iPhone 11
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 3

歴代のiPhone比較しておすすめのiPhoneをご紹介します。

歴代のiPhoneの価格・スペック・機能をすべて比較したうえで、おすすめのiPhoneはどれかTOP3もご紹介します。

また、価格の比較はドコモ・au・ソフトバンク・Appleで一覧にしています。

iPhoneをキャリアで安く購入するためのキャンペーンやおすすめのショップについてはこちらでまとめているので、あわせて確認してみてください。

画像引用元:iPhone XRを購入 – Apple(日本)

歴代iPhoneの価格を比較


画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)
これまで発売されてきたiPhoneシリーズの中で、一体どれがおすすめなのでしょうか。まずは価格・サイズ・スペック・機能面で各機種を比較してみましょう。

なお、第1世代のiPhoneは日本で発売されていないため第2世代のiPhone 3Gから2019年モデルのiPhone 11シリーズまで比較していきます。

価格で比較

まずはソフトバンク・ドコモ・auの3大キャリアとAppleから販売されている発売当時の価格で比較してみましょう。

AppleはSIMフリー版として発売しているので、格安SIMを最新版のiPhoneに使うこともできます。

また、3大キャリアからは本体価格とは別に実質負担金で提供しているプログラムも用意されています。

それぞれ異なる条件があるので確認してみてください。

iPhone 11の価格比較
容量64GB128GB256GB
ドコモ87,120円
(58,080円)
95,040円
(63,360円)
106,920円
(71,280円)
au90,720円
(60,480円)
96,480円
(64,331円)
109,440円
(72,960円)
ソフトバンク89,280円
(44,640円)
95,040円
(47,520円)
108,000円
(54,000円)
Apple82,280円87,780円99,880円
iPhone 11 Proの価格比較
容量64GB256GB512GB
ドコモ126,720円
(84,480円)
142,560円
(95,040円)
166,320円
(110,880円)
au127,440円
(84,960円)
144,720円
(96,480円)
170,640円
(113,760円)
ソフトバンク127,200円
(63,600円)
145,920円
(72,960円)
172,320円
(86,160円)
Apple117,480円135,080円159,280円
iPhone 11 Pro Maxの価格比較
容量64GB256GB512GB
ドコモ138,600円
(84,480円)
158,400円
(95,040円)
182,160円
(110,880円)
au140,400円
(93,600円)
159,120円
(106,080円)
185,040円
(123,360円)
ソフトバンク142,560円
(71,280円)
161,760円
(80,880円)
187,680円
(93,840円)
Apple131,780円149,380円173,580円
iPhone XRの価格比較
容量64GB128GB
256GB
ドコモ98,496円
(39,528円)
104,976円
(46,008円)
116,640円
(57,672円)
au98,400円
(49,200円)
104,480円
(52,440円)
116,640円
(58,320円)
ソフトバンク106,560円
(53,280円)
112,800円
(56,400円)
124,800円
(62,400円)
Apple91,584円98,064円109,944円
iPhone XSの価格比較
容量64GB128GB256GB
ドコモ128,952円
(69,984円)
147,096円
(88,128円)
171,720円
(112,752円)
au128,640円
(64,320円)
146,880円
(73,440円)
171,840円
(85,920円)
ソフトバンク136,800円
(63,600円)
155,040円
(81,840円)
180,000円
(106,800円)
Apple121,184円140,184円165,024円
iPhone XS Maxの価格比較
容量64GB128GB256GB
ドコモ141,912円
(82,944円)
160,056円
(101,088円)
184,680円
(125,712円)
au141,600円
(70,800円)
159,840円
(79,920円)
184,800円
(92,400円)
ソフトバンク149,760円
(75,650円)
168,000円
(94,800円)
192,960円
(119,760円)
Apple134,784円153,144円177,984円
iPhone Xの価格比較
容量64GB256GB
ドコモ125,064円
(68,472円)
143,856円
(86,832円)
au128,160円
(64,080円)
146,400円
(82,320円)
ソフトバンク131,040円
(54,000円)
149,280円
(72,240円)
Apple121,824円140,184円
iPhone 8の価格比較
容量64GB256GB
ドコモ88,776円
(31,752円)
106,920円
(50,112円)
au91,440円
(45,720円)
109,680円
(54,840円)
ソフトバンク94,320円
(17,280円)
112,560円
(35,520円)
Apple85,104円103,464円

