Pocket

読了時間:約 2

新機種が続々登場する中、機種変更のタイミングを掴みあぐねている人も多いでしょう。

ドコモの携帯電話を契約した場合、多くの人が「月々サポート」という割引で端末代金を相殺しています。

つまり、月々サポートが終わるタイミングで機種変更を考えれば良いわけです。

今回は、ドコモの機種変更でベストタイミングについて解説します。

スマホを買い替えたい方におすすめ記事MNPキャッシュバック額を比較|おすすめの店舗と注意すること

機種変更がなかなか出来ない理由は?

機種変更手続きに対するドコモユーザーのイメージは、あまり良いとは言えません。

携帯電話を契約する際、ドコモショップや家電量販店で数々のオプションを付けられたリ、2年自動更新型契約でないと安くならない旨を伝えられますよね。

おまけに、2年自動更新型契約の途中で解約すると違約金が出てしまったり…。

ここでは、ドコモの携帯電話を契約中のみなさんが、機種変更を渋る理由をご紹介します。

月々サポートが外れてしまう

ドコモならではの利用料金割引として月々サポートがありますが、機種変更することで割引が外れてしまいます。

もちろん、変更後の機も対応機種であれば月々サポートは付きますが、それまで使っていた機種の割引はなくなります。

月々サポートは、端末購入日の翌月から最大24ヶ月間は一定額を毎月の利用料金から割り引いてくれるので、以下のサービスを活用している人には必要な割引と言えます。

《月々サポートの割引対象料金》

・FOMA/Xiの基本使用料
・国内通話通信料
・パケット定額料
・付加機能使用料(オプション使用料)

⇒ドコモの割引対象サービス例

spモード・iコンシェル・イマドコサーチ・お便りフォトサービス・キャッチホン・ケータイデータお預かりサービス・つながりほっとサポート・ドコモ ドライブネット・メロディコール・留守番電話サービス・iチャネル・i Bodymo・ドコモ地図ナビ

月々サポートで安く抑えていた利用料金が、機種変更をキッカケに高くなってしまう人もいます。

次に機種変更する予定のモデルが月々サポート適用対象外の場合もあるので、「それなら今携帯を変えなくてもいいや…」と手続きを避けるドコモユーザーはいます。

月々サポートが付いていないと分割金も相殺出来ない!

月々サポートが外れてしまうことが理由で機種変更をしないドコモユーザーの中でも、端末購入時の分割金に重きを置く人もいますね。

基本的に、月々サポートは慶大電話の利用料金を割り引くサービスです。

ただし、毎月一定額の月々サポートが入ることで、実質的に「端末購入時の分割金が相殺される」とも考えられます。

つまり、機種変更をすることで、実質相殺されていた分割金の残債分が、丸々請求に上がってきてしまうのが問題だと考える人もいるわけです。

ドコモの機種変更でベストタイミングはいつ?

ズバリ、ドコモの機種変更なら月々サポートが終わった月に行うのがベストです。

つまり、端末購入の翌月からちょうど24ヶ月後ということですね。

このタイミングで機種変更することで、利用料金の割引がなくなることや今まで使っていた機種の分割残債分が請求されることも心配せずに済みます。

気になるキャリアの2年縛りの仕組みは?

大手キャリアに挙げられるau・ソフトバンク・ドコモは、いずれも2年縛りを基本にしています。

初めて携帯電話を契約しにショップに行った時、「2年契約」「自動更新」「更新月」とよくわからない用語を耳にしませんでしたか?

これらの用語はたしかに、携帯電話に詳しくないと意味不明ですよね。

それでも、契約ごとなので、最低限は用語の意味や2年縛りのしくみを理解しておかなければなりません。

2年契約の仕組み

難しい用語抜きで「2年契約」を説明すると、「契約してから2年以内に機種変更や解約をすると料金が高くなる」というところでしょうか。

例えば、上記で説明したドコモの月々サポートも「24回分割で端末を購入した場合、同じく24回は一定額を割引く」という契約です。

途中で月々サポート対象の端末を変えてしまったり、解約すれば割引はなくなります。

そして、割引が外れた分の料金で請求されることになりますので、結果的に「料金が急に高くなった!」という事態を招くわけです。

ドコモ以外のキャリアでも、2年契約で端末代金または利用料金を割り引く代わりに、途中解約を防ぐ目的があるということですね。

自動更新とは

携帯ショップに行った際、よくスタッフが「この契約は2年自動更新型です」と言っていますよね。

自動更新とは、「2年間の契約が終わり更新月を迎えても、解約の申告がなければ自動で新たな2年契約をスタートします」ということです。

特に、2年契約が終了したという通知・メールなどは届きませんので、解約したいなら自己申告する必要があります。

更新月とは

どこのキャリアにしろ、携帯電話の契約で覚えておきたいのが、この「更新月」という用語ですね。

更新月とは、2年縛りの切れ目の1ヶ月間のことです。

要するに、契約をしてから24ヶ月目までは2年縛りが設けられており、その翌月である25ヶ月目が更新月に当たります。

注意点としては、この2年縛りは自動更新型だということです。

25ヶ月目に解約申告をしなかった場合、また26ヶ月目からは新しい2年縛りが始まるようになってします。

更新月を確認したい場合は、My docomoの「契約内容」からチェックしましょう。

My docomoにログインする際には、dアカウントIDとパスワードの入力が必要なので、こちらのご準備もお忘れなく。

ドコモの月々サポート対象機種をベストタイミング&お得に機種変更するには?

