
Galaxy S21+ 5G
Galaxy S21+ 5G
Snapdragon 8888GB/256GB・超広角:1200万画素
・広角:1200万画素
・望遠:6400万画素
・インカメラ:約1000万画素
約6.7インチ
Dynamic AMOLED(有機EL)
AQUOS R6
AQUOS R6 SH-51B
Snapdragon 88812GB/128GB・標準:約2020万画素
・インカメラ:約1260万画素
約6.6インチ
WUXGA+
Pro IGZO OLED (有機EL)
Galaxy S21 5G
Galaxy S21 5G
Snapdragon 8888GB/256GB・超広角:1200万画素
・広角:1200万画素
・望遠:6400万画素
・インカメラ:約1000万画素
約6.2インチ
Dynamic AMOLED(有機EL)
Xperia 5 II
Xperia 5 II
Snapdragon 8658GB/128GB・標準:約1220万画素
・超広角:約1220万画素
・望遠:約1220万画素
・インカメラ:約800万画素
約6.1インチ
Full HD+
有機EL シネマワイドディスプレイ
ZTE Axon 10 Pro 5G
ZTE Axon 10 Pro 5G
Snapdragon 8656GB/128GB・標準:約4800万画素
・超広角:約2000万画素
・望遠:約800万画素
・インカメラ:約2000万画素
約6.4インチ
Full HD+有機EL
TORQUE 5G
TORQUE 5G
Snapdragon 765G6GB/128GB・標準:約2400万画素
・超広角:約1600万画素
・インカメラ:約800万画素
約5.5インチ
FHD+ 液晶
Google Pixel 5
Google Pixel 5
Snapdragon 765G8GB/128GB・標準:約1220万画素
・広角:約1600万画素
・インカメラ:約800万画素
約6.0インチ
フレキシブルOELD(有機EL)

高性能スマホのおすすめ機種を比較してみると、最新のものはCPUが「Snapdragon 888」が優れていることが分かります。

またROMが12GBあるものもあり、操作性も非常にいいものになっています。

さらに性能が高い機種の殆どはカメラ性能にも力が入っています。カメラ性能が優れていると価格も高くなりがちなので、必要かどうかも考えながらチェックしましょう。

10万円以上の高性能スマホおすすめ5選

docomo collection 2021
docomo collection 2021

まずは10万円以上の高性能スマホのおすすめランキングをチェックしてみましょう。

5Gのサービスが開始されてから1年以上が経ち、各キャリアともに5G対応機種をメインに取り扱ってきています。

10万円以上の高性能スマホおすすめ5選
  1. Xperia 1 III
  2. Galaxy S21 Ultra 5G
  3. OPPO Find X3 Pro
  4. Galaxy S21+ 5G
  5. AQUOS R6

1位:Xperia 1 III

Xperia 1 III SO-51B
10万円以上の高性能スマホおすすめ1位
Xperia 1 IIIの価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
ドコモ公式オンラインショップ
ドコモ
154,440円102,960円
スマホおかえしプログラム適用時
au公式オンラインショップ
au
178,000円98,440円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク公式オンラインショップ
ソフトバンク
188,640円94,320円
トクするサポート+適用時
著者がおすすめするポイント
  • 普段使いはもちろん、ゲーム・アプリ起動もサクサク
  • 4k(3840×1644)表示、120Hzリフレッシュレート対応
  • 世界初の可変式望遠レンズ搭載、強化されたカメラ
著者がおすすめしないポイント
  • ヘビーに使うと発熱が気になる
  • カメラUIが独特で慣れが必要

