SoftBank 5G
ソフトバンク公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているのでお得!
読了時間:約 4

ソフトバンクを使っている方に是非おすすめしたいのが「機種変更に使えるキャンペーン」「機種変更に使えるクーポン」の2つです。

最近のハイエンドスマホはどれも10万円を超える高値で販売されていますが、キャンペーンやクーポンを上手く使えば100%得する事ができるはずです。

今回はキャンペーンやクーポン情報に加えソフトバンクで機種変更をする際の手順、ソフトバンクオンラインショップのメリット等を一挙ご紹介していきます。

合わせてソフトバンクのスマホで最新機種・コスパのいい機種をおすすめランキングにしている記事もあるので是非チェックしてみてください。

画像引用元:スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクのスマホ機種変更向けキャンペーン

キャンペーンを上手に駆使できるかどうかは機種変更をお得にするための最重要ポイントと言っても過言ではありません。

まずはソフトバンクでスマホの機種変更に使えるキャンペーンについて見ていきましょう。

ソフトバンクオンラインショップで使える機種変更向けキャンペーンまとめ

トクするサポート+

トクするサポート+
画像引用元:トクするサポート+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

 トクするサポート+トクするサポート
プログラム料無料必要
390円/月(不課税)
特典①回収・買い替えで最大24か月分の残債の支払いが不要
②端末の回収でPayPayボーナスを付与
※1年買い替えオプション利用可
①回収・買い替えで最大24か月分の残債の支払いが不要
※1年買い替えオプション利用可
対象2020年3月27日(金)以降発売の指定機種2020年3月26日(木)以前発売の指定機種
主な条件・ディスプレイや本体が破損している
・ディスプレイやタッチパネル不良
・電源ボタンなどの本体機能が動作しない
・IME等の製造番号が確認できない
・端末を改造されメーカー保証外となっている
・端末のロック解除と初期化が実施されていない

48回払いで指定のスマホを購入し、25か月目以降に購入したスマホをソフトバンクへ返却・機種変更をすると残債の支払いが免除となるキャンペーンです。

分かりやすく説明すると、トクするサポート+を利用すれば端末代金の半分を支払う必要が無くなるのです。

指定機種を購入しない場合(買い替えない)でもソフトバンクに端末を回収してもらう事でPayPayボーナスが還元されます。

また、購入から13か月目以降なら「1年買い替えオプション」により早めにプログラムを利用する事も可能です。

トクするサポート+はプログラムが開始された2020年3月27日以降に発売された機種が対象で、それ以前の機種はトクするサポートの対象となります。

トクするサポート+とトクするサポートの大きな違いは「プログラム料の有無」と機種変更以外の選択肢としてポイントの還元がある事の2つです。

トクするサポートにプログラム料が必要な事を考えると、機種によってはトクするサポート+の方が総合的にお得になる可能性もあるでしょう。

ちなみにスマホの状態によっては回収費用として20,000円(不課税)が発生するなど基本的な注意点は同じです。

>ソフトバンクオンラインショップを見る

下取りプログラム(機種変更)

下取りプログラム(機種変更)
画像引用元:下取りプログラム(機種変更) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
下取りプログラムは名前の通りソフトバンク独自のスマホ買い取りサービスです。

機種変更時に利用すると旧機種の下取り額に応じたPayPayボーナス・または新機種購入代金値引きの特典が付与されます。

下取り額は機種によって違うものの、最高額はiPhoneだと40,800円、Androidだと9,600円と非常に高額です。

しかし、水濡れ・画面割れなどがある場合は破損品扱いとなり、買取額は1/3~1/4程度にまで下がってしまいます。

破損品扱いとなってしまう場合は機種変更前に中古ショップ等で見積もりを取ってから高く買い取ってもらえる方に売却した方が良いでしょう。

下取り金額は随時変更になるので、公式サイトでしっかり確認しましょう。

下取りプログラム
(機種変更)
※2020年5月
PayPayボーナス購入機種代金値引き
iPhone XS Max正常品:48,000円
破損品:12,240円
正常品:40,320円
破損品:12,240円
iPhone XS正常品:34,800円
破損品:10,440円
正常品:34,560円
破損品:10,080円
iPhone XR正常品:28,800円
破損品:8,640円
正常品:28,800円
破損品:8,640円
Android
(Aグループ)
正常品:9,600円
破損品:2,880円
正常品:9,360円
破損品:2,880円

