Galaxy S22 Ultraの評価レビュー|買う理由・買わない理由

Galaxy S22 Ultraの発売日と予約開始日はいつなのか、最新情報をまとめました。価格やスペック・機能をレビューして、買うべきか総評していきます。2022年にSamsungから発売するハイエンドモデルなので、ぜひ機種変更の参考にしてみてください。

  • 2022年8月19日
Galaxy S22 Ultraの評価レビュー

Galaxy S22 Ultraは、サムスンから2022年4月21日にドコモとauから発売されたフラグシップモデルです。

そこで今回はGalaxy S22 Ultraの価格・スペック・機能を詳しく解説して、評価・レビューをまとめていきます。

Galaxy S22 Ultraの良い口コミや悪い評判もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

Galaxy S22 Ultraの総合レビュー

Galaxy S22 Ultraのレビュー
動きの快適さ★★★★☆
使いやすさ・操作性★★★☆☆
カメラ★★★★☆
バッテリーの持ち★★★★☆
オリジナル性能★★★★★
価格★★☆☆☆
総合評価3.7
2022年8月1日よりオンランショップにて、5G WELCOME割で11,000円割引です!

Galaxy S22 Ultraを購入して、機種変更・契約変更・のりかえ(MNP)をすると割引が受けられます。

新規契約のみdポイントで10,000pt進呈となっているので注意してください。

>ドコモ公式で確認する

ドコモの歴代Galaxy(ギャラクシー)を比較|最新機種or旧モデル買うならどれがいい?
楽天モバイルでiPhone14を予約!
オンライン予約なら当日受け取り可能
iPhone14/Plusのカラー展開
  • アップグレードプログラムで約50%OFF
  • 下取りサービスで最大73,390円還元
  • トク得乗り換えで最大24,000円還元
矢印iPhone14を楽天モバイル
公式ショップで見る

Galaxy S22 Ultraの口コミ・評判

Galaxy S22 Ultra

Galaxy S22 Ultraは4月21日に発売されて間もないですが、人気シリーズのため続々と購入者の口コミが挙がっています。

SNSで見かけた良い口コミや悪い口コミについて確認してみましょう。

Galaxy S22 Ultraの良い口コミ・評判

Galaxy S22 Ultraの良い口コミ・評判
  • 望遠レンズなどカメラ性能が素晴らしい
  • Sペン内蔵でいつでも取り出せる
  • ステレオスピーカーがクリアな音質でいい

圧倒的に高評価だったのはカメラ性能です。

もはや一眼レフカメラと変わらないカメラの精度の高さと、夜景も綺麗に写るナイトモードや望遠レンズが人気です。

特に望遠レンズは夜景や風景の写真を撮影しても、アップした細かな部分まで文字が読めるという驚きの性能になっています。

写真撮影をする機会が多い方は一眼レフカメラに挑戦する前にGalaxy S22 Ultraを購入しても十分カメラ撮影を楽しむことができます。

Galaxyと言えば、のSペンは本体内蔵型のため、持ち歩く必要なく好きな時に取り出してメモを取ることができます。

スピーカーもクリアな音質でこれまでのシリーズとは違うサウンドを楽しめます。

Galaxy S22 Ultraの悪い口コミ・評判

Galaxy S2 Ultra2の悪い口コミ・評判
  • 重すぎてカバーを付けづらい・片手操作に不向き
  • バッテリーの消耗が激しい
  • 最高傑作といえど価格は高め

一方でスマホ自体が重すぎる+カメラレンズが多いところから、カバーの付けづらさが懸念点として挙がっています。

デザインが限られたカバーしか販売されていないこともあるため、自分の色を出しづらいです。

また、単純にスマホが重すぎて長時間の片手操作にも向いていません。

Galaxyシリーズでは悪い口コミとしてよく声のあるバッテリー問題は未だ改善されていないため、長時間のゲームは厳しいです。

全体的にカメラ性能を中心としたスペックに力が入っていますが、20万近い価格はやはり購入まで悩んでしまう要素でした。

Galaxy S22 Ultraの発売日・予約開始日

Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultraの発売日
Galaxy S22 Ultraの発売日・予約開始日
  • 発売日:2022年4月21日
  • 予約開始日:発売中