Xperia 1 IIIは2021年7月に発売されたばかりのSONYのフラッグシップモデル最新作です。

最新のSnapdragon 888に12GBのRAM+256GBのROMという仕様で普段使いからゲーム・アプリまでストレス無く動作できます。

世界初となる4k(3840×1644)表示の有機ELディスプレイを搭載した事で、これまで以上の映像美を可能としました。

また、リフレッシュレートは120Hzでゲームなどのタッチレスポンスも良好です。

カメラUIは機能が多いため慣れが必要ですが、3D iToFセンサーを加えた3眼構成でデジタルカメラのように手軽かつ綺麗な写真を撮影できます。

デメリットはゲームやアプリなどであまりにヘビーに使うと発熱がある点です。

Xperia 1 IIIのスペック・機能
通信規格5G(ミリ波対応)/4G
本体サイズH:約165mm
W:約71mm
D:約8.2mm
画面サイズ約6.5インチ
重量約188g
RAM/ROM12GB/256GB
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 888
バッテリー容量4500mAh
カメラ・標準:約1220万画素
・超広角:約1220万画素
・望遠:約1220万画素
・インカメラ:約800万画素
生体認証・指紋認証
ディスプレイ4K/有機EL シネマワイドディスプレイ
Xperia 1 IIIの評価レビュー|買う理由・買わない理由

2位:Galaxy S21 Ultra 5G

Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B
10万円以上の高性能スマホおすすめ2位
Galaxy S21 Ultra 5Gの価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
ドコモ公式オンラインショップ
ドコモ
151,272円100,848円
スマホおかえしプログラム適用時
著者がおすすめするポイント
  • 5G対応&超ハイスペック
  • 広角約1億800万画素、8k動画撮影などカメラ特化
  • 約6.8インチの大画面だがエッジディスプレイでで持ちやすい
著者がおすすめしないポイント
  • イヤホンジャック非対応
  • micro SDカード非対応

2021年4月に発売されたGalaxyシリーズの最上位モデルです。

5Gはミリは対応で高速通信が可能、さらにSnapdragon 888+大容量RAM&ROMで普段使いからゲーム・アプリ利用まで快適です。

カメラは約1億800万画素の広角レンズを含めた4眼構成で、シチュエーション問わず利用できるのはもちろんナイトモードの性能などシステム面も優秀です。

約6.8インチの大画面有機EL搭載ながら画面が湾曲した「エッジディスプレイ」により携帯性が高いのも魅力的。

他のGalaxyフラッグシップシリーズ同様、イヤホンジャックやSDカードに対応しないのは少し残念です。

ただしGalaxy Bugなどワイヤレスイヤホンの音質・電池持ち性能は年々上がっていますし、大容量ROMによりストレージ圧迫の心配もまずないでしょう。

Galaxy S21 Ultra 5Gのスペック・機能
通信規格5G(ミリ波対応)/4G
本体サイズH:約165mm
W:約76mm
D:約8.9mm
画面サイズ約6.8インチ
重量約228g
RAM/ROM12GB/256GB
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 888
バッテリー容量5000mAh
カメラ・広角:約1億800万画素
・超広角:約1200万画素
・望遠:約1000万画素
・望遠:約1000万画素
・インカメラ:約4000万画素
生体認証・指紋認証
・顔認証
ディスプレイFull HD+ Dynamic AMOLED(有機EL)
Galaxy S21 Ultra 5Gの評価レビュー|買う理由・買わない理由

3位:OPPO Find X3 Pro

OPPO Find X3 Pro
10万円以上の高性能スマホおすすめ3位
OPPO Find X3 Proの価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
au公式オンラインショップ
au
178,000円98,440円
かえトクプログラム適用時
著者がおすすめするポイント
  • 5G対応&超ハイスペックで小型軽量
  • カメラ性能良し、顕微鏡カメラも楽しい
  • 独自OS搭載だが直感的で使いやすい
著者がおすすめしないポイント
  • イヤホンジャックとmicro SD非対応
  • ヘビーに使うと発熱が気になる

