LG G8X ThinQ
ソフトバンク公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているのでお得!
読了時間:約 2

ソフトバンクは個性豊かなスマホや携帯をそろえています。

日本で初めてiPhoneを取り扱うなど常に革新的なラインナップや取り組みを続けてきたソフトバンク。

2020年になり新たに加わった機種があり、より充実したラインナップとなるため新商品は見逃せません。

また、テレビコマーシャルでも話題のiPhoneの最新モデルや、折り畳み式のスマホなど高性能なものも登場しています。

この記事ではそんなソフトバンクの2020年最新スマホを最新・コスパ・初心者向けに分けておすすめランキングで紹介していきます。

ソフトバンクでスマホを購入しようと考えている方は是非目を通して見てください。

ランキングのノミネートはこちらとなります!

コスパ部門

画像引用元:LG G8X ThinQ | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

ソフトバンクおすすめ携帯ランキング【最新部門】

スマホ選びにいつも悩んでしまう人は「自分の中で外せないポイント」を決めておすすめランキングをみていきましょう。

それではソフトバンクの個性豊かな最新スマホでおすすめランキングをご紹介していきます。

1位:LG G8X ThinQ

ソフトバンクスマホ

画像引用元:LG G8X ThinQ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク LG G8X ThinQのスペック
SoCSDM855
メモリ6GB
ストレージ64GB
ディスプレイ約6.4インチLGデュアルスクリーン
バッテリー4000mAh
インカメラ約3200万画素
アウトカメラ約1200万画素+約1300万画素
重さ約331g
価格55,440円
公式ショップ>LG G8X ThinQを見る

LG G8X ThinQは1画面だけでなく2画面で使用できる折り畳み型のスマホです。

ディスプレイを搭載した専用のケース「LGデュアルスクリーン」により使い方は自由自在。

片方の画面で動画など映像を観ながら、Googleなどで検索をすることが可能です。

また、テレビを視聴できるためスポーツ中継を楽しみながらSNSで友人とやり取りもできます。

さらに、スマホゲームをする際は、プレイしながら攻略情報のチェックやマルチタスクによる別のゲームのプレイも可能。

最近ではSNSへの写真投稿が人気を集めていることもあり、スマホ選びでカメラ機能を重視する人は少なくありません。

LG G8X ThinQは約1200万画素の標準レンズと、約1300万画素の広角レンズを搭載。

さらに、約3200万画素のサブカメラも用意されており、高画質での撮影が可能です。

風景はもちろん、人物を美しく撮影できるポートレートモードも搭載しているため、自撮りにも最適。

スマホにおいて新たな境地を開いたといっても過言ではない機種です。

▶ソフトバンク公式オンラインショップで「LG G8X ThinQ」を見る

2位:Xperia 5

Xperia 5

画像引用元:Xperia 5 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク Xperia 5のスペック
SoCSDM855
メモリ6GB
ストレージ64GB
ディスプレイ約6.1インチ有機ELディスプレイ
バッテリー3,000mAh
インカメラ800万画素
アウトカメラトリプルカメラ(1,220万画素×3)
重さ164g
価格98,640円
公式ショップ>Xperia 5を見る

