読了時間:約 3

ドコモのクレジットカードには、スタンダードなタイプの「dカード」とプレミアムな「dカード GOLD」の2種類があります。

dカードとdカード GOLDそれぞれの違いをよく知り、比較することでどちらが自分に合うカードなのか判断することができるでしょう。

ドコモユーザーはもちろん、ドコモのケータイを使っていない人でもメリットがあるdカード。利用する状況別にどちらのカードのほうがお得かをじっくり考察してみました。

画像引用元:dカード | サービス・機能 | NTTドコモ

dカード GOLD(ゴールド)はドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカードとdカード GOLDの比較:基本的な違い


画像引用元:dカード | サービス・機能 | NTTドコモ
どちらのクレジットカードが優秀なのかは比較をしてみなければ分かりません。まずはdカードとdカード GOLDの違いについて、表を用いて確認してみましょう。

dカード/dカード GOLDの基本情報を比較
種類 dカード dカード GOLD
年会費 永年無料 10,000円(税抜)
ショッピングのポイント還元率 1% dカードと同一
ドコモ料金※のポイント還元率 1% 10%
入会の条件(年齢) 満18歳以上(学生を除く) 満20歳以上(学生を除く)
支払方法 1回払い/リボ/分割払い/ボーナス一括払い dカードと同一
家族カードの年会費 永年無料 1枚目無料、2枚目以降1,000円(税抜)/枚
国際ブランド Visa/Mastercard dカードと同一
申し込み >公式サイトへ >公式サイトへ

※ポイントが還元されるドコモ料金とは、基本使用料・通話通信料・付加機能使用料のことです。

それ以外の各種手数料やコンテンツ使用料、ケータイ機種の購入代金、オプションサービスなどの料金はポイント進呈の対象外であるため注意しましょう。

このように同じdカードと言えど、比較表の通り両者には様々な違いがあります。次は各項目の中でも特に重要度の高い違いについて見ていきましょう。

年会費の有無

dカードでは永年無料となっている年会費ですが、dカード GOLDでは10,000円(税抜)とやや高額な年会費が設定されています。

どちらのクレジットカードを作るか比較する上でまず問題となるのがこの「年会費の負担を許容できるかどうか」という点でしょう。

年会費負担のあるクレジットカードを他にも持っているなら、負担が増えても問題ないのか、既存のカードを解約するべきかなどを考えてみなければいけません。

dカード GOLDの年会費が安く感じる理由|簡単に1万円を回収する裏技

ドコモ料金の還元率


画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
ドコモ料金とは携帯料金、ドコモ光の料金の総額を指し、dカードとdカード GOLDで比較するとドコモ料金の還元率が大きく異なります。

dカードの還元率は1%と平凡な還元率で、お世辞にも「高還元率」とは言えません。

しかし、dカード GOLDの還元率は10%とかなり高額。仮にドコモ料金が1万円だったとすると毎月1,000ポイントも還元される計算となります。

これだけ大きな魅力があるのなら、1万円の年会費も決して高いとは言えないでしょう。

ドコモ光ならdカード GOLDを選ぼう!最大10%のdポイント還元でお得

「dカードケータイ補償」の内容

dカードケータイ補償とは、名前の通り携帯電話に万が一のことが起きた時、ドコモが再購入費用の一部を負担してくれるサービスです。

具体的には紛失・盗難・水濡れ・全損時に利用可能で、同一カラーの同一機種を再度購入する場合に限り補償を受けることが可能となっています。

補償自体はdカード、dカード GOLDのどちらにも付帯していますが、補償内容はまったくの別物。

補償額や有効期限に明確な違いがあるため、dカードを使っている方は両カードの補償内容の違いをしっかり比較しておきましょう。

dカード/dカード GOLDの補償を比較
dカード dカードGOLD
対象会員 本会員および家族会員
補償金額 最大1万円 最大10万円
補償期間 購入後1年間 購入後3年間

