読了時間:約 3

dカードとdカード GOLDは、ドコモユーザーならぜひ持っておきたいクレジットカードです。

一般的にクレジットカードは、一般的に安定した収入がある方でなければ作ることができません。

ここからは、未成年や学生の方がdカードやドコモでカードを申し込むための、必要書類と手続きの方法について解説していきましょう。

dカードを未成年・学生が申し込みするには?必要書類と店頭手続き

今なら新規入会特典もありとてもお得です。
dカード GOLDの入会特典はこちら▽

dカードとdカード GOLDは未成年・学生でもOK?必要な条件とは?

一般的にクレジットカードを持つためには、申し込み後の入会審査に通過しなければなりません。

また、申し込むための条件が定められているため、そもそもその条件を満たしていなければ、申し込むことさえできないのです。

まずはdカードとdカード GOLDの入会条件をそれぞれ挙げますので、ご覧ください

dカードの入会条件

  • 個人名義であること(法人名義は不可)
  • 満18歳以上であること(高校生を除く。未成年者は親権者の同意が必要)
  • 本人名義の口座を支払口座として設定すること
  • その他NTTドコモが定める条件を満たすこと

dカード GOLDの入会条件

  • 個人名義であること(法人名義は不可)
  • 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • 本人名義の口座を支払口座として設定すること
  • その他NTTドコモが定める条件を満たすこと

dカード GOLDへの入会は未成年・学生だと不可?

dカードとdカード GOLDの入会条件はほぼ同じですが、2番目の条件が異なります。

  • dカード:満18歳以上であること(高校生を除く。未成年者は親権者の同意が必要)
  • dカード GOLD:満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること

dカードは高校卒業以上ならOKで、未成年の場合でも親権者の同意があれば入会可能です。

けれどもdカード GOLDでは、未成年の方の場合には働いていても入会できず、満20歳以上であっても学生は不可となっています。

したがって、dカード GOLDを未成年や学生が作ることはできないのです。

dカードとdカード GOLDの審査とは?

クレジットカードを持つためには入会審査に通過しなければなりません。

審査の内容や通過基準などは、先に挙げた「その他NTTドコモが定める条件を満たすこと」にあるのですが、内容は明らかにされていません。

けれども一般的なクレジットカードでの審査を通過しやすい条件があり、dカードでもそれに準じています。

主なものとしては、以下のようなものが挙げられています。

dカードの審査での通過条件


画像引用元:dカード | dカードのご紹介

dカードの審査条件は、入会条件を満たしていればほぼクリアできます。

一般的にクレジットカードの審査に通らないおそれがあるとされているものは、過去にケータイ料金の滞納履歴があるケースです。

また、カードローンなどの債務返済で滞納履歴がある方も審査に通らないおそれがあります。

未成年の方は、そもそもカードローンの申し込みができないのでこの点についての問題はありませんが、満20歳以上の方なら要注意です。

また、奨学金の返済をしている方でこれまでに滞納したことがある方も、審査を通過することは難しくなります。

dカードに限らずクレジットカードやカードローンの審査においては、信用情報機関に問い合わせを行います。

信用情報機関には、申請者のクレジット利用履歴や信用情報の問合せ履歴などが、過去5年分にわたって管理されているのです。

他社の滞納履歴だけでなく、カードの申し込み履歴についてもドコモが閲覧できるようになっていますが、これまで滞納履歴がなかったり、カード入会の申し込みを頻繁に行ったりしていなければ、心配しすぎる必要はありません。

dカード GOLDでの審査通過条件


画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dカード GOLDでもdカードと同様に、各種の支払いにおいて滞納履歴があると審査に通ることは難しくなります。

それに以上に、2番目の「安定した継続収入がある方」という条件をクリアしなければ、審査対象にさえなれません

とはいえ、特に高収入でなければならないというわけではないのでご安心を。参考までに以下のような職業の方ならほぼ大丈夫です。

  • 会社員・会社役員
  • 自由業・自営業
  • 年金受給者
  • アルバイト・パート・派遣社員・契約社員
  • 公務員
  • 医師・弁護士・司法書士・税理士などの士業
  • お勤めでない方・専業主婦の方

やはり未成年・学生の方はdカード GOLDを持てない?

最後の「お勤めでない方・専業主婦の方」をみると、学生でもOKという気がします。

しかし、お勤めでない方というのは、家賃収入などの不労所得がある方という意味です。

また専業主婦の方の場合、本人は無収入ですが夫がしっかり稼いでいるためです。

審査では収入の多さより「安定かつ継続的」であることが重視されるため、年金受給者や公務員は審査に通りやすくなっています。

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方でも1年以上勤務していれば、審査対象となるようです。

なお、勤務先について嘘の申告をすることは絶対にやめてください

クレジットカードの審査では、「在籍確認」というものが行われます。

これは電話で勤務先に申込者が在籍しているかどうかを確認するもので、もし嘘をついていればドコモだけでなく、他のクレジットカードやカードローンなどの審査に通らなくなってしまうからです。

未成年や学生でガッツリ稼いでいる方は、dカード GOLDを作れないことに不満を感じられると思いますが、dカード GOLDに限らずそもそもゴールドカードのほとんどが未成年と学生は不可となっているのです。

未成年や学生の方は、dカードできちんと支払い履歴を作り、月給をもらえるようになるまでお待ち下さい。

また、dカードで信用がついたらdカード GOLDにアップグレードすることもできます。

dカードからdカード GOLDにアップグレードする方法と審査基準

なお、未成年や学生の方がdカード GOLDを作ることはできませんが、あきらめないでください。

後ほど、dカード GOLDを未成年・学生が持てる裏技をこっそりご紹介します。

dカードを未成年・学生が申し込むための必要書類と情報

 

dカードに入会するためには、以下の書類や情報が必要となります。

  • 支払いに指定される口座情報を確認できるもの(キャッシュカード・口座通帳など)
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 勤務先情報(勤務先社名・住所・電話番号など)

なお、高校生以上でも未成年者の場合は、上記のものに加えて親権者同意欄への記入が必要になります。

必要書類についての注意点

本人確認書類

本人確認書類として認められているのは、以下のものです。

  • 運転免許証または経歴証明証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 住民票の写し

住民票の写しとは役所で発行してもらったもののことで、原本が必要となります(コピーではダメ)。

また、上記の確認書類と住所や申込現住所が違う場合には、以下の書類が追加で必要となります。

なお、運転免許証または経歴証明証で住所変更している場合は両面のコピーが必要です。

  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料など)
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書又は納税証明書

年収証明書類

dカードでは、以下の場合に収入証明書の提出が必要になります。

なお、個人事業主の方はキャッシング希望額にかかわらず年収を証明する書類を提出しなければなりません。

  • キャッシングの希望額が50万円の場合
  • キャッシングの希望額と他社からの借り入れ金額の合計が100万円以上の場合

以下に挙げる書類が年収証明書類として認められているので、いずれか1点のコピーを提出してください。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2カ月分)
  • 確定申告書および青色申告決裁書または収支内訳書(税務署の受領印のあるもの)
  • 納税通知書(年収もしくは所得金額の記載のあるもの)
  • 年金証書(年金額の記載があるもの)
  • 年金通知書(年金額の記載があるもの)

早くdカードを入手したい方は、キャッシング希望枠を「なし」にしておくことをおすすめします。

キャッシングは無担保ローンとなるため、与信審査において慎重にならざるを得ず、どうしても時間が掛かってしまうからです。

なお、キャッシング枠はあとから付けることも可能です。

次のページでは、「dカードを未成年・学生が申し込むための手続き」について説明していきます。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2