ドコモ dカード
読了時間:約 2

dカード GOLDにはさまざまな特典がありますが、なかでも優秀なのが海外旅行保険です。

dカード GOLDに自動付帯され家族特約もあり、補償内容はかなり高い充実度です。

この記事では、dカード GOLDの海外旅行保険について詳細に解説しています。dカード GOLDをフル活用するためにも、海外旅行保険へ行かれる前にはぜひお読みください。

dカード GOLDの海外旅行保険を解説|自動付帯と家族特約で充実した補償内容

今なら新規入会特典もありとてもお得です。
dカード GOLDの入会特典はこちら▽

dカード GOLDの海外旅行保険は優秀

dカード GOLDは年会費が毎年税別で1万円必要となるドコモのゴールドカードです。さまざまな特典や優待が用意されていますが、海外旅行保険の優秀さは際立っています。

充実の補償内容

引き受け保険会社は東京海上日動火災保険株式会社で、責任期間は90日間となっているので、通常の海外旅行には充分対応が可能。まずは以下に挙げた表で、dカード GOLDの海外旅行保険で自動付帯となる補償内容をご覧ください。

本人会員・家族会員 本人会員の家族
傷害死亡 5,000万円(利用付帯で1億円) 1,000万円
傷害後遺障がい 200万円~5,000万円

(利用付帯で400万円~1億円)

40万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用

(一事故/一疾病の限度額)

300万円 50万円
賠償責任(一事故の限度額) 5,000万円 1,000万円
携行品損害(年間限度額) 50万円(自己負担額3,000円/回) 15万円(自己負担額3,000円/回)
救援者費用(年間限度額) 500万円 50万円

dカード GOLDでありがちなトラブルも安心

他のクレジットカードにも海外旅行保険が付帯されたものはありますが、そのなかでもdカード GOLDの保険金額は充実しています。海外旅行でありがちな以下のようなトラブルに対応した補償が、とくに充実しているからです。

  • 傷害治療費用・疾病治療費用:それぞれ300万円
  • 携行品損害:50万円
  • 救援者費用:500万円

渡航費用や滞在費が安くなったため、海外へ気軽に旅行へ出掛けられるようになりました。

けれども海外の医療費は国内とは比較にならないほど高額で、うっかり盲腸にでもなってしまったら100万円以上請求されることはザラなので注意が必要です。

dカード GOLDの海外旅行保険なら傷害・疾病治療費用として300万円まで補償されています。

またカメラを落として壊してしまったり、バッグをひったくられたりすることもよくありますね。こんなときにもdカード GOLDの海外旅行保険で、年間50万円まで補償されるのです。

ただし、1回の事故ごとに自己負担額が3,000円掛かります。

さらに長期入院となった場合、家族が現地へ渡航して宿泊しなければならないこともありますが、救援者費用として年間500万円まで補償されるので安心です。

自動付帯と利用付帯の違いは?

一般的にクレジットカード付帯保険には、自動付帯と利用付帯の2タイプがあり、dカード GOLDの海外旅行保険は、自動付帯となっています。

ここで自動付帯と利用付帯の違いを確認しておきましょう。

自動付帯とは

自動付帯とは、カードを持っているだけで利用できる海外旅行保険です。

別途手続きや登録などを行う必要はなく、旅行代金の支払いをどのクレジットカードで行わなくても構いません。

dカード GOLDの場合は自動付帯なので、カードを持っているだけで自動的に海外旅行保険に入れます。

利用付帯とは

旅行代金などをカードで支払うなど、特定の利用条件満たすことで保険が適用されるものです。

カードを持っているだけでは海外旅行保険に加入できないため、うっかり旅行代金を別のカードで支払ってしまうと、せっかくの付帯保険を利用できなくなります。

簡単に利用付帯をつける方法

うっかり旅行代金を他のカードで支払ってしまった、あるいはマイル獲得のために別のカードを使いたいというような場合でも、あとから利用付帯の条件を満たすことができます。