更新月に機種変更すればお得なのはわかったけど…月々サポート対象機種ってどれ…?
お次は、こんな疑問が出てくるのではないでしょうか。

ドコモの月々サポート対象機種は、iPhoneからAndroidやケータイまで幅広くあります。

ここでは、月々サポート対象のiPhoneとAndroid機種の一部をご紹介します。

ドコモの月々サポート対象機種

★表作成願います★

機種 特徴
iPhoneX 全タッチパネル操作
5.8インチ
Super Retinaスクリーン対応
iPhone8 ワイヤレス充電対応
耐水&防塵機能搭載
iPhone8 Plus iPhone8と同等のスペック
液晶画面大きめで動画視聴に最適
V30+L-01K Daydream対応
縦長18:9比率の液晶で2画面操作可能
M Z-01K つのアプリ同時起動&使用可能。
マルチタスク対応で便利
Disney Mobile on docomo DM-01K ディスニ―オリジナルカバー付
ミッキー&ミニーのプレミアムモデル

月々サポート対象機種はどこで手に入る?

上記以外でも、月々サポート対象機種は豊富なラインナップで商品を取り揃えています。

ご希望のモデルを揃えるには、ドコモショップに来店またはドコモオンラインショップで注文する方法があります。

個人的には、ドコモショップよりもドコモオンラインショップの方がおすすめですね。

なぜなら、オンラインの方が在庫切れの心配が少ないからです。

ドコモオンラインショップなら月々サポートの適用後料金も確認出来る!

ドコモショップで機種変更する際に、手続き途中にホワイトボード上で毎月の料金の支払いイメージを説明されたことがありませんか?

もちろん、ドコモショップのスタッフも販売のプロですから、間違った料金を伝えることはほとんどありません。

とはいえ、人ですから、誤って違う機種の料金を伝えてしまうこともあるでしょう。

その点、ドコモオンラインショップなら正確な利用料金の目安を簡単操作で知ることが出来ます。

端末購入前に、毎月の支払いイメージが参照出来ますので、大変参考になります。

加えて、支払い目安をメモに残したりスクリーンショットしておけば、うっかり忘れてしまった場合にも再度確認がとれますよね。

購入予定の端末の支払イメージをドコモオンラインショップで確認する方法

  1. まずは、好みの端末をクリック
  2. 「ご希望の手続き方法」から「機種変更」を選択
  3. すぐ下の赤いボタン「価格イメージの確認」をクリック
  4. 内訳を参照したければ割引適用後端末代金の横のグレーのボタン「内訳+」を選択

この他にも、ドコモオンラインショップから機種変更をお得に行う為に、下取りプログラムの欄や利用可能・獲得予定dポイントについても記載されています。

必要に応じて利用することで、通常価格よりもずっとお得にドコモの機種変更が行えることも多いですよ。

ドコモで契約途中に解約すると違約金がかかるプランは?

ドコモの月々サポートとは別で、今使っている携帯電話のプランによっても、1年~2年の間に解約すると違約金がかかることがあります。

違約金が発生する料金プラン

下記が、途中解約した場合に違約金がかかるドコモの料金プランの一覧になります。

24ヶ月以内にプラン変更した場合に違約金発生する料金プラン

  • Xiデータプラン フラット にねん
  • Xiデータプラン2 にねん
  • Xiデータプラン ライト にねん
  • カケホーダイプラン(定期契約あり)
  • カケホーダイライトプラン(定期契約あり)
  • データプラン(定期契約あり)
  • デバイスプラン(定期契約あり)

こちらは、更新月以外のプラン変更や解約で違約金9,500円(税抜)で請求されます。
最初の更新月は、25ヶ月目となります。

お得にドコモの機種変更するなら月初がおすすめ!

料金プランによっても違約金がかかることを知ると、多くの人が更新月で機種変更することを意識しだすでしょう。

ここでもう1つ意識しておきたいのが、機種変更を「更新月の月初・月中・月末のどこで行うか」です。

私がおすすめするのは、月初の機種変更です。

各料金プランは、日割り計算での請求にはなりません。

つまり、月末の1日しかその料金プランを使っていなくても、月額使用料を請求されるわけです。

それなら月初に機種変更を行い、目一杯使用して同じ料金を請求された方がお得ですよね。

ドコモの機種変更を更新月に家電量販店で行うのはどう?

