中古で買ったiPhoneを使うには?ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル

中古で買ったiPhoneを使う方法をドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・格安SIMに分けて解説していきます。中古iPhoneをキャリアで契約する際の注意点などもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

  • 2022年9月21日
中古で買ったiPhoneを使うには?ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル

新品のiPhoneは機種代金が高いと、中古のiPhoneの購入を検討している方も多いのではないでしょうか?

中古のiPhoneを購入し、大手キャリアや格安SIMのSIMカードを入れて使うことは可能です。

一方で、通信会社のSIMカードを使うには事前に設定や契約が必要となります。

本記事では、中古で買ったiPhoneの使い方を、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・格安SIM別に詳しく解説します。

中古で買ったiPhoneを使う際の注意点についても触れていくので、中古iPhoneの購入を検討している方は是非参考にしてください。

auでiPhone14を予約!
オンライン予約なら発売日当日に受取可能
iPhone14/Plusのカラー展開
  • スマホトクするプログラムで約50%OFF
  • 下取りプログラムで最大64,350円還元
  • 5G機種変更おトク割で最大5,500円還元
矢印iPhone14を
au公式ショップで見る

中古で買ったiPhoneを使うには?

iPhone13 Pro Max

iPhone13 Pro Max

中古で買ったiPhoneの使い方は2種類あります。

中古で買ったiPhoneの使い方
  • 契約中のSIMを入れ替える
  • 新規でSIMのみ契約をする

現在別のスマホで使っているSIMカードを、購入した中古iPhoneに差し込んで使うことも可能です。

加えて、大手通信キャリアや格安SIMで新たにSIMカードのみを契約し、iPhoneに差し込んで使うこともできます。

契約中のSIMカードを使う場合と、新たにSIMカードを契約する場合では利用する際に必要な手続きが異なります。

特に、新たにSIMカードを契約するのであれば、契約予定のキャリアにて手続きを行わなければなりません。

契約する際には書類をいくつか用意する必要があります。

後述にて詳しく必要書類や手順を解説していくので、新たに契約予定の方はぜひ確認してみてください。

▲目次に戻る

中古で買ったiPhoneを使う際の注意点

注意点
中古で買ったiPhoneを使う際の注意点

次に、中古で買ったiPhoneを使う際に、注意するべきポイントについて紹介します。

中古で買ったiPhoneを使う際の注意点
  • SIMロックが解除されていることを確認する
  • 赤ロム(ネットワーク利用制限あり)でないことを確認する
  • AppleCareに加入できない可能性が高い

