Android iPhone 機種の評価・レビュー
Pocket

読了時間:約 3

最近のスマホは大画面が主流となってきており、コンパクトサイズのスマホは少なくなる一方です。確かにスマートフォンでゲームを遊んだり、動画配信サービスでドラマや映画を見るなら大画面の方が見やすいのは間違いないでしょう。

しかし、画面が大きいのは必ずしも良いことばかりだとは言えず、手の小さい方や女性の方にとっては取り回しの良さとトレードオフになってしまいかねません。

そこで、今回はコンパクトなスマホの中でも特に人気がある機種7つをご紹介します。『大きなスマホより小さなスマホの方が良い!』という方は是非目を通してみて下さい。

コンパクトスマホのメリット・デメリット

コンパクトスマホのメリット

コンパクトスマホ最大のメリットは片手で操作するのにちょうど良いサイズ感でしょう。大型化が進む最近のスマホに比べて圧倒的に操作しやすいために、『一度小さなスマホに替えたらもう大きなスマホには戻れない』とコンパクトスマホの魅力に取りつかれてしまう方は少なくありません。

また、かさばらないのもコンパクトスマホならではの魅力と言えます。大きなスマホのほとんどはぎりぎりポケットに入るか入らないかくらいのサイズですが、コンパクトスマホのほとんどは無理なくどこにでも収納することが可能です。

コンパクトスマホのデメリット

コンパクトスマホは端末のサイズに比例して必然的に画面が小さくなってしまいます。LINEやSNSが主な用途である場合はあまりデメリットに感じませんが、グラフィックに拘ったゲームをしたり、動画を見たりすることが多い方にとっては無視できない点となるでしょう。

ただ、細かな操作が要求されるゲームをプレイしている場合は例外的にコンパクトスマホの方が好まれることもあります。というのも、コンパクトスマホは手のひらの位置を変えることなく親指を動かすだけで操作を行えるために精密な動きが可能なのです。

画面が小さい点に加えて、ハイスペックな機種が少ない点もコンパクトスマホの抱えるデメリットのひとつと言えるでしょう。コンパクトスマホのほとんどは高くてもミドルハイクラス程度のスペックしか持っていないため重たい処理をするには向いていません

そのため、ビジネス用途や画像・動画編集にもスマホを使っているのならコンパクトスマホとは別にタブレットやノートPCを用意するか、スタンダードな大きさのハイエンドスマホを購入した方が良いでしょう。

Androidを搭載したコンパクトスマホ5選


大画面のスマホが主流になっているとはいえ、5.0インチ以下のコンパクトスマホの種類はそこそこあり、漠然と見ていてはどれを買えば良いのか悩んでしまいます

特にAndroidを搭載したコンパクトスマホは様々なメーカーが発売しているため、スマホ選びに慣れていない方が最適な一台を見つけるのは難しいでしょう。

まずはAndroidを搭載したコンパクトスマホの中でも特に人気があるイチオシの機種をご紹介します。コンパクトスマホ選びに悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

AQUOS R2 Compact


画像引用元:スペック|AQUOS R2 compact|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

項目名 AQUOS R2 Compact
OS Android 9.0
SoC Qualcomm Snapdragon 845
サイズ 約64×131×9.3mm
ディスプレイ 2,280×1,080ドット フルHD+ 5.2インチ
重さ 約135g
RAM RAM 4GB
ROM ROM 64GB
バッテリー 2,500mAh

ソフトバンクの専売品として2019年1月に発売予定のAQUOS R2 Compact大型スマホと比べてもまったく見劣りしない性能を持ったコンパクトスマホです。最速発売はソフトバンクのみとなりますが、SIMフリー版の発売も予定されています。

SoCはGalaxy Note 9やHUAWEI Mate20 Proに搭載された『Snapdragon 845』、メモリはミドルハイ~ハイエンドモデル相当の4GBを装備するなど、単純な処理性能だけで言えば他社のフラッグシップモデルにも負けません

もちろん、コンパクトスマホならではの快適な操作性も損なわれておらず、それどころかフルディスプレイを搭載したことで本体サイズはそのままに画面の大型化に成功しています。

