読了時間:約 2

各社のフラッグシップモデルが名を連ねるなど、人気作が集まったドコモの2019年夏モデル。

その中でもAQUOS R3はXperia ONEと並んで注目度の高い機種と言えるでしょう。

今回はスペックや発売時期などを中心に、気になるAQUOS R3の最新情報をご紹介していきます。

AQUOS R3に機種変更したいと考えている方はもちろん、機種変更する機種をどれにするか悩んでいるという方は是非参考にして見て下さい。

ドコモ 2019年夏モデル情報|おすすめ新機種と発売時期まとめ

画像引用元:AQUOS R3 SH-04L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

ドコモ2019年夏注目モデル「AQUOS R3」


画像引用元:AQUOS R3 SH-04L ドコモの特長|AQUOS:シャープ

Rシリーズの最新作が遂に登場

RシリーズはAQUOSレーベルで開発されるモデルとしては最上位に位置するモデル。

今回発売されたAQUOS R3もそんなRシリーズの伝統を受け継ぐ高性能なスマホとして完成しました。

処理性能の高さはもちろんのこと、カメラスペックもトップレベルの性能に仕上がっており、非常に使い勝手の良いスマホに仕上がっています。

国内モデルということでおサイフケータイなどの所謂「ガラパゴス機能」にもしっかり対応。

これまで日本製のスマホを愛用してきた方の乗り換え先としては、Xperia 1と並んで最高のスマホと言えるでしょう。

2019年夏モデルの中でもトップクラスのコスパ


iPhone XsやGalaxy S10などのメーカーの顔となる機種はどれも高額です。

特に最近は海外製のスマホを中心に価格の高騰が続いており、10万円を超える値付けがされることも珍しくありません

そんな中、AQUOS R3は処理性能やカメラスペックは他社のフラッグシップモデルと同等であるにも関わらず、価格は89,424円(税込)にまで抑えられています。

最高スペックのスマホが欲しいけれど、出来るだけ出費は抑えたい」という方にとってAQUOS R3はうってつけと言えるでしょう。

海外製スマホにも負けないデザイン

日本製のスマホのデザインは「野暮ったい」と言われることが多く、実際に国内でしか売れていない状態が長く続いていました。

ところが、近年は国内メーカー製造のスマホもデザインを重視するようになってきており、優れた外観のスマホが多数リリーズされています。

AQUOS R3はその集大成とも言えるスマホで、海外製のスマホと見比べてもまったく見劣りしません

AQUOS R3の発売時期はいつ?予約は必要?


AQUOS R3はドコモ2019年夏モデルとして発売がアナウンスされた後、6月1日に販売が開始されました。

実店舗では売り切れが頻発していますが、ドコモオンラインショップでは発売以降売り切れになることなく継続して販売が行われています。

売り切れによる予約の再開も行われていないため、AQUOS R3はいつでも購入できると考えておいて良いでしょう。

ただ、2年縛り契約の関係上、月が変わるタイミングで機種変更の受付が殺到するため、場合によってはいきなり在庫切れとなる可能性もあります。

万が一在庫切れとなってしまった場合は、実店舗ではなくドコモオンラインショップでの機種変更を検討してみて下さい。

というのも、ドコモオンラインショップは実店舗に比べて遥かに多い在庫を抱えているため、そうそう在庫切れにはならないのです。

特に地方では人気機種が発売と同時に即売り切れとなることもあるため、住んでいる地域の付近にあるお店に在庫がない場合はオンラインショップを活用してみましょう。

AQUOS R3のスペック


画像引用元:AQUOS R3 SH-04L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

 AQUOS R3
OSAndroid 9
SoCSnapdragon 855
メモリ6GB
ストレージ128GB
外部ストレージ最大512GBまでのmicroSDに対応
ディスプレイ6.2インチディスプレイ(Pro IGZOディスプレイ)
バッテリー3,200mAh
サイズ縦:156mm
横:74mm
厚さ:8.9mm
重量約185g
価格一括払い:89,424円(税込)
スマホおかえしプログラム適用時:59,616円(税込)

トップクラスの処理性能

AQUOS R3が搭載するSoCはハイエンドスマホのほとんどが搭載する「Snapdragon 855」。

以前からクアルコム製のフラッグシップSoCはどんなSoCにも負けない最高のSoCとしての地位を堅持してきましたが、それはSnapdragon 855も例外ではありません。

実際にSnapdragon 855はベンチマークでもAppleの「A12 Bionic」を凌駕するなど、最高性能のSoCとして君臨しています。

更にAQUOS R3は6GBとやや多めのメモリを搭載しており、総合的な処理性能は全スマホの中でもトップクラス。

これだけの処理性能があれば、ブラウジングや動画視聴はもちろんゲームアプリやビジネスソフトもサクサク動かせます

ディスプレイが有機ELではなく液晶である点も処理性能の観点から言えばむしろ利点と言えるでしょう。

というのも、グラフィック処理にSoCのパワーを割かなくていい分、処理性能は同クラスの有機ELディスプレイを装備するスマホより上となるのです。

6.2インチの大型ディスプレイを搭載


前述の通りAQUOS R3はディスプレイにハイエンドスマホの主流である有機ELディスプレイではなく、液晶ディスプレイを搭載しています。

同価格帯の、下手をすればAQUOS R3より安いスマホすら有機ELディスプレイを搭載する中、液晶ディスプレイを搭載したのは一見すると不満の残る点と言えるでしょう。

しかし、AQUOS R3に搭載された液晶ディスプレイは「Pro IGZOディスプレイ」と呼ばれるSHARP独自の技術で作られた超高性能な液晶ディスプレイ。

並の有機ELディスプレイ以上であるのはもちろん、iPhoneやGalaxyに搭載される有機ELディスプレイと比べても同等の美しさを持っています。

また、AQUOS R3はフルディスプレイではなく従来通りのベゼルのあるデザインを採用しています。

これも他のハイエンドスマホとは異なる点で、ベゼルのないデザインが主流となりつつある昨今のトレンドに逆行する形となりました。

ベゼルのあるディスプレイのメリットとしては、「操作性が良い」などが挙げられます。

特に文字を打ち込み時などの操作性はベゼルレスディスプレイより格段に良く、誤動作の原因となるミスタッチもほとんど起こりません。

デザインと操作性のどちらを重視するかは人によって異なりますが、少なくとも実用性が高いのはAQUOS R3のようなベゼルのあるディスプレイでしょう。

バッテリーはやや少な目

意外にもスマホの中で最も消費電力が多い部分はディスプレイです。

AQUOS R3はそのディスプレイが6.2インチと大型であるため、3,200mAhというバッテリー容量はやや少な目と言えるでしょう。

更にAQUOS R3の搭載するディスプレイは消費電力の多い液晶ディスプレイであるため、尚更バッテリーは不足気味となります。

とは言え、4、5時間程度でバッテリー切れを起こすほどではないため、実用性を損なう程とまでは言えません。

一日中充電をすることなくがっつり使う場合はモバイルバッテリーを持ち歩くなどの対策が必要になりますが、日中あまり使わないのであれば問題ないでしょう。

次のページでは、AQUOS R3のカメラスペックをご紹介します。

1 2