ソフトバンクのミニフィットプラン+を解説|どんな人におすすめ?

ソフトバンクで従量課金制のミニフィットプラン+がどんな人におすすめなのか解説していきます。1GBから利用できソフトバンクの中では最安のプラントなります。ただし、LINEMOと比較してお得なのかは利用者によって変わるため注意しましょう。

  • 23.10.16
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は23.10.06に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。
ソフトバンクのミニフィットプランプラス
スマホの予約&購入はこちら!

本記事では、ソフトバンクが提供する「ミニフィットプラン+」の料金や特徴、メリット・デメリットを解説します。

ミニフィットプラン+の特徴
  • 月のデータ使用量1GBごとに料金が変動
  • 3GBを超えた月は、最大128kbpsの速度制限
  • 「おうち割 光セット」で毎月1,100円の割引
  • 「新みんな家族割」による割引はなく、家族としてのカウントのみ

ミニフィットプラン+は3GB上限で、データ使用量に合わせて料金が変わる、ライトユーザー向けの料金プランです。

ソフトバンクに乗り換えたい方や、プラン変更を検討中の方は、本記事を参考にしてみてください。


※詳細はソフトバンクの公式サイトでご確認ください。

ソフトバンクのミニフィットプラン+とは?

ミニフィットプラン+
ソフトバンクのミニフィットプラン+とは?
ミニフィットプラン+(2021年3月17日提供開始)
月額料金〜1GB:3,278円/月
〜2GB:4,378円/月
〜3GB:5,478円/月
利用可能データ量3GB
国内通話料22円/30秒
国内SMS料金送信:3.3円/通
受信:無料
主な割引・おうち割 光セット:毎月1,100円割引
通話オプション・準定額オプション+
月額880円
1回5分以内の国内通話無料

・定額オプション+
月額1,980円
国内通話無料

ソフトバンクのミニフィットプラン+は2021年3月17日に提供開始した料金プランです。

3GBを上限として1GB刻みで料金が変わるので、データ使用量の少ない方ほどお得になります。

ミニフィットプラン+の利用料金

ミニフィットプラン+の料金一覧割引なしおうち割適用時
〜1GB3,278円/月2,178円/月
〜2GB4,378円/月3,278円/月
〜3GB5,478円/月4,378円/月

ミニフィットプラン+は、月のデータ使用量1GBごとに、段階的に月額料金が変わるのが特徴の料金プランです。

「おうち割 光セット」適用で1,100円/月の割引を受けられ、データ使用量が1GB以下なら2,178円/月まで安くなります。

なおデータ使用量が3GBを超えた月の間は、最大128kbpsの速度制限がかかります。

ミニフィットプラン+の通話オプション

音声オプション月額料金通話料
定額オプション+1,980円/月国内通話かけ放題
準定額オプション+880円/月5分以内の国内通話無料
通話オプションなし0円30秒あたり22円

