ahamo(アハモ)とpovo(ポヴォ)の違いを比較|どっちがお得?

ドコモのahamo(アハモ)とauのpovo(ポヴォ)の違いを徹底比較していきます。メリット・デメリットをまとめて、どんな人におすすめなのかまとめています。どちらもデータ容量20GBで使いやすく、悩んでしまう方も多いでしょう。新料金プランで機種変更をする際に役立ててみてください。

  • 2021年8月16日
ahamoとpovoの違いを比較してどっちがおすすめ?メリット・デメリット解説
スマホ購入は公式オンラインが断然お得!
dカード GOLDに新規入会&各種設定&Webエントリー&利用で
最大合計20,000dポイント(期間・用途限定)

2021年の新料金プラン、ドコモのahamo(アハモ)とauのpovo(ポヴォ)をについて違いを比較していきます。

新料金プランはどれもデータ容量20GBも利用できて料金も安いという点は共通しています。

そのため、サービスが開始されたら乗り換えを考えているという方も多いのではないでしょうか。

ahamoとpovoの主な違い比較
  • ahamoは何度でも5分間の通話が無料
  • ahamoは海外ローミングの追加料金なし
  • ahamoはdカード GOLDとセットでポイント還元+5GB増量
  • povoは追加オプションでカスタマイズが豊富
  • povoは24時間データ無制限にできるオプションが嬉しい
  • povoの方が税込242円安い

ahamoとpovo、それぞれのメリット・デメリットや、どっちがおすすめなのかについても解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

2021年5月19日からドコモオンラインショップでもahamo(アハモ)に機種変更できるようになりました!

ahamo(アハモ)のメリット・デメリット・対応機種・キャンペーン・評判を確認しておきましょう。

>ドコモ公式サイトで注意点を確認

ahamoとpovoの違いを比較

ahamoとpovoの違いを比較
ahamoとpovoの違いを比較

それではahamoとpovoの特徴や違いについて比較、解説していきます。

まずは下記表にahamoとpovoの特徴と違いをまとめてみました。

料金プランahamopovo
月額料金税込2,970円税込2,728円
月間利用可能データ容量20GB20GB
利用可能データ容量超過後速度送受信時最大1Mbps送受信時最大1Mbps
ネットワーク4G/5G4G/5G
利用可能データ容量の追加1GBあたり税込550円1GBあたり税込550円
通話オプション5分以内の国内通話かけ放題
・月額税込1,100円で国内通話かけ放題
・月額税込550円で5分以内の国内通話かけ放題
・月額税込1,650円で国内通話かけ放題
キャリアメールなしなし
申し込み方法オンラインのみオンラインのみ
その他・82の国や地域で月額料金内で利用可税込220円でデータ使い放題24時間オプションあり
表を見るとわかるように、ahamo、povoともに共通している部分が多いですが、もちろん全く同じというわけではありません。

それでは、気になるahamoとpovoの違いを比較して見ていきましょう。

月額料金・通話オプションの比較

ahamo(アハモ)の料金
ahamoとpovoの違いを比較

ahamoは月額2,700円(税込2,970円)、povoは月額2,480円(税込2,728円)と、ahamoの方が月額料金が242円高くなっています。

ですが、ahamoは5分以内の国内通話が無料なためかなりお得だと言えるでしょう。

povoは月額料金が安い分、5分以内の国内通話かけ放題は付いていませんが、必要であれば月額500円(税込550円)で5分以内の国内通話かけ放題を付けることも可能です。

また、ahamoは月額1,000円(税込1,100円)で、povoは月額1,500円(税込1,650円)で無制限の国内通話かけ放題にすることもできます。

一度に長時間の通話をするという方は、5分以内の国内通話かけ放題ではなく、無制限の国内通話かけ放題に加入するのが良いでしょう。

その他の比較

ahamo(アハモ)は海外でも20GB利用無料
ahamoとpovoの違いを比較

ahamoとpovoには月額料金と通話オプション以外にも若干違いがあります。

ahamoとpovoのその他の違いは以下です。

ahamoとpovoのその他の違い
  • ahamoでは国際ローミングが月額料金内で利用可能
  • povoでは24時間データ使い放題オプションが200円(税込220円)で利用できる

ahamoでは、追加料金なしで国際ローミングを利用できます。1泊〜2泊程度の海外旅行であれば、別のWi-Fiルーターをレンタルしなくて済むので、かなりお得だと言えるでしょう。

一方、povoは現時点では海外ローミングを利用することができませんが、対応する予定があることは確定しています。

ですが、ahamoのように追加料金なしで利用できるのか、LINEMOのように別料金がかかるのか、現時点では明らかになっていないため続報を待ちましょう。

他にも、ahamoにはないpovoの特徴として、24時間データ使い放題オプションを利用できるという点が挙げられます。

24時間データ使い放題オプションは月額料金のオプションではなく、200円(税込220円)で必要になったときだけ購入できるオプションです。

このオプションを使えば、泊まりの旅行やキャンプへ行くときも、データ容量を気にすること無く動画鑑賞を楽しむことができます。

ahamo(アハモ)の機種変更がお得になるキャンペーンまとめはこちらで確認できます。

5分通話無料・海外利用も出来る!

