読了時間:約 3

dカード GOLDにはさまざまな特典がありますが、なかでも優秀なのが海外旅行保険です。

dカード GOLDに自動付帯され家族特約もあり、補償内容はかなり高い充実度です。

この記事では、dカード GOLDの海外旅行保険について詳細に解説しています。dカード GOLDをフル活用するためにも、海外旅行保険へ行かれる前にはぜひお読みください。

dカード GOLDの海外旅行保険を解説|自動付帯と家族特約で充実した補償内容

今なら新規入会特典もありとてもお得です。
dカード GOLDの入会特典はこちら▽

dカード GOLDの海外旅行保険は優秀

dカード GOLDは年会費が毎年税別で1万円必要となるドコモのゴールドカードです。さまざまな特典や優待が用意されていますが、海外旅行保険の優秀さは際立っています。

充実の補償内容

引き受け保険会社は東京海上日動火災保険株式会社で、責任期間は90日間となっているので、通常の海外旅行には充分対応が可能。まずは以下に挙げた表で、dカード GOLDの海外旅行保険で自動付帯となる補償内容をご覧ください。

本人会員・家族会員 本人会員の家族
傷害死亡 5,000万円(利用付帯で1億円) 1,000万円
傷害後遺障がい 200万円~5,000万円

(利用付帯で400万円~1億円)

40万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用

(一事故/一疾病の限度額)

300万円 50万円
賠償責任(一事故の限度額) 5,000万円 1,000万円
携行品損害(年間限度額) 50万円(自己負担額3,000円/回) 15万円(自己負担額3,000円/回)
救援者費用(年間限度額) 500万円 50万円

dカード GOLDでありがちなトラブルも安心

他のクレジットカードにも海外旅行保険が付帯されたものはありますが、そのなかでもdカード GOLDの保険金額は充実しています。海外旅行でありがちな以下のようなトラブルに対応した補償が、とくに充実しているからです。

  • 傷害治療費用・疾病治療費用:それぞれ300万円
  • 携行品損害:50万円
  • 救援者費用:500万円

渡航費用や滞在費が安くなったため、海外へ気軽に旅行へ出掛けられるようになりました。

けれども海外の医療費は国内とは比較にならないほど高額で、うっかり盲腸にでもなってしまったら100万円以上請求されることはザラなので注意が必要です。

dカード GOLDの海外旅行保険なら傷害・疾病治療費用として300万円まで補償されています。

またカメラを落として壊してしまったり、バッグをひったくられたりすることもよくありますね。こんなときにもdカード GOLDの海外旅行保険で、年間50万円まで補償されるのです。

ただし、1回の事故ごとに自己負担額が3,000円掛かります。

さらに長期入院となった場合、家族が現地へ渡航して宿泊しなければならないこともありますが、救援者費用として年間500万円まで補償されるので安心です。

自動付帯と利用付帯の違いは?

一般的にクレジットカード付帯保険には、自動付帯と利用付帯の2タイプがあり、dカード GOLDの海外旅行保険は、自動付帯となっています。

ここで自動付帯と利用付帯の違いを確認しておきましょう。

自動付帯とは

自動付帯とは、カードを持っているだけで利用できる海外旅行保険です。

別途手続きや登録などを行う必要はなく、旅行代金の支払いをどのクレジットカードで行わなくても構いません。

dカード GOLDの場合は自動付帯なので、カードを持っているだけで自動的に海外旅行保険に入れます。

利用付帯とは

旅行代金などをカードで支払うなど、特定の利用条件満たすことで保険が適用されるものです。

カードを持っているだけでは海外旅行保険に加入できないため、うっかり旅行代金を別のカードで支払ってしまうと、せっかくの付帯保険を利用できなくなります。

簡単に利用付帯をつける方法

うっかり旅行代金を他のカードで支払ってしまった、あるいはマイル獲得のために別のカードを使いたいというような場合でも、あとから利用付帯の条件を満たすことができます。

そのためには、出発日に空港または港湾までの移動に利用した公共交通機関の支払いをdカード GOLDで行うのです。

これだけでdカード GOLDの利用付帯の条件は満たされ、最大限の補償を受けられるようになります。

傷害死亡や傷害後遺障がい補償を高める方法

さきに挙げた表では、dカード GOLDの海外旅行保険で自動付帯となる補償内容を掲載していますが、傷害死亡と傷害後遺障がい補償については、利用付帯で補償額を高めることができるのです。

利用付帯をつけるには、dカード GOLDで旅行代金を支払えばOKで、傷害死亡補償は5,000万円が1億円、傷害後遺障がい補償は200万円~5,000万円が400万円~1億円に増額されます。

家族特約はとてもお得

dカード GOLDの海外旅行保険には、家族特約がついています。

家族特約とは、本人会員の家族にまで補償が適用される特約で、条件を満たしていれば自動的に補償の対象になるのです。

dカード GOLDの海外旅行保険で家族特約の対象となるのは、dカード GOLD本人会員と生計を同一にする「配偶者」「19歳未満で同居の親族」「19歳未満で別居の未婚の子供」となっています。

高校生を含む18歳未満の方はdカード GOLDの家族カードを作ることができないため、家族特約がなければお子さんの補償については別途保険に加入しなければなりません。

けれどもdカード GOLなら家族特約で保障をつけることができるので、みんなで気軽に海外旅行を楽しめるのです。

なお家族特約での補償額は、先に挙げた表にあるように会員に比べると少なくなっています。

高校生を除く18歳以上の方なら、dカード GOLDの家族カードを作っておくことをおすすめします。家族カードは1枚目が年会費無料、2枚目以降は1枚毎に1,080円です。

dカード GOLDなら海外航空便遅延費用特約も付帯

先に挙げた補償だけでもかなり充実したものですが、dカード GOLDではこれに加えて海外航空便遅延費用特約がついているのです。

海外航空便遅延費用特約は、他のクレジットカードには付帯されていないことが多く、dカード GOLDの大きなメリットになっています。具体的な保証内容は以下のとおりです。

  • 乗継遅延による宿泊・食事費用:2万円
  • 手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用:1万円
  • 手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用:2万円
  • 出航遅延・欠航による食事費用:1万円

飛行機の遅延や欠航、手荷物の遅延や紛失は意外とよくあることです。

飛行機の遅延によって乗り継ぎができず、宿泊を余儀なくされたり、手荷物の遅延や紛失で新たに必需品を購入することになったりした場合、規定の金額が補償されます。

この金額は会員と家族のそれぞれに補償されるため、家族4人で旅行した場合、乗継遅延による宿泊・食事費用は最大2万円×4人分の8万円まで補償されることになるのです。

dカード GOLDの海外旅行保険の注意点

とても便利で優秀なdカード GOLDの海外旅行保険ですが、有料の保険と同じというわけにはいきません。注意していただきたい点がいくつかありますのでご紹介しましょう。

医療費キャッシュレスサービスが使えない

医療費キャッシュレスサービスとは、旅先のキャッシュレス提携医療機関で現金を支払うことなく外来診療を受けられるサービスです。

医療費キャッシュレスサービスがない場合、現地の病院でいったん医療費を立て替える必要があります。

あとで保険が適用されて医療費が払い戻されるのですが、一般的に海外の医療費は高額であるため一時的にせよ負担は大きく感じられるものです。

かつては有料の海外旅行保険にしか付帯していなかった医療費キャッシュレスサービスですが、最近では多くのクレジットカードに付帯している海外旅行保険でも使えるようになっています。

1 2