以下にて、詳しく解説していきます。

SIMロックが解除されていることを確認する

大手キャリアで購入したiPhone 12以前のiPhoneは、基本的にSIMロックがかかっています。

SIMロックがかかっていると、購入した大手キャリアの回線でしか利用できません。

格安SIMを利用する場合も、取り扱っている回線がiPhoneを購入した大手キャリアと一致している必要があります。

一方で、SIMロックが解除されていれば原則キャリア関係なく利用できるようになります。

中古iPhoneでもSIMロックの解除は可能ですが、契約者ではないためキャリアショップで手続きを行う必要があります。

キャリアショップでSIMロックを解除すると手数料が3,300円かかってしまいます。

なるべく初期費用を抑えたい方は、あらかじめ「SIMロック解除済」の表記のある中古iPhoneを購入しましょう。

赤ロム(ネットワーク利用制限あり)でないことを確認する

赤ロムとは、契約者が端末の分割払いを滞納したり不正利用を行った際に、インターネットが使えなくなるなどの制限がかかる端末のことです。

多くの中古スマホの買取業者は、白ロム(ネットワーク利用制限なし)の端末のみ買取を行っている傾向があります。

そのため、赤ロム端末に当たってしまう可能性はかなり低いですが、決して0ではありません。

自分が購入した端末が赤ロムかどうかは、以下のWEBサイトにて確認が可能です。

残念ながら、赤ロムかどうかは購入前に確認できません。

万が一赤ロム端末に当たってしまった時は、すぐに購入した業者に問い合わせましょう。

ネットオークションやフリマアプリなど個人間での取引の場合、売り逃げされるなど悪質なケースも見受けられます。

そのため、不安な方は全額返金や交換対応などの赤ロム保証を取り扱う業者を選ぶことをおすすめします。

AppleCareに加入できない可能性が高い

iPhoneを購入すると、AppleCareと呼ばれるApple製品専用の保証に加入できます。

日本ではiPhone購入日から30日以内であれば加入が可能であり、一度加入して解約すると再加入ができません。

中古端末の多くは購入から30日以上経過しているので、中古iPhoneでAppleCareに加入できる可能性はかなり低いでしょう。

また、契約者がiPhone購入時にAppleCareに加入していた場合は、例え購入から30日以内であっても再加入できません。

保証を付帯したいのであれば、「モバイル保険」など中古iPhoneでも加入できる保証サービスを利用しましょう。

▲目次に戻る

中古で買ったiPhoneを契約中のSIMで利用する方法

iPhone12とiPhone13

iPhone12とiPhone13

次に、中古で買ったiPhoneを契約中のSIMで利用する方法について紹介します。

中古で買ったiPhoneを契約中のSIMで利用する方法
  1. iPhoneの電源を切った状態でSIMを差し込む
  2. 電源をONにする
  3. 言語やWi-Fi設定など画面の案内に従って初期設定を行う
  4. 契約中のSIMのAPN設定を行う

まず、iPhoneの電源を切った状態でSIMを差し込みましょう。

電源を入れた状態でSIMを取り外したり差し込むと、故障や不具合の原因となる可能性があります。

SIMを差し込んだら電源を入れ、言語選択から画面の案内に従って初期設定を行います。

この初期設定で、Wi-Fi設定やApple IDの同期、パスコード設定など基本的なiPhoneの設定が可能です。

次に、契約中のキャリアや格安SIMに合わせて、APN(アクセスポイント)の設定を行います。

APNの設定を行わないと、キャリアや格安SIMのモバイル回線に接続できません。

APN設定の方法は契約中のキャリアや格安SIMによって異なります。

APN設定の方法
  • キャリア設定のアップデートを行う
  • 専用のプロファイルをインストールする

APNの設定方法は契約中のキャリア・格安SIMの公式サイトに記載されているので、あらかじめ確認しておきましょう。

▲目次に戻る

中古で買ったiPhoneをドコモで契約する方法

ドコモオンラインショップ
中古で買ったiPhoneをドコモで契約する方法

次に、中古で買ったiPhoneをドコモで契約する方法について解説します。

中古で買ったiPhoneをドコモで使う場合、ドコモでSIMのみ契約を行い、契約したSIMを中古iPhoneに差し込んで使います。

ドコモでのSIMのみ契約の手順と必要なものについて触れていくので、ぜひチェックしてください。

ドコモで契約する時に必要なもの

ドコモで契約する時に必要なものは以下の通りです。

ドコモで契約する時に必要なもの
  • 本人確認書類
  • 現住所の証明が必要な場合は住民票などの補助書類
  • クレジットカードまたは銀行口座の情報
  • MNP予約番号※他社から乗り換える場合
  • dアカウント

