スマホ本体代を分割支払い時の頭金0円
dカード GOLD申込で最大13,000ポイント
読了時間:約 3

これまでAndroidスマホを使ってきたけど、機種変更を機にドコモのiPhoneを購入したいと考えている方も多いことでしょう。

ここではドコモのiPhoneに機種変更するのに、価格が1番お得なモデル・機種変更方法などをご紹介していきます。

ドコモでiPhoneに機種変更・乗り換え(MNP)をするのに最適なキャンペーンやショップについても解説していくので、機種変更を検討している方は是非参考にしてみてください。

新型iPhoneを含む最新機種の機種変更がお得になるドコモのキャンペーン情報などはこちらの記事からチェックしてみてください。

画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

ドコモのiPhone価格を一覧で比較


画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

機種名本体価格スマホおかえしプログラム
iPhone 743,560円(税込)
※在庫なし
×
iPhone SE(第二世代)57,024円(税込)38,016円(税込)
iPhone 1176,120円(税込)50,746円(税込)
iPhone 11 Pro115,720円(税込)77,146円(税込)
iPhone 11 Pro Max138,600円(税込)92,400円(税込)
iPhone XR53,240円(税込)
※端末購入割引のみ適応
×

2020年6月更新:iPhone XR一部カラーの在庫が追加されました。iPhone 7の在庫がなしになっています。

現在ドコモオンラインショップで販売されているiPhoneは上記5機種となっています。

少し前まではiPhone 7やiPhone 8なども販売していましたが、現在では在庫切れとなっており、今後入荷の予定はありません。

ドコモでiPhoneへ機種変更する際は価格やスペックなどを比較をして、自分の目的に合う機種はどれなのかを考えてみましょう。

特に機種変更をお得に進めたいのなら、価格や割引額の大きさには注目しておきたいところです。

POINT

  • 最も安く購入できるのはiPhone SE(第2世代)
  • 割引額が最も大きいのはiPhone 11 Pro Max

この2つを頭に入れてiPhoneおすすめランキングを見ていきましょう。

ドコモのiPhone機種変更で価格が安いお得なTOP3

スマホは基本的に最新の機種ほど性能が高くなっていますが、iPhoneシリーズは古い機種であってもOSの更新が行われるため長く安心して使えるのが魅力的です。

ドコモの格安iPhoneTOP3
  1. iPhone SE(第2世代)(64GB)
    価格:38,016円(税込)
  2. iPhone 7(32GB)
    価格:43,560円(税込)
  3. iPhone 11(64GB)
    価格:58,080円(税込)

まずはドコモのiPhoneへ機種変更するときに最も重要なポイントとなる「価格が安いお得なモデル」をチェックしてみましょう。

1位:iPhone SE(第2世代)

iPhone SE 256GB(第2世代)
画像引用元:iPhone SE 256GB(第2世代)

iPhone SE(第2世代)の特徴・価格など
主な特徴4.7インチ Retina HD
IP67等級の耐水性能と防塵性能
セキュリティー認証がTouch ID
12MP広角カメラ
4Kビデオ撮影
ワイヤレス充電
A13 Bionicチップ(iPhone 11と同じ)
オンラインショップ価格57,024円(税込)
スマホおかえしプログラム適用38,016円(税込)
公式ショップ>iPhone SE(第2世代)を見る

前述の通り、現在ドコモのiPhoneで1番目に価格がお得なのはiPhone SE(第2世代)となっています。

iPhone SE(第2世代)はドコモから2020年4月20日より予約開始、5月11日に発売が開始される新型iPhone。

待ちに待った指紋認証が返ってきた最新モデル、iPhoneにしては低価格な点が注目され話題を呼んでいます。

低価格帯のiPhoneながら、SoCにはiPhone 11などの最新モデルと同じ「A13 Bionic」を搭載するなどスペックも申し分ありません。

ブラウジングや動画の視聴はもちろん、重いゲームアプリなどもサクサク動作してくれるでしょう。

機能面でも高速充電・ワイヤレス充電・耐水性など、ハイスペックモデルに匹敵する機能が詰まっています。

カメラに関してはハイスペックモデルほどの機能はないので、カメラ好きには少し不満が残るかもしれません。

また、iPhone SE(第2世代)はスマホおかえしプログラムの対象にもなっているため、分割で購入・機種変更すると更にお得な価格になります。

販売開始後は注文が殺到することが予想されるので、発売日当日に欲しい方や、早く手に入れたい方は予約をしておきましょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone SE(第2世代)」を見る

