読了時間:約 2

2019年10月11日に開催されたNTTドコモの2019年冬春モデル新作発表会にて、待望のAQUOSシリーズ最新機種が発表されました。

今回の記事では気になるドコモ AQUOS zero2 SH-01Mの性能を評価レビューし、「買うべきか?買わなくてもよいか?」について、それぞれの理由を添えて紹介していきます。

画像引用元:2019-20 docomo collection スマホ・ケータイの最新機種特集 | 製品 | NTTドコモ

ドコモのスマホおすすめランキング7選|2019年最新モデル徹底評価

2019年今冬にドコモからAQUOS zero2 SH-01Mが発売

AQUOS zero2 SH-01Mの両面
画像引用元:2019-20 docomo collection スマホ・ケータイの最新機種特集 | 製品 | NTTドコモ
ドコモは2019-2020冬春の新作モデルとして、8種類のAndroid最新機種を発表しました。

その中の1つが、シャープから登場したAQUOS zeroシリーズの新作「AQUOS zero2 SH-01M」です。

AQUOS zeroシリーズは6インチ台の大画面ディスプレイでありながら軽量であるのが特徴のシリーズで、今回のドコモでの取り扱いはシリーズ初となります。

予約開始日・発売日

ドコモではWEB上から予約をすることができます。発売日前に予約をしておくと、発売日に確実にGETすることができるので事前予約がおすすめです。

インターネットで予約して近くのドコモショップで購入、もしくはドコモオンラインショップで予約・購入のいずれかを選ぶことができます。

ドコモオンラインショップであれば自宅受け取りも可能なので、この機会にぜひドコモオンラインショップで事前予約をしてみてください。

気になる予約開始日と発売日は以下のとおりです。

  • 予約開始日:未定
  • 発売日:今冬予定

まだ正式な予約開始日や発売日が発表されていませんが、今冬(11~1月?)に発売予定です。

予約開始は基本的に発売日の発表をした日からスタートなので、今後の動向に注目しておきましょう。

ドコモ2019秋冬モデル|最新機種の発売日・スペック・価格すべて紹介

ドコモ AQUOS zero2の評価【スペック編】

斜め下からみたAQUOS zero2 SH-01M
画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ
発売を今冬に控えたAQUOS zero2について、発表されている仕様から、2018年発売の前作AQUOS zeroの比較を交えて評価していきます。

分類詳細
サイズ未定
重量140g前半
インチ数6.4インチ
カラーアストロブラック、ミスティホワイト
ストレージ256GB
ディスプレイFull HD+/有機ELディスプレイ
デザインマグネシウム合金フレーム
SoCSnapdragon 855
OSAndroid10.0
RAM8GB
その他パラレル充電

まずはスペックについて見ていきましょう。

サイズ・インチ数

AQUOS zero2のサイズ・重量・インチ数は以下のとおりです。

  • サイズ
    未定
  • 重量
    140g前半
  • インチ数
    6.4インチ

インチ数と推定重量は発表されていますが、発表会直後の公式からはサイズに関する発表がありませんでした

しかし6.4インチながら140g前半のサイズは驚きの軽量化です。

前作のAQUOS zeroでは6.2インチ・146gだったので、インチ数が大きくなりつつも多少の軽量化に成功しているようです。

カラー

ドコモでの取り扱いカラーは以下の通りです。

  • アストロブラック
  • ミスティホワイト

シンプルにモノトーンのホワイト・ブラックの2色展開となっています。

前作はアドバンスドブラック1色でしたが今作から新たにホワイトが追加されました。女性にとっても親しみやすい清潔感のあるカラーが印象的です。

ストレージ

取り扱いストレージ容量は256GBのみとなります。

前作のAQUOS zeroの128GBから容量が増量したため、写真やビデオ、ダウンロードデータといったデータ保存容量に関しては心配がありません

データ容量を気にせずに写真やビデオ撮影をすることが可能です。

ディスプレイ

6.4インチのディスプレイには「Full HD+/有機ELディスプレイ」が採用されています。

表示速度が4倍速のディスプレイなので残像感が軽減され、激しいモーションのあるゲームでもくっきりとした表示を続けます。

タッチパネルも高速化したので、素早い高速タッチが実現します。ゲームプレイをする方にとっては有り難い性能です。

デザイン

AQUOS zero2 SH-01Mの両面
画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ
軽量化するために、フレームには強度ながら軽量のマグネシウム合金フレームを採用。