惜しむらくは有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイを搭載している点です。他のスペックはどこを取ってもハイエンドスマホ並であるにも関わらず、ディスプレイだけはミドルハイ程度の仕様に留まってしまいました。とは言え、解像度は1080 x 2280と決して低くありません。

バッテリー容量は2,500mAhと4,000mAh以上の容量を持つスマホが登場した最近の市場ではやや容量不足なものとなっていますが、最も電力消費が激しいディスプレイが5.2インチと小さめなので、すぐに充電が切れてしまうということは無いでしょう。

コンパクトスマホの中でこれだけハイスペックなスマホはAQUOS R2 Compactを置いて他に存在しません。最高の性能と抜群の操作性を両立したスマホが欲しいならAQUOS R2 Compactが最適です。

AQUOS R Compact


画像引用元:ヨドバシ.com – シャープ SHARP SH-M06W [AQUOS R compact SIMフリースマートフォン ホワイト] 通販【全品無料配達】

項目名 AQUOS R Compact
OS Android 8.0
SoC Qualcomm® Snapdragon 660
サイズ 約66×132×9.6mm
ディスプレイ 2,032×1,080ドット フルHD+
重さ 約140g
RAM RAM 3GB(LPDDR4X)
ROM ROM 32GB
バッテリー 2,500mAh

AQUOS R Compactは機種名にある”compact”が示す通り、AQUOSシリーズの中でも持ちやすさを重視して作られた機種です。幅が約66mmと小さくなっているのはもちろん、端末の角を丸くすることで片手でも持ちやすくなっています。

ディスプレイには電池持ちがよく、操作性に優れるのが特徴の『ハイスピードIGZO』と呼ばれる液晶パネルを搭載しており、独自の技術により手や画面が水に濡れていても、高精度なタッチが可能になっています。

SoCはミドルクラス向けの『Snapdragon 660』を搭載、RAMも3GBと充分な容量があることから動画再生やWebサイトの閲覧などの用途に困ることはなく、ゲーム用途でも3Dグラフィックなどの重たい処理を伴わないものであれば充分耐えうる性能を持っています。

独自機能の中で最も目を引くのはAQUOSシリーズすべての機種に搭載されているAI「エモパー」でしょう。エモパーは所謂『音声AI』の一種で、話しかけるだけでアラームを設定してくれるなど、ユーザーの生活を便利にサポートしてくれます。

ずば抜けて高いスペックや特化した機能を求めないのならAQUOS R Compactはコンパクトスマホの中でも優秀な機種と言えるでしょう。特にゲームなどはあまりせず電話やブラウジング、ポピュラーなアプリが出来れば良いという方にはおすすめです。

最新モデルのAQUOS R2 Compactより性能は劣りますが、価格が安いことを考えればAQUOS R Compactも充分有力な選択肢のひとつと言えるでしょう。

Xperia XZ2 Compact


画像引用元:Xperia(TM) XZ2 Compact SO-05K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

項目名 Xperia XZ2 Compact
OS Android 8.0
SoC Snapdragon 845
サイズ 約65x135x12.1mm
ディスプレイ 2,160×1,080ドット フルHD+ 5.0インチ
重さ 約168g
RAM RAM 4GB
ROM ROM 64GB
バッテリー 2,870mAh

Xperia XZ2 Compactはソニーが誇る高性能スマホ『Xperia XZ2』の派生モデルで、名前の通りコンパクトなのが特徴の機種です。スペックの高いXperia XZ2を小さくしたモデルなだけあって、コンパクトスマホにしてはかなり高い性能を持っています。

外観はXperia XZ1までのモデルに見られた角張った形ではなく、角が丸まった持ちやすいデザインに変更されており、背面に曲線がつけられているために片手でも快適に操作をすることが可能です。

独自の機能としては4K動画の再生スーパースローカメラ(960fps)での動画撮影に対応している点が挙げられます。アーティストのライブやスポーツをよく観る方にとって4K動画に対応しているのは見逃せないポイントでしょう。

搭載されているSoCは現在スマホに搭載されるものの中では史上最高と名高い『Snapdragon 845』で、このSoCを装備しているからこそXperia XZ2 Compactは最新のハイエンドスマホと比べても遜色のない処理性能を誇ります。

1 2