iPhone
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 3

iPhoneは日本国内だけでなく、世界中にファンを抱えています。

毎回新機種の発表は多くの人に注目され、話題になるほどです。

そこで今回は、「スマホおすすめランキングiPhone編」と名付け、人気機種をピックアップし発表していきます。

どのiPhoneを購入すれば良いか悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

歴代のiPhoneのサイズ・価格・性能を比較したい方は、こちらを確認してください。

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

スマホおすすめランキング|iPhone編【コスパ】

ここからは、おすすめのiPhoneをコスパに優れた順に、ランキング形式で発表していきます。

1位:iPhone SE(第2世代)

iPhone SE 64GB(第2世代)
画像引用元:iPhone SE 64GB(第2世代)

iPhone SE(第2世代)64GBのスペック・機能・価格
本体サイズ約138.4(H)×約67.3(W)×約7.3(D)mm
画面サイズ4.7インチ
重量148g
ボディカラー・ホワイト
・ブラック
・プロダクトレッド
RAM/ROMRAM未公表/64GB
OSiOS 13~
CPUA13 Bionic
バッテリー容量未公表
※iPhone 8とほぼ同じ
通信速度受信実効速度:154Mbps~298Mbps/4G(LTE)
送信実効速度:21Mbps~38Mbps/4G(LTE)
※ドコモHP「iPhone<エリア」より
※Wi-Fi 6&ギガビット級LTE対応
カメラ・広角:1200万画素
・インカメラ:700万画素
ディスプレイRetina HDディスプレイ
生体認証・Touch ID(指紋認証)
販売価格(税込)ドコモ:57,024円
au:55,270円
ソフトバンク:57,600円

iPhone SE(第2世代)は、2020年5月11日に発売開始される新機種です。

4.7インチのRetina HDディスプレイを搭載しており、鮮やかに映し出します。

そして、iPhone SE(第2世代)最大の特徴は、CPUがiPhone11 Proと同じA13 Bionicチップを搭載していることです。

これはスマートフォンのなかで最速のチップであり、あらゆる操作を快適に行うことが可能。

また、カメラについてはシングルカメラではありますが、ポートレートモードを搭載していますので背景をぼかし被写体を際立たせることができます。

深度コントロールもシンプルなスライダーで調整でき、写真を撮った後でも変化をつけられるので、誰でも思いのままに美しい仕上がりに。

そして、iPhone SE(第2世代)は久しぶりにホームボタンを採用したことでも注目されています。

そのため、ロック解除やアプリへのサインインなどはTouch IDで行います。

コストパフォーマンスに優れており、高性能にも関わらず5万円台から購入可能です。

2位:iPhone 11

iPhone 11 64GB
画像引用元:iPhone 11 64GB

iPhone 11 64GBのスペック・機能・価格
本体サイズ約150.9(H)×約75.7(W)×約8.3(D)mm
画面サイズ6.1インチ
重量194g
ボディカラー・パープル
・ブラック
・グリーン
・イエロー
・ホワイト
・プロダクトレッド
RAM/ROM4GB/64GB
OSiOS 13~
CPUA13 Bionic
バッテリー容量3110mAh
※他社ベンチマークスコアより
通信速度受信実効速度:154Mbps~298Mbps/4G(LTE)
送信実効速度:21Mbps~38Mbps/4G(LTE)
※ドコモHP「iPhone<エリア」より
カメラ・広角:1200万画素
・超広角:1200万画素
・インカメラ:1200万画素
ディスプレイLiquid Retina HDディスプレイ
生体認証・Face ID(顔認証)
販売価格(税込)ドコモ:87,120円
au:88,992円
ソフトバンク:89,280