2位:iPhone 7(32GB)

iPhone 7 32GB
画像引用元:iPhone 7 32GB

iPhone 7の特徴・価格など
主な特徴4.7インチRetina HDディスプレイ
IP67等級の耐水性能と防塵性能
4Kビデオが撮れる12MPカメラ
Retina Flash搭載7MP FaceTime HDカメラ
セキュア認証とApple PayのためのTouch ID
A10 Fusionチップ
iOS 12対応
オンラインショップ価格43,560円(税込)
スマホおかえしプログラム適用対象外
公式ショップ>iPhone 7(32GB)を見る

2020年6月更新:iPhone 7の在庫がなしになっています。入荷予定は未定となっています。

iPhone 7は長らくドコモで買えるiPhoneの中では最も低価格なモデルでしたが、iPhone SE(第2世代)のリリースに伴って、その座を譲ることとなりました。

最新iPhoneであるiPhone SE(第2世代)の方が低価格な理由には「スマホおかえしプログラムの利用可否」が大きく関係しています。

というのも、iPhone 7は端末価格を安くできる「スマホおかえしプログラム」の対象機種ではないため、大きな割引を得られないのです。

価格差のあまり無い機種にiPhone SE(第2世代)が存在する中、型落ちモデルのiPhone 7を選ぶ理由はあまりないでしょう。

1円でも安いiPhoneが欲しい、という方にとってはiPhone 7がおすすめですが、コスパ重視ならiPhone SE(第2世代)へ機種変更することをおすすめします。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 7」を見る

3位:iPhone 11(64GB)

iPhone 11 64GB
画像引用元:iPhone 11 64GB

iPhone 11(64GB)の特徴・価格など
主な特徴6.1インチLiquid Retina LCD
IP68等級の耐水性能と防塵性能
最大60fpsの4Kビデオが撮れるカメラ
12MPカメラ(広角と望遠)
豊富なカラーバリエーション(6色)
A13 Bionicチップ
iOS 13以降対応
オンラインショップ価格87,120円(税込)
スマホおかえしプログラム適用58,080円(税込)
SPECIAL特典3,000dポイント還元
公式ショップ>iPhone 11(64GB)を見る

ドコモのiPhoneで3番目にお得な価格のiPhoneは、2019年9月に発売されたばかりの最新機種であるiPhone 11(64GB)です。

スマホおかえしプログラムを利用すれば、iPhone 11(64GB)の本体価格87,120円がなんと58,080円(税込)にまで下がります。

更にiPhone 11は「端末購入割引」の対象機種となっており、割引を利用すれば実質負担を50,746円(税込)まで割引してもらうことが可能です。

9万円近い価格に手が出なかったというユーザーも、5万円台にまで値下がりした今なら、気軽に機種変更できますね。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11」を見る

ドコモで価格がお得なiPhoneTOP3・まとめ
  1. iPhone SE(第2世代)
    価格:38,016円(税込)
  2. iPhone 7(32GB)
    価格:43,560円(税込)
  3. iPhone 11(64GB)
    価格:50,746円(税込)

ドコモのiPhone機種変更でコスパのいいTOP3

安いiPhoneだからといって自分のお気に入りアプリやカメラ機能を重いっきり楽しめなければ意味がありません。

やはりiPhoneを使うからには低価格なだけでなく、性能の高さにも注目しておきたいところです。

ここからはそんなコスパを重視する方向けのランキングをご紹介します。

ドコモのコスパ最強iPhoneTOP3
  1. iPhone SE(第2世代)(64GB)
  2. iPhone 11(64GB)
  3. iPhone 11 Pro(64GB)

SNSや動画、ゲームアプリがサクサク動作することは必須条件として、iPhoneで1番コスパのいいおすすめを考えて作成しました。

1位:iPhone SE(第2世代)(64GB)

iPhone SE 256GB(第2世代)
画像引用元:iPhone SE 256GB(第2世代)

