AQUOS wishの評価レビュー|買う理由・買わない理由

AQUOS wishの評価レビューをして、価格・スペック・機能を詳しくご紹介していきます。またAQUOS wishを買う理由・買わない理由にまとめていきます。AQUOS wishはシンプルな機能が魅力のベーシックモデルなため、初めてスマホを利用する方もぜひ検討してみてください。

  • 2022年5月13日
AQUOS wishの評価レビュー|買う理由・買わない理由

シンプルなスマートフォンとして人気のシャープの新作「AQUOS wish」が2022年1月14日に発売されます。

多様化していく社会で「あえてモノを持ちすぎない」というコンセプトのもと、5G対応のベーシックモデルとして登場しました。

今回はAQUOS wishの気になる評価レビューをまとめていきます。最後にはAQUOS wishを買う理由・買わない理由も紹介しますね。

AQUOS wish 総合レビュー

AQUOS wishのレビュー
動きの快適さ★★★★☆3.5
使いやすさ・操作性★★★★☆3.8
カメラ★★★☆☆3.0
バッテリーのもち★★★☆☆3.0
オリジナル性能★★★★☆3.5
価格★★★☆☆3.0
総合評価3.3
auは人気新機種がお得!
機種1位2位3位4位
本体iPhone SE3iPhone SE3AQUOS wishAQUOS wisharrows Wearrows We FCG01AQUOS sense6AQUOS sense6 SHG05
価格34,615円~22,001円~21,068円~32,430円~
特徴コスパの良さが魅力
Apple最新スマホ
飽きずに長く使える
カジュアルスマホ
初心者でも使いやすい
シンプルなスマホ
初心者でも使いやすい
バランススマホ
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

AQUOS wishの口コミ・評判

AQUOS wish
AQUOS wishの口コミ・評判

まずは発売前のAQUOS wishについての口コミや評価を見ていきましょう。

期待できるポイントと不安なポイントをそれぞれ良い口コミ・悪い口コミとして紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

AQUOS wishの良い口コミ・評判

まずは良い口コミ・評価をみていきましょう。

良い口コミ・評判 3つ
  • 防水・防塵だけでなく衝撃にも強い
  • 決済アプリを楽に使える機能搭載
  • コンパクトなサイズで片手操作しやすい

AQUOS wishには防水・防塵だけでなくあらゆる環境下でも耐えうる規格をクリアしている最強スマートフォンなんです。

詳細は後ほど紹介しますが、どんな場面でも使用でき、落としても故障の心配がないのは期待できますね。

また、近年増加している決済アプリの利用に対応した機能も搭載されています。

シンプルなデザインのAQUOS wishは軽量かつコンパクトなため、片手操作にも向きやすいところが評価できます。

AQUOS wishの悪い口コミ・評判

続いては悪い口コミ・評価です。不安なポイントもしっかり抑えておきましょう。

悪い口コミ・評判 3つ
  • ソフトバンクでは一般向けに発売されない
  • 内蔵のバッテリーはやや少なめ
  • 価格は未発表のため評価できず

悪い口コミとして気になる点は販売キャリアが限られていることです。

auではAQUOS wishの「SHG06」が一般向けに購入できますが、ソフトバンクでは法人向けの販売のみとなります。

ソフトバンクユーザの方はまずこの点がデメリットといえるでしょう。

内蔵のバッテリーは近年3,900mAhが主流ですが、それよりもやや少なめのバッテリー容量となります。

最後に気になる価格がまだ発表されていないため、肝心のコスパ面では評価ができず懸念要素となります。

AQUOS wishの価格を評価レビュー

AQUOS wishの気になる評価をまとめてみました。まずは価格の評価レビューから紹介します。

AQUOS wishはau(店舗・オンラインショップ)、UQ mobile(店舗)、ワイモバイル、楽天モバイルから購入することができます。

※auは「SHG06」の発売。ソフトバンクは法人向けのみ発売。

AQUOS wishの発売日

キャリア発売日予約開始日
au2022年1月14日発売中
UQモバイル2022年1月14日発売中
楽天モバイル2022年1月21日発売中
ワイモバイル2022年1月下旬以降受付中

AQUOS wishの価格

キャリア価格割引適用後の価格
au26,180円22,001円
(スマホトクするプログラム適用)
UQモバイル26,180円4,180円
(MNPで最安割引の場合)
楽天モバイル29,800円9,800円
(MNPで最大20,000pt還元)
ワイモバイル31,680円10,080円
(新規で21,600円割引)

