dカード GOLDの家族カードとは?紐づけ方法とメリット・デメリットを解説

dカード GOLDの家族カードとは、本人会員カードに付帯して発行できる家族用のクレジットカードです。今回はdカード GOLDの家族カードのメリット・デメリットについて詳しく解説し、ドコモ回線との紐づけ方法やポイント共有などの気になる点についても紹介していきます。

  • 2021年9月1日
dカード GOLDの家族カードとは?紐づけ方法とメリット・デメリットを解説
\ahamoなら月300P5GB増量!
ご入会&各種設定&エントリー&ご利用で最大合計20,000dポイント(期間・用途限定)貰える!

dカード GOLDの家族カードとは、本人会員カードに付帯して発行できる家族用のクレジットカードです。

dカード GOLDの家族カードとは
  • dカード GOLDの家族カードは本人会員カードに付帯して発行できる家族用カード
  • dカード GOLDの家族カードは1枚無料で3枚まで発行することが可能
  • 家族カードではdカード GOLDの本人会員カードとほぼ同じサービスを利用できる

今回はdカード GOLDの家族カードのメリット・デメリットについて詳しく解説し、ドコモ回線との紐づけ方法やポイント共有などの気になる点についても紹介していきます。

dカード GOLDの基本情報

dカード GOLD国際ブランド
dgoldカードmastercardロゴvisacardロゴ
年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
11,000円11,000円1%~4%
ドコモ料金:10%
dポイント
発行スピード限度額ポイント有効期限ETC年会費
最短5日間-4年間無料
ショッピング保険海外旅行保険
死亡・後遺障害疾病治療家族特約
300万円5,000万円(自動付帯)300万円(自動付帯)50万円(自動付帯)

dカード GOLDの入会特典キャンペーン

最大の入会キャンペーン金額

最大20,000ポイント!!!
dカード GOLD公式サイトを見る

2021年10月dカード GOLDのキャンペーン|入会特典を解説
項目dカード小dカード GOLD小
年会費永年無料11,000円(税込)
還元率1%1%
ドコモ料金:10%
ケータイ補償購入後1年間1万円購入後3年間10万円
入会特典最大8,000P最大13,000P
白矢印dカード/dカード GOLDの
比較をもっと詳しく見る

dカード GOLDの家族カードとは?

dカード GOLDの家族カード
dカード GOLD 家族カードとは

dカード GOLDの家族カードとは、dカード GOLDに付帯して発行できる家族用のクレジットカードです。

dカード GOLD本人会員の口座から家族カード利用分もまとめて引き落とされるので、家計の管理をしたい家庭に非常に適しています。

簡単な情報を下記表にまとめてみましたが、以下それぞれについて詳しく解説します!

dカード GOLD 家族カードの基本情報
還元率100円につき1ポイント
年会費1枚目無料
2枚目以降1,000円(税抜)/枚
サービスdカード GOLD本会員とほぼ同じ
お支払方法すべて本会員の口座からまとめて引き落とし
入会条件本人会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、子供、および両親
審査本人会員のみ対象

家族カード1枚目は年会費無料

dカード GOLDの家族カードは年会費無料
dカード GOLDの家族カードとは

dカード GOLDの大きな特徴として、家族カードを1枚無料で発行することができます。

通常dカード GOLDの年会費は11,000円(税込)ですので、1枚無料で発行できるというのは実はかなりお得です!

