iPhone/Android
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

スマートフォンを購入する際に一度は迷ってしまう、「iPhone」と「Android」の出来ることの違いについて、ご紹介いたします。

そんな疑問に対して、「iPhoneとAndroidの出来ること」を一覧で比較して、それぞれの特徴を簡単にまとめております。

その後に、「AndroidよりおすすめなiPhoneの機能」と「iPhoneよりおすすめなAndroidの機能」をご紹介しながら、最新の機能も解説していきます。

是非、みなさまのスマートフォン選びの参考にしてみてください!

iPhoneとAndroidの出来ること比較一覧

まずは、「iPhone」と「Android」がそれぞれ出来ることを一覧でまとめてみました。

良い機能中心にまとめておりますので、まずはこちらで機能の概要をご確認ください。

iPhoneとAndroidで出来る事比較
iPhone・操作がとにかくしやすい
・バッテリー持ちが良いので、長く使える
・様々なAppleデバイスと連携出来る
・バックアップ、データ移行が簡単
・セキュリティ対策がしっかりしている
・周辺機器やケースが充実している
・Apple Payはネットでも店頭でも使える
・OSのアップデートで常に最新の機能が使える
Android・様々なカスタマイズが可能
・複数のアプリを同時に操作できる
・使える電子マネーが豊富
・アプリの数が多い
・ワンセグ、フルセグに対応している
・SDカードにデータを保存できる
・ロック解除の方法が色々ある
・カメラなど先進の機能が使える
iPhone・Androidを買うならキャリア公式ショップがお得!分割支払い時の頭金0円!
ドコモ公式オンラインショップ
au公式オンラインショップ
ソフトバンク公式オンラインショップ

AndroidよりおすすめなiPhoneの機能

iPhone 11 Pro Max 64GB
画像引用元:iPhone 11 Pro Max 64GB

iPhoneとAndroidの出来ることをまず比較しましたが、ここからは具体的にAndroidよりおすすめなiPhoneの機能をご紹介します。

是非、みなさまが気になる機能があったらチェックしてみてください。

サクサクの操作感

iPhone/Android
画像引用元:<a href="Apple サポート 公式サイト” target=”_blank” rel=”nofollow noopener”>iPhone 11 Pro | docomo
なんと言ってもiPhoneの一番のおすすめな機能は、「サクサクの操作感」ではないでしょうか。

iPhoneを使っている人から、「画面をスクロールする時の反応がすごく良い!」や「画面が固まることが、あまりない」と言った声が多く見受けられます。

これにはちゃんとした理由がございます。

iPhoneはApple社が端末も、iPhoneを動かすソフトであるiOSも、両方を作っているのです。

そうすることで、iPhoneが最も操作しやすいようにソフトの開発ができ、さらに新しいソフトの機能に合わせて、iPhoneも進化させることが出来るのです。

実際、新しいiPhoneが発売される時は、一緒にiOSの新しい機能が発表されることが多いです。

また、iPhoneは直感的に操作が出来るように、アプリのアイコンの形、設定の仕方なども徹底的にこだわってます。

なので、スマートフォン初心者の方も簡単に操作出来ますし、この点もずっとiPhoneを選ぶ方が多い理由ではないでしょうか。

一方、AndroidはOSはGoogle社が、端末はSONYなどそれぞれのメーカーが作っているので、やはりこの操作感はiPhoneの方がおすすめです。

とにかく、「操作感と使いやすさ」にこだわったのが、iPhoneの大きな特徴です。

バッテリーの持ちが安定している

iPhone/Android
画像引用元:<a href="Apple サポート 公式サイト” target=”_blank” rel=”nofollow noopener”>iPhone 11 Pro | docomo

バッテリーの容量はあまり多くないと言われるiPhoneですが、実際のバッテリー持ちは良く、安定しています。

iPhone 11は、約3,000mAhのバッテリー容量ですが、Androidのハイスペック機種だと4,000mAhの容量のある機種もあリます。

しかし、実際iPhoneを使っているととてもバッテリーの持ちが良いです。充電を100%にして外出しても、家に帰ってたら50%しか減っていないということもありました。

