キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

電話帳、写真・動画、アプリのデータetc、あらゆるデータが保存されているスマートフォン。機種変更の際はできるだけ確実にデータ移行を行いたいところです。

そこで本記事では、Androidスマホの機種変更を対象に、データ移行・バックアップ方法を完全サポート

アプリやアカウントを利用したいくつかのデータ移行方法を紹介します。

なお、対応できる機種変更は【Android→Android】、【Android→iPhone】という形で記載しています。

スマホ機種変更時のデータ移行・バックアップ完全ガイド

「Googleアカウント」を利用する【Android→Android / Android→iPhone】


Androidの機種変更で一番簡単にデータ移行できるのがGoogleアカウントを利用する方法。

GoogleアカウントはAndroidに標準搭載されていますので、アプリ等のダウンロードも不要で、手軽にデータ移行を進められます。

ただし、データを移行できるのは電話帳、カレンダーなどGoogleと紐づいているデータのみなので、それ以外のデータも移したい場合は別の方法を用意する必要があります。

「Googleアカウント」を使ってデータ移行する手順

Googleアカウントを使ってデータ移行する手順は以下の通りです。

  1. 旧端末で「設定」>「ユーザーとアカウント」>「Google」をタップする
  2. 「アカウントの同期」をタップして項目ごとに同期のオンオフを設定する
  3. メニューから「今すぐ同期」をタップする
  4. 新端末から同じGoogleアカウントでサインインする

機種変更時のデータ移行だけでなく、日常的なデータのバックアップにも利用できます。

「Googleアカウント」で移行・バックアップできるデータ

Googleアカウントの「アカウントの同期」でバックアップが取れるデータは以下の通りです。

Googleアカウントでバックアップできるデータ Chrome / Gmail / Google Fitデータ / Google Play Music / Google Playムービー&TV / Play Games Cloud Save / カレンダー / ドライブ / ユーザーの詳細 / 連絡先

※Android 8.1.0

バックアップを取っておくと安心なのは、Chrome、Gmail、カレンダー、ユーザーの詳細、連絡先、あたりでしょうか。

「連絡先」については、Gmailに登録してある連絡先なので、普段キャリアの電話帳を利用している方は、そちらからバックアップ・データ移行を行いましょう。

各キャリアとも電話帳のデータをクラウドにバックアップする機能を無料で提供しています。

アプリゲーム用には、「Play Games Cloud Save」の項目がありますが、国内アプリゲームはアプリごとに引き継ぎコードやIDとの連携など、独自のデータ移行方法を提供している場合が多いです。

普段からよくプレイするゲームについては、公式の案内に従った方が良いでしょう

「JSバックアップ」を利用する【Android→Android / Android→iPhone】


定番のバックアップ・データ移行アプリの「JSバックアップ」を利用しても、簡単にデータ移行を行えます。

アプリはインストール後に無料版と有料版を選択でき、無料版では、標準アプリデータ(連絡先・カレンダーなど)とHD写真(HDサイズに圧縮したもの)に対応可能。

一方の有料版は、月額240円で3GB、360円で5GBまで利用でき、標準データに加えて画像、動画、LINEトーク履歴なども移行できます。

無料版のHD写真では原本のデータを保存できませんので、写真・動画などを含めてより多くのデータを移行したい方は有料版を利用するのが良いでしょう。

また、有料版を利用すれば、通常のバックアップアプリとして利用することもできます。

「JSバックアップ」を使ってデータ移行する手順

JSバックアップを使ってデータ移行する手順は以下の通りです。

  1. Google PlayまたはApp Storeからアプリをインストールする
  2. 旧端末でアプリを起動し、「かんたんデータ移行」をタップする
  3. 「データを取り出す」をタップし、「無料プラン」と「有料プラン」のどちらかをタップする
  4. 取り込み時に必要なパスワードを設定し、「データ取り出しスタート」をタップする
  5. 旧端末の画面にQRコードが表示される
  6. 新端末でもアプリを起動し、「かんたんデータ移行」>「移行先スマホでデータを取り込む」をタップする
  7. カメラが起動したらQRコードを読み取り、パスワードを入力する
  8. 「データを取り込みスタート」をタップする

