読了時間:約 3

Suicaを使っている方の多くは、Suicaカードを持ち歩いていると思います。それでも十分に便利ではありますが、実はSuicaアプリを活用すれば、スマホだけでSuicaを利用することができます。

このページでは、iOSのSuicaアプリについて、その使い方やメリットなどを解説していきます。

トップ画像引用元:モバイルSuica:JR東日本

iPhone 7からモバイルSuicaに対応!


画像引用元:iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する – Apple(日本)

2016年に発売したiPhone 7から、iPhoneはFeliCa(フェリカ)に対応するようになりました。これによって、Apple Payが利用できるようになり、モバイルSuicaも使えるようになりました。

モバイルSuicaとは、Suicaカードの機能をスマホの中に入れることで、Suicaカードを持ち歩かなくてもスマホだけでSuica決済やチャージなどが可能になるサービスのことです。

モバイルSuicaに対応しているiPhone一覧


画像引用元:Apple PayのSuica:JR東日本

モバイルSuicaに対応しているiPhoneは、以下のようになります。

  • iPhone 7/iPhone 7 Plus
  • iPhone 8/iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS/iPhone XS MAX
  • iPhone XR

この8機種のみ、モバイルSuicaに対応しています。小型スマホとして人気のiPhone SEや、docomo withに追加されたことで注目されているiPhone 6sは非対応なので注意してください。

Apple Pay対応でスマホ利用におすすめのクレジットカードを徹底比較(まとめ)

Apple Watchでも使える


画像引用元:Watch – Apple(日本)

対応iPhoneの他、Apple Payに対応しているApple WitchでもモバイルSuicaを使うことができます。

対応しているApple Watchは、Season 2・3・4となります。Season 1は非対応なのでご注意ください。Apple Watchが対応していれば、iPhoneが非対応でも連携でモバイルSuicaを利用できます。

Apple Watch Series 4が発売開始|今更聞けないApple Watchのメリット

モバイルSuicaを利用するための手順


画像引用元:JR東日本:モバイルSuica>各種手続き

対応機種を確認いたところで、次はモバイルSuicaを利用するための手順について説明していきます。対応機種であれば、iPhone 7であろうと最新のiPhone XRであろうと手順は同じです。

Suicaアプリをダウンロードする


画像引用元:‎「Suica」をApp Storeで

はじめに、App StoreからSuicaアプリをダウンロードしてください。「Suica」と検索すれば出てきます。

Suicaカードを発行する


画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Suicaアプリを起動したら、「機種変更」か「Suica発行」を選択することになります。「機種変更」はすでにSuicaアプリを使っている方向けなので、はじめての方は「Suica発行」を選択します。

Suica発行を選択すると、次に「Suica(無記名)」「My Suica(記名式)」「Suica定期券」という選択肢が出てきますが、通常のSuicaカードを持っていない方は「My Suica(記名式)」「Suica定期券」を選ぶのが一般的です。

「My Suica(記名式)」と「Suica定期券」ならば、紛失した際にチャージ残高が保障されるほか、再発行も容易です。しかし、「Suica(無記名)」には保障がありません。

それなので、よほどの事情がないのならば「Suica(無記名)」は選ぶべきではありません。

アプリ画面に従って会員登録をする


発行するSuicaカードを選んだら、アプリの記載に従って「会員登録」することになります。規約等を読んで「同意する」をタップしましょう。

同意できない場合は、Suicaアプリを使うことはできません。気になる方はすべて目を通しておきましょう。規約に同意後、メールアドレスや姓名など必要事項を記入することになります。画面に従って進めてください。

記入すると「カードを追加中」となり、その後に「“My Suica”がApple Payが利用可能になりました。」と表示されます。これで使う準備ができました。

アプリにSuicaカードが表示されるようになったら完了です。

すでにSuicaカードを持っているなら「取り込み」で一発!


画像引用元:購入方法|Suica:JR東日本

上記の手順は、Suicaカードを新規発行する場合です。すでにSuicaカードを持っている方は、最初の「Suica発行」から「Suicaカードの取り込み」を選択してください。

アプリに取り込みたいSuicaカードを、画面に従ってiPhoneと重ねることで、取り込むことができます。

ただし、以下のカードは取り込みができません。

  • Suica機能付クレジットカード
  • 通学定期券の一部(高校生以下のもの)
  • 割引定期券(障害者、特定者、普通職業訓練)
  • Suica以外のICカード
  • Suica付学生証・社員証
  • ゆうちょICキャッシュバックカードSuica

「エクスプレスカード」設定もしておこう

My SuicaがApple Payで利用できるようになったら、「エクスプレスカード」設定をしておきましょう。これは必須ではありませんが、利便性が格段に上がります。

エクスプレスカード設定とは、改札機をすばやく通過するために、Touch IDなどを使わずにSuicaを利用できるようにする機能です。これをしないと、いちいち改札で指紋認証などを求められてしまいます。

これを設定すると、他人に勝手に使われてしまうリスクは上がりますが、便利さだけで考えたら断然設定しておくことをオススメします。心配な方は設定せずに使いましょう。

この設定は後から「WalletとApple Pay」設定で変更することができます。ちなみにiPhone X、iPhone XS、iPhone XS MAX、iPhone XRの場合は、指紋認証ではあんく顔認証になります。

モバイルSuicaにチャージしよう


Suicaアプリの「チケット購入・Suica管理」画面の下の方に、「登録クレジットカード情報変更」という項目があります。ここからSuicaアプリにクレジットカードを登録し、そのカード払いでチャージすることができるようになります。

クレジットカードを登録したら、Suicaカード画面に表示されるクレジットカードのブランドマークをタップし、「入金(チャージ)」から金額を指定すればチャージ完了です。

実はSuicaアプリを使わなくてもモバイルSuica自体はiPhoneにプリインストールされている「Wallet」アプリで使えるのですが、Suicaアプリのほうが登録できるカードの種類が多いというメリットがあります。

餅は餅屋、SuicaはSuicaアプリということで、モバイルSuicaを使うならなるべくSuicaアプリをダウンロードして活用することをオススメします。WalletはSuica以外にも使える分、ごちゃごちゃしてしまうので、Suicaアプリを使うことで管理も楽になります。

オートチャージでさらに快適!


クレジットカードの登録まで済ませたら、オートチャージの設定も行ってみましょう。チャージは本来手動なのですが、オートチャージを設定するとSuicaの残高が設定金額を下回った時に、自動でチャージしてくれるようになります。

ただし、勝手にクレジットカード払いされることは不安だと言う方は、無理に設定することはありません。必要だと感じた方だけが設定すればよいものです。

1 2