ギガホとギガライトロゴ
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

スマホや携帯電話を使っている方で、ドコモ・au・ソフトバンクの大手通信キャリアを契約している方は多いでしょう。

この3キャリアの料金は横並びと言われますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

本記事では3キャリアのスマホ料金の価格や料金プランを徹底的に比較し、最安の携帯会社を選び出します。

さらに、スマホ料金が安くなるポイントについても詳しく解説していきます。

ドコモ・au・ソフトバンクでおすすめのスマホを紹介しているので、まだ購入する端末を迷っている方はこちらも確認してみてください。

3キャリアのスマホ最安料金プラン比較

複雑に見えるスマホの料金ですが、基本的に分解すると3種類の料金で成り立っています。

  • 通話料金
  • インターネット接続料
  • パケット定額料金

これに、スマートフォン本体を分割で購入したときの分割代金や各種割引が加わり、最終的に支払う料金になります。

ではまず、ドコモ・au・ソフトバンクの基礎的な料金構造を見ていきましょう。

 ドコモ(旧)ドコモ(新)auソフトバンク
基本プランカケホーダイライト
1,700円
カケホーダイライト
1,700円
スーパーカケホ
1,700円
スマ放題ライト
1,700円
ネット
接続料
spモード
300円
spモード
300円
LTE NET
300円
ウェブ使用料
300円
データデータSパック(2GB)
3,500円
パケットパック(~1GB段階制)
2,900円
データ定額(1GB)
2,900円
データ定額ミニ(1GB)
2,900円
合計5,500円4,900円4,900円4,900円

キャリアでは大容量定額プランが主流に

これまでは、先ほどご紹介したような料金構造が主流でした。

しかし近年、動画をスマホで見たり、配信したりする人が増え、より多いデータ通信量へのニーズが高まっています。

そこで大手3キャリアはそろってそのようなニーズに応えるプランを発表してきました。

また、こちらの構造はパケット定額料金+通話オプション+本体分割料金から各種割引を行うというものになっています。

基本的に、「大容量プラン・データ量に合わせて料金が変動するプラン・ライトプラン」の3種類を用意していることが多いです。

以下が、大手3キャリアの大容量パケット定額料金の基本的な構造です。

それでは各キャリアの料金を確認していきましょう。

ドコモの料金構造

ドコモでは、毎月30GBまで使い放題の「ギガホ」と、1GB~7GBの間で料金が変わる「ギガホライト」を提供しています。

また、ご家族でドコモを使っているという場合、それぞれのパケット通信量をシェアすることもできます。

以下がパケット料金の詳細です。

ドコモ基本料金
プラン名月額(税抜・割引・定期契約なし)データ通信量
ギガホ
7,15030GB
ギガライト(7GB)6,1507GB
ギガライト(1GB)3,150 1GB 

これに加え、通話かけ放題のオプションとして次の2プランが用意されています。

通話オプション
5分通話オプション700
かけ放題オプション1,700

>ドコモ公式オンラインショップを見る

auの料金構造

auのパケット定額料金は、ドコモとは異なる点がいくつかあります。

1ヶ月20GBまで使い放題の「auフラットプラン20N」のほかに、データ使用量無制限の「auデータMAXプランPro」があります。

大容量プランが2種類あるというのがドコモとは異なります。

1ヶ月1GBまでの「新auピタットプランN」、7GBまでの「auフラットプラン7プラスN」というライトユーザー向けプランもあります。

こちらは、ドコモの「ギガライト」と同じような仕組みになっています。

auの料金プランは、5種類あり、利用料に合わせて選べるのがメリットです。

料金は以下の通りになります。

au基本料金
プラン名月額(税抜・割引・定期契約なし)データ通信量
auデータMAXプランPro9,150無制限
auフラットプラン20N6,67020GB
auフラットプラン7プラスN5,6507GB
新auピタットプランN3,1501GB

auでも通話かけ放題のオプションとして次の2プランが用意されています。価格・条件はドコモと同じです。

通話オプション
プラン名月額(税抜)
通話定額ライト(5分間)700
通話定額1,700

>au公式オンラインショップを見る

ソフトバンクの料金構造

ソフトバンクでは、2020年3月12日から料金プランが新しくなりました。

以下が料金の一覧です。

ソフトバンク基本料金
プラン名月額(税抜・割引・定期契約なし)データ通信料
メリハリプラン8,480
※ギガ利用料が2GB/月以下なら-1,500円
50GB
ミニフィットプラン3,980~7,4801~5GB
スマホデビュープラン2,4801GB

