Xperia 1 II
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

2020年2月24日、ソニーは5G(第5世代移動通信)に対応したスマホXperia 1 IIをビデオストリーミングで発表しました。

4G/LTEの約10倍のデータ通信が可能と言われる5Gは日本でも2020年春からサービスが提供される予定となっており、各メーカーが開発するスマホは注目を集めています。

Xperia 1 IIの評価ポイント
  • ドコモは2020年4月下旬以降発売予定
    ドコモXperia 1 IIの評価レビューはこちら
  • auは2020年5月以降発売予定
  • 大容量メモリを搭載しスムーズな操作が可能
  • 高性能なトリプルレンズカメラで美しい写真撮影が可能
  • 価格はスペックなどから考えても決して高くない印象
  • 品切れが予想されるため予約をしておこう

ここでは現時点で判明しているXperia 1 IIの発売日・スペック・機能・価格など最新情報をまとめてご紹介しています。

前モデルXperia 1との違いについても解説していますので合わせてチェックしてみてはいかがでしょう。

携帯の機種変更で得する10の秘策|おすすめショップを比較

画像引用元:Sony Japan | ニュースリリース | ソニーの技術を結集した5G対応のフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 II』を商品化

Xperia 1 IIの概要

Xperia 1 II(マークツー)の目玉は何と言ってもXperiaシリーズ初の「5G通信」に対応している事でしょう。

まずはXperia 1 IIの概要と発売日をソニーから発表された情報を元にご紹介します。

ソニー初の5G対応Xperia

Xperia 1 II
画像引用元:Sony Japan | ニュースリリース | ソニーの技術を結集した5G対応のフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 II』を商品化

ソニーから発表された3製品
  • Xperia 1 II:Xperiaシリーズ初の5G対応
  • Xperia 10 II:4G/LTE対応のミドルモデル
  • Xperia Pro:5G対応・プロユース(開発中)

Xperia 1 II(マークツー)はソニーのXperiaシリーズとして初の「5G通信」に対応したスマホです。

もちろん、フラッグシップモデルとして発表された事もあり「5G通信」以外にも見所の多い機種となっています。

ちなみにXperia 1 IIと同時にミドルレンジモデル「Xperia 10 II(マークツー)」とプロユースの「Xperia Pro」も発表されています。

今回の発表はあくまで「世界市場に向けて」というものでしたが、Xperia 1 IIとXperia 10 IIは日本国内で発売される見通しとなっています。

Xperia 1 IIの発売日は「2020年春以降」

各キャリアの5Gサービス開始予定時期
  • NTTドコモ:2020年4月下旬以降発売予定
  • au(KDDI):2020年5月以降発売予定
  • ソフトバンク:未定

Xperia 1 IIの具体的な発売日は現時点でまだ発表されていませんが、発売時期は「2020年春以降」となっています。

「5G」に対応している事を考えると大手キャリアの5Gサービス開始後、比較的早い段階で発売となるのではないでしょうか。

恐らくですが、大手キャリアがXperia 1 IIを発売するなら「夏秋モデル」発表となる2020年5月以降となる可能性が高いでしょう。

ただし「5G」に対応したモデルという事で、例外的に発売日が早まる事も考えられます。

Xperia 1 IIのスペック最新情報

続いては現在判明しているXperia 1 IIのスペックをプレリリースからチェックしてみましょう。

Xperia 1 IIのスペック

モデル名Xperia 1 II(マークツー)
カラーブラック、ホワイト、パープル
OSAndroid 10
CPUSnapdragon 865 5G(オクタコア)
RAM8GB
ROM128GB/256GB
外部メモリmicroSDXC(1TB)
バッテリー4000mAh
ディスプレイ6.5インチ有機EL(3840×1644)
本体サイズ72(W)×166(D)×7.9(H)mm
重量181g
アウトカメラ標準/12MP
望遠/12MP
超広角/12MP
インカメラ約8MP
防水・防塵
おサイフケータイ
ワイヤレス充電Qi

