読了時間:約 2

もし大切なiPhoneを落として画面が割れてしまったら、どうしますか?

購入時にアップルケアにもキャリア補償にも加入していなかった場合、どこに修理に出せばいいのでしょうか。

iPhoneの画面割れ修理にかかる費用を安く抑えたい方が修理に出す際の注意点やおすすめのショップを詳しくご紹介します。

落としてiPhoneの画面が割れてしまったらどうすればいい?

iPhoneの画面割れ修理

iPhoneで一番多い修理は「画面割れ」だと言われています。

確かに両面ガラスのiPhoneはふとしたことで手から落ちてしまいそうになります。ケースやカバーを付けずにiPhoneをそのまま使う方ならなおさらでしょう。

もし画面割れをおこしてしまったら、まずは落ち着いてiPhoneの状態を細かく確認することが先決です。

まずは画面割れしたiPhoneの状態を細かく確認しよう

まずは画面割れしたiPhoneの状態を細かく確認しよう
画像引用元:iPhone の画面修理·画面交換 – Apple サポート 公式サイト

iPhoneの画面が割れた場合、どの程度の状態になっているのかを確認しましょう。iPhoneの故障の状態によって修理にかかる料金や日数が変わってきます

割れてしまった画面を慎重に確認し「画面のみが割れた」のか、それとも「液晶画面まで損傷している」のかをチェックしましょう。

iPhoneの画面が割れたときの状態チェック
  • 電源が入るか?
  • 本体が変形していないか?
  • ガラスがどの程度損傷しているか?
  • カメラやマイク、スピーカーに異常はないか?

もし電源が入る場合は、iCloudやiTunesを利用してすぐにデータをバックアップしておきましょう。

動きに問題はないし、画面が割れているくらいなら大丈夫と思うかもしれませんが、そのまま使い続けるうちに損傷が進んである日突然電源が入らなくなる事もあります。

大切なデータが消えてしまうことがないよう、早めにデータのバックアップを行うことが大切です。

電源が入らなかったり液晶パネルやセンサー等に不具合がある場合は、画面割れのみでなく液晶画面やその他の部分まで損傷している可能性が高いです。

画面割れ修理に比べて修理費用が高額になるかもしれません。

保障サービスへ入っているか、保証の期間内かを調べる

保障サービスへ入っているか、保証の期間内かを調べる
画像引用元:AppleCare+ – iPhone – Apple(日本)

iPhoneは年々、本体価格も修理にかかる費用も高額になっています。

修理をするとなればどのくらいの修理費用が必要になるか、気軽に支払える金額で済むのかどうかを調べる必要があります。

iPhoneを購入してから1年以内の自然故障であればAppleの製品保証が利用できますが、製品保証では画面割れなど過失による故障は補償されないので注意しましょう。

iPhoneを購入した際にアップルケアやキャリア補償、その他のモバイル保険に加入しているかどうかを調べましょう。

例えばもしアップルケアに加入しているなら、安い修理費用で画面割れを直すことができます。

モデルアップルケアに加入している場合保証対象外
iPhone XS Max3,400 円37,400 円
iPhone XS3,400 円31,800 円
iPhone XR3,400 円22,400 円
iPhone X3,400 円31,800 円
iPhone 8 Plus、
iPhone 7 Plus
3,400 円19,400 円
iPhone 8、
iPhone 7
3,400 円16,800 円
iPhone 6s Plus3,400 円19,400 円
iPhone 6s3,400 円16,800 円
iPhone 6 Plus3,400 円16,800 円
iPhone 63,400 円14,800 円
iPhone SE、iPhone 5s、
iPhone 5c
3,400 円14,800 円

また、クレジットカードを利用してiPhoneを購入した場合はカードによってはお買い物保険が適用できる場合もあります。

補償内容を確認して、iPhoneの画面割れ修理に利用できるかどうかをチェックしましょう。

画面割れのiPhoneを修理する方法には3つの選択肢がある

画面割れのiPhoneを修理する方法には3つの選択肢がある
画像引用元:ストア一覧 – Apple Store – Apple(日本)

故障したiPhoneを修理する場合「Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダ」「キャリアショップ」「非正規店」の3つの選択肢があります。

Appleと提携している全国のApple 正規サービスプロバイダは「カメラのキタムラ」や「ビッグカメラ」など全国展開しているショップも多いです。

また、iPhoneの販売を行っている大手キャリア3社のドコモ、au、ソフトバンクの一部店舗でも修理依頼することができます。

この「Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダ」「キャリアショップ」の2つは正規店となり、修理の際にアップルケアも適用可能です。

その他のiPhoneやスマートフォン専門の修理店は全て「非正規店」ということになり、修理の際にアップルケアの適用ができません。

もし補償サービスに加入している場合は、保障サービスを利用して正規店で修理を行うほうが安心ですし安い価格で修理できるでしょう。

しかし補償サービスに加入していない場合は、修理にかかる料金の安い非正規店へ修理依頼を検討するのも仕方ありません。

ただ、非正規店で修理を行うと後で正規店での修理が受けられなかったり、メーカー保証が受けられなくなる可能性があることは知っておきましょう。

iPhoneのバッテリー交換はどこで?おすすめショップ3選とかかる費用

iPhoneやスマートフォン専門の「非正規店」へ持ち込んで修理する場合の注意点

iPhoneやスマートフォン専門の「非正規店」へ持ち込んで修理する場合の注意点

iPhoneの画面割れ修理をしたいけれど、保証サービスに加入していないという場合は正規店で高額な修理費用を支払うか、非正規店へ持ち込むことになります。

iPhoneやスマートフォン専門の非正規店は多数あり、だいたいの場合は店舗で即日修理をしてもらうことが可能です。

ただ、Apple は正規店以外にはApple 純正部品を卸さないため、非正規店が修理に利用する部品はApple 純正部品ではないのが特徴です。

そのため、非正規店での修理料金はショップによって利用する部品が違うので価格に差が出てくるのです。

修理料金によっては粗悪品を利用して激安で修理する業者もあるので、安いのが売りの非正規店で修理を行うのは注意が必要でしょう。

iPhone修理工房の評判まとめ|料金や店舗、他業者との比較とは

激安価格を謳っているショップには要注意!価格と品質は比例する

激安価格を謳っているショップには要注意!価格と品質は比例する

画面割れ修理をする場合、修理に出したことによって見た目には綺麗になるかもしれません。

しかし、使ってみるとApple 純正部品とは違って色味が違ったり、耐久性が悪く後で不具合が出るといったことも考えられます。

特にiPhone X以降の機種を利用している場合、全面ディスプレイで有機ELが採用されているため修理代金は高額になっています。

激安価格を謳っているショップの場合はこの有機ELをLCD液晶に変えて修理するので、色味が変わってしまうのです。

また修理するショップの技術力にも差があり、違法な修理を行う業者もいるということを知っておきましょう。

そのうえで非正規店へ修理依頼する場合は、ネットやその他の情報をチェックして大丈夫かどうかを判断することが大切です。

iPhoneの画面割れについてのまとめ
  • 「Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダ」「キャリアショップ」「非正規店」の3つの選択肢がある
  • 「Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダ」「キャリアショップ」の2つは正規店となり、修理の際にアップルケアも適用可能
  • 非正規店で修理を行うと後で正規店での修理が受けられなかったり、メーカー保証が受けられなくなる可能性がある

次のページでは、iPhoneの画面割れ修理を安く抑えたいときのおすすめショップをご紹介します。

1 2