大容量プランである「メリハリプラン」と使った分だけ支払う「ミニフィットプラン」の2種類です。

スマホをはじめて持つ人のための「スマホデビュープラン」もあります。

ソフトバンクでは通話かけ放題のオプションがありますが、こちらの価格が新料金プラン開始とともに変わりました。

それまで3社で最も安い「準定額オプション(5分間)」500円、「定額オプション」1,500円でしたが、それぞれ300円値上げしています。

通話オプション
プラン名月額
準定額オプション(5分間)800
定額オプション1,800

大容量プランを設定している3社ですが、ソフトバンクでは使わなかった月(2GB以下)は自動的に1,500円割引になります。

ここがほかの2社と最も異なる点です。

ソフトバンクがお得な気もしますが、ここから家族割やそのキャリアを継続使用することで享受できる割引を忘れてはいけません。

例えば、ドコモであれば家族割やずっとドコモ割、ドコモ光とのセット割引があるので、総合的に見て判断しましょう。

>ソフトバンク公式オンラインショップを見る

3キャリアのスマホ大容量プラン比較

ドコモ・au・ソフトバンクの3社には、「大容量プラン」と呼ばれるプランがあります。

それぞれ、どのようなプランなのでしょうか?おすすめ大容量プランの詳細と料金を比較してみました。

キャリアの大容量プラン

ドコモの大容量プラン「ギガホ」

ギガホ

画像引用元:ギガホ | 料金プラン | ドコモ

2019年10月1日提供開始のドコモの大容量プラン「ギガホ」です。

2019年9月30日までのギガホと区別するため、こちらは請求書では「ギガホ2」と記載されています。

ギガホは、データ通信量が基本料金に含まれたプランで、毎月最大30GBまで速度制限なしで利用できます。

容量超過後も、送受信最大1Mbpsという速度で利用できます。

2020年4月現在、「ギガホ増量キャンペーン」を開催中です。

こちらは、最大容量30GBのところ60GBまで使えるというお得なキャンペーンです。

2020年5月1日からは、新料金プランの「ギガホ2」を利用している方のみが対象となりますのでご注意ください。

auの大容量プラン「auデータMAXプランPro」

auの大容量プランは、データ容量上限なしの「auデータMAXプランPro」です。

2020年2月1日から上限の容量がアップされ、料金も値下げされました。

データ容量上限なしですが、テザリング・データシェア・世界データ定額でデータ通信を利用している場合は上限が30GBになります。

30GBを超えた場合、速度制限がかかるので注意が必要です。

上限を超えた場合の通信速度は、送受信最大128kbpsとなります。

ソフトバンクの大容量プラン「メリハリプラン」

ソフトバンクの大容量プランは、対象の動画・SNS使い放題+上限50GBの「メリハリプラン」です。

ギガを使わない月は、勝手に割引してくれるというプランで、割引額は1,500円です。

また、ギガ利用料が月2GB以下の場合、翌月から6ヶ月間、月額1,980円になるので、家族みんなで入るのに適しています。

ちなみに、こちらも上限を超えた場合、通信速度は送受信最大128kbpsになります。

3社大容量プランの料金比較

ドコモ・au・ソフトバンク3社の大容量プランの料金をまとめてみます。

 ドコモauソフトバンク
データ容量上限30GB
(キャンペーン中で60GB)
無制限
(テザリング
・データシェア
・世界データ定額でデータ通信を
利用している場合、上限30GB)
上限50GB
基本料金定期契約なし:7,150円(解約金なし)
定期契約あり:6,980円(解約金1,000円)
2年契約なし:7,650円
2年契約あり:7,480円
8,480円
割引適用後の料金dカード支払割:-170円
みんなドコモ割(3回線以上):‐1,000円
ドコモ光セット割:‐1,000円

=月額4,810円(定期契約あり)
auスマートバリュー:‐1,000円
家族割プラス(3人以上):‐1,000円
スマホ応援割Ⅱ:‐1,000円
(翌月から6ヶ月間)

=月額4,480円(2年契約あり)
7ヶ月目以降5,480円
半年おトク割(6ヶ月):‐1,000円
5G無料キャンペーン(2年間):‐1,000円
おうち割光セット:‐1,000円
みんな家族割+:‐2,000円