前述の悪い口コミでも不安なポイントとして紹介しましたが、AQUOS wishはまだ肝心の価格を発表していません。

ただし、シャープがエントリーモデルとして発表しているので、購入しやすい安価な価格であることは間違いないでしょう。

AQUOS wishのスペックを評価レビュー

aquos wish
AQUOS wishは3カラー展開
続いてはAQUOS wishのスペックに関する評価レビューを見ていきましょう。

AQUOS wishのスペック
ストレージROM 64GB UFS 2.1
RAM 4GB LPDDR4X
カラーオリーブグリーン
アイボリー
チャコール
ディスプレイ約5.7インチ
HD+ (720 × 1,520)
リッチカラーテクノロジーモバイル
アウトドアビュー
リラックスビュー
サイズ約147mm×約71mm×約8.9mm
重量約162g
バッテリー3,730mAh
CPUQualcomm® Snapdragon™ 480 5G Mobile Platform 2.0GHz×2+1.8GHz×6 オクタコア

メモリ・ストレージ

AQUOS wishのメモリはROM:64GB RAM:4GBとなります。

ROMは64GBということで、通常使いであれば困らないストレージ容量になっています。

ROM

Read Only Memoryの略称。日本のスマホ界隈ではデータの保存領域のことを指しており、ストレージと同義になります。

ただし、近年はスマホを用いて写真撮影をする機会も増えてきているので、写真の枚数を満足に保存できない可能性もあります。

続いてAQUOS wishのRAMは4Gと一般的なスマホ(3~6GB)同等の容量があります。

RAM

Random Access Memoryの略称。一時的な記憶容量を持つメモリのことで、スマホの操作性に影響します。

カラー

AQUOS wishのカラーは3色展開となります。

オリーブグリーンは落ち着いたグリーンで使いやすい色使いになっています。

シンプルなアイボリーチャコールも男女問わず人気のカラーでしょう。

カバーいらずのシンプルな背面なので、どんな場面でも使えるのが魅力ですね。

デザイン

aquos wish
環境に配慮したデザイン

背面はマットな質感で手触りも抜群ですが、実は再生プラスチックを35%使用しているんです。

サステナブルな社会づくりへ取り組む一環として、環境にやさしい素材を使っているのは評価できますね。

デザインもシンプルを極めているため使いやすく、シーンを選ばないスマートフォンです。

ディスプレイ

ディスプレイ上部にはサブカメラのレンズが搭載されていますが、極限まで狭めているため5.7インチを目一杯味わえます。

更に日差しの強い場所でも画面が見やすいアウトドアビューや、ブルーライトを軽減したリラックスビューが搭載されています。

また、液晶テレビAQUOS搭載の「リッチカラーテクノロジーモバイル」によって色再現範囲が更に広がっています。

シンプルなスマホと言いながらもディスプレイに欲しい機能は充分に搭載されているのではないでしょうか。

サイズ・重量

AQUOS wishは約162gと軽いところが魅力のひとつです。

サイズも近年の大きめのスマホに比べると片手で握りやすく、長時間操作でも疲れにくいでしょう。

AQUOS wishの機能を評価レビュー

aquos wish
日常に馴染む使いやすさ
最後はAQUOS wishの機能について評価レビューをまとめてみました。

最低限の機能に絞ったAQUOS wishですが、どんな機能が搭載されているのか確かめてみましょう。

AQUOS wishの機能
メインカメラ有効画素数 約1,300万画素 CMOS F値 2.0
サブカメラ有効画素数約800万画素 CMOS F値 2.0
カメラ機能ポートレートモード
翻訳モード
夜間モード
フラッシュ
顔写真加工
タイマー(3秒、10秒)
防水/防塵/MIL規格IPX5/IPX7/IP6X/MIL-STD-810H準拠・ 耐衝撃(落下)など全18項目
生体認証指紋
ワンセグ×
おサイフケータイ
AQUOSトリック指紋センサー(Payトリガー)
スクロールオート
Clip Now
ゲーミングメニュー
(動作ブロック/通知ブロック/エッジコントロール)
クイック操作
(電源キー長押しでアプリ起動/電源キー2回押しでカメラの起動)
AQUOS Home
かんたんモード
Bright keep(持つだけで画面点灯)
アシスタントキー
テザリングオート
インテリジェントチャージ

