申し込み可能な保証対象端末

読了時間:約 6

2018年10月17日、ドコモは「最新Androidスマホの発表会」にてドコモのスマートフォン 2018-2019年冬春モデル11機種を発表しました。

毎回豊富なドコモの最新おすすめめスマホが登場します。

ラインナップはGoogle製のPixel3/3 XL、ソニー製スマホでは初有機EL搭載モデルとなるXperia XZ3といった話題の機種に、docomo with対象機種3機種を加えた充実の全11機種。

本記事では、ドコモの最新スマホなかでも、とくに注目のスマホ機種のスペックとおすすめポイントをまとめて紹介します。

機種変更やドコモへの乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、夏モデルも載っていますので気に入ったものがあれば夏モデルから選ぶのも良いのではないでしょうか。

Google Pixel 3 / Pixel 3 XL(2018年11月1日発売)


画像引用元:Google Pixel 3・Google Pixel 3 XL | 製品 | NTTドコモ

Pixel 3 / Pixel 3 XLの基本スペック

スペック Pixel 3 Pixel 3 XL
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約145.6 × 68.2 × 7.9 mm 約158 × 76.7 × 7.9 mm
重さ 約148g 約184g
ディスプレイ 5.5インチ 有機ELディスプレイ
(18:9)
約6.2インチ 有機ELディスプレイ
(18.5:9)
解像度 フルHD+(1,080 × 2,160) QHD+(2,960 × 1,440)
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 845
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB / 128GB
外部メモリ ×
バッテリー 2,915mAh 3,430mAh
アウトカメラ 約1,220万画素 / F値1.8
光学手ブレ補正
インカメラ 約800万画素 / F値2.2(広角)
約800万画素 / F値1.8(標準)
通信速度 受信時最大794Mbps 送信最大75Mbps
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 指紋認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IP68
イヤホンジャック ×
カラー クリアリーホワイト、ジャストブラック、ノットピンク
実質負担金
(64GBモデル)
機種変更時:月額2,376円x24回 / 総額57,024円
新規契約時:月額2,160円x24回 / 総額51,840円
乗り換え時:月額1,134円x24回 / 総額27,216円
機種変更時:月額3,780円x24回 / 総額90,720円
新規契約時:月額3,564円x24回 / 総額85,536円
乗り換え時:月額2,529円x24回 / 総額60,696円

ハイスペックなGoogle製Androidスマホ

11月1日より発売される「Pixel 3/3 XL」はGoogle製のAndroidスマホ

ドコモとソフトバンクから発売され、日本向けにおサイフケータイにも対応したことで一躍注目を集めています。

ドコモからはGoogle Pixel 3とPixel 3 XLの2機種が発売。

スペック面は共通する部分も多いですが、ディスプレイの大きさと解像度、バッテリー容量など、Pixel 3 XLの方が大きいモデルになります。

Google Pixel 3 XLの方にはノッチ(切り欠き)があるのも特徴的です。

CPUは現行最高スペックのクアルコム社製Snapdragon 845。メモリは4GBが搭載され、ハイエンドスマホらしい処理性能の優れた構成です。

ただし、SDカードスロットが搭載されていませんので、ストレージ容量は慎重に選びたいところ。

◎AI機能を使ったGoogleとの連携が新しい

Pixel 3には最新のAI技術を生かした機能が搭載されています。

とくに面白いのが「Googleレンズ」で、調べたいものにカメラを向けると、AIが画像を認識して関連情報を表示してくれます。

たとえば、洋服や靴などを写せばその商品や類似の商品が表示され、そのまま購入することも可能です。

文字も認識できるので、撮影したテキストから一部を選んで検索したり、外国語を翻訳したりと、使い道はさまざま。アプリなどを起動せず直感的にこれらの操作ができるのも便利です。

ドコモ2018年秋・冬モデル|Pixel 3/ Pixel 3 XLの辛口レビュー|ユーザーの評価は?