dカード GOLDの補償額はドコモ料金の還元率と同じく通常のdカードの10倍とかなり高額。

購入金額が10万円前後となることも多い最近のスマホですが、10万円もの補償があればまったく出費をせずに済む可能性が高いです。

補償期間が3年と長い点もdカードとdカード GOLDを比較するにあたって注目しておきたいポイントでしょう。

スマホおかえしプログラムなど魅力的な割引を利用する際の購入方法は大抵2年もしくは3年の分割払いとなります。

そのため、残債を一括払いで精算するなど特殊な例を除くと基本的には最低でも2年は同じスマホを使い続けなければいけません。

ところが、dカードは補償期間が1年と短く、一般的なドコモユーザーの利用実態に合った補償とは言えないのです。

高額機種ほど故障時の負担は大きくなるので、高額機種を使うのならdカード GOLDでしっかり故障対策しておくことをおすすめします。

ケータイ補償サービスとは?店舗が近くにない場合の故障端末の修理方法

年間利用額に応じてプレゼントが貰える

様々な点で違いのあるdカードdカード GOLDですが、中にはdカード GOLDユーザーのみが得られる特典も存在します。

「ご利用額特典」はその最たるものと言えるでしょう。ご利用額特典は年間利用額に応じてプレゼントが貰えるサービスです。

具体的な特典内容は「前年の年間利用額が合計100万円(税込)に達すると10,800円分、200万円(税込)だと21,600円分の特典が貰える」というもの。

特典の内容にはいくつかの選択肢があり、実際に特典を貰う際は以下の中から好きな特典を選ぶことになります。

  • ケータイ新規購入・機種変更時に使える「ケータイ割引クーポン」
  • 日用品から家電まで選べる「dショッピングクーポン」
  • 多数のファッションブランドから選べる「d fashionクーポン」
  • 全国13,000以上のホテル・旅館を予約できる「dトラベルクーポン」
  • ピザ・ハンバーガー・寿司など20ジャンルから出前を頼める「dデリバリークーポン」

クレジットカードの利用頻度や利用額が多い人は、この特典もうれしいのではないでしょうか。

年間利用額100万円と聞くと途方も無い金額のように感じますが、家賃や電気料金などをdカード GOLDで支払うと達成しやすいです。

「ご利用額特典が欲しいけれどなかなか既定の額までカードを使えない」と困っている方は試してみると良いでしょう。

dカード GOLDの年間ご利用額特典は超豪華!申込・確認の手順

国内・海外旅行保険の有無

国内旅行や国内出張であれば保険を付けないことも多いですが、海外へ行くのなら旅行保険は欠かせないものと言えるでしょう。

しかし、dカードには安心の旅行保険が付いているため、旅行や出張で遠方に行く際でも保険に加入する必要がありません。

ただ、この旅行保険はdカード GOLDユーザーのみが受けられる保険なので、その点には注意しておきましょう。

国内旅行保険
担保項目 保険金額
障害死亡保険 5,000万円
障害後遺障害保険 程度によって200~5,000万円
入院保険 日額5,000円
通院保険 日額3,000円
手術給付金 入院保険日額の5倍か10倍
国内航空便の乗継遅延による宿泊・食事費 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費 1万円
手荷物紛失による    〃 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

補償対象となるにはいくつかの条件を満たす必要があるので、ドコモdカードのホームページで確認するといいでしょう。

海外旅行保険
担保項目 本人/家族会員 本人会員の家族
障害死亡 1億円 1,000万円
障害後遺障害 程度により400万~1億円 程度により40~1,000万円
障害・疾病治療費用(1事故/1疾病の限度額) 300万円 50万円
賠償責任(1事故の限度額) 5,000万円 1,000万円
携行品の損害(年間の限度額) 50万円 15万円
救援者費用(年間の限度額) 500万円 50万円
海外航空便遅延費用特約 乗継遅延による宿泊・食事費用2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円
出航遅延・欠航による食事費用1万円

海外旅行保険で特筆すべきなのは、本人と家族会員だけでなく同行している家族も補償対象になるという点です。

dカード GOLDの海外旅行保険は家を出発した日から3ヵ月間有効なので、ロングバケーションでもしっかり補償してくれます。

また、他社のクレジットカードでは移動費の支払いを自社カードで支払うことが保険を受ける条件となっていることも少なくありません。

しかし、dカード GOLDの場合は海外旅行のチケットなどをdカード GOLDで購入していなくても保証対象となります。

この仕様であれば「うっかり保険の適用条件を満たさないまま海外へ行ってしまった」というようなミスも無くなるでしょう。

dカード GOLDに加入する前に知っておくべき海外旅行保険のメリットと注意点

空港ラウンジの利用可否

dカード GOLDを持っていると、国内とハワイの主要空港でのラウンジが無料で使用できます。これぞプレミアムなカードの特典ですね。

空港ラウンジではドリンクサービスも無料ですし、ゆったりと快適にくつろぐことが可能です。

ただ、使用できるラウンジはクレジットカード会社の用意したラウンジのみとなっています。

航空会社の用意したラウンジに関しては使用不可となっているので、ラウンジを使う時は気を付けておいて下さい。

最新の使用可能ラウンジはこちらからご確認ください。
https://d-card.jp/st/services/benefits/airports/index.html

利用出来るキャンペーンが異なる

ドコモではdカード利用者向けのキャンペーンを実施していますが、中にはdカード GOLDだけの特別キャンペーンもあります。

スタンダードなdカード向けのキャンペーンと比べても内容がさらに濃いことが多いですので、これも見逃せません。

キャンペーン内容は時期によって変わりますので、dカードの公式サイトをこまめにチェックしておくようにしましょう。

ドコモのdポイント 得するキャンペーン情報まとめ|2019年12月

dカードとdカード GOLDどちらを持つべき?


