ソフトバンクの料金プランを確認する
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

ソフトバンクで料金プランを変更する際、違約金などを取られずできるだけ安く変更したいと考えている方は多いでしょう。

この場合ソフトバンクの料金プランを変更するタイミングは、どの時期が最適なのでしょうか?

結論から言うとソフトバンクの料金プラン変更は、新料金プラン登場時と残債の支払い終了時がおすすめです。

また2020年現在、ソフトバンクには更新月が無いため違約金は発生しませんが、以前の料金プランを継続している方は違約金に注意する必要があります。

今記事ではソフトバンクの料金プラン変更について、タイミングや変更手順、注意点などを詳しく解説していきます。

ソフトバンクの料金プラン変更まとめ
  • 料金プランを変更するベストタイミングは新プラン登場時・残債の支払い終了時
  • 2020年現在、ソフトバンクに更新月はない
  • 2019年9月13日よりも前の料金プランを継続している場合は違約金に注意

画像引用元:My SoftBank|App Store

ソフトバンクの料金プランを変更するベストタイミング

ソフトバンク
画像引用元:ソフトバンク ショップ紹介|博多マルイ|丸井百貨

まずは、ソフトバンクの料金プランを変更するベストタイミングをご紹介します。

ソフトバンクの料金プラン変更タイミング

料金プランの変更を考えている方や、毎月かかる通信費をより安くしたいと考えている方は、ぜひご自分に適したタイミングがないかチェックしてみてください。

新プランが登場したタイミング

新しい料金プランが登場したタイミングは、機種変更や既存の料金プランを見直す機会として好ましいです。

なぜなら、ソフトバンクは新プランを導入したタイミングで、新たにキャンペーンを実施することがあるからです。

具体的には、以下のようなキャンペーン内容であるケースが多いです。

  • プラン加入で〇ヶ月間△円割引
  • ○ヶ月間基本料金が無料

こういった場合は大型のキャンペーンが多いため、新プラン導入時は新しいキャンペーンが出ていないか確認してみましょう。

ただ、新プランが登場したタイミングで毎回必ずキャンペーンが実施されるわけではないため、注意が必要です。

残債の支払いが終わったタイミング

既存の端末ではなく、契約時に新しい端末を購入した方は注意が必要です。

解約をする前に、購入した端末の残債は残っていないかどうか確認する必要があります。

通常24回払い・36回払いなど、2〜3年かけて端末代金を分割払いにしているケースがほとんどです。

ご自身が購入した端末の残債があとどれくらい残っているのか、払い終わっているかを確認しておきましょう。

残債を払い終わったタイミングで料金プランの見直しを行うと、機種変更と適した料金プランを提案してもらえるのでスムーズに手続きを行うことができて便利です。

2020年現在、ソフトバンクにて更新月はなし

料金プランを見直すタイミングとして最も多いのが、契約更新のタイミングです。

2019年9月までソフトバンクで提供されていた旧プランの場合、他社の携帯キャリアにもある「更新月」という契約更新タイミングが存在します。

しかし、2019年10月以降に開始された新プランであれば、契約期間に縛りがなく更新月が存在しないため、いつ料金プランを変更しても問題ありません。

そのため、端末料金の残債がないのであれば、新プランが新たに登場したタイミングや、ご自身で料金を見直したいタイミングで料金プランを検討することをおすすめします。

ソフトバンクの料金プラン変更手順

My SoftBank
画像引用元:My SoftBank|SoftBank

次に、ソフトバンクで料金プランを変更する場合の手順を解説します。

ソフトバンクの料金プランを変更する方法

ソフトバンクで既存の料金プランを変更する方法は、大きく上記の3つです。

早速、それぞれの料金プランの変更方法をチェックしていきましょう。

My SoftBank【アプリ】

My SoftBank【アプリ】での変更手順
  1. My SoftBankアプリをタップ
    My SoftBank【アプリ】での変更手順①
  2. 画面下部の「照会・設定」をタップ
    My SoftBank【アプリ】での変更手順②
  3. プラン・オプションの「詳細を見る」をタップ
    My SoftBank【アプリ】での変更手順③
  4. 「プランを変更する」をタップ
    My SoftBank【アプリ】での変更手順④
  5. プランを選択し「変更内容を確認する」をタップ
    My SoftBank【アプリ】での変更手順⑤
  6. 「同意して申し込む」をタップ
    My SoftBank【アプリ】での変更手順⑥

My SoftBankアプリから、料金プランを変更するのが最も手軽な方法です。

ちなみに、9:00〜21:00に受付を完了した場合は、変更後の料金プランが即時適用されますが、21:00〜翌日9:00に受付完了した場合は、翌日9:00以降に適用となるため要確認です。

My SoftBank【web】

My SoftBank【web】変更手順
  1. My SoftBankへログイン
    My SoftBank【web】変更手順①
  2. 「契約確認」をタップ
    My SoftBank【web】変更手順②
  3. 画面中部の「変更する」をタップ
    My SoftBank【web】変更手順③
  4. 契約・オプション管理のページでプランを選択
    My SoftBank【web】変更手順④
  5. 画面下部の「契約内容を確認する」をタップ
    My SoftBank【web】変更手順⑤
  6. 同意するにチェックを入れ「申し込み」をタップ
    My SoftBank【web】変更手順⑥