iPhone11は、すべてがパーフェクトなバランスで搭載されている人気機種です。

デュアルカメラを搭載しており、「下手な写真を撮るのが、さらに難しくなりました」というキャッチフレーズが付くほど性能に優れています。

超広角カメラを使うことで、これまでよりも4倍広いシーンを撮影できますので、壮大な景色や集合写真を撮る際、大いに活用できます。

また、ナイトモードが搭載されたことで、明るさが足りない場所でもフラッシュを使わずに美しい写真撮影が可能。

ポートレートモードも搭載されていますので、まるでプロのカメラマンが撮影したような写真が誰でも撮れます。

カラー展開も豊富なので、好みに合わせられるのも嬉しいポイント。

価格は8万円台からとなっており、性能から比較してコストパフォーマンスに優れたiPhoneといえるでしょう。

3位:iPhone 7

iPhone 7 32GB
画像引用元:iPhone 7 32GB

iPhone 7 32GBのスペック・機能・価格
本体サイズ約138.3(H)×約67.1(W)×約7.1(D)mm
画面サイズ4.7インチ
重量138g
ボディカラー・ブラック
・シルバー
・ゴールド
・ローズゴールド
RAM/ROM2GB/32GB
OSiOS 13~
CPUA10 Fusionチップ
バッテリー容量1960mAh
※他社ベンチマークスコアより
通信速度受信実行速度:154Mbps~298Mbps/4G(LTE)
送信実行速度:21Mbps~38Mbps/4G(LTE)
※ドコモHP「iPhone<エリア」より
※受信時最大:375Mbps/4G(LTE)
カメラ・標準:1200万画素
・インカメラ:700万画素
ディスプレイRetina HDディスプレイ
生体認証・Touch ID(指紋認証)
販売価格(税込)ドコモ:43,560円
ソフトバンク:39,600円

iPhone7は、2016年9月16日に発売された機種で、長きに渡り多くの人に愛されている人気商品です。

4.7インチのRetina HDディスプレイを搭載しており、耐水・防塵性能に長けたiPhoneになります。

1200万画素のカメラを搭載しているので、綺麗な画質の写真を撮影できます。

また、長時間駆動するバッテリーを搭載しているので、外出時も充電切れの心配が少ないです。

ドコモでは在庫切れとなっていますので、入荷情報をチェックしておきましょう。

ソフトバンクでは、39,600円から購入可能です。

スマホおすすめランキング|iPhone編【最安】

大手携帯キャリアである、ドコモ・au・ソフトバンクから発売されているiPhoneにおいて、安いものをランキングで発表していきます。

1位:ソフトバンク iPhone7

iPhone 7 32GB
画像引用元:iPhone 7 32GB

各キャリアのなかで、ソフトバンクから発売されている「iPhone7」が最安です。

ソフトバンクのiPhone7は、32GBで39,600円にて発売されています。

48回の分割払いで購入すると、月々の端末代は825円になりますので、お得に使用することが可能です。

ただし、在庫が有ったり無かったりする状態なので入荷情報を随時チェックしておきましょう。

>ソフトバンク公式オンラインショップで「iPhone7」を見る

2位:ドコモ iPhone7

iPhone 7 32GB
画像引用元:iPhone 7 32GB

ドコモからもiPhone7は発売されており、ソフトバンクよりは高くなりますが、32GBで43,560円から発売されています。

しかし、ドコモでは月々かかるプランの料金を減らせるキャンペーンや、乗り換え時のお得なキャンペーンが豊富なので、適用後の価格ではこちらのほうが安くなる可能性は高いです。

ドコモのスマホへ機種変更・新規・乗り換えがお得になる方法と、月額料金を安くする方法はこちらからご確認ください。

ドコモでもソフトバンクと同様に在庫が有ったり無かったりする状態なので、入荷情報を随時チェックしておきましょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone7」を見る

3位:au iPhone8

iPhone 8 64GB
画像引用元:iPhone 8 64GB
auから発売されているiPhone8は、64GBで58,320円になります。

ソフトバンクでも同じ価格で発売されていますが、在庫がない状態なのでauをピックアップしました。

iPhone8は、価格が安く高性能な機種なので、ぜひ注目してください。

>au公式オンラインショップを見る

スマホおすすめランキング|iPhone編【高性能】

iPhone11
画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

ここからは、おすすめのiPhoneを性能が優れた順にランキング形式で発表していきます。

1位:iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Pro Max 64GB
画像引用元:iPhone 11 Pro Max 64GB

