ドコモの機種変更ベストタイミング7つ|違約金と契約縛りを解説

ドコモの機種変更で違約金のかからないタイミングや、最大限お得に割引を受けられるタイミングを解説していきます。キャンペーンや料金プランごとに違約金がかかるタイミングが違うので、最大限安く機種変更するために、しっかり確認をしておきましょう。

  • 2021年4月8日
ドコモの機種変更ベストタイミング
スマホ代が3分の2になるキャンペーン中!
dカード GOLDに新規入会&各種設定&Webエントリー&利用で
最大合計35,000dポイント(期間・用途限定)

ドコモの機種変更にはベストなタイミングが現状7つあり、特定のタイミング以外で機種変更をすると違約金や分割残金の一括支払いが発生してしまいます。

機種変更は、乗り換えと違って違約金もかからず、契約期間や更新月も気にせず手続き可能と思っている方も多いようです。

ですが、機種変更のタイミングによっては通常の機種変更よりお得に行うことが出来たり、逆に違約金が発生するケースも存在します。

契約の縛りやプログラムの内容をおさらいして、是非自身にとって一番のタイミングで機種変更が出来るようにお役立てください。

プログラム名違約金タイミング
月々サポートなし24ヶ月目以降
端末購入サポート割引額の約半分の金額14ヶ月目以降
docomo withなしいつでもOK
機種変更応援プログラム2,000円(不課税)購入機種によって異なる
機種変更応援プログラムプラス旧機種の購入代金未払い分残額13ヶ月目以降
スマホおかえしプログラムなし24ヶ月目以降
ドコモ端末の分割分割残額分割支払い完了後

ドコモの機種変更がお得になる最新情報とメリット・デメリットはこちらで全てまとめています。是非チェックしてみてください。

機種変更タイミングを見極めるために契約を確認

機種変更のベストなタイミングは、前回の機種変更の際に手続したプログラムによって変わります。

先ずは機種変更のタイミングをしっかりと見極めるために自身の契約内容をしっかり確認しましょう。

契約の確認方法
  • 151インフォメーションセンターする
  • 店舗で確認する
  • Webで確認する

151のインフォメーションセンターへ電話をしたり店舗に足を運んでお店の人に確認してもらうことも可能ですが、Web上からの方が、手早く簡単に確認が出来ます。

Webで簡単に契約を確認する方法
  1. My docomoへアクセス
  2. ログインする
  3. 契約内容・手続きから確認する

My docomoにアクセスし、契約内容・手続きという項目から自身の契約内容は簡単に確認が可能です。

もっと詳しくドコモの契約状況を確認する方法したい方はこちらの記事もチェックしてみてください。

また違約金が発生するタイミングは2年契約を解約した時だけでなく、プラン変更などでも違約金が発生する可能性があるので気をつけましょう。

契約の確認が終わったら、下記の一覧を参考に自身に必要な機種変更ベストタイミングをチェックしましょう。

▲目次に戻る

旧料金プランで違約金がかからないタイミング

My docomoアプリ
My docomoアプリ

ドコモの旧料金プランを利用している場合、契約更新月以外の解約や乗り換え(MNP)では違約金が必要となります。

基本的に契約更新月は2年ごとに設定されており、当月・翌月・翌々月の3か月間です。

2019年10月1日以前のドコモの旧プランを利用している場合、契約更新月以外では10,450円(税込)の違約金が必要です。

違約金が10,450円(税込)に設定されている「旧プラン」は家族で利用できるシェアパックはもちろん、2019年9月30日以前の4G向けギガホ・ギガライトも含まれます。

ただし、後にご紹介する「端末購入サポート」などを利用していないなら、基本的に機種変更の場合は旧プランでも違約金はかかりません。

契約更新月など、重要な事項は契約内容はMy docomoで定期的に確認しておきましょう。

My docomoからは契約更新月はもちろん、分割代金の支払いが残っていないかなども確認する事ができます。

My docomo(ドコモ端末用アプリ)での契約内容確認方法
  1. My docomoへログイン(dアカウント・パスワードが必要)
  2. 「契約内容・手続き」をタップ
  3. 「ご契約内容の確認・変更」をタップ

