dカード GOLD(ゴールド) VISA
ご入会&エントリー&ご利用で最大13,000※ポイントdポイント(期間・用途限定)プレゼント!
読了時間:約 3

ドコモのdカード GOLDの年会費は1万円(税別)とけっして安くありませんが、それ相応以上のメリットがあります。

「年会費の回収が難しい」「デメリットが多い」などの口コミもありますが、メリットとデメリットを理解していれば必ずお得に使えるはずです。

この記事ではdカード GOLDのメリットとデメリットをしっかり説明し、年会費1万円(税別)を払う価値があることをお分かりいただく内容となっています。

ドコモユーザーの方もそうでない方も、お得になるコツをぜひ最後までチェックしてみてください。

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dカード GOLD(ゴールド)はドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカード GOLDを持つ10のメリット

dカード | dカード GOLDのご紹介
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

まずはdカード GOLDを持つと具体的にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

  1. 「dポイントクラブご優待」でドコモの料金1,000円につき100ポイント還元
  2. ドコモ光の料金も「dポイントクラブご優待」の対象
  3. dカードケータイ補償で紛失・盗難・全損時も安心
  4. 年間ご利用額特典のクーポンが受け取れる
  5. 家族カードやETCカードで日々の生活がよりお得に!
  6. 旅行保険+ラウンジ利用可能で旅行も快適
  7. d払いの支払い方法にdカード GOLDを設定すると還元率アップ
  8. iD払いを使えばサイン不要でらくらく決済
  9. dカードの加盟店・特約店でポイント倍増
  10. キャンペーンが豊富で還元率もいい

①「dポイントクラブご優待」でドコモの料金1,000円につき100ポイント還元

dカード | dポイントクラブご優待(10%ポイント還元)
画像引用元:dカード | dポイントクラブご優待(10%ポイント還元)

dカード GOLDの一番のメリットは、ドコモの利用料金に対して10%のポイント還元を受けられる「dポイントクラブご優待」がある事です。

dアカウントとクレジットカードを結び付けてさえいれば、dカード GOLDを支払いに使わなくても10%のdポイントを受け取れます。

dカード GOLDは年会費が10,000円(税別)なので、ポイント還元の対象となるドコモへの支払いが毎月10,000円以上あれば年会費分を回収できます。

ドコモ光にも加入している方なら毎月9,000円以上支払っているという方も多いのではないでしょうか。

dカード GOLDは還元率が1%ですが、より還元率の高いクレジットカードを持っているのであれば利用料金を別のカードで支払うことでポイントの二重取りができます。

ポイント還元の対象とならない支払いもある

dポイントクラブご優待の対象・対象外
対象各種割引サービス適用後の基本使用料
通話・通信料
付加機能使用料の金額
(FOMA位置情報/FOMAユビキタスサービスにかかる基本使用料および通信料は除く)
対象外各種手数料
電報料
コンテンツ使用料/iモード情報料
コレクトコール通話料
ケータイのご購入代金分割支払金/分割払金
ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)
消費税
「ケータイ補償サービス」などを利用時の負担金
「ドコモ光」事務手数料・工事料および光訪問サポート利用料など
(1回ごとに申込みが必要となるサービスが主な対象)

還元されるポイントを計算する際に注意しなければならないのは、ドコモへの支払いのすべてがポイント還元の対象とはならない点です。

対象となるのは基本使用料・通話料・通信料・付加機能使用料の料金で、機種代金やコンテンツ使用料などはポイント還元の対象外となります。

また、勘違いされがちですが「月々サポート」「docomo with」といった割引サービスは機種代金ではなく利用料金からの割引となっています。

割引を利用している場合は割引後の利用料金から10%の還元となりますので気をつけましょう。

dカード GOLDでドコモ利用料が10%還元!dポイントクラブご優待が凄い

②ドコモ光の料金も「dポイントクラブご優待」の対象

家庭用光回線のドコモ光の利用料金も「dポイントクラブご優待」10%ポイント還元の対象となっています。

ドコモ光の利用料金は4,000円~5,000円前後ですので、スマホ料金とドコモ光の料金を合わせれば年会費分は回収できるという方も多いのではないでしょうか。

加えてドコモスマホと光回線のどちらも利用すると「ドコモ光セット割」が適用され、契約中のプランに応じた額の割引が受けられます。

「ドコモ光セット割」のプランごとの割引額は以下の通り。

料金プラン/データ容量
(旧プランは公式サイト参照)
ドコモ光セット割
ギガライト〜1GB-
〜3GB-500円
〜5GB-1,000円
〜7GB-1,000円
ギガホ30GB-1,000円

