ドコモ ドコモ 手続き 機種変更
Pocket

読了時間:約 2

毎年各メーカーから最新モデルが発売されるスマートフォン。普段持ち歩くものだけにすぐに機種変更したくなりますが、やはり悩むのは機種変更するタイミングでしょう。

よく勘違いされがちですが「2年契約」や「更新月」はドコモ内での機種変更とは関係ありません。それを踏まえた上で、本記事では「2年契約がなぜ関係ないのか」と「機種変更のベストタイミング」について解説しますので、機種変更を検討中の方は関係のある部分をチェックしてみてください。

“2年契約”は機種変更には関係ナシ


ドコモに限らず、各キャリアは2年ごとに契約が自動更新される定期契約を採用しています。2年契約満了後の「更新月」以外での解約には、9,500円の解約金が発生することから、「2年縛り」などとも呼ばれていますが、実は機種変更についてはこれらの契約を考慮する必要がありません

これまで携帯の料金プランはどんどん複雑化されてきたので勘違いされがちですが、キャリア内の「機種変更」と契約の「解約」は別物なのです。そのため、機種変更のタイミングは「月々サポート」や「端末購入サポート」のような割引との兼ね合いで決めると良いでしょう。

機種変更のベストタイミングについては後述していますが、ここでは2年契約の概要注意点について触れておきます。

2年契約ってどういうこと?

2年契約とは、2年間同一の回線で利用することを条件にした契約のこと。ドコモの場合は契約満了月の翌月と翌々月(25ヵ月目と26ヵ月目)の2カ月間が更新期間に設定されており、それ以外の期間に解約すると9,500円の解約金が必要です。また、更新期間内に解約しない場合は同条件で契約が自動更新されます。

最近になって総務省から2年縛りの見直しの指導が入り、ドコモでは2018年6月より2年縛りなしのプランも提供を開始しました。

新たな「縛りなしプラン」は基本料金が割高なので、現在の2年契約プランは割安で利用できる代わりに縛りのあるプランといった立ち位置です。なお、2年契約有り無しのプランを比較すると以下のようになります。

2年契約あり 2年契約なし
カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2,700円/月 4,200円/月
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) 1,700円/月 3,200円/月
シンプルプラン(スマホ) 980円/月 2,480円/月

2年契約の有り無しで現在1,500円の差額が付けられていますので、6ヵ月以内に解約する場合を除いては、解約金を支払った方が割安です。そのため2年契約なしプランは、現状ではあまり使い道のないプランとなっています。

”乗り換え時”は自動更新と更新月に注意すべし


解約が関わってくるのは、他のキャリアや格安SIMへ乗り換え(MNP)をする場合です。ケータイショップやネット代理店などでは、依然として乗り換えでお得な案件が用意されていることも多いので、機種変更も兼ねて乗り換えるという方も多いでしょうが、その場合は解約金がかからない更新月に乗り換えした方がお得になります。

なお、更新月については、これまた総務省の指導が入っており、各キャリアが3か月間に拡大する方針を明かしています。ドコモについては、現状の25ヵ月目・26ヵ月目に加え、前倒しで24ヵ月目が新たに更新月となるとのことで、2018年度内に実施される見通しです。

更新月の確認方法

自分の更新月を確認したい場合は、My docomoから確認できます。dアカウントでログインした後、「契約内容・手続き」>「ご契約内容確認・変更」の「料金プラン」の項目に記載されています。

ズバリ機種変更のベストタイミングは?


機種変更のベストタイミングはズバリ、利用している機種割引によって異なります。2018年11月時点のドコモの割引は「月々サポート」「端末購入サポート」「docomo with」を利用している方がほとんどだと思いますので、それぞれの割引に合った時期に機種変更することが重要です。

ここではそれぞれの割引ごとにベストタイミングを紹介しますので、ご自身が契約している割引のところを参考にしてみてください。

「月々サポート」の機種変更のタイミング

「月々サポート」は、対象機種を購入した際に利用できる割引で、利用者は最大で24か月間、機種ごとに設定された額の割引を受けられます。

機種代金の24回分割払いと同期間の割引であることから、実質機種代金割引の扱いで、公式サイトでも「機種代金から月々サポートを引いた額」が機種の実質負担金として記載されています。

ドコモのなかでも最も主流な割引で、ほとんどの機種が対象となっていますので、一番多くの人がこの「月々サポート」を利用しているでしょう。

25ヵ月目以降がベスト

「月々サポート」契約者が機種変更するベストタイミングは「24回分の割引が終わったら」です。その理由は、月々サポートの割引期間中に機種変更してしまうと、割引が終了してしまうため

月々サポートは機種によって異なりますが約1,500円~2,500円程度の割引であることが多いので、月々サポートの割引が終わる前に機種変更すると、新たに購入した機種代金に加え、その分の料金も上乗せされてしまいます。

ということで、月々サポート利用者の機種変更ベストタイミングは、前回の機種購入から数えて25ヵ月目以降です。かつ、新機種が安く変えるタイミングだとなお良いですね。

月々サポートが終わるタイミングを確認するには?

月々サポートの契約状況ついては、My docomoから確認できます。My docomoにログイン後、「料金」>「利用内訳」に詳細が記載されていますので、終わるタイミングを確認したい場合は利用しましょう。

「端末購入サポート」の機種変更のタイミング


「端末購入サポート」は、「月々サポート」と同じく機種代金が割引されるサービスで、この2つの割引を併用することはできません。

24回で割引される月々サポートとは違い、端末から一括で割引される点が異なりますが、残りの機種残高が24回分割で請求されるので違いはあまり感じません。2018年11月時点のiPhone XやiPhone 8のように、特定の機種を対象としたお得な割引として適用されることが多いです。

端末購入サポートは解除料に要注意

端末購入サポートの注意点としては、12ヵ月の継続契約が条件になっている点です。この継続契約期間の前に機種変更すると高額な解除料が発生しますので注意しましょう。

ということで、端末購入サポート利用者の機種変更ベストタイミングは、機種購入から数えて13ヵ月目以降です。端末購入サポートの継続期間については、My docomoの「ご契約内容の確認・変更」から確認できます。

1 2