読了時間:約 2

スマホを機種変更する時に一番不安なことといったら、データ関連のことではないでしょうか?データの移行やバックアップなどは、スマホに詳しい人でも苦戦する作業の1つだと言えるでしょう。

また、LINEやおサイフケータイなどのよく使うアプリには、機種変更する前に設定が必要なものもあり、設定せずに機種変更をしてしまうとデータ移行が完全にできなくなってしまう場合もあります。

そんなハプニングに見舞われないためにも、スマホの機種変更の際に必要なデータ移行やバックアップ方法を詳しくご紹介します。

スマホの機種変更時のデータ移行はしっかりと準備が必要

まず、スマホの機種変更時のデータ移行についてですが、しっかりと準備が必要になります。ガラケーの時は、古い機種をケータイショップの店員さんに渡せば、電話帳や画像なども移行してくれました。

しかし、スマホの場合は、基本的には自分でデータを移行する作業を行わなければなりません。スマホのデータ移行の流れは「バックアップ→アップロード」の流れになります。

一度、外部のメディアやクラウド上にデータをバックアップし、機種変更後にまた引っ張り出すという流れです。ひと昔前に比べると、バックアップ機能がかなり発達しているのでデータ移行は簡単になったと言えるでしょう。

しかし、1つ1つのアプリでデータ移行のやり方が変わっていたりするので、手間がかかることは間違いありません。

バックアップはこまめにとっておく

スマホの機種変更時に、スムーズにデータ移行を行うために気をつけておきたいこと、それは普段から「バックアップをこまめにとっておく」ということです。

画像や音楽などはもちろんですが、電話帳やメールなど、機種変更後も引き継ぎたいと思っているデータに関しては、定期的にバックアップを取るようにすると良いでしょう。

LINEなども、トーク内容を保存したいのであれば、こちらもバックアップを取るようにしておいたほうが良いでしょう。そうすることで、機種変更時にあわてて膨大なデータをバックアップせずに済みます。

また、仮にスマホが壊れて機種変更せざるを得ない状況となったとしても、事前にバックアップを取っておくことで、全データが消えてしまうという最悪のケースを回避することができるでしょう。

そのために、マメにバックアップを取っておくことはとても重要だと言えるでしょう。

スマホの機種変更をする前にやっておくべきこと

それではここから、スマホ機種変更時のデータ移行・バックアップについて、詳しくご説明しましょう。スマホの機種変更をする場合、まず機種変更をする前の端末で行わなければならないことが多々あります。

ここで気をつけないといけないのが、「端末データの移行とアプリのデータ移行は別の操作が必要」ということです。例えば、電話帳や写真データなどは、端末に保存されているデータとなります。

そのため、端末に入っているデータのバックアップを取れば、次の機種にそのままデータを移すことが可能です。一方で、LINEなどのアプリでデータ移行する場合は、アプリ上での移行操作が必要となるので、主要なアプリはそれぞれでデータ移行設定を行う必要があります。

1つ1つ詳しくご説明していきましょう。

アカウントとパスワードの確認

まず一番重要なことは、iPhoneならApple IDを、AndroidならばgoogleアカウントのIDとパスワードをしっかりと確認しておきましょう。普段、あまりアプリなどを利用しない人は、機種変更時に設定を行って以来、IDやパスワードを確認していない人が多くいます。

アカウントのIDとパスワードがわからないと、機種変更後にスムーズにデータ移行を行うことができなくなってしまいます。それどころか、最悪の場合、元のアカウント情報がわからずに、1から設定し直さなければならない可能性もあります。

そのため、アカウントのIDとパスワードは、どこかに控えておくようにしましょう。普段から使っている人からすると、ウソのような話かもしれませんが、この段階でつまずく人が多いことも事実です。

電話帳のバックアップを取る

次に重要なのが、電話帳のバックアップを取ることです。スマホの電話機能を使う人は年々減っているでしょうが、LINEやFacebookなどのSNSでも電話帳から友達を探す機能があるので、電話帳はやはり重要です。

iPhoneの場合は、iCloudで自動的にバックアップされますが、Androidの場合は次の2つの方法で電話帳のバックアップを行うことが一般的です。

SDカードにバックアップする

Androidは、SDカードにデータを保存することが可能です。電話帳もSDカードにバックアップすることができるので、SDカードにインポートすることで、最新のバックアップデータを取っておくことができます。

基本的には手動で行う作業となるので、定期的にバックアップを取っておくと安心です。ただし、機種変更後のスマホにSDカードが入らない場合があるので注意しましょう。

クラウドサービスにバックアップする

ドコモやauなど、各キャリアが提供するバックアップアプリを利用して、電話帳をバックアップを取る方法もあります。その他にも、バックアップアプリはたくさんリリースされているので、自分の使いやすいアプリを使って、バックアップをしておくと良いでしょう。

その他にもgoogleのアカウントであれば、googleバックアップというサービスを利用することもできます。SDカードに比べて、バックアップする方法は面倒かもしれませんが、対象機種を選ばない分、使い勝手は良いと言えるでしょう。

iCloudの機能と使い勝手を徹底解説|iPhone使うならフル活用しないと損

次のページではアプリのデータ移行について解説します。

1 2 3