Galaxy S22 Ultraはドコモとauから2022年4月21日に発売されています。

>ドコモのGalaxy S22 Ultraに関する発表
>auのGalaxy S22 Ultraに関する発表

ドコモとauの春モデルとして発売されるGalaxy S22 Ultraは、口コミなどでも分かるようにハイスペックモデルとして人気の高い機種となっています。

カラーによっては店舗での在庫が少ない場合があるので、オンラインショップでも在庫をチェックしてみましょう。

Galaxy S22 Ultraの実機レビュー

この章では、Galaxy S22 Ultraを実際に使用して気が付いた点をレビューしていきます。

良かった点、悪かった点に分けて画像付きで正直に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Galaxy S22 Ultraを使用してみて良かった点

Galaxy S22 Ultra

Galaxy S22 Ultraを使用してみて良かった点
  • ディスプレイが明るい
  • 内蔵型になったSペンが便利
  • 指紋認証がしやすくなった

Galaxy S22 Ultraでカメラやアプリを使用してみましたが、大画面かつ綺麗なディスプレイで操作もスムーズでした。

Galaxy S22 Ultraの実機

Galaxy S22 Ultraのディスプレイ

サイズはGalaxy S21 Ultraと同じ6.8インチを採用していますが、最大輝度が1750nitにアップしたことにより今までのモデルの中で一番の明るさになっています。

iPhoneなど他のスマートフォンと比べても、屋外での画面の見えやすさが格段に違いました

鮮やかに映像を映し出してくれるので、動画視聴やゲームなどがより臨場感を持って楽しめそうです。

Galaxy S22 UltraのSペン

Galaxy S22 Ultra「Sペン」

また内蔵の「Sペン」も、快適な使い心地を後押ししています。

前モデルまでは別で持ち運ぶ必要がありましたが、今回のモデルは本体内蔵型なので思い立った時にすぐに使えてとても便利になりました。

写真のように画面がオフの状態でも、ペンを取り出すと暗い画面にすぐにメモが書ける「画面オフメモ機能」もあります。

追従性も向上しているのでスラスラ書けて、テキストやPDFに変換し保存することもできるので非常に便利です。

Galaxy S22 Ultraの指紋認証

Galaxy S22 Ultraの指紋認証

そして前モデルからあった指紋認証ですが、少しだけ認証できる範囲が広がっています

センサーがやや下の方ですが、半分ほど触れればロックの解除ができるので精度も速度もそこまでストレスは感じませんでした。

うまく解除できずはじかれる確率が減ったように思います。

Galaxy S22 Ultraを使用してみて悪かった点

Galaxy S22 Ultraの実機レビュー

Galaxy S22 Ultraの実機レビュー
Galaxy S22 Ultraを使用してみて悪かった点
  • サイズが大きく重い
  • カメラ性能は大きな進化なし
  • SDカード/イヤホンジャックが非対応

この章では、Galaxy S22 Ultraを使用してみて悪かった点をご紹介します。

やはり本体の大きさと重さが気になりました。

片手だとうまくホールドできず不安定かつ滑りやすいので、女性の手だと気をつけないと落としてしまいそうです。

Galaxy S22 Ultraのサイズ

Galaxy S22 Ultraのサイズ

重さもしっかりあるので、持ち運びや長時間の使用に向いていなさそうだと感じました。

そしてリーク情報などで前モデルからの復活を期待されていたSDカード、イヤホンジャックは引き続き非対応です。

外部ストレージなどを活用する必要があるので、常にデータを持ち歩きたい方や今まで日常的にSDカードを使っていた方は注意です。

iPhone(左) Galaxy S22 Ultra(右)

iPhone(左) Galaxy S22 Ultra(右)