特に、ギガホ・ギガライトの新料金プランを契約している場合は、契約者の家族も回線ごとに500円~1,000円の割引を受けられます。

新料金プランを契約する家族ユーザー向けとしては、回線ごとに毎月1,000円(3回線以上の場合)の割引を受けられる「みんなドコモ割」も併用できます。

「家族でドコモと契約+誰かがドコモ光と契約」という組み合わせは割引としてかなり強力なので、dカード GOLDとあわせてこうした割引も活用したい所です。

フレッツ光からの乗り換えなら解約金・工事費が不要

dカード GOLDやドコモ光セット割のために、自宅のネット回線をドコモ光にしたいけれど、乗り換えは手間とお金がかかるイメージがありますよね。

ですが、実はフレッツ光からドコモ光への乗り換えなら「転用」という手続きで済みます。

「転用」でルーターの新規レンタルや速度変更がない場合は、撤去工事・新設工事ともに不要でフレッツ光の解約金もかかりません。

プロバイダもそのまま利用できますので、転用後もほぼ同じ環境でネットに接続することができます。

自宅のネット回線がどこの会社か分からないという方も、請求書や契約書などで一度確認してみてください。

ドコモ光ならdカード GOLDを選ぼう!最大10%のdポイント還元でお得

③dカードケータイ補償で紛失・盗難・全損時も安心

サービスの違いケータイ補償ケータイ補償サービス
利用料金dカード GOLDに付帯330円~1,000円
利用可能回数1年間に1回1年間に2回
保証期間端末購入から3年加入中
偶然の事故による紛失・盗難・修理不能最大100,000円負担金5,000円~11,000円で対応
故障時の修理補償対応不可負担金無料~3,000円で対応

dカードケータイ補償は、ドコモのクレジットカードならではのサービスです。dカード会員には、故障や紛失時に利用できるケータイ補償サービスが付帯しています。

通常のdカードにもある特典ですが、補償金額と、保証期間が全然違います。dカードは購入から1年以内・補償金額が最大1万円と、補償としては弱い印象を受けます。

dカード GOLD会員であればスマホ購入から3年間、最大10万円まで補償とかなり手厚いのでハイエンド機を購入する際も安心です。

補償内容としてはスマホを紛失や盗難・全損などで新たに機種を購入する場合、機種購入代金や事務手数料が最大10万円まで補償されます。

ただし、dカードに付帯するケータイ補償は端末の購入を伴う場合のみですので、ガラス割れや軽微な破損などの修理には対応できません。

また、分割で新端末を購入した場合、月々の分割支払い金は補償の対象外になるので注意しましょう。その時は頭金・事務手数料が補償対象となります。

dカード GOLDのケータイ補償を使う際は必ず一括で支払うように気をつけましょう。

適応条件の一つとして同一機種・同カラーなどの条件もあるので、合わせて覚えておきましょう。

ちょっとした故障も多いという方は修理補償のあるドコモのオプション「ケータイ補償サービス」とあわせて利用することをお勧めします。

dカードケータイ補償について
  • 利用中の携帯電話端末が、購入から3年以内に紛失や盗難、修理不能(水濡れ、全損など)の場合
  • 新たに同一機種・同カラーの携帯電話端末を、dカードGOLDを利用して購入する
  • 購入費用の一部を補償(最大10万円)するサービス
dカード GOLDのケータイ補償がお得!紛失・水没で最大10万円補償

④年間ご利用額特典のクーポンが受け取れる

dカード GOLD年間ご利用額特典
100万円(税込)以上11,000円(税込)相当のクーポン
200万円(税込)以上22,000円(税込)相当のクーポン
選べるクーポン内容・ケータイ購入割引クーポン
・d fashionクーポン
・d トラベルクーポン
・dショッピングクーポン
・dデリバリークーポン

