dカード GOLD
dカードGOLDは入会&ご利用で最大15,000円プレゼント!
読了時間:約 4

dカード GOLD(dカードゴールド)でdポイントを貯める方法は大きく分けて「ポイント還元で貯める」「裏技的貯め方」「キャンペーンで貯める」の3つです。

せっかくdカード GOLDを作ったのにdポイントの貯め方を知らないのは損というもの。

ドコモのdポイントは元々貯めやすいサービスではありますが、dカード GOLDを使えば効率よく貯められます。

このページではそんなdカード GOLDユーザーだけが行えるポイントがザクザク貯まる方法をご紹介していきます。

dカード GOLDを持っている方はもちろん、これからdカード GOLDを作るつもりだという方も、この記事を参考にdポイントをしっかり貯めましょう。

画像引用元:価格.com – dカード GOLDの特徴・ポイント還元率|クレジットカード比較

dカード GOLD(ゴールド)はドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカード GOLDを使ったdポイントの貯め方

dカード GOLD
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介dカード GOLD公式サイトを見る
dカード GOLDは非常に便利で多機能なクレジットカードですが、その分得られる恩恵を全て把握しきるのが難しいという側面があります。

dポイントを貯めたい、というシーンでもこの問題があるために効率よく貯めるのは難しいです。

しかし、dポイントを貯めるにあたって、dカード GOLDを使った効率のいい貯め方を知っておくのはマスト。

ここではそんなdカード GOLDを使ったdポイントの貯め方のすべてを解説していきます。

かなり数があるので、一度読むだけでなく何度か読み直して少しずつ覚えていくと良いでしょう。

dカード GOLDのお得なポイントの貯め方一覧
  • 家族全員でドコモを利用して貯める
  • ドコモ光の利用料金で貯める
  • dマーケットを利用して貯める
  • dポイント特約店を使って貯める
  • 高額購入で貯める
  • 家賃や公共料金で貯める
  • dポイントクラブで貯める

家族全員でドコモを使う

詳しくは後述しますが、dカード GOLDには「ドコモ料金の10%をポイント還元する」という特典があります。

この特典によって得られる恩恵はかなり大きく、使いようによっては年間で数万ポイントものdポイントを貯めることも夢ではありません。

しかし、ポイント還元を受けるために無理やり料金を高くしてしまっては本末転倒です。

そこでおすすめなのが「家族でドコモを使う」という方法。この方法であれば毎月の負担を変えることなく効率よくdポイントを貯められます。

家族が契約しているキャリアがばらばらだという方はこの機会に家族みんなでドコモに加入すると良いでしょう。

dカード GOLDの家族カードはメリット豊富!お得なポイントの貯め方

ドコモ光に加入する

ドコモ光
画像引用元:ドコモ光×BIGLOBE(ビッグローブ)のセットでお得なプラン
家庭の光回線がNTTなどドコモ以外の回線を使っているのならば、ドコモ光に変えると良いでしょう。

というのも、ドコモ光の料金はdカード GOLDの「ドコモ料金の10%をポイント還元」という特典の対象に含まれているのです。

例えばドコモ光のタイプAプランを契約した場合、料金は4,000円であるため、毎月400円分のdポイントが還元されます。

年間だと4,800ポイントとかなりの量になるため、せっかくdカード GOLDを使っているのならドコモ光にも加入しておいた方が良いでしょう。

ドコモ光ならdカード GOLDを選ぼう!最大10%のdポイント還元でお得

dマーケットを利用する

dマーケットはドコモの運営するインターネットショッピングモールで、かなり幅広いジャンルの賞品を取り扱っています。

そんなdマーケットではdポイントがザクザク貯まるキャンペーンを多数実施中。元々dポイントの還元率が高いのもあって、効率よくdポイントを貯めることが可能です。

特にdショッピングでは毎月10日、20日、30日にポイント20倍キャンペーンを実施しており、他のお店では考えられないほどポイントを貯めることが出来ます。

後述するd払いも利用できるので、dカード GOLDと一緒に使えば更にたくさんのdポイントを貯められるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