家電製品を見に行ったついでに、機種変更をしようかと考える人もいるでしょう。

「実際、家電量販店ならドコモショップにない割引・キャンペーンもあるだろうし…」という言い分は間違っていません。

ただ、家電量販店の“お得なキャンペーンの裏側”もしっかり調べてから契約した方がいいですよ。

家電量販店でドコモの機種変更すると高くつく?!

家電量販店でドコモの機種変更を行い、希望機種も納得の価格で購入。
ところが、月末の請求額を見るなり仰天…!

こんな経験をしたことありませんか?

すべての家電量販店がそうとは限りませんが、大おんにして機種変更時に余計なオプションを付けられる場合が多いのです。

オプションの解約は面倒ですし、そもそもの解約方法がわからないという人もいます。

ですから、家電量販店でドコモの機種変更を行う場合は、オプション付帯に気をつけましょう。

ドコモの機種変更で必要最小限のオプションは?

ドコモショップや家電量販店に行くと、「オプションは全部いらない!外して!」と声を荒げる人を目にしますが、それは不可能です。

どこの携帯ショップや家電量販店でも、「利用料金を安くする代わりにオプション加入は必須」と条件を決めている場合が多いからです。

そこで、まずはドコモの機種変更時に必要最小限のオプションを挙げてみました。

ドコモの基本オプション

★表作成願います★

spモード 300円/月 ネット接続に必要不可欠
ドコモwifi ドコモwifi永年無料キャンペーン適用で無料オプション
転送電話サービス 無料オプション
補償サービス ケータイ補償(500円/月)
Apple Care for iPhone(617円/月)/for iPad(392円/月)

※補償サービスは解約後、再加入不可。

spモードは、ドコモユーザーで通信を行う人なら必須のオプションです。つまり、ほとんどの人が外せないオプションということですね。

また、ドコモwifiや転送電話サービスは無料オプションですので、残しておいても料金に影響することはありません。

各種携帯電話の補償サービスに関しては、取り外す際に注意すべき点があります。

Apple Care for iPhone/for iPadに関しては、1度でもオプション解約をした場合、再加入は出来ません。

要するに、「補償サービス解約したけどiPhoneが壊れたからもう1回加入しよう!」ということが出来ませんので、ご注意を。

家電量販店でドコモの機種変更するなら抱き合わせ販売に気をつけて!

家電量販店の販売戦略としてよく使われる「抱き合わせ販売」。これにまんまと引っかかってしまうと、予期せぬ出費に悩まされることになります。

例えば、「ドコモの機種変更を考えていてスマホを見に来ただけなのに、wifiルーターやドコモ光の契約をさせられた…」という事例は少なくありません。

慌てて家電量販店に戻り、「やっぱり○○は契約せずにスマホの機種変更だけでいい!」と伝えても、後の祭りです。

いったん契約をしたものを無効とすることは、原則出来ません。

ただし、明らかに販売員の説明ミスや商品の初期不良などがみられた場合は別ですが。

結局のところドコモの機種変更は更新月の月初にオンラインで手続きが一番!

2年縛りから自動更新型契約、更新月など様々な用語に触れ、ドコモの機種変更を家電量販店で行うデメリットも十分におわかりいただけたかと思います。

「じゃあ、ドコモショップはどうなの?」という声も聞こえてきそうですが、やはりショップよりもオンラインでの手続きがおすすめですね。

ドコモオンラインショップなら登録手数料無料!

通常、ドコモショップで機種変更する場合、登録手数料として2,000円ほどかかります。

その点、ドコモオンラインショップで手続きをとるなら手数料は無料です。

機種変更手続きを自分で行う手間が出る分、手数料はかからないように考えられているのでしょう。

ドコモオンラインショップなら分割契約の頭金も無料!

ドコモショップで機種変更をした後、契約書の控えを確認しながら「頭金は○○○○円で…」なんて説明を受けませんでしたか?

実は、ドコモショップで端末代金の分割契約を組んだ場合、少なからず頭金がかかります。
(頭金がいくらになるかは、各地域のドコモショップによって違います)

一方、ドコモオンラインショップで機種変更するなら、分割契約の頭金も無料なのです。

ドコモの機種変更はベストタイミング&ムダ払いを減らして安くなる!

ドコモの機種変更をする上で、更新月に違約金負担をなくして手続きをするのがベストですが、それ以外にも意識すべき点が見つかったことでしょう。

更新月でも月初に機種変更すれば、料金プランが月額料金ベースで請求されても損した気分にはなりません。

加えて、どこで機種変更を行うかを考えることで、ムダ払いはグーンと減りますしね。

悪質な家電量販店で、不必要な付属品を売りつけられない為にも、オンラインショップで確実に欲しいモデルを選び、機種変更を行うことをおすすめします。

Pocket