年間ご利用額特典として、dカード GOLDで決済した額に応じて機種代金やドコモ関連のサービスで利用できるクーポンを受け取れます。

この特典は通常のdカード会員にはなく、dカード GOLD会員限定の特典です。

前年100万円(税込)以上利用した場合は11,000円(税込)相当のクーポン、前年200万円(税込)以上利用した場合は22,000円(税込)相当のクーポンが付与されます。

ケータイ購入以外にもファッション・生活用品・旅行・デリバリーと自分が使えそうなものを選べるのは嬉しいところ。

利用額にはドコモの携帯電話料金はもちろん、公共料金、国民年金保険料などの支払いも換算されます。

dカード GOLDは通常のポイント還元率も1%と十分高いので、dカード GOLDに支払いをまとめるのも良いのではないでしょうか。

dカード GOLDの年間ご利用額特典とは?申込方法・特典内容を解説

⑤家族カードやETCカードで日々の生活がよりお得に!

dカード | dカード ETCカードのご紹介
画像引用元:dカード | dカード ETCカードのご紹介
dカード GOLDのメリットとして、家族カードの運用がお得なのも嬉しいポイントです。

家族カードは1枚目無料・2枚目以降1,000円(税別)で発行でき、ドコモの支払いのポイント還元などdカード GOLDと同じ特典を受け取ることができます。

また、年間ご利用額特典も家族カードとあわせて計算されますので、特典が受け取りやすくなります。

専業主婦や学生などがゴールドカードを持つのは審査が厳しいことが多いですが、家族カードは本会員に安定した収入があれば審査に通りやすいです。

更に高速道路を利用することが多い方はdカード GOLDでETCカードを発行することもおすすめです。

というのも、ETCカード経由で支払った高速料金はdポイント付与の対象となり、更に高速料金は高額になりがちなことも手伝って、dポイントを効率よく貯められるのです。

特に通勤に高速道路を使う方、頻繁に車で出張をする方の場合、かなり多くのdポイントを貯められるので必ずETCカードを作っておくようにしましょう。

[pagalink id=57858]

⑥旅行保険+ラウンジ利用可能で旅行も快適

dカード GOLDには、国内旅行に最大5,000万円、海外旅行に最大1億円の保険が付帯します。

さらに国内・ハワイの主要空港のラウンジを無料で利用可能。

旅行やレジャーが多い方もdカード GOLD一枚で快適にお出かけすることができるのはメリットといえるでしょう。

dカード GOLDは海外旅行保険が充実!メリットとデメリットを解説

⑦d払いの支払い方法にdカード GOLDを設定すると還元率アップ

d払い
画像引用元:街のお店で使う|d払い – dポイントがたまる!かんたん、便利なスマホ決済

手っ取り早くたくさんのdポイントを貯めたいのなら、日常生活での支払いをなるべくd払いに置き換えてみると良いでしょう。

d払いは名前の通りドコモのサービスで、最近話題のキャッシュレス決済にカテゴライズされます。

注目すべきなのは「ポイント3重取り」が可能である点です。ポイント2重取りは聞いたことがあっても3重取りとなると知らないという方が多いでしょう。

  1. d払いの請求先をdカード GOLDに設定する(還元率+1%)
  2. dポイントカードを提示する(還元率+1%)
  3. d払いで決済する(通常還元率0.5%~1%)

以上がd払いを利用したポイント3重取りの手順となります。dポイントカードはモバイルカードでも問題ないため、決済時の手間は非常に少ないです。

ポイント3重取りを利用した場合の還元率は約2%とかなり高く、通常のクレジットカードに比べると少なくとも倍以上となるので、かなりdポイントを貯められます。

利用頻度によっては年会費分のdポイントを回収することも出来るため、年会費を回収したいという方は積極的に利用してみると良いでしょう。

携帯料金合算払いなどd払いの支払い方法の違い

支払い方法主な内容
クレジットカードクレジットカード会社に請求
電話料金合算払いドコモの利用料と合わせて請求
ドコモ口座充当決済時にドコモ口座の残高から充当
その他:dポイント充当決済時にdポイントを充当(交換)

d払いの支払い方法はクレジットカードの他にドコモの利用料金と合わせて支払う電話料金合算払いやドコモ口座払いがあります。

どの方法で支払ってもd払いのポイント還元は受けられますが、先述したようにdカード GOLDを設定すれば複雑な手続きをせずともポイントの2重取りをする事が可能です。