Xperia 5はSONY製のハイエンドスマホ。

スペックの高さとシネマワイドディスプレイ、そしてトリプルカメラが売りのモデルです。

トリプルカメラはそれぞれ約1220万画素となり、あらゆるシーンを思いのままに撮影できます。

望遠・標準・超広角を自在に切り替えることができ、その卓越した表現力はカメラ重視で選ぶ人には見逃せません。

また、被写体の瞳に正確にピントを合わせて撮影できるポートレート機能を搭載。

動画に関してはシネマ撮影専用機能である「Cinema Pro」のUIが進化しています。

そのため、映画さながらの画作りや色の表現が楽しめる点も特徴のひとつです。

SONYのカメラ技術を結集した性能はXperia 5の真骨頂ともいえるのではないでしょうか。

メモリは6GBとハイエンドスマホの標準容量をクリアしており、処理性能は現行のスマホの中でもトップクラス

ブラウジングや動画視聴が快適に行えるのはもちろん、ゲームアプリでもスムーズな操作を実現します。

Xperia 5最大の特徴であるシネマワイドディスプレイは縦長のアスペクト比を採用した珍しいディスプレイ。

約6.1インチのディスプレイを搭載しており、2画面表示を可能にしています。

ブラビアの技術を活かしたHDRリマスターにより、標準規格の映像をHDR相当に変換するのも特徴です。

総評として、Xperia 5は独特な機能や仕様が目立つものの、一言で表現するならば万能なスマホと言えるでしょう。

特に21:9シネマワイドディスプレイの存在は大きく、美しい映像の映画などを大画面で楽しめます。

最新のソフトバンクのスマホのなかでも人気が高いため、是非Xperia 5の購入を検討してみて下さい。

▶ソフトバンク公式オンラインショップで「Xperia 5」を見る

3位:iPhone11 Pro

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro 料金・割引 | ソフトバンク

ソフトバンク iPhone11 Proのスペック
SoCA13
第3世代ニューラルエンジン
メモリ4GB
ストレージ64/256/512GB
ディスプレイ5.8インチ有機EL(OLED)
バッテリー3,046mAh
インカメラ1,200万画素
アウトカメラ1,200万画素×3
重さ188 g
価格64GB:127,200円
公式ショップ>iPhone11 Proを見る

iPhone 11 Proは最新のiPhoneで、テレビコマーシャルでも頻繁に放送されていることで話題のモデルです。

超広角カメラ・広角カメラ・望遠カメラの3つが搭載されており、美しい写真が簡単に撮れます。

さらに、拡張ダイナミックレンジにより、60fpsの4Kビデオを撮影できる点も特徴です。

撮影したビデオは回転やトリミング、フィルタの適用など新しいツールを使い編集できます。

歴代のiPhoneのなかでも最も鮮やかといわれるSuper Retina XDRディスプレイを搭載。

今までになかった映像体験ができるスマホとしても人気です。

また、一日中持続する高性能なバッテリーやタフな耐水性能など、「Pro」に相応しい機能を備えています。

プライバシーへの配慮も抜群で、faceIDによる顔認証によって大切な情報を保護します。

カラーはミッドナイトグリーン・シルバー・スペースグレイ・ゴールドがあり、好みに合わせることも可能です。

ソフトバンクは国内でiPhoneを初めて扱っただけに、今でも各種ラインナップのなかでも高い人気を誇ります。

▶ソフトバンク公式オンラインショップで「iPhone11 Pro」を見る

ソフトバンクおすすめ携帯ランキング【コスパ部門】

スマホ選びはやはりコストパフォーマンスがすべてという方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けてソフトバンクでおすすめのコスパ最強スマホランキングも作成したのでご紹介いたします。

1位:Google Pixel 3a


画像引用元:Google Pixel 3a 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク Google Pixel 3aのスペック
SoCSnapdragon 670
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ有機ELディスプレイ
バッテリー3,000mAh
インカメラ800万画素
アウトカメラ1,220万画素
重さ147g
価格46,728円(税込)
公式ショップ>Google Pixel 3aを見る

長らく日本では販売されていなかったGoogle Pixelシリーズですが、Google Pixel 3の販売を機に日本でも発売されることとなりました。

Google Pixel 3aはそんなGoogle Pixel 3の廉価版モデルに位置するスマホです。

Google Pixelの持ち味を活かしつつもコストパフォーマンスを高めたモデルとなっています。

SoCはクアルコムのミッドクラスモデル「Snapdragon 670」を搭載。

ハイエンドモデルほどではありませんが、普段使いするには充分な性能です。

もちろん、AI機能に特化させたコンセプトはGoogle Pixel 3から変わっていません。

Google Pixel 3と同じようにバッテリーの自動調整機能や撮影時に周辺の光量を自動測定・調整してくれる「夜景モード」などのAI機能を使用することが可能です。

