simロック解除
MNP 機種変更 編集部おすすめ
Pocket

読了時間:約 2

iPhone XSやPixel 3など今年も魅力的な新機種が続々と登場しました。そろそろ他社への乗り換え(MNP)を含めた機種の変更をしたいと考えたユーザーも多いのではないでしょうか。

しかしながら、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアを利用している方は、そうそう自由に乗り換えできません。他社に乗り換える場合、解約金が発生する場合があるからです。

このページでは、大手キャリアの定番である「2年縛り」について、その仕組みや解約金の額などを、どのキャリアのユーザーでもわかるように解説していきます。

大手キャリアのユーザーは「2年縛り」している


ドコモ、au、ソフトバンクを使っている多くのユーザーは、2年縛りをしています。2年経たずに解約をしたら違約金を払わなくてはいけないという契約です。

大手キャリアでは、この2年縛りを前提に料金プランなどを紹介しています。2年縛りをしない選択もあるにはあるのですが、それだと月々の料金が上がってしまうことから、そっちを選ぶユーザーは極稀です。

契約の際、ユーザーから特別に要望しなければ2年縛りの契約になるのが普通ですので、2年縛りを拒否した覚えのない方は、現在2年縛り状態になっていることと思われます。

解約金は3社とも9,500円


2年縛り中に解約(他社への乗り換えも含む)すると、解約金を請求されます。請求額はドコモ、au、ソフトバンクとも9,500円(税抜)です。

他社に乗り換える場合は、MNP転出手数料や契約事務手数料といったものも別途かかってきますが、これは縛りや解約金とはまったく関係ないものなのでこの場では割愛します。

ドコモから解約金を取られない方法!


それでは最初に、ドコモから解約金を取られないタイミングについて解説します。

解約金がかからないのは2年に一度の更新月のみ


画像引用元:ご利用条件 | 料金・割引 | NTTドコモ

それでは解約金をかけずに解約するには、どうすればよいのでしょうか。それは、2年定期契約の更新月に解約することです。

契約更新月は25~26ヶ月目の2ヶ月間です。例えば2018年1月に契約した場合、更新月は2020年2月~3月となります。この間の解約のみ、解約金を発生させずに行うことができます。

契約更新月に「フリーコース」に乗り換えることも可能


2年定期契約の契約満了月を迎え、新たにまた2年定期契約を結ぶのは勘弁したい、しかし今すぐドコモと解約したいわけでもないという方もいると思います。そういう方のために、契約更新月に「フリーコース」というコースに乗り換えることもできます。

フリーコースに乗り換えると、それ以降は解約金がかかりません。その代わり「ずっとドコモ割」が適用されなくなるのと、「更新ありがとうポイント」がもらえなくなるというデメリットがあります。

ドコモの携帯機種変更でベストタイミングはいつ?2年縛りと解約月

auで解約金を取られずに解約する方法!


次に、auで解約金を取られずに解約するタイミングについて解説します。

auでも解約金がかからないのは2年に一度の更新月のみ


画像引用元:2年契約 | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

auでも解約金をかけずに解約するには、2年契約の更新月に解約する必要があります。

2年契約の契約満了月が24ヶ月目、契約更新月は25~26ヶ月目の2ヶ月間です。例えば2018年1月に契約した場合、更新月は2020年2月~3月となります。この間の解約のみ、契約解除料を発生させずに行うことができます。

「2年契約(自動更新なし)」なら3年目以降は契約解除料なし


auには「2年契約(自動更新なし)」という2年契約もあります。これは、3年目以降は契約解除料がかからないというものです。しかし「2年契約(誰でも割)」と比べると、月々の割引額が300円(税抜)低くなってしまいます。

ソフトバンクで解約金を取られずに解約する方法!


最後に、ソフトバンクで解約金を取られずに解約するタイミングについて解説します。

ソフトバンクでも解約金がかからないのは2年に一度の更新月のみ


画像引用元:[スマ放題/スマ放題ライト]2年契約(フリープラン)はどのようなプランですか? | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

それでは解約金をかけずに解約するには、どうすればよいのでしょうか。それは、2年契約の更新月に解約することです。

2年契約の契約満了月が24ヶ月目、契約更新月は25~26ヶ月目の2ヶ月間です。例えば2018年1月に契約した場合、更新月は2020年2月~3月となります。この間の解約のみ、契約解除料を発生させずに行うことができます。

「2年契約(フリープラン)」なら3年目以降は契約解除料なし


ソフトバンクには「2年契約(フリープラン)」という2年契約もあります。これは、3年目以降は契約解除料がかからないというものです。しかし通常の「2年契約」と比べると、月々の割引額が300円(税抜)低くなってしまいます。

3社とも解約金の条件は同じ


多くの方はご自身が契約しているキャリアのページだけ読んでいるかもしれませんが、すべてのキャリアの条件を読んだ方であれば、どのキャリアも条件が同じということに気がついたかと思われます。

そうなのです。解約金の条件は、9,500円(税抜)という金額含めて、3社とも変わらないのです。

どのキャリアでも解約金を取られずに解約する方法は、2年契約から25~26ヶ月目に解約することです。それ以外に方法はありません。

27ヶ月目以降は新たな2年縛りになるので注意


2年契約が満了して、特にユーザーから更新の意思も解約の意思も示さなかった場合、契約はどうなると思いますでしょうか。

大手3キャリアとも、ユーザーが何も手続きしなければ、勝手に自動更新されます。つまり、2年契約が満了したら、自動でまた2年契約が結ばれるのです。

かつて、この自動更新が消費者トラブルの引き金となりました。2年以上大手キャリアを使っていたユーザーでも解約時には解約金が発生すると言われ、困惑と怒りを覚えたユーザーが少なくなかったのです。

「2年縛りはもう終わっているだろう?」「解約金はもうかからないと思っていたのに、どうしてだ?」――その答えはすべて、知らぬ間に新たに2年契約が結ばれていて、その契約途中での解約になるからでした。

今もその仕組は変わっていません。解約金をかけずに解約したい方は、必ず更新月(25~26ヶ月目)に解約しましょう。

1 2