dカード GOLD(ゴールド) VISA
ご入会&エントリー&ご利用で最大18,000※ポイントdポイント(期間・用途限定)プレゼント!
読了時間:約 2

お得といわれているdカード GOLDですが、「携帯料金の支払いでポイントが還元されない」などのデメリットがいくつかあるので注意が必要です。

年会費が1万円と安くはないので、想定よりもバックがないと回収できないなんてことが起きてしまうかもしれません。

本記事では「dカード GOLDの罠」と言われてしまうのは何故か、dカード GOLDのデメリットと注意点について紹介します。

画像引用元:dカード | dカード 家族カードのご紹介

dカード GOLDはドコモユーザー最強のクレカ!特徴や還元率を解説

dカード GOLDのデメリット・注意点とは?


画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介dカード GOLD公式サイトを見る
実際dカード GOLDはかなりお得なカードです。

けれども口コミサイトなどに「dカード GOLD 最悪」「dカード GOLD 騙された」という声があるように、デメリットが全くないわけというわけではありません。

どのような声が多いかをみてみましょう。

dカード GOLDのデメリット・注意点一覧
  • 携帯料金をdカード GOLD支払うと損する
  • 端末代などがポイント還元対象外
  • ドコモの割引サービスでポイントがつかない
  • dポイントで支払うとポイントがつかない
  • ショッピング代金も10%還元対象外
  • d払い分も10%還元対象外
  • ポイント還元で下3桁は切り捨て
  • 家族カードがない家族の携帯料金は適用外

上記の殆どはポイント還元されると思っていた支払いがdカード GOLDでは対象外だったことが原因になります。

dカード GOLDの還元対象、対象外はこの様に明示されています。

dカード/dカード GOLD
ポイント進呈対象一覧
100円につき1ポイントの対象
ショッピング(dカード ETCカードでの利用も含む)
ドコモの携帯電話・ドコモ光ご利用料金×(dポイントクラブは対象)
ドコモの端末故障修理代金×
ドコモのバリューコースにおける分割支払金/分割払金×
ドコモの分割払い端末代金の残債一括清算×
d払い
NTTファイナンスおまとめ請求×
公共料金
各種電子マネーチャージ
dカードプリペイドチャージ
×
各種dカード手数料×
各種募金×
国民年金保険料×

それではdカード GOLDのデメリットを詳しく説明していきますね。

dカード GOLDでの携帯料金支払いはNG

10%ポイント還元を受けるための条件は「dアカウントと紐づけられたdカード GOLDを所有していること」で、携帯料金をdカード GOLDで支払いをする必要はありません。

その理由として、dカード GOLDで携帯料金支払いをした際のdポイント還元はされません。

この点を見落として、dカード GOLDで携帯料金を支払っているケースは少なくないようです。

POINT

一番お得なのはdカード GOLDでケータイやドコモ光と紐付けて、料金の支払いは他のカードにすることです。

端末代などがポイント還元対象外

「ドコモのユーザーなら、dカード GOLDの元は取れる」と聞いて契約したのに、年会費分のポイントがつかなかったというお怒りの声が多く聞かれます。

この失敗の原因は、毎月の利用料金のすべてがドコモのポイント還元対象ではないことにあるのです。

ドコモの公式webサイトにも次のような但し書きがあります。

各種手数料、電報料、コンテンツ使用料/iモード情報料、コレクトコール通話料、ケータイのご購入代金分割支払金/分割払金、ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)、消費税、「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償 お届けサービス」ご利用時のお客さまご負担金、「ドコモ光」事務手数料・工事料および光訪問サポート利用料など1回ごとにお申込みが必要となるサービスなどはdポイント進呈の対象外となります。

この先に進む前に、ここでご自身のドコモ利用料金の内訳を確認しておきましょう。確認方法は以下の通りです。

  1. ドコモHPの「My docomo」タブをタップ
  2. 「料金」タブをタップ
  3. 「ログインして表示」をタップ
  4. dアカウントIDとパスワードを入力
    (※ドコモ回線使用時はネットワーク暗証番号も)
  5. 表示ページの下方へスクロール
  6. 「ご利用料金の確認」をタップ
  7. 「ご利用料金確認サイト」が開く
  8. 確認したい月をタップ
  9. 「すべての項目を開く」をタップ