カメラ性能はGoogle Pixel 3準拠の高性能なものとなっており、シングルカメラではあるものの質の高い撮影が行えます

ただ、ハイエンドスマホやカメラ特化のスマホほどカメラ性能が高いわけではないため、その点には注意しておいた方が良いでしょう。

▶ソフトバンク公式オンラインショップで「Google Pixel 3a」を見る

2位:arrows U


画像引用元:トップ|arrowsシリーズ

ソフトバンク arrows Uのスペック
SoCSnapdragon 450
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ液晶ディスプレイ
バッテリー2,880mAh
インカメラ800万画素
アウトカメラデュアルカメラ(1,310万画素+500万画素)
重さ166g
価格30,240円(税込)
公式ショップ>arrows Uを見る

低価格帯の国産スマホの中では高い人気を誇るarrowsシリーズですが、実は意外にもソフトバンクでは長らく取り扱いがありませんでした。

arrows Uはソフトバンク向けのarrows端末としては5年振りにリリースされたモデル。

arrowsシリーズならではのコストパフォーマンスの高さはもちろん、防水・防塵・耐衝撃性能に拘るなど使いやすい設計となっています。

搭載しているSoCはクアルコムのエントリークラスSoCSnapdragon 450であるため、重いアプリをサクサク動かすのは難しいでしょう。

しかし、ブラウジングや動画視聴などのスマホにあまり負荷を掛けない程度のアクティビティならストレス無く快適に行うことが出来ます。

3万円台のエントリークラスに位置するスマホでは珍しくarrows Uはデュアルカメラを搭載しており、本格的な写真撮影が可能です。

arrows Uは「スマホにあまりお金は掛けたくないけれど使いやすいスマホが欲しい」という方にとってぴったりのスマホと言えるでしょう。

▶ソフトバンク公式オンラインショップで「arrows U」を見る

3位:LG K50

LG K50

画像引用元:LG K50 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク LG K50のスペック
SoCMT6762
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ約6.26インチ
バッテリー3500mAh
インカメラ約1300万画素
アウトカメラデュアルカメラ(約1300万画素+約200万画素)
重さ約172g
価格24,480円
公式ショップ>LG K50を見る

LG K50は大容量なバッテリー、大画面など欲しい機能を兼ね備えたうえでお得な価格で販売されている人気機種です。

ディスプレイはおよそ6.26インチの大画面で、最新技術であるFullVisionディスプレイにより迫力ある映像を楽しめます。

また、LG K50は大画面にも関わらず片手での操作を楽に実現している点も特徴。

快適な操作を可能にする「ミニビュー」は、画面全体を縮小したり移動したりできるため、女性でも扱いやすいです。

そしてデザインに関してはメタリックボディで高級感があり、洗練された雰囲気をまとっています。

カメラ機能については約1300万画素と約200万画素のデュアルカメラを搭載。

手ブレ機能に対応しているため、補正をかけた綺麗な写真が簡単に撮影できます。

人物に特化したポートレート撮影により、被写体にピントを合わせた美しい写真が誰でも撮れます。

また、AIカメラ機能を搭載しており、フレーム内の被写体を人工知能がシーンに合わせて最適なモードで撮影。

そのため、人物や風景だけでなく、食べ物やペット、花などあらゆるものに対応できます。

価格に対して高いスペックを誇るスマホとして、ソフトバンクのラインナップでも人気を誇るモデルです。

>ソフトバンク公式オンラインショップで「LG K50」を見る

ソフトバンクおすすめ携帯ランキング【初心者部門】

携帯を初めて利用する方や、初めてスマホを持つ方が安心して利用でいる携帯ランキングも作成いたしました。

これからソフトバンクの携帯・スマホを持ちたいと思っているかたや、お子さんや親御さんにプレゼントを考えている方は参考にしてみてください。

1位:DIGNO®

DIGNO

画像引用元:DIGNO® ケータイ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク DIGNO® ケータイのスペック
SoCクアッドコア
メモリ1GB
ストレージ8GB
ディスプレイ約3.4インチフルワイドVGA
バッテリー1500mAh
インカメラ無し
アウトカメラ約800万画素
重さ約130g
価格11,000円
公式ショップ>DIGNO® ケータイを見る