iPhone 8以前の機種は歴代モデルすべてを発売していたソフトバンクのみの表示とします。

デバイスGBソフトバンク(実質負担金)
iPhone 3G8GB
16GB
69,120円(23,040円)
80,640円(34,560円)
iPhone 3G S16GB
32GB
69,120円(23,040円)
80,640円(34,560円)
iPhone 416GB
32GB
46,080円(11,520円)
57,800円(23,040円)
iPhone 4S16GB
32GB
64GB
46,080円(0円)
57,600円(11,520円)
57,600円(11,520円)
iPhone 516GB
32GB
64GB
51,360円(0円)
61,680円(10,320円)
72,000円(20,640円)
iPhone 5c16GB
32GB
54,480円(0円)
64,480円(4,480円)
iPhone 5s16GB
32GB
64GB
70,080円(0円)
80,400円(10,560円)
90,720円(21,120円)
iPhone 616GB
64GB
128GB
70,080円(0円)
83,280円(12,960円)
94,080円(23,760円)
iPhone 6 Plus16GB
64GB
128GB
83,280円(12,960円)
94,080円(23,760円)
99,360円(34,560円)
iPhone 6s16GB
64GB
128GB
93,600円(15,552円)
106,560円(28,512円)
119,520円(41,472円)
iPhone 6s Plus16GB
64GB
128GB
106,560円(28,512円)
119,520円(41,472円)
132,480円(54,312円)
iPhone SE16GB(旧)
64GB(旧)
32GB
128GB
56,680円(10,800円)
69,840円(16,200円)
64,800円(10,800円)
77,760円(22,680円)
iPhone 732GB
64GB
128GB
256GB
88,080円(10,800円)
-
99,840円(22,320円)
111,840円(34,200円)
iPhone 7 Plus32GB
64GB
128GB
256GB
99,840円(24,480円)
-
114,000円(36,360円)
126,000円(48,240円)
iPhone 8 Plus64GB
256GB
106,080円(29,040円)
124,560円(47,520円)

初の10万円台に突入したのはiPhone6sからになります。iPhone 6sは一番容量の低い16GBも9万円台と、従来のシリーズより高額になった機種です。

そこからはiPhone SEを除いて徐々に本体価格を値上げし、2018年モデルのiPhone XS Maxは64GBで14万円〜となりました。

なお、iPhone XSの廉価版として発売された2018年モデルのiPhone XRは、スペックが向上しつつもiPhone 8/8 Plusの価格と差がないです。

価格が上昇していったiPhoneシリーズですが、2019年のiPhone 11では10万円を切る驚きの価格設定となりました。

パフォーマンス性能等がしっかり向上されながらも、コストパフォーマンスも実現できているモデルであるため人気を呼んでいます。

歴代iPhoneのサイズ・スペック・機能を比較

ディスプレイサイズで比較

続いては歴代iPhoneのサイズで確認していきましょう。ディスプレイのインチ数、本体サイズ、重量をそれぞれ比較してみました。

デバイス名ディスプレイ
iPhone 11 Pro Max6.5インチ
iPhone 11 Pro5.8インチ
iPhone 116.1インチ
iPhone XR6.1インチ液晶(LCD)フルスクリーンディスプレイ
iPhone XS Max6.5インチ有機EL(OLED)Super Retina HD
iPhone XS5.8インチ有機EL(OLED)Super Retina HD
iPhone X5.8インチ有機EL(OLED)Super Retina HD
iPhone 84.7インチRetina HD
iPhone 8 Plus5.5インチRetina HD
iPhone 74.7インチRetina HD
iPhone 7 Plus5.5インチRetina HD
iPhone SE4インチRetina
iPhone 6s Plus5.5インチRetina HD
iPhone 6s4.7インチRetina HD
iPhone 6 Plus5.5インチRetina HD
iPhone 64.7インチRetina HD
iPhone 54インチRetina
iPhone 5c4インチRetina
iPhone 5s4インチRetina
iPhone 43.5インチRetina
iPhone 4s3.5インチRetina
iPhone 3GS3.5インチ液晶
iPhone 3G3.5インチ

