iD払いとクレジットカード払いの違い|dカードをお得に使えるのは?

dカードの支払い方法の中に、iD払いとクレジットカード払いがあります。dカードのiD払いとクレジットカード払いは決済方法が後払い方式な点では同じですが、店頭での支払い方法が少し異なります。本記事ではiD払いとクレジットカードの特徴と違い、それぞれの決済方法、注意点について解説します。
  • 2020年7月15日
iD払いとクレジットカード払いの違い|dカードをお得に使えるのは?
 
ご入会&エントリー&ご利用で最大合計最大18,000※dポイント(期間・用途限定)プレゼント!

ドコモのクレジットカードであるdカードには、通常のクレジットカード払いの他に、iD払いという支払い方法が存在します。

dカードは支払い方法が選べるのは便利な反面、iD払いとクレジットカード払いはどちらがお得なの?と迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで今回はdカードのiD払いとクレジットカード払いについて紹介し、これらの違いについて詳しく解説します。

dカードの支払い方法について気になる方は、是非参考にしてみてください!

dカード GOLDの年会費1万円を払う価値とメリット・デメリットまとめ
dカードのiD払いとクレジットカード払いの違い
  • 店舗における支払い方法が違う
  • 利用することでお得になるお店が違う
  • スマホ決済として利用できるか否かが違う

dカードの「iD払い」とは

iDのロゴ画像引用元:電子マネー「iD」

「iD払い」の特徴
  • iDはドコモの電子マネー
  • 支払い方式は後払いのポストペイド式
  • カードをリーダーにかざすだけで決済完了

「iD」は「アイディー」と読みます。

身分証明などを意味するID(identificationの略)という言葉もありますが、それとは別です。

「iD」とは、ドコモの電子マネーの名前です。

ここではこのiDを使った「iD払い」について詳しく解説します。

iD払いの支払いについて

iD払いの支払いについて
  • 支払い方式は後払いのポストペイド式
  • カードをリーダーにかざすだけで決済完了
  • 支払いは毎月のdカード利用料と一緒に請求

Suicaやnanacoといった電子マネーは、先にチャージして使うプリペイド式の支払い方式のものがほとんどです。

先にお金を払って、その分だけ電子マネーとして使えるという方式です。

これに対してiDは、後払いのポストペイド式となっています。

後払いなので、事前にお金を払ってチャージする必要はありません。iD払いを使った分だけ、後から支払います。

使いたい時にいつでも使える点は、iD払いの大きなメリットですね。

肝心のiD払いを店舗で使う方法ですが、iD払いに対応している店舗でdカードをリーダーにかざすだけです。

事前に何かを設定する必要がないので非常に簡単です。

クレジットカード払いだとサインなどの手間を求められる場合がありますが、iD払いならばサインレスでスピーディに買い物ができます。

ちなみにiDで使った支払いは、毎月のdカード利用料と一緒に請求されます。

iD払いのポイント還元率

iD払いのポイント還元率
  • iD払いは100円につき1ポイント=1%の還元率
  • 貯まったdポイントは1ポイント=1円で使える

ドコモ独自の支払い方法で決済を行うと、1ポイントにつき1円で使えるdポイントが貯まっていきます。

もちろんその支払い方法の中には、iD払いも含まれています。

iD払いで決済すると100円につき1ポイントのdポイント、つまり還元率1%分のdポイントが貰えます。

例えばiD払いで10,000円の決済を行うと、dポイントが100ポイント貰える計算になります。

iD払いが使える店舗

ジャンル主な対象店舗
コンビニ・スーパーセブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
イオンモール
まいばすけっと
マックスバリュ
やまや
アリオ
ドラッグストアマツモトキヨシ
ウェルシア
ココカラファイン
くすりの福太郎
百貨店・雑貨店高島屋
イトーヨーカドー
イオン
グルメマクドナルド
ミスタードーナツ
吉野家
すき家
モスバーガー
ロッテリア
CoCo壱番屋
ガスト
デニーズ
ジョナサン
バーミヤン
カフェタリーズ
ドトールコーヒーショップ
エクセルシオールカフェ
コメダ珈琲店
音楽・本紀伊国屋書店
タワーレコード
TSUTAYA
ブックファースト
家電量販店ジョーシン
コジマ
ノジマ
エディオン
ビックカメラ
ヨドバシカメラ