これで料金の内訳を確認できます。10%のポイント還元対象となっている金額が思ったより少ないことに、ショックを受けられるかもしれません。

具体的にみてみると、ポイント還元の対象となるものはいわゆる基本料金のみで、内訳は次のようになります。

  • 基本使用料
  • 通話・通信料
  • パケット使用料

多くの場合、毎月の使用料のなかで端末代金の分割払いは大きな部分を占めているはずですが、dカード GOLDの10%ポイント還元の対象外です。

つまり、毎月ドコモに9,000円以上払っているから大丈夫と考えると、失敗する可能性が高いのです。

ドコモ光ならdカード GOLDを選ぼう!最大10%のdポイント還元でお得

ドコモの割引サービスでポイントがつかない

ギガホ割などドコモの割引サービスを利用して、スマホ代を節約している方は多いでしょう。

けれども割引サービスでお得になる金額は、ポイント還元の対象となる月額基本使用料から差し引かれてしまうため、還元されるポイントも減ってしまうのです。

そのため、期待しただけのポイント還元を受けられずに終わってしまうケースがよくあります。

dポイントで支払うとポイントがつかない

たまったdポイントを携帯料金の支払いに当ると、ますますポイントがつかなくなります。

dポイントで充当できる代金は、ポイント還元対象となっているものに限られるためです。

さらにdポイントで支払った金額についてはポイントが還元されないため、本来ならもらえたはずのポイントを取りこぼしてしまうことになります。

dポイントで携帯料金を支払うことは、二重の意味で損になるのでご注意ください。

ショッピング代金も10%還元対象外

dカード GOLDは国際ブランドのクレジットカードなので、ほとんどのショッピングでのクレジットカード払いに対応しています。

その他の公共料金や家賃の支払いなどにもオールラウンドで使える、とても便利なカードです。

ところがdカード GOLDでのショッピング利用代金については、10%還元の対象外となっています。

この点を見落としてしまうと、ゴールドカードなのに普通のクレジットカードと似たり寄ったりのポイントしかたまらず、「年会費を払ったのに最悪」ということになりかねないのです。

d払い分も10%還元対象外

d払いの支払いをdカード GOLDにしていても、10%の還元を受けることはできません。10%のポイント還元を受けられるのは、あくまでもドコモの回線利用にかかわる代金なのです。

とはいえd払いにdカード GOLDを使えば、ポイントがたまりやすいのは事実でしょう。

d払いで得られる100円毎に1ポイントに加え、街での利用なら200円の利用に対して1ポイント、ネットでの利用では100円につき1ポイントのdポイントが付与されます。

ただしこれはdカード GOLDに限らず、dカードでも同様のサービスです。

ポイント還元で下3桁は切り捨て

ポイント還元率10%がウリのdカード GOLDですが、正確には1,000円毎に100ポイントが還元されます。

つまり、1,000円の利用であれば100ポイントを獲得できるところ、1円足りない999円の利用では1ポイントもつかないのです。

そのため思ったようにポイントが増えず、「騙された」ということになっているようです。

dカード/dカード GOLDのd払いとiD払いお得な使い方をまとめて紹介

家族カードがない家族の携帯料金は適用外


画像引用元:dカード | dカード 家族カードのご紹介

家族そろってドコモユーザーという場合、だれか一人が携帯料金をまとめて支払っているでしょう。

ところが家族分の携帯料金については、dカード GOLDのポイント10%還元の対象にはならないのです。

10%還元の対象となるのは、dカード GOLDを保有している人だけなので、家族分については家族のdカード GOLDを発行する必要があるのです。

dカード GOLDでは1枚目の家族カードは無料で発行できますが、2枚目以降は1枚ごとに税抜きで1,000円掛かります。

なお、家族カードの申込みは18歳以上でなければできません。したがってお子さんが18歳未満の場合はdカード GOLDの家族カードを作ることはできないのです。

dカード GOLDの家族カード発行・アップグレード方法とメリットを解説
年会費の元が取れない理由まとめ
  • dカード GOLDでケータイ代を支払っている
  • 端末代などポイント還元対象外の支払いが多い
  • ドコモの割引サービスでポイント対象金額が減っている
  • dポイントでケータイ代を支払っている
  • ショッピングやd払いの支払いが多い
  • ポイント対象額の下3桁が切り捨てられている
  • 家族カードを活用できていない