ソニーが発表したXperia 1 IIの主なスペックは上記の通りです。

CPUはQualcomm社製の最新プラットフォーム「Snapdragon 865 5G」を採用しており、更に大容量メモリによって高い動作性能・処理速度を実現しています。

アウトカメラには標準・望遠・超広角というトリプルレンズを採用し、大型センサーを搭載した事で3つのカメラを自在に切り替えてクリエイティブな撮影を楽しめます。

ちなみにROM(ストレージ容量)は2種類発表されていますが、現時点では日本国内向けの仕様がどうなるかは不明となっています。

スペック表だけでもハイエンドスマホらしい性能となっているのが良くわかります。

前モデルXperia 1との違いとは?

Xperia 1 SO-03L
画像引用元:Xperia 1 SO-03L

Xperia 1との主な違い
  • パフォーマンスが25%向上
  • カメラ性能アップ
  • バッテリー性能アップ、ワイヤレス充電対応
  • 薄型化・アウトカメラ位置変更
  • 3.5mmジャック搭載

名称からもわかり通り、Xperia 1 II は2019年に大手キャリアから発売されたXperia 1の後継モデルとなっています。

Xperia 1 II は最新のSnapdragon 865 5G を搭載しており、CPU&GPUの性能が前モデルXperia 1より約25%高速化しています。

Xperia 1はカメラの位置が中央でしたがXperia 1 IIは背面左上に変更されています。

カメラ以外はデザイン的によく似ているのですが、驚くべき事にXperia 1 IIの方が高さ・厚みともにXperia 1より小型化されています。

更に「標準・望遠・超広角」というカメラの構成自体は同じですが、センサーとカメラユニットが刷新されておりよりクリアな描写を実現しています。

AFや光学ズームなどカメラ性能でXperia 1を上回っている点は他にも多くあります。

その他、特に大きな変更点としてユーザーの要望が多かった事からXperia 1に搭載されていなかった3.5mmジャックが搭載されています。

Androidスマホおすすめランキング【2020年最新】全キャリア徹底比較

Xperia 1 IIの気になる機能

Xperia 1 IIはデザイン的にも前モデルXperia 1と似ており、アウトカメラの構成・スペックなど共通する点も多くあります。

続いてはスペック表からは分かりづらいXperia 1 IIの機能・特徴を詳しくチェックしてみましょう。

スマホでは世界初の「AF/AE」機能を装備

AF/AE機能
画像引用元:Sony Japan | ニュースリリース | ソニーの技術を結集した5G対応のフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 II』を商品化

Xperia 1 IIのカメラ構成
  • 標準:焦点距離24mm(F1.7)
  • 望遠:焦点距離70mm(F2.4)
  • 超広角:焦点距離16mm(F2.2)

