読了時間:約 1 minute

ドコモが発行するdカードは色々な場所でdポイントが貯めて使える、ドコモユーザー以外でも利用できるクレジットカードです。

dカードの100円につき1ポイントという還元率は、クレジットカードの中でも高い還元率なので注目度も高く、賢く利用することでdポイントをより多く貯めることが可能です。

ドコモユーザーであればdポイントの貯め方・使用方法がさらに広がるので、利用して損はない魅力的なクレジットカードですよね!

しかし、せっかくポイントが貯まるなどのメリットがあっても、カードの維持費である年会費がネックになることも。dカードも他のクレジットカードと同様に年会費についての規定があります。

結論からいうとdカードは2年目から年会費がかかりますが、その年会費が無料になる条件があります。dカードには、家族カードやETCカードもあるので、年会費が気になるところです。

今回は、そんなdカードの年会費について詳しくご紹介します。また、年会費は1年に1度引き落とされるので、意外と引き落とし日も忘れがちです。

いつ・どのように引き落としになるのかもあわせてみていきましょう。

dカードの年会費はいつ・いくらかかる?

まずは年会費がいくらかかるのかをお伝えします。dカード・家族カード・ETCカードとそれぞれ年会費が異なります。基本的にはdカードのみの契約ですが、家族カードやETCカードの契約も検討している方はしっかりとチェックしておきましょう。

初年度のdカード年会費

dカードの初年度年会費は無料です。2年目以降は、1,250円(税抜)の年会費が必要となりますが、前年度に1度でもdカードまたは家族カードののクレジットでショッピングサービスを利用した場合は年会費無料となります。

電子マネーのiDとしてdカードを設定している方も、1年に1回iDをつかったショッピングサービスを利用すると年会費はかかりません。

ただし、キャッシング利用は、年会費無料の対象にはならないので注意してください。ショッピングサービスとは、買い物だけでなく、携帯電話料金などの利用代金の支払いなどクレジット機能を利用することを指します。

1年に1回の利用をうっかり忘れてしまわないように、携帯電話料金や公共料金の支払いなど毎月必要なものにdカードを設定しておけば、年会費がかからず利用料金分にもdポイントが貯まるのでおすすめです。

dカード/dカード GOLD(ゴールド)入会特典情報まとめ【2018年最新版】

家族カード年会費

家族カードの年会費もdカード同様に、初年度は年会費がかかりません。家族カードは最大2枚まで発行可能で、家族カードで貯まったポイントは本会員に集約されます。

2年目以降は、1枚につき400円(税抜)の年会費が必要になりますが、前年度に1度でもdカード本会員または家族会員のどちらかにショッピングサービスの利用があれば年会費無料です。

家族カードはdカード契約後に別途申し込みを行うため、特に使う予定がない方は申し込みません。そのため年会費がかかる心配はほとんどないかもしれませんが、念のため家族会員の方と確認をしておくと安心ですね。

ETCカードの年会費

ETCカードも年会費は初年度無料です。2年目以降の年会費は、500円(税抜)ですが、前年度に1度でもETCカードの利用があれば年会費は無料です。

ETCカードは本会員・家族会員ともに各1枚発行可能ですが、ETCカードごとに1年に1度の利用が必要なので注意が必要です。2年目以降に1年に1度使う予定がない場合は、すみやかにdカードのコールセンターでETCカードの解約をしましょう。

年会費にdポイントは利用不可

dポイントは、ネットやお店でのショッピングや月々の携帯電話料金にまで利用することができますが、年会費にdポイントを使うことはできません。

また、dカードの利用明細に年会費が記載されますが、年会費分はdポイントの贈呈対象外となります。

dカードの年会費無料は初年度だけ?2年目からかかる費用と引き落とし日

年会費の引き落としについて

前年度に1度もdカードや家族カード・ETCカードを利用することなく年会費が必要となった場合、いつどのように引き落としになるのか確認しましょう。

ちなみに、家族カードで年会費がかかる場合は本会員から引き落とされます。

引き落とし方法

dカードの年会費はカード利用分と同様に、dカードの利用明細内訳に記載されます。そのためdカードを申し込んだ際に設定した口座から引き落としが行われます。

基本的にdカードの利用明細は、dカード公式サイトのMember’s Menu(メンバーズメニュー)の「カードご利用明細照会サービス」から閲覧可能です。

しかし、dカードを1年に1度も使っていない場合は、dカードの利用明細を見る頻度は低いので、忘れないように注意しましょう。

また、どうしてもdカード利用明細書の発行・郵送を希望する場合は別途申し込みが必要です。封書のため発行手数料が必要となり、50円(税抜)です。

dカードの年会費の引き落としはいつ?

dカードの年会費がかかる場合、引き落とされる月はdカードへ加入した日によって決まります。dカードは毎月15日締めの翌日10日の引き落としが基本です。(10日が土日祝日の場合は翌営業日に引き落とし。)

そのため、dカードに1日から15日の間に加入したのであれば、引き落としは翌月10日です。16日から月末の間に加入したのであれば、引き落としは翌々月の10日です。具体的に説明すると以下の通りです。

7月9日にdカードに加入した場合。毎月15日締めなので、7月15日が締日となります。年会費が引き落とされるのは翌月の8月10日となります。

7月28日にdカードに加入した場合。7月15日の締日は過ぎているので、翌月の8月15日が締日となります。年会費が引き落とされるのは、さらに翌月の9月10日となります。

月末が締日ではないため少々複雑に感じてしまうかもしれませんが、dカードへの加入日をしっかりと把握していれば、自分の年会費支払日がいつなのか簡単に確認することができます。

dカードの加入日とは

dカードの加入日によって、年会費の引き落とし日が異なるとお伝えしましたが、実際に自分がdカードにいつ加入したかをはっきりと覚えていない場合もありますよね。

ドコモショップなどでdカードを申し込んだ場合は、dカードの「お客様申し込み控え」を貰いますが、そこに書いてある日付が加入日ではありません。

加入日とは、dカードの審査が完了した日のことであり、dカードを申し込みして審査を経て基本的には2週間前後で手元に届くので分かりにくい日にちでもあります。

dカードの加入日の確認方法

では、dカードの正確な加入日の確認方法を見ていきましょう。dカードの加入日を知る方法は、dカードが発行されたときにdカードが貼られていた用紙・dカード公式サイトのMember’s Menu・dカードのコールセンターのいずれかで確認可能です。

まず、dカードが貼られていた用紙ですが、カードの有効期限が記載された下に加入日も記載されています。年会費の引き落とし日も明記されているので覚えておくと安心ですね。

他にも契約した内容が載っているので保管している方も多いと思いますが、紙ベースなので紛失してしまった方もいるでしょう。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2