dカード GOLDのクレジット払いとは?各種支払い方法とメリット&デメリット紹介

dカード GOLDのクレジット払いを徹底解説。ポイント還元率や支払い方法の違い、メリットやデメリットなども紹介。日常の支払いから旅行、ショッピングまで賢くお得に活用するコツを分かりやすく解説します。

  • 24.03.29
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は24.03.29に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。
dカード GOLDのクレジット払いとは?各種支払い方法とメリットご紹介

ドコモが発行するdカード GOLDには様々な支払い方法が存在しますが、一番基本的な支払い方法は「クレジット払い」です。

しかしそんなクレジット払いの中にも、2種類あるのはご存じでしょうか?

dカード GOLDのクレジット払いとは?支払い方法一覧
dカード GOLDをクレジット払いするメリット

そこで本記事ではdカード GOLDのクレジット払いの詳細や、メリット・デメリットについて解説します。

またdカード GOLDについてさらに詳しく知りたい方は、dカード GOLDのメリット・デメリットをご覧ください。

項目dカード
dカード GOLD
年会費永年無料11,000円(税込)
還元率1%1%
ドコモ料金:10%
ケータイ補償購入後1年間1万円購入後3年間10万円
入会特典最大2,000P最大5,000P
公式サイト詳細を見る詳細を見る
新しくなったdカード GOLDの特長
  • 18歳以上の学生から申込可能に
  • 会員数が1,000万人突破(2023年6月時点)
  • 券面がリニューアル(選べる3デザイン)
  • カード情報の裏面印字でセキュリティ面にも配慮
  • 環境に配慮したリサイクル素材を使用
  • 利用速報通知・利用制限通知が届く
白矢印dカード GOLDの
特典・キャンペーンを見る

dカード GOLDのクレジット払いとは?支払い方法一覧

dカード GOLDのクレジット払いとは?支払い方法一覧
dカード GOLDをクレジット払いするメリット

はじめに、dカード GOLDのクレジット払いについて解説します。

クレジット払いを利用する手段

それぞれ詳しく見ていきましょう!

通常のクレジット払いとは

いわゆる一般的なクレジットカードでの支払い方法のことです。

dカード GOLDの国際ブランド(VISA・MasterCard)が使えるお店であれば、どこでも利用することが可能です。

電子マネーなどに対応しているお店である必要がないので、基本的にはこちらの支払い方法を利用している方が多いでしょう。

ちなみに通常のクレジット払いの場合、dポイントの還元率は1%です。

d払いによるクレジット払いとは

「d払い」とはドコモが提供するスマホ決済アプリのことで、通常以下の支払い方法を選択することができます。

d払いの支払い方法
  • 銀行口座からのチャージ(前払い)
  • クレジット払い(後払い)
  • 電話料金合算払い(後払い)

このうちクレジット払いを選択して支払い先をdカード GOLDに設定すると、d払いによるクレジット払いが可能です。d払いアプリを通して、dカード GOLDで決済するというイメージですね。

これだけ聞くと通常のクレジット払いで良いのでは?と思うかもしれませんが、大きな違いは以下の2つです。

  • スマホ1つで決済できる
  • d払いアプリ分のdポイントも貰える

d払いアプリ分のdポイントについては、続いて紹介するメリットの部分で詳しく解説します。

\キャンペーン実施中/矢印dカード GOLD公式サイトを見る

▲目次に戻る

dカード GOLDをクレジット払いするメリット

dカード GOLDをクレジット払いするメリット
dカード GOLDをクレジット払いするメリット

続いて、dカード GOLDをクレジット払いするメリットについてご紹介します。

スマホ1つで決済できる

先ほどお伝えしたように、dカード GOLDのクレジット払いは、スマホ1つで決済が完了します。

そのため、スムーズに支払いを済ませることができたり、財布がなくてもお買い物ができたりできる点が魅力。

キャッシュレスへ移行したい方にとって、特におすすめな支払い方法と言えます。

dポイント還元率が最大3%に

dポイント還元率が上がる条件
  • 通常のdカード GOLDカード払い:1%
  • d払いの支払い先をdカード GOLDに設定:合計1.5~2%
  • dポイントカード提示:合計2.5~3%

