読了時間:約 1 minute

2019年6月からドコモでは「スマホおかえしプログラム」の提供が開始されました。

毎月のスマホ利用料金と端末料金を切り離す「分離プラン」の導入により、月々サポート・端末購入サポートが5月までで新規受付が終了しました。

その代わりとして導入された端末購入のサポートプランが、このプログラムです。

新しい端末割引体系、「スマホおかえしプログラム」の詳細を説明し、その要不要の判断ポイントを提示します。

ドコモ新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」は実際に安くなるか比較

スマホおかえしプログラム


画像引用元:ドコモ公式サイト ドコモおかえしプログラム
スマホおかえしプログラムは、36回の分割払いで購入した対象機種を返却した場合に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いを不要とするプログラムです。

つまり、端末返却を条件に、端末購入代金を最大で1/3割引するプログラムということです。

2019年6月現在、ドコモでスマホを購入するにあたり、個別機種毎のキャンペーンや「下取りプログラム」を除き、端末の支払総額が割引される唯一のプログラムです。

これまでの端末購入サポートや月々サポートと比較して、割引率・適用条件ともにシンプルであり、わかりやすい割引となりました。

適用条件の縛りがゆるい分、とりあえずの気持ちで利用開始をしても損をすることは無く、安心して利用できる割引となっています。

一方で、それら過去の割引サポートと比較して、必ずしも割引金額がお得という訳ではありません

しかし、上述の通り他の端末購入の割引プランは今や無く、2019年6月現在、ドコモで新端末をなるべくお得に手に入れるにはこのプログラムを利用する他ありません

本記事の結論を先に述べると、「スマホおかえしプログラム」が必要となるのは対象のハイエンド機種をお得に利用し、使い終われば手元に端末が無くても満足出来る方です。

また、プログラムの破棄条件もなく、端末を手元に残したくなれば、端末を返却せずに36分割支払いを終えればいいだけです。

故障端末の返却には2万円という割と高額な故障時利用料が発生しますが、割引額が2万未満の場合は、プログラム利用自体ができず、損を回避する仕組みが備わっています。

その為、本当に本プログラムを利用するかどうか迷っている場合も、対象端末購入時には、加入申し込みをすることをおすすめします。

反対に、「スマホおかえしプログラム」が不要となるのは、スマホはコスパにこだわり必要最低限の機能のスタンダードモデルを利用したい方、あるいは端末を一括購入したい方です。

詳細は以下で説明します。

プログラム適用条件

スマホおかえしプログラムの適用条件は下記の2つです。

  1. 対象のスマホを36ヶ月分割支払いで購入し、同時に「スマホおかえしプログラム」に申し込みをする
  2. スマホを返却する

「スマホお返しプログラム」の適用条件は上記のとおり至ってシンプルです。

auやソフトバンクの類似の割引サービスは、プラン加入(au・ソフトバンク)や月額利用料金(au)、そして次回機種変更(au・ソフトバンク)が条件となります。

比較して、「スマホおかえしプログラム」の場合、特定のプランへの加入が義務ということもなければプログラムの月額利用料金もかかりません

なにより、次回機種変更が条件でないため例えドコモを解約したとしても、対象期間中にスマホを返却すれば分割残高が支払い不要となります。

一方で、auやソフトバンクの類似割引は、分割回数が24回かつ、最大割引額が端末料金の半額です。

「スマホおかえしプログラム」は最大割引額が1/3ですから、一見すると、他社の割引サービスの方がお得に感じられます。

しかし、ドコモもその当たりはよく考えてサービスを打ち出しており、「スマホおかえしプログラム」対象機種の一部の価格は、そもそもが他キャリアよりも安く設定されています。

また、組み合わせるプランによっては、スマホの月額料金を安く抑えることも可能です。

とはいえ、端末代だけに注目すると、はやり多少割高な点は否めません。

シンプルな条件で使い勝手のよい割引という点がやはり最大のポイントといえます。

プログラム申込時の注意点

プログラム申し込みにおける注意点があるとすれば、下記の3つです。

プログラム申し込みにおける注意点
  • 端末の一括購入および36回以外の分割購入では適用できない
  • スマホ購入後にプログラム申し込みできない
  • スマホ購入時にdポイントを利用しては損

特に1の条件は、ネックになる方もいらっしゃるかと思います。

下記で詳しくお伝えしますが、「スマホおかえしプログラム」の対象機種はハイエンドに分類される端末です。

高額な端末料金となるため、プログラムを利用したくとも、残念ながら分割の審査が通らない場合もあるかもしれません。

あるいは、分かりづらい利用料金を好まず、端末購入は一括で行いたいという方もいらっしゃることかと思います。

そういった方々には、不向きな端末割引サービスといえます。

2は、ドコモショップや取扱店舗であれば、対象機種を購入する時点で、プログラム申し込みを勧められるでしょうからあまり心配いりません。

ドコモオンラインショップの利用であったとしても、対象機種の支払い方法は36回分割が標準選択となり気づき忘れは少ないかと思います。

ただし、ドコモオンラインショップの利用では、端末単体注文で分割購入をする必要があります。

つまり、ケースやフィルムなどの付属品は、別途端末購入の注文とは分けて行ってください

3は、特に要注意なポイントです。

というのも、プログラムの割引額が、正確には「端末購入代金」分にではなく、「端末購入の36回分割」分に依存するからです。

つまり、端末購入代金にdポイントを利用すれば、支払ったdポイント分が「36回分割」分から差し引かれることとなります。

「スマホおかえしプログラム」は、36回分割中、最大12回分の支払いが免除される割引ですから、「36回分割」の金額が高額なほど割引額もお得になります。

そのため、端末購入時にdポイントを利用してしまうと、プログラムの割引額を減額させてしまいます。

どころか、支払ったdポイントも36分割して考えると、最大1/3の分割免除分が死にポイントとなってしまいます。

一方、端末購入キャンペーンやクーポンを利用した割引の利用も同様に「スマホおかえしプログラム」による割引額の減額に繋がりますが、手元のポイントや現金が無くなるわけではないので、こちらは利用した方がお得です。