Galaxy S22 Ultraの暗所でのカメラ機能

ナイトモードなし(左) ナイトモードあり(右)

また、カメラ機能に関しては、暗所での撮影に比較的強くなったように感じましたが、前モデルの機能と比較すると大きな進化はあまりありません。

スペースズーム機能やナイトモードなど、引き続きハイスペックなのはもちろんですが、カメラ機能向上に期待して一つ前のモデルから買い換えようとしている方は注意する必要がありそうです。

Galaxy S22 Ultraの価格を評価レビュー

価格
Galaxy S22 Ultraの価格を評価レビュー

2022年4月14日にドコモとauから販売価格が発売されました。

キャリア容量通常価格実質価格
ドコモ256GB183,744円105,864円
いつでもカエドキプログラム
au256GB178,820円107,180円
スマホトクするプログラム
2022年8月1日より5G WELCOME割で11,000円割引です!

Galaxy S22 Ultraを購入して、機種変更・契約変更・のりかえ(MNP)をすると割引が受けられます。

新規契約のみdポイントで10,000pt進呈となっているので注意してください。

Galaxy S22 Ultraの価格は、ディスプレイやカメラがこれまでより進化したため、前モデルと比べて3万円程度高く設定されました。

キャリア毎の割引プログラムを適用すれば、前モデルとそこまで変わらない価格で購入は出来ますが、10万円を超えてしまいます。

Sペンが標準装備されていることで更に上位バージョンのNoteシリーズのような使用感となり、価格も高くなっています。

今までUltraシリーズを利用していた方でも、価格的に懸念がある方は、同様のCPUを搭載したGalaxy S22を検討してみるのもありでしょう。

Galaxy S22の評価レビュー|買う理由・買わない理由
\スマホ購入はオンラインがお得!/

Galaxy S22 Ultraのスペックを評価レビュー

Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultraのスペックを評価レビュー

ここからは、Galaxy S22 Ultraのスペックを評価レビューしていきます。

Galaxy S22 Ultraの主なスペック
サイズ約163.3(H)×約77.9(W)×約8.9(D)mm
重量約229g(mmW)
約228g(sub6)
ディスプレイ6.8インチVision Booster技術付きDynamic AMOLED(有機EL)
1750nit
120Hz(1~120Hz)
CPUSnapdragon 8 Gen 1
内蔵メモリRAM 8GB/12GB
ROM 128GB/256GB/512GB/1TB
カラーファントムブラック
ファントムシルバー
グリーン
バーガンディー
バッテリー容量5000mAh
急速充電
ワイヤレス充電

サイズ・重量

Galaxy S22 Ultraのサイズ
Galaxy S22 Ultraのサイズ

Galaxy S22 Ultraのサイズは77.9 x 163.3 x 8.9mmで、前機種のGalaxy S21 Ultraと比べると少しだけ横幅が広がり、その分縦幅が小さくなりました。

Galaxy S22 UltraとGalaxys22の大きさ比較

Galaxy S22 Ultra(左) Galaxy S22(右)

重量は公式サイトでは229g(mmW)228g(sub6)と周波数帯によって2種類が掲載されています。

キャリア版とSIMフリー版で違いがあるかもしれませんが、どちらも重く滑りやすいのでカバーやスマホリングなどが必須になるでしょう。

ディスプレイ

Galaxy S22 Ultraの有機EL LTPO
Galaxy S22 Ultraのディスプレイ

Galaxy S22 Ultraのディスプレイは、約6.8インチのVision Booster技術付きDynamic AMOLED(有機EL)です。

前機種のGalaxy S21 Ultraと同じ6.8インチですが、画面最大輝度は1500nitから1750nitに変わり、これまでで最も明るいディスプレイとなっています。