SIMフリースマホの人気・知名度が高いオウガ・ジャパン(OPPO)のau版キャリアモデルとなります。

海外メーカーお得意のカメラ機能特化スマホであり、顕微鏡カメラを含めた4眼構成で多才な撮影が可能です。

また、「10bitフルパスカラーマネジメントシステム」により撮影、画像保存、ディスプレイ表示まで10億色での再現ができます。

ディスプレイ性能もQHD+ (3216 x 1440))有機ELディスプレイと高いため、動画視聴やゲームプレイでも実力を発揮するでしょう。

イヤホンジャックとmicro SDは非対応ですが、Googleドライブなどのクラウドサービスは問題無く利用可能です。

OPPO Find X3 Proのスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約164mm
W:約74mm
D:約8.3mm
画面サイズ約6.7インチ
重量約193g
RAM/ROM12GB/256GB
OSColorOS 11
CPUSnapdragon 888
バッテリー容量4500mAh
カメラ・広角:約5000万画素
・超広角:約5000万画素
・望遠:約1300万画素
・顕微鏡:約300万画素
・インカメラ:約3200万画素
生体認証・指紋認証
・顔認証
ディスプレイ有機EL(QHD+)
OPPO Find X3 Proの評価レビュー|買う理由・買わない理由

4位:Galaxy S21+ 5G

au Galaxy S21+ 5G
10万円以上の高性能スマホおすすめ4位
Galaxy S21+ 5Gの価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
au公式オンラインショップ
au
138,730円79,810円
かえトクプログラム適用時
著者がおすすめするポイント
  • 5G対応&ハイスペックで小型軽量
  • 高機能カメラでシチュエーション問わず撮影が可能
  • 弱点無くバランスよく使える
著者がおすすめしないポイント
  • イヤホンジャックとmicro SD非対応
  • 上位機種に比べると飛びぬけた特徴は無い

先にご紹介したGalaxy S21 Ultra 5Gと同時期に発売されたフラッグシップモデルです。

RAMは8GBとハイスペックの中では控えめですが、最新CPUと優れたシステムにより普段使いからゲーム・アプリまで快適に動作できます。

3眼カメラはUIもシンプルで手軽な撮影が可能のはもちろん、約6400万画素の望遠カメラは最大30倍までのズームに対応します。

Galaxy S21 Ultra 5Gの100倍ズームなど飛びぬけた特徴はありませんが、バランスが良く使いやすい高性能スマホだと言えます。

ただし他のGalaxyフラッグシップ同様イヤホンジャックとmicro SDは非対応です。

Galaxy S21+ 5Gのスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約162mm
W:約76mm
D:約7.8mm
画面サイズ約6.7インチ
重量約200g
RAM/ROM8GB/256GB
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 888
バッテリー容量4800mAh
カメラ・超広角:1200万画素
・広角:1200万画素
・望遠:6400万画素
・インカメラ:約1000万画素
生体認証・指紋認証
・顔認証
ディスプレイDynamic AMOLED(有機EL)
Galaxy S21+ 5Gの評価レビュー|買う理由・買わない理由

5位:AQUOS R6

AQUOS R6 SH-51B
10万円以上の高性能スマホおすすめ5位
AQUOS R6の価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
ドコモ公式オンラインショップ
ドコモ
115,632円77,088円
スマホおかえしプログラム適用時
ソフトバンク公式オンラインショップ
ソフトバンク
133,920円66,960円
トクするサポート+適用時
著者がおすすめするポイント
  • Snapdragon 888搭載で動作快適
  • ライカのレンズ「ズミクロン」搭載でカメラ特化
  • 美しさ&省エネ実現のディスプレイ搭載
著者がおすすめしないポイント
  • 設定を詰めればコンデジや一眼クラスの撮影が可能
  • 発熱が気になる

