dカードGOLDは入会&ご利用で最大15,000円プレゼント!
読了時間:約 2

dカードはドコモが発行するクレジットカードです。ドコモユーザーでなくても使えてdポイントを貯めることができます。

dカードには、クレジットカード払いとiD払いという2つの決済方法があります。しかし何が違うのかわからないというユーザーも多いようですね。

このページでは、クレジットカード払いとiD払いの違いについて紹介していきます。

iD払いとは?電子マネーの仕組みを詳しく知ると簡単決済でポイントも貯まるお得な話

「iD」ってなんだ?


画像引用元:iD公式ページ
「iD」は「アイディー」と読みます。身分証明などを意味するID(identificationの略)という言葉もありますが、それとは別です。

「iD」とは、ドコモの電子マネーの名前です。よって名前自体には意味はありません。

iDはポストペイド

Suicaやnanacoといった有名な電子マネーには、先払いのプリペイド式のものが多いです。先にお金を払って、その分だけ電子マネーとして使えるという方式です。

いわゆる「チャージ」を必要とするものはプリペイドです。これに対してiDは、後払いのポストペイド式となっています。

後払いなので、事前にお金を払ってチャージする必要はありません。iDを使った分だけ、後から支払うのです。

ポストペイドのメリット

ポストペイドのメリットは、使いたい時にいつでも使えることです。

プリペイドですと、いざという時にチャージしていなかったから使えなかった、なんてことが起こり得ますが、ポストペイドならばあり得ません。

また、プリペイドだと一度チャージしてしまったら、後からやっぱやめたと引き出すことは困難です。よほど特別な事情がなければ認められません。

ポストペイドのiDならば、使いたい時に使うだけなので、余らせてしまったりなくしてしまったりもありませんね。

dカードGOLDと楽天ゴールドカードの海外旅行保険と空港ラウンジ利用を比較

iDで支払いをする方法


画像引用元:iD公式ページ/「iD」をはじめる
肝心のiDで支払いをする方法ですが、実に簡単です。dカードならば事前に何か設定などする必要はありません

iDでの支払いに対応しているお店で、dカードをリーダーにかざすだけ大丈夫です。

クレジットカード払いだとサインなどの手間を求められる場合がありますが、iDならばサインレスで大変スピーディに買い物できます

注意点としては、iD払いに対応しているお店はクレジットカード払いに対応しているお店と比べて少ないことです。

使えるお店については公式ページをご覧ください。
使えるお店をさがす|タッチでお支払い iD

iD払いはいつ請求されるの?

iDは使った分だけ後から払うポストプリペイドですが、その請求はいつされ、どのように払うことになるのでしょうか。

iDで使った支払いは、毎月のdカード利用料と一緒に請求されます。

つまりdカードのクレジットカード払いの分とまとめての請求です。

クレジットカード払いと何が違うの?

事前にチャージする必要なく、請求はdカード利用料金と一緒にされるiD払いですが、そうなると気になるのはクレジットカード払いとの違いです。

iD払いとクレジットカード払いに、実際的な違いはないと言えます。

ユーザーにとっては、お店でdカードをかざして買い物をして、使った分の請求が後から来るという、何ら手順は変わりません。

強いて言うなら前述したように、クレジットカード払いだとサインを求められるなど、手間がかかる場合がある程度です。

どちらの支払いでもdポイントで1%還元!

dカードを利用する度、100円(税込)につきdポイントが1ずつ貯まっていきます。還元率で表すと1%です。

この還元は、iD払いでもクレジットカード払いでも同様です。

次のページでは、「「dカード特約店」では支払い方法に注意」をご紹介します。


1 2