かざすだけで簡単に決済できるiD払いですが、全てのお店でこの支払い方法ができる訳ではありません。

対応している店舗が多いため一部しか記載していませんが、現時点でiD払いに対応している店舗は約100万店舗とされています。

そのため多くの人が良く利用するお店は、高確率でiD払いに対応していると思って良いでしょう。

入口付近またはレジ付近に貼ってあるiDマークが目印です。

また、上で紹介した店舗はあくまで「iD払いが使えるお店」です。

iD払いでお得になるお店」はdカード特約店といってまた別のくくりになりますので、後ほど紹介していきます!

dカード GOLD公式サイトを見る

dカードの「クレジットカード払い」とは

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

「クレジットカード払い」の特徴
  • クレジットカード払いとは通常のクレジットカードによる決済のこと
  • 請求日に利用金額を引き落とされる後払い方式
  • 暗証番号やサインを記入することで決済可能

dカードのクレジットカード払いとは、一般的なクレジットカードを利用した決済のことを指します。

つまりdカードを通常通り、クレジットカードとして利用した決済ということですね。

ここではdカードの「クレジットカード払い」について解説します。

クレジットカード払いの支払いについて

クレジットカード払いの支払いについて
  • 支払いは請求日に引き落とされる後払い方式
  • 暗証番号やサインを記入することで決済可能

クレジットカード払いの支払い方式は通常のクレジットカード同様、翌月の支払い日に利用金額を請求される後払い方式です。

手持ちがない場合でも支払うことができるのはクレジットカード払いの大きなメリットですね。

クレジットカード払いもiD払いも、お金を取り出さずに決済できる点は共通しています。

ただし店舗での支払い方法は少し異なり、クレジットカード払いはリーダーに挿入した後、ほとんどの店舗で暗証番号の入力やサインが必要になります。

iD払いはリーダーにかざすだけですので、簡易さで言ったらiD払いに軍配があがります。

クレジットカード払いのポイント還元率

クレジットカード払いのポイント還元率
  • クレジットカード払いは100円につき1ポイント=1%の還元率
  • 貯まったdポイントは1ポイント=1円で使える

iD払いと同じく、クレジットカード払いのポイント還元率は1%です。

つまり100円につき1ポイントのdポイントが還元されることになります。

また1ポイント=1円として利用できる点も同じなため、dポイントに関してはクレジットカード払いとiDカード払いのどちらを選択しても変わりません。

自分の使いやすい方法を選んで決済を実行するのが得策と言えるでしょう。

クレジットカード払いが使える店舗

dカードのクレジットカード払いは、通常のクレジットカードが利用できるお店であればどこでも使うことができます。

そのためクレジットカード払いが使える店舗は、iD払いに対応している店舗に比べて圧倒的に多いです。

むしろここ最近ではクレジットカード払いに対応していないお店を探す方が難しいため、ほとんどのお店で使えると言って良いでしょう。

またiD払いの章で先述しましたが、「クレジットカード払いが使えるお店」と「クレジットカード払いでお得になるお店」は少し異なります。

「クレジットカード払いでお得になるお店」はdカード特約店と呼ばれるもので、こちらは後ほど解説します。

dカード GOLD公式サイトを見る

dカードのiD払い・クレジットカード払いの違い

iD払い・クレジットカード払いの違い
  • 店舗における支払い方法が違う
  • 利用することでお得になるお店が違う
  • スマホ決済として利用できるか否かが違う