DIGNO® ケータイは長く安心して使用できる耐衝撃性の高さや防水機能を備えたシンプルなモデルです。

IPX5/IPX8による防水性能により、水回りでの使用が多い人にとっては最適なケータイといえるでしょう。

また、IP5Xの防塵性能により塵やホコリなどが気になるときでも安心。

汚れた場合は防水機能を搭載しているため、水で軽く洗い流すことも可能です。

ガラケーですがスマホサイトに対応しているため、ネット検索でもパソコンなどと同じページを閲覧できます。

さらに、今や欠かせないツールであるLINEにも対応しているので、メッセージのやり取りも困りません。

800万画素の高画質カメラを搭載しており、コミックや色鉛筆といったエフェクト機能が充実しています。

動く被写体に自動でピントを合わし続けるコンティニュアスオートフォーカスを搭載しているため、誰でも簡単に撮影可能です。

ソフトバンク公式オンラインショップで「DIGNO® ケータイ」を見る

2位:Libero2

Libero2

画像引用元:Libero2 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク Libero2のスペック
SoCMSM8909
メモリ2GB
ストレージ16GB
ディスプレイ5.0インチHDディスプレイ
バッテリー2400mAh
インカメラ約500万画素
アウトカメラ約800万画素
重さ約137g
価格22,550円
公式ショップ>Libero2を見る

Libero2は重さが約137グラムで、厚さ8.7mmのコンパクトで使いやすいスマホです。

5.0インチのHDディスプレイを搭載し、クリアで色鮮やかな映像を映し出します。

簡単な操作を実現しており、なかでもカメラはスマホ任せで綺麗に撮影できる点は高評価です。

そして、最大の特徴は3カ国語表示に対応していることです。

日本語・英語・中国語での表示が可能なため、海外に行った際は非常に便利。

ビジネスシーンや旅行などで一定期間滞在する場合でも対応できます。

また、前払い制なので使い過ぎることなく使用できる点もおすすめされている理由です。

コンパクトなサイズ感から持ち運びがしやすく、操作も比較的簡単なことから初めてのスマホにぴったりです。

ソフトバンク公式オンラインショップで「Libero2」を見る

3位:シンプルスマホ4

シンプルスマホ4

画像引用元:シンプルスマホ4 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク シンプルスマホ4のスペック
SoCMSM8937
メモリ32GB
ストレージ3GB
ディスプレイ約5.0インチIGZO液晶
バッテリー2800mAh
インカメラ約500万画素
アウトカメラ約1310万画素
重さ約148g
価格48,480円
公式ショップ>シンプルスマホ4を見る

シンプルスマホ4は使いやすさと見やすさを追求した機種で、スマホデビューにぴったりです。

およそ5.0インチのHDディスプレイを搭載しており、簡単な操作性は機器が苦手な人でも使いこなせるレベル。

ホーム画面は大きなアイコンで、文字も見やすいのが特徴です。

IGZOディスプレイを採用しているため、屋外でも明るく見やすいので地図などで検索しているときでも確認がスムーズにできます。

また、楽ともリンク機能により使いたいアプリを簡単に検索できたり、よく使用する連絡先を登録したりと使い勝手抜群。

電話やメール、音声検索なども専用のボタンにより簡単に操作ができます。

電話が鳴った際は音だけでなくボタンが光って知らせてくれるため、見逃す心配も少ないです。

さらに、既読メールがあればメールボタンが光って教えてくれます。

そして、使い勝手だけでなく防水・防塵機能にも長けている点も特徴。

IPX5/8の防水性能とIP6Xの防塵機能により、水回りでの使用や塵やホコリの多い場所でも安心して使えます。

電池に負担が少ない充電方法である「インテリジェントチャージ」を採用しており、劣化を抑えつつ充電できます。

価格も比較的安いため、ソフトバンクでスマホデビューを検討している人はぜひチェックしてみてください。

ソフトバンク公式オンラインショップで「シンプルスマホ4」を見る

ソフトバンクなら最新機種が選び放題!