ドコモ iPhone SE(第2世代)の価格とスペック
価格38,016円
(スマホおかえしプログラム適用)
ディスプレイ4.7インチ Retina HD
チップA13 Bionic
背面カメラデュアル1,200万画素(広角)
前面カメラTrueDepthカメラ
700万画素
生体認証指紋
Apple Pay対応
バッテリー1,624mAh
サイズ138.4(高さ)×67.3(幅)×7.3(厚さ)mm
重量148g
カラーホワイト/ブラック/レッド
公式ショップ>iPhone SE(第2世代)を見る

最安iphoneランキングでも1位だったiPhone SE(第2世代)ですが、最新かつ高性能である点を考えるとコスパでも1位と言えるでしょう。

なんといっても機能はハイスペック機種にも欲しい機能をそろえているにも関わらず、発売当初から4万円を切る安さがポイントです。

旧iPhone SEというよりもiPhone 8とスペックとサイズ感が一緒で、SoCはiPhone 11と同じであるため、処理性能は最高クラス。

また、価格もiPhone 7よりリーズナブルで、ミドルスペックのスマホよりも安く購入できる点も高評価です。

ただ、前述の通り最新モデルのようなカメラ性能はなく、バッテリー容量もiPhone 8と同じというマイナスなポイントもあります。

ドコモで機種変更できるiPhoneの中ではかなりコスパの高いモデルと言えますが、少なからずデメリットがあるということも覚えておきましょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone SE(第2世代)」を見る

2位:iPhone 11(64GB)

iPhone 11 64GB
画像引用元:iPhone 11 64GB

ドコモ iPhone 11(64GB)の価格とスペック
価格58,080円
(スマホおかえしプログラム適用)
ディスプレイ6.1インチ(Liquid Ratina HD)
解像度1792×828ピクセル
チップA13 Bionicチップ
背面カメラ1,200万画素 デュアルカメラ(超広角 F2.4・広角 F1.8)
2倍の光学ズームアウト・最大5倍のデジタルズーム
前面カメラ1,200万画素 F2.2
生体認証顔認証
Apple Pay対応
バッテリー3,110mAh
サイズ150.9 mm×75.7 mm×8.3 mm
重量194 g
カラーパープル/イエロー/グリーン/ブラック/ホワイト/PRODUCT(RED)
公式ショップ>iPhone 11(64GB)を見る

iPhone 11シリーズはiPhone XRの後継機として設計されたモデルで、2019年9月20日に発売されたばかりの最新iPhoneです。

スマホおかえしプログラム、端末購入割引適用時の価格は50,746円(税込)と、コスパの良さではiPhone SE(第2世代)に匹敵します。

現在はiPhone SE(第2世代)にその立場を譲りましたが、元々iPhone 11は廉価版のiPhoneとして発売されました。

確かにトリプルカメラ搭載のiPhone 11 Pro Max/11 Proに対して、iPhone 11はデュアルカメラと見劣りしてしまうことは否めません。

しかし、iPhone 11 Pro Max/11 Pro の3レンズのうち、2レンズはiPhone 11と同じものを採用しており、内部機能もほぼ同じです。

加えてスマホの頭脳ともいえるチップはいずれも同じA13を搭載しているなど、iPhone 11は処理性能でも上位モデルに負けません。

高い処理性能、リーズナブルな価格設定とiPhone 11はiPhoneシリーズの中では非常にコストパフォーマンスの高いモデルと言えるでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11」を見る

3位:iPhone 11 Pro(64GB)

iPhone 11 Pro 64GB
画像引用元:iPhone 11 Pro 64GB

ドコモ iPhone 11 Pro(64GB)の価格とスペック
価格77,146円
(スマホおかえしプログラム適用)
ディスプレイ5.8インチ有機EL
チップA13 Bionic
背面カメラトリプル1,200万画素(超広角・広角・望遠)
前面カメラTrueDepthカメラ
1,200万画素
生体認証
Apple Pay対応
バッテリー3,046mAh
サイズ144.0(高さ)×71.4(幅)×8.1(厚さ)mm
重量188g
カラーゴールド/ミッドナイトグリーン/シルバー/スペースグレイ
公式ショップ>iPhone 11 Pro(64GB)を見る