これも、iOSが電池の消費を適切に抑えられるように設計されているからとも言われております。

そして、バッテリー消耗を抑えるための、iOSアップデートが良くされるところもポイントです。

また、iOS11以降から、バッテリーの消耗度合いも確認出来るようになりました。

設定画面から確認することが出来、新品時の状態を100%とした時に、今どれくらい最大容量が劣化しているかがわかります。

私が使っているiPhoneは2年間購入から経っているのですが、新品時から20%しか減っておらず、80%の状態でした。

このように、長く使っても、バッテリーの持ちが良く、安定しているのがiPhoneのおすすめ出来る点です。

様々なAppleデバイスと連携可能

iPhone/Android
画像引用元:<a href="Apple サポート 公式サイト” target=”_blank” rel=”nofollow noopener”>iPhone 11 Pro | docomo
iPhoneであれば、同じApple製品である、Mac bookやiPad、他のiPhoneとも様々な連携が可能です。

まずご紹介したいのが、メモやリマインダー、カレンダー等の純正アプリの連携です。全てのApple製品に、同じAppleIDでログインすることで、情報が連携されます。

例えば、iPhoneで入力したメモを、Mac bookで作業している時に、PC上で確認出来たりします。

また、Macで何か調べごとをメモし、その内容を外出先でiPhoneから確認することも可能です。

他にも「Handoff」という機能を使えば、iPhoneで見ていたホームページを、iPadで情報を引き継いで見ることも出来ます。

また、この機能があるから、iPhoneを使い続けるという方が多いのが、「Air Drop」です。

この機能は、Appleデバイス間でボタンを一つ押すだけで写真や動画を送れる機能です。操作もすごく簡単で、すぐ共有出来るので便利です。

例えば、スマホで撮った写真をPCに送りたいという時では、メールなどで送らず、この機能を使えば簡単に出来てしまいます。

また、友達などでiPhoneを使ってい人がいれば、iPhone同士であればワンタッチで写真を共有することも可能です。

このように、多くの製品を出しているAppleだからこそ、使える機能があるのがおすすめのポイントです。

バックアップ・データ移行が簡単

iPhone/Android
画像引用元:<a href="iCloud – Apple(日本)” target=”_blank” rel=”nofollow noopener”>iCloud | Apple
iPhoneでは「iCloud」というクラウドサービスを利用することが出来ます。AppleIDを取得だけで、自動的に利用出来ちゃいます。

この機能を使えば、様々なiPhoneの情報を自動的にバックアップしてくれます。

例えば、写真やメール、メモ、ダウンロードしているアプリなどを保存しておけます。自動保存される条件は、充電している状態で、Wi-Fiに繋がっていることです。

なので、夜寝る前に充電しておけば、大丈夫です。このiCloudはいざデータが消えてしまった時にも役立ちますし、新しいiPhoneに変更した時にも大変活躍します。

新しいiPhoneを設定する際に、「iCloudから復元する」を選択すると、自動的に今まで使っていたiPhoneと同じように設定されるのです。

iCloudの容量ですが、無料なのが5GBです。有料でアップグレードすることが可能で、50 GBの容量だと月々130円利用料がかかります。

また、iOS12.4以降から新たなデータ移行機能である、「クイックスタート」の提供が始まりました。

この機能は、機種変更した時に、古いiPhoneを新しいiPhoneにかざすだけでデータ移行できる、とても便利な機能です。

写真やアプリなど、基本的なデータは移行出来ます。但し、LINEの引き継ぎなどは、個別で設定しないといけないので、ご注意ください。

とても手間がかかるデータ移行などが簡単にできるのは、iPhoneの優れている機能です。

歴代iPhoneを比較しておすすめを紹介している記事があるので、気になっている方はこちらも是非チェックしてみてください。

iPhoneよりおすすめなAndroidの機能

Pixel 4
画像引用元:Google Pixel 4 | Softbank

続いては、iPhoneよりおすすめなAndroidの機能について、解説して行きます。iPhoneとまた違った良さがあるので、是非ご確認ください。

自分好みにカスタマイズできる

iPhone/Android
画像引用元:<a href="Google Play” target=”_blank” rel=”nofollow noopener”>iPhone 11 Pro | docomo
Androidの代表的な機能と言えば、「自由なカスタマイズ」ではないでしょうか。Androidは、ホーム画面やアプリを自由に変更できる機能があります。