2枚目以降も年会費1,000円で利用できるため、家族みんなで口座をまとめたい場合にもdカード GOLDの家族カードは便利ですよね。

もちろん家族カードの利用分にもdポイントが付くので、ポイ活にもおすすめです。

審査対象は本人会員のみ

dカード GOLDの家族カードの条件
dカード GOLDの家族カードとは

dカード GOLDの家族カードはクレジットカードですので、もちろん入会審査は行われます。

しかしdカード GOLDの場合、家族カードの入会における審査対象は本人会員のみです。

つまりdカード GOLDでは家族カードを持つ本人に対しては審査が行われないということです。

主婦や学生など、収入の関係でクレジットカードを持てない方でも発行できるため、かなり大きなメリットだと思います。

本人会員の口座からまとめて引き落とし

dカード GOLDの家族カードは口座が一緒
dカード GOLDの家族カードとは

dカード GOLDの家族カードは本人会員の口座からまとめて引き落とされます。

本人会員の口座からまとめて引き落とされると、家計の管理をするのが非常に楽になりますよね。

しかし反対に、dカード GOLDの家族カードは“本人会員と生計を共にする”ことが入会条件とされていることもあり、口座を分けることはできません。

dカード GOLDの家族カードは、あくまで家計を管理するのに役立つ、家族用のクレジットカードと認識しておきましょう。

\今なら最大20,000P貰える!/矢印dカード GOLD公式サイトを見る

dカード GOLDの家族カードに関する口コミ

dカード GOLD 口コミ

dカード GOLDの家族カードを申し込むとしても、実際に使ってみた感想が気になりますよね。

ここではdカード GOLDの家族カードに関する口コミをいくつか紹介します。

40代・会社員
評価:★★★★★
ドコモショップのスタッフの方に勧められて作りました。dカード GOLDなので年会費が1万円かかりますが、ドコモの料金につくポイントが10倍貯まります。家族カードが1枚無料で作れるため妻も同じ10倍で貯まります。

そのため年会費以上のポイントが溜まり、元を簡単にとる事が出来るようです。

スーパーなどの買い物でもポイントが溜まるので今までは別のカードで払ってたのをこちらに切り替えました。裏技としてd払いにdカード GOLDを設定すると、d払いとdカードでダブルで貯まるのでおすすめです。

30代・会社員
評価:★★★★☆
ドコモケータイとドコモの光に加入しているならお得だと思います。大事なのは、年会費1万円を10%のポイント還元でカバーできるかどうか。

毎月の合計金額が1万円以上ならおすすめできると思います。家族カードは1枚目が無料で、そちらもポイントの還元対象になります。

1000円(税抜)につき100ポイントなので取りこぼしポイントには注意が必要ですが、基本的には良いカードです。

\今なら最大20,000P貰える!/矢印dカード GOLD公式サイトを見る
dカード GOLDの基本情報|還元率と入会するべき理由

dカード GOLD 家族カードのメリット

dカード GOLD 家族カードのメリット

ここからは実際にdカード GOLDの家族カードで利用できる、様々な付帯サービスを紹介します。

これらのサービスを知っているのといないのとでは、dカード GOLDをお得に使えるかどうかにかなり差が出てきます。

dカード GOLDの家族カードをお得に利用したい方は、是非チェックしてみてください!

ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元

dポイントクラブご優待とは、毎月のドコモケータイおよびドコモ光の利用料金が1,000円(税抜)につき10%還元されるサービスです。

dポイントクラブ会員であることを条件に、ドコモ回線とdカード GOLDを紐づけることで特典を受けることができます。

もちろん家族カードの場合は、家族カードとドコモ回線を紐づけます。

ドコモ料金1,000円につき10%還元
家族カードのメリット1

仮にdカード GOLDに登録したドコモ回線を1ヶ月に10,000円分利用すると考えると、年間で10,000円×12ヶ月×10%=12,000円分もお得になります。

上記の画像には年会費相当のポイント!と書いてありますが、家族カードは年会費が無料なので丸々お得になるということです。

この特典はdカード GOLD1契約につきドコモ1回線しか登録することができないため、家族の回線分もdポイントを貯めたい方は迷わずdカード GOLDの家族カードを発行しましょう!