ドコモ公式オンラインショップahamo(アハモ)公式を見る

基本料はahamo・LINEMOより安い!

ドコモ公式オンラインショップpovo(ポヴォ)公式を見る

▲目次に戻る

ahamoとpovoの料金を比較

ahamoとpovoの料金を比較

前述のahamoとpovoの違いの比較でも両プランの月額料金の違いについて触れましたが、もう少し深く掘り下げて解説していきます。

ahamoとLINEMOの料金比較
ahamo月額2,970円(税込)
povo月額2,728円(税込)

つい最近まで5分以内の国内通話かけ放題を含めた場合、ahamoとpovoの月額料金は両プランとも月額2,980円(税込3,278円)と横並びでした。

しかし、ahamoが2021年3月1日にプラン料金を改正、料金は月額2,700円(税込2,970円)となり、前よりも308円安くなりました。

それにより5分以内の国内通話かけ放題を含めた場合の料金はahamoが一番安くなったため、5分以内の国内通話を頻繁にする方であればahamoがおすすめです。

もちろん国内通話を全くしないという方であればahamoよりもpovoの方が安くなるので、自分の利用状況に合わせてプランを選ぶと良いでしょう。

▲目次に戻る

ahamoとpovoのメリットを比較

ahamoとpovoのメリットを比較

次にahamoとpovoのメリットを比較して解説していきます。

それぞれ見ていきましょう。

ahamoのメリット

ahamoの主なメリットは以下です。

ahamoのメリット
  • 月額2,700円(税込2,970円)でデータ容量20GB
  • 契約手数料や契約解除料はなし
  • 5分以内の国内通話無料
  • 国際ローミング無料
  • 速度制限後も1Mbpsで利用でき、必要であればデータ容量を追加で購入することも可能
  • dカード GOLDと連携し支払いに設定すれば年間3,000pt以上貯まる

ahamoは月額2,700円(税込2,970円)で毎月20GBものデータを利用できることができます。

20GBもあれば残りのデータ容量を気にせずに、快適にスマホを利用することができるでしょう。

加えて、5分以内の国内通話が無料なので、普段から5分以内の国内通話を頻繁にするという方には一番おすすめの料金プランです。

また、国際ローミングが追加料金無しで利用できるという点も、ahamoにしかないメリットになります。

ちなみに契約手数料や契約解除料もかからないので、使ってみて合わないなと思ったら気軽に他社プランに乗り換えることができるのもメリットの一つでしょう。

ahamoとdカード GOLDでポイント還元される詳細はこちらの記事でまとめているので、ぜひ確認してみてください。

povoのメリット

povoの主なメリットは以下です。

povoのメリット
  • 月額2,480円(税込2,728円)でデータ容量20GB
  • 契約手数料や契約解除料はなし
  • 24時間データ使い放題オプションがある
  • キャリア決済やかえトクプログラムが使える
  • 速度制限後も1Mbpsで利用でき、必要であればデータ容量を追加で購入することも可能

povoは月額2,480円(税込2,728円)で毎月20GBものデータを利用できることができます。

外出先で多少動画を見るなどしても、20GBあれば足りなくなることはほとんどないでしょう。

加えてpovoでは、200円(税込220円)で24時間データ使い放題オプションを購入することができます。

旅行に行くときに24時間データ使い放題オプションを購入しておけば、旅行先でも残りのデータ容量を気にすること無くスマホを使うことができるでしょう。

他にもpovoならではのメリットとして、povoではキャリア決済やかえトクプログラムも利用できます

ちなみにahamoではキャリア決済は利用できず、アプリで課金する際はクレジットカードやそれぞれのサービスに対応したプリペイドカードが必要でした。

しかし、povoであれば、キャリア決済に対応しているので毎月の携帯料金と一緒に支払うことができます。

わざわざプリペイドカードを買いに行く手間が省けますし、クレジットカードを持っていなくても支払いができるので、キャリア決済が使えるというのはかなり便利です。

もちろんahamoと同じく契約手数料や契約解除料はかかりません。合わないなと思ったら気軽に他のプランへ移行できるのも嬉しい点ですね。

▲目次に戻る

ahamoとpovoのデメリットを比較

ahamoとpovoのデメリットを比較

続いて、ahamoとpovoのデメリットを比較していきます。

一つずつ見ていきましょう。

ahamoのデメリット

ahamoのデメリットの主なデメリットは以下です。

ahamoのデメリット
  • 申し込みや各種手続きはオンライン上でする必要がある
  • キャリアメールが使えない
  • docomoの各種割引は使えない(docomoユーザーとしてカウントはされる)
  • 20歳未満は親権者名義での契約が必要