新料金プランで違約金がかからないタイミング

違約金が1,100円(税込)の料金プラン(2019年10月以降)
  • ギガホ(4G)※2021年3月31日より新規申し込み終了
  • ギガホ プレミア(4G)※2021年4月1日より提供開始
  • ギガライト(4G)
  • ケータイプラン

2019年10月1日から提供開始となった新料金プランは2年縛りの違約金が1,100円(税込)まで引き下げられた事が大きな話題となりました。

これは同日10月1日から施行された改正電気通信事業法に基づくものです。

>情報元:総務省サイト

新料金プランも契約更新月は2年ごとに設定されており、当月・翌月・翌々月の3か月間が違約金がかからないタイミングです。

一方、定期契約を付けない場合は月額187円(税込)高くなりますが、違約金無しでいつでも解約可能。

ちなみに2021年4月1日から提供開始となった4G向けのギガホプレミアも違約金は1,100円(税込)です。

また、ドコモの5G向けプランは違約金が無く、「データプラス」などもともと違約金が設定されていないプランもあります。

自身の契約しているプランの詳細確認は先ほどご紹介したMy docomoから行いましょう。

違約金が発生しない料金プラン
  • 5Gギガホ(2021年3月31日より新規申し込み終了)
  • 5Gギガライト
  • 5Gギガホプレミア(2021年4月1日より提供開始)
元々違約金が発生していなかったプラン
  • データプラス
  • キッズケータイ(Xi)
  • キッズケータイ(FOMA)

旧料金プランから2年契約なしのプランに変更した人も違約金に注意

ドコモ 契約更新月
ドコモ 契約更新月

2年契約期間の縛りがない、違約金が安いドコモの新料金プランは非常に魅力的です。

機種変更のタイミングでドコモの新プランに変更しようとお考えの方も多いと思われます。しかし現在のプランの更新月以外の時期で、新プランに変更する場合は注意が必要です。

実は「違約金が1,100円」となるドコモの4G向け新料金プランは旧プランの契約更新月が引き継がれるシステムとなっています。

これは2年間の定期契約ありはもちろん、定期契約無しの場合も同様です。

旧プランの契約更新月以外だと、新料金プランに移行しても最長2年の契約が引き継がれているため10,450円(税込)の違約金が必要となる可能性があります。

また、5G向けプランは2年定期契約がありませんが、4G(Xi)などからの移行の場合2年定期契約を付けていると定期契約期間が引き継がれます。

「5G向けプランだから大丈夫」と考えると、高額な違約金を払う可能性も出てくるという事です。

もちろん違約金が発生するのは解約や他社への乗り換え(MNP)の場合のみで、機種変更であれば費用は必要ありません。

解約や他社への乗り換え(MNP)をお考えの方は、旧プランの契約更新月をしっかりと確認しておきましょう。

違約金と契約の縛りのまとめ
  • 2年契約の縛りが緩和されたのは2019年10月以降に開始された新プラン
  • 2年契約期間中の解約金は10,450円(税込)から1,100円(税込)に値下げされた
  • 5G向け現行料金プランは違約金なし、ただし旧プランからの移行は契約期間は引き継がれる
  • dカード支払い割で定期契約なしプランでも毎月187円(税込)割引
  • 更新月は旧プランから引き継がれる
  • 新プランに変更後も次の更新月まで旧プランの違約金が保留となる

