dカード GOLD
dカードGOLDは入会&ご利用で最大15,000円プレゼント!
読了時間:約 2

ドコモが発行するクレジットカードのdカード/dカード GOLDは、街でお買い物をするとdポイントが貯まるお得なクレジットカードです。

その他にも、ドコモの利用料金や公共料金の支払いに充てることができるなど、dカードでdポイントを貯める方法は様々あります。

dカード GOLDはdカードと比べ、さまざまな特典やポイント還元率がdカードよりもお得ですが、年会費が発生します。

でも、年会費分の賢い回収方法やお得なポイントの貯め方があります。

この記事では、dカード GOLDを所有して得する人・損する人の条件を紹介します。年会費が高いなと感じた方はぜひ参考にしてみてくださいね。

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dカード GOLDの年会費を回収する方法|初年度と2年目以降で分けて解説

dカード GOLDの基本情報をdカードと比較

dカード GOLD
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
dカード GOLD公式サイトを見る

dカード GOLDとdカードの主な違い
  • dカード GOLDは年会費10,000円(税別)がある
  • dカード GOLDは学生不可
  • dカード GOLDは利用特典や還元率が断然お得
 dカードdカード GOLD
年会費永年無料10,000円(税抜)
入会可能年齢満18歳以上
(高校生不可)
満20歳以上
(学生不可)
ショッピング利用1ポイント/100円
ドコモ利用料金支払い10ポイント/1,000円100ポイント/1,000円
dカード特約店・加盟店通常のポイント+特約店・加盟店ごとのポイント加算
dカード GOLDご利用額特典-最大2万円相当の選べる特典進呈
dカードケータイ補償ご購入後1年間最大1万円ご購入後3年間最大10万円
お買い物あんしん保険年間100万円まで年間300万円まで
カードの紛失・盗難の補償
VJデスク(旅のサポート)
海外緊急サービス◯(有料)◯(無料)
海外旅行保険-最大1億円
国内旅行保険-最大5,000万円
空港ラウンジ-国内・ハワイの主要空港で利用可能
海外レンタカー
お客様サポート-
メール配信サービス
申し込み>公式サイト>公式サイト

年会費が永年無料のdカードと比較してみると、やはり利用できる特典内容や還元率が異なりますね。

国内・海外旅行保険などが付帯している点を考えてみると、dカード GOLDはゴールドカードとして高い年会費が発生していると考えておきましょう。

入会条件もdカードと異なり、審査が厳しいところもdカード GOLDの特長です。20歳以上であっても学生の方は発行できません。

このようにゴールドカードとしてdカードとは違い特典内容も充実しているdカード GOLDですが、年会費10,000円(税別)分をしっかりと回収できるのでしょうか。

dカード GOLD(ゴールド)はドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカード GOLDの年会費の回収方法

dカード GOLD
画像引用元:dカード GOLD 入会特典|dカード

年会費10,000円(税別)が発生してしまうdカード GOLDですが、年会費分をdポイントなどで回収する方法があります。

dカード GOLD年会費を回収する方法
  • dポイントクラブ優待
  • dカード GOLD年間ご利用額特典
  • 家族カード・ETCカード
  • d払い・iD払い
  • キャンペーン

dポイントクラブ優待

dポイントクラブ優待
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dポイントクラブ優待とは、dカード GOLDを所有するドコモユーザーが回線にdカード GOLDを登録することで利用できる特典の1つです。

ドコモやドコモ光の月額利用料金のうち、1,000円ごとに100ポイントが還元されます。

10%還元と表記されることが多いですが、厳密には1,000円ごとの還元なので注意してください。

たとえば月額利用料金が3,900円だった場合、還元されるdポイントは300ポイントになります。

対象となる月額料金は以下になります。

dポイントクラブ優待で対象となる月額料金
  • 各種割引サービス適用後の基本使用料
  • 通話・通信料
  • オプション使用料

分割払いの機種代金や消費税分はポイントの対象とはならないので注意してくださいね。

たとえば対象となる月額料金が4,000円だった場合、毎月400ポイント分が還元され、1年間で4,800ポイントを貯めることができますよ。

年会費の半分ほどのポイントを獲得することも可能なので、ドコモユーザーはdポイントクラブ優待が利用できるdカード GOLDはおすすめです。

dポイントクラブをイチから解説|入会のメリットからステージの説明

dカード GOLD年間ご利用額特典

dカード GOLD利用特典
画像引用元:dカード | dカード GOLD年間ご利用額特典(2019年5月お届け分)

