iPhoneの画面割れ修理にかかる費用と安く抑えるときに選ぶおすすめショップ

  • 2021年8月5日
iPhoneの画面割れ修理にかかる費用と安く抑えるときに選ぶおすすめショップ

もし大切なiPhoneを落として画面が割れてしまったら、どうしますか?

購入時にアップルケアにもキャリア補償にも加入していなかった場合、どこに修理に出せばいいのでしょうか。

iPhoneの画面割れ修理にかかる費用を安く抑えたい方が修理に出す際の注意点やおすすめのショップを詳しくご紹介します。

落としてiPhoneの画面が割れてしまったらどうすればいい?

iPhoneの画面割れ
iPhoneの画面割れ

iPhoneで一番多い修理は「画面割れ」だと言われています。

確かに両面ガラスのiPhoneはふとしたことで手から落ちてしまいそうになります。ケースやカバーを付けずにiPhoneをそのまま使う方ならなおさらでしょう。

もし画面割れをおこしてしまったら、まずは落ち着いてiPhoneの状態を細かく確認することが先決です。

まずは画面割れしたiPhoneの状態を細かく確認しよう

iPhone12 Pro Max
まずは画面割れしたiPhoneの確認

iPhoneの画面が割れた場合、どの程度の状態になっているのかを確認しましょう。iPhoneの故障の状態によって修理にかかる料金や日数が変わってきます

割れてしまった画面を慎重に確認し「画面のみが割れた」のか、それとも「液晶画面まで損傷している」のかをチェックしましょう。

iPhoneの画面が割れたときの状態チェック
  • 電源が入るか?
  • 本体が変形していないか?
  • ガラスがどの程度損傷しているか?
  • カメラやマイク、スピーカーに異常はないか?

もし電源が入る場合は、iCloudやiTunesを利用してすぐにデータをバックアップしておきましょう。

動きに問題はないし、画面が割れているくらいなら大丈夫と思うかもしれませんが、そのまま使い続けるうちに損傷が進んである日突然電源が入らなくなる事もあります。

大切なデータが消えてしまうことがないよう、早めにデータのバックアップを行うことが大切です。

電源が入らなかったり液晶パネルやセンサー等に不具合がある場合は、画面割れのみでなく液晶画面やその他の部分まで損傷している可能性が高いです。

画面割れ修理に比べて修理費用が高額になるかもしれません。

保障サービスへ入っているか、保証の期間内かを調べる

保障サービスへ入っているか、保証の期間内かを調べる
画像引用元:AppleCare+ – iPhone – Apple(日本)

iPhoneは年々、本体価格も修理にかかる費用も高額になっています。

修理をするとなればどのくらいの修理費用が必要になるか、気軽に支払える金額で済むのかどうかを調べる必要があります。

iPhoneを購入してから1年以内の自然故障であればAppleの製品保証が利用できますが、製品保証では画面割れなど過失による故障は補償されないので注意しましょう。

iPhoneを購入した際にアップルケアやキャリア補償、その他のモバイル保険に加入しているかどうかを調べましょう。

例えばもしアップルケアに加入しているなら、安い修理費用で画面割れを直すことができます。

モデルアップルケアに加入している場合保証対象外
iPhone XS Max3,400 円37,400 円
iPhone XS3,400 円31,800 円
iPhone XR3,400 円22,400 円
iPhone X3,400 円31,800 円
iPhone 8 Plus、
iPhone 7 Plus
3,400 円19,400 円
iPhone 8、
iPhone 7
3,400 円16,800 円
iPhone 6s Plus3,400 円19,400 円
iPhone 6s3,400 円16,800 円
iPhone 6 Plus3,400 円16,800 円
iPhone 63,400 円14,800 円
iPhone SE、iPhone 5s、
iPhone 5c
3,400 円14,800 円

