読了時間:約 2

ドコモユーザーなら、持っているだけで毎月の利用料金からポイント還元が受けられるdカード。

さらに上位のdカード GOLDは、年会費が10,800円かかるものの、利用料金に対して10%のポイント還元のほか、空港内有料ラウンジが無料などゴールドカードらしい特典も充実しています。

本記事では、そんなdカード GOLDを持つことで得られるメリットをまとめましたので、ドコモユーザー・dカードユーザーの方は参考にしてみてください。

dカード / dカード GOLD入会特典情報まとめ【2019年最新版】

dカード / dカード GOLDの基本情報


画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dカード dカード GOLD
入会できる年齢 満18歳以上 満20歳以上
年会費(税抜き) 1,250円(初年度:無料 / 2年目以降:一度の使用で無料) 10,000円
ポイント還元 1%
ドコモの支払い 1%(1,000円につき10ポイント) 10%(1,000円につき100ポイント)
国際ブランド Mastercard / Visa
電子マネー iD(アイディ)
Apple Pay
年間利用額特典 100万円以上で10,800円相当、200万円以上で21,600円相当のクーポン
dカードケータイ補償 購入から1年(最大1万円) 購入から3年(最大10万円)
お買い物あんしん保険 年間100万円まで 年間300万円まで
旅行保険(国内 / 海外) 最大5,000万円 / 1億円
家族カード 1枚目:無料 / 2枚目以降:400円 1枚目:無料 / 2枚目以降:1,000円

dカード GOLDを持つ6つのメリット


では、具体的にdカード GOLDを持つとどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

1.スマホ料金1,000円につき10%という高ポイント還元率


dカード GOLDの一番のメリットは、ドコモの利用料金に対して、通常のクレジットカードではありえない10%のポイント還元

dアカウントとクレジットカードを結び付けてさえいれば、支払いにdカード GOLDを使わなくても10%の高還元率でdポイントを受け取れます。

dカード GOLDは年会費が10,800円(税込み)ですので、ポイント還元の対象となるドコモへの支払いが毎月9,000円以上あれば、9,000円×10%×12ヵ月=10,800円で、年会費分を回収できることになります。

家族の支払いをまとめてカードで支払っていたり、後述しますがドコモ光にも加入していたりする方なら、毎月9,000円以上支払っているという方も多いのではないでしょうか。

また、dカード GOLDは支払いに使う時の還元率が1%と高めですが、よりお得なクレジットカードを持っている場合は、利用料金を別のカードで支払うことで、実質ポイント二重取りができます。

※ポイント還元の対象とならない支払いも


還元されるポイントを計算する際に注意しなければならないのは、ドコモへの支払いのすべてがポイント還元の対象とはならない点。

対象となるのは、基本使用料・通話料・通信料・付加機能使用料の料金。機種代金やコンテンツ使用料などはポイント還元されません。

また、勘違いされがちですが「月々サポート」「docomo with」といった割引サービスは、機種代金ではなく利用料金から割引されます。

割引を利用している場合は、割引後の利用料金から10%の還元となりますので、気をつけましょう。

dカード・dカード GOLDのあとからリボ・こえたらリボの申込み方法と注意点

2.ドコモ光の料金も10%ポイント還元の対象


スマホの料金だけでなく、家庭用光回線のドコモ光の利用料金も10%ポイント還元の対象となります。

ドコモ光の利用料金は4,000円~5,000円前後ですので、個人ユーザーでも、スマホ料金とドコモ光の料金を合わせれば、年会費分は回収できるという方も多いのではないでしょうか。

加えて、ドコモスマホと光回線のどちらも利用すると、「ドコモ光セット割」が適用され、契約中のプランに応じた額の割引が受けられます。

「ドコモ光セット割」のプランごとの割引額は以下の通り。

料金プラン / データ容量 「ドコモ光セット」割引額
ギガライト 1GB
3GB -500円
5GB -1,000円
7GB -1,000円
ギガホ 30GB -1,000円

※旧プランの割引額は公式サイトを参照してください。

とくに「ギガホ」「ギガライト」の新料金プランを契約している場合は、契約者の家族も回線ごとに500円~1,000円の割引を受けられます。

新料金プランを契約する家族ユーザー向けとしては、回線ごとに毎月1,000円(3回線以上の場合)の割引を受けられる「みんなドコモ割」もあわせて使えますので、「家族でドコモと契約+誰かがドコモ光と契約」という組み合わせは割引としてかなり強力です。

dカード GOLDとあわせて、こうした割引も活用したいところです。

フレッツ光からの乗り換えなら解約金・工事費が不要

dカード GOLDやドコモ光セット割のために、自宅のネット回線をドコモ光にしたいけれど、乗り換えは手間とお金がかかるイメージがあります。

ですが、実はフレッツ光からドコモ光への乗り換えなら「転用」という手続きで済みます。

「転用」でルーターの新規レンタルや速度変更がない場合は、撤去工事・新設工事ともに不要で、フレッツ光の解約金もかかりません

プロバイダもそのまま利用できますので、転用後もほぼ同じ環境でネットに接続することができます。

自宅のネット回線がどこの会社か分からないという方も、請求書や契約書などで一度確認してみてください。

次のページでも引き続き、ドコモ dカード GOLDの年会費1万円を払う価値とメリットをご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2