Xperia XZ3 SO-01L(2018年11月上旬発売)


画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ3 ドコモ SO-01L | ソニーモバイル公式サイト

Xperia XZ3の基本スペック

スペック Xperia XZ3 SO-01L
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約158 × 73 × 9.9 mm
重さ 約193g
ディスプレイ 約6.0インチ 有機ELディスプレイ(18:9)
解像度 QHD+(2,880 × 1,440)
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 845
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
バッテリー 3,200mAh
電池持ち時間 約100時間
アウトカメラ 約1,920万画素 / F値2.0 Motion Eyeカメラ
インカメラ 約1,320万画素 / F値1.9 ポートレートセルフィー機能
通信速度 受信時最大988Mbps 送信時最大131.3Mbps
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 指紋認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IPX5/8 IP6X
イヤホンジャック ×
カラー ボルドーレッド、ホワイトシルバー、ブラック、フォレストグリーン
実質負担金 新規・機種変更時:月額2,376円x24回 / 総額57,024円
乗り換え時:月額1,674円 / 総額40,176円

Xperiaシリーズ初の有機ELディスプレイを採用

ソニーの最新スマートフォンXperia XZ3は11月上旬から発売予定。

Xperiaシリーズとして初めて搭載される有機ELディスプレイは、有機ELテレビのブランド「BRAVIA」で培った技術をスマホ向けに最適化したもので、高精細で鮮やかな画質を実現します。

端末の処理性能に関わる部分については、XZ2と同じ構成。

チップセットにクアルコム製では現行最高スペックのSnapdragon 845に、4GBのメモリと64GBのストレージを搭載します。

Xperia XZ2 Premiumのメモリが6GBなので、それを下回るのが少し残念なところです。

◎前モデルXperia XZ2から薄型・軽量化に成功

前モデルXperia XZ2は、直線的で角ばった従来のXperiaのデザインを一新したことで注目を集めましたが、発売後は端末のサイズが賛否両論を呼びました。

Xperia XZ3では、バックライトが不要な有機ELを採用したこともあり、Xperia XZ2よりも薄型化・軽量化に成功しています。

数値上では端末の厚みは「11.1mm→9.9mm」の変更に留まりますが、前面と背面には3D曲面ガラスを採用しており、サイドフレーム部分は厚さ3mm

前モデルから引き続いての丸みあるデザインは手にフィット感があり、薄型化によって持ちやすさが改善されているのは大きなポイントです。

ドコモ2018年冬春モデル|Sony Xperia XZ3の辛口レビュー|ユーザーの評価は?

Galaxy Note9 SC-01L(2018年10月25日発売)


画像引用元:Galaxy Note9 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Note9の基本スペック

スペック Galaxy Note9 SC-01L
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約162 × 76 × 8.8 mm
重さ 約201g
ディスプレイ 約6.4インチ 有機ELディスプレイ(18.5:9)
解像度 QHD+(2,960 × 1,440)
OS Android 8.1
CPU Snapdragon 845
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 128GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
バッテリー 4,000mAh
電池持ち時間 約130時間
アウトカメラ 約1,220万画素 / F値1.5 / F値2.4(広角)
約1,220万画素 / F値2.4(望遠)
光学ズーム2倍、デジタルズーム10倍
インカメラ 約800万画素 / F値1.7
通信速度 受信時最大988Mbps 送信時最大75Mbps
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 指紋・顔・虹彩認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IPX5/8 IP6X
イヤホンジャック
その他 Sペン付属
カラー オーシャンブルー、ミッドナイトブラック
実質負担金 新規・機種変更時:月額3,564円x24回 / 総額85,536円
乗り換え時:月額2,862円 / 総額68,688円

注目のサムスンGalaxy Noteシリーズ最新モデル

サムスンのGalaxyシリーズ最新モデルがGalaxy Note9。ドコモからは10月25日より発売となります。

「Galaxy Note」シリーズと、同じくサムスン製のGalaxy Sシリーズで異なるのは、画面の大きさと本体に収納可能なS(スタイラス)ペン

Galaxy Note9に搭載されている有機ELディスプレイは6.4インチと、Sシリーズの最新モデルGalaxy S9+の6.2インチより大きくなっています。

CPUやメモリといった処理性能はGalaxy S9/S9+と同等。バッテリーは4,000mAhと大容量で、ドコモが計算した電池持ち時間は約130時間と両機種を上回ります。

スペックは申し分ない冬春モデル注目のハイエンドスマホです。

◎Sペンには新たにBluetooth機能が追加

Galaxy Noteシリーズ最大の特徴でもあるSペンには、新たにBluetooth機能が搭載

4,096段階の筆圧感知による滑らかな手書き入力に加え、音楽再生、動画視聴、カメラのシャッターを切るといった遠隔操作が可能になりました。

また、ドコモでは11月30日までに事前予約してGalaxy Note9を購入すると、dポイント9,999ポイントがもらえるキャンペーンを開催中。

購入するなら予約購入がお得です。

AQUOS sense2 SH-01LL(2018年12月発売)【docomo with対象】


画像引用元:AQUOS sense2 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS sense2の基本スペック

