ギガホとギガライトロゴ

読了時間:約 2

これまでにないシンプルな2つの料金プランの提供を開始したドコモ。

これからドコモに加入するという方であれば分かりやすく非常に便利ですが、プラン変更を考えている方にとってはどのプランに移行すればよいか悩みどころでしょう。

今回はそんなドコモの料金プランを比較して、利用頻度別でおすすめのプランを解説していきます。

機種変更を機に料金プランの見直しを考えている方、お得なプランがあるなら契約変更をしたいと考えている方は是非参考にしてみて下さい。

画像引用元:これからは、シンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモおすすめ最新携帯ランキング2019年|スマホ選びのポイント解説

新料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」

ギガホとギガライト
画像引用元:料金・割引 | NTTドコモ
新料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」の2つ。

料金プランの詳細については後ほど詳しくご紹介しますが、プラン変更により以前のベーシックプランなどの料金プランは廃止となりました。

簡単に一言で説明すると、ギガホは「データ定額プラン」ギカライトは「従量課金型プラン」です。

今後はこの2つのプランのいずれかを選んでスマホを運用することになるので、プラン変更の際は両方の特徴をよく知っておかなければいけません。

先に本項目のまとめを見てからそれぞれ説明をしていきます。

ドコモ料金プランまとめ
  • 月に5GB以下のデータ使用が多い人は「ギガライト」
  • 月に5GB以上のデータ使用が多い人は「ギガホ」
  • ギガホ+ギガホ割の組み合わせで6ヶ月間5,980円(税込)!
  • 家族以外との通話料金は「通話オプション」の任意加入で考えてみる

通話料金もグンと分かりやすくなった

基本プランが改定されたことにより、通話プランにもテコ入れがなされています。

最も大きな変更は通話料金が基本プランに含まれるようになったこと。

これによりオプションに加入しない場合は、通話をかけた分だけ通話料金を支払う仕組みとなりました。

もちろん、従来のプランにあった「かけ放題」などのサービスは新プランになっても継続して利用することが可能です。

ただ、以前と違って通話プランとして独立しているのではなく、通話オプションという形を取っています。

プラン選びで悩んだら利用頻度を確認!

「どのプランに乗り換えれば良いのか分からない」、「どんなプランが自分に合うのか分からない」という方は通話・データ通信の利用頻度を確認してみてください。

というのも、ドコモの料金プランは通話した時間、データ通信量によって料金が決まるため、利用頻度が分かれば自ずと選ぶべきプランも明確になるのです。

通話時間やデータ通信量が分からないという方は、以下の手順で確認してみるとよいでしょう。

通話時間やデータ通信料の確認手順
  • dメニューにアクセス
  • My docomoを開く
  • トップページにて確認

利用頻度の確認が終わったら、候補となる料金プランを絞り込んでいきます。

ドコモ料金プラン変更手順とタイミング|損をしないためのまとめ

ドコモのおすすめ料金プラン

データの利用頻度ごとのおすすめのプラン
  • 月によってデータ通信量が違うなら「ギガライト」
  • 毎月たくさんデータ通信をするなら「ギガホ」
  • 家族でデータ容量を共有するなら「ギガホ」
料金プランギガライトギガホ
定期契約なし:解約金-
~1GB:3,150円
~3GB:4,150円
~5GB:5,150円
~7GB:6,150円
30GB:7,150円
定期契約あり:解約金1,000円~1GB:2,980円
~3GB:3,980円
~5GB:4,980円
~7GB:5,980円
30GB:6,980円
通話料家族間通話料無料
家族以外への通話30秒あたり20円
通信制限速度128kbps1Mbps

月によってデータ通信量が違うなら「ギガライト」

3月は1GB、4月は4GBというように、月によって使用するデータ量が違うのなら「ギガライト」を選択すると良いでしょう。

ギカライトは従量課金型の料金プランで、使用したデータ通信量によって毎月の料金が変わります。

料金の段階は1GB/3GB/5GB/7GBの4段階。

データ通信量が1GBまでの料金は2,980円(税込)、3GBまでの料金は3,980円(税込)、5GBまでの料金は4,980円(税込)、7GBまでの料金は5,980円(税込)となっています。