1年おトク割

1年おトク割の条件
  1. ソフトバンクで機種変更(または新規契約)をする
  2. 対象プランへ加入する
  3. 1年おトク割を利用したことがない

1年おトク割は条件を満たすことで基本料金から1年間1,000円/月の割引が得られるキャンペーンです。

対象の対象となるのは基本プラン(音声)、基本プラン(データ)もしくは通話基本プランのいずれかに加入し、以下のプランを契約している方のみとなっています。

  • データプラン1GB(スマホ)
  • データプラン1GB(ケータイ)

受付が終了したプランも多いため、2020年6月現在ではデータプラン1GB(スマホ)またはデータプラン1GB(ケータイ)の2つしか対象となっていません。

データプラン1GB(スマホ)が含まれる「スマホデビュープラン」は本キャンペーンを適用する事で最低980円/月から利用できます。

月のデータ通信量が少ない方は機種変更とともに検討してみてはいかがでしょう。
>ソフトバンクオンラインショップを見る

半年おトク割

半年おトク割の条件
  1. ソフトバンクで機種変更(または新規契約・のりかえ・契約変更)をする
  2. 対象プランへ加入する
  3. 半年おトク割・1年おトク割を利用したことがない

データプランメリハリ/データプランミニフィットの加入とともに条件を満たす事で毎月1,000円×6ヵ月間の割引が受けられるキャンペーンです。

新しく始まった料金プランが対象となるためソフトバンクの5Gスマホでも割引を受けられるのが魅力的。

対象となっている料金サービスは以下です。

  • 基本プラン(音声)/基本プラン(データ)
  • データプランメリハリ/データプランミニフィット

webトクキャンペーン

Webトクキャンペーン
画像引用元:Webトクキャンペーン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

webトクキャンペーンの対象申し込み(機種変更)
  • ソフトバンクオンラインショップ(自宅受け取り)
  • ソフトバンク電話店(0800-170-9084:午前10時から午後7時)

期間中にオンラインショップ経由で機種変更を行うと、事務手数料3,000円(税抜)が無料となるキャンペーンです。

ソフトバンクオンラインショップ・ソフトバンクショップともに通常3,000円(税抜)の事務手数料が必要ですので、期間中はお得に機種変更可能です。

電話で申し込む「ソフトバンク電話店」も対象ですが、どちらも自宅受け取り限定となっている点には注意しましょう。

5Gスマホを買ってVRゴーグルもらおうキャンペーン

VRゴーグルもらおうキャンペーン3741
画像引用元:5Gスマホを買ってVRゴーグルもらおうキャンペーン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

キャンペーン期間中にソフトバンクで対象5Gスマホを購入するともれなくVRゴーグルがプレゼントされます。

4機種の5Gスマホが対象となりますが、メーカーやキャンペーン期間はそれぞれ異なります。

先着順となるため確実に入手したいなら早めに購入した方が良いでしょう。

対象機種特典期間
AQUOS R5G
(先着20,000名)
pico U Lite~2020年5月31日
ZTE Axon 10 Pro 5Gpico U Liteなくなり次第終了
LG V60 ThinQ 5G
(先着10,000名)
Hochuen Smart Technology社製購入:~2020年9月30日
応募:~2020年10月7日
OPPO Reno3 5G未定未定