そのほか、日頃から「JSバックアップ」をバックアップに利用して、新端末でデータを復元するという方法でもデータ移行することができます。

「JSバックアップ」で移行・バックアップできるデータ

JSバックアップは無料版と有料版でデータ移行・バックアップできるデータが異なります。

それぞれのプランで取り扱えるデータは以下の通りです。

無料プラン 標準アプリデータ(電話帳、カレンダー、ブックマーク、アプリリストなど) / HD写真(原本をHDサイズに圧縮したもの)
有料プラン 標準アプリデータ / 画像 / 動画 / 音楽データ / 文書データ / LINEトーク

Googleアカウントと同様に、個々のアプリ内のデータについては、アプリごとにデータ引き継ぎ方法を確認する必要があります。

次のセクションでは、Move to iOSを利用する【Android→iPhone】をご紹介します。

Move to iOSを利用する【Android→iPhone】


画像引用元:Android から iPhone、iPad、iPod touch に移行する – Apple サポート
AndroidからiPhoneの機種変更には、Appleが公式に「Move to iOS」というアプリを提供しています。

「Move to iOS」は無料で利用でき、OSを跨ぐ機種変更でも多くのデータを移行できるので、AndroidからiPhoneに機種変更した場合はおすすめです。

ただし、完全にデータ移行用のアプリですので、上述した2つのように普段のバックアップに利用することはできません

「Move to iOS」を使ってデータ移行する手順

「Move to iOS」を使ってデータ移行する手順は以下の通りです。

  1. 新しいiPhoneで初期設定を進める
  2. 「Appとデータ」の画面で「Androidからデータ移行」をタップする
  3. 「続ける」をタップし、10桁のコードを確認する
  4. 古いAndroidで「Move to iOS」を起動する
  5. 利用条件に同意し、コード検索画面で「次へ」をタップする
  6. コード入力画面が表示されたら、iPhone側で確認した10桁のコードを入力する
  7. 「データを転送」画面で移行するデータを選び、「次へ」をタップする
  8. 転送が涵養したら、「iPhoneの設定を続ける」をタップする

すでにiPhoneの初期設定を終えている場合は、「設定」アプリから一度初期化する必要があります。

Androidスマホから新型iPhoneに変更する時注意すべき点|バックアップと移行編

「Move to iOS」で移行できるデータ

「Move to iOS」で移行できるデータは以下の通りです。

Move to iOSで移行できるデータ 連絡先 / メッセージの履歴 / 写真 / 動画 / ブックマーク / メールアカウント / カレンダー / アプリのリスト

アプリのリストについては、Google PlayとApp Storeで共通している無料アプリが自動でインストールされます。

共通する有料アプリについては、App Storeのウィッシュリストに表示されます。

ブックマークやメールアカウント上手く移行できないケースがあるようで、その場合は手動で同期・アカウントを追加する必要があるので注意しましょう。

キャリアアプリを利用する【Android→Android / Android→iPhone】


ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアでは、機種変更時のデータ移行やバックアップに対応できるアプリを提供しています。

ドコモであれば「ドコモデータコピー」、auであれば「auバックアップアプリ」、ソフトバンクであれば「あんしんバックアップ」、それぞれ無料で利用できますので、キャリア内の機種変更であればそちらを利用するのも良いでしょう

各アプリでバックアップ・データ移行できるデータや手順が異なりますので、詳細は各公式サイトで確認してください。

ドコモデータコピー | お客様サポート | NTTドコモ
auバックアップアプリ | サービス・機能 | au
あんしんバックアップ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Android機種変更時のデータ移行方法
  • Android標準搭載で簡単だが移行できるデータが限られる「Googleアカウント」。バックアップにも使える【Android→Android / Android→iPhone】
  • 定番のデータ移行アプリ「JSバックアップ」。有料版あり。バックアップにも使える【Android→Android / Android→iPhone】
  • iPhoneへの機種変更ならApple純正の「Move to iOS」。データ移行専用【Android→iPhone】

音楽データ、LINE、アプリゲームなどは個別でデータ移行が必要


Androidの機種変更時のデータ移行方法は意外とたくさん用意されています。

それぞれ取り扱えるデータと手順が異なりますので、自分が移行したいデータに合った最適な方法を選びましょう。

基本的に共通して移行できないデータとしては、音楽データ、LINE、アプリ内のデータがあります。

音楽データはPCやSDカードを使って移行する、LINEはアプリ内の2段階認証を使って移行する、アプリ内データはそれぞれのアプリごとに移行する、といった対応が必要になりますので、大切なデータを失わないように注意しましょう。

スマホが壊れる前に!LINEデータのバックアップ・データ移行方法