この機能を使えば、自分の使いやすいように、オリジナルのホーム画面を設定することが出来るんです。

例えば、スマートフォンの壁紙のキャラクターを目立たせるように、アプリの配列を変えたい時は、画面中央にはアプリを配置せず、周りに配置することも可能です。

他にも、すぐ何かを検索したいという方には、Googleの検索ウインドウを固定でホーム画面に設定することも出来るので、よく調べ物をする方などはとても便利な機能でしょう。

また、Androidの特徴でもある、「ウィジェット」についてもご紹介します。

ウィジェットとは、アプリを開かなくてもホーム画面上に、情報を表示してくれる機能です。

天気をよく見る方であれば、天気の情報を常にホーム画面で確認することが出来ます。

さらに、ニュースを常にチェックしたい方であれば、アプリを開かなくても電光掲示板に流れているように、ニュースを表示させることも可能です。

スポーツ好きな方であれば、スポーツの記事だけを表示させられます。

iPhoneでは、アプリの配置や画面のカスタマイズは制限されていることが多いので、自分が使いやすいようにカスタマイズ出来るのはAndroidが優れています。

同時に複数のアプリ操作が可能

iPhone/Android
画像引用元:Xperia 5 | SONY
友達とメッセージをしながら、同時に地図を確認したいと思ったことが一度はあると思います。

Androidの「マルチウィンドウ」という機能を使えば、同時に複数のアプリを操作することが可能です。

この機能を使えば、画面が2つに分割され、対象のアプリであれば好きに表示させられます。

実際良く使われているシーンは、ゲームをしている時に、Webサイトで攻略ページを見ながらプレイしたり、Youtubeを見ながら、SNSを同時に利用される方が多いです。

すごく便利だと思った使い方は、何かの記事を読んでてメモを取りたい時に、このマルチウィンドウ機能を使って、記事を見ながらメモを取れるので、作業も捗ります。

この機能を一度使ってしまうと、すごく快適なので、Androidを使い続ける一つの理由です。

多様な電子マネーが使える

iPhone/Android
画像引用元:Google Pay | Google
最近使う方が増えてきている、電子マネーではAndroidの方が多くの種類が利用できます。

色々なポイントカードやプリペイドカードを持ち歩くのは、少々面倒ですよね。

Androidの「Google Pay」はiPhoneのApple Payより多くの種類に対応しているので、とても使いやすいです。

Apple Payでは、iD、QUICPay、Suicaが対応しています。Google Payだと、さらに、Edy、nanaco、WAONも利用できるんです。

なので、一つのスマートフォンの中に「6つのカード」が入っているのと同じです。

電車に乗る時も、コンビニやスーパーで買い物する時も、スマートフォンだけで決済できてしまうので、すごく便利です。

さらに、Google Payでは電子マネーだけでなく、ポイントカードも搭載しています。

例えば、PontaポイントやTポイントにも対応しているので、一つのアプリで電子マネーもポイントカードも管理することが可能です。

買い物する時に、ポイントカードを提示して、電子マネーで支払うということもスマートフォンだけでできてしまいます。

多くの種類の電子マネー、ポイントカードを使えるのは、Androidの方が優れている点です。

>Google Pay公式で確認する

iPhone・Androidを買うならキャリア公式ショップがお得!分割支払い時の頭金0円!
ドコモ公式オンラインショップ
au公式オンラインショップ
ソフトバンク公式オンラインショップ

iPhoneとAndroidの出来る事違いまとめ

iPhone、Androidのそれぞれの優れている機能をご紹介してきましたが、どちらも優劣がつけられないほど多彩な機能を搭載しています。

スマートフォンはネットや電話がメインで、「操作感やデータのバックアップ」、「移行はなるべく簡単に行いたい」という方には、iPhoneの方がおすすめでしょう。

一方、自分好みに画面やアプリをカスタマイズし、「自分だけの使いやすさ」を重視する方には、Androidがおすすめです。

みなさまの普段良く使う機能や利用シーンを思い出していただき、どちらの機能がより合うかを考えて選んで頂けると、より良いスマホライフが送れるでしょう。

この記事がみなさまのスマートフォン選びの参考になれば、幸いです。