AQUOSフラッグシップモデルの最新作で、これまでのハイスペック=多眼カメラという流れに逆らった一眼カメラと搭載しています。

超大型の1インチセンサーを搭載した事により集光力が向上、コンデジ・一眼クラスの高精細能力となっています。

レンズはライカ製で7枚構成の「ズミクロン」で、超広角・望遠などバリエーション豊富な撮影も可能です。

また、最新CPU搭載でスペックも高いですし、ディスプレイは最大240Hzのリフレッシュレートを実現するなど動画視聴・ゲームにも適しています。

ただし豊富な機能を搭載したせいなのか端末が明らかに発熱するという口コミも多くあります。

端末の発熱に関しては今後のシステムアップデートで改善されるのではないでしょうか。

AQUOS R6のスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約162mm
W:約74mm
D:約9.5mm
画面サイズ約6.6インチ
重量約207g
RAM/ROM12GB/128GB
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 888
バッテリー容量5000mAh
カメラ・標準:約2020万画素
・インカメラ:約1260万画素
生体認証・指紋認証
・顔認証
ディスプレイWUXGA+/Pro IGZO OLED (有機EL)
AQUOS R6の評価レビュー|買う理由・買わない理由

10万円未満の高性能スマホおすすめ5選

au new collection
au new collection

続いては10万円未満の高性能スマホのおすすめランキングをチェックしてみましょう。

比較的価格の安いモデルもランキングでご紹介していますので、自身のスマホの使い方を考えながらチェックしてください。

10万円未満の高性能スマホおすすめ5選
  1. Galaxy S21 5G
  2. Xperia 5 II
  3. ZTE Axon 10 Pro 5G
  4. TORQUE 5G
  5. Google Pixel 5

1位:Galaxy S21 5G

Galaxy S21 5G
10万円未満の高性能スマホおすすめ1位
Galaxy S21 5Gの価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
ドコモ公式オンラインショップ
ドコモ
99,792円66,528円
スマホおかえしプログラム適用時
au公式オンラインショップ
au
118,540円66,700円
かえトクプログラム適用時
著者がおすすめするポイント
  • 上位モデルと同じCPUで高性能
  • 美麗かつバリエーション豊富な写真撮影が可能
  • 約6.2インチながら軽量かつコンパクト
著者がおすすめしないポイント
  • バッテリー容量は高性能スマホとしては少なめ
  • イヤホンジャックとmicro SD非対応

先に記事内でご紹介したGalaxy S21+ 5Gの姉妹モデルとなります。

搭載CPUは最新のSnapdragon 888で、普段使いからゲーム・アプリまで快適な動作を実現。

カメラ構成もGalaxy S21+ 5Gと同じで、手軽に望み通りの撮影が行える点が魅力です。

また、Galaxy S21+ 5Gと比べて本体がコンパクトかつ軽量となっており、ディスプレイは大きいながらも持ち運びしやすいのもメリットとなります。

上位モデルと比較してバッテリー容量は少なめで、イヤホンジャックとmicro SDに非対応となっている点がデメリットです。

Galaxy S21 5Gのスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約152mm
W:約71mm
D:約7.9mm
画面サイズ約6.2インチ
重量約171g
RAM/ROM8GB/256GB
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 888
バッテリー容量4000mAh
カメラ・超広角:1200万画素
・広角:1200万画素
・望遠:6400万画素
・インカメラ:約1000万画素
生体認証・指紋認証
・顔認証
ディスプレイDynamic AMOLED(有機EL)
Galaxy S21 5Gの評価レビュー|買う理由・買わない理由

2位:Xperia 5 II

Xperia 5 II
10万円未満の高性能スマホおすすめ2位
Xperia 5 IIの価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
ドコモ公式オンラインショップ
ドコモ
99,000円66,000円
スマホおかえしプログラム適用時
au公式オンラインショップ
au
88,140円51,060円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク公式オンラインショップ
ソフトバンク
115,200円57,600円
トクするサポート+適用時
著者がおすすめするポイント
  • 小型軽量、軽くて使いやすい
  • 2021年でも当然通用する高い性能
  • 作品作りも可能な本格カメラ
著者がおすすめしないポイント
  • 指紋認証はラグが発生する事も
  • 夜景撮影だと綺麗に撮れない事も