ソフトバンクのスマホ機種変更向けクーポン

ソフトバンクオンラインショップで使える機種変更向けクーポンまとめ
  • 他社乗り換え時の引き止めクーポン
  • 郵送・メールでもらえるクーポン

キャンペーンと同じくクーポンもまた機種変更の成功を左右する重要な要素のひとつです。

ただ、クーポンはキャンペーンとは異なり、機種変更のタイミングが非常に重要となるので、無理をしてまで使うというのはやめておいた方が無難でしょう。

クーポンを利用する際は、あくまで「使えたらラッキー」程度に考えておくことをおすすめします。

他社乗り換え時の引き止めクーポン

ソフトバンクでは自社のユーザーが他のキャリアへ乗り換える際にクーポンを発行しています。

所謂「引き止めクーポン」と呼ばれるこのクーポンは現在入手できるクーポンの中ではかなり優秀で、最大20,000円程のクーポンが貰えることも珍しくありません。

引き止めクーポンはMNP予約番号の発行を電話で依頼した時に貰えることが多いため、引き止めクーポンを狙うのならば実践してみると良いでしょう。

注意点として、引き止めクーポンは誰にでも配布しているわけではありません。クーポンを貰うためにはいくつかのハードルをクリアする必要があります。

  • 前回の機種変更から少なくとも1年以上経過している
  • 長年ソフトバンクを利用している
  • 支払いの滞納等の契約違反を犯していない

主な条件は上記の通りです。これらの条件を満たしていなかったとしてもクーポンが貰えることもありますが、基本的にはクリアしておいた方が良いです。

MNP予約番号は一度発行したからといって必ず他社へ乗り換えなければならないわけではないため、仮にクーポンが貰えずとも他キャリアへ転出する必要はありません。

このため「とりあえずMNP予約番号の発行を電話で依頼してみる」という方法をおすすめします。

郵送・メールでもらえるクーポン

長期間ソフトバンクを使っている方や2年契約の更新が迫っている方には郵送・メール等でソフトバンクからクーポンが送られてくることがあります。

郵送・メールで送られてくるクーポンの相場は5,000円~1万円と引き止めクーポンよりやや低めです。

しかし、引き止めクーポンが得られない場合は主力のクーポンとなってくれるでしょう。

こちらも引き止めクーポンと同じく自発的な行動によって得るのが難しいクーポンとなっています。

引き止めクーポンのように電話で遠回しにクーポンが欲しい旨を伝えることも出来ない関係上、取得難易度は郵送・メールでもらえるクーポンの方が難しいかもしれません。

>ソフトバンクオンラインショップを見る

ソフトバンクオンラインショップで機種変更がお得

ソフトバンクオンラインショップ
画像引用元:スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
実店舗で機種変更をしている方にとっては驚きかもしれませんが、最近はソフトバンクオンラインショップで機種変更をする人が増えています。