dマーケットはお得?使い方・割引ポイント・より得する支払い方

dポイント特約店でdカード GOLDを使う

dポイント特約店とは名前の通りdポイントの還元率が特約によって優遇されているお店のこと。特約店に指定されているお店は以下の通りです。

dポイント特約店まとめ
  • ENEOS
  • ENEOSでんき
  • ENEOS都市ガス
  • ルートインホテルズ
  • JAL
  • JALパック
  • dトラベル
  • JTB
  • クラブメッド
  • 東京無線タクシー
  • チェッカーキャブ
  • さわやか無線タクシー
  • タワーレコード オンライン
  • 丸善
  • ジュンク堂書店
  • ショップジャパン
  • ノジマ
  • 東京海上グループ/イーデザイン損保
  • 多慶屋
  • ジェイアール名古屋タカシマヤ・タカシマヤ ゲートタワーモール
  • ドコモオンラインショップ
  • dショッピング
  • dfashion
  • dデリバリー
  • 高島屋
  • 紳士服のフタタ
  • スターバックス カード
  • ドトール バリューカード
  • 伊達の牛たん本舗
  • サカイ引越センター
  • 高島屋免税店SHILLA&ANA
  • 三越伊勢丹
  • マツモトキヨシ
  • AOKI
  • 紳士服のコナカ
  • フタタ
  • 第一園芸
  • リンベル
  • dカード ポイントUPモール
  • 日経ヴェリタス
  • 日経ビジネス/日経ビジネスアソシエ/日経WOMAN
  • プレジデント社

このようにdポイント特約店に指定されているお店はジャンルを問わずかなり多く、ローソンやマツモトキヨシなど普段使いしやすいお店が揃っています。

他にも都市部に住んでいる方であればポイント還元率が5%と高い高島屋や、車を持っているのならまとまった額を使えるENEOSなどは狙い目です。

dカード/dカード GOLD特約店の上手な使い方とおすすめの支払い方法

高額な買い物はdカード GOLDで決済する

dマーケットやdショッピング、dカード GOLD特約点以外でdカード GOLDを使った場合のポイント還元率は1%。

決して少ない数字ではありませんが、やはりポイント還元率が高くなるお店でdカード GOLDを使った場合に比べると魅力は半減してしまいます。

しかし、高額な買い物をするとなると話は別で、ポイント還元率が1%でもかなりのdポイントを得ることが可能なのです。

例えば、10万円の家電を買った場合1,000ポイントが還元されます。家電量販店独自のポイントなども合わせれば実際のポイントバック量は更に増えるでしょう。

家賃や公共料金をdカード GOLDで支払う

高還元率のクレジットカードを使うのなら必須のテクニックですが、家賃や公共料金など定期的に発生する支出をdカード GOLDで支払うのもおすすめです。

高額な買い物をする時と同じく、家賃や公共料金は大きな出費となりがちであるため、全てdカード GOLDで賄うようにすれば毎月安定してdポイントを獲得することが出来ます。

ただ、他にクレジットカードを持っていて、なおかつそのクレジットカードの還元率が1%を超えるのならばわざわざ請求先をdカード GOLDに変える必要はありません。

請求先を変えるべきかどうかは、既存の支払い方法と比べてどちらの方がお得なのかよく調べてから決めるようにしましょう。

dポイントクラブアンケートでプレゼントを貰う

dポイントアンケート
画像引用元:ポイントたまる!dポイントクラブアンケート
dポイントクラブアンケートは読んで字のごとくdポイントクラブで行われているアンケートのこと。

ごくごく一般的なアンケートではありますが、注目すべきなのはアンケートではなく、アンケートに答えることで得られるdポイントの方でしょう。

というのも、dポイントクラブアンケートにはアンケートに答えてくれたお礼としてdポイントが用意されており、答えれば答えるほどdポイントが貰えるのです。

回答できるアンケートには限りがあるので、無限にdポイントを手に入れられるわけではありませんが、スキマ時間等ちょっとした時間にこつこつ答えておくと効率よくdポイントを貯められます。

dポイントクラブをイチから解説|入会のメリットからステージの説明
dポイントを効率よく貯める方法のまとめ
  • 家族でドコモ料金の10%をポイント還元
  • ドコモ光の利用料金の10%をポイント還元
  • dマーケットのキャンペーンを利用する
  • dポイント特約店でポイント還元率アップ・割引
  • 高価な買い物はdカード GOLDを優先して使う
  • 家賃や公共料金をdカード GOLDで支払うと意外と貯まる
  • dポイントクラブアンケートでプレゼントをゲット

裏技的方法でdポイントをもっと貯める方法

dポイントをたくさん貯める方法の中には様々なサービスを組み合わせることで大量のポイントを手に入れる「裏技」というべき方法も存在します。

前述の貯め方とは違い、何度も使える方法ではなかったり、実行するのに手間が掛かる方法もありますが、裏技的方法を覚えておいて損はないでしょう。

dポイント投資を行う

dポイント投資
画像引用元:ポイント投資 | サービス・機能 | NTTドコモ
最近は積極的な資産運用が流行っており、富裕層だけでなく、一般の方が投資に手を出すのも珍しいことではなくなってきました。

dポイント投資はそんな流行しつつある資産運用を名前の通りdポイントで行うというサービス。

100ポイント単位からdポイントを運用することが可能で、運用によって増えたdポイントは1ポイント単位で引き出すことが可能です。

  1. おまかせ運用
  2. テーマで運用

dポイント投資には上記のように2つの運用方法があり、どちらを選んでも手数料は無料となっています。

明確な投資の方針があるのであればテーマで運用するのがベストですが、特になければおまかせ運用を選ぶと良いでしょう。おまかせ運用の中でも「バランスコース」は特にお勧めです。