=月額3,480円(2~7ヶ月目まで)

3社ともに、それぞれ割引がありますが、期間限定のものもあるので価格の安さだけで選ぶのは危険です。

ソフトバンクは、上限が50GBで、使わなかった場合は割引してくれるシステムがあるので一見お得に見えますね。

しかし、最初の料金設定は3社のうち一番高く、割引をすべて適用しないと、結果的に高くなる可能性もあります。

3キャリアのスマホ割引・キャンペーン比較

ドコモ・au・ソフトバンクの3社ではさまざまな割引、キャンペーンを行っています。

それらをすべて利用した場合、どのような料金になるのか比較してみました。

ドコモの割引・キャンペーン

ドコモで受けられる割引・キャンペーンには以下のようなものがあります。

ドコモの割引
  • 5Gギガホ割り:-1,000円/月(5Gギガホ加入で最大6ヶ月割引)
  • 5Gギガホ音声割:‐700円/月(5Gギガホ音声オプションから最大12ヶ月割引)
  • ドコモの学割:‐1,500円/月(25歳以下、対象プラン契約で最大12ヶ月割引)
  • ギガホ割:‐1,000円/月(ギガホ加入で最大6ヶ月割引)
  • dカードお支払割:-170円/月(dカード/dカードGOLDの支払いで受けられる割引)
  • みんなドコモ割:3回線以上‐1,000円/月(対象プラン&利用回線数により受けられる割引)
  • ドコモ光セット割:‐1,000円/月(ドコモ光契約者が受けられる割引)

ドコモでは、5G対応スマホ購入、5Gギガホに加入した方向けの割引と、ギガホに加入した方向けの割引、また学割があります。

dカードお支払割は、月額料金の支払い方法をdカード/dカードGOLDに設定するだけで受けられる割引です。

dカードをお持ちの方は、設定しておくとお得です。

そのほか、家族がドコモのスマホを使っている方や、ドコモ光を契約している方が受けられる割引もあります。

月額料金が安くなる割引は必ずチェックするようにしましょう!

auの割引・キャンペーン

auにも見逃せない割引・キャンペーンがあります。

auの割引
  • auスマートバリュー:-500~1,000円/月(ブロードバンド/auスマートポートとセットで受けられる割引)
  • auスマートバリュー mine:最大-1,000円/月(対象のWi-Fiルーター契約で受けられる割引)
  • 家族割プラス:-500~2,020円/月(同居家族の人数に応じて受けられる割引)

auは、同居家族の人数に応じて受けられる「家族割プラス」の最大割引料金が2,020円というのが魅力的です。

ソフトバンクの割引・キャンペーン

ソフトバンクの割引・キャンペーンは以下のとおりです。

ソフトバンクの割引
  • みんな家族割+:-500~2,000円/月(契約回線数に応じて受けられる割引)
  • 1年おトク割:-1,000円/月(データ定額 50GBプラス・データ定額ミニモンスターに加入した方が12ヶ月間受けられる割引)
  • 半年おトク割:-1,000円/月(データプランメリハリ・データプランミニフィットに加入した方が6ヶ月間受けられる割引)
  • おうち割 光セット:-500~1,000円/月(ネットとスマホ・ケータイのセット契約で受けられる割引)

ソフトバンクでも、家族割があり、最大月額2,000円割引になります。

また、インターネットとスマホを両方契約することで最大月額1,000円割引になる「おうち割 光セット」は永年割引なのでお得です。

3キャリアのiPhone 11でシミュレーション比較

ドコモ・au・ソフトバンクの3社で、それぞれiPhone11を購入した場合のシミュレーションをしてみます。

比較の条件
  • 機種変更の場合
  • iPhone11を分割払いで購入し、返却することでお得になるプログラムを利用
  • 通話オプションなどはつけない
  • 利用できる割引をすべて利用する

上記の条件をもとに、シミュレーションした結果がこちらです。

iPhone11/64GB 購入シミュレーション比較
キャリアドコモauソフトバンク
端末代金87,120円
(2,420円×36ヶ月)
90,720円
(2,345円×23ヶ月)
89,280円
(1,860円×48ヶ月)