理由は単純で「ソフトバンクオンラインショップで機種変更をした方が手軽で安いから」というもの。

では、具体的にはどのような点が手軽なのでしょうか。また、安いという点にも注目したいところです。

ソフトバンクオンラインショップのメリットをじっくりご紹介していきましょう。

頭金がかからない

頭金の存在は機種変更をするにあたって最大のネックです。機種代金に充填されることのないお金を1、2万円も支払うのは無駄と言わざるを得ないでしょう。

そんな頭金がソフトバンクオンラインショップでは無料となっており、機種変更時に余計なお金は一切掛かりません。

頭金だけでも数万円分を節約することが出来るため、お得に機種変更したいのなら積極的にソフトバンクオンラインショップを使うべきだと言えます。

実店舗のような長い待ち時間がない

ソフトバンクオンラインショップにはECサイトという性質上ソフトバンクショップや家電量販店などの実店舗と違って待ち時間がありません

実店舗は余程密集しているところや過疎地域でもない限り年中込み合っている場合がほとんどです。

一方、オンラインショップでの機種変更手続きは、自分のペースでウェブから入力フォームに入力するだけで申し込みから端末受け取りまで全てが完結します。

実店舗にはとにかく並ぶイメージが多く、実際に待たされる事も多々ありますが、ソフトバンクオンラインショップなら待たされることは一切ありません。

24時間いつでも申し込みすることができる

実店舗は24時間営業ではないので、仕事帰りなどにに行こうと思っても営業時間内に出向く事が難しいなどの問題もあります。

その点、ソフトバンクオンラインショップは24時間申し込み可能です。

学校やお仕事、家事などで忙しい方も、自身の都合の良い時間に『ソフトバンクオンラインショップ』からゆっくりと申し込むことができます。

「休日にわざわざソフトバンクの店舗に行ったのに休店日だった」「仕事帰りだとお店が開いていない」ということもないので忙しい方には特におすすめです。

日本全国どこでも送料無料で受け取れる

ソフトバンクオンラインショップで機種変更をした場合、受け取り先を自宅もしくはソフトバンクショップの2つから選択する事ができます。

自宅の近くにソフトバンクの店舗がない、店舗まで受け取りに行く時間がないという方は自宅での受け取りを選ぶといいでしょう。

逆に職場の近くにソフトバンクショップがある、通勤時に寄りやすい場所にソフトバンクショップがあるのならショップ受け取りを選ぶことをおすすめします。

さらに、『ソフトバンクオンラインショップ』では、充電器などのオプション品も合計金額5500円以上で送料無料となります。

必要なものがある方は機種変更と併せて購入しておくと大変お得です。

受け取り方法を選べる

ソフトバンクオンラインショップで機種変更した機種の受け取りは、自宅とショップで選ぶことができます。

外に出れない理由がある方でも、自宅で注文して自宅で受け取れるのでストレスがかかりません。

自宅受け取りの際は、届いた段階で必ず商品に間違いがないか、不良品ではないかを確認しましょう。

不要な有料オプションや不要なプランなどを勧められない

実店舗で機種変更すると、本来必要でないオプションを強く勧められることがあります。

例えば、以下のような経験をしたという方は非常に多いです。

  • 今のプランを維持したいのに他のプランを勧められる
  • 動画配信サービスなどの有料コンテンツを勧められる
  • インターネット回線などの別サービスに勧誘される

勧められるオプションやプランが本当に必要ならば問題はありませんが、必要ないのなら無理に契約する必要はないでしょう。

その点、ネットで申し込むソフトバンクオンラインショップでの機種変更なら、不要なサービスに加入してしまうリスクは一切ありません。

ソフトバンクオンラインショップならもっとお得にTポイントが使える

ソフトバンクオンラインショップで、1ポイント=1円分という還元率の良いTポイントを機種変更時に使えるのはかなりのお得です。

例えば、Tポイントが10,000ポイント貯まっていれば、10,000円分のポイントを機種変更に充てる事ができるのです。

また、機種変更に使わずとも、Tポイントはスマホのサプライ品を購入するためにも使えます。

機種変更のタイミングで貯めておくか・使い切るのかは、貯めたTポイントの量や機種変更先のスマホの価格などを加味して決めると良いでしょう。

>ソフトバンクオンラインショップを見る

ソフトバンクの機種変更でおすすめの料金プラン

機種変更をするタイミングで悩みどころなのが「スマホと一緒に料金プランも変更するかどうか」ということです。

現状のプランに満足しているから料金プランは変えなくていい、という考えもありますが、実はその選択は大きく損をする原因となっているかもしれません。

ここではソフトバンクの旧プランと新プラン、そしてどんなプランを選ぶべきなのかを解説していきます。

ソフトバンクの旧プラン

 ミニモンスターウルトラギガモンスター+
データ容量~1GB
~2GB
~5GB
~50GB
50GB
月額料金
※各種割引適用
1,980円(税抜)~最低5,980円(税抜)~
通話サービス①通話基本プラン
②+ 準定額オプション(500円/月)
③+ 定額オプション(1,500円/月)

旧プランのミニモンスターは「従量課金型プラン」に数えられる料金プランで、使ったデータ通信量に応じて料金が変化します。

「使った分だけ支払えば良い」というプランの性質上、極力無駄のないプランへ加入したいという方を中心に人気の高い料金プランとなっていました。

一方、大容量プランとしては「ウルトラギガモンスター+」がありました。

大容量プランだけあって料金は5,980円(税抜)/月と高額ですが、50GBもあればギガ不足に悩むことはほぼなくなります。

それに加えてウルトラギガモンスター+ではいくつかのアプリやWebサービスがカウントフリーに指定されていたのも魅力的です。

ちなみにどちらも2020年3月11日をもって新規受け付けを終了しています。

>ソフトバンクオンラインショップを見る

ソフトバンクの新プラン

メリハリプラン
画像引用元:メリハリプラン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
現在のソフトバンクの料金プランはミニフィットプランとメリハリプランの2つを中心としています。