Xperia 1シリーズと同じく、Xperia 5シリーズもソニーのフラッグシップスマホとなります。

発売は2020年10月~11月なので搭載されているCPUは前世代のSnapdragon 865です。

しかし、2021年となった今でも最新のゲーム・アプリまでプレイできる高性能スマホとなっています。

カメラの画質が高くないため一見すると性能が低く見えますが、優れたシステム処理によりシチュエーション問わず綺麗な写真が撮れます。

露出調整・ISO感度などを調整すれば作品レベルの撮影も行えるようになります。

夜景撮影が今一つといった口コミなども見受けられますが、全体的にバランスよく仕上がった高性能スマホと言えます。

Xperia 5 IIのスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約158mm
W:約68mm
D:約8.0mm
画面サイズ約6.1インチ
重量約163g
RAM/ROM8GB/128GB
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 865
バッテリー容量4000mAh
カメラ・標準:約1220万画素
・超広角:約1220万画素
・望遠:約1220万画素
・インカメラ:約800万画素
生体認証・指紋認証
ディスプレイFull HD+有機EL シネマワイドディスプレイ
Xperia 5 IIを評価レビュー|買う理由・買わない理由

3位:ZTE Axon 10 Pro 5G

ZTE Axon 10 Pro 5G
10万円未満の高性能スマホおすすめ3位
ZTE Axon 10 Pro 5Gの価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
ソフトバンク公式オンラインショップ
ソフトバンク
72,720円36,360円
トクするサポート+適用時
著者がおすすめするポイント
  • 高性能スマホとしては特に安い
  • コンパクトデザインで軽量
  • アウトカメラはすっきりとしたデザイン
著者がおすすめしないポイント
  • カメラ機能は他高性能スマホに劣る
  • 防水・おサイフケータイ非対応

ZTE Axon 10 Pro 5Gはソフトバンクより2020年3月に発売された5Gスマホです。

2020年最上位のCPUであるSnapdragon 865を搭載しており、ゲームやアプリも快適に動作できます。

アウトカメラのデザインもすっきりとまとまっており、約176gと軽量で普段使いしやすいのもポイントです。

一方、カメラ性能はどちらかと言えば2021年のミドルスペック並みで、防水・おサイフケータイに非対応などのデメリットもあります。

「ゲーム・動画視聴などが中心で、あまり外でスマホを使わない」という場合はコスパが良いため特におすすめです。

ZTE Axon 10 Pro 5Gのスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約159mm
W:約73mm
D:約7.9mm
画面サイズ約6.4インチ
重量約176g
RAM/ROM6GB/128GB
OSAndroid 10
CPUSnapdragon 865
バッテリー容量4000mAh
カメラ・標準:約4800万画素
・超広角:約2000万画素
・望遠:約800万画素
・インカメラ:約2000万画素
生体認証・指紋認証
ディスプレイFull HD+有機EL
ソフトバンクZTE Axon 10 Pro 5Gの評価レビュー|買う理由と買わない理由

4位:TORQUE 5G

TORQUE 5G
10万円未満の高性能スマホおすすめ4位
TORQUE 5Gの価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
au公式オンラインショップ
au
88,885円53,245円
かえトクプログラム適用時
著者がおすすめするポイント
  • アウトドア使用で最強のタフネス性能
  • アクションカメラ向きの機能搭載
  • 太陽の下でも見やすい高輝度ディスプレイ
著者がおすすめしないポイント
  • ゲームなどインドア向けのスペックではない
  • 普段使い向けではない無骨なデザイン