ドコモで発売中のiPhoneシリーズで最先端といえばiPhone 11 Proでしょう。

人気のiPhone 11よりもさらにハイスペックなのに、価格は大きく変わりません。

トリプルカメラを搭載していることに加え、撮影補助機能が充実している点も注目で、カメラ初心者でもプロ顔負けの写真を撮ることが可能です。

カメラ性能でiPhoneを選びたいのならiPhone 11 Proは機種変更をするにあたって最良の選択肢のひとつと言えるでしょう。

また、iPhone 11 Proはドコモオンラインショップの在庫がしっかりあるので、機種変更してすぐに手に入ります。

コストは少し高めにはなりますが、その分のスペックが高いので後悔をすることはないでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11 Pro(64GB)」を見る

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモユーザーにはdカード GOLDが必須!
入会特典で今なら最大13,000ポイント還元
(dポイント、期間用途限定)

>dカード GOLD公式サイト公式サイトを見る

  • ■ドコモオンラインショップ:2%ポイント還元
  • ■dカードケータイ補償:紛失全損で10万円補償
  • ■ドコモ料金:1,000円(税抜)につき10%還元

ドコモのiPhone機種変更で大容量なTOP3

iPhoneは新しいモデルほど高画質になっているので、それだけでストレージを消費してしまいます。

ストレージ容量に余裕がなくなると、アプリのインストールさえ難しくなるため、iPhoneのストレージは大きいほど安心です。

とはいえ当然ながらその分価格も高くなるため、費用対効果を考える必要があります。

しかし実のところ、64GBのモデルと128GBのモデルにおける価格差はさほど大きくないため、128GBのモデルを選ぶ方が多いです。

残念ながら現在ドコモで機種変更できるiPhoneで、128GBのモデルはiPhone 11のみしかありません。

そこでこのランキングでは128GBのiPhone 11と、256GB以上のモデルから選んでみました。

ドコモの大容量iPhoneTOP3
  1. iPhone 11(128GB)
  2. iPhone 11(256GB)
  3. iPhone 11 Pro(512GB)

1位:iPhone 11(128GB)

iPhone 11 | iPhone | NTTドコモ
画像引用元:iPhone 11 | iPhone | NTTドコモ
多くのユーザーに人気のある丁度いい容量128GBモデルですが、意外にもドコモではiPhone 11とiPhone SE(第2世代)以外にはありません。

iPhone 11(128GB)の価格はスマホおかえしプログラム・端末購入割引を適用した場合56,026円(税込)ですが、iPhone 11(64GB)との差額はわずか5,280円

「ストレージの容量は多めに確保したいけれど、高額過ぎるモデルはイヤ」という方にはうってつけのiPhoneと言えるでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11(128GB)」を見る

2位:iPhone 11(256GB)

iphone-11
画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

128GBでは心もとないという方におすすめしたいのが、iPhone 11(256GB)です。

iPhone 11(256GB)の価格は63,946円ですが、iPhone 11(128GB)との差額は7,926円となっています。

流石にiPhone 11(64GB)と比べてしまうと価格差は大きいですが、元々検討していたのが128GBモデルならば256GBモデルも充分選択肢に入るでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11(256GB)」を見る

3位:iPhone 11 Pro(512GB)

iphone-11-pro
画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhoneのストレージ容量は大きいほど良いという方や、写真・動画の撮影にこだわる方にはiPhone 11 Pro(512GB)がおすすめです。

なんといってもトリプルカメラのインパクトは大きいうえ、特徴的な外観で誰が見てもiPhone 11 Pro / Pro Maxだとわかるところも魅力でしょう。

現在ドコモのスマホおかえしプログラムの対象機種となってるiPhoneの中で512GBモデルの設定があるのは以下の2つです。

機種名本体価格スマホおかえしプログラム適用価格
iPhone 11 Pro Max(512GB)182,160円121,440円
iPhone 11 Pro(512GB)155,320円103,546円