iPhone 11 Pro Max 64GBのスペック・機能・価格
本体サイズ約158.0(H)×約77.8(W)×約8.1(D)mm
画面サイズ6.5インチ
重量226g
ボディカラー・ミッドナイトグリーン
・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド
RAM/ROM4GB/64GB
OSiOS 13~
CPUA13 Bionic
バッテリー容量3969mAh
※他社ベンチマークスコアより
通信速度受信時最大:1388Mbps/4G(LTE)
送信時最大:131.3/4G(LTE)
※ドコモHP「iPhone<エリア」より
カメラ・広角:1200万画素
・超広角:1200万画素
・望遠:1200万画素
・インカメラ:1200万画素
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ(OLED)
生体認証・Face ID(顔認証)
販売価格(税込)ドコモ:138,600円
au:140,400円
ソフトバンク:142,560円

iPhone 11 Pro Maxは、2019年9月20日に発売された機種です。

超広角・広角・望遠のトリプルレンズカメラを採用しているのが特徴で、ナイトモードを搭載しているので明るさが足りない場所でもベストショットが撮れます。

また、iPhone 11 Pro MaxはiPhone史上最も鮮やかな6.5インチのSuper Retina XDRディスプレイを採用。

動画など映像を楽しむ際、高精細な視聴を実現しています。

また、CPUにはスマートフォンのなかで最速となる「A13 Bionicチップ」を搭載しているので、ゲーム・AR・写真などでかつてない体験を可能にします。

さらに、一日中持続するバッテリーや新たなレベルの耐水性能など、まさに「Pro」と呼ばれるにふさわしいパワーを持つ初めてのiPhoneといっても過言ではないでしょう。

2位:iPhone 11 Pro

iPhone 11 Pro 64GB
画像引用元:iPhone 11 Pro 64GB

iPhone 11 Pro 64GBのスペック・機能・価格
本体サイズ約144.0(H)×約71.4(W)×約8.1(D)mm
画面サイズ5.8インチ
重量188g
ボディカラー・ゴールド
・ミッドナイトグリーン
・シルバー
・スペースグレイ
RAM/ROM4GB/64GB
OSiOS 13~
CPUA13 Bionic
バッテリー容量3046mAh
※他社ベンチマークスコアより
通信速度受信時最大:1388Mbps/4G(LTE)
送信時最大:131.3/4G(LTE)
※ドコモHP「iPhone<エリア」より
カメラ・広角:1200万画素
・超広角:1200万画素
・望遠:1200万画素
・インカメラ:1200万画素
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ(OLED)
生体認証・Face ID(顔認証)
販売価格(税込)ドコモ:126,720円
au:127,440円
ソフトバンク:127,200円

iPhone 11 Proは、上記で紹介したiPhone 11 Pro Maxと機能面はほぼ同じです。

サイズがiPhone 11 Pro Maxよりも小さくなり、それに伴いディスプレイは5.8インチとなります。

搭載しているCPUも同じなので、その処理能力は素晴らしいです。

iPhone 11 Pro Maxほど大きな画面にこだわらない場合は、iPhone 11 Proがおすすめ。

価格もiPhone 11 Pro Maxに比べて2万円ほど安くなります。

3位:iPhone 11

iPhone 11 64GB
画像引用元:iPhone 11 64GB

iPhone 11 64GBのスペック・機能・価格
本体サイズ約150.9(H)×約75.7(W)×約8.3(D)mm
画面サイズ6.1インチ
重量194g
ボディカラー・パープル
・ブラック
・グリーン
・イエロー
・ホワイト
・プロダクトレッド
RAM/ROM4GB/64GB
OSiOS 13~
CPUA13 Bionic
バッテリー容量3110mAh
※他社ベンチマークスコアより
通信速度受信実効速度:154Mbps~298Mbps/4G(LTE)
送信実効速度:21Mbps~38Mbps/4G(LTE)
※ドコモHP「iPhone<エリア」より
カメラ・広角:1200万画素
・超広角:1200万画素
・インカメラ:1200万画素
ディスプレイLiquid Retina HDディスプレイ
生体認証・Face ID(顔認証)
販売価格(税込)ドコモ:87,120円
au:88,992円
ソフトバンク:89,280