女性でも片手で操作しやすいディスプレイサイズは4〜4.7インチと言われています。そのため、iPhone SE/6/7などは特に人気がありました。

映画やYoutubeを見る人やゲームをする人にとって見やすいサイズは5.5インチ〜です。

特に、iPhoneで電子書籍を読む人にとっては大きさがちょうどいいです。

本体サイズで比較

デバイス名サイズ(高さ×幅×厚み)
iPhone 11 Pro Max144.0×71.4×8.1mm
iPhone 11 Pro158.0×77.8×8.1mm
iPhone 11150.9×75.7×8.3mm
iPhone XR150.9×75.7×8.3mm
iPhone XS Max157.5×77.4×7.7mm
iPhone XS143.6×70.9×7.7mm
iPhone X143.6×70.9×7.7mm
iPhone 8 Plus158.4×78.1×7.5mm
iPhone 8138.4×67.3×7.3mm
iPhone 7 Plus158.2×77.9×7.3mm
iPhone 7138.3×67.1×7.1mm
iPhone SE123.8×58.6×7.6mm
iPhone 6s Plus158.2×77.9×7.3mm
iPhone 6s138.3×67.1×7.1mm
iPhone 6 Plus158.1×77.8×7.1mm
iPhone 6138.1×67.0×6.9mm
iPhone 5s123.8×58.6×7.6mm
iPhone 5c124.4×59.2×8.97mm
iPhone 5123.8×58.6×7.6mm
iPhone 4s115.2×58.6×9.3mm
iPhone 4115.2×58.6×9.3mm
iPhone 3GS115.5×62.1×12.3mm
iPhone 3G-

一番ディスプレイサイズが大きいのは6.5インチのiPhone XS Maxですが、本体サイズ自体は5.5インチのiPhone 8 Plusよりも小さくなっています。

これは狭幅設計を採用しているためであり、ディスプレイサイズは進化しながらも本体自体は大きくなりすぎないように配慮されているのです。

重量で比較

デバイス名重量
iPhone 11 Pro Max188g
iPhone 11 Pro226g
iPhone 11
iPhone XR194g
iPhone XS Max208g
iPhone XS177g
iPhone X174g
iPhone 8 Plus202g
iPhone 8148g
iPhone 7 Plus188g
iPhone 7138g
iPhone SE113g
iPhone 6s Plus192g
iPhone 6s143g
iPhone 6 Plus172g
iPhone 6129g
iPhone 5s112g
iPhone 5c132g
iPhone 5112g
iPhone 4s140g
iPhone 4137g
iPhone 3GS135g
iPhone 3G

重量は110〜140gほどであれば片手で操作していたりゲームなどにより長時間持っていても多少の疲れで問題ありません。

しかし、150gを超える機種であると使い始めの頃はその重さになかなか慣れないことがあるかもしれません。

CPUで比較

デバイス名CPU
iPhone 11 Pro MaxNeural Engine搭載
A13 Bionicチップ
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR次世代のNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップ
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XNeural Engineを搭載したA11 Bionicチップ
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 PlusA10 Fusionチップ
iPhone 7
iPhone SEA9チップ
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 PlusA8チップ
iPhone 6
iPhone 5sA7チップ
iPhone 5cA6チップ
iPhone 5
iPhone 4sA5チップ
iPhone 4A4チップ
iPhone 3G SSamsung S5PC100
iPhone 3GSamsung 32-bit RISC ARM

CPUはゲームの動作やアプリの処理能力などの性能に関わる、いわゆるiPhoneの賢さを示す部分です。

AppleはiPhone 4からApple独自開発のCPUチップを搭載していて、その性能はどんどん向上しています。

カメラで比較

デバイス名メインカメラ
iPhone 11 Pro Maxトリプルカメラ
12メガピクセル
iPhone 11 Pro
iPhone 11デュアルカメラ
12メガピクセル
iPhone XRシングルカメラ
12メガピクセル
iPhone XS Maxデュアルカメラ
12メガピクセル
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 Plusシングルカメラ
12メガピクセル
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plusシングルカメラ
8メガピクセル
iPhone 6
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s
iPhone 4シングルカメラ
5メガピクセル
iPhone 3G Sシングルカメラ
3メガピクセル
iPhone 3G-

