格安SIM・格安スマホ
読了時間:約 2

iPhoneを落としてしまって、画面をバリバリに割ってしまった経験がある方は、多いのではないのでしょうか。また、なにかの拍子にiPhoneを水没させた方もいるかと思います。

残念ながら、このようにご自身の過失や事故によるiPhoneの故障は、保証が受けられないことが多いです。

今回はそんなiPhoneの画面割れ・水没時に、保証が受けられない時の修理費用と時間・手続きなどについて解説したいと思います。

画面割れ・水没は基本的に保証対象外!

新品のiPhoneを購入すると、Apple正規の「Apple製品1年限定保証」がついています。ですが、残念ながらこちらは画面割れや水没時のような過失・事故による故障の場合には適応外となっています。

「画面割れはともかく、水没ならちゃんと乾かせば、水没故障だとわからないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、2006年以降に製造されたiPhoneには水・液体と接触したかどうかを示す「液体侵入インジケータ(LCI)」というものが本体に内蔵されています。

ちょうどリトマス紙のように液体と接触した際にこれが変色し、その後は元の色に戻らないため、水没被害を誤魔化すことは実質不可能です。

そのため、iPhoneの画面割れ・水没故障の修理に関しては、基本的に有料だと思っておいた方が良いでしょう。その有料価格で行ってもらう修理の手続き方法や費用ですが、どこに修理を依頼するかによって、異なってきます。

今回の記事で紹介するiPhoneの修理依頼方法ですが、以下の4つに的を絞って解説をしたいと思います。

  1. Apple Store公式の修理サービス(AppleCare +加入非加入問わず)
  2. 近くのApple正規サービスプロバイダに持ち込む
  3. 携帯キャリアの直営ショップに持ち込む
  4. 非正規の修理業者に依頼する

Apple StoreのGenius Barで依頼する

1つ目の修理方法は、Apple Store内のGenius Barに修理を依頼する方法です。これは公式ストアに依頼する分、最も安心感のある方法でしょう。

Genius Barとは、Apple Store内に設置されているサポートカウンターのことで、Apple製品の不具合であればその場で相談に乗ってくれたり、検証や修理、交換まで行ってもらうことができます。

Genius Barで修理を依頼するには、持ち込み配送のどちらも対応しています。

持ち込みで修理を行ってもらう一番のメリットは、やはり直接サポートスタッフに話を伺えることでしょう。また、修理内容によっては即日で対応をしてくれる場合もあるため、即効性を求める方にはぜひ持ち込みでの修理をおすすめします。

デメリットは、混雑状況によって数時間待たされたり、場合によってはその日の対応を断られてしまう可能性があることです。そのため、Appleが配布しているiPhone用アプリ「Apple Store」などで必ず事前に予約を取るようにしておくと良いでしょう。

また、配送で修理をして貰う場合は、持ち込みよりは日数がかかってしまいますが、近くにApple Storeがない地域の方には助かるサービスでしょう。

配送修理を依頼すると、Apple指定の配送業者がご自宅までiPhoneの集荷に来てくれますので、わざわざ営業所などに持ち込む手間もなくて済みます。

手続きの方法は、持ち込み・配送いずれも以下のページにアクセスし、ご希望の修理形態を選んでください。Apple IDを入力する画面になりますので、そこから手続きを進めていきます。

Apple Store各店の連絡先

Apple Store各店の連絡先は以下の通りです。

店名 電話番号
銀座店 ☎03-5159-8200
新宿店 ☎03-5656-1800
渋谷店(休業中) ☎03-5656-1800
表参道店 ☎03-5656-1800
仙台一番町店 ☎022-722-3001
名古屋栄店 ☎052-238-2400
心斎橋店 ☎06-4963-4500
福岡天神店 ☎092-736-6800