iPhone 11は、上記でも紹介した通り機能に優れたうえで価格も安い人気機種です。

スマートフォンのなかで最も頑丈なガラスを採用しているため、万が一の落下にも耐えられます。

また、iPhone 11の耐水性能は最大水深2メートルで30分間耐えられるレベルです。

そのため、水回りでの使用が多い人でも安心してご利用いただけます。

6.1インチのLiquid Retina HDディスプレイにより、現実に近い色を美しく映し出すことが可能。

さらに、True Toneによって場所の光の色温度に合わせてホワイトバランスを調整するため、どのようなシーンでも綺麗な映像を楽しめます。

大容量のバッテリーに加え急速充電に対応しているため、外出時の充電切れでも短い時間で充電できます。

ドコモでiPhoneを最安で購入する方法

各キャリアにて、iPhoneを安く購入するにはキャンペーンを利用しましょう。

ここからは、各キャリアで実施されているお得なキャンペーン情報を紹介していきます。

まずは、ドコモのおすすめキャンペーンを見ていきましょう。

スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラムは、36回の分割払いで機種を購入し、後に返却した場合に最大12回分の分割支払金が不要になるというものです。

対象機種にiPhoneも多数ラインナップされていますので、ぜひ活用してください。

なお、スマホおかえしプログラムが適用される条件は下記です。

  • dポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブ会員であること
  • 対象機種が正規店で購入されたもので、購入時に不備や不正がないこと
  • 返却時に機種の分割支払金や利用料金の未払いがないこと
  • 対象機種に記録されているメモリやデータが消されていること
  • 対象機種を改造していないこと
  • スマホおかえしプログラムの加入者が対象機種の所有者であること

また、水濡れや著しい外部破損などがある場合は、スマホおかえしプログラムの査定対象外となります。

下取りプログラム

今使っている機種を下取りに出すことで、新たに購入する機種代金から下取り価格分が割引されるという内容です。

下取り価格は機種により異なりますが、最大69,900円が割引されます。

下取りプログラムの対象機種は全機種であるため、iPhoneを購入する際にぜひ活用してください。

なお、下取り価格は良品・画面割れ品・機能不良品と3つのランクに分けられ、価格は大幅に変動します。

詳しい下取り価格については、ドコモの公式ホームページにてご確認ください。

端末購入割引

新規契約・他社のスマホからドコモへ乗り換え(MNP)・機種変更をした際に、機種代金を5,500円から22,000円割引されるキャンペーンです。

手続きにより金額は異なりますので、事前にドコモ公式ホームページにてご確認ください。

ドコモオンラインショップでの手続きにおいては、dポイントでの還元となります。

auでiPhoneを最安で購入する方法

続いては、auのおすすめキャンペーン情報を見ていきましょう。

au Online Shop お得割

au Online Shop お得割は、2020年4月1日から実施されているキャンペーンです。

キャンペーン内容は、新規契約・機種変更(12ヶ月目以上ご利用)で対象機種を購入すると、最大22,000円が端末代金から割引されるというもの。

新型iPhoneSEやiPhone11などが対象となっていますので、お得に購入するために、ぜひ活用してください。

3Gとりかえ割(スマホ)

auケータイ(3G)・auスマホ(3G)・auスマホ(VoLTE非対応機種)から、対象のスマホを購入すると機種代金から最大38,500円が割引されます。

ただし、機種変更のみが対象となりますのでご注意ください。

4G LTEケータイとりかえ割(スマホ)