カメラ

メインカメラはシンプルに広角レンズ1つのみですが、カメラ機能は多様です。

被写体に焦点を当て背景となる後ろの風景はぼかす「ポートレートモード」や夜景が美しい「夜間モード」ももちろん搭載されています。

その他レンズをかざすだけでリアルタイムに日本語に変換される「翻訳モード」も、旅行時に便利ではないでしょうか。

安全性能

近年のスマートフォンには防水・防塵規格を満たしていることが多く、キッチンやお風呂場で使用していても故障しにくいです。

こちらのAQUOS wishの驚くべきポイントは、防水・防塵はもちろんのこと、全18項目のMIL規格があります。

  • 防水(浸漬):深さ約1.5mの水中に30分間浸漬させる試験
  • 防水(雨滴):高さ1mから15分間雨滴を落とす試験
  • 防塵:12時間の粉塵試験
  • 防塵(風塵):連続6時間(風速8.9m/sec、濃度10.6g/m³)の粉塵試験
  • 耐衝撃(落下):高さ1.22mからラワン材に製品を26方向で落下させる試験
  • 耐振動: 上下10Hz~500Hz、加速度1.04G、左右10Hz~500Hz、加速度0.2G、前後10Hz~500Hz、加速度0.74Gでそれぞれ60分の振動試験
  • 防湿:連続10日間(湿度95%RH)の高湿度試験
  • 高温保管(固定):63℃に固定した72時間の高温保管試験
  • 高温保管(変動):28℃~58℃までの温度変化において72時間の高温保管試験
  • 高温動作 (固定):55℃に固定した5時間の高温動作試験
  • 高温動作 (変動):28℃~39℃/湿度43%~78%までの変化において72時間の高温動作試験
  • 低温動作:-20℃に固定した5時間の低温動作試験
  • 低温保管:-33℃~-25℃の温度変化において連続72時間の低温保管試験
  • 温度耐久(温度衝撃):-21℃~50℃の急激な温度変化において連続3時間の温度耐久試験
  • 低圧保管:連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧保管試験
  • 低圧動作:連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧動作試験
  • 氷結(結露):-10℃で結露や霧を発生させ1時間維持し、25℃、95%RHで動作確認
  • 氷結(氷結):-10℃環境下で着氷した氷の厚さが6mmになるまで氷結させる試験

以上18項目についてAQUOS wishの試験が実施されました。

日常使いではまずもって滅多に故障することはないでしょう。

AQUOSトリック

aquos wish
決済支払いがスムーズになるPayトリガー

AQUOSには使いやすい機能としてAQUOSトリックなるものが搭載されています。

その中でも注目したいのが、指紋認証センサーに搭載された「Payトリガー」です。

ホーム画面を表示中に指紋センサーを長押しすると、登録している決済アプリを片手で素早く起動できます。

レジでの支払い時にアプリをホーム画面から探して起動して・・・という手間が一切ありません。

その他にもゲーム時に役立つゲーミングメニューや、クイック操作機能もあります。

また、シャープのスマート家電とAQUOS wishを繋げて簡単に家電を操作できる「Smart home HUB」機能も使いやすいです。

AQUOS wishを評価|買う理由と買わない理由

aquos wish
ここまでAQUOS wishの気になる価格やスペック・機能の評価レビューを見ていきました。

最後に総括として、AQUOS wishを買う理由・買わない理由についてそれぞれ3つまとめています。

購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

AQUOS wishを買う理由

AQUOS wishを買うべき理由は次の3つになります。

AQUOS wishのメリット
  • 充分な機能と安全性能を備えているエントリーモデル
  • 片手で操作しやすい軽量サイズ
  • 日常シーンで使いやすさを提供してくれるAQUOSトリック搭載

エントリーモデルとしてシンプルな機能に抑えたというコンセプトで発表されたAQUOS wish。

ですがスマホに必要なカメラの機能はもちろんのこと、充分すぎる安全規格を満たしているのが魅力的です。

価格は未発表ですがエントリーモデルのため、コスパは大満足といえることでしょう。

更に片手で操作しやすいサイズ感や、片手で決済アプリを利用できるトリック機能等、とにかく使いやすさを重視されています。

AQUOS wishを買わない理由

AQUOS wishを買わない方が良い理由は次の3つになります。

AQUOS wishのデメリット
  • 一般向けはauまたはUQ mobileユーザーのみ購入可能
  • カメラは単眼レンズでカメラ好きには物足りない印象
  • 内蔵バッテリーは少なめ

悪い口コミでも紹介していましたが、AQUOS wishは購入可能なキャリアがauまたはUQ mobileに限られています。

また、カメラは広角レンズのみのため、望遠レンズ等を使いこなしたい!という方は別のスマホを購入することをおすすめします。

内蔵バッテリーは充分といえる容量ですが、近年の大容量バッテリーに比べると少し物足りないかもしれません。

AQUOS wishは利用シーンを選ばない!

ここまでAQUOS wishの評価レビューについて紹介していきました。

AQUOS wishは価格こそ未発表なものの、シャープが「シンプル」を追求したエントリーモデルとして充分期待できます。

デザインや機能・安全性能まであらゆるシーンに対応できるようなスペックが搭載されています。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
Sakura_Ooh
大手3キャリアでのイベントスタッフの経験を活かし、料金プランの選び方やおすすめスマホをどんどん紹介していきます。家やジムでも常に映画やドラマを見ていて、1日たりともスマホが手放せません。愛用スマホはiPhone12です。