対象機種

スマホおかえしプログラムの対象機種は下記の通りです。

対象機種
iPhone iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
Android Xperia 1 SO-03L
Galaxy S10 SC-03L
Galaxy S10+ SC-04L
Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L
AQUOS R3 SH-04L
HUAWEI P30 Pro HW-02L
Xperia XZ3 SO-01L
Galaxy Note9 SC-01L
Xperia XZ2 SO-03K
Xperia XZ2 Premium SO-04K
Xperia XZ2 Compact SO-05K
Galaxy S9 SC-02K
Galaxy S9+ SC-03K
HUAWEI P20 Pro HW-01K
AQUOS R2 SH-03K
arrows NX F-01K
V30+ L-01K
JOJO L-02K
Xperia XZ1 SO-01K
Xperia XZ1 Compact SO-02K
Galaxy Note8 SC-01K
M Z-01K
Google Pixel 3
Google Pixel 3XL

対象機種はハイエンド端末ばかりです。

スマホおかえしプログラムは、端末購入代金が最大で3分の2の支払いですむ割引サービスのため、機能も高ければ値段も高いハイエンド端末でないと旨味がありません

そのため、そもそも端末料金が高額でないスマホでは仮にプログラムが適用可能でも割引額は低く、対象機種のラインアップは妥当といえば妥当です。

では、ドコモでその他の機種を購入したい場合、あるいは、対象機種でも「スマホおかえしプログラム」を利用しない場合は、端末料金の割引は一切できないかというとそうではありません。

そういった場合は、「下取りプログラム」の利用で、ある程度端末購入代金を抑えることが可能です。

「ドコモおかえしプログラム」と「下取りプログラム」の違いは、また次章で詳しく説明します。

プログラム利用時の条件

スマホおかえしプログラムを利用するには、下記の条件を満たす必要があります。

  1. 利用受付窓口は実店舗に限る
  2. 対象機種を返却すること

つまり、ドコモショップやドコモ取扱店舗など、ドコモの実店舗へスマホを返却しないといけないということです。

また、機種の返却にも下記条件がつけられています。

返却条件

  1. 対象機種がドコモの指定する正規店で購入されたものであり、購入時における不備・不正がないこと
  2. 返却時における対象機種分割支払金の未払いおよび対象機種の回線契約にかかる料金の未払いがないこと
  3. 対象機種に記録されているメモリ・データが消去できること(一切のデータは加入者自身の責任で消去すること)
  4. 対象機種を改造していないこと
  5. 加入者が対象機種の所有権を有していること
  6. 以下の査定条件を満たし、査定が完了すること

そもそもが、プログラム加入条件が「ドコモで対象機種を購入時」、であるので1や5の条件から外れることはほぼないと思われます。

2に関しても、未払い料金があれば受付られないのは当然です。

3、4の、データ未消去端末、ルート化端末は対象外という条件も肯けます。

つまり、1~5の条件は、通常であればなにも問題なくクリアできるものです。

ただし、6に関しては、多少該当する方もいらっしゃるかと思われます。

査定条件

査定条件は下記のとおりです。

  1. 対象機種に故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れがないこと
  2. その他のドコモ指定の査定基準を満たしていること(店頭要確認のため電池パックを装着した状態で持ち込むこと)

故障している端末は、査定条件を満たすことができません

その場合、税別で20,000円もの故障時利用料を支払わなければ「スマホおかえしプログラム」を利用することは叶いません。

プログラムの割引の金額が2万円以上の場合は、故障時利用料を払っても多少お得になります。

また、「スマホおかえしプログラム」の分割支払金残額が2万円未満となる場合は、そもそもプログラムの利用が出来ません。

つまり、「スマホおかえしプログラム」で損をするような故障時利用料金の支払いはありえません

端末分割支払残額を把握していなくとも、とりあえずは安心して利用できます。

また、「ケータイ補償サービス」または「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に加入している場合は、故障時利用料金が税別2,000円となります。

故障が気になり加入されている方は問題ありませんが、サービス料が月額500円~1,000円かかります。

月々の出費を抑えたい方はやはり、故障に気を付けてスマホを利用するしかありません

その他プログラム利用時の注意点

その他にも、「スマホおかえしプログラム」を利用する際に注意したい点が2つあります。

  1. 端末購入から23ヶ月以内のプログラム利用時は、分割支払いが24回まで続く
  2. 対象端末購入から36ヶ月以降は利用できない

1は、プログラムの最大割引金額が全体の1/3の12ヶ月分と定められていることに由来します。

極端に言えば、購入から1ヶ月目でも対象端末をドコモに返却すれば、プログラムが利用できます。

ただし、割引額は最大分までとなるので、24回までは分割支払いが残るということです。

一方、それとは逆に、36回分割を終えてしまえば、差し引かれる分割回数が無くなるので、自動的にプログラムは終了します。

購入した対象端末を気に入り、手元に残しておきたいと考える場合でも、プログラム解除などの申し込みは不要です。

つまり、「スマホおかえしプログラム」は縛りのゆるい「ドコモスマホレンタル」と捉えることが出来ます。

最低利用金額は24ヶ月分であり、3年以上利用すれば自動的に購入済となるレンタルスマホです。

利用者の利益を最大化するには、「24ヶ月目」での返却をおすすめします。

次のページでは、「下取りプログラム」との比較をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2