スペック AQUOS sense2 SH-01L
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約148 × 71 × 8.4 mm
重さ 約155g
ディスプレイ 約5.5インチ IGZOディスプレイ(18:9)
解像度 FHD+(2,160 × 1,080)
OS Android 8.1
CPU Snapdragon 450
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
バッテリー 2,700mAh
電池持ち時間 約120時間
アウトカメラ 約1,200万画素 / F値2.0
インカメラ 約800万画素 / F値2.2
通信速度 受信時最大150Mbps 送信時最大50Mbps
Bluetooth Bluetooth 4.2
生体認証 指紋・顔認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IPX5/8 IP6X
イヤホンジャック
カラー シャンパンゴールド、シルキーホワイト、ニュアンスブラック、ブロッサムピンク
実質負担金 新規・機種変更乗り換え時:月額1,323円x24回 / 総額31,752円

端末価格は冬春モデルのなかで最安

シャープのAQUOS sense2は今冬発売予定で、docomo with対象機種のスマートフォン。

AQUOS sense2の端末価格は31,752円(月額1,323円)と冬春モデルのなかでも最安で、docomo withの1,500円割引と合わせると、実質0円以下で運用できます。

最新のハイエンドスマホのトレンドでもある18:9のディスプレイを採用し、画面の大きさは前モデルのAQUOS senseが5インチであったのに対し、5.5インチに拡大。

ディスプレイにはシャープ製端末でお馴染みの、IGZO液晶ディスプレイが搭載されています。

◎前モデルAQUOS senseはヒット機種

AQUOS sense2は、2017年11月10日に発売されたAQUOS senseの後継機

AQUOS senseはスペック・デザインともに目を引く部分がありませんが、docomo withを利用して格安で運用でき、かつ普段使いには困らない性能を備えた端末として好調な売れ行きでした。

さらにスペックアップしたAQUOS sense2も注目の機種となりそうです。

Galaxy Feel2 SC-02L(2018年11月上旬発売)【docomo with対象】


画像引用元:Galaxy Feel2 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Feel2の基本スペック

Galaxy Feel2 SC-02L
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約149 × 70 × 8.4 mm
重さ 約168g
ディスプレイ 約5.6インチ 有機ELディスプレイ(18.5:9)
解像度 HD+(1,480 × 720)
OS Android 8.1
CPU Exynos 7885 Octa core
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
バッテリー 3,000mAh
電池持ち時間 約140時間
アウトカメラ 約1,600万画素 / F値1.7
インカメラ 約1,600万画素 / F値1.9
通信速度 受信時最大500Mbps 送信時最大75Mbps
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 指紋・顔認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi) ×
防水・防塵 IPX5/8 IP6X
イヤホンジャック
カラー フロストホワイト、オパールブラック、オーロラピンク
実質負担金 新規・機種変更・乗り換え時:月額1,755円x24回 / 総額42,120円

コスパ最高なdocomo with対象機種

11月上旬発売予定のサムスン製のミドルレンジスマホがGalaxy Feel2。

Galaxy Feel2の機種代金は月額1,755円で、加えて毎月1,500円の割引が受けられるdocomo with対象機種なので、格安で運用できます。

ディスプレイには有機ELディスプレイを採用し、CPU・メモリなどの処理性能も優秀で、冬春モデルのなかでもコストパフォーマンスの高いモデルといえます。

加えて、通信速度の受信時最大500Mbpsはdocomo with対象機種のなかで最速。

この価格帯で動画視聴もストレスなく楽しむことができるのは魅力的です。

◎スペック上ではAQUOS sense2以上

Galaxy Feel2と競合するのは、恐らく同じdocomo with対象機種として新発売されるAQUOS sense2。スペックを比較してみると、Galaxy Feel2の方が優秀です。

CPUに採用されているサムスン製のExynos 7885は、クアルコム製のSnapdragonの600番台に迫るスペックで、AQUOS sense2のSnapdragon 450よりも処理性能が高いです。

メモリも4GBとAQUOS sense2よりも1GB大きいものを搭載しています。

とはいえ、AQUOS senseはdocomo with対象機種として昨年にヒットを記録した人気シリーズ。

シャープ製のスマホは国内で知名度も高まっていますので、どちらが人気機種となるのかは、ふたを開けてみるまで分かりませんね。

ドコモ2018年秋・冬モデル|Galaxy Feel2の辛口レビュー|ユーザーの評価は?