 ミニフィットプランメリハリプラン
データ容量~1GB
~2GB
~5GB
50GB
月額料金
※各種割引適用
1,980円(税抜)~最低3,480円(税抜)~
※2GB以下1,500円割引
通話サービス①通話基本プラン
②+ 準定額オプション(800円/月)
③+ 定額オプション(1,800円/月)

ミニフィットプランは名前の通り旧プラン「ミニモンスター」が進化した料金プランとなっています。プラン内容は基本的にミニモンスターと同じです。

ミニモンスターとミニフィットプランの違いは「データ通信量の上限」にあり、ミニフィットプランでは上限が50GBではなく、5GBまでに設定されています。

この点だけ見るとミニフィットプランはミニモンスターに比べて使い勝手が悪いように見えてしまうかもしれません。

しかし、後述するメリハリプランの存在のおかげで、ミニフィットプランは「毎月のデータ通信量が少ない方向けのプラン」としての立場を確立出来ています。

メリハリプランはミニモンスターとウルトラギガモンスター+を組み合わせたようなプランで、大容量プランであるにも関わらずお得に使えることがメリットの料金プランです。

料金形態は今までのプランに比べるとかなり特殊なものとなっており、1か月のデータ通信量が2GB以下の場合は自動で1,500円の割引が適用されます。

機種変更時にメリハリプランへ加入した場合の基本料金は4,480円(税抜)/月。

2GB以下で割引が適用されると料金は2,980円(税抜)にまで引き下がります。

50GBものデータ通信が行えるプランが4,480円で使えるというのも驚きですが、節約する気になれば2,980円で済むというのも驚嘆に値するでしょう。

スマホデビュープランと5G向けプラン

スマホデビュープラン
画像引用元:スマホデビュープラン | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
ミニフィットプランとメリハリプラン以外だと、最低月額980円(税抜)から利用できる「スマホデビュープラン」もあります。

ただしスマホデビュープランはガラケーからの機種変更やのりかえ(MNP)をする方専用のプランとなっています。

ちなみにソフトバンクには5G専用プランというものはまだありませんが、ここまででご紹介した3つのプランに月1,000円(税抜)を上乗せるだけで利用できます。

この1,000円(税抜)は「5G基本料」として適用されますが、2020年8月31日までの5G切り替えなら2年間無料になります。

早めに申し込みを行えば実質的に4Gスマホと同じ料金で利用できるのがメリットです。

ソフトバンクの5G向けプラン
  • 5G基本料:既存プランに1,000円(税抜)上乗せで利用可能
  • 2020年8月31日までの切り替えで1,000円(税抜)が2年間無料に

>ソフトバンクオンラインショップを見る

ソフトバンクで機種変更の流れ、必要なもの

ソフトバンクオンラインショップの機種変更手順は簡単です。ソフトバンクショップや家電量販店での機種変更には慣れているという方でも目を通して検討してみてください。

自分で機種変更をするのが不安な方でも、ソフトバンクオンラインショップでの機種変更に必要なものやコツをまとめているので安心してください。

ソフトバンクオンラインショップの機種変更で必要なもの

ソフトバンクオンラインショップでの契約にあたって必要なものは、

  • My SoftBank アカウント
  • 携帯電話番号+暗証番号

のうちいずれかです。実店舗での機種変更と違い、運転免許証などの本人確認書類や、印鑑等は原則必要ありません。

ただし、支払い方法を変更したい場合はクレジットカードやキャッシュカード等の新しい請求先の情報が必要になります。

それ以外の「住所が変わった」などの事情があるケースで追加書類が必要になるケースはほぼありません。

ソフトバンクオンラインショップでの機種変更の流れ

  1. 『ソフトバンクオンラインショップ』にアクセス
  2. 購入したい機種ページに進む
  3. お申し込み種別で機種変更を選択
  4. 受け取り方法を選択
  5. 料金プランや利用するキャンペーンなどの必要事項を入力