ミニフィットプラン+は、通常30秒ごとに22円の通話料がかかり、SMS送信には1通あたり3.3円かかります。

通話やSMSをよく使う方は、上記の通話オプションを検討しましょう。

「定額オプション+」は通話だけでなく、ソフトバンク通信網の端末へのSMS送信も無料になります。

新みんな家族割は対象外

ソフトバンクを契約中の家族がいると割引を受けられる「新みんな家族割」は、ミニフィットプラン+には適用できません

2023年9月現在に新規受付中のスマホ料金プランのうち、新みんな家族割で割引可能なのは「メリハリ無制限」のみです。

なお新みんな家族割で家族としてカウントし、メリハリ無制限に加入しているご家族の割引額を増やすことは可能です。

\端末代50%OFFになるキャンペーン実施中/矢印ソフトバンク公式ショップを見る

▲目次に戻る

ソフトバンクのミニフィットプラン+のメリット

メリット
ミニフィットプラン+のメリット

次にミニフィットプラン+のメリットについて解説します。

データ使用量が少ないほど月額料金が安い

ミニフィットプラン+は、使ったデータ量に応じてその月の料金が決まるので、データ使用量を節約するほどお得になります。

1GB以下の月には通常でも3,278円/月、「おうち割 光セット」適用で2,178円/月まで安くなります。

月間のデータ使用量が1GBを切ることが多い方におすすめの料金プランです。

店頭や電話でのサポートが受けられる

全国のソフトバンクショップや、電話によるサポートを受けられる点も、ミニフィットプラン+のメリットです。

端末の故障などでオンラインを利用できない場合も、実店舗に端末を持ち込んで相談できるので安心です。

格安SIMはサポートがオンラインで完結することが多いので、充実したサポートと安さを両立したい方におすすめできます。

新トクするサポートで新しいスマホもお得

新トクするサポート
割引額48回払いの内最大24回分の支払いが不要
=実質半額
利用条件①48回払いで対象機種を購入する
②特典利用を申し込み
③端末を返却する
注意点・48 回割賦で対象機種を購入し、25ヵ月目※以降に特典利用を申込み、翌月末まで
にソフトバンクで機種の回収・査定完了が必要。
・ウェアラブルデバイスは、購入時のバンドも回収・査定が必要です。
・査定条件を満たさない場合、回収に加えて22,000 円(不課税)の支払いが必要。
・お客さまが特典利用を申し込むタイミングによって、お支払い不要になる金額が変わります。
※回線契約がなくても、特典利用条件を満たせば特典利用可能です。
※お申し込み状況等によって、時期が前後にずれることがあります。
お客さまの特典受付開始日は、MySoftBank 等でご確認いただくことができます。

新しくスマホを購入する場合、「新トクするサポート」を利用すれば、よりお得に新機種を手に入れられます。

新トクするサポートは48回払いでスマホを購入する際に適用でき、約2年後に購入機種を返却すると、以降の支払いが不要になります。

機種によっては実質半額程度となるスマホもあるので、機種変更の際にはチェックしておきたいキャンペーンです。

ソフトバンクのミニフィットプラン+のデメリット

デメリット
ミニフィットプラン+のデメリット

ミニフィットプラン+は比較的安いプランですが、データ使用量の上限が少ないなど、注意すべき点も存在します。

ここからはミニフィットプラン+のデメリットを解説します。

3GB以上の月は速度制限がかかる

ミニフィットプラン+は、データ使用量が3GBを超えた場合、その月の間は最大128kbpsの速度制限がかかります。

追加データをチャージすると速度制限は解除されますが、1GBあたり1,100円と割高です。

月のデータ通信量が頻繁に2GBを超える場合、メリハリ無制限など、別の選択肢も検討しましょう。

データを翌月にくりこしできない

ミニフィットプラン+は「データくりこし」の対象外なので、余ったデータ量を翌月にくりこしはできません

例えば1GBしか使わなかった月の2GBを持ち越して、翌月5GB使うといったことはできないので注意が必要です。

新みんな家族割を適用できない

ミニフィットプラン+は、新みんな家族割による割引が適用されません

新みんな家族割を適用できる方は、データ使用量によってはメリハリ無制限のほうが安くなります。

ご家族が割引を受ける際に、家族の人数としてカウントして割引額を上げることは可能です。

ソフトバンクのミニフィットプラン+はどんな人におすすめ?

ソフトバンク 5G
ソフトバンクのミニフィットプラン+はどんな人におすすめ?

ソフトバンクのミニフィットプラン+は、月のデータ使用量が2GBに満たない方におすすめです。

データ使用量が2GBを超える場合、メリハリ無制限のほうが安い場合があります。

2GBを超える場合はメリハリ無制限がおすすめ

ソフトバンクメリハリ無制限
メリハリ無制限
メリハリ無制限(2021年3月17日提供開始)
月額料金7,238円/月
(データ使用量3GB以下の場合は5,588円/月)
利用可能データ量無制限
(テザリングオプション・データシェアプラスのデータ上限量は合計30GB)
国内通話料22円/30秒
国内SMS料金送信:3.3円/通
受信:無料
主な割引・新みんな家族割(2人):毎月660円割引
・新みんな家族割(3人〜):毎月1,210円割引
・おうち割 光セット:毎月1,100円割引
通話オプション・準定額オプション+
月額880円
1回5分以内の国内通話無料

・定額オプション+
月額1,980円
国内通話無料
新みんな家族割も適用できる方で、毎月のデータ使用量が2〜3GBになる場合は、メリハリ無制限のほうがおすすめです。