バランス運用は株式などのボラティリティ(価格変動幅)の大きい金融商品ではなく、比較的安定した債権を運用するコースであるため、手堅く資産運用することが出来ます。

資産運用の性質上、ある程度まとまったポイントがなければ旨みがないため、dポイントがある程度貯まってきてからはじめると良いでしょう。

d払いと併用する

d払い
画像引用元:d払いアプリのつかいかた|dポイントのため方・つかい方 | ご利用ガイド | dポイントクラブ
クレジットカードの上手な運用方法について調べたことがある方であれば、「ポイント二重取り」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

ポイント二重取りとはキャッシュレス決済を行い、キャッシュレス決済の請求先をクレジットカードに指定することでポイントを二重に獲得すること。

dカード GOLDではキャッシュレス決済を利用することで、二重取りどころか三重取りまですることが可能です。

  1. d払いで決済する
  2. dカード GOLDをd払いの請求先に指定する
  3. 支払い時にdポイントカードを提示する

d払い、dカード GOLDを使ってポイントを三重取りする方法は上記の通り。他のキャッシュレス決済でも二重取りに対応した決済方法であれば同じことが行えます。

一見面倒に思えますが、実際の処理としてはd払いで支払いたい旨を伝えて、スマホ、dポイントカードを提示するだけなので現金で支払うよりも簡単です。

dポイントを貯める裏技的方法のまとめ
  • dポイント投資を行う
  • d払いを併用して決済する
dカード/dカード GOLDのd払いとiD払いお得な使い方をまとめて紹介

キャンペーンでdポイント大量獲得する方法

ドコモのキャンペーンと言えば料金や機種代金の割引といったものをイメージしてしまいがちですが、実はそれ以外にもたくさんのキャンペーンが実施されています。

その中でも特に注目しておきたいのが「dポイントが貰えるキャンペーン」。

キャンペーン中には確実にdポイントが貰えるものだけではなく抽選で貰えるものもありますが、dポイントが手に入るチャンスがあるのなら使わない手はないでしょう。

dポイント20%増量キャンペーン

dポイント20%増量キャンペーン
画像引用元:dポイント20%増量キャンペーン | d POINT CLUB
dポイント20%増量キャンペーンは他社のポイントをdポイントに変換すると、20%増量してもらえるキャンペーン。

ただポイントを変換するだけでかなりのdポイントわ貰うことが出来るため、非常に使い勝手が良いキャンペーンとなっています。

対象となる他社ポイントは46種類とかなり多いため、保有しているポイントがあるのなら積極的に変換すると良いでしょう。

モバイルdポイントカード設定キャンペーン

dポイントカードにはカードタイプのもの、dカードに付帯するものに加え、スマホにアプリとして入れておくことでdポイントカードの代わりとなるものが存在します。

モバイルdポイントカード設定キャンペーンはそんなモバイルdポイントカードをおサイフケータイに設定することでdポイントが貰えるキャンペーンです。

得られるポイントは抽選ゲームで決まり、一等だと1,000ポイント、二等だと1ポイントが貰えます。

二等を引いてしまった場合、得られるポイントはごくわずかとなりますが、少ない手間でdポイントが貰えるのならチャレンジしない手は無いでしょう。

毎日最大1,500ポイントたまるスゴ得コンテンツ

スゴ得コンテンツ
画像引用元:スゴ得コンテンツ | サービス・機能 | NTTドコモ
毎日最大1,500ポイントたまるスゴ得コンテンツはキャンペーンではなく常設のdポイントが貰えるサービス。

サービスの内容は「ミニゲームをプレイすると最大1,500ポイント貰える」というもので、毎日チャレンジすることが可能なので、こまめにやっておくとたくさんのdポイントが貰えます。