手続きおよび審査完了後、商品の発送手続き開始時もしくは出荷完了時にメールで連絡があります。

商品の配送状況はメールに添付されている配送コードを使うことでいつでも確認可能です。

配送による受け取りを選択していた場合は通常、出荷完了の連絡から2~3日で指定の配送先に届けられます。

「ネットで機種変更」というと身構えてしまいがちですが、基本的には表示される内容に従って必要事項の入力をしていくだけです。

ソフトバンクで機種変更時のデータ移行/バックアップ

ソフトバンクオンラインショップで機種変更をした場合は自分でバックアップやデータ移行をする必要があります。

新しいスマホが届いてからバックアップ、データ移行のやり方が分からなくて困ってしまわないように、予めバックアップ・データ移行の方法をチェックしておきましょう。

機種変更時にバックアップを取る方法

データ移行をする前にはまず古い端末のデータをバックアップしておかなければいけません。

どんな方法でデータ移行をするとしても、バックアップを取る作業は必ず必要になります。

iPhoneでバックアップを取る手順

まずはiPhoneをWi-Fiに接続しましょう。接続するWi-Fiはどんなものでも構いません。

ただし、個人情報を保護するためになるべくセキュリティの高いWi-Fiへ接続することをおすすめします。
画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法 – Apple サポート

iPhoneでバックアップを取る手順
  1. ホーム画面から設定を開き、ユーザー名をタップ
    iCloud でバックアップする方法
  2. ユーザー名をタップするとApple IDに関する情報が表示されます。その中から「iCloud」を選択
  3. iCloudを開いたら「iCloudバックアップ」をオンにし、「今すぐバックアップを作成」をタップ
    iCloud でバックアップする方法

バックアップの作成に完了したら作業は終了です。

注意点として、バックアップはデータ移行の前に行うことをおすすめします。というのも、古いバックアップを移行すると最新のデータが新しい端末に引き継がれないのです。

そのため、普段から自動的にバックアップを取っているという方でも、機種変更の際には新しくバックアップを作成しておくようにしましょう。

Androidでバックアップを取る手順

Androidでバックアップを取る際もiCloudのようなクラウドストレージを利用します。

iPhoneと同じくバックアップの取得は非常に簡単なので、難しく考える必要はありません。

  1. ホーム画面から設定を開く
  2. 「システム」を選択
  3. 「バックアップ」をタップ
  4. 「今すぐバックアップ」を選ぶ
  5. 「続行」をタップ

以上の5ステップでAndroidでのバックアップ作成は完了です。バックアップが作成出来たらデータ移行へ進みましょう。

新しいスマホへのデータ移行方法

新しいスマホへデータを移行する時にはOSの違いに気を付けなければいけません。

スマホのOSとしてポピュラーなのはiPhoneやiPadで使用されている「iOS」と「Android」の2つです。

データ移行するのがiOSからiOS、AndroidからAndroidなど同じOS同士であればデータ移行はスムーズですが、異なるOS同士の場合は少し難しくなります。

とは言え、解説をよく読んでから作業をすればスムーズにデータ移行することが出来るので、データ移行できるか不安という方は下記の内容をじっくり読みこんでみて下さい。

iPhoneからiPhoneへデータ移行する

  1. 新しいiPhoneにて初期設定を進める
  2. 「Appとデータ」画面が表示されたら「iCloudバックアップから復元」をタップする
  3. 表示されたバックアップから最新のバックアップを選択する