ここまで見ると分かるように、dカードのiD払いとクレジットカード払いは色々と似ている所があります。

主にキャッシュレスで決済できるところや、支払い方式が後払いな点が挙げられますね。

ですがiD払いとクレジットカード払いには、確かに明確な違いが存在します

ここではdカードのiD払いとクレジットカード払いの違いについて詳しく解説します。

店舗における支払い方法が違う

dカード | 電子マネー画像引用元:dカード | 電子マネー

dカードのiD払いとクレジットカード払いの1つ目の違いとして、店舗における支払い方法が違う点が挙げられます。

すでにどちらの支払い方法も解説しましたが、iD払いはリーダーにかざすだけ、クレジットカード払いはリーダーに差し込んだ後に暗証番号やサインを記入します。

つまりdカードを利用した店舗における支払いは、iD払いの方が早く簡単に済むということですね。

ただしどちらもキャッシュレス決済のため、現金支払いに比べると非常に便利です。

iD払いの方が簡単ではあるものの、クレジットカード払いも決して不便な支払い方法ではないでしょう。

利用することでお得になるお店が違う

dカード特約店画像引用元:dカード | dポイントがさらにたまる dカード特約店

dカードのiD払いとクレジットカード払いの2つ目の違いとして、利用することでお得になるお店が違う点が挙げられます。

dカードには通常の提携店舗よりもdポイントがお得になる「dカード特約店」というものが存在します。

そしてそのdカード特約店が、iD払いとクレジットカード払いで少々異なります。

詳しくは以下のdカード特約店一覧をご覧ください。

ジャンル会社名ポイントiDカード
カーライフENEOS200円で3pt
オリックスレンタカー100円で6pt×
旅行ルートインホテルズ100円で2pt
JAL100円で2pt×
JALパック100円で2pt×
dトラベル100円で3pt×
JTB100円で3pt×
クラブメッド100円で4pt×
ショッピングマツモトキヨシ100円で4pt
三越伊勢丹200円で3pt×
高島屋100円で3pt×
ジェイアール名古屋タカシマヤ
タカシマヤ ゲートタワーモール
100円で2pt×
高島屋免税店SHILLA&ANA100円で6pt×
タワーレコード100円で3pt×
タワーレコード オンライン100円で2pt×
紀伊國屋書店100円で2pt×
コナカ100円で3pt
フタタ100円で3pt
洋服の青山100円で2pt×
THE SUIT COMPANY100円で2pt×
多慶屋100円で2pt×
第一園芸100円で3pt
リンベル100円で5pt×
ネットショッピングdカード ポイントUPモール100円で1.5pt~×
ショップジャパン100円で2pt×
dショッピング100円で3pt×
d fashion100円で3pt×
dデリバリー100円で2.5pt~×
ドコモオンラインショップ100円で2pt×
本・出版日経ヴェリタス100円で3pt×
日経ビジネス100円で5pt×
日経WOMAN100円で3pt×
プレジデント100円で3pt×
レストラン・
カフェ
スターバックス カード100円で4pt×
ドトールバリューカード100円で4pt×
伊達の牛たん本舗100円で4pt
十徳グループ100円で4pt×
引越しサカイ引越センター100円で4pt×
レジャービッグエコー100円で4pt×
交通東京無線100円で2pt
チェッカーキャブ100円で2pt
さわやか無線タクシー100円で2pt×
でんき・ガスENEOSでんき200円で3pt×
ENEOS都市ガス200円で3pt×

dカード特約店の一覧を見てみると、クレジットカード払いの方が店舗数は多いですね。

そのため利用することでお得になるお店については、クレジットカード払いの方に軍配があがります。

しかしiD払いやクレジットカード払いはずっとどちらかの支払い方法しか利用できないわけではありませんので、店舗によって支払い方法を変えるというのが最もお得な使い方です。

ただしどのお店がiD払いの特約店で、どのお店がクレジットカード払いの特約店かを都度調べるのは手間がかかるのも事実です。

そのためdカードをお得に利用したい方は、基本設定をクレジットカード払いにしておくのも1つの手でしょう。

スマホ決済として利用できるか否かが違う

dカードとApple Pay画像引用元:dカード | Apple Pay(iPhoneの方)

