読了時間:約 1 minute

ドコモでスマホなどの携帯端末を購入する際に、月々サポートや端末購入サポートは強い味方です。

昨今高額化の一途を辿っている端末購入費用を割り引き、「実質」端末料金を引き下げてくれるからです。

しかし、2019年4月中旬に、ドコモでは新プラン「ギガホ」「ギガライト」が発表されました。

2019年6月1日からの新プラン施行に伴い、月々サポートと端末購入サポートといった「実質」端末値引きの申し込みが終了することとなりました。

ドコモ公式サイトでは、両サポートサービスともに新規申し込み期間が2019年5月31日(金曜)までとの表示がなされています。

新プランにおいて、これまでのサポートサービスのような端末購入費の値引きあるいは補助が新たに打ち出されるかは、2019年4月現在では未定です。

同等のサービスの発表がない以上、実質お得にスマホ端末を購入できるのは今が最後となる可能性もあります。

新サービスへの移行前に、なるべくお得にドコモスマホを手にする方法を紹介します。

月々サポートと端末購入サポートの主だった比較


月々サポートと端末購入サポートの主な相違点および共通項は下記の通りです。

相違点

月々サポート 端末購入サポート
割引元 月々の端末利用料金 端末購入代金(一括割引)
適用条件 対象端末の購入およびプラン選択 対象端末の購入およびプラン選択と起算日から13ヶ月以上の端末利用
解除料 なし(適用条件から外れた場合割引終了) 有り(起算日から13ヶ月以内に適用条件から外れた場合)
割引額が最大となる適用期間 24ヶ月(購入日からは25ヶ月) 13ヶ月(購入日からは14ヶ月)
2年定期契約 必須条件ではない 契約必須

両サービスの相違点については、個別のプラン詳細にて詳しく説明します。

共通項

  • 対象の端末の新規購入が第一条件
  • 両サポートの適用は自動振り分けのため選択不可能
  • 新規申し込み期限が2019年5月31日まで
  • 起算日は端末購入日の翌月1日

月々サポートと端末購入サポートのどちらの割引が受けられるかは、購入予定端末がどちらの割引サービスに該当するか、また契約方法が新規契約か、MNPか、機種変更可で振り分けられます

傾向としては、MNPは端末購入サポート、機種変更は月々サポートが適用されることが多いです。

また、月々サポートのみ要申し込みとなりますが、基本的にオンラインショップ・店頭に関わらず、申し込みを外して契約されることはありません

上述でも触れましたが、2019年6月からの新プランの導入に伴い、両割引サービスともに公式サイトでの期限欄に、「〜2019年5月31日」との記載が載りました。

この期限とは新規申し込みの期限であって、2019年6月になったからといって、現在適用中のサービスが終了となるわけではありません

特に、特に分割での割引となる月々サポートの既存ユーザーは、割引期間中は引き続き継続して割引サービスをうけることができます。

また、起算日は、同じく端末購入日の翌月を1ヶ月目として数えます。

ただし、端末購入サポートで端末購入日が1日の場合、起算日は購入日当日となり、購入月を1ヶ月目としてカウントします。

月々サポートと端末購入サポートのまとめ
  • 2019年6月1日からの新プラン施行に伴い、月々サポートと端末購入サポートといった「実質」端末値引きの申し込みが終了
  • 月々サポートと端末購入サポートともに新規申し込み期間が2019年5月31日(金曜)まで
  • 月々サポートと端末購入サポートの適用は自動振り分けのため選択不可能
  • 月々サポートと端末購入サポートのどちらが適用されるかは、購入予定端末がどちらの割引サービスに該当するか、また契約方法が新規契約か、MNPか、機種変更可による
  • MNPは端末購入サポート、機種変更は月々サポートが適用されることが多い

次のページでは、月々サポートと端末購入サポートについて詳しくご紹介します。

1 2