\iPhone12や5G最新機種が11,000円割引/矢印ドコモ公式ショップを見る

最新のドコモの機種変更がお得になるキャンペーンまとめはこちらで確認できます。

▲目次に戻る

「月々サポート」は割引満了まで利用した方がお得

月々サポートの機種変更ベストタイミング
月々サポート

ドコモの月々サポートは、購入した機種に応じて最大24ヶ月間、月額料金から毎月一定の割引サポートを受けられるサービスです。

2019年5月31日までに対象機種を購入された方に適用され、現在は新規受付を終了しています。

月々サポート適用期間中に、契約プランを解約したり新しい機種に機種変更すると、その時点でサポートが終了してしまいます。

違約金などは発生しませんが、割引額が2,000円前後(端末により異なる)と高額です。

もし機種変更を急ぐ理由がなければ、割引が終了する24ヶ月目以降に機種変更することをおすすめします。

また、月々サポートは機種を購入した月の翌月から割引開始となっています。

仮に1月に購入した場合は、「2年後の2月」が24ヶ月目以降に該当します。割引の終了月が購入した月より1ヶ月ズレるので注意しましょう。

一度機種変更してしまうと、月々サポート割引を受けることは出来ず、当然割引分のキャッシュバックなどもありません。

しっかり最後まで割引を受けるためには、いつから月々サポートを受けているのか確認し、適切なタイミングで機種変更をしましょう。

▲目次に戻る

「端末購入サポート」は解除料が発生する可能性あり

端末購入サポート
端末購入サポート
端末購入サポート概要
条件【Xi機種(スマホ)購入の場合】
・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
・カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
・シンプルプラン(スマホ)
・データプラン(スマホ/タブ)の2年定期契約型
・パケットパックまたはシェアオプションの契約
【Xi機種(タブレット)購入の場合】
・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
・カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
・データプラン(スマホ/タブ)の2年定期契約型の契約
・パケットパックまたはシェアオプションの契約
【Xi機種(ドコモ ケータイ)購入の場合】
・力ケホーダイプラン(ケータイ)
・力ケホーダイライトプラン(ケータイ)
・シンプルプラン(ケータイ)の2年定期契約型の契約
【Xi機種(データ通信製品)購入の場合】
・データプラン(ルーター)の2年定期契約型の契約
・パケットパックまたはシェアオプションの契約
割引額対象機種によって異なる
解約のタイミング12ヶ月目以降(13ヶ月目から)
違約金・規定試用期間内に廃止した場合は半額の割引額返還(解除料)が発生
・契約期間内の途中解約などの場合、10,450円(税込)の解約金が発生
端末購入サポートは、対象機種を購入し規定の利用期間を超えるまで、購入した機種を継続利用することで、購入代金の一部が割引となるサービスです。

月々サポート同様、端末購入サポートも2019年5月31日で新規受付を終了しています。

規定の利用期間は購入月の翌月を1ヶ月目とした12ヶ月間です。

もし利用期間を超える前に機種変更や解約をした場合、割引額の約半分の金額が解除料として発生します。

そのため、翌年の1月までは購入した機種を継続利用しなければなりません。

購入月を含めると13ヶ月は継続利用し、14ヶ月目以降が機種変更のベストタイミングです。

14ヶ月目以降なら解除料もかからず機種変更が可能です。

ドコモでは毎月1日を基準として契約期間を区切っており、1日に端末購入サポート対象機種を購入された方は、当月2日が2ヶ月目となります。

そのため、1日に機種変更された方は13ヶ月目以降が、次の機種変更のベストタイミングなのです。

▲目次に戻る

「docomo with」の場合は利用者のタイミングでOK

docomo with
docomo with
docomo with概要
対象オーダー新規/MNP/機種変更/契約変更
契約種別Xi
契約者名義個人名義・法人名義
契約者年齢中学生以上(個人名義の場合)
対象料金プランカケホーダイプラン(スマホ/タブ)
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
シンプルプラン(スマホ)
必須パケットパックベーシックパック(1/3/5/20)
ウルトラデータパック(L/LL)
ベーシックシェアパック
シェアパック(5/10/15/20/30)
ウルトラシェアパック(30/50/100)
ビジネスベーシックシェアパック
ビジネスシェアパック(5〜3000)
ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100
割引額1,650円/月(税込)
解約の
タイミング
いつでもOK
※適用条件を満たさなくなった、または回線解除のいずれかに該当した場合、前月末までの適用になります。
違約金なし
※端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート等)は重畳契約不可
docomo with2019年5月31日で新規受付を終了しています。

ドコモのdocomo withは、対象機種を購入し継続利用し、対象の利用金プランとパケットパックで続けている間、月額料金から毎月ずっと1,650円(税込)割引となるサービスです。

新しい機種に機種変更したり、新プランへ変更したタイミングで割引終了となり、割引期間は定められていません。

機種変更しても割引が終了するだけで、違約金などは発生しないため利用者自身のタイミングで機種変更を行いましょう。

純粋に1,650円(税込)の割引を行うサービスは他には無いものの、スマホの利用方法によっては新プランにした方が安価になる可能性も多くあります。

特に違約金は発生しないサービスなので、他のサービスやプランも一緒に確認して、自身にとってベストなプランに見直しましょう。

ドコモの機種変更がお得になるキャンペーンまとめはこちらから確認ができます。

▲目次に戻る

「機種変更応援プログラム」は条件によって異なる

機種変更応援プログラム
機種変更応援プログラム
機種変更応援プログラム概要
条件・対象機種を購入すること
・Xi契約をすること
プログラム
利用料金
月額300円(不課税)