基本的に免許証などの本人確認書類と、支払いに使うクレジットカードまたは口座の情報がわかるものがあれば契約は可能です。

ただし、現住所が書類と異なる、または住所証明が必要な本人確認書類を使う場合は、住民票など現住所を証明するものが必要です。

他社から乗り換える方はMNP予約番号も必要となるため、あらかじめ契約中の大手キャリアや格安SIMで手続きを行いましょう。

また、dアカウントも必要ですが、持っていない方は契約手続き中に発行可能です。

そのため、必ずしも事前に取得しなければいけないものではありません。

ドコモでSIMのみ契約を行う時の手順

ドコモでSIMのみ契約を行う時の手順は以下の通りです。

ドコモでSIMのみ契約を行う時の手順
  1. 画面左上にある三本線をタップし「機種を探す」から「SIMのみ新規・契約変更」を選択
  2. SIMの種類を選び手続き方法を選択
    ドコモSIM契約手順2
  3. 契約する回線を選択し記載されている確認事項を全てチェックする
    ドコモSIM契約手順3
  4. 確認ボックスにチェックを入れ「申し込み手続きに進む」を選択
    ドコモSIM契約手順4
  5. dアカウントの有無を選択し持っていない方はそのままdアカウントの作成を行う※自動的に遷移します
    ドコモSIM契約手順5
  6. 申し込み前の確認事項に目を通し「同意する」を選択
    ドコモSIM契約手順6
  7. 本人確認書類の画像をアップロードまたはオンライン本人確認を行う
    ドコモSIM契約手順7
  8. 契約者情報と決済情報を入力する
    ドコモSIM契約手順8
  9. 商品の受け取り方法を選択しネットワーク暗証番号を入力する
    ドコモSIM契約手順9
  10. 料金プランを選択する
    ドコモSIM契約手順10
  11. 通話オプションとスピードモードを選択する
    ドコモSIM契約手順11
  12. キャンペーンや割引・その他オプションサービスを確認する
    ドコモSIM契約手順12
  13. 申し込み内容と同意事項を確認し「同意する」を選択
    ドコモSIM契約手順13
  14. 下部にスクロールし「注文を確定する」をタップ
    ドコモSIM契約手順14
  15. 完了

前章でも触れましたが、ドコモオンラインショップで申し込む場合、dアカウントが必要となります。

持っていない方も契約手続きをしながら発行できるので、事前に用意する必要はありません。

dアカウントの発行にはメールアドレスの登録とパスワードの作成が必要となります。

▲目次に戻る

中古で買ったiPhoneをauで契約する方法

au-logo
中古で買ったiPhoneをauで契約する方法

次に、auでSIMのみ契約し中古iPhoneを使う方法について解説します。

auでもSIMのみで契約することが可能であり、中古で購入したiPhoneにauのSIMを差し込んで使えます。

auは実店舗もありますが、今回はauオンラインショップでの手続きの手順について紹介します。

auで契約する時に必要なもの

auで契約する時に必要なものは以下の通りです。

auで契約する時に必要なもの
  • 本人確認書類
  • 現住所の証明が必要な場合は住民票などの補助書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号※他社から乗り換える場合

本人確認書類と現住所が異なる場合や、本人確認書類の種類によっては住民票などの補助書類が必要となります。

オンラインショップではクレジットカードのみ対応なので、カードの情報がわかるものを用意しましょう。

口座振替を利用したい方はauの実店舗を利用することをおすすめします。

他社から乗り換える場合はMNP予約番号が必要となるので、契約中の大手キャリアや格安SIMで事前に発行手続きを行ってください。

auでSIMのみ契約を行う時の手順

auでSIMのみ契約を行う時の手順は以下の通りです。

auでSIMのみ契約を行う時の手順
  1. auオンラインショップを開いてスクロールし「SIMのみ契約」を選択
    auSIM契約手順1
  2. SIMカードのタイプを選択し、次の画面で契約回線を選択したら「ご注文手続きへ進む」をタップ
    auSIM契約手順2
  3. 契約種別を選び必要書類を注意事項を確認してau IDの有無を選択
    auSIM契約手順3
  4. 「SIMのみ契約する」を選択して現住所のある都道府県・利用者・生年月日を入力し「手続きを進める」をタップ
    auSIM契約手順4
  5. 料金プランと通話オプションを選択
    auSIM契約手順5
  6. 割引サービスやその他オプションを確認しながら下部へスクロールし「次に進む」をタップ
    auSIM契約手順6
  7. クーポンがあればクーポン番号を登録して契約者情報を入力する
    auSIM契約手順7
  8. 本人確認書類をアップロードし受け取り方法と日時を選択
    auSIM契約手順8
  9. 「ご注文内容確認用パスワード」を入力し契約内容を確認する
    auSIM契約手順9
  10. 重要説明事項を確認し同意ボックスにチェックを入れる
    auSIM契約手順10
  11. 決済情報を入力し注意事項を確認・同意ボックスにチェックの上「注文を確定する」を選択
    auSIM契約手順11
  12. 完了