画面割れ・水没時の修理費用

前述したように、基本的にiPhoneの画面割れ・水没修理はAppleの無料保証の対象外と思っておいて、間違いありません。

実際にiPhoneの画面割れについては、Apple公式ページに以下のように記載されています。

画面の修理のほとんどは過失や事故による損傷が原因ですが、過失や事故による損傷は Apple 製品限定保証の対象外ですので、この点あらかじめご了承ください。 (Apple公式|「iPhoneの修理 – 画面の損傷」ページより)

少し回りくどい日本語表現ですが、要するに画面の修理の大抵の場合は、保証対象外扱いである述べています。

そして、その肝心の画面割れ・水没時の有料の修理費用ですが、後述するApple正規サービスプロバイダや各キャリアの直営ショップの場合でも、基本的に修理費用は、Apple Store公式の修理費用に準じています。

そのApple Store公式の修理費用ですが、AppleCare+に加入しているか否かで、大きく修理費用が変わってきます。

画面割れの修理費用

画面割れの修理費用は、AppleCare+に加入している場合は、iPhoneの全モデルともに一律3,400円(税別)で行えます。

それに対してAppleCare+に未加入の場合は修理代金はiPhoneのモデルによって14,800〜31,800円と、以下の表のようになっています。

【AppleCare+に未加入の場合の画面割れ修理費用】

iPhoneのモデル 水没修理価格
iPhone X 31,800円
iPhone iPhone 8 Plus 19,800円
iPhone 8 17,800円
iPhone 7 Plus 19,800円
iPhone 7 17,800円
iPhone 6s Plus 19,800円
iPhone 6s 17,800円
iPhone 6 Plus 17,800円
iPhone 6 14,800円
iPhone SE 14,800円
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
14,800円
iPhone 4s 22,800円

※それぞれ別途に消費税。

繰り返しになりますが、AppleCare+に加入している場合では、一律3,400円(税別)の修理代金で済みます。

また、AppleCare+では過失や事故による損傷では保証期間の2年間のうち、最大2回まで保証対象になります。同じiPhoneを3度も落として画面を割るようなうっかりさんもそう多くはないと思われますし、大抵の方には安心して利用できる保証サービスではないでしょうか。

なお、AppleCare+ に加入しているかどうかわからない場合は、Apple公式のこちらのページから使用している iPhone のシリアル番号を入力することで確認することができます。

水没の修理費用

iPhoneの水没修理に関しては、基本的に交換修理となってしまいます。そのため、当然ながら画面割れ時よりも修理費用は高額になってきます。

AppleCare+に加入していれば、iPhoneの全モデルともに一律11,800円(税別)で交換修理を行うことができます。

それに対してAppleCare+未加入であれば、以下の表のように修理費用は22,800〜60,800円と、かなりの高額になってきます。

【AppleCare+に未加入の場合の水没修理】

iPhoneのモデル 画面の損傷
iPhone X 60,800円
iPhone iPhone 8 Plus 43,800円
iPhone 8 38,800円
iPhone 7 Plus 38,800円
iPhone 7 35,800円
iPhone 6s Plus 36,800円
iPhone 6s 33,800円
iPhone 6 Plus 36,800円
iPhone 6 33,800円
iPhone SE 30,800円
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
30,800円
iPhone 4s 22,800円

※それぞれ別途に消費税。

前述したとおり、AppleCare+では、過失や事故による損傷では保証期間の2年間のうち、最大2回までが保証対象になるので、スマホを水没させてしまいそうな方は、AppleCare+に加入しておいたほうが結果的にお得になるでしょう。

近くのApple正規サービスプロバイダに持ち込む

近くにApple Storeがない!でもできるだけ対面形式で修理を依頼したい!それもApple正規のサービスで!