※25ヶ月目に買い替えの場合
2,250円×24ヶ月
通話・データ料金内訳・プラン:ギガホ
7,678円/月
・ギガホ割(最大6ヶ月間)
-1,100円/月
・みんなドコモ割
‐1,100円/月
・ドコモ光セット割
-1,100円/月
・auフラットプラン7プラスN
5,480円〜/月
・家族割プラス(3人以上)
-1,100円/月
・auスマートバリュー
-1,100円/月
・消費税+348円
・メリハリプラン
7,480円/月
・おうち割 光セット
-1,000円/月
・みんな家族割+
-2,000円/月
・半年おトク割(6ヶ月)
-1,000円/月
・消費税+348円
・トクするサポート利用料+390円/月(24ヶ月)
端末料金+料金プラン合計端末料金:2,420円/月
料金プラン:4,378円/月

合計:6,798円
端末料金:2,345円/月
料金プラン:3,828円~/月

合計:6,173円
端末料金:2,250円/月(25ヶ月目に買い替えの場合)
料金プラン:
2~7ヶ月6,078円/月
8ヶ月以降7,178円/月
+トクするサポート利用料390円/月

合計:8,718円
(8ヶ月目以降9,818円)

3社とも、端末を分割払いで購入し、一定期間を経て返却するというプログラムを設けています。

ドコモは「スマホおかえしプログラム」、auは「かえトクプログラム」、ソフトバンクは「トクするサポート」です。

ドコモとauは利用料無料ですが、ソフトバンクの場合、2020年3月26日以前に発売された機種は月390円の利用料がかかります。

2020年3月27日以降に発売された機種の場合「トクするサポート+」が適用され、こちらは利用料が無料です。

iPhone11は2019年9月20日に発売された機種なので、「トクするサポート」の適用になり、390円/月がかかります。

3社の料金シミュレーションを見てみると、一番高くなってしまうのがソフトバンクです。

しかし、こちらは48回払いにすることで月々の機種代金が1,860円になり、ほかの2社よりも安くなります。

4年以上は同じ機種を使う予定だという方は、ソフトバンクを選んでも問題なさそうです。

こちらのシミュレーションは、利用できるすべての割引を利用した場合の料金です。

1つの例として、参考にしてみてください。

どのキャリアを選ぶのが一番お得?

ドコモ・au・ソフトバンクのさまざまな割引、料金プランを比較してきましたが、どのキャリアを選ぶのが一番お得なのでしょうか?

ここでは、キャリアでの月々の支払いを安くする方法について詳しくご紹介します。

ドコモで最も安くする方法

ドコモの料金を安くするポイント
  • 家族で3回線以上契約で安くなる
  • ドコモ光の契約で安くなる
  • 料金をdカード/dカード GOLDで支払うと更にお得
  • キャンペーンが豊富

例えば、dカードで月々の料金を支払い、2年契約かつご家族で3回線以上がドコモを使っている場合を考えてみましょう。

この場合、1人あたり最大6ヶ月間4,980円と大変お得になります。

さらにドコモ光を契約している場合、ここからさらに1,000円割引かれ、3,980円と破格の値段になります。

この割引は契約期間中ずっと適用されます!こんな有利な割引が存在するなんて本当に驚きです。

さらにドコモ発行のdカードで料金支払いをすることで、毎月dポイントがたまります。

ずっとドコモ割では最大3,000ポイントが毎年更新時に加算されます。

これらで得たdポイントはお買い物に使ったり、ドコモの機種変更の際に1ポイント=1円で使うことができるのです。

それを考慮すれば、実質の料金はさらに下がることが分かります。

ドコモでは、不定期で割引キャンペーンを実施しています。

このキャンペーンや割引の種類は、ほかの2社と比較しても多いので、定期的にホームページをチェックしてみましょう。

キャンペーンが開催されているときに機種変更をすると、よりお得に新機種を手に入れることができますよ!

