ドコモ dカード
Pocket

読了時間:約 3

dカード GOLD(ゴールド)は、ドコモが提供するクレジットサービスのゴールドカードです。ドコモユーザーにとってdポイントが貯まりやすく、他にも魅力的な特典があり、人気が高い魅力的なdカード GOLD(ゴールド)は加入者も増えています。

しかし、利用状況や生活スタイルが変わることで、dカード GOLD(ゴールド)が不要と考える場合もありますよね。dカード GOLD(ゴールド)をあまり使わなくなったら、まず初めに「解約」を思い浮かべるかもしれません。

しかし、いきなり解約をしてしまうとクレジットカードの契約が終了してしまいます。クレジット機能は必要だけどゴールドカードである必要はない、という方にはdカードへのダウングレードがおすすめです。

ダウングレードをすることで、変わることや注意すべきことがあります。今回はそんなdカード GOLD(ゴールド)からdカードにダウングレードする方法を詳しくご紹介します。

dカードの特徴や特典、持つべきメリットを別記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

ドコモユーザーならdカードを絶対持つべき理由

dカードを利用すれば月々の支払がもっとお得になります。
初年度年会費無料で1度でも利用すれば次年度も無料となり、毎月の通信利用料金の1%をポイント還元、ケータイ補償やお買物などの特典と手厚いのが特長です。
ドコモユーザーなら絶対持っておくことをオススメします!

dカード GOLD(ゴールド)とdカードの違いを知る


ダウングレードを検討する場合、まずはdカード GOLD(ゴールド)とdカードにはどのような違いがあるのかを把握しておきましょう。特にdカード GOLD(ゴールド)は特典も多いので、ダウングレードして自分に必要な特典がなくなってしまうのは避けたいですよね。

また、dカードの特典で十分という場合もあるので、自分の利用状況と照らし合わせて、dカード GOLD(ゴールド)とdカードを比較してみましょう。

dカードとdカード GOLD(ゴールド)の特徴

まずは、dカードとdカード GOLD(ゴールド)の特徴を分かりやすく一覧にして紹介します。基本的なスペック・特典は以下の通りです。

サービス名 dカード dカード GOLD(ゴールド)
入会条件 18歳以上(学生は除く)で安定した継続収入がある方 20歳以上(学生は除く)で安定した継続収入のある方
年会費 初年度無料
2年目以降:1,250円(税抜)
前年度1回以上の利用で無料
10,000円(税抜)
家族カード年会費 初年度無料
2年目以降:400円(税抜)/枚
本会員か家族会員が前年度に1回以上の利用で無料
1枚目無料
2枚目以降:1,000円(税抜)/枚
ETCカード年会費 初年度無料
2年目以降:500円(税抜)
前年度に1回以上の利用で無料
無料
ポイント還元率 1%(100円ごとに1ポイント) 1%(100円ごとに1ポイント)
携帯電話・ドコモ光利用料金のポイント還元率 1%(100円ごとに1ポイント) 10%(1,000円ごとに100ポイント)
ケータイ補償 最大1万円
(購入から1年以内)
最大10万円
(購入から3年以内)
お買物あんしん保険 年間100万円 年間300万円
海外旅行保険 なし 最大1億円
国内旅行保険 なし 最大5,000万円
dカード GOLD(ゴールド)年間ご利用額特典 なし 利用額に応じてコースあり
空港ラウンジ無料特典 なし あり
(全国28ヵ所)
海外レンタカー
優待サービス
あり あり
海外緊急サービス 10,000円(税抜) 無料

ダウングレードは年会費が目安


dカードとdカード GOLD(ゴールド)の違いが前述の一覧表から分かりますが、ダウングレードを考えたとき、年会費の10,000円(税抜)がきっかけとなる場合も多いでしょう。

dカードの初年度無料・2年目以降は1年に1度でも利用すれば無料、というメリットに対し、dカード GOLD(ゴールド)は利用の有無にかかわらず一律10,000円が必要。

この年会費10,000円は、ドコモユーザーであれば、dカード GOLD(ゴールド)の特典である携帯電話やドコモ光の利用料金のポイント還元率の高さでカバーできるのが特徴です。

しかし、ドコモの契約やドコモ光を解約したり、月々のドコモの携帯電話利用料金が少なくなったりと、dカード GOLD(ゴールド)を利用してもポイントが貯まりにくくなる場合もあります。

dカード GOLD(ゴールド)の海外旅行保険や手厚いケータイ補償などのメリットを多く利用している方には、年会費がかかっても魅力的なカードなのでダウングレードはおすすめしません。

しかし、ポイントの獲得をメインとして利用している方には、年会費分のポイントが貯まらないと、毎年10,000円(税抜)の支払いをすることでメリットを感じにくくなるためダウングレードの検討が視野に入ってくるでしょう。

次のページではdカード GOLD(ゴールド)からdカードへダウングレードする際の注意点を解説します。

1 2 3