郵送でのお手続き内容の確認方法を選択した場合、料金プランを変更した後日に、別途確認書類が郵送されます。

My SoftBankにて確認する方法を選んだ場合には、後に届くSMSから契約内容を確認することが可能です。

基本的には、変更した料金プランは翌請求月からの適用となります。

ただ、変更した日時が、ご請求締日の21時以降である場合には、翌々月からの適用となるため、不明な方はMy SoftBankから確認しておくことをおすすめします。

ソフトバンクショップ

ソフトバンクショップでの料金プラン変更手順
  1. 必要な本人確認書類を準備する
  2. お近くのソフトバンクショップを検索する
  3. ショップにて料金プラン変更の旨を伝える

ソフトバンクショップにて、料金プランを変更したい場合、以下の本人確認書類が必要となります。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障がい者手帳
  • 健康保険証+補助書類

補助書類とは、以下のいずれかを指します。全て、発行日から3ヶ月以内のもののみ使うことができます。

  • 住民票記載事項証明書(原本)
  • 公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料)/官公庁発行の印刷物
  • ソフトバンク発行の請求書や領収書
  • ソフトバンクで違約金を取られないためには?

    ソフトバンクで違約金を取られずに、料金プランを変更する方法は以下の2つです。

    料金プラン変更で違約金が発生しない方法
    • 契約更新月に合わせて料金プランを変更する
    • 契約期間に縛りがないプランを契約する

    ソフトバンクでは、2019年9月13日より登場した新プラン以降、定期契約や違約金が廃止された料金プランが提供されています。

    そのため、2019年9月13日以降に登場したプランを契約している方であれば、いつ料金プランを変更しても違約金は発生しません

    一方、現在も2019年9月13日よりも前の料金プランを継続しているという方は、注意が必要です。

    2019年9月よりも前の料金プランの場合、2年ごとに訪れる更新月に合わせて料金プランを変更する必要があります。

    契約月以外のタイミングで料金プランを変更すると、違約金として最大9,500円(税抜)が発生するためです。

    ソフトバンクの料金プランを変更する注意点

    最後に、ソフトバンクの料金プランを変更する際に気をつけておきたい注意点を2つお伝えします。

    料金プラン変更時の注意点
    • 変更前にシュミレーションを行う
    • 旧プランor新プランを確認する
    • 月月割が途中終了するケースもある

    変更前にシュミレーションを行う

    料金プランの見直しは、よりお得に毎月スマホを使えるようにするためのもの。

    料金プランを変更した結果、今よりも高い通信費となってしまっては意味がありませんよね。

    そのため、料金プランを変更する前には、ソフトバンク公式サイトにて料金シュミレーションを行なっておくと安心です。

    ソフトバンクで料金シュミレーションを行う手順
    1. ソフトバンク公式サイト「料金シュミレーター」にアクセス
    2. 機種・料金プラン・キャンペーンを選択
    3. 変更後の毎月の利用料金をチェック

    現在の料金プランと、変更した場合の料金プランを比較して、どちらがお得なのかチェックしておきましょう。

    毎月どれくらい料金を抑えられるかを知ることもできて、支出のチェックにもなるためおすすめです。

    旧プランor新プランを確認する

    ソフトバンクには、以下の2タイプの料金プランが存在します。

    • 旧プラン:2019年9月12日までに登場したプラン(2年契約)
    • 新プラン:2019年9月13日以降に登場したプラン(2年契約なし)

    旧プランでは2年契約といった縛りがある一方で、新プランでは契約期間に縛りがないため更新月や違約金がありません。

    そのため、更新月以外に、旧プランから新プランへ料金プランを変更する場合、違約金が発生します。

    ご自身がご契約中のプランが、旧プランなのか、新プランなのか、料金プランの見直しを行う前に確かめておく必要があります。

    月月割が途中終了するケースもある

    ソフトバンクの「月月割」とは、2019年9月12日まで申し込みが可能の割引サービスのこと。

    月月割が対象となる機種を購入することで、毎月の利用料金から1(12回)〜4年(48回)間割引されます。

    もし、現在も月月割が適用されている場合、2019年9月13日以降に登場した新プランへ変更を行うと、月月割が適用外となるため注意が必要です。

    新プランは2年契約ではないため、2年契約だった旧プランで適用されていた月月割が対象外となります。

    そのため、新プランへ料金プランを変更する場合、月月割を除いても、お得にスマホを使うことができるかについて確認しておきましょう。

    お得なタイミングで料金プランを見直そう!

    ソフトバンクの料金プラン変更まとめ
    • 料金プランを変更するベストタイミングは新プラン登場時・残債の支払い終了時
    • 2020年現在、ソフトバンクに更新月はない
    • 2019年9月13日よりも前の料金プランを継続している場合は違約金に注意

    今回は、ソフトバンクにて料金プランを変更するときに適したタイミングや、3つの料金プランの変更手順、違約金や注意点についてご紹介しました。

    正しい手順やタイミングを理解して料金プランを見直すことで、毎月よりお得にスマホを利用することができます。

    端末の残債がなく、日頃のスマホ料金が高いな…と考えている方であれば、料金プランの変更をおすすめします。

    ぜひこの機会に、ネットや店頭などで料金プランの見直しを行い、適したタイミングで料金プランを変更してみてはいかがでしょうか。