この他貯まったdポイントを1ポイント=1円として充当する事もできるため、利便性も高いサービスだと言えます。

dポイントをお得に貯めていきたい方はもちろん、キャッシュレス決済を初めて利用する方にもd払いはおすすめできるサービスではないでしょうか。

dカード GOLDの年会費をd払いで回収する方法|アプリの設定方法を解説

⑧iD払いを使えばサイン不要でらくらく決済

iD
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
dカード GOLDにはドコモの電子マネーである「iD」機能が搭載されています。

iD加盟店ならdカード GOLDをかざすだけでサイン不要で決済が行えますし、クレジット決済とまとめて請求されるため便利です。

また、100円(税込)につき1ポイントのdポイントが還元されるため、dポイント加盟店でなくてもdポイントを貯めていけるのが最大のメリットとなります。

dカード GOLDでiD払いするとdポイントを大量獲得できる理由を解説

⑨dカードの加盟店・特約店でポイント倍増

dカード | dポイントがさらにたまる dカード特約店
画像引用元:dカード | dポイントがさらにたまる dカード特約店

dカード特約店の例
  • ENEOS:決済ポイントに加えてさらに200円で1ポイント
  • マツモトキヨシ:決済ポイントに加えてさらに100円で2ポイント
  • ドコモオンラインショップ:決済ポイントに加えてさらに100円で1ポイント

dカード GOLDには「dポイントカード」の機能が付帯しており、dポイント加盟店で提示する事で通常100円(税込)につき1ポイントを貯める事ができます。

この加盟店ポイントはdカード GOLDのクレジット決済分とは別に扱われます。

つまりdポイント加盟店でdカード GOLDを使えば通常より多くのポイント還元を受ける事ができるのです。

更にdカードのHP上で公開されている「dカード特約店」を利用する事でdポイントを2倍以上獲得する事も可能となります。

dカード特約店は名店多し!高ポイント還元率でお得なカード運用方法を解説

⑩キャンペーンが豊富で還元率もいい

dポイント スーパー還元プログラム | d POINT CLUB
画像引用元:dポイント スーパー還元プログラム | d POINT CLUB

「dポイントスーパー還元プログラム」適用の条件
  • dポイントクラブステージ(プラチナ):+1%
  • dカードでのドコモ利用料金支払い設定:+1%
  • いちおしパックのご契約(前月末時点):+1%
  • DAZN for docomoのご契約(前月末時点):+1%
  • Disney DELUXEのご契約(前月末時点):+1%
  • dマーケットの20サービスやひかりTV for docomoのご利用:+2%

dカード GOLDを持つのに心配なのが年会費ですが、豊富なキャンペーンをしっかり使うことで意外と簡単に回収できてしまいます。

今回は常設キャンペーンの「dポイントスーパー還元プログラム」を例にあげます。

キャンペーンの内容は「d払い、iDで決済をするとdポイントの還元率が最大7%になる」というもの。

利用条件がありますが既に当てはまる人も多い内容ではないでしょうか。

この他にも様々なキャンペーンが提供されていますので、dカードやdポイントクラブのHPを一度チェックしておく事をおすすめします。

【2020年4月】dカード/dカード GOLDのキャンペーン情報・特典まとめ
dカード GOLD主要メリットまとめ
  • スマホ/ドコモ光の料金1,000円(税別)につき100円という高い還元率のdポイントを受け取れる
  • スマホ購入から3年間、最大10万円のケータイ補償。盗難・紛失・全損に対応可能
  • 年間利用額100万円で11,000円分、200万円で22,000円分のクーポン配布
  • 家族カード・ETCカードで更にポイントが貯まりやくなる
  • 国内外旅行保険が付帯、国内・ハワイ主要空港のラウンジを無料で利用可能
  • dカードの加盟店・特約店でポイント還元率を上げられる
  • d払いやiD払いを利用+キャンペーンで常にお得に買物ができる
dカード GOLD公式サイトを見る

dカード GOLDの5つのデメリット

次にdカード GOLDのデメリットを詳しく見ていきましょう。

  1. 年会費10,000円(税別)が発生してしまう
  2. ドコモ利用料金の10%還元には注意が必要
  3. dカード GOLDで携帯料金を支払ってもポイントはつかない
  4. 「dポイントクラブご優待」分はステージ判定の対象外
  5. 入会条件が厳しい