ご紹介した通り、ソフトバンクは最新機種のラインナップが大手キャリアの中でも多く、多様なスマホの中から最適な一台を選ぶことが可能です。

話題の機種であれば大抵のモデルがラインナップされています。

そのため、ソフトバンクでスマホを購入する際は「欲しいモデルがない」という事態にはならりにくいでしょう。

ただ、逆にラインナップが豊富であるが故に「どのスマホを購入するか決めきれない」という場合もあります。

そのときは、事前にお目当ての欲しいスマホ同士を比較してみると良いでしょう。

比較をすることで、自分が求めている機能に対していかに合致しているかがわかります。

比較の際は、自分が欲しいスマホはどんなものなのかを明確にした上で、理想に合うスマホをピックアップしていく方法がおすすめ。

理想のスマホが複数ある場合は、各スマホの特徴を比較し、最も惹かれる特徴を持ったスマホはどれなのかを見比べてみると良いでしょう。

ソフトバンクの機種変更はオンラインショップで手続きがオススメ

ソフトバンクの豊富なAndroidのラインナップ

いまやAndroidスマホのシェアがiPhoneを超えんばかりに「豊作」の2019年ですが、ソフトバンクでもやはり良作が揃っています。

まずはソフトバンクが取り扱う機種の特徴やメリットについて説明していきます。

2019年発売のアンドロイド端末を多数取り扱う

常に他社の1歩先を行く、と言われるソフトバンクだけあってスマホのラインナップもかなり特色のあるものとなっています。

基本的には高性能なスマホが多いものの、人気が高まりつつあるスタンダードスマホも多数ラインナップ。

最近はドコモやauもスタンダードスマホに力を入れていますが、ソフトバンクのラインナップはその1歩先を行っています。

性能一辺倒なスマホではなくコストパフォーマンスが高いスマホが欲しいのならソフトバンクは購入先として最適と言えるでしょう。

Google Pixelがキャリア購入できるのも大きなメリットです。

ギガモンスターなどのデータ通信しやすいプランがあることも相まって非常に人気が高くなっています。

ただ、他の大手キャリアと同様ニッチなスマホに関してはあまり取り揃えがありません。

そのため、ラインナップされているのはあくまで一般受けしやすいスマホが多いです。

ただし、2020年発売のAndroidスマホも取り扱いがあり、今後選択肢が増える可能性はあります。

スペックの高いスマホが中心

前述の通り、ソフトバンクはスタンダードスマホの取り扱いが多いものの、メイン機種はあくまでスペックの高いスマホが中心

例えばiPhone11シリーズやGoogle Pixel 3、Xperia 5などはトップクラスの性能を持っています。

ソフトバンクが販売するスマホの中ではかなり人気の機種となっています。

割引に関しては他社と足並みが揃ったものとなっており、格段に安くなるということはありません。

しかし、上手くキャンペーンを利用すれば高額機種でもお得に購入することが可能です。

スタンダードスマホであれば実質負担金3万円前後で購入することも難しくないでしょう。

2020年ソフトバンクの機種変更を100%得する方法|おすすめ機種ご紹介

ソフトバンクのスマホを買うなら公式オンライショップがお得

どのスマホを購入するか決まった方は次に「どこで購入するか」を考えると思います。

いつも近くのソフトバンクショップ(店舗)へ行く人が多いでしょう。

しかし、実は店舗より公式オンライショップの方が断然お得に購入ができるのです!

オンライショップのお得なポイントを紹介していきます。

  • 公式ショップだから安心・サポートも充実
  • 頭金0円で機種変更
  • 2,500円(税抜)以上で配送料無料
  • 在庫が豊富
  • 受取り方法が自宅・店舗で選べる
  • 無駄なオプションの加入が不要
  • 24時間利用できる

このようにお得なポイントは多く、自宅に居ながら全てを済ませてしまします。

頭金は店舗で購入すると3,000円~5,000円。

高いもので10,000円以上になることもあります。

また店舗独自の割引もよくわからないオプション加入が必須だったりします。

そんな煩わしさが一切ないのがオンライショップのメリットです。

是非一度オンライショップで購入を検討してみてください。