ご注文内容確認用パスワードとは、注文内容の確認や商品出荷状況を確認するためのものです。

商品が届かないなどのトラブル発生時にも利用できるので、絶対に忘れないようにしましょう。

▲目次に戻る

中古で買ったiPhoneを ソフトバンクで契約する方法

ソフトバンクオンラインショップ
中古で買ったiPhoneを ソフトバンクで契約する方法

次に、ソフトバンクでSIMのみ契約をして中古iPhoneを使う方法について解説します。

実店舗での契約も可能ですが、今回はソフトバンクオンラインショップでの手続きの手順や必要書類について解説します。

ソフトバンクで契約する時に必要なもの

ソフトバンクで契約する時に必要なものは以下の通りです。

ソフトバンクで契約する時に必要なもの
  • 本人確認書類
  • 現住所の証明が必要な場合は住民票などの補助書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号※他社から乗り換える場合

本人確認書類の種類や現住所と本人確認書類の住所が異なる場合は、別途住民票など現住所が証明できる補助書類が必要です。

また、ソフトバンクオンラインショップでは基本的にクレジットカードの利用が必須となります。※衛星電話の場合は口座振替が利用可能

口座振替を利用したいのであれば実店舗を利用しましょう。

他社から乗り換える場合はMNP予約番号も必要となるので、契約中の大手キャリアや格安SIMでMNP予約番号の発行手続きを行ってください。

ソフトバンクでSIMのみ契約を行う時の手順

ソフトバンクでSIMのみ契約を行う時の手順は以下の通りです。

ソフトバンクでSIMのみ契約を行う時の手順
  1. ソフトバンクオンラインショップ公式サイトで「MENU」を開き「購入機種を探す」をタップ
    ソフトバンクSIM契約手順1
  2. 画面を下へスクロールし「SIM」を選択
    ソフトバンクSIM契約手順2
  3. 「iPhone、Google Pixel、スマートフォン向けSIM」を選択し、手続き方法を選ぶ
    ソフトバンクSIM契約手順3
  4. 契約者の年齢を選択し受け取り方法を確認したら「利用するSIMを確認する」を選択
    ソフトバンクSIM契約手順4
  5. ソフトバンクのSIMを使う予定の機種・購入先・製造番号(IMEI)を入力する※画像はAndroidスマホ
    ソフトバンクSIM契約手順5
  6. 利用に必要なSIMカードを確認し「料金プランを選ぶ」を選択
    ソフトバンクSIM契約手順6
  7. プランと通話オプションを選択
    ソフトバンクSIM契約手順7
  8. オプションと割引・キャンペーンを選択
    ソフトバンクSIM契約手順8
  9. 料金を確認して「購入手続きに進む」を選択
    ソフトバンクSIM契約手順9
  10. 契約に必要なものを確認し「お客さま情報の入力に進む」を選択
    ソフトバンクSIM契約手順10
  11. 契約者情報を入力し支払い情報の入力を行う
    ソフトバンクSIM契約手順11
  12. 利用規約を確認し同意ボックスにチェックを入れる
  13. 契約内容を確認し申し込む
  14. 完了