と言った方におすすめしたいのが、お近くのApple正規サービスプロバイダに持ちこんで修理を依頼する方法です。

Apple正規サービスプロバイダとは、Appleが認可した正規のAppleサービスの提供店のことで、全国の家電量販店などに設置されています。Apple Storeが近くにない地方在住の方でも、正規のApple Store同様のサービスをこれらの店舗で受けることができます。

Apple Storeと同様のサービスを提供しているため、修理費用も当然ながらApple Storeの修理費用に準じています。

なお、お近くのApple正規サービスプロバイダの検索は、こちらのページから行えます。

携帯キャリアの直営ショップに持ち込む

多くの方がiPhoneをドコモ・au・ソフトバンクといった大手3大キャリアのいずれかで利用していると思いますが、これら各キャリアの一部直営ショップでもiPhoneの店頭修理を依頼することができます。

ドコモでの修理

ドコモでは、「ドコモショップ丸の内店」「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」にて、iPhoneの店頭修理を行っています。

水没時など本体交換修理になる場合は、即日もしくは4〜7日で行えます。画面交換修理の場合は、4〜7日間ほどで行えます。

修理依頼をする際は、運転免許証など本人確認書類を持参ください。

修理費用はApple Store公式に準じています。

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

またドコモでは「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」という補償サービスも提供しています。

こちらは月額500〜750円の有料補償サービスで、こちらに加入しておくことと、画面割れや水没の故障時においても7,500円もしくは11,000円で交換修理を受けることができます。

こちらのサービスの加入条件には、iPhoneを購入したその日から14日以内までの申し込みに限られますのでご注意ください。

【連絡先】

  • ドコモの電話から:☎15711
  • 一般電話から:☎0120-210-360

その他My Docomoや実店舗のドコモショップでも交換修理の申込みが可能です。

対象機種 月額料金
iPhone X、iPhone 8
iPhone 8 Plus、iPhone 7
iPhone 7 Plus、iPhone6S
iPhone6S Plus
750円
iPhone SE、iPhone 6
iPhone 6 Plus、iPhone 5s
600円
iPhone 5c 500円

auでの修理

auでは、「auSHINJUKU」「auSENDAI」「auみなとみらい」のiPhone・iPad修理対応店にて、店頭修理を行っています。

水没の場合は本体交換となりますので、在庫があれば即日で行えます。画面交換修理の場合は、3〜5日間ほどで行えます。

修理依頼をする際は、運転免許証など本人確認書類を持参ください。

修理代金はApple正規の価格に準じています。

修理費用はApple Store公式に準じていますが、「auスマートパス」に加入している場合であれば、さらに最大10,000円として2回までは修理代金をサポートしてくれます。

つまり、AppleCare+に加入していてかつ、「auスマートパス」にも加入していれば、水没時でも11,800円の修理代金からさらに10,000円が引かれ、結果的に1,800円で交換修理が行えます。

AppleCare+ & au端末サポート

auにはそれ以外にも「AppleCare+ & au端末サポート」というオプションサービスが用意されています。こちらは月額料金を払うことで、iPhoneの故障時や紛失時に11,800円(税抜)で最短翌日に自宅まで交換機種を届けてくれるといったサービスです。

月額料金は機種ごとによって異なっていますので、以下の表を参照してください。

iPhone機種 月額料金
iPhone X 1,190円
iPhone 8 Plus、 iPhone 7 Plus
iPhone 6s Plus、iPhone 6 Plus
890円
iPhone 8、iPhone 7
iPhone 6s、iPhone 6
790円
iPhone SE 707円
iPadシリーズ 590円

ソフトバンクでの修理

ソフトバンクでは、「ソフトバンク表参道」「ソフトバンクグランフロント大阪店」にて、iPhoneの店頭修理を行っています。

水没時の本体交換修理であれば、在庫があれば即日で行えます。画面交換修理であれば、3〜5日ほどで行えます。

修理費用はApple Store公式に準じています。

なお、こちらの「iPhone 修理時の最適な手続きをシミュレーションする」ページにてご自身にとってどの修理手続きが最適かシュミレーションすることができます。

あんしん保証パック with AppleCare Services

また、ソフトバンクでは「あんしん保証パック with AppleCare Services」という有料オプションサービスによって、画面割れ修理や水没時での交換修理を、それぞれ3,400円11,800円といった格安で行うことができるようになっています。