ケータイ補償で最大10万円まで補償

dカードケータイ補償
家族カードのメリット2

dカードケータイ補償とは、利用している携帯端末が買い替え必須のトラブルに見舞われた際、新端末の購入代金を購入後3年間10万円まで補償してくれるサービスです。

dカード GOLDに付帯しているサービスの中でも特にお得なサービスと言えますが、これが家族カードにも付帯します!

dカードケータイ補償に対応している主なトラブル
  • 紛失
  • 盗難
  • 破損(水濡れ・全損など)

基本的に買い替える端末は前のケータイの同一機種・同一カラーであり、指定されたショップで購入する必要があります。

しかしこれらの条件を満たすと、新端末の購入金額が最大10万円まで補償されます。

補償はdカードご利用代金の請求額から補償金額を減額することで行われるので、難しい手続きなども不要です。

ETCカードが発行できる

dカードの家族カード
家族カードのメリット3

dカード GOLDは付帯してETCカードを発行することができますが、家族カードに対してもETCカードの発行が可能です。

ETCカードの特徴
  • 年会費無料
  • 各家族カードごとに発行可能
  • 100円につき1ポイント

このETCカードで料金所の支払いを行うと、dカード GOLDの本人会員の口座から代金が引き落とされる形で使用されます。

またdカード ETCカードはETCマイレージサービスに登録すると、支払いに応じて専用のポイントが貯まります。

ここで得たポイントは、無料通行分の還元額として交換することができます!

海外旅行保険が付帯している

dカード GOLDの海外保証
家族カードのメリット4

dカード会員にはなく、dカード GOLD会員のみが受けられるサービスとして海外旅行保険があります。

dカード GOLDの家族カードは年会費が無料にもかかわらず、この海外旅行保険も付いてきます!

海外旅行保険の補償例
  • 怪我や病気の治療費用サポート
  • カメラなどの携行品が損傷した場合の補償
  • ホテルのカーペットなどを汚してしまった場合の損害賠償のサポート

基本的にどの補償も金銭的なサポートで、補償内容によって1万円~1億円までと幅広い内容で用意されています。

どんなトラブルが生じたかによって金額が変わるので、詳細は以下をご覧下さい。

補償金額
傷害死亡1億円
傷害後遺障がい程度により400万円~1億円
傷害・疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円(盗難時は、限度額30万円)
※一事故あたりの自己負担額3,000円
救援者費用
(年間限度額)
500万円
海外航空便遅延費用特約以下のいずれか高い金額を支払う。
宿泊施設の客室料:3万円
交通費or旅行サービス取消料:1万円
食事代:5,000円
手荷物遅延:3万円

国内・ハワイの空港ラウンジが無料

dカード GOLDは国内・ハワイのラウンジ無料
家族カードのメリット5

空港での待ち時間を過ごすのに最適な空港ラウンジですが、通常利用には1回1,000円前後が必要になるので、気軽に利用できないのも確かです。

ですがdカード GOLDの家族カードを持っていると、全国・ハワイの空港ラウンジが無料で利用できます!

利用できるラウンジは、以下の通りです。

地域空港
北海道新千歳空港 スーパーラウンジ/North Lounge
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
旭川空港 ラウンジ大雪(TAISETSU)
東北青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
関東成田国際空港 「IASS EXECUTIVE LOUNGE」
羽田空港 エアポートラウンジ/SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX/SKY LOUNGE SOUTH/POWER LOUNGE CENTRAL/POWER LOUNGE NORTH/POWER LOUNGE SOUTH
東海中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
北陸新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジ らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
関西伊丹空港 ビジネスラウンジ(ラウンジオーサカ)
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ
六甲(北ウイング) 金剛(南ウイング) 比叡(ターミナルビル3階) アネックス「六甲」(北ウィング)
中国岡山空港 ラウンジ マスカット
広島空港 ビジネスラウンジ
米子空港 ラウンジ DAISEN
山口宇部空港 ラウンジ きらら
出雲縁結び空港 エアポートラウンジ
四国徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
高松空港 讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
九州新北九州空港 ラウンジ ひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジ TIME/ラウンジTIME インターナショナル
大分空港 ラウンジ くにさき
長崎空港 ラウンジ ビジネスラウンジ アザレア
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
沖縄那覇空港 ラウンジ 華 ~hana~
ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港 IASS HAWAII LOUNGE