先程ご紹介したdカード GOLDの基本情報には、dカードにはないお得な特典があることが分かりましたね。

次に、年会費分を回収できてしまうお得な特典、「dカード GOLD年間ご利用額特典」を紹介します。

dカード GOLD年間ご利用額特典は、dカード GOLDだけの特別な特典です。

前年度のdカード GOLDの年間支払い額が100万円以上だと11,000円相当のクーポン・200万円以上だと22,000円相当のクーポンがGETできます(各、税込)。

クーポンはドコモでの機種変更時に利用できる割引券の他、ドコモが展開するサービスで利用できます。

dカード GOLD年間ご利用額特典の内容

dカード GOLD年間ご利用額特典
100万円(税込)以上11,000円(税込)相当のクーポン
200万円(税込)以上22,000円(税込)相当のクーポン
選べるクーポン内容・ケータイ購入割引クーポン
・d fashionクーポン
・d トラベルクーポン
・dショッピングクーポン
・dデリバリークーポン

100万円以上支払うのは無理なのでは?と考えてしまう方もいますよね。

ただ、公共料金の支払いなどもdカード GOLDで統一すると1年間で100万円以上の利用を超えることは可能になります。

年会費10,000円(税別)分のクーポンがGETできればしっかりと年会費分を回収できるので、dカード GOLD年間ご利用額特典は必ず利用したい特典です。

dカード GOLDの年間ご利用額特典は超豪華!申込・確認の手順

dカードケータイ補償

dカードケータイ補償とは、dカード/dカード GOLDで利用できる特典です。

ただしdカード GOLDは機種の購入後3年間で10万円まで補償と、補償内容がdカードよりも充実しています。

たとえばドコモで契約している機種が紛失・修理不能となってしまった場合、同一機種・カラー・モデルで機種を購入し直せば機種代金を負担してもらえます。

dカードでは1万円分の補償しか出ませんが、dカード GOLDであれば10万円分まで補償してもらえるのでハイスペックモデルでも安心ですよね。

また、ドコモでは月額330円〜1,000円のオプションとしてケータイ補償サービスを展開しています。

dカード GOLDでは対応できない故障時の補償も対応できるので、心配な方はプラスでドコモのケータイ補償サービスを適用させてみるのもおすすめですよ。

ドコモケータイ補償サービス/dカード/dカード GOLDの比較

 ドコモ/ケータイ補償サービスdカード/ケータイ補償dカード GOLD/ケータイ補償
利用料金330円~1,000円dカードに付帯dカード GOLDに付帯
利用可能回数1年間に2回1年間に1回
保証期間加入中端末購入から1年端末購入から3年
偶然の事故による紛失・盗難・修理不能負担金5,000円~11,000円で対応最大10,000円最大100,000円
故障時の修理補償負担金無料~3,000円で対応対応不可

