読了時間:約 2

駅の改札やコンビニのレジにスマホをかざしている人を見かけたことがあると思います。

ちょっとした外出時や荷物を減らしたいときにスマホだけで決済ができるのはとても便利ですね。ガラケーは一部を除くほとんどの機種で端末をかざして決済ができていましたが、スマホでは利用できる機種が限られているのが現状です。

今回は、そもそもなぜ携帯電話をかざすだけで決済ができていたのか、スマホが主流になった現在での使い方やどんな場所で利用できるのかを解説していきたいと思います。

おサイフケータイ、モバイルSuicaとは


画像引用元:https://www.sony.co.jp/Products/felica/usecase/emoney.html
Suicaを始めとする電子マネー決済は電車やバスの公共交通機関だけでなく、コンビニやスーパーでも既に当たり前のように行われています。しかし、電子マネーは専用のカードを使う場合がほとんどでしょう。ここでは専用カードを使わずにスマホで電子マネー決済を行う手順を説明していきます。

おサイフケータイとは

画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu/index.html

「おサイフケータイ」とはFeliCaチップを搭載した携帯電話用のデジタルウォレットです。おサイフケータイには様々なIC乗車券や電子マネーを登録することができます。FeliCaとはソニーが開発した非接触通信の国際規格であるNFCの一種(NFC Type-F)であり、おサイフケータイの利用にはこのFeliCaチップが搭載されていることが必須条件です。

FeliCaを使ったおサイフケータイは日本特有のサービスなので、対応しているスマホはほとんどが国内メーカーの機種ですが、一部の海外メーカー製スマホ(例:Galaxy、iPhone)は日本向けにFeliCaチップを搭載している機種もあります。

スマホを新しく購入する際は、必ずおサイフケータイに対応しているかホームページや店員さんに確認しましょう。

モバイルSuicaとは


画像引用元:http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/whats/
「モバイルSuica」とは、スマホを用いて利用できるJR東日本が提供する会員制サービスです。
モバイルSuicaに会員登録すると、「おサイフケータイ」対応機種のスマホをSuicaとして利用することができます。

このモバイルSuicaはAndroid専用アプリが提供されているので、Felica対応Androidスマホを所持されている方は「おサイフケータイ」アプリのリンクか、GooglePlayストアからアプリをダウンロードして利用開始できます。

また、iPhoneではモバイルSuicaのアプリは提供されていないので、後述する「Apple Pay」というサービスに電子マネーのSuicaを登録して利用することになります。名称がたくさん登場して少しややこしいですが、AndroidスマホとiPhoneではアプリが違うという事だけわかっていれば問題ないと思います。

では、具体的にどうやってSuicaをスマホで使うのかを説明していきます。

Suicaをスマホで使う方法


画像引用元:https://www.jreast.co.jp/suicamoney/use/index.html
スマホに登録できる電子マネーはSuica以外に何種類かありますが、現時点ではSuicaだけがスマホとの連携に対応した交通系ICカードです。よって、公共交通機関の利用から買い物までをスマホ1台で行うにはSuicaを選んでおくのが良いでしょう。

iPhoneでSuicaを使う(Apple Pay)


画像引用元:http://www.jreast.co.jp/appsuica/
2016年10月25日、日本でApple Payのサービスが開始されました(年会費は無料)。日本向けのiPhone7 / 7 Plus / 8 / 8 Plus / X、Apple Watch Series 2 / 3でSuicaが利用できます。注意が必要なのは、海外のSIMフリーiPhoneやApple Watchは日本でのApple Payが利用できないということです。

Suicaを使いたい場合は日本国内の家電量のアップルストア、ケータイショップ販店などでiPhoneを購入するのが確実です。
また、iPhoneにSuicaカードを登録・チャージする方法は下記のとおりです。あらかじめクレジットカードを準備しておくと登録がスムーズに行なえます。

■登録・チャージ手順
1.App StoreからSuicaアプリケーションをダウンロードし、トップ画面(Suica一覧)で「Suica発行」をタップします。
2.Suica発行画面で発行するSuicaの種別を選択し、「発行手続き」をタップします。
3.規約と特約を読んだ上で同意する場合は「会員登録」をタップします。
4.会員登録画面で必要事項を入力します。
5.「金額を選ぶ」からSFチャージ(入金)金額(新規発行の場合は1000円以上)を設定後、決済方法を選択します。
6.「金額を選ぶ」からSFチャージ(入金)金額を設定後、決済方法を選択します。

AndroidスマホでSuicaを使う(Google Pay)


画像引用元:https://www.jreast.co.jp/mobilesuica/googlepay/index.html
2018年5月24日、モバイル決済サービス「Google Pay」「Suica」と「WAON」が追加されました。これで「楽天Edy」と「nanaco」を含む、4つの電子マネーをGoogle Payで一元管理できるようになりました。

また、2018年夏以降には「QUICPay」も追加予定です。Google Payは電子マネーの他に楽天ポイントカードやdポイントカード、モバイルTカードなどのポイントカードも管理できるのが特徴です。Apple Pay同様、登録前にクレジットカードの準備をしておくと良いです。

Google PayにSuicaカードを登録・チャージする方法は下記の通りです。

■登録・チャージ方法
1.Google Payアプリをダウンロードする。Google Payの規約に同意し「開始」をタップします。
2.「設定する」をタップします。
3.Suicaを選択し、規約・特約を読んだ上で同意する場合は「同意する」をタップします。
4.会員登録画面で必要事項を入力します。
5.会員登録が完了するとSuicaが利用可能になります。「OK」をタップするとSuicaが発行されます。
6.Suicaが発行されたら、ご希望の金額をチャージしてご利用ください。

AndroidスマホでSuicaを使う(モバイルSuica)


画像引用元:http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/start/
モバイルSuicaは、「ビューカード」というクレジットカードで登録した場合は当面の間、年会費は無料です。その他のブランドのカードで登録した場合は、モバイルSuicaの年会費として1,030円(税込)を支払う必要があります。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2