dカード GOLDのクレジット払いでは、dポイント還元率を最大3%まで引き上げることができます。

通常、dカード GOLDを通して支払いを行う場合、dポイントの還元率は1%です。

さらに、dカード GOLDのクレジット払いでは、d払いアプリを通して支払いを行うことで、dポイントの還元率がさらに+0.5〜1%となります。

街のお店でお買い物をした場合は+0.5%、ネットでお買い物をした場合は+1%となり、dポイント還元率が合計1.5〜2%になります。

また、店舗でdポイントカードを提示することで、dポイントの還元率が+1%となるため、dポイント還元率は最大合計3%に。

つまり、d払いアプリ経由で支払いを行うdカード GOLDのクレジットカード払いでは、dポイント還元率を最大3%まで引き上げることが可能と言えます。

ドコモユーザー以外でも利用できる

dカード GOLDのクレジットカード払いは、ドコモユーザー以外の方でも利用可能です。

  • dアカウント
  • dカード GOLD

以上の2点さえあれば、誰でもdカード GOLDのクレジットカード払いを行うことができます。

\キャンペーン実施中/矢印dカード GOLD公式サイトを見る

▲目次に戻る

dカード GOLDをクレジット払いするデメリット

dカード GOLDをクレジット払いするデメリット
dカード GOLDをクレジット払いするデメリット

次に、dカード GOLDをクレジット払いするデメリットについてご紹介します。

d払いは利用可能な店舗が限られている

d払いアプリを経由して、dカード GOLDをクレジットカード払いできる対象店舗は限られています

そのため、全ての店舗でdカード GOLDをクレジット払いを行うことができるわけではなく注意が必要です。

d払い可能な対象店舗の例
  • コンビニ:ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン
  • スーパー:イトーヨーカドー、オーケー、東急ストア
  • ドラッグストア:マツモトキヨシ、アインズ&トルペ
  • ショッピング:高島屋、西武、そごう
  • 暮らし:タワーレコード、IKEA、紀伊国屋書店

iD払いやPayPayなどの支払いシステムに比べると、d払いに対応している店舗が少なく感じる方も多いのが現状です。

あらかじめ、d払いアプリから利用可能な対象店舗をチェックしておくことをおすすめします。

年会費を意識した買い物や支払いが必要

dカード GOLDの還元ポイントは魅力的ですが、年会費をふまえてお得かどうかの判断も必要です。

年間の獲得ポイントが年会費11,000円に満たない場合は、違う決済を選択したほうが良い可能性もあります。

ご自身の生活スタイルに合わせて、ベストな支払い方法を選択しましょう。

クレジットカード登録時に本人認証が必要

d払いアプリ経由でdカード GOLDをクレジットカード払いするには、本人認証サービス(3Dセキュア)への登録が必要となります。

ちなみに、dカード GOLDは本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しているため問題なく利用可能です。

d払いアプリ利用の前に「インターネットショッピング本人認証サービス」の利用登録を済ませておきましょう。

項目dカード
dカード GOLD
年会費永年無料11,000円(税込)
還元率1%1%
ドコモ料金:10%
ケータイ補償購入後1年間1万円購入後3年間10万円
入会特典最大2,000P最大5,000P
公式サイト詳細を見る詳細を見る

▲目次に戻る

クレジット払いをさらにお得に使う方法

d払いとdカードでポイント三重どり!設定方法を解説
dカード GOLDのクレジット払い

dカード GOLDのクレジット払いをさらにお得に使うには、以下の2つの方法がおすすめです。

d払いと併せて利用する

dカード GOLDの支払いをd払いと併せて利用することで、お得にdポイントを活用することが可能。

d払いで利用した金額をdカード GOLDで支払うと、その支払い総額のうち100円につき1ポイント(1%)還元を受けることができるようになります。

d払いのクレジット払いでdカード GOLDを登録すると
  • 店舗決済:d払い0.5%+dカード GOLD1%=1.5%
  • オンライン決済:d払い1%+dカード GOLD1%=2%