つまり、ギカライトは毎月のデータ通信量が1GBから7GBの間に収まる方向けの料金プランなのです。

そのため、毎月のデータ通信の利用頻度がその程度であるなら、ギカライトを選ぶことをおすすめします。

毎月たくさんデータ通信をするなら「ギガホ」

毎月たくさんデータ通信をするのならデータ定額プランの「ギガホ」がおすすめです。

ギガホは毎月30GBまでデータ通信できる定額プランで、他社の似たプランより使えるデータ量は少ないものの、その分料金が割安なのが特徴。

ギガライトは7GB以上使用すると128kbpsとなってしまいますが、ギガホは30GB以上使用しても1Mbpsと高速の通信速度を利用できるのも魅力です。

料金は6,980円(税込)と高額ですが、これだけのデータ容量があることを考えれば妥当な料金と言えるでしょう。

また、ギガライトの5GB以上使用した際の料金は5,980円とギガホの6,980円とあまり料金が変わらなくなります。

月に5GB以上使用することが多いという方はギガホを利用する方がおすすめですよ。

家族でデータ容量を共有するなら「ギガホ」

家族でデータ容量を共有する場合は、家族全員の通話およびデータ通信の利用頻度を確認しなければならないため、プラン選びが難しくなりがちです。

ただ、家族みんなでデータ容量を共有する場合、大抵はギガホを選ぶことが多く、ギガライトを選ぶケースはそう多くありません。

というのも、ギガライトは1人で利用する分には充分なデータ容量を持っていますが、複数人で使えるほどではないため必然的にギガホを選択することになるのです。

現状ドコモにはギガホ以上にお得なデータ定額プランが存在しないため、「家族でデータ容量を共有する=ギガホに加入する」と考えておいた方が良いでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップを見る

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の10%がポイント還元
  • オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 国内とハワイの主要空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDはドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカード GOLDの年会費は1万円(税抜)かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

ドコモのおすすめ通話プラン

通話の利用頻度ごとのおすすめのオプション
  • あまり通話しないならオプションなし
  • 短い通話を何度もするなら「5分通話無料オプション」
  • 通話頻度が高いなら「通話かけ放題オプション」