画像引用元:dカード | dカード 家族カードのご紹介
前述のように通常のdカードdカード GOLDには様々な違いがあります。

では、dカードとdカード GOLDのどちらを作るか悩んだ時はどのように発行するカードを決めれば良いのでしょうか。

2つのクレジットカードはそれぞれどのような人におすすめなのか、利用用途別に比較してみましょう。

どちらのクレジットカードを発行するべきか決めかねているという方は是非参考にして見て下さい。

ドコモユーザーならどちらがおすすめ?徹底比較

ドコモユーザーにとってお得なクレジットカードはどちらなのか、それはドコモの毎月の料金によって変化します。

既にご紹介した通り、通常のdカードはドコモの利用料金のポイント還元は1%ですが、GOLDカードは10%と10倍もの還元率です。

つまり、毎月のドコモ料金が高ければ高いほどdカード GOLDを利用した方がお得になるわけです。

ただし、dカード GOLDには1万円とやや高額な年会費がかかってしまうというデメリットがあります。

その金額を上回るほどのポイントがもらえるならばdカード GOLDにするメリットは大いにあるといえるでしょう。


画像引用元:dカード | dカードのご紹介
逆に、ドコモの使用料金が毎月5,000~6,000円程度なのであれば、dカード GOLDにするメリットは薄くなります。

例えば毎月のドコモ料金が5,000円だとすると、年間加算ポイントは500×12で6,000ポイントと年会費以下のポイントしか得られません。

仮に年会費1万円にポイントをすべて充てたとしても、4,000円分の赤字という計算になってしまい、大きな損失を被ってしまいます。

同じく毎月のドコモ料金が5,000円でも通常のdカードだと、ポイント還元率1%で年間加算ポイントは50×12で600ポイントです。

しかし、dカードはdカード GOLDと違って年会費が無料なため、単純に600円分お得ということになりますね。

dカード公式サイトを見る

ドコモ光も使っていれば断然ゴールドがおすすめ!


画像引用元:dカード | ドコモのクレジットカード
dカード GOLD公式サイトを見る
dカード GOLDは、ドコモケータイの料金だけではなくドコモ光の料金もポイント還元率が10%になります。

実際にdカード GOLDでドコモ料金を支払うとどのくらいポイントが貯まるのか、シミュレーションをしてみましょう。

  • プラン:カケホーダイプラン(2年間の定期契約あり)
  • パケットパック:ベーシックパック(5GB/ステップ3)
  • ドコモ光セット割:あり

上記の契約だと、ケータイとドコモ光の料金を合わせて毎月の料金総額は11,200円(税抜)となります。

ポイント還元は1,120ポイントで、年間にすると13,440ポイント。年会費の1万円を差し引いても2,640円分のdポイントが手元に残る計算です。

結論として、dカード GOLDのほうがお得なのはドコモの月額料金が8,500円以上の人となります。

カードの利用目的がショッピング中心ならどちらがおすすめ?

dカードを作る目的がショッピングが主なのであれば、先に結論を言うとスタンダードなdカードの方がベストでしょう。

なぜなら、dカードdカード GOLDはショッピング利用時の特典がほぼ同じだからです。

dカード GOLDには1万円の年会費が掛かる一方、年会費が無料なだけスタンダードなdカードの方が間違いなくお得となるでしょう。

出張・旅行によく行く人はどちらがおすすめ?

ドコモ料金の支払いやショッピングだけでなく、頻繁に国内・海外に遠出するという人は、dカード GOLDのメリットが大きくなります。

前述のようにdカード GOLDは国内および海外旅行時の保険が充実しており、万全な備えを持って旅行を楽しむことが可能です。

また、海外旅行時には有料の空港ラウンジを無料で使用できるという特典も付いてきます。

このような旅行保険やラウンジ利用権はdカードには付帯しないため、旅行へ行くことが多いのならdカード GOLDを選んだ方が良いでしょう。

家族カードをつくるならdカード?dカード GOLD?