ただ、1ヶ月にミニゲームでもらえるポイントは2,000ポイントまでであるため、2,000ポイントに到達した後は次の月までプレイしないようにしましょう。

また、ミニゲームをプレイするためにはスゴ得コンテンツに加入していることが必須となっているため、その点には注意して下さい。

【2020年3月】dポイントのキャンペーン情報!dポイントクラブ掲載中

dポイントを貯めるときの注意点

dポイントが還元されていることを確認していないと、実は還元されていなかったなんてことが起こります。

dカード GOLDの性能をしっかり把握して、dポイントの還元に失敗しないようにこの注意点を必ずチェックしておきましょう。

dポイントがつかない支払いにご注意を

決済をdカード /カード GOLDにしておいたからといって、すべての支払いにdポイントが付与されるというわけではありません。

dポイント進呈対象の一覧は以下のとおりです。

100円につき1ポイントの対象
ショッピング
dカード ETCカード
dカード 家族カード
ドコモの携帯電話利用料金×
ドコモの端末故障修理代金×
ドコモのバリューコースにおける分割支払金/分割払金×
ドコモの分割払い端末代金の残債一括精算×
d払い利用料金
NTTファイナンスおまとめ請求×
公共料金
楽天Edyチャージ
nanacoチャージ
モバイルSuicaチャージ
SMART ICOCAチャージ
WAONチャージ
dカード・プリペイドチャージ
×
キャッシング返済金×
リボ払い手数料×
分割払い手数料×
再発行手数料×
年会費×
遅延損害金×
回収事務手数料×
ユニセフ募金・国境なき医師団募金・ドコモチャリティ募金×
国民年金保険料×

○:ポイントがたまる×:ポイントがたまらない

dカード GOLDで最大のメリットといわれる、毎月のドコモのケータイと「ドコモ光」利用料金の10%ポイント還元(税抜き1,000円ごとに10%)。

これは、dカード /カード GOLD利用に対してではなくdポイントクラブのポイントプログラムからの進呈となります。

そのため、ドコモ利用料金の支払いについてはdカード /カード GOLDではなく、他のクレジットカードを利用したほうがお得です。

dポイントでの支払い分もポイント付与対象外

貯まったdポイントは、1ポイント1円換算で支払いに利用することができます。ところが、dポイントで支払った分については、ポイント付与の対象外となってしまうのです。

たとえば、1,000円分の支払いでは通常10ポイントのdポイントが付与されますが、500円分のdポイントを支払いに充当すると5ポイントしか付与されません。

せっかく貯めたdポイントはお得に使ってこそお得さが倍増するというものです。

このあとの「dカード/dカード GOLDのポイントの使い方」をお読みいただき、もっとお得にdポイントを使いこなしてください。

「更新ありがとうポイント」は自動付与ではない

ドコモの「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」「データプラン」の2年定期契約(ずっとドコモ割コース)を更新するたび、3,000ポイントのdポイントがもらえます。

注意したいのは、「更新ありがとうポイント」が自動的に付与されるものではなく、別途手続きが必要ということです。

また、獲得・利用にも期限があり、2年定期契約更新期間終了後にSMSで「ポイント獲得のお知らせ」が送付されてから6ヵ月以内となっています。

この期間内に「dポイントクラブサイト」もしくは専用ダイヤル(*8118)にて申込をしなければ、権利は消滅してしまうのです。

「更新ありがとうポイント」として進呈されるポイントは、dポイント(期間・用途限定)である点にもご注意を。

なお「ドコモ光」の定期契約プランの2年定期契約更新でも、3,000ポイントプレゼントが行われていますが、受け取るための期限や手続きは「更新ありがとうポイント」と同じです。

dカード/dカード GOLDのポイントの貯め方・まとめ
  • 還元率の高いdポイントはとても貯めやすい
  • dポイントを獲得できるチャンスは多い
  • 公共料金や家賃もOK
  • ETCカードでさらに貯まる
  • 家族カードならみんなで貯められる
  • お得なショップでザクザク貯まる
  • 「dカードポイントUPモール」でポイント倍増
  • iD払いやd払いでもdポイントが貯まる
  • dポイントカードとのあわせワザでお得

dカード GOLDのポイントの使い方

効率よく貯まったdポイントですが、dポイントを利用できるシーンはたくさんあるため、使い道に困ることはありません。

けれどもせっかくなら上手に使って、さらにお得度をアップさせたいと思いますよね。ここからは、dポイントの使い道とお得な使い方についてです。

注意が必要な「dポイント(期間・用途限定)」

dポイントの使い方について紹介する前に、dポイントには通常のdポイントと、期間や用途が限定された「dポイント(期間・用途限定)」があり、それぞれ違いがあることについてみておきましょう。

用途dポイントdポイント(期間・用途限定)
街のお店
dマーケット
dケータイ払いプラス
ギフトコ
ドコモ商品
メールストアなどのドコモサービス
ケータイ料金の支払い×
データ量の追加×
賞品が当たる抽選×
寄付×
交換商品×