有機ELの特徴を最大限に活かした曲面ディスプレイと背面のラウンド形状が、本体の持ちやすさを実現しています。

背面パネルはカラーがグラデーションになっており、ラウンド形状の上質なデザインを更に引き立てます。

前面ノッチ部分では指紋センサーをディスプレイに内蔵させることで、すっきりとした美しいシンプルなデザインと操作性の向上に貢献しました。

背面のカメラレンズは、前作のAQUOS zeroでは中央で分離されていたカメラ部分が、中央で1つにまとめられたデザインとなりました。

しかしレンズ周辺を黒い縁で囲っていて、特にホワイトカラーだとカメラ部分が目立ったデザインとなってしまいました。

パフォーマンス性能

  • SoC Snapdragon 855
  • OS Android10.0
  • RAM 8GB

前作のAQUOS zeroではSnapdragon 845・RAM6GBが採用されましたが、今作からはどちらもグレードアップ。

軽量ながらCPU性能、RAMともにハイスペックモデルのパフォーマンス性能を備えることに成功しました。

また、発売が今冬と遅れるため搭載OSは最新のAndroid10.0がプリインストールされるそうです。

最新OSをいち早く体感できる機種として、最先端の体験をすることができるでしょう。

高速処理CPUと大容量のRAMがあれば、重い動作のゲームアプリもスムーズに操作することが可能です。

パラレル充電

AQUOS zero2 SH-01Mのパラレル充電を説明する画像
画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

ハイスペックを備えつつも、充電用ICチップを2つ搭載することによって発源熱を分散しています。

充電しながらゲームをしていると加熱することの多いスマートフォンですが、AQUOS zero2では心配せずに充電中もゲームなど処理の重い操作を楽しめます

スペック編まとめ
  • 6.4インチながら140g前半台と操作感が向上
  • 残像感の少ないディスプレイだからゲームプレイ中も映像酔いしにくい
  • パラレル充電によりハイスペックでも発源熱を軽減

ドコモ AQUOS zero2の評価【機能編】

AQUOS zero2 SH-01Mでアクションゲームをする人
画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ
続いてはカメラ機能を中心に、AQUOS zero2に搭載された機能について、前作までの比較を交えて評価をしていきます。

分類詳細
カメラ・標準カメラ
・超広角カメラ
・AI
・光学式手ブレ補正
・大型ピクセルセンサー
映像コンテンツDolby Vision/Dolby Atmos
生体認証・指紋認証
・顔認証

カメラ

AQUOS zero2 SH-01Mの超広角カメラでメリーゴーランドを撮る人
画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

  • 標準カメラ:1,220万画素
  • 超広角カメラ:2,010万画素/視野角125度

アウトカメラはシングルカメラからデュアルカメラ仕様になりました。標準カメラと視野角125度の超広角カメラを搭載しています。

1,200万画素でも高画素数といわれているスマートフォンカメラの中で2,010万画素と驚きの高画素数を採用しています。

被写体の動きを見てシャッタースピードを決定するAI光学式手ブレ補正の2つによって、ブレずにキレイな写真を撮ることができます。

また、大型ピクセルセンサーを搭載しているので薄暗い場所でもブレずに撮影することが可能です。

その他

その他の搭載機能についても確認してみましょう。

映像コンテンツ

従来の50倍以上の、10億色の表現力を持つ有機ELディスプレイなので、映像コンテンツそのものの美しさをそのままに再現します。

さらに、映画館やホームシアターで使用されているDolby Vision/Dolby Atmosに両対応しているので、プロの映像表現を余すことなく楽しめます。

防塵・防水性能

AQUOS zero2はIP65/IP68規格に対応しています。

IP6Xとは、保護度合いを指し、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に商品を8時間入れてかくはんさせ、取り出した時に、内部に塵埃(じんあい)が侵入しない機能を有することを意味します。

IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から1分あたり12.5リットルの水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。
IPX8とは、常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。

ロック解除

ロック解除方法は、ディスプレイ内蔵型の指紋認証または顔認証を選択することができます。

状況や生活シーンに合わせて2種類のロック解除方法が選べるので、セキュリティにも心配がありません。

機能編まとめ
  • カメラは新たにデュアルカメラに
  • 2,010万画素の高画素数・手ブレに強いカメラ
  • Dolby Vision/Dolby Atmos対応でプロの映像を楽しめる
ドコモの機種変更|最新機種でも12万円お得に購入できる方法と時期

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の10%がポイント還元
  • ドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで高ポイント還元
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDはドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカード GOLDの年会費は1万円かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