ahamoは申込みや各種手続きをすべてオンライン上で行う必要があります。

ドコモショップの受付や家電量販店の携帯ショップ窓口などでは手続きできないので注意してください。

もちろん故障時のサポート手続きなどもすべてオンライン上から全て自分で行う必要があります

また、キャリアメールも使えないので注意してください。

メールアドレスが必要であれば、GメールやYahooメールなどのフリーメールアドレスを利用したり、連絡はLINEを利用するなどの対策を取ると良いでしょう。

他にもdocomoの携帯料金の割引が利用できなかったり、20歳未満の方がahamoの契約をする場合には親権者の名義での契約が必要になるなどの細かいデメリットはあります。

上記デメリットが気になるという方は、ahamoを契約するかどうかよく考える必要がありそうです。

povoのデメリット

povoの主なデメリットは以下です。

povoのデメリット
  • 申し込みや各種手続きはオンライン上でする必要がある
  • キャリアメールが使えない
  • auの各種割引は使えない(auユーザーとしてカウントもされない)

povoの主なデメリットは上記の通りで、基本的にはahamoと同じようなデメリットになります。

申込みや各種手続きはすべてオンライン上で行う必要があり、auショップの窓口や家電量販店の窓口ではpovoの契約を行うことはできません。

また、povoもキャリアメールやauの家族割などの利用はできないため注意しましょう。

ちなみにahamoの場合、割引はされませんがdocomoユーザーとしてカウントはされます。そのためdocomoを利用している家族は、変わらずスマホ料金をお得にすることができました。

しかし、povoではauユーザーとしてカウントされないため、他の家族がauの家族割を使っていると料金が高くなってしまう可能性があります。

auから移行する際は、上記のデメリットについて問題ないかよく確認しておくようにしましょう。

5分通話無料・海外利用も出来る!

ドコモ公式オンラインショップahamo(アハモ)公式を見る

基本料はahamo・LINEMOより安い!

ドコモ公式オンラインショップpovo(ポヴォ)公式を見る

▲目次に戻る

ahamoとpovoどっちがおすすめ?

ahamoとpovoどっちがおすすめ?
ahamoとpovoの比較まとめ
  • ahamoは何度でも5分間の通話が無料
  • ahamoは海外ローミングの追加料金なし
  • ahamoはdカード GOLDとセットでポイント還元+5GB増量
  • povoは追加オプションでカスタマイズが豊富
  • povoは24時間データ無制限にできるオプションが嬉しい
  • povoの方が税込242円安い

ahamoとpovoのどっちがおすすめかは、契約者の利用状況で変わってくるでしょう。

例えば5分以内の国内通話をたくさんするという方はahamoがおすすめで、通話はあまりしない、またはLINEの通話機能を中心に使うという方はpovoがおすすめです。

また、docomoからahamoに、auからpovoに、というように移行前に自分が利用していたキャリアのプランに加入するのもおすすめです。

ahamoとpovo、それぞれの特徴とメリット・デメリットを自分の利用状況と照らし合わせてみて、合っているなと思う方を契約すると良いでしょう。

新料金プランであるドコモのahamo(アハモ)とソフトバンクのLINEMO(ラインモ)の違いを比較している記事もあるので、是非こちらもチェックしてみてください。

▲目次に戻る

ahamoとpovoはどちらも格安料金で20GB使える嬉しいプラン!

ahamoとpovo、それぞれ細かい違いはありますが、どちらも格安料金でたっぷり20GBも使える嬉しいプランとなっています。

共通している大きなデメリットとして、オンライン上でしか手続きできないという点がありますが、その点が問題なければどちらもかなりお得です。

ぜひこの記事を参考にして自分に最適な方のプランを選んでみてください。


※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
スマホ購入は公式オンラインが断然お得!
dカード GOLDに新規入会&各種設定&Webエントリー&利用で
最大合計20,000dポイント(期間・用途限定)
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
ryu
ガジェット好きのフリーライター。 ガジェットの中でも特にスマホが好きで、スマホのスペックや機能についての知識に自信あり。 「誰が見てもわかりやすい記事を書く」をモットーに、スマホや料金プランに関する情報を分かりやすくお届けしていきます。