読了時間:約 2

スマホが故障したときに困ることのひとつが旧端末からのデータ移行。

スマホ本体のデータはもちろんですが、LINEのデータも失うとなるとなかなか大変です。

そんなときのために、今回はスマホが壊れる前のLINEのデータバックアップと、故障した旧端末から新端末へのデータ移行方法をまとめました。

故障したスマホからLINEのデータを移したい、スマホが壊れる前にLINEのバックアップを取りたい、という方は参考にしてみてください。

【完全版】LINE引継ぎ方法|機種変更前と変更後に必読の情報まとめ

スマホ故障時のLINEのデータ引き継ぎができるかどうかは事前準備次第


故障した旧端末から新端末へLINEのデータを引き継ぎができるかどうかは、旧端末での事前準備が肝要です。

通常の機種変更であれば、機種変更を決めてから準備を進めても大丈夫ですが、旧端末が故障して操作できず、かつ事前準備も十分でないとなると、正しくデータを引き継ぐことが難しくなります。

スマホが壊れる前に、本記事で紹介する各種設定や登録を済ませておきましょう

すでに旧端末が壊れて操作できないという方は、事前準備でできることがありませんので、「新端末でデータを復元する」のところから参考にしてみてください。

新端末へ移行できるデータ・できないデータ


新端末へ移行するデータは、Android→AndroidやiPhone→iPhoneといったように同じOS間で行う場合と、異なるOS間で行う場合で、引き継げるデータが異なります。

機種変更によるデータ移行と故障によるデータ移行のどちらでも変わりませんので、実際にデータ移行を行う際は、どのデータを引き継げるのか確認しておく必要があります。

同じOS間でのLINEのデータ移行(Android→Android、iPhone→iPhone)


同じOS間でのデータ移行は、正しい手順を踏めば基本的にほぼすべてのデータを移行できます

通知音の設定や通知設定は引継ぎ後に設定する必要がありますが、新端末でもすぐにこれまでと同じ設定でLINEアプリを使用することができます。

同じOS間で移行できるデータ・移行できないデータをまとめると以下の通りです。

移行できるデータ

  • 友だちリスト
  • グループ
  • LINE ID、アイコンなどのプロフィール
  • トーク履歴
  • スタンプ・着せ替え
  • ノート・アルバムの内容
  • タイムラインの内容
  • ステータスメッセージ
  • LINEコインの残高
  • LINE Pay・LINEポイントの残高
  • Keepに保存した内容
  • LINE Outのコールクレジット
  • LINE関連アプリのデータ(LINEゲーム・LINE PLAYなど)

移行できないデータ

  • 通知音の設定
  • トークルームの通知設定

iPhoneとAndroidのどちらも、トーク履歴のみ別途バックアップからの復元の手順が必要です。

具体的な方法については、データ移行方法と一緒に後述しています。

スマホで決済|LINE Payの「かざして決済」とは?使うメリットと設定方法

異なるOS間でのLINEのデータ移行(Android→iPhone、iPhone→Android)


異なるOS間でLINEのデータ移行を行う場合は、データ移行できないデータが増えますので注意しましょう。

トーク履歴やLINEコインの残高などは引き継げないため、データ移行の前に対応する必要があります。

異なるOS間で移行できるデータ・移行できないデータをまとめると以下の通りです。

移行できるデータ

  • 友だちリスト
  • グループ
  • LINE ID、アイコンなどのプロフィール
  • スタンプ・着せ替え
  • ノート・アルバムの内容
  • タイムラインの内容
  • ステータスメッセージ
  • LINE Pay・LINEポイントの残高
  • Keepに保存した内容

移行できないデータ

  • トーク履歴
  • LINEコインの残高
  • LINE Outのコールクレジット
  • LINE関連アプリのデータ(LINEゲーム・LINE PLAYなど)
  • 通知音の設定
  • トークルームの通知設定

トーク履歴をどうしても残したい方は、テキストデータとして保存する方法がありますので、同じOS間のトーク履歴の引継ぎと一緒に後述しておきます。

そのほか引き継ぎできない各種残高については、データ移行の前に使い切ってしまいましょう。

[pagelink id=25435

LINEのデータバックアップ手順


LINEのデータバックアップのために確認することは主に以下の2点です。

LINEのバックアップで確認すべきこと
  • 1.電話番号・メールアドレス・パスワードを登録する
  • 2.トーク履歴のバックアップを取る

トーク履歴の引継ぎが必要ない方は、2つ目については無視して大丈夫です。

上述しましたが、異なるOS間での引継ぎの場合は、トーク履歴はテキストデータでの引継ぎになりますので注意しましょう。

加えて、故障した旧端末で操作が可能な方は、一連の手順の後に旧端末から「アカウント引継ぎ設定」をオンにすることで手順が簡単になります。

それぞれの手順についてみていきましょう。

1.電話番号・メールアドレス・パスワードを登録する


LINEのデータは、基本的に電話番号とパスワードを入力して引き継ぎます。

ほとんどの方が電話番号の登録は済んでいると思いますが、パスワード・メールアドレスの登録はしていない方も多いです。

旧端末が故障している場合は、メールアドレスとパスワードでの認証が必須になります。いざというときのために忘れずに登録しておきましょう。

「電話番号・メールアドレス・パスワード」の3つを登録しておくことがバックアップで一番大切なことです。

電話番号・メールアドレス・パスワードの登録手順

それぞれの登録手順は以下の通りです。

  1. LINEのホームタブで「設定ボタン」>「アカウント」をタップする
  2. 「電話番号」の欄が正しいか確認する
  3. 「メールアドレス」からアドレスを登録する
  4. 「パスワード」からパスワードを登録する

メールアドレスは、データ引き継ぎ時に利用できるスマホ以外のアドレスを設定すると良いでしょう。

パスワードについては「登録完了」と表示されていれば、正しく登録されています。

一度設定したパスワードを忘れてしまった人は、引き継ぎの前に再登録をしておくと安心です。

2.トーク履歴のバックアップを取る


続いて、トーク履歴のバックアップです。

iPhoneは「iCloud」、Androidは「Google ドライブ」を利用してバックアップを取り、新端末でそれを復元することで、データを引き継ぎます。

OSが異なる場合は、トークルームごとにテキストファイルで送信してデータを残します。若干手間がかかるので、重要なトーク履歴のみ保存するのが良いでしょう。

いずれも旧端末が操作不能である場合は、バックアップを取る手段がありません。

iPhone間のトーク履歴バックアップ手順

iCloud

  1. 「設定」>「iCloud」の「iCloud Drive」をオンにする
  2. LINEアプリを起動する
  3. ホームタブの「設定ボタン」>「トークのバックアップ」にある「今すぐバックアップ」をタップする
  4. バックアップした日時が正しく表示されればバックアップ完了

Android間のトーク履歴バックアップ手順

  1. LINEアプリを起動する
  2. ホームタブの「設定ボタン」>「トーク」から「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップする
  3. 「Google アカウント」をタップし、バックアップ先のGoogleアカウントを選択する
  4. 「Google ドライブにバックアップする」をタップする
  5. バックアップした日時が正しく表示されればバックアップ完了

異なるOS間のトーク履歴バックアップ手順

  1. バックアップを取りたいトークルームを選択する
  2. メニューの「設定」から「トーク履歴を送信」をタップする
  3. メールの送信先を選択し、メールと送信する

保存したいトークルームごとに以上の手順を行ってください。

次のページでは、新端末でデータを復元する方法をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2