名前のとおり、dポイント(期間・用途限定)は使用できる期間と用途が限定されたdポイントです。

通常のdポイントの有効期間は「獲得した月から起算して48か月後の月末」となっています。

ところがdポイント(期間・用途限定)の場合、有効期間が短いうえに期限が一定ではありません

せっかく手にしたポイントを無効にないためにも、dポイント(期間・用途限定)を優先的に使い、毎月月末にはポイントの有効期限を確認しておく習慣をつけておくことをおすすめします。

dポイント(期間・用途限定)でお勧めの使い方は、dポイント加盟店やd払い加盟店でのお買い物です。

なお、dポイント(期間・用途限定)は、ドコモ商品にも利用できますが、ドコモの回線契約ない場合はドコモの携帯電話機以外には使えません。

dポイントやdポイント(期間・用途限定)が残った状態でドコモを解約すると、dアカウントに残ったdポイントはそのまま使うことができます。

けれども、dポイント(期間・用途限定)はドコモの携帯以外の商品との交換に使うことはできなくなるのです。

おすすめはdマーケット


画像引用元:ショッピングデーとは

先の「dポイントを貯めるときの注意点」で述べたように、dポイントを使って支払った部分についてはポイント付与対象外となります。

ところが、毎月20日に「dマーケット」でdポイントを使った支払い分の20%に、dポイント(期間・用途限定)が付与されるのです。

dマーケットは、ゲームなどでポイントが貯まるほか、動画・音楽・電子書籍などのコンテンツから、日用品・ファッション・旅行などの商品まで幅広く網羅したドコモのポータルサイト。

楽しみながらポイントを使ってさらにポイントをゲットできるので、ぜひ一度立ち寄ってみられることをおすすめします。

その他にもdポイントの使い道はいっぱい

dポイントは街のお店で気軽に使える

dポイントは、「dポイント加盟店」または「d払い加盟店」で使えます

dカード/dカード GOLDでのポイント払いができない店舗もあるので、あらかじめ「d払い」専用アプリをダウンロードしておくとよいでしょう。

dポイントが使える街のお店はたくさんあります。

どこの街でもよく見かけるコンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店のほか、ファーストフード店・カフェ・レストラン・居酒屋などの飲食店。

さらにはホテル・アミューズメント施設・レンタカー・書店・美容健康施設など、生活のなかでよく利用する幅広いジャンルのお店などです。

dポイントの使い方は、dカード/dカード GOLDもしくはモバイルdカードを提示して、お店の人に「dポイントを使う」ことを告げるだけでOKです。

d払いアプリの場合は、「dポイントを利用する」をオンにしておいてから、コードを読み取ってもらいましょう。

dポイントは1ポイント1円換算で利用でき、追加で割引クーポンをもらえることもあります。

ネットショッピングでもdポイントが使える


画像引用元:Amazon – dポイントがたまる、使えるお店 |d払い / ドコモ払い

ネットショッピングの利用代金も、1ポイント1円換算でdポイントを使って支払うことができます。

ネットでdポイントをお買い物代金として使いたい場合は、「d払い」のみでの対応です。そのため、「d払い」対応サイトでのお買い物のみが対象となります。

また、ショップは「d払い」OKでも、無印良品ネットストアの「ネット注文店舗受け取りサービス」のようにd払いでは対象外となるものもあるため、注意が必要です。

「d払い」でdポイントを使う方法は、以下のような流れとなっています。

  1. お支払い方法で「d払い」を選択
  2. 注文確定後、d払い決済画面へ移動
  3. 決済詳細を確認したら、利用したいdポイントを入力

Amazonでのショッピング利用代金も「d払い」で支払うことができますが、以下の事前設定が必要です。

  1. Amazonにログインする
  2. 「メニュー」→「アカウントサービス」→「お支払い方法の管理」をタップ
  3. 「お支払いオプション管理」から「お支払い方法を追加」をタップ
  4. 「携帯決済」をタップし、携帯電話会社「docomo」を選択
  5. アカウントタイプで任意のものを選択後、続行をタップ
  6. ドコモの決済画面で4ケタのパスワードを入力して「承諾する」をタップ
  7. 承諾番号が表示されるので「次へ」をタップして完了

これでAmazonでの支払いに「docomo」(d払い)が選択できるようになりますが、手続きにはドコモネットワーク(spモード)からの接続が必要です。

加えて、毎月金・土曜の「d曜日」は、ネット限定でdポイントが必ず2%+最大5%もらえるうえ、dポイントを使ってもdポイントが貯まります。

dポイントは商品と交換することもできる

dポイントはお買い物代金の支払いに充当するだけでなく、「dポイントクラブ」で直接商品と交換することも可能です。

交換商品は以下にあげるように幅広いカテゴリにわたって用意されています。

  • グルメコース(グルメギフト2019)
  • グルメコース(ランチ・ディナープラン)
  • リビンググッズコース(ホーム家電)
  • リビンググッズコース(キッチン・ダイニング)
  • リビンググッズコース(ビューティー・ヘルス)
  • リビンググッズコース(ファッション)
  • リビンググッズコース(レジャー・ホビー)
  • リビンググッズコース(防災・DIY)
  • リビンググッズコース(ラーニング)
  • エンターテインメントコース
  • トラベルコース
  • iDキャッシュバックコース
  • マイルコース
  • Pontaコース
  • スターバックス カード コース
  • ドトール バリューカード コース
  • 自治体ポイントコース