交換修理の場合でも交換サービスを依頼することで、自宅まで交換機種を直ちに届けてもらうことができるようになっています。

月額料金は機種によって異なっており、iPhone Xでは1,160円、その他iPhone機種では830円となっています。

非正規店での修理

AppleCare+に加入もしていないため、高額な画面割れ修理費用を払うのが難しいという方には、非正規店での画面割れ修理という手もあります。

非正規店で画面割れ修理をする最大のメリットは、なんと言っても安いことでしょう。

特にAppleCare+に非加入の方がiPhoneの画面を割ってしまった場合、正規店での修理だと2〜3万円くらいの出費は覚悟しなくてはなりませんが、非正規店の場合はその半分くらいの費用で直すことができます。

反対にデメリットとしては、非正規店で修理を受けた場合、今後は一切Appleでのサポートや修理を受けられなくなってしまうので、そのあたりは事前に承知した上で行ってください。

非正規店での修理費用は、各店舗によってもまちまちのため一概に言えませんが、画面交換修理であれば、だいたい8,000円から10,000円程度と言ったところでしょうか。多くのお店で、最新のiPhoneになるにつれて、修理代金も高くなるようです。

また、水没に対する修理は、実質バックアップデータを取り出すまでの修理となっていますので、水没して動かなくなったiPhoneを元通り使用できるようになるとは、間違っても思っておかない方が良いでしょう。

画面割れの修理時間は多くの店で、「画面交換修理最短30分〜、45分〜」などと謳っており、だいたい1時間以内に直すことができると思っていいでしょう。

例として、格安iPhone修理を行っているゲオを挙げると、修理費用は以下のようになっています。

修理項目 iPhone 5s iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 7
フロントパネル修理 5,800円 5,800円 6,800円 6,800円 8,800円
水没診断 4,800円 ~ 4,800円 ~ 4,800円 ~ 4,800円 ~ 4,800円 ~

水没診断の代金は安めに設定されていますが、前述したとおり、こちらはあくまでデータを取り出す(バックアップできる状態にする)事を目的とした作業であり、その後のiPhoneの使用については保証していません。

そのため、料金が画面交換よりも安くなっているというわけです。あくまでバックアップのためだと割り切り、その後は使い続けられたらラッキーくらいに思っておくと良いでしょう。

なお、非正規店での修理の手続き方法は、基本的に直接店舗に持ち込めばその場でやってくれます。

上で例に挙げたゲオの場合は、インターネット上から予約をすることもできるので、行っておくと対応がスムーズに進むでしょう。以下のページから手続きの申込みができます。

ゲオモバイルのiPhone格安修理サービス

画面割れ・水没が心配ならとにかくAppleCare+に加入を!

今回は、iPhoneの画面割れ・水没時に、無料の保証が受けられない時の修理費用と時間・手続き方法などを解説いたしました。

何度も本文中で述べている通り、画面割れや水没は1年間の無料保証を受けることができないため、ほぼ例外なく有料での修理となってしまいます。

そしてその有料での修理費用というのは、Apple Storeなど正規店の修理サービスだとかなり高額なため、依頼するときは泣きを見ることになってしまうでしょう。

そのような不測の事態のためにも筆者としてはiPhone購入時にAppleCare+に加入しておくことをおすすめします。

基本的にスマホの画面を割ってしまったり水没させてしまうような方は、過去にも同じような事故を起こしているのではないでしょうか。

ご自身がスマホを大事に使う人間か、はたまた2年間の間に壊してしまう恐れがあるか見極めた上で、自信がなければ迷わずにAppleCare+に加入しましょう。スマホを壊してしまうような方であれば、間違いなく元は取れるはずです。

Pocket