dカードのiD払いとクレジットカード払いの3つ目の違いとして、スマホ決済として利用できるか否かが挙げられます。

ここでいうスマホ決済とはおサイフケータイとApple Payを指しますが、結論から言うとiD払いのみスマホ決済で利用可能です。

もっとわかりやすく解説すると、iD払いは通常dカードのプラスチックカード本体をリーダーにかざすことで決済できます。

しかしdカードをスマホに登録すると、スマホ本体をリーダーにかざすことで決済できるということです。

スマホ決済が可能になるとカード自体は持ち運ぶ必要がなくなり、スマホさえ持ち歩けば決済できるので非常に便利ですね。

ここ最近は支払いをスマホ決済に集約している方も多いので、そういった方にはiD払いがおすすめです。

dカード GOLD公式サイトを見る

dカードのiD払い・クレジットカード払いがおすすめな人

iD払い画像引用元:【FP監修】本当に便利?電子マネーのメリットとデメリット

ここまでdカードのiD払いとクレジットカード払いの特徴と、それぞれの違いについて解説してきました。

それを踏まえて、ここからはiD払いがおすすめな人、クレジットカード払いがおすすめの人をそれぞれ紹介していきます。

iD払いがおすすめな人

iD払いがおすすめな人
  • 店舗ですばやく会計を済ませたい人
  • 決済をスマホに集約したい人

iD払いがおすすめな人の1つ目の条件として、店舗ですばやく会計を済ませたい人が挙げられます。

すでに解説した通り、dカードのiD払いは店舗にあるリーダーにタッチするだけで決済が完了します。

店舗に行って暗証番号やサインを記入するのが面倒だという方は、iD払いを選択するのが良いでしょう。

iD払いがおすすめな人の2つ目の条件として、決済をスマホに集約したい人が挙げられます。

こちらもすでに解説しましたが、dカードでスマホ決済に対応しているのはiD払いのみです。

普段スマホを決済に利用している方は、iD払いがおすすめです。

クレジットカード払いがおすすめな人

クレジットカード払いがおすすめな人
  • dカード特約店でよく買い物をする人
  • おサイフケータイ・Apple Pay機能付きのスマホを持っていない人

クレジットカード払いがおすすめな人の1つ目の条件として、dカード特約店でよく買い物をする人が挙げられます。

先述した通り、dカード特約店はiD払いでお得になるお店よりも、クレジットカード払いでお得になるお店の方がかなり多いです。

お店によって使い分けるのが一番ですが、面倒に感じる方は基本的にクレジットカード払いにしておくのが良いでしょう。

クレジットカード払いがおすすめな人の2つ目の条件として、おサイフケータイ・Apple Pay機能付きのスマホを持っていない人が挙げられます。

なぜかというと、これらの機能が付いていない場合、オンラインショップでiD払いをすることができないからです。

おサイフケータイ・Apple Pay機能付きのスマホを持っていない&オンラインショップで買い物したい場合は、クレジットカード払いを選択しましょう。

dカードで「iD払い」をする際の注意点

ここからはdカードでiD払いをする際の注意点を解説します。

クレジットカード払いを利用する上では、通常クレジットカードを利用する際に注意する点に気を付ければ概ね大丈夫でしょう。

しかしiD払いにはいくつか注意すべきポイントがあるため、詳しく解説します。

利用限度額はクレジットカードと共有

dカードのiD払いを利用する際の1つ目の注意点は、利用限度額がクレジットカードと共有になる点です。

例えばdカードの利用限度額が20万円だった場合、クレジットカード払いで10万円分使ってしまったらiD払いは残りの10万円分しか利用できないということです。

iD払いは後払いのポストペイド式のため限度額の感覚が薄れてしまいがちですが、しっかり存在しているので忘れないようにしましょう。

盗難・紛失時に悪用されやすい

iD払いは暗証番号やサインを記入する必要がなく、手軽に決済できる点が大きなメリットです。

しかしその手軽さゆえに、盗難・紛失時に悪用されやすいというデメリットがあります。

盗難に気付いてからカードを止めることはできますが、心配な方はdカードをスマホに登録して利用するのがおすすめです。

おサイフケータイであればiDにロックをかけることができるので、安心して利用することができます。

dカードで「iD払い」をする際の支払い方式

dカードにはゴールドカードやプリペイドカードなど、全部で4種類のカードがあります。

どのカードでもiD払いは利用できますが、カードによってそれぞれ支払い方式がことなります。

1つずつ解説するので、是非チェックしてみてください。

dカード

dカード VISA ポインコ

支払い方式:ポストペイド方式(後払い)

dカードのiD払いは先述した通り、後払いのポストペイド方式です。

iD払いで利用した分は、dカードのクレジットカード払いの利用額と一緒に翌月の請求日に引き落とされます

結局のところ一緒に請求されるので、店舗での支払い方法が違うだけと思っておいて良いでしょう。

dカード公式サイトを見る

dカード GOLD

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

支払い方式:ポストペイド方式(後払い)