交換方法は、商品を選択したらdアカウントを入力します。続いて連絡先など必要事項を入力し、内容を確認すれば完了です。

dポイントを商品交換に使うときには、いくつか注意点があります。

dポイント(期間・用途限定)が使えないことや、「iDキャッシュバック(dカード mini)」「Pontaポイント」は、ドコモのケータイ回線契約者が対象となっていることです。

ドコモユーザー以外の方の利用にはdポイントカードの利用登録も必要で、交換商品をdアカウントで申し込むときには2段階認証によるセキュリティコード入力が必要となります。

セキュリティコードはSMSまたは事前に設定済みのメールアドレスに送付されるので、自分で段階認証の利用設定を行う必要はありません。

dポイントでiDキャッシュバックもできる

dポイントは商品だけではなく、iDキャッシュバックとして利用することもできます。

「iDキャッシュバック」とは、dカード/dカード GOLDのiDによるショッピング利用代金の合計金額の請求時に、「iDキャッシュバック」分を充当できるサービスのことです。

dポイント2,000ポイントを2,000円分の「iDキャッシュバック」に交換しておくことでショッピング利用代金に対して自動的に充当され、残額は翌月以降に繰り越すことができます。

利用明細内訳には「iDキャッシュバック 充当」と表示されますが、残高は買い物の都度反映されるのではありません。

最後の確定日にまとめて差し引かれるため、実際の残高と異なる場合がある点にご注意ください。

なお、dカード/dカード GOLDのiDを利用しても、以下のものはiDキャッシュバックで充当することができません。

ドコモのケータイ料金および「ドコモ光」利用料金、ETCカード利用代金、NTTファイナンスおまとめ請求、故障修理代金、分割払い端末代金の残債一括精算、事務手数料など

iDキャッシュバックの有効期間は、6ヵ月です。繰り越したiDキャッシュバックは進呈月の5か月後の15日までのiD利用代金に充当されます。

なお、有効期限を超過したiDキャッシュバックは失効しまが、期間内に追加でdポイントを「iDキャッシュバック」に交換すれば、有効期限はさらに6ヵ月延長となります。

「iDキャッシュバック」は、dカード /カード GOLD入会特典や各種キャンペーンでキャッシュバックされるため、一度仕組みや使い方を確認しておかれることをおすすめします。

dポイントがどれくらい貯まるかシミュレーションしてみる

「本当にdカード GOLDを作る価値があるのか分からない」という方は、もし時分がdカード GOLDを作ったらどれくらいdポイントを貯められるかシミュレーションをしてみましょう。

おおよそでもどの程度dポイントを貯められるのかが分かれば、年会費を支払い、各種デメリットを自覚した上で本当にdカード GOLDを作るべきかどうかが分かります。

シミュレーションをする際は下記の方法でどれくらいdポイントを得られるのかを考えてみると良いでしょう。

  1. 年間のドコモ料金を算出する
  2. 日用品をどの程度dマーケットやdポイント特約店で購入できるか考える
  3. 家賃や公共料金等の支払いで貰えるdポイントを割り出す

他にもdポイントを得る方法はありますが、恒久的に一定のdポイントを得続けられるかどうかは上記3つの方法でどれだけdポイントを得られるかに掛かっています。

シミュレーションの結果、年間のdポイント獲得量が11,000ポイントを超えるのならdカード GOLDを作る価値はあるでしょう。

「年会費とトントンでは割に合わない」と考えているのなら、どのくらいdポイントが貯まれば満足できるのか、その目標は達成出来そうかを考えてみて下さい。

dカード GOLDを持つメリット/デメリット

裏技を合わせるとdカード GOLDを使った効率のいい方法にはかなりの数があることが分かりました。

しかし、いくらdカード GOLDがdポイントを貯めやすいからといって、それ以外の特典や仕様に魅力がなければ作る価値はないでしょう。

この項ではdポイント目的でdカード GOLDを作ろうと考えている方に向けて、dカードを持つメリットとデメリットをご紹介していきます。

dポイントがたくさん貯まるdカード GOLDと自分の相性は良いのか悩んでいるという方は目を通してみて下さい。

dカード GOLDを持つメリット

dカード GOLDにはdポイントが貯まりやすい以外にもたくさんのメリットがあります。

まずはdカード GOLDを持つメリットから見ていきましょう。

毎月のドコモ料金の負担を軽減できる

dカード GOLD 10%
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
前述の通りdカード GOLDには「ドコモ料金の10%をdポイントで還元する」という非常に大きな魅力があります。

毎月の料金によっては年会費に匹敵するほどのポイントバックを受けられるため、「年会費が高いのが難点」と考えている方は現在自分が支払っているドコモ料金を確認して見るといいでしょう。