ソフトバンクでSIMのみ契約を行う場合、ソフトバンクのSIMを利用する機種の情報入力が必要です。

iPhoneかAndroidスマホか選び、購入先と製造番号(IMEI)を入力し、どのサイズのSIMが必要なのか事前確認を行います。

製造番号(IMEI)はiPhoneの梱包箱の裏面に記載されています。

梱包箱がない場合は、iPhoneのホーム画面から「設定→一般→情報」の順にアクセスすると調べられます。

▲目次に戻る

中古で買ったiPhoneを楽天モバイルで契約する方法

楽天モバイル ロゴ
中古で買ったiPhoneを楽天モバイルで契約する方法

次に楽天モバイルでSIMのみ契約を行い、中古のiPhoneを利用する方法について紹介します。

楽天モバイルは実店舗もありますが、今回は楽天モバイルの公式サイトから契約する手順について解説します。

楽天モバイルで契約する時に必要なもの

楽天モバイルで契約する時に必要なものは以下の通りです。

楽天モバイルで契約する時に必要なもの
  • 本人確認書類
  • 現住所の証明が必要な場合は住民票などの補助書類
  • 楽天会員のIDとパスワード
  • クレジットカードまたは銀行口座の情報
  • MNP予約番号※他社から乗り換える場合

運転免許証などの本人確認書類の他に、本人確認書類の種類や現住所が異なる場合は住所を証明する補助書類が必要です。

また、申し込み時に楽天会員のIDとパスワードが必要となるため、持っていない方はあらかじめ作っておきましょう。

支払い方法はクレジットカードまたは口座振替に対応しているので、支払いに利用する口座やカードの情報がわかるものも必要です。

他社から乗り換える場合はMNP予約番号も必要なので、現在契約中の大手キャリアや格安SIMで手続きしましょう。

楽天モバイルでSIMのみ契約を行う時の手順

楽天モバイルでSIMのみ契約を行う時の手順は以下の通りです。

楽天モバイルでSIMのみ契約を行う時の手順
  1. 楽天モバイル公式サイトで「お申し込み」を選択しプランを選択する
    楽天モバイルSIM契約手順1
  2. オプションサービスを選択しSIMのタイプを選ぶ
    楽天モバイルSIM契約手順2
  3. 手数料とサービス料・申し込み内容を確認したら「この内容で申し込む」を選択
    楽天モバイルSIM契約手順3
  4. 楽天会員IDとパスワードでログインしたら反映されている契約者情報を確認する
    楽天モバイルSIM契約手順4
  5. 契約者情報に誤りがなければチェックボックスにチェックを入れて本人確認書類の提出方法を選ぶ
    楽天モバイルSIM契約手順5
  6. 本人確認書類の画像アップロードや本人確認に関する注意事項の確認が終わったら「次へ進む」を選択
    楽天モバイルSIM契約手順6
  7. 電話番号を選択し画面を下へスクロールして「次へ進む」をタップ
    楽天モバイルSIM契約手順7
  8. 受け取り先を設定し支払い方法を入力後「申し込む」を選択
    楽天モバイルSIM契約手順8
  9. 完了

楽天モバイルでは、契約者情報の入力時に事前に楽天会員IDに登録していた情報が自動的に反映されます。

中には楽天会員の情報を更新しておらず、住所や電話番号が変わっていることもあるので、必ず現在の情報と相違ないか確認しましょう。

楽天モバイルでは申し込み後最短2日でSIMカードが手元に届きます。

SIMカードを受け取ったらiPhoneに差し込み、初期設定とAPN設定を行いましょう。

▲目次に戻る

中古で買ったiPhoneを格安SIMで契約する方法

mineo
中古で買ったiPhoneを格安SIMで契約する方法

次に、中古で買ったiPhoneを格安SIMで契約する方法について解説します。

格安SIMはかなり数が多く、契約手順や必要なものもそれぞれの会社によって異なります。

今回はmineoを例に挙げて、必要なものやSIM契約の手順について紹介します。

格安SIMで契約する時に必要なもの

格安SIMで契約する時に必要なものは以下の通りです。

格安SIMで契約する時に必要なもの
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 現住所の証明が必要となる場合は住民票などの補助書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号※他社から乗り換えのみ