リフレッシュレートもこれまでは手動での変更が必要でしたが、Galaxy S22 Ultraでは1Hzから120Hzまでの自動可変となりました。

画面の表示内容に合わせて自動的にリフレッシュレートを切り替えるため、より省電力での利用が可能です。

ディスプレイについては大きすぎるという評価もありますが、Ultraはもともと大画面というイメージが定着しているため、想定内といえるでしょう。

メモリ・ストレージ

Galaxy S22 UltraのCPU
Galaxy S22 Ultraのメモリ・ストレージ

Galaxy S22 UltraのCPUには、最新のQualcomm Snapdragon 8 Gen 1が搭載されています。

メモリは8GBと12GBで、256GB以上のストレージの場合は12GBとなります。

ストレージ容量は128GB、256GB、512GB、1TBから選択することができます。

カラー

Galaxy S22 Ultraは4色展開
Galaxy S22 Ultraのカラー
Galaxy S22 Ultraのカラー
  • バーガンディ
  • グリーン
  • ファントムホワイト
  • ファントムブラック

Galaxy S22 Ultraのカラーは、バーガンディ、グリーン、ファントムホワイト、ファントムブラックの4色展開となっています。

日本でも公式サイトで4色全て公開されているため、SIMフリー版では同じように4色全て発売になるでしょう。

海外版ではファントムホワイトやグリーンが人気のようですが、キャリア版では各キャリアが全ての色を取り扱うかはまだ公表されていません。

バッテリー

Galaxy S21 Ultraと同じ5,000mAh
Galaxy S22 Ultraのバッテリー

Galaxy S22 Ultraのバッテリーは5,000mAhと前機種のGalaxy S21 Ultraと比べて変化はありませんでした。

ただし、45W Power Adapterに接続しての超高速充電が可能で、AIでデバイスの使用パターンを学習することで使用電力を賢く節約することができます。

Galaxy S22+の評価レビュー|買う理由・買わない理由

Galaxy S22 Ultraの機能を評価レビュー

Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultraの機能を評価レビュー

スペックに続いて、Galaxy S22 Ultraの機能も評価レビューしていきましょう。

Galaxy S22 Ultraの主な機能
カメラアウトカメラ:約1億800万画素/約1200万画素/約1000万画素/約1000万画素
インカメラ:約4000万画素
防水・防塵IP68
生体認証指紋/顔
おサイフケータイ・FeliCa対応
その他5G
Wi-Fi 6
Sペン内蔵

カメラ

Galaxy S22 Ultraのカメラ
Galaxy S22 Ultraのカメラ

Galaxy S22 Ultraは、月まで撮れる望遠つきの4眼カメラ(高性能プログレードカメラ)となっています。

Galaxy S22 Ultraの望遠

Galaxy S22 Ultraのズーム機能

流石に×100までズームするとザラつきは感じますが、それでも対象物が何か判別できます。

Galaxy S22 Ultraで撮影した写真

Galaxy S22 Ultraで撮影した写真

アウトカメラは12MPの超広角カメラ、108MPの広角カメラ、10MPの2つの望遠カメラ、100倍スペースズームです。

インカメラは40MPのセルフィーカメラで、108MPの広角カメラと40MPのセルフィーカメラにはAIを搭載しています。

カメラ機能はおおむね評価が高いですが、4つもレンズを搭載したことで使い分けが難しいという指摘もありました。

Galaxy S22 Ultraで撮影した写真
Galaxy S22 Ultraで撮影した写真

生体認証・防水/防塵

Galaxy S22 UltraはIP68
Galaxy S22 Ultraの生体認証

Galaxy S22 Ultraの生体認証は、超音波指紋認証顔認証の2種類です。

耐久性はGalaxy史上最強のアーマーアルミフレーム、フロントディスプレイとリアパネルにはCorning® Gorilla® Glass Victus®+を使用しています。

防水・防塵性はIP68となっています。

Sペン

Galaxy S22 UltraはSペンが標準装備
Galaxy S22 UltraのSペン

Galaxy S22 UltraはSシリーズで初めてSペンが標準装備となっており、実質Galaxy Noteシリーズの後継と言えます。

Galaxy S22 UltraではSペンを収納するスロットが内蔵できるため、使い勝手が良く持ち運びも便利になるでしょう。

Sペンの防水・防塵性もIP68となっています。

\スマホ購入はオンラインがお得!/

Galaxy S22 Ultraを評価|買うべき?

Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultraの評価レビュー

最後にGalaxy S22 Ultraを買うべきか、買わないべきかについて、これまでの情報をもとに評価していきます。

Galaxy S22 Ultraを買う理由

Galaxy S22 Ultraを買う理由
  • Sペンを利用したい(Galaxy Noteシリーズが好き)
  • 最新のVision Booster技術付きDynamic AMOLED(有機EL)ディスプレイで綺麗
  • 最高スペックのスマホを使いたい

Galaxy S22 Ultraは最新のSnapdragon 8 Gen 1を搭載しているため、スペックとしては最高性能といっていいでしょう。

もしスペックのできるだけ高いスマホを使いたいと思っているなら、Galaxy S22 Ultraはおすすめです。

また、Galaxy S22 Ultraには現状最も明るいVision Booster技術付きDynamic AMOLED(有機EL)ディスプレイが搭載されており、ピーク輝度が1,750ニトとなっています。

現在販売されているスマホはピーク輝度が1,600ニトのものが主流のため、Galaxy S22 Ultraはかなり明るいOLEDディスプレイと言えるでしょう。

更にSシリーズで初めてSペンが標準装備されるため、Sペンをよく使うという方はにはおすすめです。

Galaxy S22 Ultraを買わない理由

Galaxy S22
Galaxy S22 Ultraの評価レビュー
Galaxy S22 Ultraを買わない理由
  • 最新フラグシップモデルで価格が高い
  • サイズが大きく重量も重すぎる
  • Sペンを使わないなら他のシリーズがおすすめ

Galaxy S22 Ultraを買わない理由としては、最新フラグシップモデルで価格が高いという点が大きいでしょう。

確かにSnapdragon 8 Gen 1は現在のところ最新ですが、消費電力が激しく発熱するという問題も抱えているため、早々に改良版が発表されると噂されています。

キャリアの購入プログラム等を利用しても高額なので、Galaxyシリーズが好きという方以外はiPhoneなど他のスマホも検討するべきでしょう。

また、Sペン内蔵で5000mAhのバッテリーを維持しているため、重量がかなり重いのが気になります。

そもそもSペンをあまり利用しないなら、Galaxy S22+やGalaxy S22などの他モデルで十分と言えるでしょう。

Galaxy S21 Ultra 5Gの評価レビュー|買う理由・買わない理由
\スマホ購入はオンラインがお得!/

▲目次に戻る

Galaxy S22 UltraでNote風の使いやすさを楽しもう

Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultraの評価レビューまとめ

この記事では、ドコモとauから発売されたGalaxy S22 Ultraの評価・レビューをまとめていきました。

Sペン標準装備のGalaxy S22 Ultraで、Noteシリーズと同じような使いやすさを楽しめます。

「iPhoneよりも使える」という口コミもあるほどに、スペックや機能が充実しているので、ぜひ購入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

Galaxy S21 FEの発売日・予約開始日|価格とスペックを解説
※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
Sakura_Ooh
大手3キャリアでのイベントスタッフの経験を活かし、料金プランの選び方やおすすめスマホをどんどん紹介していきます。家やジムでも常に映画やドラマを見ていて、1日たりともスマホが手放せません。愛用スマホはiPhone12です。
オンラインショップ
auオンラインショップ公式サイト ドコモオンラインショップ公式サイト