仮にdカード GOLDの年会費10,000円(税抜)と同等のdポイントを得ようとする場合、毎月のドコモ料金は8,320円(税抜)を超えていなければいけません。

携帯料金だけでこの金額まで到達するのは難しいですが、最低でも3,800円(税抜)の料金が掛かるドコモ光に加入しているのなら余裕を持って料金のボーダーラインを超えられるでしょう。

また、家族でドコモを使っている場合であれば、例えドコモ光に加入していなかったとしても毎月のドコモ料金が8,320円(税込)を超える可能性が高いです。

dポイントの還元率が高くなる

dマーケットやドコモ特約店などdカード GOLDを持っていることで還元率が高まるお店はたくさんあります。

それらのお店を上手く使いこなせば、毎月数千ポイントものdポイントを手に入れることも夢ではありません。

特に特約店での優遇などはdカード GOLDユーザーならではのものであるため、通常のdカードユーザーに比べると貯まるdポイントの量が飛躍的にアップします。

ドコモ料金の10%還元と合わせた場合、年間のポイント獲得量は数万ポイントとなることもあるので、dカード GOLDを作るなら効率の良いポイントの貯め方を熟知しておきたいところです。

ローソンで5%お得に買い物ができる

ローソン
画像引用元:LAWSON|ローソン公式サイト
ローソンはdポイント特約点に指定されているお店のひとつで、数ある特約点の中でも特にdカード GOLDを使う恩恵が大きいお店だと有名です。

  • dカードで決済すると3%割引
  • dカードで決済すると1%ポイント還元
  • dポイントカード定時で更に1%ポイント還元

ローソンを利用した場合に得られる特典は以上の通り。特に割引されることがほとんどないコンビニでの買い物を毎回3%offで行えるのはかなり大きなメリットです。

また、ローソンはセブンイレブン、ファミリーマートなどと並んで店舗数が多い大手コンビニチェーンであるため、利用しやすいのも利点のひとつと言えるでしょう。

利用するコンビニをローソンだけに絞れば、割引を効かせつつ効率よくdポイントを貯めることも可能です。

dポイントをローソンで|ポイントの貯め方・使い方と得するコツ

iDが使える

dカード GOLDには予め電子マネー「iD」の機能が付帯しており、手元にクレジットカードが届くとすぐにiDが利用できるようになります。

iDはコンビニやファミリーレストラン等で使える電子マネーはスマホをかざすだけですぐに決済することが出来るため非常に便利。

特にiDは事前にチャージすることなく利用できるポストペイ(後払い)型の電子マネーであるため、利用する前に下準備をしておく必要もありません。

更にiDは同じくキャッシュレス決済のひとつとして人気のあるd払いより対応している店舗が多いため、場所を選ばずに利用することが可能です。

ただ、d払いのようにポイントの三重取りをすることは出来ないので、その点には注意しておきましょう。

d払いとiD払いの違いをまとめて比較|dポイントがお得な使い方紹介

手厚いケータイ補償が付帯する

ケータイ補償 ドコモ
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
携帯補償自体はdカードにも付帯していますが、dカード GOLDの携帯補償は更に手厚いものとなっています。

dカードの補償額は1万円とかなり心許なく、これでは事務手数料や頭金の方が高くなる計算です。

一方、dカード GOLDの補償額は最大10万円とdカードの10倍に設定されており、高額なスマホを使っていたとしても、新しいスマホの購入費のほとんどを補償で賄うことが可能です。

AppleCare等のスマホ購入時に加入できる補償と併せれば、万が一の事態でもほとんど出費無く、新しいスマホを手に入れられるでしょう。

ケータイ補償サービスとは?店舗が近くにない場合の故障端末の修理方法

空港ラウンジが利用できる

空港 ラウンジ dカードGOLD
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
長旅に疲れは付き物ですが、ラウンジがあるとなれば話は別。フライトまでの時間をゆったり過ごせるため旅行がより快適なものとなります。

dカード GOLDにはそんな空港ラウンジが使えるサービスが付帯しており、国内ほぼ全てのラウンジが利用可能です。

ただ、dカード GOLDで利用できるラウンジはクレジットカード会社が提供している場所のみとなります。

航空会社の提供するグレードの高いラウンジを使いたいのであれば、貯めたdポイントをマイルに変換するなどしなれけばいけません。

どうしても航空会社のラウンジを使いたいのなら、高額になりがちな航空券や宿泊費をdカード GOLDで支払って、dポイントを効率よく貯めると良いでしょう。

dポイントが貯まり次第マイルに変換していくと、ステイタスカードのランクが上がり、航空会社のラウンジが利用できるようになります。

dカード GOLDは海外旅行保険が充実!メリットとデメリットを解説

1枚目の家族カードは年会費無料で使える

大抵のクレジットカード会社は家族カードに本カードと同じ、もしくは半額程度の年会費を設定しています。

しかし、dカード GOLDでは家族カードの年会費が1枚目のカードに限り無料となっているので、余計な出費を増やすことなく家族にdカード GOLDを持たせることが可能です。