ドコモ AQUOS zero2の評価【価格編】

パソコンで入力をする人
ドコモの発売価格はまだ正式に発表されていません

前作のAQUOS zeroも同じくハイスペックモデルだったので、販売価格は9万円以上でした。

高コスパ設定が実現されるのであれば8万円台に乗ることも可能ですが、現状では前作の据え置き価格もしくはそれよりも少し上の価格設定と予想されます。

他機種との比較をしてみた

2019年9月に発売されたAppleのiPhone 11と比較して、AQUOS zero2がiPhone 11に優れている点・劣っている点をまとめてみました。

優れているところ

  • ハイエンドスペックモデル・6.4インチの大画面ながら140g台の軽量化に成功
  • 4倍速表示・10億色表示の高性能有機ELディスプレイ
  • 充電用ICチップを2つ搭載し発源熱を抑制
  • 指紋認証・顔認証の2つから選択できる
  • 高画素数の超広角カメラ
  • Dolby Visionの搭載

やはりiPhone 11に引けを取らないハイスペックモデルながら、140g台の軽量モデルであるところが大きなポイントです。

機能は少ないながらも必要な機能をしっかりと搭載しているために軽量化が実現できました。

劣っているところ

  • カメラ機能の不足
  • カラーバリエーション

やはりカメラ機能においてはナイトモードなどを搭載したiPhone 11が一歩上を行く形でしょう。

また、カラーバリエーションが6色展開のiPhone 11と比べると少し物足りなさを感じさせます。

ドコモ AQUOS zero2は買うべき?

人差し指を立てている手
ここまでのAQUOS zero2の評価を受けて、買わない理由・買う理由をまとめてみました。

買わない理由

AQUOS zero2を買わない理由は「機能の少なさ」です。

たとえば機械学習によりユーザーの使用パターンを分析して使いやすさを向上させる・カメラ機能を充実させて撮影シーンの幅を広げるといったことがありません。

スマートフォンとしての機能は十分に備えられていますが、最先端の機能を楽しんでみたい!という方には少々物足りない印象を与えてしまうかもしれません。

これはハイスペックモデルでありながら軽量化に成功させたというメリットによる影響と考えても良いでしょう。

買う理由

AQUOS zero2を買うべき一番大きな理由はやはり「軽量ハイスペックモデルでゲームプレイに適している」ことです。

パフォーマンス性能は前作よりも向上し、更にゲームアプリの動作性や処理能力がUPしたので以前よりも使いやすくなりました。

また、ディスプレイの表示速度の向上により残像感が減少し、ゲーム中の画面酔いが軽減されることも大きなメリット。

充電中にゲームをプレイしていても発源熱が抑えられるので、本体が加熱する心配もありません

ここまでゲームプレイに適したハイスペックを持ちながら、重量は140g台と操作しやすい軽量サイズに成功しました。

6.4インチという大画面でゲームをプレイし、Dolby Atmos/Dolby Visionの高性能な音響・映像技術によってゲームの世界観に没入できるでしょう。

AQUOS zero2はスマートフォンでゲームアプリを楽しみたいという方にとてもおすすめのスマートフォンですよ。

軽量ハイエンドモデルのAQUOS zero2

AQUOS zero2は前作で既に成功していた大画面ながら軽量サイズという特徴を更に向上させたスマートフォンとなりました。

2019年10月上旬の現時点では、サイズや価格といった詳細がまだ未定という状況です。もしかするとまだ発表されていない機能も追加される可能性もあります。

引き続きドコモから新たに発売されるAQUOS zero2の続報を待ち、ぜひ今冬の発売日にGETしてみてくださいね。

ドコモオンラインショップで機種変更|購入→開通までの流れと注意点

オンラインショップの方がお得に機種変更できる?

24時間営業・受付を行うドコモオンラインショップは機種変更時にかかる契約事務手数料が無料となっています。

更に分割支払い時の頭金0円やオプションの加入義務が無いなど金額面でも魅力的なポイントが複数あるのも見逃せません。

このためドコモオンラインショップを利用する事で機種変更時の負担をかなり減らす事が可能となるのです。

機種変更時の負担をなるべく減らす事はもちろん、特典が多いドコモオンラインショップを利用した方が間違いなくお得ではないでしょうか。

ドコモオンラインショップの主要メリット

  • 頭金0円&事務手数料なし
  • 2,750円以上の購入で全国送料無料
  • 受取り方法は自宅or近場のドコモショップで選べる
  • 24時間営業・待ち時間ゼロ
  • dポイントが貯まる・使える
  • 限定キャンペーンに参加できる
  • オペレーターにチャットで相談可能

まだ予約・発売日が発表されていないですが、予約が開始されたら是非オンラインショップで購入してみてください。

▶ドコモ公式オンラインショップを見る

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!