auケータイ(4G LTE)から対象のauスマホへ機種変更をすると、機種代金から最大22,000円が割引されます。

iPhone7のみが対象機種にラインナップされていますので、購入を希望する人は要チェックです。

かえトクプログラム

かえトクプログラムとは、対象のスマホをau取扱店にて24回払いで購入します。

そして、購入機種の2年後の買取価格を最終回支払い分として設定することで、23回の支払いまでを低廉な割賦金額にするという内容です。

さらに、最終支払い分は新たな機種を購入する際に使っていた機種をauが回収することで、後の支払いが不要になります。

新機種をお得な価格で使えますので、ぜひ活用しましょう。

下取りプログラム

下取りプログラムを活用すると、新たに端末を購入する際に最大67,100円の割引が受けられます。

機種により下取り価格は異なり、通常品と画面割れ品で査定額に差が生まれますのでご注意ください。

機種によっては、画面割れ品の場合は下取り対象外となるものもありますいので、事前にauの公式ホームページにて確認しておきましょう。

ソフトバンクでiPhoneを最安で購入する方法

ここからは、ソフトバンクのおすすめキャンペーン情報を紹介していきます。

ソフトバンクのおすすめキャンペーン

トクするサポート+

トクするサポート+は、48回払いで端末を購入し25ヶ月目の買い替え時に使っていた機種を回収することで、最大24回分の分割支払金・割賦金の支払いが不要になります。

2020年3月27日以降に発売された指定機種が対象となりますので、iPhoneはiPhone SE(第2世代)のみです。

半額で人気機種を購入できますので、ぜひソフトバンクユーザーは利用してください。

オンライン限定web割

オンライン限定web割は、対象機種に他社から乗り換えすることで端末代金が21,600円割引されるという内容です。

ソフトバンクオンラインショップで取り扱いのある機種が対象で、iPhone SE(第2世代)やiPhone11 Proなどがラインナップされています。

下取りプログラム

お使いの端末を下取りに出し、機種変更もしくは乗り換えで新たな機種を購入すると、最大40,800円相当のPayPayボーナス、または購入機種代金から値引きがされます。

正常品と破損品によって下取り価格は大きく異なり、PayPayボーナスと購入機種代金値引きでも若干下取り価格に差がありますので、事前にご確認ください。

iPhoneを最安で購入できるショップ

iPhone
画像引用元:iPhone – Apple(日本)

iPhoneを最安で購入するには、キャリアのオンラインショップを利用しましょう。

各キャリアのオンラインショップを利用することによるメリットは、主に下記が挙げられます。

オンラインショップのメリット
  • 各キャリアにて定められた金額以上の購入で送料無料
  • 分割払い時の頭金や事務手数料が無料
  • 24時間営業なので好きなときに注文できる
  • オンラインなので待ち時間がない
  • お得にポイントが貯められる

それぞれのキャリアによって取り扱いが異なる部分はありますが、実店舗で購入するよりもお得に手に入れることが可能です。

例えばドコモオンラインショップの場合、本来実店舗で購入する際にかかる分割払い時の頭金や事務手数料が無料になります。

そのため、オンラインショップで購入した方が無駄にかかるお金を削減することができるのです。

そして、オンラインショップは24時間営業なので、昼間忙しい人でも好きなタイミングで利用できます。

さらに、オンラインなので待ち時間もないため、ストレスフリーでの買い物が実現。

また、各キャリアにて対象のポイントが貯められるうえ、ドコモでは通常の2倍となる高還元率となります。

お得にポイントを貯めて、今後の買い物に活かせる点もオンラインショップならではのメリットといえるでしょう。

2020年の新型iPhoneの噂

各キャリアにて、5G対応の新機種が続々と発売されています。

そして、iPhoneでも5G対応機種の発売はいつかと注目されていますが、ネット上では2020年に発売されるiPhone12シリーズが5G対応機種と噂されています。

主な特徴は下記です。

iPhone12シリーズの機能・スペックについて
  • 高性能化したA14 Bionicプロセッサを搭載
  • 改良されたFace IDを搭載
  • ディスプレイは全モデル有機ELを採用
  • メインメモリは6GBに容量がアップ
  • 標準カメラは6400万画素

あくまで噂ですが、これらが実現するとなれば今までのiPhone凌ぐ高性能な機種となるでしょう。

デザインについては原点回帰としてiPhone4のような角ばったものになるといわれており、カメラはトリプルレンズカメラを搭載とのこと。

また、新カラーとしてネイビーブルーが登場予定。

今後の情報に注目しておいてください。

おすすめスマホはやっぱりiPhone

iPhone
画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhoneを購入するうえで、高性能なものやコストパフォーマンスに優れているものなどを事前にチェックしておきましょう。

今では数多くのiPhoneが登場しているため、どれを購入すれば良いか迷う人は少なくありません。

各キャリアによって機種の価格は異なりますが、お得なキャンペーンを利用することが重要です。

また、実店舗で購入するよりもオンラインショップを利用することで、本来かかる事務手数料等が不要になります。

その分、お得にiPhoneを購入できるため、ぜひオンラインショップの利用を心掛けてください。

そして、2020年に発売が噂されているiPhoneの新機種である「iPhone12シリーズ」は、5Gに対応する予定とのこと。

機能面もさらにパワーアップすることが想定されますので、今後の情報は随時チェックしておきましょう。