残念!dポイントのステージ判定が改悪に


画像引用元:dポイントクラブのステージとは | ご利用ガイド | dポイントクラブ

dカード GOLDの特典がバッサリ

dポイントクラブは、入会金・年会費無料のお得なポイントプログラムで、ドコモユーザーでなくても入会できます。

会員ランクのステージがあがるとさまざまな優待を受けることができるのですが、以前はdカード GOLD保有者は無条件に最高ステージにランクされていたのです。

ところがステージの判定方法が以下のように変更され、dカード GOLDを持つことによるメリットはなくなってしまいました

ステージドコモ回線継続利用期間dポイント獲得数(6ヵ月累計)
プラチナ15年以上10,000以上
4th10年以上3,000以上
3rd8年以上1,800以上
2nd4年以上600以上
1st4年未満600未満
ドコモ長期利用「ずっとドコモ特典」が残念なことに?詳細と原因

10%ポイント還元はステージ判定に反映されない

dカード GOLDで10%還元を受けられたら、楽に最上位ランクを目指せるように思えます。

ところがそうではなく、10%還元で付与さえたdポイントについては、ステージ判定に反映されないのです。

そもそもdカード GOLDの特典である10%還元は、基本還元率の1%に特典として9%のポイントがプラスされたもの。

ステージ判定に反映されるのは基本還元率の1%分だけで、残りの9%は対象外となるのです。

その他、dポイント(期間・用途限定)や、ポイント移行やキャンペーンなどの支払いを伴わないdポイント獲得については、ステージ判定対象外となります。

したがって、ポイント獲得だけで上位ランクを目指すのは結構大変なのです。一方、ドコモを長く利用している方は有利となっています。

まだあるdカード GOLDのデメリット

dカード GOLDのその他デメリット一覧
  • ケータイ補償は交換対応のみ
  • ゴールドデスクがイマイチ
  • 年間特典が使いにくい

ケータイ補償は交換対応のみ

dカード GOLDのケータイ補償は、購入後3年まで最高10万円と手厚くなっています。しかし、ケータイ補はで修理のための補償サービスではなく、新品同一機への交換サービスです。

つまり紛失や盗難のほか、修理不能なスマホでなければダメで、修理できる状態では利用することはできません。

この点も見落とされがちで、修理を依頼するまで気付かなかったという人は結構おられます。

ゴールドデスクがイマイチ

dカード GOLD会員には専用のお問い合わせ窓口としてdカード ゴールドデスクが設けられ、以下のような問い合わせに対応しています。

  • dカード GOLDに関する問い合わせ・ご注文
  • 利用代金明細書など各種案内の届先住所の変更
  • 各種付帯サービスの問い合わせ・注文
  • リボ・分割払いなど、ファイナンスサービスに関する相談・注文
  • 各種資料の注文

dカード ゴールドデスク自体は年中無休ですが、受付時間が午前10:00~午後8:00となっており、一部の業務は午後6:00以降の対応はしていません。

さらにリボ払い・分割払い・キャッシングに関するオペレーターによる受付は午後6:00までとなっています。

ところが、通常のdカード会員が利用できる音声ガイダンスの受付時間もゴールドデスクと同様で、対応してくれる内容もさほど変わらないようです。

VIP対応までは期待しませんが、ゴールドデスクを名乗るならもう少し受付時間を拡大してほしいところでしょう。

年間特典が使いにくい

年間特典は、前年の年間利用額累計が税込で100万円以上、もしくは200万円以上あるdカード GOLD会員限定のサービスです。

それぞれ10,800円相当、21,600円相当の選べる特典がもらえ、内容は以下のとおりです。

  • ケータイ購入割引クーポン
    ケータイやスマホなどの新規購入・機種変更などに利用できますが、ドコモの携帯料金への充当には利用できません。
  • d fashionクーポン
    ドコモのファッション通販サイト、d fashionでの購入時に使える割引クーポンです。
  • d トラベルクーポン
    日本全国13,000施設以上のホテル・旅館の予約ができるdトラベルサイトでの予約時に使えます。
  • dショッピングクーポン
    「食品」「日用品」「書籍」から「家電」まで幅広く網羅したショッピングサイト、dショッピングでの購入時に使えます。
  • dデリバリークーポン
    ピザやお寿司などの出前フード宅配サービス、dデリバリーサイトでの購入時に使える割引クーポンです。