au専売となるTORQUE 5Gはアウトドアに適したタフネススマホとして人気です。

耐久試験はMILと京セラの独自試験合わせて合計28項目をクリアしており、どのようなシチュエーションでもガシガシ使えます。

耐衝撃・防塵などはもちろん、耐氷結・対海水などの試験もクリアしているのはキャリアスマホとしては珍しいと言えます。

カメラは標準・超広角でナイトモードなどにも対応、さらに動画に情報を表示したりとアクションカメラ的にも使えます。

Snapdragon 700番台・5.5インチディスプレイのためゲームプレイには向きませんが、アウトドアライフには最高の一台です。

TORQUE 5Gのスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約167mm
W:約75mm
D:約14.8mm
画面サイズ約5.5インチ
重量約248g
RAM/ROM6GB/128GB
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 765G
バッテリー容量4000mAh
カメラ・標準:約2400万画素
・超広角:約1600万画素
・インカメラ:約800万画素
生体認証・指紋認証
ディスプレイFHD+ 液晶
TORQUE 5Gの評価レビュー|買う理由・買わない理由

5位:Google Pixel 5

Google Pixel 4a(5G)
10万円未満の高性能スマホおすすめ5位
Google Pixel 5の価格(税込)
販売元本体価格割引適用後価格
au公式オンラインショップ
au
65,575円37,375円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク公式オンラインショップ
ソフトバンク
87,840円43,920円
トクするサポート+適用時
著者がおすすめするポイント
  • 夜景、ポートレートも綺麗に撮れる
  • 使いやすく軽量なボディ
  • 高性能なセキュリティチップ&アップデートで安心
著者がおすすめしないポイント
  • 負荷の高いゲーム・アプリは難しいかも
  • micro SDカードには非対応

2020年に発売された、Google Pixelシリーズのフラッグシップモデルとなります。

Snapdragon 700番台を搭載した事により価格を抑えておりコスパが高いのが魅力です。

特にカメラのAI機能が優秀であり、デュアルカメラでありながら夜景・ポートレートなど、どのような場面でもベストショットが期待できます。

また、防水・おサイフケータイに対応しているのも見逃せないポイントです。

FPSや3D系ゲーム、複数アプリの立ち上げなどをさすがに難しいでしょうが、日常使い中心ならまず間違いなく満足できる一台です。

Google Pixel 5のスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約145mm
W:約70mm
D:約8.0mm
画面サイズ約6.0インチ
重量約151g
RAM/ROM8GB/128GB
OSAndroid 10
CPUSnapdragon 765G
バッテリー容量4080mAh
カメラ・標準:約1220万画素
・広角:約1600万画素
・インカメラ:約800万画素
生体認証・指紋認証
ディスプレイフレキシブルOELD(有機EL)
GooglePixel 5の評価レビュー|買う理由・買わない理由

高性能なiPhoneでおすすめは?

iPhone12
ソフトバンク iPhone 12

最後に高性能なiPhoneのおすすめをご紹介します。

高性能なおすすめiPhone 3選
  1. iPhone 12 Pro Max
  2. iPhone 12
  3. iPhone 11 Pro Max
機種名CPUROM/RAMカメラディスプレイ
iPhone 12 Pro Max
ソフトバンク iPhone12 Pro Max
A14 Bionic非公開/128GB・256GB・512GB・アウトカメラ:12MP(超広角、広角、望遠カメラ)+LiDARスキャナ
・インカメラ:12MP
約6.7インチ
Super Retina XDRディスプレイ(有機EL)
iPhone 12
ソフトバンク iPhone 12
A14 Bionic非公開/64GB・128GB・256GB・アウトカメラ:12MP(超広角、広角)
・インカメラ:12MP
約6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ(有機EL)
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro Max
A13 BionicRAM非公開/64GB・128GB・256GB・アウトカメラ:12MP(超広角、広角、望遠)
・インカメラ:12MP
約6.5インチ
Super Retina XDRディスプレイ(有機EL)