そのためには、出発日に空港または港湾までの移動に利用した公共交通機関の支払いをdカード GOLDで行うのです。

これだけでdカード GOLDの利用付帯の条件は満たされ、最大限の補償を受けられるようになります。

傷害死亡や傷害後遺障がい補償を高める方法

さきに挙げた表では、dカード GOLDの海外旅行保険で自動付帯となる補償内容を掲載していますが、傷害死亡と傷害後遺障がい補償については、利用付帯で補償額を高めることができるのです。

利用付帯をつけるには、dカード GOLDで旅行代金を支払えばOKで、傷害死亡補償は5,000万円が1億円、傷害後遺障がい補償は200万円~5,000万円が400万円~1億円に増額されます。

家族特約はとてもお得

dカード GOLDの海外旅行保険には、家族特約がついています。

家族特約とは、本人会員の家族にまで補償が適用される特約で、条件を満たしていれば自動的に補償の対象になるのです。

dカード GOLDの海外旅行保険で家族特約の対象となるのは、dカード GOLD本人会員と生計を同一にする「配偶者」「19歳未満で同居の親族」「19歳未満で別居の未婚の子供」となっています。

高校生を含む18歳未満の方はdカード GOLDの家族カードを作ることができないため、家族特約がなければお子さんの補償については別途保険に加入しなければなりません。

けれどもdカード GOLなら家族特約で保障をつけることができるので、みんなで気軽に海外旅行を楽しめるのです。

なお家族特約での補償額は、先に挙げた表にあるように会員に比べると少なくなっています。

高校生を除く18歳以上の方なら、dカード GOLDの家族カードを作っておくことをおすすめします。家族カードは1枚目が年会費無料、2枚目以降は1枚毎に1,080円です。

dカード GOLDなら海外航空便遅延費用特約も付帯

先に挙げた補償だけでもかなり充実したものですが、dカード GOLDではこれに加えて海外航空便遅延費用特約がついているのです。

海外航空便遅延費用特約は、他のクレジットカードには付帯されていないことが多く、dカード GOLDの大きなメリットになっています。具体的な保証内容は以下のとおりです。

  • 乗継遅延による宿泊・食事費用:2万円
  • 手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用:1万円
  • 手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用:2万円
  • 出航遅延・欠航による食事費用:1万円

飛行機の遅延や欠航、手荷物の遅延や紛失は意外とよくあることです。

飛行機の遅延によって乗り継ぎができず、宿泊を余儀なくされたり、手荷物の遅延や紛失で新たに必需品を購入することになったりした場合、規定の金額が補償されます。

この金額は会員と家族のそれぞれに補償されるため、家族4人で旅行した場合、乗継遅延による宿泊・食事費用は最大2万円×4人分の8万円まで補償されることになるのです。

dカード GOLDの海外旅行保険の注意点

とても便利で優秀なdカード GOLDの海外旅行保険ですが、有料の保険と同じというわけにはいきません。注意していただきたい点がいくつかありますのでご紹介しましょう。

医療費キャッシュレスサービスが使えない

医療費キャッシュレスサービスとは、旅先のキャッシュレス提携医療機関で現金を支払うことなく外来診療を受けられるサービスです。

医療費キャッシュレスサービスがない場合、現地の病院でいったん医療費を立て替える必要があります。

あとで保険が適用されて医療費が払い戻されるのですが、一般的に海外の医療費は高額であるため一時的にせよ負担は大きく感じられるものです。

かつては有料の海外旅行保険にしか付帯していなかった医療費キャッシュレスサービスですが、最近では多くのクレジットカードに付帯している海外旅行保険でも使えるようになっています。

現在dカード GOLDは医療費キャッシュレスサービスに未対応ですが、早期の改善が望まれるところです。

補償の適応外があることに注意

dカード GOLDの海外旅行保険はかなり優秀ですが、やはり有料の海外旅行保険に比べると不足に感じられる点がいくつかあります。

たとえば傷害死亡や傷害後遺障がいについては、原因が疾病である場合には補償されません。また疾病治療費用についても歯科疾病や妊娠・出産は対象外となっています。

クレジットカードでの海外旅行保険の場合、これらのような補償適応外となるものがある点に注意する必要があり、無制限の補償を希望するなら、やはり有料の海外旅行保険への加入を検討されることをおすすめします。