Xperia 1 IIは標準・望遠・超広角のトリプルレンズを備え、大型センサーと深度センサー「3D iToF」で暗所での高感度撮影・高速AFに優れています。

更にソニーがレンズ交換式デジタル一眼カメラで培った技術により、スマホでは世界発となる「AF/AE」機能を搭載しています。

具体的には毎秒60回のAF(オートフォーカス)とAE(自動露出)が可能となっており、これにより最高20コマ/秒の高速連写を実現しているのです。

また、「リアルタイム瞳AF」は新たに動物にも対応しており、スポーツ撮影・動物撮影など素早い対象物を的確に撮影できるようになっています。

4k 有機EL & 立体音響技術

Xperia 1 IIは前モデルXperia 1と同じ21:9の4k有機ELディスプレイを採用しています。

解像度やアスペクト比もまったく同じではありますが、新たに残像低減技術を導入する事でよりクリアな映像を実現しています。

これまでXperia 1を使っていた方でも21:9のシネマワイドディスプレイによる映像・動画の進化を実感できるでしょう。

また、Xperia 1 IIが対応する立体音響技術「Dolby Atmos」は独自のチューニングが実装されており、より音の立体性・再現性が強化されています。

「Dolby Atmos」は対応コンテンツが限られますが、ディスプレイ+サウンドが更に強化された事で映像・動画に特化したスマホとなっているのは間違いでしょう。

すべての楽曲がハイレゾ相当に

ハイレゾ
画像引用元:Sony Japan | ニュースリリース | ソニーの技術を結集した5G対応のフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 II』を商品化
ソニー・ミュージックエンターテイメントと協業した事により、左右の音の混じりを低減した独自のチューニングが施されています。

これにより3.5mmのイヤホンでクリアな音質が楽しめるのはもちろん、均等に設置されたスピーカーによりイヤホンを使わずとも迫力あるサウンドを楽しめます。

更にXperia 1 IIはAI技術で音の再現性を向上させる「DSEE Ultimate」にも対応しています。

この技術により、あらゆる圧縮音源をハイレゾ(CDを上回る情報量を持つ)相当の音源にする事が可能となりました。

ハイレゾに対応したヘッドホンこそ必要となりますが、お気に入りの楽曲を手軽に高音質で聴けるようになるのは魅力的です。

ゲームに適した機能も搭載

ゲームエンハンサー
画像引用元:ゲームエンハンサー | ゲームを楽しむ | ソニーモバイル公式サイト

「ゲームエンハンサー」などゲームプレイに特化した機能が充実しているのもXperia 1 IIの特徴です。

「ゲームエンハンサー」は前モデルXperia 1にも搭載されていましたが、Xperia 1 IIでは誤作動の防止機能やタッチ範囲設定などの機能が追加されています。

更に引き続きコントローラー「DUALSHICK4」に対応するほか、Qualcommとのコラボにより対象のゲームでの独自チューニングも予定されています。

Xperia 1 IIのディスプレイ・音響技術を合わせればこれまで以上にゲームの没入感・臨場感が高まるはずです。

Xperia 1 IIの価格・発売キャリアは?

最後にXperia 1 IIの価格・取り扱いキャリアの情報を確認しておきましょう。

Xperia 1 IIの価格

スマホおかえしプログラム
画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
Xperia 1 IIの価格をキャリアごとに表にしました。

Xperia 1 IIの各キャリア価格
発売キャリア価格公式ショップ
ドコモ123,552円(税込)>ショップで予約する
au133,600円(税込)>ショップで予約する

価格は正直高いと言えますが5Gの対応・スペックを考えると当然の結果ではないでしょうか。

ただしハイエンドモデルという事でドコモの「スマホおかえしプログラム」など、大手キャリア各社の端末割引サービスの対象となっています。

端末割引サービスを利用した場合の実際の購入価格は7万円~8万円ほどとなります。

Xperia 1 IIの発売キャリアは?

Xperia 1 IIの前モデルXperia 1は、2019年6月以降ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアから発売されました。

このためドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアがXperia 1 IIを取り扱う可能性は非常に高いはずです。

ただし、キャリアごとに異なるカラーとなるのはもちろん、日本で発売される際にROM(ストレージ容量)が限られる可能性はあります。

ちなみに「第4のキャリア」として注目を集める楽天モバイルも5Gサービスを提供する予定ですのでXperia 1 IIを取り扱う可能性があります。

Xperia 1 IIは「初めての5Gスマホ」としてもおすすめ

シャープの「AQUOS R5G」を皮切りに日本国内向けの5Gスマホが少しずつ発表されるようになってきました。

Xperia 1 IIは5Gに対応している事以外にも、カメラ性能を中心とした魅力的なスペックを備えています。

弱点が無い仕上がりはソニーのXperiaシリーズ愛用者はもちろん、初めての5Gスマホとしてもおすすめできます。

スマホの買い替え時期が近付いている方は、Xperia 1 IIを購入候補に加えてみてはいかがでしょう。