AQUOS wish3の評価レビュー|買う理由・買わない理由

AQUOS wish3を評価レビューして、スペック・機能・価格を詳しくご紹介していきます。各レビューをもとに評価を総括して、買う理由と買わない理由も解説しています。コスパの良いAQUOS wish3購入の参考にしてみてください。

  • 23.11.30
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は23.11.30に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。
AQUOS wish3の評価レビュー|買う理由・買わない理由

エントリー機として人気のAQUOS wishシリーズ最新モデル、AQUOS wish3がワイモバイル・楽天モバイルなどで発売されました。

この記事では、ネット上でのAQUOS wish3の口コミ・評判価格・スペック、AQUOS wish3を買うべきかどうかを詳しくご紹介します。

AQUOS wish3は各キャリア版やSIMフリー版で微妙に異なる部分があるので、購入を検討している方はこの記事を参考にしてみてくださいね。

auの最新おすすめスマホ
機種Xperia 5 VAQUOS sense8TORQUE G06Xiaomi 13T
本体au Xperia 5 VAQUOS sense8au TORQUE G06au Xiaomi 13T
価格82,800円~39,100円~59,800円~39,790円~
特徴高性能チップ搭載
ハイエンドスマホ
コスパに優れた
ミドルレンジスマホ
小型&軽量な
高耐久スマホ
高性能カメラ搭載
ハイエンドスマホ
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

AQUOS wish3の口コミ・評判

ドコモAQUOS wish3
AQUOS wish3

それでは早速、ネット上のAQUOS wish3の口コミ・評判について、良い口コミと悪い口コミに分けてチェックしてみましょう。

まだ発売から間もないですが、注目度が高いので既に複数の口コミが出ているようです。

キャリア価格割引適用時購入
ドコモ37,863円28,095円公式サイト
ソフトバンク25,920円22,008円公式サイト
楽天モバイル29,700円23,700円公式サイト
ワイモバイル25,920円 21,600円公式サイト

AQUOS wish3の良い口コミ・評判

AQUOS wish3の良い口コミ・評判
  • 処理性能を求めなければかなり高いレベルでまとまっている
  • senseシリーズに比べて価格が安い
  • カラーがシンプルでかわいい

AQUOS wish3はAQUOSのエントリーモデルのため、スマホデビューやライトユーザーにとっては欲しい機能がしっかり組み込まれたスマホです。

ミドルレンジやハイエンドに比べれば処理性能は低めですが、価格が安く基本的な機能はついているので使いやすいでしょう。

以前は価格が安く人気のあったsenseシリーズも最近では5万円台での販売が続いているため、価格の安いwishシリーズへ人気が集まっています。

AQUOS wish3は再生プラスチック材を約60%使用した環境配慮デザインで、柔らかめのカラーシンプルなルックスが好評でした。

AQUOS wish3の悪い口コミ・評判

AQUOS wish3の悪い口コミ・評判
  • CPUがスペックダウンしている
  • 前機種に比べて価格が高くなった
  • バッテリー容量が少ない

続いては、AQUOS wish3の悪い口コミ・評判を見ていきましょう。

AQUOS wish3はCPUにDimensity 700を採用しており、AQUOS wish2に搭載していたSnapdragon 695と比較するとスペックダウンと感じるようです。

またAQUOS wish2の価格は22,000円程でしたが、AQUOS wish3では3万円台前半と高くなりました。

バッテリー容量は3,730mAhで前モデルと変わりませんが、最近は4,000~5,000mAhのバッテリーを搭載した機種が多いので、物足りないという声が聞かれました。

AQUOS wish3の発売日・予約開始日

ソフトバンクのAQUOS wish3
ソフトバンクのAQUOS wish3は法人専用

続いてはAQUOS wish3の発売日・予約開始日を確認していきましょう。

AQUOS wish3の発売日
  • ワイモバイル・楽天モバイル:2023年7月6日
  • SIMフリー:2023年7月21日
  • ドコモ:2023年8月30日

