ギガホとギガライトロゴ
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

スマホや携帯電話を使っている方で、ドコモ・au・ソフトバンクの大手通信キャリアを契約している方は非常に多いはずです。

この3キャリアの料金は横並びと言われますが、本当にそうなのか。

本記事では3キャリアの価格・料金プランを比較し、安くなる方法についても解説していきます。

全キャリア比較!iPhone 11に機種変更で60,000円得する最安購入方法

3キャリア比較スマホ料金プラン


複雑に見えるスマホの料金ですが、基本的に分解すると3種類の料金で成り立っています。

  • 通話料金
  • インターネット接続料
  • パケット定額料金

これに、スマートフォン本体を分割で購入した時の分割代金や各種割引が足しひきされ、最終的に支払う料金になります。

ではまず、ドコモ・au・ソフトバンクの基礎的な料金構造を見ていきましょう。

 ドコモ(旧)ドコモ(新)auソフトバンク
基本プランカケホーダイライト
1,700円
カケホーダイライト
1,700円
スーパーカケホ
1,700円
スマ放題ライト
1,700円
ネット
接続料
spモード
300円
spモード
300円
LTE NET
300円
ウェブ使用料
300円
データデータSパック(2GB)
3,500円
パケットパック(~1GB段階制)
2,900円
データ定額(1GB)
2,900円
データ定額ミニ(1GB)
2,900円
合計5,500円4,900円4,900円4,900円

大容量パケット定額プランが主流に

これまでは以上のような料金構造が主流でした。

近年、動画をスマートフォンで見たり配信する人が増え、より多いデータ通信量へのニーズが高まっています。

そこで大手3キャリアは揃ってそのような方へのプランを発表してきました。

また、こちらの構造はパケット定額料金+通話オプション+本体分割料金から各種割引をひくというものになっています。

基本的に、大容量プラン・データ量に合わせて料金が変動するプラン・ライトプランの3種類を用意している事が多いです。

以下が大手3キャリアの大容量パケット定額料金の基本的な構造です。

ドコモの料金構造

ドコモでは、毎月30GBまで使い放題のギガホと、1GB-7GBの間で料金が変わるギガホライトを提供しています。

またご家族でドコモを使っているという場合、それぞれのパケット通信量をシェアすることもできます。

以下がパケット料金の詳細です。

ドコモ基本料金
プラン名月額(税抜・割引・定期契約なし)データ通信量
ギガホ
7,15030GB
ギガライト(データ量7GB)6,1507GB
ギガライト(データ量1GB)3,150 1GB 

これに加え、通話かけ放題のオプションとして次の2プランが用意されています。

通話オプション
5分通話オプション700
かけ放題オプション1,700

▶ドコモ公式オンラインショップを見る

ドコモ 月通信量の確認方法とパケット別で選ぶ料金プランを紹介

auの料金構造

auのパケット定額料金はドコモとは少し異なる点が何個かあります。

一ヶ月20GBまで使い放題のauフラットプラン20Nの他に、データ使用量無制限のauデータMAXプランProが存在するのが大きな特徴です。

ドコモ同様、一ヶ月1GBまでの新auピタットプランN、7GBまでのauフラットプラン7プラスNといった比較的ライトユーザー向けのプランも用意されています。

料金は以下の通りになります。

au基本料金
プラン名月額(税抜・割引・定期契約なし)データ通信量
auデータMAXプランPro9,150無制限
auフラットプラン20N6,67020GB
auフラットプラン7プラスN5,6507GB
新auピタットプランN3,1501GB

auでも通話かけ放題のオプションとして次の2プランが用意されています。価格・条件はドコモと同じです。

通話オプション
プラン名月額(税抜)
通話定額ライト(5分間)700
通話定額1,700

▶au公式オンラインショップを見る

au料金プランを比較|利用頻度別でおすすめのプランを解説

ソフトバンクの料金構造

ソフトバンクでは、1ヶ月50GBまで使い放題のウルトラギガモンスター+(プラス)と、データ通信量に合わせて料金が変動するミニモンスター、一ヶ月1GBまでのスマホデビュープランが用意されています。

以下が料金の一覧です。

ソフトバンク基本料金
プラン名月額(税抜・割引・定期契約なし)データ通信量
ウルトラギガモンスター+(プラス)7,48050GB
ミニモンスター5,9802GB
スマホデビュープラン2,4801GB