iCloudに古いiPhoneのデータがバックアップされている場合は、これだけの手順でデータ移行が完了します。

データ移行が終わった後は、念のため正常にデータが転送されているかチェックをしてみて下さい。

AndroidからAndroidへデータ移行する

  1. 新しい端末で初期設定を開始する
  2. 古い端末でバックアップを取ったGoogleアカウントでログインする

バックアップが正常に取れている場合であれば、Googleアカウントでログインすると自動で古い端末のデータが移行されます。

移行されるデータは最新のバックアップのみなので、バックアップが新しいものか不安な時は古い端末にてバックアップを取り直しておくと良いでしょう。

iPhoneからAndroidへデータ移行する

前述の通りiPhoneとAndroidはまったく異なるOSを使用しているため、データ移行をするためには専用のアプリを使用しなければなりません。

データ移行に利用できるアプリにはいくつか種類がありますが、今回は最もポピュラーなデータ移行ツールである「JSバックアップ」を利用した方法をご紹介していきます。

  1. iPhoneとAndroidにJSバックアップをインストールする
  2. iPhoneにてJSバックアップを起動する
  3. 「かんたんデータ移行」を選択
  4. 「データを取り出す」を選ぶ
  5. 「スタート」をタップ
  6. 英数字8桁のパスワードを設定する
  7. QRコードが表示されるのを待つ
  8. AndroidにてJSバックアップを起動する
  9. 「かんたんデータ移行」を選択
  10. 「データを取り込む」を選ぶ
  11. iPhoneに表示されているQRコードを読み取る
  12. 設定した8桁のパスワードを入力する
  13. 「確定」、「スタート」をタップする

作業が終わったらデータが転送されるのを待ちましょう。転送が完了したらiPhoneからAndroidへのデータ移行は完了です。

工程が長いため難しく考えてしまいがちですが、表示内容に従って操作するだけで作業は完了するので、スマホ初心者の方でも簡単にデータを移すことが出来るでしょう。

AndroidからiPhoneへデータ移行する

AndroidからiPhoneへデータ移行する場合は「Move to iOS」というアプリを使用します。

Move to iOSはiPhoneでは標準搭載されているものの、Androidにはインストールされていないので、作業の前にインストールしておきましょう。
画像引用元:Android から iPhone 、iPad 、iPod touch に移行する – Apple サポート

AndroidからiPhoneへデータ移行する方法
  1. 新しいiPhoneにて初期設定を開始・「Appとデータ」という項目まで進める
    Android から iPhone 、iPad 、iPod touch に移行する
  2. 「Appとデータ」画面が表示されたら「Androidからデータを移行」を選択
    Android から iPhone 、iPad 、iPod touch に移行する
  3. AndroidにてMove to iOSを起動し、「iOSに移行」を選択し、「続ける」をタップ
  4. 表示される利用規約をよく読んで、問題がないようなら「同意する」をタップ
  5. 「コードを検索」という表示を確認したらiPhoneに表示されているコードをAndroidにて入力
    Android から iPhone 、iPad 、iPod touch に移行する
  6. コード入力後はAndroidからiPhoneへ転送するデータを選択
  7. 選択が完了したら「次へ」をタップ
  8. あとはデータの転送を待つだけ

>ソフトバンクオンラインショップを見る

ソフトバンクの機種変更におすすめの最新機種

最後にソフトバンクの機種変更におすすめの最新機種ランキングを発表します。下記のモデルはどれも最新の人気スマホばかり。

ランキングの中から機種変更先を選べば、きっと満足のいくスマホに出会えるでしょう。

まだ機種変更するスマホが決まっていないという方、どのような選択肢があるのか知りたいという方は是非目を通してみて下さい。

1位:AQUOS R5G

AQUOS R5G
画像引用元:AQUOS R5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク AQUOS R5Gのスペックと価格
ディスプレイ6.5インチ
有機ELディスプレイ
バッテリー容量3,730mAh
フロントカメラシングルカメラ(1,640万画素)
バックカメラクアッドカメラ(4,800万画素+1,220万画素×2+ToF)
SoCSnapdragon 865
メモリ12GB
ストレージ256GB
重量189g
サイズ162x75x8.9mm
価格129,600円(税込)