AQUOS wish3の発売日は各キャリアごとに大きく違いがあります。

ワイモバイルや楽天モバイル、ドコモでは発売時期が異なるので注意しましょう。

AQUOS wish3の予約開始日
  • ワイモバイル・楽天モバイル:2023年6月30日
  • SIMフリー:2023年7月13日
  • ドコモ:2023年8月18日

SIMフリー版はIIJmioやmineoでも取り扱いとなります。

ちなみにソフトバンクでも8月上旬にAQUOS wish3が発売されますが、法人専用のため個人では購入できません。

AQUOS wish3の価格を評価レビュー

AQUOS wish3
AQUOS wish3
キャリア価格割引適用時購入
ドコモ37,863円28,095円公式サイト
ソフトバンク25,920円22,008円公式サイト
楽天モバイル29,700円23,700円公式サイト
ワイモバイル25,920円 21,600円公式サイト

既にAQUOS wish3の価格は発表されています。

キャリアでは楽天モバイルの35,800円、ワイモバイルの31,680円、ドコモの37,863円です。

SIMフリー版はSHARP公式通販サイトのCOCORO STOREで36,300円、IIJmioで33,800円、mineoで32,472円となっています。

AQUOS wish3のスペックを評価レビュー

AQUOS wish3
AQUOS wish3

続いてはAQUOS wish3のスペックを評価レビューしていきましょう。

AQUOS wish3のスペック
発売日2023年7月6日
画面サイズ5.7インチ
本体サイズ幅:71mm
高さ:147mm
厚さ:8.9mm
重さ162g
バッテリー3,730mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUDimensity 700
カラーグリーン
ホワイト
ブラック
ピンク(ワイモバイル限定)

AQUOS wish3はキャリアによって販売カラーが異なるので、しっかり確認して購入しましょう。

ディスプレイ・サイズ

AQUOS wish3のディスプレイサイズは約5.7インチHD+で、サイズは約W70×H147×D8.9mm、重量は約162gとなっています。

AQUOS wish2より幅が1mm狭くなっただけでその他は変わらないので、前機種から買い替えても違和感なく使用できそうですね。

カラー

AQUOS wish3のカラー
AQUOS wish3のカラー

AQUOS wish3のカラーは、グリーン・ホワイト・ブラックの3色展開です。

ワイモバイルでは限定カラーとしてピンクも発売されており、4色展開となっています。

メモリ・ストレージ

Dimensity 700
Dimensity 700

AQUOS wish3はCPUにMediaTek社のDimensity 700を搭載しており、メモリ・ストレージは4GB/64GBとなっています。

エントリーモデルとしては一般的なストレージですが、足りない場合は最大1TBのmicroSDカードに対応しているので安心です。

AQUOS wish2ではミドルレンジでも利用されるSnapdragon 695を搭載していたため、AQUOS wish3は少しスペックダウンに感じられます。

バッテリー

AQUOS wish3のバッテリー容量は、AQUOS wish2と同じ3,730mAhとなっています。

こちらもミドルレンジやハイエンドに比べれば少な目ですが、あまり頻繁に利用しないなら気にならない程度です。

AQUOS wish3の機能を評価レビュー

AQUOS wish3
AQUOS wish3

ここからは、AQUOS wish3の機能を中心に評価レビューを見ていきましょう。

AQUOS wish3の機能
発売日2023年7月6日
アウトカメラ1,300万画素
インカメラ500万画素
認証指紋認証・顔認証
※指紋認証はドコモのみ
防水・防塵性能IPX5/IPX7・IP6X

特に生体認証の部分はキャリアによって異なるので注意してチェックしてください。

カメラ

AQUOS wish3のカメラ
AQUOS wish3のカメラ

AQUOS wish3のカメラは、アウトカメラに約1,300万画素の広角カメラ、インカメラに約500万画素のレンズが搭載されました。

AQUOS wish2と比較すると、アウトカメラは同じでインカメラは約800万画素からスペックダウンとなっています。

ただしAQUOS wish3にはAQUOS R7の高画質化技術を応用した新画質エンジン「ProPix4 lite」を搭載しており、画素数ダウンを感じさせない画像に仕上がります。