>ドコモ公式オンラインショップを見る

ドコモでスマホの機種変更・新規・乗り換えを必ずお得にできるキャンペーン情報まとめはこちらから確認できます。

auで最も安くする方法

auの料金を安くするポイント
  • 通信量無制限プランがお得
  • 動画やSNSに特化している

auの料金プランには、他の2社にはない通信量無制限プランが存在するのが大きな特徴です。

他の2社も大容量プランがありますが、通信量に制限があるので外で動画などのコンテンツを大量に見る方には不安です。

それは、通信制限がかかってしまう恐れがあるからです。

そのため、動画配信サービスやYoutubeなどを外で見る機会の多い方は、特にauがおすすめと言えるでしょう。

また「auフラットプラン7プラスN」には指定のSNSのデータ消費量が無制限という特徴があります。

Twitter・Instagram・Facebook・メッセージ+の4種類のSNSが対象ですので、これらを利用する機会が多い方にはおすすめです。

ただし、完全無制限プランの「auデータMAXプランPro」のようにすべての用途で無制限というわけではありません。

動画はあまり見ない代わりにSNSをよく使うという方は「auフラットプラン7プラスN」が非常にお得なプランといえます。

また完全無制限プランの「auデータMAXプランPro」にはNetflix会員がセットになったプランも存在します。

データ通信量が無制限なので、この機会にNetflixを試してみたいという方には最適なプランです。

>au公式オンラインショップを見る

auでスマホの機種変更・新規・乗り換えを必ずお得にできるキャンペーン情報まとめはこちらから確認できます。

ソフトバンクで最も安くする方法

ソフトバンクの料金を安くするポイント
  • 回線をシェアすると安くなる
  • 月の利用料に波がある方はお得

ソフトバンクの「メリハリプラン」利用者の方には、回線をシェアすることでさらにお得に使えるオプションが存在します。

みんな家族割+
人数割引額
1人0円
2人500円
3人1,500円
4人以上2,000円

上記の表では、4人以上の人と回線をシェアすると、なんと2,000円もの割引が受けられるのがわかるはずです。

  • データプランメリハリ
  • データプラン50GB+
  • データ定額 50GBプラス
  • データ定額 50GB

こちらのプランに加入している方が対象です。

回線シェアできるのは家族関係にある人だけではないというのも大きな特徴です。

家族関係にある人なら、同居ではなく、離れて住んでいても加入できます。

また、家族関係になくても、1つ屋根の下に暮らす恋人同士やシェアハウスの仲間なども対象になるのです。

これは、ほかの2社にはない特別な条件なので、同棲中の恋人やシェアハウスの仲間がいる方はオプションを追加しましょう!

また、ソフトバンクの「メリハリプラン」は大容量プランでありながら、月に2GB以下しか使わなかった場合1,500円割引されます。

これもほかの2社にはない特徴なので、毎月の利用料に波がある人、使わない月がある…という方は、ソフトバンクがおすすめです。

ソフトバンクでもドコモ同様、光回線とのセットで割引が受けられるサービスが存在しています。

例えば、ソフトバンクの大容量プラン「メリハリプラン」は月50GBまで通信制限なしで使うことができます。

しかし、50GBを超えた場合は通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化されてしまうのです。

50GBを超えてしまう可能性がある方は、自宅にWi-Fiを導入するのがおすすめです。

ソフトバンクの光回線とのセットで月々の支払割引が受けられるため、そのような使い方をするとさらにお得になります。

>ソフトバンク公式オンラインショップを見る

ソフトバンクでスマホの機種変更・新規・乗り換えを必ずお得にできるキャンペーン情報まとめはこちらから確認できます。

ドコモなら更にお得になる理由


上の項目でもお伝えした通り、ドコモが発行するdカードを活用することでさまざまな特典が受けられます。

その代表的なものが、「ギガホ・ギガライト」料金の割引やdポイント獲得です。

dカードには、通常のカードと年会費が高いゴールドカードが存在します。

通常のカードは年会費が無料ですが、ゴールドカードは年間10,000円の会費がかかります。

ゴールドカードでドコモ料金を支払うと、1,000円ごとに10%のポイント還元が受けられます。

ただし、10%のポイント還元はあくまでも、ドコモ料金の支払いのみにかかることに注意が必要です。

しかし、スマートフォン料金だけではなく、ドコモ光の料金支払いでも10%のポイント還元を受けることができます。

それだけではなく、dカードのゴールドカードは次の表のようなさまざまな特典がついてくることが特徴です。

特典dカードdカード GOLD
年会費永年無料10,000円(税抜)
ドコモ利用料金1,000円につき1%11,000円につき10%還元
dカードケータイ補償○(購入後1年/最大1万円)○(購入後3年/最大10万円)
お買物あんしん保険○(年間100万円)○(年間300万円)
VJデスク(旅のサポート)
海外レンタカー
海外緊急サービス○(有料)○(無料)
空港ラウンジ×
国内旅行保険×
海外旅行保険×
dカードゴールドデスク×
dポイントクラブご優待×
年間ご利用額特典×
申し込みdカード公式サイトdカード GOLD公式サイト