家族カード・ETCカード

dカード ETCカードも実質無料で使える
画像引用元:dカード | dカード ETCカードのご紹介

家の都合次第でこのカードをプラスしよう
  • 家族がいるなら「家族カード」
  • 車に乗るなら「ETCカード」

dカード GOLDは満20歳以上かつ・安定した継続収入があると見込まれないと加入できないところがポイントです。

高い年会費と充実した特典内容が存在する分、審査が厳正であるところはゴールドカードとして納得できますよね。

そのため、専業主婦の方やパート・学生の方はdカード GOLDの審査に通る可能性が非常に低いです。

そんな方たちにおすすめで、dポイントをさらに貯められる方法が「家族カード」の利用です。

dカード GOLDの家族カード

dカード/dカード GOLDでは家族カードを1人につき1枚発行することができます。

dカード GOLDでは、1枚目の年会費無料・2枚目以降1,000円で家族カードを発行することが可能です。

家族カードは、本カードの18歳以上の子供・配偶者・両親であれば利用ができます。また、家族カードであれば審査対象が本会員なので審査に通りやすいです。

dカード GOLDの家族カードでは、通常のクレジットカードとしての機能だけでなく、dカード GOLD年間ご利用額特典以外の特典を全て利用することができます。

国内・海外旅行なども家族カードに付帯されているので、家族での海外旅行も安心して楽しむことができますよ。

家族カードで利用できる月間金額や支払い口座は本カードと統一されています。

たとえば本カードで月に利用できる金額が15万円の場合、家族カードも合わせて全体で月に15万円だけ利用できるということになります。

また、支払い口座が統一されていれば家計を管理しやすく、dポイントも統一されるので年間で貯まるdポイントを一気に増やすことができますよ。

dカード GOLDの家族カード発行・アップグレード方法とメリットを解説

dカード GOLDのETCカード

dカード GOLDの本カード・家族カードで1人につき1枚を発行できるのがETCカードです。

1人につき車を1台ずつ所有している世帯でも、ETCカードをそれぞれ発行できます。また、ETCカードの利用金額も本カードの支払い口座にまとめて引き落としされます。

ETCカードを利用した場合、100円につき1ポイントのdポイントを別途で貯めることができるので、さらに効率よく貯められます。

dカード GOLDのETCカードを持つメリット|他にもお得な使い方いろいろ

d払い・iD払い

d払い
画像引用元:d払い – dポイントがたまる!かんたん、便利なスマホ決済

dカード GOLDでさらにdポイントを貯めるには、d払いとiD払いを活用することがおすすめです。

d払いはドコモが提供するスマホ決済アプリで、近年流行しているPayPayやLINE Payなどと同じサービスです。

iD払いとはdカード GOLDに付帯されている電子マネーで、iDが利用できる店舗でカードやスマホをかざすだけで支払いができるサービスです。

d払いを活用して、街のお買い物時にバーコードを表示・ネットでのお買い物時にコードを入力すると、それぞれでdポイントを貯めることができます。

d払い

d払いのポイント還元率
  • 街でのお買い物時:200円につき1ポイント
  • ネットでのお買い物時:100円につき1ポイント

d払いは支払い先としてクレジットカード・またはドコモ払いを選択することができますが、クレジットカードのdカード GOLDを設定することがおすすめです。

dカード GOLDをd払いで設定すると、通常の100円につき1ポイントの還元に加えて、d払いで支払った金額の引き落とし額のうち100円につき1ポイント分が還元されるのです。

つまり、街でのお買い物時には100円につき1.5ポイント・ネットでのお買い物時には100円につき2ポイントがGETできちゃうんです。

これだけでもかなり効率よくdポイントを貯めることができるので、d払いはおすすめのdポイントの貯め方ですよ。

また、提携店で支払い前にdポイントカードまたはdポイントクラブアプリを提示すると、更に別途でdポイントを貯めることも可能です。ぜひ試してみてください。

dカードのd払いならdポイントの還元率大幅アップ!お得なプログラム紹介

iD払い

iD払いではそのままdカード GOLDをかざす方法と、おサイフケータイ・Apple Payをかざす方法の2つが存在します。

この支払い方法では暗証番号を入力したり名前を記入する必要がないので、スムーズに決済することができます。

また、一定額以上の支払いがある場合はPINコードの入力が必要になるなど、第三者による不正利用を防ぐことも可能なので安心の決済サービスです。

dカード特約店では、通常の100円につき1ポイントの還元に加えて、店舗ごとのプラス還元があります。

店舗のなかにはiD払い限定のプラス還元もあるので、iD払いとd払いを有効活用しながらdポイントを貯めてみてくださいね。

dカード / dカード GOLD申し込み後のiD払い・d払い設定方法と使い方

キャンペーン

dカード GOLD入会&利用特典
画像引用元:dカード GOLD入会&利用特典

dカード GOLDで年会費分を回収する方法で、最後に紹介するのは各種キャンペーンです。

dカード GOLDには2種類のキャンペーンが存在します。初年度のみに利用できる入会キャンペーンと、期間限定や常時利用できるキャンペーンです。

ここでは入会キャンペーンと主要なキャンペーンについて紹介します。

dカード GOLD入会キャンペーン

入会キャンペーンは初年度のみに利用できるお得なキャンペーンで、初年度はこれだけでもdカード GOLDの年会費分を回収できます。

iDキャッシュバックが最大で15,000円分GETできる入会キャンペーンの詳細は以下になります。

特典iDキャッシュバック
1dカード GOLDに新規申込み・dカードまたはDCMXからdカード GOLDへのアップグレード2,000円分
2dカード GOLDの新規申込み時にドコモのケータイ料金(ドコモ光の利用料金を含む)をdカード払いで設定1,000円分
3特典①の対象の方のうち、入会翌月末までに特典サイトにてエントリー手続きを行い、dカード GOLDを合計20,000円以上利用8,000円分
4入会&利用特典にエントリー後、「こえたらリボ」と「キャッシングリボご利用枠」を設定2,000円分
5iDキャッシュバック増額キャンペーン(2020年3月31日まで)2,000円分
合計15,000円分