らくらくスマートフォン me F-01L(2019年春発売予定)【docomo with対象】


画像引用元:らくらくスマートフォン me F-01L デザイン – FMWORLD.NET

らくらくスマートフォン me F-01Lの基本スペック

らくらくスマートフォン me F-01L
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約143 × 70 × 9.3 mm
重さ 約140g
ディスプレイ 約4.7インチ 有機ELディスプレイ
解像度 HD(1,280 × 720)
OS Android 8.1
CPU Snapdragon 450
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部メモリ microSDXC(最大400GB)
バッテリー 2,110mAh
電池持ち時間 不明
アウトカメラ 約1,310万画素 / F値2.0
インカメラ 約500万画素 / F値2.4
通信速度 受信時最大150Mbps 送信時最大50Mbps
Bluetooth Bluetooth 4.2
生体認証 ×
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi) ×
防水・防塵 IPX5/8 IP6X
イヤホンジャック ×
その他 緊急時ブザー、音声読み上げ機能、らくらくタッチ
カラー ピンク、ゴールド、ブラック
実質負担金 新規・機種変更・乗り換え時:月額1,809円 / 総額43,416円

画面が大きくなってより見やすく

富士通製のらくらくスマートフォン meは、スマホに馴染みのないユーザー向けの端末

2019年3月発売予定のF-01Lはその最新モデルです。

電話やメールなどにすぐにアクセスできる分かりやすいメニュー画面が特徴的で、画面も前モデルの4.5インチから4.7インチになったことで、より見やすくなりました。

前モデルと同様にdocomo with対象機種で、1つの端末を長期にわたって利用するシニア層にもお得な端末となっています。

◎ディスプレイを”押す”と反応する「らくらくタッチパネル」

前モデルでは廃止された「らくらくタッチパネル」がF-01Lでは復活し、タッチで選択して、押し込んで決定する2ステップによって誤動作を防ぎます。

また、防水防塵性能が備わっており、汚れた場合は泡タイプのハンドソープで丸ごと洗浄が可能です。

そのほか、独自の機能として音量ボタン長押しで使える「緊急時ブザー」や「音声読み上げ機能」も備わっています。

iPhone XS / XS Max(9月21日発売)・iPhone XR(10月26日発売)


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

最新iPhone Xs / iPhone Xs Max / iPhone XRで使えるオンライン限定特典!

ドコモオンラインショップ限定特典
新規契約・機種変更・MNP(他社から乗り換え)でiPhone XやiPhone SEに使用できる5,184円分の割引特典(※機種変更の場合5,184ポイント)が、最新iPhone Xs / iPhone Xs Max / iPhone XRで使えると最新情報が入りました。

iPhone Xs / iPhone Xs Max / iPhone XRを購入するなら、下記のリンクから特典内容を確認しておくことをオススメします!

対象機種に最新iPhone Xs / iPhone Xs Maxが含まれた今が大チャンス!

ドコモオンラインショップ限定特典を確認する

基本スペック

モデル名iPhone XsiPhone Xs MaxiPhone XR
サイズ約143.6mm(高さ)
約70.9mm(幅)
約7.7mm(厚さ)
約157.2mm(高さ)
約77.1mm(幅)
約7.7mm(厚さ)
約150.9mm(高さ)
約75.7mm(幅)
約8.3mm(厚さ)
重さ177g208g194g
ディスプレイ5.8インチ
Super Retina HDディスプレイ
(有機EL)
HDRディスプレイ
6.5インチ
Super Retina HDディスプレイ
(有機EL)
HDRディスプレイ
6.1インチ
Liquid Retina HDディスプレイ
(IPS液晶)

3D Touch対応非対応
解像度2,436 × 1,1252,688 × 1,2421,792 × 828
OSiOS 12
CPUA12 Bionic
メモリ(RAM)4GB 3GB
メモリ(ROM)64GB
256GB
512GB
64GB
128GB
256GB
バッテリー連続通話時間:最大20時間
インターネット:最大12時間
ビデオ再生:最大14時間
オーディオ再生:最大60時間
連続通話時間:最大25時間
インターネット:最大13時間
ビデオ再生:最大15時間
オーディオ再生:最大65時間
連続通話時間:最大25時間
インターネット:最大15時間
ビデオ再生:最大16時間
オーディオ再生:最大65時間
コネクタ規格Lightningコネクタ
ワイヤレス充電対応
アウトカメラデュアルカメラ
広角/望遠(2倍) 1,200万画素
広角:F値1.8
望遠:F値2.4
センサ:1.4μm