また、クレジットカードを利用してiPhoneを購入した場合はカードによってはお買い物保険が適用できる場合もあります。

補償内容を確認して、iPhoneの画面割れ修理に利用できるかどうかをチェックしましょう。

画面割れのiPhoneを修理する方法には3つの選択肢がある

画面割れのiPhoneを修理する方法には3つの選択肢がある
画像引用元:ストア一覧 – Apple Store – Apple(日本)

故障したiPhoneを修理する場合「Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダ」「キャリアショップ」「非正規店」の3つの選択肢があります。

Appleと提携している全国のApple 正規サービスプロバイダは「カメラのキタムラ」や「ビッグカメラ」など全国展開しているショップも多いです。

また、iPhoneの販売を行っている大手キャリア3社のドコモ、au、ソフトバンクの一部店舗でも修理依頼することができます。

この「Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダ」「キャリアショップ」の2つは正規店となり、修理の際にアップルケアも適用可能です。

その他のiPhoneやスマートフォン専門の修理店は全て「非正規店」ということになり、修理の際にアップルケアの適用ができません。

もし補償サービスに加入している場合は、保障サービスを利用して正規店で修理を行うほうが安心ですし安い価格で修理できるでしょう。

しかし補償サービスに加入していない場合は、修理にかかる料金の安い非正規店へ修理依頼を検討するのも仕方ありません。

ただ、非正規店で修理を行うと後で正規店での修理が受けられなかったり、メーカー保証が受けられなくなる可能性があることは知っておきましょう。

iPhoneのバッテリー交換はどこで?おすすめショップ3選とかかる費用

iPhoneやスマートフォン専門の「非正規店」へ持ち込んで修理する場合の注意点

Apple Store銀座

iPhoneの画面割れ修理をしたいけれど、保証サービスに加入していないという場合は正規店で高額な修理費用を支払うか、非正規店へ持ち込むことになります。

iPhoneやスマートフォン専門の非正規店は多数あり、だいたいの場合は店舗で即日修理をしてもらうことが可能です。

ただ、Apple は正規店以外にはApple 純正部品を卸さないため、非正規店が修理に利用する部品はApple 純正部品ではないのが特徴です。

そのため、非正規店での修理料金はショップによって利用する部品が違うので価格に差が出てくるのです。

修理料金によっては粗悪品を利用して激安で修理する業者もあるので、安いのが売りの非正規店で修理を行うのは注意が必要でしょう。

iPhone修理工房の評判まとめ|料金や店舗、他業者との比較とは

激安価格を謳っているショップには要注意!価格と品質は比例する

注意点
iPhone修理の注意点

画面割れ修理をする場合、修理に出したことによって見た目には綺麗になるかもしれません。

しかし、使ってみるとApple 純正部品とは違って色味が違ったり、耐久性が悪く後で不具合が出るといったことも考えられます。

特にiPhone X以降の機種を利用している場合、全面ディスプレイで有機ELが採用されているため修理代金は高額になっています。

激安価格を謳っているショップの場合はこの有機ELをLCD液晶に変えて修理するので、色味が変わってしまうのです。

また修理するショップの技術力にも差があり、違法な修理を行う業者もいるということを知っておきましょう。

そのうえで非正規店へ修理依頼する場合は、ネットやその他の情報をチェックして大丈夫かどうかを判断することが大切です。

iPhoneの画面割れについてのまとめ
  • 「Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダ」「キャリアショップ」「非正規店」の3つの選択肢がある
  • 「Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダ」「キャリアショップ」の2つは正規店となり、修理の際にアップルケアも適用可能
  • 非正規店で修理を行うと後で正規店での修理が受けられなかったり、メーカー保証が受けられなくなる可能性がある