1位:iPhone 12 Pro Max

ソフトバンク iPhone12 Pro Max
高性能なiPhoneおすすめ1位
iPhone 12 Pro Maxの価格一覧
販売元本体価格割引適用後価格
ドコモ128GB:142,560円
256GB:156,024円
512GB:182,952円
128GB:95,040円
256GB:104,016円
512GB:121,968円
スマホおかえしプログラム適用時
au128GB:141,900円
256GB:155,150円
512GB:181,540円
128GB:75,900円
256GB:83,030円
512GB:97,060円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク128GB:151,920円
256GB:166,320円
512GB:194,400円
128GB:75,960円
256GB:83,160円
512GB:97,200円
トクするサポート+適用時
SIMフリー128GB:129,580円
256GB:141,680円
512GB:165,880円
著者がおすすめするポイント
  • 3眼構成+LiDARスキャナでプロクオリティ撮影
  • 最新チップ搭載でゲーム・アプリ起動もサクサク
  • 大画面ディスプレイで視認性も高い
著者がおすすめすしないポイント
  • 本体サイズが大きく携帯性に難あり
  • 指紋認証機能は無い

iPhone 12 Pro Maxは2020年10月発売されたiPhoneシリーズの最新モデルになります。

12シリーズ最上位モデルだけあり、カメラ性能、処理速度ともにハイスペックスマホの中でも最高峰のスペックになっています。

特にカメラ機能は広角、超広角、望遠にLiDARスキャナを加えたクアッドカメラになっておりカメラに定評のあるiPhoneシリーズでも最もキレイな撮影が可能です。

さらに性能面でもポートレートモードでもナイトモードが使えるというプロ仕様になっています。

大画面なのでゲームや動画視聴でも活躍しますが、特にカメラにこだわる人に最適のスマホと言ってもいいでしょう。

iPhone 12 Pro Maxのスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約160.8mm
W:約78.1mm
D:約7.4mm
画面サイズ約6.7インチ
重量約226g
RAM/ROMRAM非公開/128GB・256GB・512GB
OSiOS 14
CPUA14 Bionic
バッテリー容量ビデオ再生:最大20時間
ビデオ再生:最大12時間
オーディオ再生:最大80時間
カメラ・アウトカメラ:12MP(超広角、広角、望遠カメラ)+LiDARスキャナ
・インカメラ:12MP
生体認証・顔認証
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)

2位:iPhone 12

ソフトバンク iPhone12
高性能なiPhoneおすすめ2位
iPhone 12の価格一覧
販売元本体価格割引適用後価格
ドコモ64GB:101,376円
128GB:109,296円
256GB:123,552円
64GB:67,584円
128GB:72,864円
256GB:82,368円
スマホおかえしプログラム適用時
au64GB:103,430円
128GB:108,260円
256GB:122,435円
64GB:55,430円
128GB:57,500円
256GB:65,435円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク64GB:110,880円
128GB:116,640円
256GB:131,040円
64GB:55,440円
128GB:58,320円
256GB:65,520円
トクするサポート+適用時
SIMフリー64GB:94,380円
128GB:99,880円
256GB:111,980円
著者がおすすめするポイント
  • 上位モデルと同じ最新チップ搭載でサクサク
  • iPhone12などで使えるナイトポートレートにも対応
  • 大画面で動画視聴・ゲームも快適
著者がおすすめすしないポイント
  • 撮影能力は上位モデルの方が上
  • 指紋認証機能は無い