dカード GOLDもdカードと同じく、後払いのポストペイド方式です。

また引き落としについてもdカードと同じで、翌月の請求日にクレジットカード払いの利用額と一緒に引き落とされます。

dカード GOLDは特にドコモユーザーがお得になる特典が豊富ですので、まだ持っていない方はdカード GOLDがおすすめです。

dカード GOLD公式サイトを見る

dカード プリペイド

dカード プリペイド画像引用元:dカード プリペイド

支払い方式:プリペイド方式(前払い)

dカード プリペイドは名前の通り、前払いのプリペイド方式です。

ここまででiD払いのメリットとして事前チャージが不要なことを挙げてきましたが、dカード プリペイドだけは事前チャージが必要です。

ただし年会費無料で審査も不要なため、12歳以上であれば誰でも持てる点は大きなメリットです。

そのためdカード プリペイドは事前にチャージしておいて、お子さんに持たせるなどの使い方がおすすめです。

dカードが気になったら入会特典がおすすめ!

今回iD払いとクレジットカード払いについて解説してきましたが、これからdカード/dカード GOLDに入会しようと考えている方は入会特典のキャンペーンを利用するのがおすすめです!

dカードとdカード GOLDで分けて簡単に解説します。

dカードの入会特典

dカード VISA

dカードの入会特典
  • 入会特典①ケータイ料金をdカード払いに設定で1,000ポイント進呈
  • 入会特典②入会から翌月末・翌々月末の利用金額に対して25%ポイント還元
  • 入会特典③こえたらリボ・キャッシングリボ枠の設定で2,000ポイント進呈

dカードの入会特典は全部で3つあり、最大で8,000ポイントのdポイントを受け取ることができます。

特に①の特典は設定するだけで1,000ポイント貰えるので、dカードに新規入会すれば誰でも貰えるポイントと言えるでしょう。

また②の特典は最大5,000ポイントまでと決まっているため、2ヶ月で20,000円利用すれば最大ポイント数を獲得できます。

年会費無料でクレジットカードを作りたいという方は、dカードへ新規入会するのがおすすめです。

dカード公式サイトを見る

dカード GOLDの入会特典

dカード GOLD(ゴールド) VISA

dカード GOLDの入会特典
  • 入会特典①ケータイ料金をdカード GOLD払いに設定で1,000ポイント進呈
  • 入会特典②入会から翌月末・翌々月末の利用金額に対して25%ポイント還元
  • 入会特典③こえたらリボ・キャッシングリボ枠の設定で2,000ポイント進呈
  • 入会特典④今だけ!入会&利用特典増額キャンペーンで最大5,000ポイント進呈

dカード GOLDの入会特典は全部で4つあり、2020年9月末まで限定で最大18,000ポイントのdポイントを受け取ることができます。

①の特典はdカードと同じですが、②の特典で最大10,000ポイントまで貰うことができます。

2ヶ月間で40,000円利用すれば最大ポイント数が貰えるので、さほど難しい条件ではないでしょう。

また2020年9月末まで限定で、25%還元期間が1ヶ月間延長されます。

プラスで5,000ポイントを獲得できるチャンスですので、まだ持っていない方は是非この機会に新規入会してみてください!

dカード GOLD公式サイトを見る

iD払いとクレジットカード払いは使い分けがお得!

今回は、dカードのiD払いとクレジットカード払いの違いについて解説しました。

dカードのiD払いとクレジットカード払いの違い
  • 店舗における支払い方法が違う
  • 利用することでお得になるお店が違う
  • スマホ決済として利用できるか否かが違う

dカードはiD払いもクレジットカード払いも、後払いのポストペイド方式である点は同じです。

しかし店舗での支払い方法やdカード特約店の対象店舗、スマホ決済として利用できるか否かが違います。

また利用できる店舗数についても、かなり差があることがわかりました。

どちらも一長一短なため、よりお得に使いたい方は場面によって使い分けるのが良いでしょう。


 
ご入会&エントリー&ご利用で合計最大18,000※dポイント(期間・用途限定)プレゼント!
dカード GOLD|ドコモユーザーなら必須の1枚。最大18000円相当プレゼント!