iPhoneの画面割れ修理を安く抑えたいときのおすすめショップ

おすすめ
iPhone修理のおすすめショップ

安くて24時間予約受付の「あいさぽ」

安くて24時間予約受付の「あいさぽ」
画像引用元:iPhone修理専門【あいさぽ】ガラス液晶画面 iPhone修理4,980円から即日対応

「あいさぽ」は全国70店舗のiPhone修理専門店です。修理保証は6ヶ月でネットからのWEB予約ができたり、宅配修理も可能。

価格は店舗によって違いますが、新宿本店ならiPhoneXの画面割れ修理で15,800円(有機EL)と安いのが魅力です。

iPhoneの充電ができない時の原因と対処法|修理前に確認すべき設定

「Smart Doctor Pro」

3ヶ月の修理保証の「Smart Doctor Pro」
画像引用元:iPhone修理のスマートドクタープロ(総務省登録修理業者) | スマートドクタープロのiPhone修理(アイフォン修理)について。故障したiPhoneの各種修理メニューや料金、修理保証制度をはじめ、近くの店舗情報など、年間60万件のiPhone修理実績と総務省登録修理業者であるスマートドクタープロのiPhone修理サービスをご覧下さい。

「Smart Doctor Pro」は3ヶ月の修理保証付きのショップで、機種によっては4,800円から画面割れ修理ができます。

iPhoneX以降は有機EL(OLED)パネルで修理してくれるので費用はかかりますが、できるだけ純正部品に近いもので修理をしてもらいたい方にはおすすめです。

即日修理してくれる「ダイワンテレコム」

即日修理してくれる「ダイワンテレコム」
画像引用元:iPhone修理・不具合の解決ならダイワン | 総務省登録修理業者

全国50店舗を展開しているダイワンテレコムは受付から会計まで30分の即日修理を行っています。(6ヶ月の保証サービス付き)

画面割れ修理で新宿本店の場合は例えばiPhoneXなら有機EL使用時19,800円、LCD液晶使用時13,800円と安く修理できます。

修理費用は店舗によって違うので持ち込みたい店舗のページをサイトで確認が必要ですが、有機ELとLCD液晶を選べるので費用を抑えたい人にはおすすめです。

SIMフリー端末の画面割れ・水没|保証が受けられない時の修理費用と時間・手続き

おすすめショップを利用してiPhoneの画面割れ修理にかかる費用を安く抑えよう

再度申請

iPhoneの画面割れ修理といってもモデルによって修理費用は様々です。古いモデルであれば修理費用も安くなりますが、iPhoneX以降のモデルだと構造上高額になります。

その際にアップルケアやキャリア補償に加入していない場合も、おすすめしたショップ等を利用すれば費用を安く抑えて修理を行うことができ安心です。

アップルケアに加入する費用としっかりした品質の部品を使ったショップで画面割れ修理をする費用を比べてみると、そこまで差はありません。

ただし、繰り返し画面を割ってしまう方にはおすすめできません。

画面割れ修理も1度であれば非正規店を利用してかかる費用を安く抑えることもできますが、2度割ってしまうと非正規店で修理するほうが高くなってしまいます。

これまでに何度も画面割れを経験している方は、購入時に忘れずにアップルケアやキャリア補償などに加入するほうがトータルすると得になるでしょう。

また補償サービスに加入していれば、液晶パネルや本体の故障などの画面割れより高額な修理費用がかかる場合においても安心です。

また新しいモデルに次々買い替える方であれば、1度目の画面割れ修理はおすすめショップで費用を安く抑え、次に割れてしまったら諦めて買い替えるほうがお得です。

比較的故障させることが少ない方は、おすすめショップを利用してiPhoneの画面割れ修理にかかる費用を安く抑えて得をしましょう。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
スマホのススメ編集部
スマホやケータイの最新情報や、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルに関する総合情報メディア「スマホのススメ」の制作を監修。スマホのレビューやドコモのお得クレジットカードdカード GOLDについても解説しています。スマホ関連の「分かりづらい内容を分かりやすく」することを目標に、誰でも簡単にお得にできるようにユーザー目線で記事を配信しています。