生体認証・防水/防塵

AQUOS wish3の防水性能
生体認証・防水/防塵

AQUOS wish3では、マスクをしたままでも認識する顔認証が利用できます。

またドコモ版では、顔認証に加えて側面の電源キーの操作でロックが解除できる指紋認証も利用可能です。

IPX5/IPX7の防水とIP6Xの防塵、耐衝撃をはじめとした18項目のMIL規格にも対応しています。

独自機能

AQUOS wish3のAQUOSトリック
AQUOS wish3のAQUOSトリック

AQUOS wish3では、電子決済アプリを起動できるPayトリガー、簡単にキャプチャーが撮れるClip Now、カスタマイズ機能AQUOSトリックなどが利用できます。

AQUOSトリックは画面の見た目や画質が変更できる機能で、子供向けのジュニアモードやシニア向け文字サイズのかんたんモードも設定できます。

またスマートフォンの使いすぎを抑制するGoogle ファミリーリンク、電源キーを連打すると緊急通報できる緊急SOSにも対応しています。

AQUOS wish3を評価|買うべき?

AQUOS wish3
AQUOS wish3はビジネスシーンにぴったり

ここまでのAQUOS wish3の内容から、AQUOS wish3を買うべきか買わないべきかについて評価していきましょう。

買う理由・買わない理由をそれぞれ3つずつ考えてみました。

AQUOS wish3を買う理由

AQUOS wish3を買う理由
  • 価格が安くて手に入れやすい
  • 子供向けやシニア向けスマホとして使える
  • ビジネス用としても最適

AQUOS wish3はエントリーモデルのため、他シリーズに比べれば価格が安く、購入しやすいです。

AQUOSトリックを利用してジュニアモードやかんたんモードに変更できるため、スマホデビューの方には使いやすくぴったりでしょう。

特に使い過ぎを防ぐGoogleファミリーリンクや緊急SOSも利用可能なので、キッズスマホを卒業したお子様にもおすすめです。

また、シンプルで無駄な機能がついていないので、ビジネスシーンでの利用にも向いているでしょう。

AQUOS wish3を買わない理由

AQUOS wish3を買わない理由
  • AQUOS wish2のほうが高スペック
  • 必要最低限のCPUとカメラ性能
  • スペックに対して価格が高い

AQUOS wish3を買わない理由としては、AQUOS wish2のほうがスペックも高く価格が安い点が挙げられます。

コスパを追求するのであれば、型落ちになって更に購入しやすくなるAQUOS wish2がおすすめです。

また、エントリーモデルとはいえ必要最低限のCPU・カメラ性能なので不満が残りやすく、スペックと価格が見合っていないと感じるかもしれません。

スマホゲームや写真撮影を存分に楽しみたい方には、もう少しスペックの高いスマホがおすすめです。

AQUOS wish3はスマホデビューの方におすすめ

ドコモのAQUOS wish3
AQUOS wish3

この記事ではAQUOS wish3の詳しいスペックや機能の評価レビューとともに、買うべきか買わないべきかをご紹介しました。

AQUOS wish3のスペック
発売日2023年7月6日
画面サイズ5.7インチ
本体サイズ幅:71mm
高さ:147mm
厚さ:8.9mm
重さ162g
アウトカメラ1,300万画素
インカメラ500万画素
バッテリー3,730mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUDimensity 700
認証指紋認証・顔認証
※指紋認証はドコモのみ
防水・防塵性能IPX5/IPX7・IP6X
カラーグリーン
ホワイト
ブラック
ピンク(ワイモバイル限定)

AQUOS wish3はスマホデビューの方やライトユーザー、ビジネスシーンにもぴったりのスマホです。

キッズスマホを卒業して本格的なスマホデビューを迎えるお子様にも、ぜひ検討してみてくださいね。

キャリア価格割引適用時購入
ドコモ37,863円28,095円公式サイト
ソフトバンク25,920円22,008円公式サイト
楽天モバイル29,700円23,700円公式サイト
ワイモバイル25,920円 21,600円公式サイト

この記事を書いた人
naccya
夫とこどもと猫の3人+2匹家族。スマホはAndroid派。ハイスペックは使いこなせないので安くて使い勝手が良いほうが嬉しいライトユーザー。 猫を常時愛でるために、自宅に籠って仕事しています。