2つのモデルのうちで、最新機種であることに加え価格が安いiPhone 11 Pro(512GB)のお値打ち感はダントツでしょう。

ここで iPhone 11 Pro / Pro Maxのスペックを比較してみましょう。

 iPhone 11 Pro
(512GB)
iPhone 11 Pro Max
(512GB)
価格103,546円121,440円
ディスプレイ5.8インチ(Super Retina XDR)6.5インチ(Super Retina XDR)
解像度2,436×1,125ピクセル2,688×1,242ピクセル
チップA13 Bionicチップ
背面カメラ1,200万画素 トリプルカメラ(超広角2.4・広角1.8・望遠2.0)
2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム
1,200万画素 トリプルカメラ(超広角2.4・広角1.8・望遠2.0)
2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム
前面カメラ1,200万画素 F2.21,200万画素 F2.2
生体認証顔認証顔認証
Apple Pay対応対応
バッテリー3,046mAh3,969mAh
サイズ144.0mm×71.4 mm×8.1 mm158.0 mm×77.8 mm×8.1 mm
重量188g226g
カラーミッドナイトグリーン/シルバー/スペースグレイ/ゴールドミッドナイトグリーン/シルバー/スペースグレイ/ゴールド

iPhone 11 Pro / Pro Max(共に512GB)のドコモでの価格差は、17,894円です。

ディスプレイのサイズ・解像度ともにiPhone 11 Pro Maxのほうが大きくなっていますが、その分バッテリーも大容量化しており本体のサイズ・重量とも増えています。

一方SoCやカメラ性能などのスペックはほぼ同等なので、どちらを購入するか悩んだ時は大きく綺麗なディスプレイを使いたいかどうかで判断すると良いでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11 Pro(512GB)」を見る

ストレージ容量をポイントとしたドコモのiPhone TOP3・まとめ
  1. iPhone 11 (128GB):56,026円
  2. iPhone 11 (256GB):63,946円
  3. iPhone 11 Pro (512GB):103,546円

ドコモのiPhoneをキャンペーンでお得に機種変更

現在使用中のスマホを下取りしてもらえる「下取りプログラム」や機種代金が実質2/3になる「スマホおかえしプログラム」を利用することでiPhoneはかなりお得に機種変更できます。

これらも含めドコモオンラインショップでは機種変更時にお得なキャンペーンが用意されているので、ここで紹介しましょう。

まずは簡単にドコモでiPhoneに利用できるキャンペーンをご紹介します。

ドコモのiPhoneに使える割引キャンペーン

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone」を見る

端末購入割引

端末購入割引
画像引用元:端末購入割引
端末購入割引は名前の通り、対象機種へ機種変更もしくは新規契約・MNPで対象機種を購入すると受けられる割引キャンペーンです。

割引される額は購入するiPhoneの価格によって異なりますが、iPhoneシリーズの対象機種であれば少なくとも11,000円は割引されます。

後述のスマホおかえしプログラムや下取りプログラムとも併用できるため、iPhoneへ機種変更するなら必ず利用したいキャンペーンと言えるでしょう。

スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラム
画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
ドコモのiPhoneをお得に機種変更したいなら、スマホおかえしプログラムの対応機種を選ばれることをおすすめします。

スマホおかえしプログラムは、加入すると機種価格が最大1/3免除されるというサービスです。

スマホおかえしプログラムの条件
  • 対象のiPhoneを36回分割払いで購入
  • ドコモへiPhoneを返却

適用条件は上記の2つだけです。これだけで、返却翌々月からの分割支払金が最大12回分不要となります。

スマホおかえしプログラムの対象となっているiPhoneは、以下のとおりです。

  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11

iPhone XRやiPhone Xs Pro MAXもプログラムの対象ですが、現在は在庫切れとなっており機種変更することは出来ません。

また、ドコモのスマホおかえしプログラムでは返却時の端末状況によっては、故障時利用料20,000円(税抜)を支払わされることになります。

スマホ返却時の条件
  • 対象機種が当社の指定する正規店で購入されたものであり、ご購入における不備・不正がないこと。
  • ご返却時における対象機種分割支払金の未払い、回線契約にかかる料金そのほかの当社に対する債務(当社がその債権を第三者に譲渡した債務を含みます。)の弁済を現に怠り、または怠るおそれがないこと。
  • 対象機種に記録されているメモリ・データが消去できること(一切のデータは加入者ご自身の責任で消去していただきます)。
  • 対象機種を改造していないこと。
  • 加入者が対象機種の所有権を有していること。
  • 以下の査定条件を満たし、査定が完了すること。

