読了時間:約 2

機種変更や新規購入、MNPなどで新しいスマホ端末を購入した時は、旧端末と同様の環境を再現するには様々な再設定が必要となります。

中でも、今やライフラインと化したLINEは、旧端末と変わらない環境で再セットアップすべきアプリである、という方も多いのではないでしょうか。

絶対に消したくないLINEデータをきちんと新端末に引き継ぎできるよう、LINEのデータバックアップとトークの引き継ぎ・移行の方法をお伝えします。

LINEデータを引き継ぎする前の確認事項


画像引用元:LINE公式サイト
引き継ぎを実行する前に必ず各種情報をチェックして下さい。

LINEアカウントの確認

  • [友だち]タブ > 歯車マークの[設定] > [アカウント]をタップ

電話番号の確認

機種変更やMNPなどで旧端末と新端末が同じ電話番号の場合は、変更は必要ありません。確認のみしっかりと行ってください。

一方、新規端末購入して新しい電話番号でLINEを利用したい場合は、一時的に家の電話番号や家族の携帯電話の番号などに変更して下さい。新規端末へLINE移行後、改めて新しい電話番号を登録することになります。

メールアドレス

メールアドレスを登録していない場合は、必ず登録するようにして下さい。メールアドレスはキャリアメールではなく、GmailやYahoo mailなどのフリーメールが望ましいです。

たとえ、LINE移行が同一キャリアでの機種変更で、キャリアメールが継続して利用できる場合であったとしても、手違いでキャリアメールの変更を余儀なくされる場合もあります。新端末に移行しても、確実にメール確認が出来るアドレスで登録して下さい。

パスワードの確認

うろ覚えの場合は、必ず旧端末でパスワードを再設定して下さい。ただし、メールアドレスを登録済みかつ旧端末がない場合であってもメールが確認できる場合は、新端末でもパスワードの再設定を行うことができます。

旧端末以外でのパスワードの再設定方法

新端末でLINEにログインする場合、パスワードを忘れていてもメールアドレスが分かればパスワードの再設定をしてログインすることができます。

  1. [ログイン] > [パスワードを忘れた場合]をタップ
  2. LINEに登録しているメールアドレスを入力
  3. [確認]をタップ

登録メールアドレスに再設定メールが送られてきます。メールの指示通りにパスワードを再設定して下さい。

Facebook連携の確認

Facebookアドレスをお持ちの方は、是非連携設定をオンにして下さい。電話番号認証やSNS認証が万全の場合であっても、引き継ぎ時は認証方法が複数あるに越したことはありません。万が一を考え、一時的にであれ、保険として連携をオンにすることをオススメします。

LINE引き継ぎで移行できるデータと移行できないデータ

LINE引き継ぎでは移行できるデータと移行できないデータがあります。

移行できるデータ

  • [友だち]リスト(グループを含む)
  • [ノート][アルバム]に投稿した内容
  • プロフィール設定(プロフィール画像/名前/ステータスメッセージ/ID)
  • タイムライン/ホーム
  • [Keep]で保存したデータ(画像や動画/テキスト/ファイル)
  • LINEスタンプと着せかえを利用する権利(プレゼントスタンプを含む)
  • 課金アイテムや購入履歴やコイン/LINEポイント残高
  • LINE関連タイトル(LINEゲーム・LINE PLAYなど)のアプリ連動に関するデータ

移行できないデータ

  • トーク履歴

購入したコイン残額の確認

Android間への引き継ぎ、あるいはiOS間への引き継ぎの場合、購入したコイン残額は引き継がれます。しかし、AndroidからiOSあるいは、iOSからAndroidなどの異種OS間への移行の場合、コイン残額は引き継がれません。移行前に残額分のコインは、スタンプや着せ替えを購入するなどして使い切ることをオススメします。

トーク履歴バックアップ方法


トーク履歴はLINEのアカウントの移行だけでは引き継がれません。トーク履歴も引き継ぎたい場合は、新しい端末でLINEにログインする前に、必ずバックアップを取るようにして下さい。

アップデート

LINEを最新の状態にアップデートします。トーク履歴のバックアップの前に必ずアップデートを行って下さい。LINEアプリのバージョンが旧スマホと新スマホで異なると、引き継ぎに失敗する恐れがあります。

トーク履歴バックアップ

AndroidスマホはGoogleドライブを使用して、iPhoneはiCloudを利用して、トーク内容のバックアップを取ることが出来ます。ただし、AndroidとiOSという異種OS間でのトーク履歴のバックアップは復元が叶いません。

また、Androidは、キャッシュデータはバックアップの対象には含まれないため、トーク履歴内の画像やスタンプが一部復元されない場合があります。一方で、iPhoneはトーク履歴内の画像やスタンプのバックアップ-復元自体ができません。

トーク内の重要な画像・動画はLINE内の[アルバム]や[Keep]への保存が必要となります。

Androidスマホでのバックアップ手順

Googleドライブを使ってトーク内容のバックアップが出来ます。

  1. [友だち]タブ > 歯車マークの[設定] > [トーク]をタップ
  2. [トーク履歴のバックアップ-復元]をタップ
  3. [Googleドライブにバックアップする]をタップ

    Googleアカウントが未設定の場合、バックアップを保存するGoogleアカウントを選択あるいは、「アカウントを追加」で設定します。Googleアカウントが設定されたら、もう一度、[Googleドライブにバックアップする]をタップ

キャッシュデータはバックアップの対象には含まれないため、トーク履歴内の画像やスタンプが一部復元されない場合があります。

iPhoneでのバックアップ手順

iCloudを使ってトーク内容のバックアップが出来ます。なお、iCloudへバックアップができる必要要件は下記の通りです。

  • LINEバージョン 6.4.0以上
  • iOS 8.1以上
  1. iPhoneの設定画面でiCloud Driveをオンにする
  2. LINEを起動して、[友だち]タブ > 歯車マークの[設定] > [トーク]をタップ
  3. [トークのバックアップ] > [今すぐバックアップ]をタップ

Googledドライブ、iCloudを利用する以外のバックアップの方法

テキスト形式でのバックアップ

AndroidとiOSの異種間では、トーク履歴のバックアップをとってもそれらの移行、復元は出来ません。しかし、iPhoneではテキスト形式でバックアップを取ることで、データとして残すことが出来ます。

iPhoneでトークデータをテキスト形式保存する手順
  1. 保存したいトークルームを選択
  2. 右上の[V] > [設定]をタップ
  3. [トーク履歴を送信]をタップし、ファイルを送信する手段を選択

アルバム

トーク履歴のバックアップでは、画像や動画は保存できません。別途、アルバムかKeepを利用して保存する必要があります。アルバムの保存の特徴は、大容量の画像の保存に適している点です。下記の枚数までアップロードできます。

  • アルバム毎の画像アップロード数最大で1,000枚
  • 1トークルーム毎最大で100個
  • 1回あたりの一括画像アップロード数で1,000枚
アルバムでの保存手順
  1. トークルーム画面上部[V] > [アルバム]をタップ
  2. 右下にあるアルバム作成アイコンをタップ
  3. 保存希望の画像にチェックを入れ、[選択]をタップ
  4. 画面上部[+]をタップ
  5. アルバム名を入力して[アルバム作成]をタップ

Keep

手軽で簡単に画像が保存できますが、保存容量は1GBまで、1ファイルが50MBを越えるコンテンツは30日間のみの保存という点は注意が必要です。

1 2