別途有料保険に加入せずに補償を手厚くしたいなら

有料の海外旅行保険に別途加入する以外の方法で、補償を手厚くすることができます。

それは海外旅行保険が付保されたクレジットカードを複数枚活用するという方法です。

複数枚のクレジットカードを活用する場合の保険金額は以下のようになります。

  • 死亡保険金・後遺障害保険金:それぞれのカードに付保されている死亡・後遺障害保険金額のうち最も高い額が支払われる。
  • 死亡保険金・後遺障害保険金以外:それぞれのカードに付保されている保険金額を合算した額を上限として保険金が支払われる。

つまり、傷害治療費用や疾病治療費用は、手持ちのクレジットカードの保険金額を合算した額まで補償されるのです。

例えばdカード GOLDのほかに、傷害治療費用の保険金額がそれぞれ200万円のクレジットカードを2枚持っているなら、合計額の700万円までの補償を受けることができるようになります。

なお、保険の付帯条件が「利用付帯」となっているクレジットカードは、条件を満たさなければ補償されないので注意が必要です。

したがってこのテクニックを使うときのクレジットカードは、dカード GOLDのような自動付帯のものを選択するとよいでしょう。

補償以外にもdカード GOLDにはメリットいっぱい

ここまでdカード GOLDの海外旅行保険の内容について詳しくみてきました。

でも、dカード GOLDの海外旅行保険のメリットは補償以外にもいっぱいあるのです。ここからはdカード GOLDのうれしい特典やサービスの内容をみていきましょう。

国内空港ラウンジが無料

dカード GOLDを持っているだけで、全国28ヶ所の空港ラウンジが無料で利用できます

ラウンジの利用方法は、入口でdカード GOLDと当日のフライトチケットの半券を提示すればOK、家族会員も家族カードを提示すれば無料で、同伴者については1名につき1000円程度の料金が必要です。

営業時間やサービス内容はラウンジごとに異なるため、利用前に各航空ラウンジのwebサイトで確認してください。

dカード GOLDで利用できるラウンジは以下のとおりです。

  • 新千歳空港:スーパーラウンジ・ロイヤルラウンジ
  • 函館空港:ビジネスラウンジ A Spring
  • 青森空港:エアポートラウンジ
  • 秋田空港:ロイヤルスカイ
  • 仙台空港:ビジネスラウンジEAST SIDE
  • 成田国際空港:ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ・T.E.Iラウンジ
  • 羽田空港:エアポートラウンジ・SKY LOUNGE・SKY LOUNGE ANNEX・POWER LOUNGE NORTH・POWER LOUNGE SOUTH
  • 中部国際空港:プレミアムラウンジ セントレア
  • 新潟空港:エアリウムラウンジ
  • 富山空港:ラウンジ らいちょう
  • 小松空港:スカイラウンジ白山
  • 伊丹空港:ビジネスラウンジ(ラウンジオーサカ)
  • 関西国際空港:カードメンバーズラウンジ 六甲(北ウイング)金剛(南ウイング)比叡(ターミナルビル3階)アネックス「六甲」(北ウイング)
  • 神戸空港:ラウンジ 神戸
  • 岡山空港:ラウンジ マスカット
  • 広島空港:ビジネスラウンジ
  • 米子空港:ラウンジ DAISEN
  • 山口宇部空港:ラウンジ きらら
  • 徳島空港:エアポートラウンジ ヴォルティス
  • 高松空港:讃岐
  • 松山空港:ビジネスラウンジ・スカイラウンジ
  • 新北九州空港:ラウンジ ひまわり
  • 福岡空港:くつろぎのラウンジ TIME・ラウンジTIME インターナショナル
  • 大分空港:ラウンジ くにさき
  • 長崎空港:ビジネスラウンジ アザレア
  • 熊本空港:ラウンジ「ASO」
  • 鹿児島空港:スカイラウンジ 菜の花
  • 那覇空港:ラウンジ 華 〜hana〜