クーポンは自動的には発行されず、5月下旬から6月初旬頃に届くダイレクトメールの案内にしたがって申し込む必要があります。

d fashionクーポンは5,400円×2または4枚、dショッピングクーポンとdデリバリークーポンは3,600円×3または6枚で進呈され、1回の注文で1枚ずつしか使えません。

また申込みやクーポンの有効期間には期限があります。このように年間特典は少々使いにくいようで、この点も残念です。

dカード GOLDの評価レビュー|得する人と得しない人のポイントを解説

dカード GOLDがお得といわれている理由は?


画像引用元:【dカード】合計最大10%還元!

ドコモが発行しているクレジットカードには、dカードとdカード GOLDの2種類があげられます。

dカード GOLDはdカードのゴールドカードで、年会費無料のdカードに対してdカード GOLDでは税抜き10,000円の年会費が掛かるデメリットがあります。

一般的にゴールドカードはお金持ちが所有するものというイメージがあり、実際に入会に際しては厳しい審査が設けられています。

ところがdカード GOLDの場合、これまでにドコモの支払いを滞納したことがなければ、ご本人や配偶者に平均的なサラリーマン程度の年収があれば充分審査に通ることができるようです。

とはいえ、カードローンの借入金額が多い方の場合は審査に通ることは困難でしょう。なお、学生さんはdカード GOLDを持つことができません。

dカードとdカード GOLDのお得度を比較


画像引用元:dカード | ドコモのクレジットカード

ここで、dカードとdカード GOLDのお得度を比較してみましょう。両者の違いに10,000円以上の価値ありとみた人たちは、dカード GOLDに申し込んでいます。

dカード/dカード GOLDの基本情報
申し込みdカード公式サイトdカード GOLD公式サイト
サービス名dカードdカード GOLD
年会費永年無料10,000円(税別)
ETCカード年1回の利用で無料無料
基本還元率 1.0%1.0%
dポイントクラブご優待(10%ポイント還元)
dカードケータイ補償最大1万円補償最大10万円補償
dカードゴールドデスク
dカード GOLD年間ご利用額特典
海外旅行保険最大1億円
国内旅行保険最大5,000万円
旅行傷害保険自動付帯
お買物あんしん保険年間100万円まで年間300万円まで
ラウンジ(空港・その他)
VJデスク(旅のサポート)
海外レンタカー
海外緊急サービス○(無料)

10%のポイント還元

まず目を引くのが、dポイントクラブご優待でしょう。

クレジットカードのポイント還元率は1~3%ですが、dカード GOLDではなんと10%のポイント還元を受けられるのです。

つまり、年間10万円以上ドコモの利用額をdカード GOLDで支払えば10,000円分のポイントがもらえることになり、税抜き分の年会費はチャラになる計算です。

したがってdカード GOLDを持つか持たないかは、年会費分のポイントをゲットできるかどうかが判断の目安となります。

最大10万円のケータイ補償

スマホをよく壊してしまうという方にとっては、dカード GOLDの最大10万円のケータイ保障はとても魅力的にみえるはずです。

dカードにもケータイ保障はありますが、補償額は最大10,000円で補償期間は購入後1年以内です。

一方、dカード GOLDでの補償額は最大10万円で補償期間は購入後3年以内です。

端末は2~3年程度で機種変更することを考えると、dカード GOLDなら使用期間中ずっと補償を受けられるといえますね。

よく旅行する方にも大きなメリットが

dカード GOLDだけの特典として、旅行保険サービスがあります。海外旅行保険では最大1億円、国内旅行保険で最大5,000万円の補償を受けられるのです。

治療費や損害賠償まで幅広い補償が用意されているので、別途旅行保険に入らなくても大丈夫。国内旅行保険での不慮の事故や、航空機の遅延による費用もサポートしてくれます。