カメラはシングルカメラからデュアルカメラ、トリプルカメラに新しく進化しました。

これにより、アプリを使用しなくてもより美しい繊細な写真や夜間でもはっきりと被写体を写した写真を撮ることができるようになりました。

解像度で比較

デバイス名画面解像度
iPhone 11 Pro Max2,688×1,242ピクセル
458ppi
iPhone 11 Pro2,436×1,125ピクセル
458ppi
iPhone 111,792×828ピクセル
326ppi
iPhone XR
iPhone XS Max2,688×1,242ピクセル
458ppi
iPhone XS2,436×1,125ピクセル
458ppi
iPhone X2,436×1,125ピクセル
458ppi
iPhone 8 Plus1,920×1,080ピクセル
401ppi
iPhone 81,334×750ピクセル
326ppi
iPhone 7 Plus1,920×1,080ピクセル
401ppi
iPhone 71,334×750ピクセル
326ppi
iPhone SE1,136×640ピクセル
326ppi
iPhone 6s Plus1,920×1,080ピクセル
401ppi
iPhone 6s1,334×750ピクセル
326ppi
iPhone 6 Plus1,920×1,080ピクセル
401ppi
iPhone 61,334×750ピクセル
326ppi
iPhone 5s1,136×640ピクセル
326ppi
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s960×640ピクセル
326ppi
iPhone 4
iPhone 3G S480×320ピクセル
163ppi
iPhone 3G-

iPhone Xからあまり進化していませんが、iPhoneといえば表示の綺麗さが売りの一つなので、申し分なく綺麗です。

最新機種として、他Android機種と比較をしても全く劣っている数値ではありません。

機能で比較

最後は機能で比較していきましょう。Appleにはセキュア認証制度など、多くの機能が備え付けられています。

ここでは機能ごとに分けて解説していきます。

歴代iPhoneの機能
  • 防塵・防水性能はiPhone 7から搭載
  • 充電ケーブルはiPhone 5からLightning端子に変更
  • Apple PayもiPhone 6からサービスが開始
  • iPhone 5sから指紋認証、iPhone Xから顔認証
  • iPhone 8からワイヤレス充電が可能に

防塵・防水性能

iPhone 7から防塵・防水性能が搭載されました。IP67とは、防塵レベルが6、防水レベルが7であることを示しています。

防水レベルが7であれば、水深1mに30分浸けていても動作に問題がないと認証されているので水場でも安心して使えます。

ただし完全防水ではないので、洗浄したりお風呂やプールで水に浸けておくことはおすすめしません。

コネクタ・Apple Pay

充電ケーブルはiPhone 5からLightning端子を使用しています。新型iPhoneからはAndroidと同じUSB-C端子になるのではないかという情報もあります。

Suicaやクレジットカードなどを登録することでiPhoneひとつで支払いができる電子PayサービスApple PayもiPhone 6からサービスが開始しました。

セキュア認証

セキュア認証では、これまでiPhone 5sから親しまれていた指紋認証がiPhone X以降から廃止され顔認証に変更となりました。

よりセキュリティ管理が向上したとは言われていますが、指紋認証と比べると使い慣れるのに時間がかかるタイプの認証システムです。

ワイヤレス充電・高速充電

これまでLightningケーブルの有線充電しかできませんでしたが、iPhone 8からはQi搭載のワイヤレス充電器に載せるだけで充電ができるようになりました。

また、30分で最大50%を充電できる高速充電に対応したので、急いでいる時にもしっかりと充電を確保することができるようになりました。

歴代iPhoneでおすすめの機種TOP3

価格・サイズ・スペック・機能について比較してきました。ここでは、おすすめのiPhone機種ベスト3を発表します。

iPhoneを買うなら一体どのモデルがいいのか?と悩んだときはぜひこちらを参考にしてみてください。

おすすめiPhoneTOP3
  1. iPhone 11
    高いコストパフォーマンスを実現できている
  2. iPhone XR
    高額・高スペックのiPhone XSの廉価版
  3. iPhone 8
    型落ちモデルとして大幅値下げがされている