店舗とオンラインでダブルのdポイントをGETできるdカード GOLDのd払いを活用する方法が、現状で一番お得にdポイントを貯められる方法です。

d払いとiD払いを使い分ける

dカード GOLDとd払いを併用する方法以外に、d払いとiD払いを使い分ける方法もお得です。

d払いもしくはiD払いには、それぞれ支払いがお得になる「特約店」と呼ばれる店舗が存在します。

d払い対応可能な特約店であれば、d払いの方がdポイント還元率が高くなります。

一方、以下のようなiD払い対応可能な特約店であれば、iD払いの方が効率よくdポイントを貯めることが可能です。

ジャンル会社名ポイント還元(特約店分のみ)
カーライフENEOS200円=1ポイント
オリックスレンタカー100円=3ポイント
旅行ルートインホテルズ100円=1ポイント
ショッピングマツモトキヨシ100円=2ポイント
タワーレコード100円=1ポイント
タワーレコード オンライン100円=1ポイント
コナカ100円=2ポイント
フタタ100円=2ポイント
洋服の青山100円=1ポイント
THE SUIT COMPANY100円=1ポイント
第一園芸100円=1ポイント
レストラン・カフェ伊達の牛たん本舗100円=2ポイント
十徳グループ100円=3ポイント
レジャービッグエコー100円=2ポイント
交通東京無線100円=1ポイント
チェッカーキャブ100円=1ポイント
さわやか無線タクシー100円=1ポイント
下矢印全て表示

よりお得にdポイントを貯めたいのであれば、dカード GOLDの支払いをd払いとiD払いそれぞれの特約店ごとに使い分けることをおすすめします。

\キャンペーン実施中/矢印dカード GOLD公式サイトを見る

▲目次に戻る

dカード GOLDのクレジット払いでおすすめな支払い方法

dカード GOLD 家族カード
結局、クレジット払いは一番お得な支払い方法
POINT

一番おすすめの支払い方法は、スマホ決済アプリ「d払い」をクレジット払いにし、dカード GOLDを設定して利用する方法です。

ただし、対応店舗が圧倒的に多いのは電子マネー決済のiD払いです。iD払いでポイント還元がUPする店舗もあるためiD払いも主流の支払い方法としておすすめです。

dカード GOLDの支払いでは、d払いとiD払いを上手に使い分けると良いでしょう。

d払い対応店舗やオンライン決済ではd払いを活用し、iD対応店舗・特に特約店ではiD払いを活用するといった使い分けをしてみることで、お得にdポイントを貯めることができますよ。

dカード GOLDのクレジット払いとiD払いの違いが知りたい方はこちらをご覧ください。

▲目次に戻る

dカード GOLDのクレジット払いでお得にdポイントを貯めよう!

dカード ゴールド
dカード GOLDのクレジット払いでお得にdポイントを貯めよう!

今回はdカード GOLDの各種支払い方法やメリット&デメリットについて紹介しました。

ただ、よりお得にdポイントを貯めるならdカード GOLDのクレジット払いを活用する方法がおすすめです。

今回ご紹介した方法を実践して、dポイントをより多く獲得していきましょう!

項目dカード
dカード GOLD
年会費永年無料11,000円(税込)
還元率1%1%
ドコモ料金:10%
ケータイ補償購入後1年間1万円購入後3年間10万円
入会特典最大2,000P最大5,000P
公式サイト詳細を見る詳細を見る

ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
natsumi
高校生から現在まで、auユーザーのフリーライター。 大学時代に携帯キャンペーンガールとして3年間働いていた経験があるため、 各キャリアのキャンペーン内容やスマホ機種の解説はお任せください。 どんな情報も分かりやすくお伝えしていきます!