あまり通話しないならオプションなし

前述のように現在のドコモの通話料金は基本プランに含まれているため、以前のように基本プランに加えて通話プランに加入する必要はありません。

ただ、通話無料時間が存在しない状態で通話をすることになるので、オプションに加入しない場合は通話の度に通話料金が発生することになります。

通話オプションに加入するかどうかは、毎月の通話の利用頻度を確認した後、以下の基準で考えてみるとよいでしょう。

オプションなしの選定基準
  • 通話料金が700円未満
  • 1回の通話が5分以内に収まる

通話料金が700円未満かつ1回の通話がごく短時間に収まるのであれば、通話オプションに加入する必要はないでしょう。

ただ、これはあくまで目安であり、通話をする機会が増える可能性があるのなら、そのタイミングだけでも通話オプションに入っておくべきです。

いくら通話料金が20円/30秒と安いとはいえ、長時間の通話を繰り返せば必然的に通話料金の負担は増大してしまいます。

そうならないためにも、通話の利用頻度が増えた・増えそうだと感じた時はすぐに通話オプションに加入するようにしましょう。

短い通話を何度もするなら「5分通話無料オプション」

短時間の通話を何度も行う方におすすめの通話オプションが「5分通話無料オプション」です。

5分通話無料オプションは名前の通り、5分未満の通話が無料となるオプション。

ただ、あくまで無料になるのは5分未満の通話のみであるため、5分以上通話すると通話料金が別途料金に加算されます。

オプションの料金は700円(税込)。他社の類似したオプションに比べるとやや高額であるものの、通話の利用頻度が高い方には非常におすすめなオプションとなっています。

「短時間の通話をかけることが多い」、「かけ放題オプションが必要なほど通話はしないが、通話オプションをつけておきたい」という方は加入を検討してみて下さい。

通話頻度が高いなら「通話かけ放題オプション」

友人や恋人と長時間電話をすることが多い、または仕事の関係上1回の通話が5分に収まりきらないことが多いという方には「通話かけ放題オプション」がおすすめです。

通話かけ放題オプションは長年ドコモが提供してきた「カケホーダイプラン」の後継と言える通話オプションで、名前の通り加入すると通話が無制限にかけ放題となります。

いくらかけてもオプション料金以外の料金はかからないというのは非常に大きなメリットであるものの、料金は1,700円(税込)と高め。

そのため、加入を検討する際は自分の通話の利用頻度をよく確認した上、加入したほうがお得なのかどうかをしっかり考えてみるようにしましょう。

「とりあえず加入しておく」といった考えで加入するには少々料金がかさむので注意して下さい。

>ドコモ公式オンラインショップを見る

機種変更前に必ずシミュレーション!

ドコモでできるシミュレーションはこの2つ
  • 基本的には「おてがるシミュレーション」
  • より詳しく知りたいなら「しっかりシミュレーション」

プランを変更をした方がお得なのかどうか、プラン変更前に必ず料金プランのシミュレーションで確認するようにしましょう。

料金プランのシミュレーションはドコモの公式サイトでできます。

シミュレーションは「おてがるシミュレーション」と「しっかりシミュレーション」の2種類。

「おてがるシミュレーション」はざっくりとした料金の概算を知ることができ、「しっかりシミュレーション」はあらゆるプラン・割引を想定した料金の試算を行えます。

基本的には、ざっくりとした概算とはいえ詳細な料金を知ることができる「おてがるシミュレーション」を使っておけばよいでしょう。

しかし、家族全員の料金をまとめて調べる場合などは、より詳しくシミュレートできる「しっかりシミュレーション」の方が便利です。

料金シミュレーション

機種変更におすすめのお得なプラン+キャンペーン

お得なプランとキャンペーンの組み合わせとは
  • 「ギガホ」なら「ギガホ割」で6カ月間1000円割引
  • 「スマホおかえしプログラム」で最大12回分支払い不要
  • 「下取りプログラム」でdポイントをGET

新料金プラン「ギガホ」におすすめな組み合わせのキャンペーン「ギガホ割」・「スマホおかえしプログラム」についてご紹介します。

「ギガホ割」なら6カ月間毎月1000円割引

ギガホ割
画像引用元:ギガホ割

「ギガホ割」は、機種変更の際に料金プランでギガホを選択すると、利用料金から毎月1,000円の割引が6ヶ月間適用されます。

「ギガホ割」が適用される条件はギガホに選択するだけ。とても緩めな条件なのでぜひ適用させたいキャンペーンです。

ギガホ割

お得なプラン+キャンペーンまとめ
  • ギガホは30GB使い放題で月額6,980円
  • ギガホ割を適用すると6ヶ月間-1,000円に
  • 6ヶ月間はギガライトの5GB〜7GBの月額料金と変わらず、お得に使える!

「スマホおかえしプログラム」なら最大12回分支払い不要

すまほおかえしプログラム
画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

「スマホおかえしプログラム」は、プログラムに加入したうえで対象機種を36回払いで購入すると、機種代金の支払いが最大12回分不要となるキャンペーン。

25ヶ月目以降にお使いの機種をドコモへ返却し、返却条件を満たすことができれば機種代金の残額分は支払わなくてもすむため、お得に機種変更することができます。

スマホおかえしプログラム

「下取りプログラム」でdポイントをGETしよう

下取りプログラム
画像引用元:下取りプログラム

「下取りプログラム」は、現在使っている機種を下取りとして提出すると、相当する下取り金額をdポイントとして受け取れるキャンペーンです。

故障して電源が入らないなど査定条件に通らなかった場合は下取りポイントを受け取ることはできません。

ただし、画面割れ品であれば通常品と比べポイントが低くなりますが下取りポイントを受け取ることが可能。画面割れでもぜひ下取りプログラムを利用してみましょう。

ドコモオンラインショップで送付キットの申し込みをし、自宅や郵便局にキットが届いたら機種を同封して送付するだけで完了です。

手軽に査定に送ることができるので、機種変更の際は下取りプログラムを利用してみることをおすすめします。

>ドコモ公式オンラインショップを見る

まとめ
  • スマホおかえしプログラムは機種代金を最大12回分支払い不要に
  • 機種変更時に下取りプログラムを利用すると、多額のdポイントがGETできる
ドコモの機種変更|最新機種でも12万円お得に購入できる方法と時期