2020年3月末までのiDキャッシュバック増額キャンペーンは必ず適用させたいキャンペーンなので、各エントリーを欠かさずにしておきましょう。

dカード GOLD主要キャンペーン

その他、dカード GOLDで利用できる主要なキャンペーンは以下になります。

キャンペーン名開催期間/エントリー有無/条件内容
dカードお支払割5%還元キャンペーン【開催期間】2020年3月31日まで
【エントリー】要
【条件】ドコモのdカードお支払割が適用される方でdカードで買い物をした方
決済金額のうち通常1%分+4%分還元
カンタン増税対策をしよう【開催期間】2020年6月31日まで
【エントリー】不要
【条件】対象のお店でdカードを使ってキャッシュレス決済した方
2%もしくは5%分還元
dポイントスーパー還元プログラム【開催期間】常時開催
【エントリー】要
【条件】dカード設定したd払いまたはiD払いで支払いをした方
決済金額のうち最大7%分還元
dカード知ってる?d曜日知ってる?【開催期間】常時開催
【エントリー】要
【条件】毎週金・土に対象サイトのお買い物でd払いを用いて決済した方
決済金額のうち最大7%分還元

ドコモのdカードお支払割は、ギガホ・ギガライト・ケータイプランを定期契約なしで契約・支払い先にdカード GOLDを設定した方が対象になります。

期間限定キャンペーンで対象者も限られていますが、対象の方は必ずエントリーしておきましょう。

また、常時開催されているネット限定キャンペーンや還元プログラムは利用するとプラスのポイント還元がされるのでおすすめのキャンペーンですよ。

dカード/dカード GOLDの特典・キャンペーン情報まとめ|2020年最新

dカード GOLDの年会費は高い?

dカード GOLDの評価レビュー|得する人と得しない人のポイントを解説
画像引用元:dカード | ドコモのクレジットカード

ここまで、dカード GOLDの年会費を回収する方法についてご紹介しました。

最後に、年会費10,000円(税別)でも得する人・損する人の条件についてまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

dカード GOLDで得する人の条件
  • ドコモユーザーで回線とdカード GOLDを登録できる
  • 年間100万円以上利用できる
  • 家族に家族カードを付帯できる
  • d払いを活用できる
  • 入会キャンペーンを始め、お得なキャンペーンをチェックし利用できる
  • 国内・海外旅行を頻繁に行う
dカード GOLDで損する人の条件
  • ドコモ利用料金の対象料金が少ない
  • 年間100万円以下の利用になる
  • 街でのお買い物時にしか使用する機会がない
  • キャンペーンのチェックやエントリーが億劫・忘れがち

dカード GOLDの年会費10,000円(税別)分を回収するには、初年度は入会キャンペーンだけで回収可能なのでカンタンです。

得する人の条件のなかでも、特に「年間100万円以上利用できる」ところがポイントになります。

2年目以降はdカード GOLD年間ご利用額特典で特典をGETできると、年会費分を回収することができます。

ドコモ利用料金や公共料金をdカード GOLDで支払い、家族カードで更に毎月の利用金額をUPさせると年間利用100万円を超える可能性が高いです。

その他にも地道にdポイントを集めていくために、dポイントクラブ優待や家族カード・ETCカード、d払いの活用など欠かさず行いましょう。

dカード GOLDの年会費を回収する方法|初年度と2年目以降で分けて解説

dカード GOLDをお得に使ってみよう

今回はdカード GOLDについて、年会費10,000円(税別)でも得する人の条件と損してしまう人の条件をご紹介しました。

年会費は初年度以降も回収することが可能なので、まだ入会を迷っているという方は自分の支払いシミュレーションを立ててみてください。

dカード GOLDは年会費以上にお得で安心できる充実した特典が豊富にあるので、これからクレジットカードを持ってみたいという方におすすめですよ。

dカード GOLD公式サイトを見る

dカード GOLDはまだいいかなとお考えの方は、こちらの記事で年会費永年無理の「dカード」について解説しているので是非チェックしてください。

dカードの評価レビュー|得する人と得しない人のポイントを徹底解説