余談ですが、家族カードの請求はすべてdカード GOLDを契約した本人に対して行われるため、大元のカードと家族カードで請求先を変えることは出来ません

家族カードは名前の通り家族で使うのが前提であるため、問題となることはほぼありませんが、どうしても請求先を分けたいのなら別のカードを作るなど別の方法を考える必要があります。

dカード GOLDの家族カードの紐づけ・口座別・ポイント共有など注意点まとめ

dカード GOLDを持つデメリット

dカード GOLDを持つメリットが分かったところで、次はdカード GOLDを持つデメリットについて見ていきましょう。

メリットだけを見るのではなく、デメリットも見ることで、自分とdカード GOLDとの相性を多角的に判断することが出来ます。

「dポイントをザクザク貯めたい」という一心でdカード GOLDを作ってしまうと、後々後悔してしまう可能性も少なからずあるので、デメリットにもしっかり目を通してみて下さい。

年会費が掛かる

最近のクレジットカードは年会費無料が当たり前となりつつあり、単にクレジットカードの機能を利用したいだけなら年会費無料のクレジットカードでも充分事足ります。

それでも年会費の掛かるクレジットカードの人気が落ちないのは、

  • ステータス性がある
  • 年会費無料のカードにはない特典がある
  • 年会費以上に得することが出来る

などの大きな魅力があるからで、実際にdカード GOLDの発行数はかなり多いです。

しかし、dカード GOLDならではの特典に対してあまり興味がないという方の場合、年会費分の損失を特典でカバーすることが出来ず、そのまま負担となってしまいます。

ドコモユーザーならdカード GOLDの恩恵を一切享受できないということはありませんが、どちらにせよ年会費が掛かる点はデメリットと言わざるを得ないでしょう。

ドコモ料金が還元されるのは1,000円毎

dカード GOLD最大の魅力と言っても過言ではない「ドコモ料金の10%をポイント還元」ですが、この特典は1,000円毎にしか適用されません。

つまり、毎月の料金が9,000円ぴったりであれば900ポイントが還元されるものの、8,999円など1円でも1,000円を下回る端数が出ると、その分はポイント還元の対象外となってしまうのです。

また、ドコモ料金は携帯料金とドコモ光料金の合算という性質上、数円単位での微調整が効きません。

そのため、1,000円にギリギリ届かない端数があるという方は約100ポイント分損をしてしまうこととなります。

この点に関しては回避が困難なデメリットと言えるため、諦めるもしくはなんとか端数が少なく済む料金プランに変更できないかシミュレーションを行ってみるしかないでしょう。

dカード GOLDで騙されたと悪評の口コミが真実か検証してみた話

審査がdカードより厳しい

dカード GOLDを持つデメリットとは少し違いますが、審査が通常のdカードと比べてやや厳しい点もdカード GOLDの特有のデメリットと言えるでしょう。

ドコモのオリジナルブランドと言ってもdカード GOLDはその名の通りステータス性のあるゴールドカードであるため、ドコモが所有するに相応しいと判断した方にしか発行されません。

ただ、アメックスやダイナースといった有名クレジットカードブランドのゴールドカードに比べれば、dカード GOLDの審査はかなり緩いです。

詳細な審査内容は公開されていないものの、発行に成功した方のレビューや体験談をまとめると、

  1. 過去に金融事故を起こしたことがない
  2. 年収が300万円以上ある

この2つの条件さえ満たしておけば、大抵は問題なく審査に受かります。

ハイクラスなゴールドカードよりは審査に通りやすく、dカードよりは少し審査が厳しい程度に考えておくと良いでしょう。

dカード GOLDの審査期間は?状況確認の方法と通らないときの対処法

dカード GOLDを使ってdポイントをザクザク貯めよう!

d-point-club
画像引用元:dポイントクラブ | サービス・機能 | NTTドコモ
dカード GOLDは単にステータス性の高いクレジットカードというだけでなく、様々な特典のついた非常に優秀なカードです。

その中でも特にdポイントの貯めやすさに関しては他の追随を許さないものとなっており、上手く使いこなせばdポイントがザクザク貯まります。

ただ、年会費が設定されている関係上、誰にでも手放しでおすすめできるクレジットカードとは言えません。

基本的にはドコモユーザーであれば年会費が気にならないほどの恩恵を受けることが可能ですが、どの程度恩恵を受けられるのかは予めシミュレーションしておいた方が良いでしょう。