新みんな家族割を適用すると、データ使用量が2GBを超える月はメリハリ無制限のほうが安くなります。

以下はミニフィットプラン+と、メリハリ無制限の料金を比較した表です。

料金プラン比較ミニフィットプラン+
(おうち割適用時)
メリハリ無制限
(おうち割適用時)
メリハリ無制限
(おうち割+新みんな家族割3人以上適用時)
〜1GB2,178円/月4,488円/月3,278円/月
〜2GB3,278円/月
〜3GB4,378円/月
無制限-
(3GB以上は128kbpsに制限)
6,138円/月4,928円/月

メリハリ無制限は基本料金7,238円/月で、データ使用量が3GB以下の月には1,650円割引/月されます。

「新みんな家族割」は住所の異なる家族や親戚、同居中のパートナー等も対象なので、適用できる方がいないか、よく確認してみましょう。

サポートが必要ない人はLINEMOの選択肢も

LINEMOロゴ
LINEMO

店舗や電話でのサポートが不要な場合には、ソフトバンク系列の格安SIMであるLINEMOも選択肢に入ります。

LINEMOは以下のプランが利用でき、特に「ミニプラン」はおうち割 光セット適用のミニフィットプラン+よりも安いです。

LINEMOの料金プラン
  • ミニプラン:3GB、990円/月
  • スマホプラン:20GB、2,738円/月

なおLINEMOでは店舗や電話の代わりに、LINEまたはチャットによるサポートを提供しています。

以下のことはできなくなるので、ソフトバンクから乗り換える場合には注意しましょう。

LINEMOでできないこと
  • キャリアメール
  • Yahoo!プレミアム
  • 公式サイトからのスマホ購入
  • 店頭や電話での契約・相談
  • 「おうち割 光セット」「新みんな家族割」の適用

\端末代50%OFFになるキャンペーン実施中/矢印ソフトバンク公式ショップを見る

▲目次に戻る

ソフトバンクのミニフィットプラン+でよくある質問

よくある質問Q&A
ミニフィットプラン+でよくある質問

ミニフィットプラン+について、よくある質問とその回答をご紹介します。

ミニフィットプラン+で3GBを超えた月はどうなる?

データ使用量の上限である3GBを超えると、最大128kbpsの速度制限がかかり、通信が遅くなります。

通常の速度に戻すためには、1,100円/1GBで追加データのチャージが必要です。

旧「ミニフィットプラン」との違いは?

データ容量の上限は5GBから3GBに下がり、その分全体的な料金が安くなりました

最初の半年間のみ月額料金が1,100円割引される、旧プランの「半年おトク割」は廃止されています。

なお旧「ミニフィットプラン」は2023年10月11日をもって、3G回線も含め完全に新規受付を終了します。

「データプランミニフィット+」とは?

ミニフィットプラン+は「データプランミニフィット+」と「基本プラン(音声)」の2つのプランで構成されています。

基本プラン(音声)は通話やSMS、データプランミニフィット+はデータ通信に関する契約です。

ソフトバンクによるほかの現行プランも、基本プラン(音声)の部分は同じで、データプランに違いがあります。

▲目次に戻る

ミニフィットプラン+は特に月間データ量が1GB以下の人におすすめ

ソフトバンク 5G
ソフトバンクのミニフィットプラン+

本記事ではソフトバンクが提供するミニフィットプラン+について解説しました。

最後にミニフィットプラン+の特徴をまとめます。

ミニフィットプラン+の特徴
  • 月のデータ使用量1GBごとに料金が変動
  • 3GBを超えた月は、最大128kbpsの速度制限
  • 「おうち割 光セット」で毎月1,100円の割引
  • 「新みんな家族割」による割引はなく、家族としてのカウントのみ

ミニフィットプラン+は、月間のデータ使用量が1GB以下の方に特におすすめの料金プランです。

データ通信をあまり利用しない方は、ソフトバンクのミニフィットプラン+で月額料金を節約しましょう。

\端末代50%OFFになるキャンペーン実施中/矢印ソフトバンク公式ショップを見る


この記事を書いた人
森居 蛍
「気軽に読めて理解しやすいライティング」を心がけています。 お得情報やポイントといった節約系記事のほか、Appleをはじめとしたガジェット系記事も得意です。 複雑になりがちなスマホキャリアについて、疑問を解決する手助けになれたら嬉しいです。