①年会費10,000円(税別)が発生してしまう

やはりdカード GOLD最大のデメリットは年会費が発生してしまう点ではないでしょうか。

年会費は貯めたdポイントで支払うことができないので、必ず現金で支払う必要性があります。

10%還元などで年会費分を補うdポイントを獲得できればお得ですが、あまりポイントを貯められないのであれば年会費でマイナスになってしまう可能性もあるでしょう。

②ドコモ利用料金の10%還元には注意が必要

ドコモ回線とdカード GOLDを紐付けることで、ドコモまたはドコモ光の利用料金の10%還元がされるというのは先程のメリットでもご紹介しました。

しかしこちら、厳密には10%還元ではないところが注意しておきたいポイントです。

ドコモの携帯利用料金から還元の場合、基本使用料・通話料・通信料・付加機能使用料の料金がポイント還元の対象となっています。

実はこちらの還元方法は10%還元ではなく、「1,000円(税別)につき100ポイント還元」になります。

そのため対象の料金が5,900円としても900円分はポイント対象にはならず、5,000円に対する10%の500ポイントのみが還元される形になります。

③dカード GOLDで携帯料金を支払ってもポイントはつかない

 100円につき1ポイントの対象
ショッピング(dカード ETCカードでの利用も含む)
ドコモの携帯電話・ドコモ光ご利用料金×(dポイントクラブは対象)
ドコモの端末故障修理代金×
ドコモのバリューコースにおける分割支払金/分割払金×
ドコモの分割払い端末代金の残債一括清算×
d払い
NTTファイナンスおまとめ請求×
公共料金
各種電子マネーチャージ
dカードプリペイドチャージ
×
各種dカード手数料×
各種募金×
国民年金保険料×

「dポイントクラブご優待」のメリットでdカード GOLDをドコモ料金の支払いに使わなくても10%のdポイントを受け取れる事は既にご紹介した通りです。

ドコモ料金の支払いに別のクレジットカードを利用する事でポイントを貯められるというメリットにもなりますが、誤解しやすいため注意は必要となります。

また、dカード GOLDにはドコモ料金以外にもポイント進呈の対象外となるサービスがいくつか存在するため確認しておきましょう。

④「dポイントクラブご優待」分はステージ判定の対象外

dポイントクラブのステージ
画像引用元:dポイントクラブのステージとは | ご利用ガイド | dポイントクラブ

「dポイントクラブご優待」の還元ポイント10%の内訳は、dポイントクラブ会員を対象としたポイント贈呈が1%・「dカード GOLD特典」としてのポイント贈呈が9%です。

このうち「dカード GOLD特典」としてのポイント贈呈9%はdポイントクラブのステージ判定対象外となっています。

dポイントクラブのステージはドコモ回線継続利用期間と6か月間のdポイント獲得数に応じて毎月決定されるもので、クーポンの抽選プレゼントなどいくつかの特典が提供されています。

ただしポイントがプレゼントされる「ずっとドコモ割プラス」などは全ステージ共通となっており、基本的には誰でもメリットがあるようになっています。

クーポン獲得を目指して積極的にステージを上げようと思っている方は一応確認しておくようにしましょう。

dカード GOLDで騙されたと悪評の口コミが真実か検証してみた話

⑤入会条件が厳しい

dカード GOLDの入会条件
  • 20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • 本人名義であること
  • 支払い口座が本人名義のものであること
  • その他ドコモが定める条件を満たすこと

dカード GOLDはゴールドカードのため、dカードと比べて入会条件が厳しくなっています。

学生はdカード GOLDに入会することができません。

また、安定した継続収入ラインの公表はされていませんが、20代でも所有できるので年収300万円以上が目安ではないかと言われています。

その他にもこれまでの金融機関で得た信用情報が良くない場合なども、審査に落ちてしまう原因となってしまいます。

入会条件で審査に通らずdカード GOLDを持てなかったという方もいるので、入会条件が厳しいところもdカード GOLDのデメリットと言えるでしょう。

dカード GOLDのデメリットまとめ
  • 年会費10,000円(税別)が発生してしまう
  • ドコモ利用料金は10%還元ではなく、1,000円(税別)につき100ポイント還元
  • dカード GOLDをドコモ料金の支払いに使ってもポイント還元対象外
  • 「dポイントクラブご優待」でステージを上げるのは難しい
  • dカード GOLDは入会条件が厳しく審査落ちしてしまう可能性も高い