国内のラウンジはもちろん、ハワイのラウンジも無料で使えるのですから間違いなくお得です。

旅行シーズンなどはラウンジが満席になることが考えられるので、出来るだけ早めにラウンジを確保するのが得策です。

\今なら最大20,000P貰える!/矢印dカード GOLD公式サイトを見る
dカード GOLDのメリット・デメリット|入会する理由としない理由

dカード GOLD 家族カードのデメリット

dカード GOLD 家族カードのデメリット

続いては、dカード GOLD 家族カードのデメリットを紹介します。

家族カードを発行してから「こんなはずじゃなかった!」とならないように、デメリットもしっかり確認しておきましょう。

それでは家族カードのデメリットをそれぞれ詳しく解説していきます。

2枚目以降は年会費が1,000円(税抜)かかる

dカード GOLDの家族カード2枚目は有料
家族カードのデメリット1

dカード GOLDの家族カードは、2枚目以降の年会費が1,000円(税抜)かかってしまいます。

dカード GOLDの家族カードは3枚まで発行することができるため、2・3枚目を発行する場合は年間1,000円(税抜)かかるということですね。

そのため家族カードを2枚以上利用する予定のある方は、2枚目以降の年会費についてきちんと把握しておくのがおすすめです!

とはいえ年会費11,000円(税込)のゴールドカードを1,000円(税抜)で利用できるので、お得であることは間違いないでしょう。

利用限度額は増えない

dカード GOLDの年間ご利用額特典
家族カードのデメリット2

dカード GOLDには利用限度額が設定されていますが、家族カードを発行しても利用限度額は増えません。

つまりdカード GOLD本会員カードと利用限度額を共有する形になります。

本会員カードの利用限度額が30万円であれば、本会員カードと家族カードで合わせて30万円までしか利用できないということですね。

普段本会員カードを使っていて限度額まで使わない場合は良いですが、常にMAXまで利用する方にとっては家族カードは使いづらいかもしれません。

入会特典は本会員カードのみ

dカード GOLDバナー
家族カードのデメリット3

dカード GOLDといえば新規入会時に貰える入会特典が魅力ですが、家族カードの場合は入会特典を貰うことができません

今なら13,000ポイントのdポイントがプレゼントされますが、それは本会員カードを作る場合にしか貰えないということです。

とはいえ家族カードは年会費が最大でも1,000円(税抜)しかかからず年会費を回収する必要がないので、そこまでデメリットに感じる必要はないでしょう。

\今なら最大20,000P貰える!/矢印dカード GOLD公式サイトを見る
【事例あり】dカード GOLDで騙されたという口コミが真実か検証してみた話

dカード GOLDの家族カードの申し込み方法

dカード GOLD 申し込み

ここからは、dカード GOLDの家族カードの申し込み方法について紹介していきます。

ちなみに、dカード GOLD家族カードの入会条件は以下となります。

家族カードの入会条件
  • dカード GOLD会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、お子様、およびご両親であること
  • その他ドコモが定める条件を満たしていること

dカード GOLDの家族カードの審査は、dカード GOLDの本人会員が審査されます

つまりdカード GOLDの本会員ではない別の家族の方が家族カードの申し込みをしても、その方は審査されません。

家族会員の審査に落ちるか否は、dカード GOLDの本会員次第となりますね。

家族カードの審査が落ちる可能性があるポイント
  • 本人会員のdカード GOLDに延滞経験がある
  • 本人会員に収入源がない

dカード GOLDの家族カードの申し込み方法は、以下の通りです。

家族カードの申し込み手順
  1. dカード GOLD公式ページにアクセス
  2. ページ内の「家族カードのお申し込み」ボタンをタップし、以降はサイトの指示に従って手続きを進める