格安SIMの多くはクレジットカードのみ対応しており、契約する会社によっては口座振替が使えないこともあります。

クレジットカード以外の支払い方法を利用したい方は、他の支払い方法に対応している会社を選びましょう。

本人確認書類や補助書類は、格安SIMによって対応しているものが異なる可能性があります。

各社の公式サイトに掲載されているので、契約予定の格安SIMの公式サイトをチェックするようにしましょう。

格安SIMでSIMのみ契約を行う時の手順

格安SIMは会社数がかなり多く、会社によって手続きの手順や仕様が若干異なります。

今回は、mineoでのオンライン手続きを参考にしながら、格安SIMでSIMのみ契約を行う際の手順について紹介します。

格安SIMでSIMのみ契約を行う時の手順
  1. mineo公式サイトで「お申し込み」を選択し画面を下へスクロールして「お申し込み手続きへ」をタップ
    mineoSIM契約手順1
  2. 「SIMのみを購入する」を選択しSIMの形状を選ぶ
    mineoSIM契約手順2
  3. プランを選び5G通信オプションの有無・SIMのタイプとプランのコースを選択
    mineoSIM契約手順3
  4. データ使い放題オプションと通話オプションを選択したら「次に進む」をタップ
    mineoSIM契約手順4
  5. SIMカードのサイズを選び次に進んだらオプションサービスを選択する※任意
    mineoSIM契約手順5
  6. eoIDの有無を選び申し込み方法を選択する
    mineoSIM契約手順6
  7. 電話番号の引き継ぎの有無を選び契約者情報を入力する
    mineoSIM契約手順7
  8. キャンペーン適用状況を確認し契約内容と月額費用を確認する
    mineoSIM契約手順8
  9. 支払い情報を入力し本人確認書類の画像アップロードが完了したら申し込みの最終確認を行う
    mineoSIM契約手順9
  10. 完了

mineoでは契約する際にeoIDが必要となり、持っていない方は契約手続きと同時にIDも発行されます。

このように、格安SIMではeoIDのようなアカウントの発行が必要になる場合があります。

申し込み完了後、審査が終わり次第登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

1週間以内に契約したSIMが手元に届くので、SIMが届いたらiPhoneで初期設定とAPN設定を行いましょう。

▲目次に戻る

中古で買ったiPhoneも大手キャリアや格安SIMで利用できる

iPhone14 ProとiPhone14 Pro Max
中古で買ったiPhoneを使う方法

最後に、中古で買ったiPhoneを利用する際のポイントについてまとめます。

中古で買ったiPhoneを利用する際のポイント
  • 中古で買ったiPhoneに契約中のSIMを差し込んで使える
  • 新たに契約したSIMを差し込んで中古iPhoneを使うことも可能
  • 中古iPhoneを使う際は初期設定の他にAPN設定が必要
  • 大手キャリアや格安SIMではSIMのみ契約も可能
  • 購入時にSIMロックが解除されているかどうか確認するべき
  • 購入後に赤ロムが発覚したら中古販売業者に問い合わせる

中古で買ったiPhoneは、契約中のSIMを差し込んで使うことが可能です。

また、新たに契約したSIMを差し込むことも可能であり、大手キャリアや格安SIMではSIMのみ契約もできます

中古iPhoneを購入する際はSIMロックが解除されていることを確認しましょう。

SIMロックがかかっている中古iPhoneを購入しても解除は可能ですが、キャリアショップで3,300円の手数料が発生します。

また、購入後に赤ロム(ネットワーク利用制限あり)端末であることが発覚する可能性もあります。

不安な方は、赤ロム保証を取り扱っている業者を選ぶことをおすすめします。


※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。