dカードでドコモオンラインショップの手続きが更にお得に

dカードでポイント2倍
画像引用元:ドコモオンラインショップでdカード、DCMXならいつでもポイント2倍! | キャンペーン
ドコモが発行するクレジットカード「dカード」は、入会費・年会費永久無料で利用できるお得なクレジットカードです。

街やネットでのお買い物に使うだけでdポイントを貯める・使うことができるので、ドコモユーザーであれば入会しておきたいカードですよ。

dカードでは100円につき1ポイントを貯めることができるのですが、実はドコモオンラインショップでの注文にdカードを利用するとポイントが2倍になるんです。

つまり、ドコモオンラインショップでの購入の際は100円につき2ポイントを貯めることができるので、更にお得にdポイントをGETできちゃいます。

この機会にぜひdカードも合わせて利用してみてくださいね。

dカードとdカード GOLDを徹底比較|利用別に持つべきカードを考察

ドコモオンラインショップでの機種変更手順

  1. ドコモオンラインショップでの申込み準備
  2. ドコモオンラインショップでの商品の選択と申し込み
  3. ドコモオンラインショップでの注文完了

ドコモのメリットがまだよく分かっていない方は、こちらの記事でチェックしてみてください。

ドコモオンラインショップで機種変更するメリットと実店舗との違い

ドコモオンラインショップでの申し込み準備

ドコモオンラインショップで申し込みをする際、まず以下の3点を用意しましょう。

準備ができたら、サイト上で商品の選択と申し込みを進めます。

ドコモオンラインショップでの申し込みで必要なもの
  • dアカウントのIDとパスワード
  • クレジットカードまたは特定の金融機関口座
  • dポイントやクーポン(必要な場合)のコード

商品の選択と申し込み

購入したい商品を選択し、選択した商品の申込をします。

発売日前や在庫切れの場合でも予約することができます。

申し込み時、受け取り方法や支払い方法を選ぶ項目があるので、順番に進めていきます。

  1. 「自宅受け取り」か「ショップ受け取り」を選択
  2. 料金プランとサービスを選択
  3. 「分割払い」か「一括払い」を選択
  4. 注文内容の確認

支払いに利用したいdポイントやクーポンもこの申込み時に入力します。

注文完了

注文後に表示される受付番号などは念のためスクリーンショットを撮るなどして控えておきましょう。

購入した機種が届くまでは、今使っている機種をそのまま使えます。

なお、UIMカードを発行しなかった場合は、注文日から料金プランが申し込んだプランに変更されます。

利用頻度を元に料金プランを選んでみよう!

ドコモ料金プランまとめ
  • 月に5GB以下のデータ使用なら「ギガライト」
  • 月に5GB以上のデータ使用なら「ギガホ」
  • あまり通話しないなら「通話オプションなし」
  • 短い通話が多いなら「5分通話無料オプション」
  • 通話頻度が高いなら「通話かけ放題オプション」
  • ギガホ+ギガホ割の組み合わせで6ヶ月間5,980円(税込)!

主要な料金プランがギガホとギガライトの2つにまとめられたことで、プラン選びに悩んでいる方も少なくありません。

しかし、難しく考える必要はなく、データ通信と通話の利用頻度次第でどちらのプランを選ぶべきかが明確になります。

そのため、ドコモの料金プランで悩んだ時はまずデータ通信と通話の利用頻度を確認し、その後どちらのプランが自分にとって相応しいのかを考えて見て下さい。

選ぶべきプランが決まったあとは料金シミュレーションをして現在の料金プランと比較をしてみます。

比較の結果、新プランの方がお得なら新プランに乗り換え、現在の料金プランの方がお得なら乗り換えをせずに継続利用しましょう。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!