以上となります。サイトの指示に従うだけなので、比較的簡単に申し込みを行えるでしょう。

しかし家族カードを申し込む場合は、dアカウントを持っている必要があります。

まだ持っていない場合は、あらかじめdアカウントを作っておきましょう。

\今なら最大20,000P貰える!/矢印dカード GOLD公式サイトを見る
dカード GOLDの作り方|申込手順4ステップと必要なもの・注意点まとめ

dカード GOLDの家族カードに関する注意点

dカード GOLD 注意点について

dカード GOLDの家族カードを使用する上で、確認しておきたい注意点もいくつか存在します。

dカード GOLDの家族カードに関する注意点
  • 家族カードの発行枚数には制限があり、dカード GOLDは3枚まで申し込みが可能
  • 審査により、入会の希望に沿えない場合がある
  • 家族カードの申し込みと同時に家族カードのETCカードは申込みできない
  • 1枚の家族カード申込書で申込める家族カードの枚数は1枚

まずdカード GOLDの家族カードの発行には枚数制限があり、最大でも3枚までしか家族カードは申し込むことができません。

加えてdカード GOLDの家族カードはクレジットカードのため、申し込みの際には審査が必須です。

そのため当たり前ではありますが、審査に落ちてしまうとdカード GOLDの発行は行われません

次に、家族カードと家族カードのETCカードを同士に申し込むことは出来ない点にも注意が必要です。

基本的にはdカード GOLDの家族カードを申し込み、その後に家族カードのETCカードを申し込む流れになります。

関連して1枚の家族カード申込書で申込める家族カードの枚数は1枚までなので、この点には気を付けましょう。

家族カードとドコモ回線の紐づけ方法

dカード GOLD 家族カードの紐づけ

dカード GOLDの家族カードはただ発行するだけではお得に利用できません。

というのもカードの紐づけや登録を行わないと、一部の還元やサービスを利用できないからです。

そのためこの章では、dカード GOLDの家族カードの紐づけ方法を紹介していきます。

家族カードとドコモ回線を紐づける方法

dカード GOLDの家族カードの紐づけとは、自分の携帯電話番号を家族カードと連携させることを指します。

仮にドコモの回線を持っていて回線の名義とカードの名義が同じ場合、申し込みの時点で自動的に紐づけされます。

しかしそうで無い場合は自動的な紐づけが行われず、一部の還元やサービスを受けられないので気を付けましょう。

ちなみにdカード GOLDとドコモ回線の紐づけは、以下の手順で行います。

家族カードとドコモ回線を紐づける手順
  1. あらかじめdカード GOLDの公式サイトにログインしておく
  2. こちらから設定・お手続きのページにアクセス
  3. 「dポイント利用者情報/ご利用携帯電話番号の登録・変更」をタップする
  4. 「ご利用携帯電話番号」に、自身の携帯番号を入力する

ご利用携帯電話番号に番号が登録されている場合は、既に紐づけが完了していることになります。

また紐づけには以下の4つが必要になります。予め用意しておくとスムーズに進むはずです。

家族カードとドコモ回線の紐づけに必要なもの
  • dカード GOLDのカード番号
  • dカード GOLDの暗証番号
  • ネットワーク暗証番号
  • dアカウント

dカード GOLDに利用者情報を登録する方法

dカード GOLDの家族カードを不便無く使うためには、紐づけの他に利用者情報の登録が必要になります。

利用者情報の登録が出来ていないと、dカード GOLDを使ったdポイント加盟店でのdポイント利用が出来ないので気を付けましょう。

ちなみにdカード GOLDへの利用者情報の登録は、以下の手順で行います。

dカード GOLDに利用者情報を登録する方法
  1. あらかじめdカード GOLDの公式サイトにログインしておく
  2. こちらから設定・お手続きのページにアクセス
  3. 「dポイント利用者情報/ご利用携帯電話番号の登録・変更」をタップする
  4. 「dポイント利用者情報」に、自身の氏名などの情報を入力する