ドコモの下取りプログラムは定期的に端末・割引額が変更されます。機種変更前に必ず確認をしておきましょう。

>ドコモ公式で下取りを確認する

はじめてスマホ割

はじめてスマホ割
画像引用元:はじめてスマホ割

「はじめてスマホ割」はFOMAからXiに機種変更する方限定のキャンペーンです。

内容は対象機種へ機種変更すると、毎月1,100円が最大12ヵ月間にわたって割引されるというもの。

端末代金からの割引ではありませんが、毎月の負担を押さえられるのが魅力と言えるでしょう。

ドコモで販売中のすべてのiPhoneが対象機種となっており、当然「スマホおかえしプログラム」などの端末割引と併用することもできます。

下取りプログラム

下取りプログラム
画像引用元:下取りプログラム
「下取りプログラム」は、すでにケータイやスマホを使っている方向けの割引サービスです。

キャンペーンの内容は、今持っている機種を下取り申し込みしてドコモに預けると、dポイントが進呈されるというもの。

たとえばドコモ販売のiPhone 7(32GB)では12,000円、画面割れ品でも3,600円分のdポイントが付与されます。

スマホおかえしプログラム・端末購入割引に加え下取りプログラムまで利用したとすると、iPhone 11(64GB)の価格は38,746円まで割引される計算です。

下取り額は現在使っている機種によって異なりますが、大きな割引を得られることは間違いないので、積極的に利用してみると良いでしょう。

ギガホ割

ギガホ割
画像引用元:ギガホ割
ドコモの料金プラン「ギガホ」を契約すると、毎月1,000円が最大6ヶ月間割引かれるというサービスです。

iPhoneの代金というと本体価格に目が行きますが、毎月の利用料金も見落とせません。

ハイスペックなiPhoneを使えばデータ使用量も増えていくため、料金プランの選択はおろそかにできないのです。

「ギガホ」はデータ通信料も基本料金に含まれた料金プランで、毎月最大30GBまで通信速度制限なして使えます。

ギガホの月額使用料は通常6,980円ですが、ギガホ割を使えばギガライトで5GB以上使った場合と同額の月々5,980円で使うことが可能です。

「スマホおかえしプログラム」や「下取りプログラム」と併用すれば、もっとお得に機種変更できます。

なお「ギガホ増量キャンペーン」実施中の今なら通常30GB/月のデータ量が2倍の60GBまで使えるのでお見逃しなく。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone」を見る

ドコモオンラインショップでiPhoneをお得に機種変更

ドコモオンライン
画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモオンラインショップがお得な理由
  • 頭金・事務手数料が無料
  • 送料無料
  • 待ち時間なし
  • 受け取り方法を選べる
  • オンラインで下取りもOK
  • チャットサポートが受けられる

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone」を見る

ドコモでiPhoneを機種変更するなら、ドコモオンラインショップを利用すれば更にお得になります。

ドコモオンラインショップなら、ネットがつながるところからなら24時間いつでも好きな時にiPhoneの購入手続きを行うことが可能です。

店舗での購入でつきものの長い待ち時間や頭金・手数料は不要で、購入した商品は送料無料で店舗・登録住所に届きます。

また、ドコモオンラインショップには限定キャンペーンも存在するので、お得に機種変更したいのなら事前にキャンペーン情報を確認しておきましょう。

わからないことはチャットサポートで質問できるので、iPhoneの機種変更はオンラインショップでなさることをおすすめします。

ドコモのiPhoneに機種変更でおすすめしたい機種No.1はiPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)
画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)
ドコモのiPhoneに機種変更するときにお得な機種について、価格および性能を加味してのお得度が高いモデルを紹介しました。

総合的に判断して現時点でドコモで機種変更する場合にもっともおすすめなiPhoneは、iPhone SE(第2世代)で間違いないでしょう。

廉価版モデルとは言えスペックは非常に高く、価格面でも「スマホおかえしプログラム」を利用できるため大変お得です。

注意点としてiPhone SE(第2世代)は低価格であることも手伝って、非常に人気の高いiPhoneとなっており、発売当初は品薄が予想されます。

そのため、iPhone SE(第2世代)への機種変更を考えているのなら、在庫の多いドコモオンラインショップで予約した方が良いでしょう。

ドコモオンラインショップであれば、元々低価格なiPhone SE(第2世代)を更に安く購入することが出来ます。