最大課金期間
24ヶ月
割引額
【例】
【13ヶ月目に機種変更した場合(iPhone)】
12ヶ月プログラムに加入し、13ヶ月目に新たな機種に機種変更し、前倒し料2,000円(不課税)を払うと最大21,000円(税込)ポイント還元
解約の
タイミング
iPhoneは13ヶ月目以降
Android機種は19ヶ月目以降

(前倒し料2,000円(不課税)が無料になるため)
違約金19ヶ月未満に機種変更する場合、前倒し料2,000円(不課税)

機種変更応援プログラムも2019年5月31日で新規受付を終了しています。

機種変更応援プログラムは、プログラム料金を支払うことで、分割払い24回の支払い終了を待たずに機種変更できるサービスです。

プログラム料金を一定期間支払うことが条件ですが、頻繁に機種変更する方向けのサービスでした。

直接割引されるというよりは、機種代金の一部がドコモのポイントで還元される仕組みです。

新しい機種への機種変更と同時に、還元されたポイントを機種代金の残金へ一括精算に限り充当することができます。新しく購入する機種の代金に使っても構いません。

機種変更応援プログラムを利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

機種変更応援プログラムの利用条件
  • 機種変更応援プログラム対象機種を購入すること
  • プログラム料月額300円(不課税)を毎月支払うこと

以上の条件を満たす必要があります。

最大支払い期間は24ヶ月で、25ヶ月目からは新しい機種に変更しなくてもプログラム料は発生しません。

また、ポイント還元を受けるのにも条件があります。

ポイント還元を受ける条件
  • iPhoneの場合、対象機種の利用とプログラムを12ヶ月以上継続し、13ヶ月目以降に新たな機種に機種変更すること
  • Androidの場合、対象機種の利用とプログラムを18ヶ月以上継続し、19ヶ月目以降に新たな機種に機種変更すること
  • iPhone・Androidともに、新たな機種への機種変更時に旧機種を正常な状態で返却すること

iPhoneの場合、毎年新機種が必ずが出ることが多いので、13ヶ月目以降の機種変更でも還元が受けられるようになっています。

しかしiPhoneは13ヶ月目〜18ヶ月目に機種変更を行う場合、プログラム料とは別に”前倒し料2,000円(不課税)”が発生します。

Androidの条件と同じく19ヶ月目以降の機種変更であれば、前倒し料は発生しません。

こちらのプログラム対象機種は下記一覧になります。現在一覧にある機種をお持ちの方は契約内容を確認してみましょう。

機種変更応援プログラム対象機種
カテゴリーBarrows NX F-01K
V30+ L-01K
JOJO L-02K
Galaxy Note8 SC-01K
XperiaTM XZ1 SO-01K
XperiaTM XZ1 Compact SO-02K
M Z-01K
XperiaTM XZ2 SO-03K
XperiaTM XZ2 Premium SO-04K
XperiaTM XZ2 Compact SO-05K
Galaxy S9 SC-02K
Galaxy S9+ SC-03K
AQUOS R2 SH-03K
HUAWEI P20 Pro HW-01K
XperiaTM XZ3 SO-01L
Galaxy Note9 SC-01L
Google Pixel 3
Google Pixel 3 XL
カテゴリーCDisney Mobile on docomo DM-01K
なお、還元額は下記内容になります。
機種変更応援プログラムの還元額(税込)
時期BC
13~18か月目
(iPhoneに限る)
21,000円18,000円
19ヶ月目21,000円18,000円
20ヶ月目1,8000円15,500円
21ヶ月目15,000円13,000円
22ヶ月目12,000円10,500円
23ヶ月目9,000円9,000円
24ヶ月目9,000円9,000円
25ヶ月目9,000円9,000円
これにより、機種変更のベストタイミングはiPhoneなら13ヶ月目以降、Androidは19ヶ月目以降となります。