その他、空港ラウンジの利用特典もついています。

なお、海外旅行保険で最大1億円が補償されるのは、dカード GOLDで海外旅行代金を支払ったdカード GOLD契約者のみで、その他の場合は最大5,000万円の補償となります。

dカード GOLDの海外旅行保険を解説|自動付帯と家族特約で充実した補償内容

dカード GOLDの元が取れるのはこんな人


画像引用元:dカード | dポイントをためる/つかう

dカード GOLDの元が取れる人まとめ
  • 毎月の基本使用料が900円以上の人
  • 海外旅行によく行く人
  • スマホをなくしそうな人
  • 家族そろってdカード GOLDを使いたい人

毎月の基本使用料が9,000円以上あればOK

どうしても年会費の元を取りたいという方は、毎月支払っている利用料金の内訳をチェックしてください。

携帯料金とドコモ光料金の基本使用料がおおむね税別で9,000円以上あれば、1年で10,000ポイントを獲得できるので、ドコモの利用だけで年会費はチャラになります。

目安としては、ギガホなど通信容量の大きい料金プランとドコモ光を併用していれば、まずOKでしょう。

海外旅行に行く人なら充分にペイ

保険に入らずに海外旅行へ行くことはとても危険です。たとえばアメリカで盲腸になった場合、治療費は300万円も掛かるのです。

めったにあることではないというものの、万一の時の自己負担を考えると保険は必須でしょう。

dカード GOLDの手厚い海外旅行保険なら、よほどのことがない限り自己負担には至りません。海外旅行によく行く人なら、dカード GOLDは持っておいて損はないカードといえます。

さらに海外緊急サービスも心強い特典です。

海外でのdカードの紛失・盗難に対して、現地へ暫定的なクレジットカード(緊急カード)を届けてくれるサービスで、dカード GOLD会員は無料(dカード会員は税込11,000円)で利用できます。

帰国後のカード再発行手数料も、dカード GOLD会員は無料(dカード会員は税込1,100円)です。

その他、緊急(キャッシュ)サービスとして1,000米ドル相当額以内の現地通貨を用立ててもらえます。

スマホをなくしそうな人にもおすすめ

スマホが行方不明に…という経験は、だれにでも一度くらいはあるものでしょう。

なくしてから時間が経っていなければたいてい見つかるものでが、どこでなくしたが見当がつかないような場合には見つからない可能性が大です。

「自分はスマホをなくしそう…」と心配な方なら、dカード GOLDを持っておく価値があるのでおすすめします。

家族そろってdカード GOLDを使いたい人

dカード GOLDの年会費は税抜き10,000円ですが、家族カードなら1人目は無料です。2人目以降についても1人当たり1,000円と割安になっています。

割安な家族カードですが、以下の表にあるようにdカード GOLD会員とほとんど同じサービスを利用できるのです。

dカード 家族カードdカード GOLD 家族カード
年会費永年無料

1枚目無料
2枚目以降1,000円(税抜)/枚
お支払い方法
家族カード(家族ETCカードを含みます)のご利用代金もすべて本会員の口座からまとめてお引落しとなります。
家族カードご利用分でもdポイントがたまります。
ポイントサービス100円のご利用につきdポイントが1ポイントたまります。
ポイント進呈の対象についてはdカードポイントサービスに関するご注意事項をご確認ください。
ポイントは本会員に集約され、本会員のみがご利用できます。
優遇サービス便利なサービスが充実しています。紛失・盗難・修理不能などの場合に最高10万円を補償するdカードケータイ補償もあります。
会員限定特典(※dカード GOLD年間ご利用額特典以外)

dカード GOLD年間ご利用額特典での年間利用額の判定には、家族カード会員の利用分も合算して、本会員に進呈されます。

家族カードの支払い口座はひとつにまとめることができるので、管理が楽なところもメリットです。

このように、割安で家族のゴールドカードを作ることができるdカード GOLDはお値打ちといえるでしょう。

dカード GOLDで騙されたと悪評の口コミが真実か検証してみた話

dカード GOLDのデメリットは契約前にチェックできる

「dカード GOLD(ゴールド)のデメリットと注意点|契約前に確認すること」と題して、dカード GOLDの契約がお得になるかどうかの見極め方について解説しました。

dカード GOLDは条件さえそろえば、とてもメリットが大きいカードです。そしてお得になる条件は、契約前に自分でチェックできます。

記事を参考に検討され、dカード GOLDのお得さを満喫していただければと思います。