ソフトバンクも通話かけ放題のオプションを提供していますが、前の2社とは価格が異なります。

通話オプション
プラン名月額
準定額オプション(5分間)500
定額オプション1,500

単純に料金とデータ通信量だけ比較すると、ソフトバンクが最もお得に見えますね。

しかし、ここから家族割やそのキャリアを継続使用する事で享受できる割引を忘れてはいけません。

例えばドコモであれば、家族割やずっとドコモ割、ドコモ光とのセットでここからさらなる割引が入ります。

▶ソフトバンク公式オンラインショップを見る

ソフトバンク料金プランを比較|利用頻度別でおすすめのプランを解説

ドコモで最も安くする方法

ドコモの料金を安くするポイント
  • 家族で3回線以上契約で安くなる
  • ドコモ光の契約で安くなる
  • 料金をdカード/dカード GOLDで支払うと更にお得
  • キャンペーンが豊富

例えば、dカードで月々の料金を支払い、2年契約かつご家族で3回線以上がドコモを使っている場合を考えて見ましょう。

この場合、1人あたり最大6か月間4,980円と大変お得になります。

さらにドコモ光を契約している場合、ここからさらに1,000円割引かれ、3,980円と破格の値段になります。

この割引は契約期間中ずっと適用されます!

こんな有利な割引が存在するなんて本当に驚きです。

さらにドコモ発行のdカードで料金支払いをする事で、毎月dポイントがたまります。

ずっとドコモ割では最大3,000ポイントが毎年更新時に加算されます。

これらで得たdポイントはお買い物に使ったり、ドコモの機種変更の際に1ポイント=1円で使う事ができます。

それを考慮すれば実質の料金はさらに下がる事が分かりますね。

学割・Amazonプライムなどさらにお得なプランも

ご家族に学生の方がいらっしゃる方に必見です。

2019年12月1日から、2020年5月31日の間に受付をした方は、ギガホ・ギガライトプランから1年間の割引が受けられます。

その額は毎月最大1,500円となり、学生さんがいらっしゃるご家庭のスマホ料金を大幅に下げる事ができます。

さらに、ギガホ・ギガライト加入者に1年間のAmazonプライム会員権が与えられます。

こちらは新規加入者だけでなく、現在Amazonプライムにすでに加入しているという方でも享受する事ができます。

Amazonプライムに加入する事で、聴き放題のAmazonミュージックや映画・ドラマ・オリジナルコンテンツ見放題のAmazonプライムビデオを楽しむ事ができます。

このような用途は大量のデータ通信を消費するため、大容量のデータ定額加入はもはや必須と言えます。

そのため、ギガホ・ギガライトの加入者にとって非常に相性のいいサービスと言えるでしょう。

▶ドコモ公式オンラインショップを見る

ドコモおすすめ最新携帯ランキング2020年|スマホ選びのポイント解説

auで最も安くする方法

auの料金を安くするポイント
  • 通信量無制限プランがお得
  • 動画やSNSに特化している

auの料金プランには、他の2社にはない通信量無制限プランが存在するのが大きな特徴です。

他の2社では大容量とは言え、通信量に制限があるので外で動画などのコンテンツを大量に見ると通信制限がかかる恐れがあります。

そのため、動画配信サービスやYoutubeなどを外で見る機会の多い方には特にauがおすすめと言えるでしょう。

また、auフラットプラン7プラスNにはTwitter,Instagram,Facebook,メッセージ+の4種類のSNSに対してデータ消費量が無制限になるという特徴があります。

