読了時間:約 3

今年も新型iPhoneが発売され、すでにXsやXs MAXに機種変更済みの方も多いと思います。また、新たに発売されるiPhone XRを使用する方も少なくないでしょう。

そんな中、今年のiPhoneは特に初期不良が多く見られるようです。しかも初期不良の症状は様々で、ハードウェアが原因の場合もあれば、ソフトウェアが原因の場合もあります。

このページでは、新しいiPhoneに初期不良があった際の対処法について紹介していきます。

新型iPhoneの不良品が配送された時の対処・交換方法|ソフトバンク・au・ドコモ

不良品をつかむ可能性は誰にでもある


絶対にあってはほしくないことですが、自分の買ったiPhoneが不良品である可能性は、誰にでもあります。どうやらApple Storeで買えば安心という問題でもないようです。

Apple Storeでも、ドコモでもauでもソフトバンクでも、その他の代理店であっても、不良品は一定確率で混じっています。それをつかんでしまったら不運としか言いようがありません。

問題は、初期不良があった場合の対処法です。正しく対応すれば交換してもらえるなどして事なきを得ますが、対応を間違うと最悪、泣き寝入りしなくてはいけません。

iPhoneに初期不良があったらどうしたらいいのか、事前に意識しておきましょう。

初期不良があったらその場で交換を要求しよう


画像引用元:auショップ イトーヨーカドー木場|深川ギャザリア

初期不良があった場合の理想の解決方法は、やはり正しく動作するものと交換してもらうことです。しかし、ショップもできたら交換したくないというのが本音で、「本当に初期不良か?」と疑ってきます。

確かに、ユーザー自身が壊したものを初期不良と言い張っている可能性もありますからね。そこで、初期不良の申告は極めて迅速でなくてはなりません。

ショップによって対応は異なりますが、暗黙の了解として「初期不良を認めるのは受け取ったショップから退出するまで」と決めているところが多いと聞きます。

一度ショップを出てしまうと、初期不良なのかユーザーが壊したのか判断ができないから、というわけです。

初期不良を見逃すな!

そんなわけで、ユーザーは新しいiPhoneを受け取ったら、その場で直ちに初期不良があるかないかを確認しなくてはいけません。そこで最低でも以下の点には気をつけましょう。

  • 電源のオン・オフがちゃんと動作するか。
  • 音量ボタンに不具合はないか。
  • ディスプレイの表示は正常か。
  • SIMをしっかり認識しているか。
  • 通話はできるか。
  • 文字入力に問題はないか。
  • Face IDは作動するか。
  • インターネットに接続できるか。
  • 充電はちゃんとできるか。
  • その他、おかしな挙動はないか。

すべてチェックするとなると時間もかかると思いますが、堂々と店内で行いましょう。そして少しでも疑わしく感じたら、些細なことでも遠慮せず店員に申し出てください。

尿液晶?iPhoneの画面が黄色くなるのは不具合?設定?True Toneを確認しよう

後日発覚した場合はAppleに直接頼ろう


画像引用元:Genius Barの予約とAppleサポートのオプション – Apple(日本)

ショップで受け取った時は交換を申し込めず、その後に申し込んで断られてしまった場合は、次の手段としてApple Storeを頼りましょう。Apple Storeは現在全国に9箇所あります。

全国のApple Store一覧 住所・電話番号
銀座 104-0061
東京都中央区銀座3-5-12
サヱグサビル本館
03-5159-8200
新宿 160-0022
東京都新宿区新宿3−30−13
新宿マルイ本館
03-5656-1800
渋谷 150-0041
東京都渋谷区神南1-20-9
公園通りビル
03-6670-1800
表参道 150-0001
東京都渋谷区神宮前4-2-13
03-6757-4400
仙台一番町 980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町3-10-24
022-722-3001
名古屋栄 460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-17-15
エフエックスビル
052-238-2400
京都 600-8006
京都府京都市下京区
四条通高倉東入立売中之町83-1
075-757-8700
心斎橋 542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-5-5
アーバンBLD心斎橋
06-4963-4500
福岡天神 810-0001
福岡県福岡市中央区天神2-3-24
天神ルーチェ
092-736-6800

また、2019年には札幌市や神奈川県にもオープンすると言われています。Apple Storeに行けない場合でも、家電量販店などの中にあるApple正規店でも構いません。

Appleのお店なら、キャリアのショップよりは大目に見てくれる傾向があります。とはいえそれも可能性の話であって、必ず交換してくれるわけではありません。

初期不良なのか、ユーザーが壊したのか判断できないのはApple Storeでも同じですからね。基本的にはダメ元だと考えておいたほうがよいです。

ただ、「AppleCare+」というApple独自の保証サービスに加入していると、そのハードルはぐっと低くなるとも聞きます。有料ですが、心配な方は入っておいたほうがいいでしょう。

AppleCare+の加入料金ですが、機種によって異なります。

機種名 AppleCare+の価格
iPhone SE 12,800円
iPhone 6s・7・8 14,800円
iPhone 6s Plus・7 Plus・8 Plus 16,800円
iPhone X・Xs・Xs MAX 22,800円

このように、はっきり言って高額です。有効期限はいずれも2年間で、その間はいつでも交換可能というわけでもありません。

AppleCare+に加入していたとしても、交換はAppleが仕方ないと認めた場合に限られますので、その点はご注意ください。

無償交換ではなく修理扱いになることも


画像引用元:AppleCare+ for iPhone XS、iPhone XS Max, iPhone 8 など – Apple サポート 公式サイト

初期不良による交換が認められない場合でも、修理はしてもらえます。有料になりますが、不良を抱えたまま使うよりはずっといいでしょう。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2