読了時間:約 4

Galaxyは2010年10月からサムスン電子のスマホ・タブレットのブランドで、ドコモは当初からGalaxyを取り扱ってきました

Galaxyの日本でのシェア率は2017年8月時点で8.8%の3位ですが、世界ではiPhoneも抑えて1位を誇っている大人気ブランドです。

日本でも最新機種であるGalaxy S9の売上が好調なようですね。

この記事ではドコモの歴代Galaxyをまとめて振り返ると共に、購入にオススメのモデルも紹介します。

ドコモ Galaxyを購入するならドコモ公式ショップを利用しましょう。

頭金や事務手数料が基本無料待ち時間なしで手続きすることができます。

ドコモから発売された歴代Galaxy

最初に、ドコモから発売された歴代Galaxyを紹介していきます。

Galaxyは常にAndroid端末として最先端の技術を駆使されてきました。

Galaxyの歴史は、スマートフォンの進歩の歴史ともいえるかもしれませんね。

docomo-GALAXY S SC-02B(2010年10月28日発売)


画像引用元:http://kakaku.com/item/K0000156063/images/

docomo-GALAXY S SC-02Bはドコモから2010/10/28に発売された、サムスン初の日本向けAndroid端末です。

すべてはここから始まったわけですね。

ディスプレイサイズは4インチです。5インチ以上が当たり前の今となっては非常に小さく感じますね。

docomo-GALAXY S II SC-02C(2011年6月23日発売)


画像引用元:http://smarter-jp.net/android-machine/26561/

初代から約1年後に出た2代目Galaxyは、Galaxy初のデュアルコアを搭載した端末となりました。

現在ではオクタコアの端末が主流とはいえ、当時シングルコアからデュアルコアになったというのは大きな進歩でした。

docomo-GALAXY S II LTE SC-03D(2011年11月24日)


画像引用元:http://phonedb.net/index.php?m=device&id=3221&c=samsung_galaxy_s_ii_lte_sc-03d__samsung_celox

3機種目のGalaxyはこの「Xi」(クロッシィ)データ通信に初めて対応したモデルとなります。

「Xi」(クロッシィ)データ通信は現在では取り扱っていませんが、2014年8月までドコモの主な料金プランのひとつでした。

docomo-GALAXY NEXUS SC-04D(2011年12月2日発売)


画像引用元:http://smarter-jp.net/newsetc/30944/

NexusはGoogleが「純粋なAndroid」であることを理念とした端末のシリーズです(現在はシリーズ終了)。

それなのでこの機種はGoogleのブランドでもあります。

Nexusは世代によって様々な企業が製造に関わっておりますが、このときはサムスンが製造元となっていたのですね(その前はHTCでした)。

世界初のAndroid4.0を搭載した端末だったこともあり、日本のみならず世界中から注目されていた機種でした。

docomo-GALAXY Note SC-05D(2012年4月6日発売)


画像引用元:http://www.datacider.com/49302.php

大画面に専用ペンのついた、Galaxyの個性あふれるNoteシリーズは2012年4月から登場しました。

5.3インチのディスプレイは当時としては画期的でした。専用ペンが別売りではなく、本体とセットでついてくるのも嬉しかったですね。

ちなみにAppleが大画面スマホとしてiPhone6 Plusを発売するのは2年後の2014年9月19日です。

Galaxy Noteはまさに流行の先取りでした。

docomo-GALAXY S III SC-06D(2012年6月28日)


画像引用元:http://kakaku.com/item/K0000375549/images/

S IIIでは、おサイフケータイに対応しました。

おサイフケータイは日本独自のサービスのため、海外メーカーは対応していないことが一般的です。

しかしGalaxyは日本向けに対応させてきたわけです。

サムスンが日本でGalaxyを普及させたいのだという本気を見せた瞬間でした。

docomo-GALAXY Note II SC-02E(2012年11月26日発売)