▲目次に戻る

「機種変更応援プログラムプラス」はポイント還元最大のタイミングがベスト

機種変更応援プログラムプラス概要
条件・12ヶ月以上プログラムを継続すること
・同一の対象機種を利用すること
・13ヶ月目以降新たな機種に機種変更すること
・機種変更時に旧機種を正常な状態で返却すること
・機種変更時に携帯電話代金の未払いがないこと
プログラム
利用料金
無料
解約の
タイミング
13ヶ月目以降(機種変更のタイミング)
違約金なし
機種変更応援プログラムプラス2019年5月31日新規受付を終了しています。

ドコモの機種変更応援プログラムプラスも、機種変更応援プログラムと同じく次回の機種変更を気軽に行えるサービスです。

対象機種の利用とプログラムを12ヶ月以上継続し、13ヶ月目以降に新たな機種に機種変更実施の上、旧機種を返却する必要があります。

対象機種はiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRに限定されます。また、プログラム料は発生しません。

機種変更応援プログラムプラスは、ドコモのポイント還元が最大で60,000ポイントとなっており、かなりお得です。

機種変更するなら最大還元タイミングがお得です。

還元額は下記内容になります。

機種変更応援プログラムプラスの還元額(税込)
時期iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
13ヶ月目60,000円40,000円
14ヶ月目56,000円38,000円
15ヶ月目52,000円36,000円
16ヶ月目4,8000円34,000円
17ヶ月目44,000円32,000円
18ヶ月目40,000円30,000円
19ヶ月目36,000円27,000円
20ヶ月目32,000円23,000円
21ヶ月目28,000円19,000円
22ヶ月目24,000円15,000円
23ヶ月目20,000円11,000円
24ヶ月目16,000円9,000円
25ヶ月目12,000円9,000円
これにより機種変更のベストタイミングは、13ヶ月目以降となります。

対象機種を購入していてそろそろ1年以上経過しそうな方は、機種変更応援プログラムプラスに加入が無いか、そして自分は何か月目なのかしっかりとチェックしましょう。

▲目次に戻る

「スマホおかえしプログラム」はプログラムをしっかり利用した方がお得

スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラム
スマホおかえしプログラム概要
条件・dポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブ会員
であること
・対象のスマホを36回分割払いで購入
・スマホを返却する(使い続けてもOK)
プログラム利用料金無料
解約のタイミング24ヶ月目以降
違約金なし
スマホおかえしプログラムは現在も提供中のサービスです。

スマホおかえしプログラムは、まず対象機種を36回の分割払いで購入し、機種変更の際に旧機種をドコモに返却します。

そうすることで、残りの分割金の支払いを不要とするサービスです。

少なくとも分割金24回の支払いを行っていることが前提ですが、最大で12回分の支払いが免除されます。

24ヶ月未満で機種変更を行っても解約金などはかかりませんが、残りの分割金は免除されないので36回払いの最後まで支払いが必要です。

よって、スマホおかえしプログラム契約時の機種変更タイミングは24ヶ月目以降がベストとなります。

ドコモは、24回目以降も機種変更せずに使い続けることもできます。

最大限お得に新たな機種に変更するには、対象機種を購入してから25ヶ月目のタイミングが一番お得となります。

プログラム料はかからないので、今後もドコモで継続して2年毎に機種変更を行う予定なら加入して損はないでしょう。

\iPhone12や5G最新機種が11,000円割引/矢印ドコモ公式ショップを見る

▲目次に戻る

ベストなタイミングで無駄なく機種変更をしよう

2019年10月1日以降のドコモの新料金プランは定期契約の違約金が1,100円(税込)となっています。

また、5G向けプランなどそもそも定期契約が無いプランも登場しているのが見逃せません。

これまで以上に解約や乗り換え(MNP)がしやすくなったと言えますが、旧プランを利用している方は基本的に「更新月が引き継がれる」という点に注意です。

機種変更だけが目的の方でも端末がお得になるプログラムで違約金が発生する可能性もあるため、まずはMy docomoで契約内容を確認しましょう。


スマホ代が3分の2になるキャンペーン中!
dカード GOLDに新規入会&各種設定&Webエントリー&利用で
最大合計35,000dポイント(期間・用途限定)
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
みけねこ
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが3年ほど前に格安SIMを使い始めました。特にお得なキャンペーン情報には目がありません。「スマホはお得が一番」をモットーに、 最新機種はもちろん料金プランなどの情報をユーザーの目線からわかりやすくご紹介していきます。