3/27に発売されたSHARPのAQUOS R5GはこれまでのAQUOSシリーズを凌駕する超高性能なスマホとなっています。

性能を決定づけるSoCにはリリースされたばかりの「Snapdragon 865」を採用。更に12GBのメモリを搭載することで驚異的な処理性能を実現しています。

クアッドカメラは従来の撮影補助AIがブラッシュアップされただけに留まらず、8Kでの動画撮影が可能になるなどソフトだけでなくハード的にも大きく進化しました。

また、AQUOS R5Gは名前の通り5Gにも対応しています。

とにかくハイスペックなスマホが欲しい方、いち早く5Gを体感したい方にとってAQUOS R5Gは最適なスマホと言えるでしょう。

>ソフトバンク公式オンラインショップで「AQUOS R5G」を見る

ソフトバンク初の5GスマホAQUOS R5Gのスペック・機能・価格を詳しく評価レビューをしている記事もあるのでこちらも是非チェックしてみてください。

2位:iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone 一覧 | ソフトバンク

ソフトバンク iPhone SE(第2世代)のスペックと価格
ディスプレイ4.7インチRetina HDディスプレイ
バッテリー容量iPhone 8とほぼ同じ
フロントカメラ12MP広角カメラ
バックカメラ7MPカメラ
SoCA13 Bionic
ストレージ64/128/256GB
重量148g
サイズ138.4×67.3×7.3mm
価格64GB:57,600円 (税込)
128GB:64,080円(税込)
256GB:78,480円(税込)

iPhone SE(第2世代)はモデル名の通り、2016年に登場したiPhone SEの後継機種です。

ディスプレイサイズは4.7インチと旧iPhone SEよりも大きいのですが、最新SoC「A13 Bionic」を搭載したことにより普段使いでパワー不足を感じることはありません。

また、シングルカメラながらスタジオで撮影したような美しい写真から4kビデオなど上位モデルに匹敵する性能となっています。

一括でも57,600円(税込)と低価格ながら最大半額となるトクするサポートの対象となっているのも見逃せません。

iPhoneで最新のアプリ・ゲーム・写真を最大限楽しみたいと思っている方なら必ず満足できるはずです。

>ソフトバンク公式オンラインショップで「iPhone SE(第2世代)」を見る

3位:ZTE Axon 10 Pro 5G

ZTE Axon 10 Pro 5G
画像引用元:ZTE Axon 10 Pro 5G | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク ZTE Axon 10 Pro 5Gのスペックと価格
ディスプレイ6.5インチ
有機ELディスプレイ
バッテリー容量4,000mAh
フロントカメラシングルカメラ(2,000万画素)
バックカメラトリプルカメラ(4,800万画素+2,000万画素+800万画素)
SoCSnapdragon 865
メモリ6GB
ストレージ128GB
重量約176g
サイズ159.2x73.4x7.9mm
価格72,720円(税込)

ZTE Axon 10 Pro 5GはAQUOS R5Gと同日に発売されたソフトバンクの新機種で、5Gに対応したスマホとして注目されています。

SoCはAQUOS R5Gと同じ「Snapdragon 865」で、メモリは6GBのものを採用。

AQUOS R5Gに比べるとやや控えめですが、それでも充分ハイスペックな機種と言えます。

トリプルカメラが採用されている点も嬉しいポイントですが、2,000万画素とかなり性能の高いインカメラを搭載している点も見逃せません。

5G、新型SoC、そして高性能カメラと、ZTE Axon 10 Pro 5Gは最新のスマホに求められる要件をすべて満たした優秀なスマホです。

>ソフトバンク公式オンラインショップで「ZTE Axon 10 Pro 5G」を見る

2020年ソフトバンクの5GスマホZTE Axon 10 Pro 5G評価レビュー、スペック・機能・価格を詳しく見たい方はこちらからチェック。

ソフトバンクオンラインショップなら機種変更が100%お得

今や10万円を超えるスマホも珍しくない中、機種変更の費用を抑えるのは至難の業と言えます。

しかし、ご紹介したキャンペーンやクーポン、頭金無料のソフトバンクオンラインショップを利用すれば100%機種変更をお得にできるはずです。

少しでも安く機種変更をしたいという方はこの記事を参考に、自分に合ったキャンペーンはどんなものか、手に入りそうなクーポンはどれかを考えてみて下さい。

期間限定キャンペーンなどとタイミングを合わせられれば、今回ご紹介している以上に機種変更をお得にする事も可能ではないでしょうか。