iPhone 12はシリーズのスタンダードモデルという位置づけながら、上位モデルと同じA14 Bionicチップを搭載しています。

非公開となっているメモリ容量が上位モデルに劣るようですが、最新ゲームなどもサクサク遊べる高いスペックが魅力です。

カメラは2眼構成ですが、iPhoneシリーズの特徴である優秀な画像処理エンジンによってAndroidを凌駕する撮影も可能です。

ただし望遠レンズやLiDARスキャナが無いため、ズームや夜景・ポートレートなどで上位モデルに劣ります。

とは言えコンパクト&軽量で持ち運びもしやすく、自宅・外出先などどのような場所でも便利に使えるスキのないスマホとなっています。

iPhone 12のスペック・機能
通信規格5G/4G
本体サイズH:約146.7mm
W:約71.5mm
D:約7.4mm
画面サイズ約6.1インチ
重量約162g
RAM/ROMRAM非公開/64GB・128GB・256GB
OSiOS 14
CPUA14 Bionic
バッテリー容量ビデオ再生:最大17時間
ビデオ再生:最大11時間
オーディオ再生:最大65時間
カメラ・アウトカメラ:12MP(超広角、広角)
・インカメラ:12MP
生体認証・顔認証
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)

3位:iPhone 11 Pro Max

iPhone11 Pro Max
高性能なiPhoneおすすめ3位
iPhone 11 Pro Maxの価格一覧
販売元本体価格割引適用後価格
au64GB:131,965円
256GB:149,465円
512GB:173,660円
64GB:75,325円
256GB:84,065円
512GB:96,140円
かえトクプログラム適用時
ソフトバンク64GB:132,480円
256GB:149,760円
512GB:174,240円
64GB:66,240円
256GB:74,880円
512GB:87,120円
トクするサポート+適用時
著者がおすすめするポイント
  • 2021年でも通用する高性能スマホ
  • デュアルカメラながら幅広い撮影が可能
  • コンパクト&軽量で携帯性も◎
著者がおすすめすしないポイント
  • 撮影機能は最新モデルの方が上
  • 指紋認証機能は無い

iPhone 11 Pro Maxは2019年9月20日に発売されたiPhone 11シリーズの最上位スペックモデルになります。

特徴はカメラ機能でiPhone 11に搭載されている広角・超広角レンズに望遠レンズ加たトリプルカメラになっており遠くの景色をよりキレイに撮影することができます。

また大画面有機ELディスプレイを採用しているので黒色もよりはっきりと表現することができ、ゲームや動画視聴も快適です。

旧モデルで5Gに対応しませんが処理能力は高く、撮影だけでなくゲームや動画鑑賞をメインにしている方も満足できるでしょう。

iPhone 11 Pro Maxのスペック・機能
通信規格4G
本体サイズH:約158.0mm
W:約77.8mm
D:約8.1mm
画面サイズ約6.5インチ
重量約226g
RAM/ROMRAM非公開/64GB・128GB・256GB
OSiOS 13→iOS 14
CPUA13 Bionic
バッテリー容量ビデオ再生:最大20時間
ビデオ再生:最大12時間
オーディオ再生:最大80時間
カメラ・アウトカメラ:12MP(超広角、広角、望遠)
・インカメラ:12MP
生体認証・顔認証
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)
ミドルスペックスマホおすすめ15選|Android・iPhone全比較

▲目次に戻る

高性能スマホの価格は10万円が目安

Xperia 1 III
高性能スマホのおすすめまとめ

今回はドコモ・au・ソフトバンクで取り扱われている高性能スマホをご紹介させて頂きました。

2021年現在、大手キャリアのスマホは「4G=ミドルスペック」「5G=ハイスペック」という流れになっています。

日常使い中心、動画視聴や撮影も楽しみたいという場合は8万円~10万円クラスのモデルを選ぶのがおすすめです。

一方、本格的なゲームプレイや写真・動画の作品作り、配信・実況などに利用する場合は10万円以上のモデルを選ぶべきです。

今回のご紹介を参考に、是非自分に合った高性能スマホを探してみましょう。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
みけねこ
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが3年ほど前に格安SIMを使い始めました。特にお得なキャンペーン情報には目がありません。「スマホはお得が一番」をモットーに、 最新機種はもちろん料金プランなどの情報をユーザーの目線からわかりやすくご紹介していきます。