例えば、無料カードにはない最大1億円の海外旅行保険がついてきたり、年間300万円までのお買い物保険がついてきます。

また、マツモトキヨシなどの提携店舗でのお買い物に使うことで最大4%のポイント還元を受けることも可能です。

このような特典や還元を考えると、10,000円の年会費を払う価値は十分あると言えるでしょう。

▼dカードのお申し込みはこちら▼
>dカード公式サイトを見る

▼dカード GOLDのお申し込みはこちら▼
>dカード GOLD公式サイトを見る

学割・Amazonプライムなどさらにお得なプランも

ご家族に学生の方がいらっしゃる方に必見です。

2019年12月1日から、2020年5月31日の間に受付をした方は、「ギガホ・ギガライト」プランから1年間の割引が受けられます。

その割引額は毎月最大1,500円となり、学生さんがいらっしゃるご家庭のスマホ料金を大幅に下げることができます。

さらに、ギガホ・ギガライト加入者に1年間のAmazonプライム会員権が与えられます。

こちらは新規加入者だけでなく、すでにAmazonプライムに加入しているという方でも享受することができます。

Amazonプライムに加入することで、さまざまな特典があります。

聴き放題のAmazonミュージックや映画・ドラマ・オリジナルコンテンツ見放題のAmazonプライムビデオが楽しめるのです。

このような用途は大量のデータ通信を消費するため、大容量のデータ定額加入はもはや必須です。

そのため、ギガホ・ギガライトの加入者にとって非常に相性のいいサービスと言えるでしょう。

ドコモユーザー必見!年間4万円お得になる方法

dカード GOLD
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

今ドコモの3サービスを併せて申し込むと、非常にお得に新規入会することができます!

ドコモの3サービス
  • ドコモケータイ
  • ドコモ光
  • dカード GOLD

金額にすると初年度は年間4万円もお得になりますが、実際にそれだけお得にするには契約する順番が重要です。

  1. dアカウントを作成する
  2. dポイントクラブ会員に登録する
  3. dカード GOLDに新規入会する
    ・dカード GOLDの年会費が発生する:‐10,000円
    ・dカード GOLDの入会特典が受け取れる:13,000円
  4. ドコモ光に新規入会する
    ・ドコモ光の入会特典が受け取れる:20,000円
  5. ドコモオンラインショップでドコモケータイを購入する
    ・dカード GOLDで購入するとポイント2倍:2,000円(※1)
    ・ドコモ光セット割が適用される:1,000円
  6. dカード GOLDでドコモ光とドコモケータイの料金を支払う
    ・利用料金1,000につき10%還元される:15,000円(※2)
※1 100,000円の端末を購入したと仮定。
※2 ドコモ光の料金を5,000円、ドコモケータイの料金を10,000円と仮定。

上記の手順で契約すると、初年度はdカード GOLDの年会費を差し引いても年間4万円お得になります。

また2年目以降でも、ドコモケータイとドコモ光の料金をdカード GOLDで支払えば、還元されるdポイントで年会費分を簡単にペイできます

ドコモの三種の神器で年間8万円得する方法|携帯・ドコモ光・dカード

この機会に是非、ドコモ3サービスへの新規入会を検討してみてください。

dカード GOLD公式サイトを見る

自分の用途でキャリア選びをしよう

スマホの用途が多様化している中、大手通信キャリアではさまざまな料金プランや特典を用意しています。

中には「ずっとドコモを使ってきた」「家族が全員ドコモユーザー」という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、ドコモのサービスをなるべくすべて使うことで本来の料金よりもずっとお得に利用できるのです。

auは、SNSをよく使う方や動画を大量に見たいという方におすすめです。

また、ソフトバンクは友人や恋人など家族以外の方とパケットを共有したい場合におすすめです。

不定期のキャンペーンではありますが、各社とも新規契約キャンペーンを頻繁に行っています。

詳細は各社ホームページでチェックしてください。

具体的には先ほどもご紹介したAmazonプライム会員特典や音楽聴き放題・動画見放題サービスの無料特典などがあります。

現在お使いのキャリアだけでなく、他のキャリアも合わせて、ぜひ一度料金プランを検討してみてはいかがでしょうか。