1位:iPhone 11

iPhone 11
画像引用元:iPhone 11 新型デュアルカメラ搭載|au

おすすめのiPhone機種第1位は2019年に発売されたiPhone 11です。

2019年秋に発売されてまだ間もないiPhone 11は、何よりも高いコストパフォーマンスを実現出来ているところがおすすめの理由です。

iPhone 11はCPU性能が更に向上し、カメラのナイトモード機能など新たな機能も追加されています。

前作のiPhone Xシリーズよりもパフォーマンス性能が優れているとなると気になるのが価格ですが、なんと128GBでも10万円を切る驚きの安さです。

近年は64GBのモデルでも10万円台を維持していたiPhoneシリーズでしたが、ここにきて安くて良いモデルを発売してくれました。

2位:iPhone XR


画像引用元:iPhone XRを購入 – Apple(日本)
おすすめのiPhone機種第2位は2018年に発売されたiPhone XRです。

高額・高スペックのiPhone XSの廉価版と言われています。

iPhone XRはiPhone XSなどに比べ価格が抑えられていて、比較的従来のシリーズの価格と変わらないため手に入れやすいです。

また、CPUはiPhone XS/XS Maxと同じ最新のA12 Bionicチップを搭載しているので、廉価版ながらその動作処理能力は最高度です。

気になるCPU性能はA9チップと比べ100%向上しているので、ゲームアプリをよく利用するという方に特におすすめです。

よりなめらかな操作感でゲームを楽しむことができ、ディスプレイサイズも6.1インチとiPhone 8 Plusよりも大きいのでコスパが非常に良い機種です。

3位:iPhone 8

iPhone 8|iPhone|NTTドコモ
画像引用元:iPhone 8|iPhone|NTTドコモ

おすすめのiPhone機種第3位は2017年に発売されたiPhone 8です。

型落ちモデルとして大幅値下げがされているのでおトクに購入できます。

iPhone 8はA11 Bionicチップを搭載しており、A9チップに比べCPU性能が75%向上しているところがポイントです。

また、64GB・256GBの容量で提供されているので、32GB・128GBのiPhone 7よりも容量がちょうどいい64GBがあるので人気があります。

iPhone 8/8 Plusは指紋認証でロック解除ができる一番最新のモデルになるので、スペックも十分でサイズもそれほど大きくなく使いやすいと人気です。

iPhoneを選ぶ際の注意点

一つ覚えておきたい注意点について紹介します。それはAppleが提供するiOSです。

iOSは定期的にアップデートされ、それに伴い各アプリもiOSに合わせてアップデートがされます。

もしも購入したいiPhoneが5や6など少し古い機種の場合、最新のiOSに対応可能であるかを確認する必要があります。

最新iOSに対応できないと使いたいアプリが最新iOSにアップデートされてしまい使えなくなる可能性があります。

2020年春にiPhone SEの後継機が発表?

iPhone SE
画像引用元:iPhone SE | iPhone | NTTドコモ
2019年にiPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxが発売してから半年が経ちました。今年2020年も、新型iPhoneが発売予定とされています。

新型iPhoneは以下の機種が発売予定です。

  • 機種名:iPhone SE2(予想)
  • 発売日:4月以降(予想)

2016年モデルとして登場したiPhone SEの後継機として登場します。

iPhone X以降廃止となってしまったホームボタンや指紋認証が、iPhone SE2(仮)から復活するのではないかという情報もあります。

シンプルな機能と操作性を重視したい方に

iPhone SEはそのサイズ感から、片手で気軽に操作できると人気がありました。

また、厚みを出すことでしっかりと握りやすく落下の可能性も低くなっています。

胸ポケットにも入れられるため、仕事用として愛用していたユーザーも多かったです。

iPhone SE2(仮)ではそのデザイン性が引き継がれるのではないかと言われています。

iPhone X以降は顔認証メインとなったため、ホームボタンは廃止となりました。

しかし指紋認証の利便性から、ホームボタンの復活を望む声も少なくありません。

iPhone SE2(仮)ではユーザーの声を受けて、ホームボタンが復活する可能性が高いそうです。

iPhone SE2(仮)の噂や発売日の予想などの最新情報はこちらの記事でまとめているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

オンラインショップで型落ちiPhoneが安くなる?

今回ランキングで紹介したiPhoneシリーズの中には、2017年や2018年に発売されたものもありましたね。

ドコモが公式で運営するドコモオンラインショップでは、型落ちモデルの在庫を売り切るために特別な割引キャンペーンを実施することが多いです。

在庫限りで機種代金から10,000円以上割り引かれるなんてことも全然あります。

iPhoneの型落ちモデルは発売当時の価格より更に値下げされるだけでなく、ドコモオンラインショップで特別な割引を受けられるので、チェックしてみて下さいね。

>ドコモ公式オンラインショップを見る

2017年〜2019年モデルがおすすめ

ここまで、歴代iPhoneの比較とおすすめ機種ベスト3を紹介しました。やはり性能において大きく向上した2017年〜2019年モデルがおすすめです。

本体価格はスペック・機能の進化に伴い少しずつ値上がりしていますが、型落ちすると値下げされるのでこのタイミングで購入してみることをおすすめします。