dカード GOLDの年会費を回収する方法2つ

dカード GOLDのメリットをみてもなお年会費1万円を回収するのに不安がある方へ、簡単に回収する方法を厳選して紹介します。

年会費の回収方法には実は1年目と2年目で違う方法があるので、それぞれ別けてご紹介していきます。

1年目は入会特典で年会費相当がお得になる

dカード GOLD 入会特典|dカード
画像引用元:dカード GOLD 入会特典|dカード

dカード GOLDとdカードの入会特典
条件dカード GOLD
①入会2,000円分
②ドコモのケータイ料金を
dカード払いに設定
1,000円分
③入会翌月までに
20,000円(税込)以上利用
8,000円分
④「こえたらリボ」
「キャッシングご利用枠」設定
2,000円分
⑤iDキャッシュバック
増額キャンペーン
(2020年3月31日まで)
2,000円分
合計iDキャッシュバック15,000円分

dカード GOLDは入会時の特典としてiDのキャッシュバックキャンペーンを提供しています。

入会を行うだけで2,000円分、更に2020年3月31日までなら増額キャンペーンにより合計4,000円分のiDを入手する事が可能です。

入会以外は条件が設定されていますが、うまくクリアできれば合計で最大15,000円分のiDキャッシュバックをもらう事ができます。

これだけで年会費相当をお得にする事ができるため、1年目だけお試しとしてdカード GOLDに入会してみるのも良いのではないでしょうか。

2年目は自分に合ったメリットを組み合わせて回収

ズバリ簡単に回収出来るおすすめの組み合わせはこちらです。

  • 年間ご利用額特典で1万円相当のクーポンを貰う
  • dポイントクラブご優待+d払いで自然と貯める

年間ご利用額特典は100万円のご利用で1万円相当のクーポン進呈と、ハードルが高いように思えます。

しかし、年間でかかる家賃、公共料金、国民年金保険などの支払いを計算すると意外と現実的ではないでしょうか。一度計算してみてください。

もし、それでも難しいと思う方はドコモの携帯代とドコモ光の料金を「dポイントクラブご優待」で料金1,000円につき100ポイント還元するのがおすすめです。

ドコモユーザーになることが前提ではありますが、最もお得なメリットとも言える特典なのでこの機会に乗り換えるのもいいのではないでしょうか。

また、d払いも常にポイントの還元率が上がるので、普段からAmazonなどのネットショッピングをするだけで気づいたら溜まっているでしょう。

ぜひ自分に合った年会費の回収方法をみつけてみましょう。

dカード GOLD公式サイトを見る

dカード / dカード GOLDの基本情報

項目内容
年会費10,000円(税抜)
入会可能年齢満20歳以上
(学生不可)
ショッピング利用ポイント還元1%
ドコモ利用料金支払いポイント還元10%
dカード特約店・加盟店ポイント還元1%
+利用額に応じて1%~
dカード GOLDご利用額特典最大2万円相当の選べる特典
進呈
dカードケータイ補償ご購入後3年間最大10万円
お買い物あんしん保険年間300万円まで
カードの紛失・盗難の補償〇(無料)
VJデスク(旅のサポート)
海外緊急サービス〇(無料)
海外旅行保険最大1億円
国内旅行保険最大5,000万円
空港ラウンジ国内・ハワイの主要空港で
利用可能
海外レンタカー
お客様サポート
申し込みdカード GOLD

dカード GOLDはドコモユーザーならメリット満載なゴールドカード

今回はdカード GOLDのメリット・デメリットを詳しく見ていきました。

dカード GOLDは買い物時の1%のポイント還元に加えドコモ利用料金の10%がポイント還元されるなど、ドコモユーザーにお得な特典が盛りだくさんです。

年会費が10,000円(税別)かかりますがドコモのケータイ+ドコモ光への支払いで回収も可能なので、ドコモ・ドコモ光ユーザーに特におすすめです。

また、ギガホ・ギガライトに適用される「ドコモ光セット割」「みんなドコモ割」を組み合わせると年間の割引額が大幅にアップします。

ドコモユーザーの方はこの機会に、料金プランとメインのクレジットカードをあわせて見直してみてはいかがでしょうか。