VJデスク(旅のサポート)が利用できる

海外旅行でわからないことや困ったことがあった際、世界各地のデスクで現地事情に精通した日本語スタッフが電話でサポートしてくれるサービスです。

レストランやツアーのオプションを手配してもらえるなど、言葉が通じなかったり不案内だったりする海外で心強い味方となってくれるVJデスク。

サービスの内容は以下のとおりです。

  • インフォメーションサービス:現地の最新情報、ホテル、レストランの紹介、各種交通機関案内
  • リザベーションサービス:レストラン、オプショナルツアー、レンタカー、各種チケットなどのご予約・手配
  • アシスタンスサービス:ガイド・通訳の手配など、ご旅行やご出張のお手伝い
  • エマージェンシーサービス:dカードやパスポートの紛失・盗難時のサポートなど

海外緊急サービスでさらに安心

海外滞在時にクレジットカードを盗まれたりなくしたりしたら、どうすればいいか分からなくなってしまいますね。

けれども海外緊急サービスを利用すれば大丈夫、オートコレクトコールで24時間・年中無休で受け付けてもらえます

現地まですぐに暫定クレジットカード(緊急カード)を届けてもらえるうえ、必要なら緊急キャッシュサービスとして1,000米ドル相当の現地通貨を用立ててもらえるのです。

なお、緊急キャッシュサービスでは別途利息がかかります。盗難されたり紛失したりしたカードが不正使用された場合でも、届け出日から90日さかのぼり保障を受けられるので安心です。

帰国後、改めてクレジットカードを再発行しますが、dカード GOLD会員なら緊急カード・再発行カードとも無料で作ることができます。

ちなみにdカード会員の場合は、それぞれについてカード発行費用が税抜き1万円ずつ必要です。

dカード GOLDの海外旅行に役立つワザ・番外編

dカード GOLDの海外旅行保険とは別の、海外旅行で役立つ番外編のワザを2つご紹介しましょう。

dカード GOLDでプラチナクーポンをゲット

dカードGOLDで利用できるのはカード会社提携のラウンジのみです。

JALのサクララウンジやダイヤモンドプレミアラウンジ、ANAのSUITE ROUNGEには対応していません。

けれどもdポイントクラブのプラチナステージを達成していれば、JALのサクララウンジを無料で利用できるかもしれないのです。

プラチナステージ達成者が抽選で利用できる特典『プラチナクーポン』の中に、JALのラウンジを利用できるクーポンが用意されています。

抽選なので100%確実に利用できるわけではありませんが、dカード GOLD会員なら比較的容易にプラチナステージを達成できるので、チャレンジしてみる価値はありますよ。

なおプラチナステージは、「ドコモ回線を15年以上利用」「6ヶ月間で10,000dポイントを獲得」のいずれかで達成できます。

海外で現金が必要になったら

海外旅行ではできるだけ現金は持ち歩かず、キャッシュレスで決済するのが常道です。

けれども現金がまったく使わずにすむということはなく、持ち合わせでは足りなくなる場合もありえます。こんなとき、現地で簡単に現金を調達できれば助かりますね。

dカード GOLDの「海外キャッシュサービス」を利用すれば、空港・駅・繁華街などのATMや提携金融機関の窓口でキャッシングを行って、すぐに現地通貨で現金を借り入れることができます

利用できるATMはカードのブランドよって異なり、Mastercard会員の場合は「Mastercard」「Cirrus」、Visaカード会員の場合は「VISA」「PLUS」のマークがあるものです。

dカード GOLDがあれば海外旅行はもっと上質で快適に

dカード GOLDのさまざまな特典のなかでも特に優秀な、海外旅行保険について解説しました。

より安心な利用付帯を簡単につける方法やdカード GOLDが作れない年齢の家族も安心の家族特約のほか、知っておくと役に立つワザなどお役に立てるのではないでしょうか。

dカード GOLDの特典を上手に活用して、もっと上質で快適な海外旅行をお楽しみください

dカード / dカード GOLD入会キャンペーン情報まとめ【最新版】

今なら新規入会特典もありとてもお得です。
dカード GOLDの入会特典はこちら▽

ドコモ dカード GOLDの年会費1万円を払う価値とメリットまとめ

Pocket