画像引用元:https://www.amazon.co.jp/GALAXY-SC-02E-docomo-Marble-White/dp/B00B7GKCJK

Noteシリーズの2代目です。

日本初のAndroid4.1と、クアッドコアをひっさげたハイエンド機でした。

ディスプレイサイズは5.5インチです。Noteは本当に革新的ですね。

docomo-GALAXY S III α SC-03E(2012年12月5日発売)


画像引用元:http://oregadget.net/cellular/docomo/2219/

S III発売から約半年後、下り最大100MbpsのXiに対応と、クアッドコア化というパワーアップを遂げて新たに販売されました。

Xiの下り最大100Mbpsに対応したことが売りだったのですが、今ではかなり遅いですね。時代を感じます。

docomo-GALAXY S4 SC-04E(2013年5月23日発売)


画像引用元:http://blog.toshobako.jp/archives/cat_956576.html

S4を日本向けにローカライズしたものです。

赤外線通信、NOTTV、FeliCaへの対応など日本向けの機能が加わっていました。

次のページでは2013年10月3日に発売されたdocomo-GALAXY Note 3 SC-01F以降のGALAXYを紹介します。

docomo-GALAXY Note 3 SC-01F(2013年10月3日発売)


画像引用元:http://gpad.tv/phone/docomo-galaxy-note3-sc01f/

こちらもS4 SC-04E同様、さらなる日本へのローカライズが図られました。

Noteとしては初めてワンセグやおサイフケータイに対応しています。

docomo-GALAXY J SC-02F(2013年10月31日発売)


画像引用元:https://www.amazon.co.jp/SAMSUNG-docomo-GALAXY-SC-02F-Satin/dp/B00GD8QHA0

GALAXY Jはグローバルモデルをローカライズしたものではなく、最初から日本市場に特化したモデルです。

GALAXY Jの「J」はJapanのJだそうで、強い意気込みが感じられますね。

おサイフケータイや赤外線通信・ワンセグなど、当時の日本の携帯電話ついていた機能が盛りだくさんでした。

ドコモの歴代Galaxy(2010年〜2013年)まとめ
  • docomo-GALAXY S SC-02B(2010年10月28日発売)…サムスン初の日本向けAndroid端末
  • docomo-GALAXY S II SC-02C(2011年6月23日発売)…Galaxy初のデュアルコアを搭載した端末
  • docomo-GALAXY S II LTE SC-03D(2011年11月24日発売)…「Xi」(クロッシィ)データ通信に初めて対応したモデル
  • docomo-GALAXY NEXUS SC-04D(2011年12月2日発売)…世界初のAndroid4.0を搭載した端末
  • docomo-GALAXY Note SC-05D(2012年4月6日発売)…当時としては画期的な5.3インチのディスプレイ。大画面に専用ペンのつくなど個性あふれるNoteシリーズ
  • docomo-GALAXY S III SC-06D(2012年6月28日発売)…おサイフケータイに対応
  • docomo-GALAXY Note II SC-02E(2012年11月26日発売)…日本初のAndroid4.1と、クアッドコアをひっさげたハイエンド機
  • docomo-GALAXY S III α SC-03E(2012年12月5日発売)…S III発売から約半年後、下り最大100MbpsのXiに対応と、クアッドコア化というパワーアップ
  • docomo-GALAXY S4 SC-04E(2013年5月23日発売)…赤外線通信、NOTTV、FeliCaへの対応など日本向けの機能
  • docomo-GALAXY Note 3 SC-01F(2013年10月3日発売)…Noteとしては初めてワンセグやおサイフケータイに対応
  • docomo-GALAXY J SC-02F(2013年10月31日発売)…GALAXY Jの「J」はJapanのJ。ローカライズしたものではなく、最初から日本市場に特化したモデル

次のページでは、2014年以降に発売されたドコモの歴代Galaxyをご紹介します。

1 2 3 4