キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 3

AppleCare+に加入していると、2回まで、画面の損傷は3,400円、その他の損傷は11,800円という特別料金で修理してもらえます。AppleCare+に加入していない場合、修理代は以下のようになります。

機種名 画面の破損のみ その他の破損
iPhone XS Max 37,400 円 67,800 円
iPhone XS 31,800 円 62,400 円
iPhone X 31,800 円 62,400 円
iPhone 8 Plus 19,400 円 45,400 円
iPhone 8 16,800 円 39,800 円
iPhone 7 Plus 19,400 円 39,800 円
iPhone 7 16,800 円 36,400 円
iPhone 6s Plus 19,400 円 37,400 円
iPhone 6s 16,800 円 33,800 円
iPhone 6 Plus 16,800 円 37,400 円
iPhone 6 14,800 円 33,800 円
iPhone SE 14,800 円 30,400 円
iPhone 5s、iPhone 5c、
iPhone 5
14,800 円 30,400 円

AppleCare+については、こちらの公式ページから詳細をご覧になれます。
AppleCare+ – iPhone – Apple(日本)

iPhoneの画面割れ・水没|保証が受けられない時の修理費用と時間・手続き

早期発見と申し出が何より重要!


画像引用元:AppleCare+ – iPhone – Apple(日本)

このように、実は初期不良であっても交換というのは中々ハードルが高いのです。初期不良なのに有料で修理なんてなったらとんでもないですよね。

そんな目に合わないために、新しいiPhoneを受け取ったらその場で必ず動作を確認し、少しでもおかしいと感じたら絶対に店員に申し出ましょう。

受け取ったショップを一度出てしまったら、その時点で「アウト」と判定されてしまうことが少なくありません。油断せず、自分が不良品をつかむことがあると、頭の片隅にでも常に置いておくことが重要です。

ハードウェアではなくソフトウェアの不良の場合


画像引用元:AppleCare+ – iPhone – Apple(日本)

ここまで紹介してきたのは、iPhone本体が壊れているというような、ハードウェアに初期不良があった場合についてでした。ボタンの動作がおかしい、ディスプレイ表示に異常があるなど、ハードウェアの不良は比較的見つけやすいものです。

しかし、発見が難しいのがソフトウェアの不良です。つまり、機械の故障ではなく、Appleが提供するプログラムなどがおかしくなっている場合です。

iPhone Xs/Xs MAXに実際に起こっている不具合


画像引用元:iPhone 修理サービス料金 – Apple サポート

iPhone Xs/Xs MAXには、一部で適切に充電ができないという問題が起こりました。なんでも、Lightningケーブルを電源に接続しても、画面がオフの状態だと充電されないのだとか。

一見ハードウェアの不良のようにも思えますが、Appleが提示した解決策はソフトウェアの更新でした。Appleは「iOS12.1」を提供することで解決するそうです。

このように、ソフトウェア関連の不良だった場合は待っていればAppleが解決してくれます。修理に出す必要はありません。

iPhone XRの販売が遅いのはソフトウェアに問題があったから?


画像引用元:iPhone XRを購入 – Apple(日本)

iPhone Xs/Xs MAXの発売日が9月21日なのに、iPhone XRだけ10月26日と1ヶ月以上も離れています。その原因についてはいくつか説があります。

ひとつは、ノッチありの液晶ディスプレイの生産が間に合わなかったという説です。もっともらしく無難な説ですね。

しかし最近になって浮上したのが、iPhone XRに対応するソフトウェアの準備に手間取っているという説です。これも本当かはわかりませんが、本当ならiPhone XR発売後も様々な問題が出てくるかもしれませんね。

iPhone XRの動作におかしいところがあったら、それはひょっとしたらハードウェアではなくソフトウェアの問題かもしれませんね。いずれにせよ、何かあったらその場で即報告というのは忘れないでください。

自力で直そうなんて絶対にしないこと!

不良の原因が何であれ、絶対にやってはいけないことがあります。それは、自力でiPhoneを直そうとすることです。

自分で分解や部品の交換などを行ってしまうと、すべての保証から外れてしまいます。一般の方はもちろん、多少知識や自信があったとしても自力での修理はやめておきましょう。

完全な自己責任になってしまいます。

非正規の修理店にも注意

非正規の修理店に出すのも避けたほうがいいです。正規以外での修理は、やはり保証の対象外になってしまいます。

中には正規の修理よりも安いとか早いといった魅力ある非正規修理店も存在しますが、利用するなら何があっても仕方がないという覚悟が必要になるでしょう。

ドコモ|新型iPhoneへ機種変更時に入るべきスマホの修理・補償
ソフトバンク|新型iPhoneへ機種変更時に入るべきスマホの修理・保証
au|新型iPhoneへ機種変更時に入るべきスマホの修理・補償

初期不良を見つけたらすぐ交換!それがダメなら修理


画像引用元:Genius Barの予約とAppleサポートのオプション – Apple(日本)

いかがでしたでしょうか。初期不良の対応と言っても、ユーザーにできることは限られています。

ずばり、iPhoneを受け取ったらその場で初期不良がないか確認して、あったら店員に申告することです。それでしたら高確率で交換をしてもらえるでしょう。

しかし、一度ショップの外に出るなど、初期不良であることを証明できなくなったら、交換してもらえる可能性はぐっと低くなってしまいます。初期不良なのかユーザーが壊したのかわからなくなってしまうからです。

交換が認められなかった場合は、残念ながら諦めるか修理に出すしかありません。修理代はAppleCare+に加入していると特別価格に抑えることができます。

AppleCare+の料金自体も高いですが、心配な方は加入しておいたほうがいいでしょう。少なくとも、不良品なら簡単に交換してもらえると高をくくるのだけは厳禁です。

それでも簡単に諦めない!


確かに交換のハードルは緩くありませんが、初期不良と一口に言っても症状はそれぞれですので、結局のところはケースバイケースにもなってきます。

ユーザーが壊したとするには無理のある症状だって存在します。最初は大丈夫でも、後から症状が表れることだってあります。そういう場合は、受け取りの直後じゃなくても初期不良が認められることは多々あります。

何かあったら、最初から諦めずにとにかくショップやApple Storeに連絡しましょう。自分で直そうとしたり、非正規の修理店に出そうとしたりするのは最後まで避けましょう。

水濡れ・水没したiPhoneの修理・データ復旧の手段|電源が入らない時の対処法

トップ画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)


1 2