他社のクレジットカードの中には本カードと家族カードで使える機能が変わることが多いですが、dカードの場合は本カードと家族カードで機能にほぼ違いがありません。

ただ、dカードの家族カードの年会費は基本無料であるのに対し、dカード GOLDの家族カードは1枚目は無料であるものの、2枚目以降は1,000円(税抜)の年会費が掛かってしまいます。

そのため、dカード GOLDの特典にあまり興味が無く、家族カードを複数枚発行するつもりならdカードのほうがお得と言えるでしょう。

逆にdカード GOLDの特典に魅力を感じたり、家族カードを1枚しか作らなかったりといった事情があるならばdカード GOLDを作ることをおすすめします。

以上の点をまとめると、次のようになります。どちらのカードを作るか悩んでいる方は以下の項目を見て自分にはどちらのカードが合っているのか確認してみて下さい。

  1. ドコモ料金(ドコモ光も含む)が月に総額10,000円以上なら「dカード GOLD」、以下なら「dカード」
  2. カード利用が主にショッピングなら「dカード」
  3. カード利用が出張・旅行時に多いなら「dカード GOLD」
  4. 家族カードを複数つくるなら「dカード」
dカード GOLDの家族カードは絶対お得!持つメリットと発行方法

dカード GOLDへアップグレードする方法

dカードを作ったけれど、やっぱりdカード GOLDの方が良いという場合にはカードのアップグレードをしなければいけません。

dカードをdカード GOLDへアップグレードする方法は以下の通りです。

  1. dカード GOLD公式サイトへアクセス
  2. dカードのアップグレード申し込み
  3. 年収等の個人情報を追加入力
  4. 審査完了を待つ

ページの指示に従って手続きを進めるだけで簡単に申し込みを終えられるため、ネットでの手続きに慣れていない方でも問題なくアップグレード出来るでしょう。

万が一、分からないことがあった場合は、ドコモインフォメーションセンターに電話をして質問をしてみて下さい。

必ずアップグレードできるとは限らない

dカードを作った時に審査があったように、dカード GOLDへアップグレードする際にも審査があります。

審査に落ちてしまった場合はdカード GOLDへアップグレードすることは出来ず、今後もdカードを使い続けなければいけません。

とは言え、dカード GOLDは比較的審査が緩いゴールドカードであるため、収入やクレジットヒストリーに問題がなければ大抵は審査に通ります。

審査は最短だと数分で完了するので、審査に受かるかどうか分からないという方は一度アップグレードの手続きをして審査をしてもらってみると良いでしょう。

dカードからdカード GOLDにアップグレードする手順と審査の注意点

dポイントをお得に貯める方法


画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介
「せっかくdポイントを貯めやすいdカードを作るのならお得にdポイントを貯めたい」と考えている方は多いでしょう。

この項ではそんなdポイントを効率良く貯めたい方のためにおすすめのdポイントの貯め方をご紹介していきます。

家族でドコモを使う

最も手っ取り早く、そして最も効率良くdポイントを貯めたいのなら家族でドコモを利用するのが1番です。

dカードdカード GOLDの「ドコモ料金の一部をポイント還元」という特典はその性質上料金が高ければ高いほど貰えるdポイントも増えていきます

請求先をまとめられる家族でドコモを使った場合だと、その分ドコモ料金も増えるので、効率良くdポイントを貯められるのです。

ただ、前述の通りドコモ料金の10%がポイント還元されるdカード GOLDに比べて、dカードはドコモ料金の1%しか還元されません。

そのため、この方法でdポイントを貯める場合は必ずdカード GOLDを作っておくようにしましょう。

また、更に貰えるdポイントが増えるため、自宅の光回線をドコモ光に変えておくことも忘れてはいけません。

ドコモ ファミリー割引とは?家族割の内容とメリット・デメリット

dショッピングを利用する

dショッピングはドコモの運営する総合ECサイトで、dポイントの還元率が高く設定されています。

日用品や服などをdショッピングで購入するようにするとその分dポイントがザクザク貯まるので、dポイントをたくさん貯めたいという方は利用してみると良いでしょう。

また、dゲーム等を展開するdマーケットでは毎月10、20、30日にdポイント20%還元キャンペーンを行っているので、dショッピングと併せて利用することをおすすめします。

ドコモが選ばれる5つの理由とは?使い続けるにはワケがある!

迷ったらdカード、ドコモユーザーは迷わずdカード GOLD

現在ドコモを利用しているのなら、基本的にはドコモ料金に対する還元率の高いdカード GOLDの方がおすすめです。

しかし、年会費の問題など諸事情があるのなら、まずはdカードを作ってみて使い勝手を確かめてみるというのも良いでしょう。

dカードで充分だと思ったのならばdカードを使い続け、やっぱりdカード GOLDの方が良いとなればアップグレードをしてみて下さい。

▼dカードのお申し込みはこちら▼

▼dカード GOLDのお申し込みはこちら▼