紐づけと手順が大体同じなので、比較的簡単に登録できますね。

また紐づけと同じく以下の4つが必要になるので、予め用意しておきましょう。

dカード GOLDへの利用者情報の登録に必要なもの
  • dカード GOLDのカード番号
  • dカード GOLDの暗証番号
  • ネットワーク暗証番号
  • dアカウント
\今なら最大20,000P貰える!/矢印dカード GOLD公式サイトを見る
dカード GOLDの年会費引き落とし日はいつ?確認方法を解説

dカード GOLDの家族カードでよくある質問

よくある質問
dカード GOLDの家族カードでよくある質問

dカード GOLDの家族カードは、大体の詳細は公式サイトにて確認できますが、細かい部分について疑問を持つ方もいるでしょう。

ここからは、dカード GOLDの家族カードについてのよくある質問をいくつか紹介します。

引き落としの口座を別にすることはできる?

家族カードの口座を別にすることは不可です。

やはりお支払口座の共用が強い特徴となっているため、口座別で引き落としたりすることはできません。

家族でポイント共有はできる?

ポイント共有グループ」を組むことによって、dポイントを共有することが可能です!

ポイント共有グループとは、dアカウントを持っていれば誰でも参加することができ、グループ間で貯まったdポイントを共有することができます。

dカード GOLD年間ご利用額特典は対象になる?

dカード GOLD年間ご利用額特典の進呈対象には、家族カードは含まれません。

また家族カード単体ではもちろん、dカード GOLDの本人会員カードに対する年間ご利用額特典の”ご利用額”にも家族カード利用分は含まれません。

dカード家族会員でもdカードアプリは利用できる?

dカード GOLDは家族カードの場合でもそれぞれdカードアプリを使うことが出来ます

ただし利用の前には、使っている電話番号などの登録手続きが必要になります。

家族カードもDCMXからdカードへ切りかえる必要はある?

家族カードがDCMX GOLDでも有効期限になるまでそのまま使う事が出来ます

またカード有効期限更新時には、自動的にdカード GOLDが利用者の元に届けられます。

しかしdポイント加盟店でポイントを貯めたり、ポイントを使う場合は、DCMX GOLDからdカード GOLDに切り替えなければいけません。

加えて家族カードを持っていてdカード GOLDに切り替える場合、カードごとに切りかえの手続きが必要になるので気を付けましょう。

\今なら最大20,000P貰える!/矢印dカード GOLD公式サイトを見る
dカード GOLDの年会費は高い?初年度と2年目以降の回収方法を解説

dカード GOLDの家族カードは発行しないと損!

おトクはつづくdカード
dカード GOLDの家族カードまとめ

今回はdカード GOLDの家族カードについて紹介しました。

dカード GOLDの家族カードまとめ
  • dカード GOLDの家族カードは本人会員カードに付帯して発行できる家族用カード
  • dカード GOLDの家族カードは1枚無料で3枚まで発行することが可能
  • 家族カードではdカード GOLDの本人会員カードとほぼ同じサービスを利用できる

dカード GOLDの家族カードは1枚無料、3枚まで年会費1,000円で発行できるにもかかかわらず、dカード GOLDとほぼ同じ特典を利用できる非常にお得なカードです!

特にドコモユーザーの方は家族カードを発行することで、自分の回線分の利用料金に対しても10%のdポイント還元が受けられるのは最大の魅力でしょう。

さらに審査は本人会員のみで、主婦や大学生など収入が少なく審査に通りづらい方でも家族カードなら発行することができます。

引き落とし口座をまとめられるので、家計をカードで管理したい方にはdカード GOLDの家族カードは最適なカードです。

是非これを機に、dカード GOLDの家族カードを申し込んでみてください!


\ahamoなら月300P5GB増量!
ご入会&各種設定&エントリー&ご利用で
最大合計20,000dポイント(期間・用途限定)貰える!
この記事を書いた人
加藤 京平
スマホ情報を検索したら分かりやすい記事が出てきてほしい!という想いでスマホの最新情報やお得情報を解説しています。iPhoneもAndroidどちらも好きですが、今はiPhoneユーザーに落ち着いています。猫が好きなので、猫とスマホをなんとか合わせた幸せなコンテンツができなか考え中。