デュアル光学式手ブレ補正

【ポートレイトライティング(5つのエフェクト)】
自然光・スタジオ照明・輪郭強調照明・ステージ照明・ステージ照明(モノ)
シングルカメラ
1,200万画素
F値1.8

光学式手ブレ補正

【ポートレイトライティング(3つのエフェクト)】
自然光・スタジオ照明・輪郭強調照明

インカメラ700万画素
F値2.2

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)

【ポートレイトライティング(5つのエフェクト)】
自然光・スタジオ照明・輪郭強調照明・ステージ照明・ステージ照明(モノ)
ビデオ4Kビデオ(24fps、30fpsまたは60fps)
撮影中に800万画素の静止画を撮影可

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
防水機能水深2メートルで30分の水没にも耐える防水対応(IP68)水深1メートルで30分の水没にも耐える防水対応(IP67)
Bluetooth5.0
生体認証顔認証(Face ID)
カラーゴールド
スペースグレイ
シルバー
ホワイト
ブラック
ブルー
イエロー
コーラル
レッド(PRODUCT RED)
SIMフリーモデル
本体価格(税別)
64GB:112,800円
256GB:129,800円
512GB:152,800円
64GB:124,800円
256GB:141,800円
512GB:164,800円
64GB:84,800円
128GB:90,800円
256GB:101,800円

ドコモ iPhone XS / XS Max / XRの価格はこちら

外観はiPhone Xを継承し、中身がスペックアップ

新型iPhoneである2018年モデルは3機種のラインナップとなりました。

「iPhone X」の後継機として「iPhone XS」、「iPhone XS」よりも大型ディスプレイを搭載した「iPhone XS Max」、さらに廉価版として「iPhone XR」の3機種で、いずれもフルスクリーンディスプレイを採用しています。

カラーは「iPhone X」 ではスペースグレイとシルバーの2色のみでしたが、今回は3色展開となり、ゴールドが追加されました。高級感がより一層増し、高い注目を集めることでしょう。

さらに外観に関して「iPhone XS」・「iPhone XS Max」では新しい高品位ステンレスフレームが採用されています。

精密に機械加工され、医療に使用されているものと同じグレードです。「iPhone XR」では航空宇宙産業で使用されているものと同じグレードのアルミ製フレームが採用されています。

今回新たに512GBの大容量ストレージモデルが登場したことも特徴的です。

Androidスマホのほとんどの機種に搭載されているSDスロットがiPhoneにはありませんので、外部ストレージを追加することが出来ませんでしたが、内蔵ストレージが512GBもあればデータ保存に関しては十分といえるでしょう。

ストレージ容量が足りないようであれば、icloudなどのオンラインストレージの利用も可能です。

通信機能でも進化が見られます。「iPhone XS」・「iPhone XS Max」2機種では「4 × 4 MIMO」と「LAA対応ギガビット級LTE」に対応したことで現在提供されている最大通信速度に対応したデバイスへと進化しています。

受信時最大速度が844Mbpsと今までのiPhoneの中では最高速度を実現し、Androidスマホと比べてもトップレベルの通信速度となりました。

「iPhone XR」は「iPhone X」と同じ「4G LTE-Advanced」に対応しています。受信時最大速度も794Mbpsを実現し、「iPhone X」の594Mbpsから比べ、進化しています。

予約・発売開始時期

「iPhone XS」「iPhone XS Max」は9月14日16時01分より予約受付が開始されています。発売及び発送開始は9月21日が予定されています。

「iPhone XR」は2機種に遅れて10月19日16時01分より予約受付が開始され、発売及び発送開始は10月26日が予定されています。「iPhone XR」の遅れはアルミ製フレームの生産の遅れが原因と見られています。

(2018年10月18日追記)
※2018年10月に予約時に配送先住所を登録するなど仕様が変更されました。「予約の方法」についての一度目を通しておくことをおススメします。
※2018年10月17日より、ドコモオンラインショップの代金引換払いでの注文受付を一時停止しております。

スペックアップしたデュアルカメラ

「iPhone XS」「iPhone XS Max」に搭載されたデュアルカメラは1200万画素の広角と望遠で「iPhone X」と変わりませんが、センサでは画素ピッチが1.4μmと大きくなり、光を取り込む量が増えたことで、暗部の表現力に期待できます。

1 2