完全無制限プランのauデータMAXプランProのように全ての用途で無制限というわけではありません。

しかし、動画はあまり見ない代わりにSNSをよく使うという方には非常にお得なプランとなっています。

また完全無制限プランのauデータMAXプランProにはNetflix会員がセットになったプランも存在します。

データ通信量が無制限という本プランにとってぴったりのプランと言えるでしょう。

▶au公式オンラインショップを見る

auのAndroidスマホおすすめランキング|2019年最新・徹底比較

ソフトバンクで最も安くする方法

ソフトバンクの料金を安くするポイント
  • 回線をシェアすると安くなる
  • 通話オプションが安い

ソフトバンクのギガモンスター+利用者の方には、回線をシェアすることでさらにお得に使えるオプションが存在します。

ウルトラギガモンスター利用時の割引額
人数割引額
1人0円
2人1,500円
3人1,800円
4人以上2,000円

上記の表では、4人以上の人と回線をシェアすると何と2,000円もの割引が受けられるのがわかるはずです。

さらに回線シェアは家族関係にある人とのみならず、親戚や恋人、友人といった家族関係にない人ともできる事が大きな特徴です。

他の通信会社の回線シェアは原則家族関係にある人のみとなっている場合が多くなっています。

そのため、家族で自分だけが違う通信キャリアを使っているという場合は割引が受けられませんでした。

そのような場合でも、ソフトバンクであれば割引を受けられる可能性が高まります。

その点でソフトバンクは3大通信キャリアの中で唯一の特徴があると言えるでしょう。

また、通話オプションの価格が他の2社と比べて若干安い点にも注目です。

毎月200円の違いですが、1年間では2,400円も違ってきます。

ソフトバンクでもドコモ同様、光回線とのセットで割引が受けられるサービスが存在しています。

ウルトラギガモンスターでは月50GBまで通信制限なしで使う事ができます。

しかし、それを超えた場合や超えないためにも自宅にWiFiを導入することがおすすめです。

そのような使い方をするとさらにお得にソフトバンクを使う事ができるはずです。

▶ソフトバンク公式オンラインショップを見る

ソフトバンクのAndroidスマホおすすめランキング|2019年最新・徹底比較

ドコモなら更にお得になる理由


上の項目でもお伝えした通り、ドコモが発行するdカードを活用することで様々な特典が受けられます。

その代表的なものがギガホ・ギガライト料金の割引やdポイント獲得ですね。

dカードには通常のカードと年会費が高いゴールドカードが存在します。

通常のカードは年会費が無料ですが、ゴールドカードは年間10,000円の会費がかかります。

ゴールドカードでドコモ料金を支払うと、1,000円ごとに10%のポイント還元が受けられます。

ただし、10%のポイント還元はドコモ料金の支払いのみにかかることに注意が必要です。

しかし、スマートフォン料金だけではなく、ドコモ光の料金支払いでも10%のポイント還元を受ける事ができます。

それだけではなく、dカードのゴールドカードは次の表のような様々な特典がついてくる事が特徴です。

特典dカードdカード GOLD
dカードケータイ補償○(購入後1年/最大1万円)○(購入後3年/最大10万円)
お買物あんしん保険○(年間100万円)○(年間300万円)
VJデスク(旅のサポート)
海外レンタカー
海外緊急サービス○(有料)○(無料)
空港ラウンジ×
国内旅行保険×
海外旅行保険×
dカードゴールドデスク×
dポイントクラブご優待×
年間ご利用額特典×
年会費永年無料
2019年11月11日以降の請求予定から適用
10,000円(税抜)
申し込み>公式サイトへ>公式サイトへ

例えば、無料カードにはない最大1億円の海外旅行保険がついてきたり、年間300万円までのお買い物保険がついてきます。

また、マツモトキヨシなどの提携店舗でのお買い物に使うことで最大4%のポイント還元を受ける事が可能です。

このような特典や還元を考えると、10,000円の年会費を払う価値は十分あると言えるでしょう。

dカード GOLD(ゴールド)はドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

▼dカードのお申し込みはこちら▼

▼dカード GOLDのお申し込みはこちら▼

自分の用途でキャリア選び

スマホの用途が多様化している中、大手通信キャリアでは様々な料金プランや特典を用意しています。

中にはずっとドコモを使ってきた、家族がドコモという方もいらっしゃると思います。

そのような方は、ドコモのサービスをなるべく使う事で本来の料金よりもずっとお得に利用できるチャンスがあります。

auはSNSをよく使う方や動画を大量に見たいという方、ソフトバンクは友人などとパケットを共有したい方にそれぞれ非常におすすめです。

またこちらは不定期のキャンペーンになるため、詳細は各社HPで確認していただきたいのですが各社とも新規契約キャンペーンを頻繁に行っております。

具体的には先ほども紹介したAmazonプライム会員特典や音楽聴き放題・動画見放題サービスの無料特典などがあります。

現在お使いのキャリアだけでなく、他のキャリアも合わせてぜひ一度料金プランを検討して見てはいかがでしょうか。